Skip to main content

Full text of "Tanpen shōsetsu Meiji bunko"

See other formats


PL 
700 

.mi 

no .7-9 



LIBRARY OF THE 
UNIVERSITY OF ILLINOIS 
AT URBANA-CHAMPAIGN 

PL 
700 
• M41 



no. 7-9 



JIfc iSl ス£ おや 

一 ^ 

秋 伏 会 狂 风 
時 I 糊 長 

黽 雨 1(1 蝶 3^ 



5^?. ま 7<庳 蒡セ编 




明治 文庫 第 七 



5 ^はか おや s ひや 

歡長 



中 村 花瘦 



(第 一 回) 不思議の 老憎 



^1 むか いくどし ふ や ざぶ ひろ を あた さび ど ころ €^ や しゃく けん , "^ほ 、た、:^ 

今: si し 幾年 を や f けん、 酼布廣 尾 缝 りの 淋しき 處は、.^:^ もな き 一 つ 家、 九 尺 一 一間の 一 さ搆 ひ, 疊 



げんくわん き, や <i 3t! ね は」 こ しゃく あが ❖ ち はんげん をが もビ st> 

六; S らお 玄關 さも 客間 さも、 叉 臥床,、」 もして、 六尺の 上 6 口、 半 間の 琉し 元" 柱 は 羽蟻の 生 ひ 出で、 年 



まね 



*1 し い しづね なくら はづ かたむ のきく, s> ^ ひ. CVJ もしろ X き1:^ゃ2ねろし ゑん S- 上 い 

々に 礎の 枕 を 外し、 傾く 軒 は 蜘蛛の 糸に 日每さ ゝ えらる、 で 霜 白き 夜 は 北山 下風 遠慮 をく 入 A- て 骨お 



ね s- や £- や つき さい ほひ さ み だれ &ろ た * みか 》 ひま " 

も ひしぎ、 寢 ながら 良夜の 月に 嘯ぶ く 幸 は あれ < ^も、 五月雨 頃に は疊 乾く 隙な し。 鼠 養り 廻る も 主人の 



! , i ; s れ あら 1*» むか はお まき &んも i- へ As やく 

腹 肥やす 美咏 もなければ、 棚 嘴 まる、 憂 ひも 》 からん.^ 荒 繩の向 ふ鉢卷 したる 七輪、 其が 上に は膏藥 

.5 くつ 《 ピ ぶな もべ こ こめ かし しる ^ I の あら た. くらし かく 

幾何 e なく 張ゥ て、 閉ぢ 蓋した る 鍋 一 つ、 是れ にて 米も饮 ぎ、 汁 も寞、 物 も 洗 ふで 棚 k は活 1SS の隱せ 



びん tfz 



ぬ 貧乏 徳利、 兀げて 甓ュな 一 



びつ vji 



せん 5 へ だ 5- せ 5 ど 《* おやわん 

たる 膳の 上に、 大小 取り 雜ぜの 茶碗 四つ 五つ、 納所の 飾 4 は 言 ひ た 

ち か 



も是れ のみ、 座敷に ハ 何やら 火鉢、 張る 反古に 傷を隱 し、 蓋 は 異姓の もの 且つ 口 は缺け 損. r 、煤び 



ft L Si びん ほたるび LV あぶ いか ちゃ tj ん こ は &っ 3 fx い 

て, 薩も 知れぬ 土瓶の 整 火 は 尻 を^る ハ、 如何な 茶人 も 是れに は 糞 抓 ひべ しで 煎餅 



ふ ビ ん 

簿 き蒲圑 i ニー 一 



俄 者 



俄 長 者 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 二 

P* い ビ ころ >5> - はらわた B か »• みつ _3 かむ ぶつ かん しん か た >kJ か ぶっだん _0 はい きれ S 

枚、 處 j に 觴 を 吐きて、 片隅に 積まる、^ に は 無 一 物. - され < ^威 心な は 形 斗 6 の佛 壇に 位牌の 奇麗 

** ら 

に 並ぶ で 

せいひん も くわよ く あるひ & よたら 5 をり は さくわん ゥ ま あ ひだ がい くびかせ だんちよ 

淸 負か » も 寡欲 か、 主人の 名 は 與太郞 £ いひて、 業ひハ 左官、 妻 さの 間に 三界の 首 * も S ふ もの、 男女 

あほ にん たや こ 5^ ん みづ. & こ、 を みやこ も c や c くわ < その ひ くら 

合せて しかも 三人、 親子 五 人の 水 入らす、 此處も 住めば 都、 居れば 城郭 さして、 其 日く を暮 すなる で 

を どこいた f- ん f かみ ほどけ あ たて 3 つ い か ふく かみ ねん こ、 ろ ひつ ほく 

乙の 男 至って 信心 ものに て、 神佛を 尊が め. 奉る もい へ. i ;、 如何 ナ がる. is- のか 福の 神に 緣な f. で 心 質朴に 

むし ,!> ち ぺっ のこ ざい ひ i にん くお A-i ひ はまべ .J し! 5 が . まで Kt.- ら 

して 摩!^ 愚に 近 かく、 別に 殘れる 財な きに、 一 日 休め は 五 人の ロは彌 生の 濱邊、 腰 曲る 迄に 働きても、 

ゆ だ さん ざ fi-fA.KS せき やま ゆき ふ ひ も.,、 あほ あは こ ほ, t こめ はら を ゆ tl だち し つ 

激澤 山の 難 炊が 顧の 山な. < ^で 雪の 降る 日に 空 仰ぎて、 哀れ 是れ 程の もの 米なら ば^ 腹 を 撫で、 白雨 條突 

§ ふべ あは 乙 みづ さけ の^^ & はみ, ゥ つく たの つき. を かし かへ ク わん 

く タ邊、 哀れ是 の 水 酒 なれば さ 咽 を 鳴らす で 花 美しき も 樂 しから 卞、 月凉 しき も 可 笑から す、 却て 椽 

した い ど,.. ふゆぎ さんだん £-$ こ、 ち よ e つたの.. J ち& f る やま を 

の 下の 窗馬 冬着の 箬段を 促さる、 心地す. - 三百 六十 餘日 樂み C 塵 は^もな く、 苦しみ ハ 山を爲 し、 

た 1>ま-<ら ど VJO ゆめ やぶ まで ばく も $ ざ S あんらく こく こ たつ ど ねん を K さて S きょ く せか. S 

只 枕 取る 時よ. CS 夢 破る、 迄 を莫忘 想の 安樂 國、 是れ にて 貴き 五十 年 を 終る さハ、 扨 も 浮世 ハ 苦の 世界 

どかしで 

X た ら 5 にち tA-KJ せに つか こめい ふくろ そ t た、 はふ ■ ■ や や 《J かゆ そ こ びん 

與太郞 乙の 二三 日 は 少しの 錢も摑 ます、 米 入れる 袋 底 を 叩きて、 今日 ハ癥く 二度の 粥. - 其れ も 子供 不憫 

おの くちへ おいはらみ や ゆ ふ&ろ お f づは fj /る をま づ の と 

さ 己れ ロを减 らして、 小さき 腹 を 満たせ 遣 6 たれ t、 夕頃に"虫酸走る苦しみな.0^で 生唾 吞み 込んで 

あ i よく い か か, C が むね ばい は べつ かんが あ ,ビ <s た くわ は 4> a 

明日の 食 ハ 如何に さ考 ふれば、 胸 一 杯に 張れ < ^別に 考へ もな し." 明日に ならば 叉. $J うさ も、 果報 ハ寐て 

3 ね y く はら を まくら f- f ゆめ 4* か ち さ s あ fife つ t 'み, つ 53 .5 せ 1* か 

待て^ 鬼 i しく 腹を据 へて 枕され ば、 小 供 C 夢の 中の 馳走 k 遇 ふか、 舌皲 打ちて 旨し く^ 言 ふち 背中 



あは Kv?f ふ む かほみ あは によ 5 ば f め. た 3 つゆ あぶ ばか よた ら 5 こ は tjb 

合せし 女房に 振. 向きて 顔 見合 すれば、 女房の 眼 C 玉な す 露の るゝ 斗. o、 與太郞 是れに 暴つ. まらせ て、 

rf がへ 9 あか w> ふ け ふ so ん あし かば いで ひへ ほね 5J ほ ちゃ 5e や ゆめ 

寐返 .^.^ 打ち » がら 灯 吹き消しつ 蒲圈 かつげば、 足の 央ハ 出て 寒氣 骨に 徹 るに、 長 «は な 6 し を 夢に な (乂」 

f* ま&こ しん どづ ひる つか ほ严- ら<3.1 わ い 

見ん S 眼 1 心 閉れ ば、 晝の勞れに程なく鹳土に分け入.<^ぬ..^ 

ね ど こも お かさ 50 s おた、 たど せっかく おや 5£.> や ゆめ こやぶ めさ 

音の ふ聲さ 一 つ 置き ii、 門の tr; しき ゥ に 打 叩く 音す、 折角の 長者の 夢 は 是れに 破れて、 ふつ さ 目覺 ませ 

^ へんじ Tvw び ,ヮ f>、 よく ひ f つ ピ ひら ま 5 む からだ ふる かせ ひ ビ 

ば 捨て も 撒かれす、 返 辭に燧 火 打ちて 紙 燭に火 を 移して liXA> 開けば、 先づ 寒さに 體の振 ふ。 風に 火 を 取 

つ J- れ A-FJ び c-s ぶ だれ *>* を こ、. t こはく &ど ほね たか かほ ぃろ- ゆ を じろ まゆ 

られ じさ S 襟の 袖 を 房 風 亡して、 誰 ど^ 眼 獲れば、 古木の 如く 疲 せて 骨の み 高く、 顏 の色靑 白く、 眉 

y^A-f がた めた a &ビ く ゆ は & たか かみけ ぶ ほ 5J の し L ろかね は わ 

ぎ々^ 長く 生 ひ、 眼 は 谷の 如く 窪みて、 *s よく 萵く、 頭の 毛 五分 程に 延びて 然 かも 白銀の 針植 たる 

K たけみ あ. ? かリ たか f; ろ きぬ み たけ つ わ S- や.,.' て かさ ぁづ お ほほ, T^i- 

. に 似た, で 丈 見 上ぐ る 斗 ふ 高く、 白き 衣 を 身に ま €;s、 竹の杖に 兩手を 重ねて 預けた る大 坊主、 ぬ ウクヒ 

た、 を い こも は か ,t あ f- さて ゆ, T れい む も C お 5j ろ 

佇立む で き やつ さ 云ふ聲 齒に嗨 みしめ てよ く 見れば 足 あ. o、 w は幽靈 はは あらす さ 胸 擦れ.^、 1 時の 驚 

くち き ^^.fe おか i f-yj が しもよ & はたね り &ど ri...^ だい 

きに 口 も 闞 けす" - 大坊主ょ^cくさ近寄ゥて、 敏 枯れて 霜夜に 鳴く 機 織の 如き S 細 ふ 出し、 

あるじ まへ わ し しん しゃ しゃミ^!:-き!^の 3 たの & 

暦 『生 人 ハか前 かい、 乃公 "かまへ が 信心 者で、 正直者お ふ rj^ を閬 ひて、 龃 みに 来たが …… V 

こんや し &ど もら こど で き 

ァノ 今夜に も 仕事 をして 貰 ふ 事、 が出來 るか チ.^ 

»- だん を 上たら. r- はじ て S ひい び さ 

是 TtiJ- 一 つの 日 ー那、 與太郞 は-初めて 叮嚀に 首 を 下げ、 

さ .ゥ S ざ 2 も a らん y ほ びんば 5 L &y_ くちぬ こどで き ほ 5!- & ざ 

與 『左樣 で 御座い 升 か …… 、 御 籠の 通ゥの 貧乏、 仕事がなければ 口 车\ 濡らす 事 は 出來な S 程で 御座い 

そ て < だ こつ ち ねが こど Iss- いた 

升から、 •:..: もう 夫れ は、 手間 さへ 直に 下されば 是 方から 願 ひましても、 か斷は 致しません." 



ほ 『をれは*kょ<^だ、 ^vんな^,、赖むさしゃぅ.- 然し をの 儘 卜 やわ 連れて行かれない :… で 

與 『如何なさい ますので." 

t め かく もら しゃ <• お ^21 つ ゆ 

潜 『何、 かまいの 眼を隱 して 貰 ひたいの だが ::: , 承知なら ば 今 直に 連れて行く よ"" 

與 『へ.. …… 。 

ftw-t-s ふビ t ろ ど いだ くろ ぬの 

老僧 は懷 さぐ. て 取 6 出す 黑き 布、 

翁 『如何 だい. - 

& ざ 》* も 

舆 『よるし う 御座い 升." 

te5 し. 0-5 おき 二、 ろ ォ9 ひど f た W- レ ど ど ざ ま、 やが や S 9t くろ .«© ね ほほ あや ら .f-vf 

おれ 145^ が ¥ に^して 人.^ -疑 はす、 門の 戶 鎖して 儘に なれば、 驄て兩 の 服 tt 黑き 布に 蔽れ ぬ." 怪しき 老僧 

?ぷ てて £ あ L もどみ ぶ つ <» さき さ あどつ ふくろ, x.-.tv.« * & さび はらわ S 

の 冷たき 手に 手 を 取られて、 足元 浮 雲な く 爪先に 探ぐ AV く 後に 附 けば、 梟 稍に 鳴きて 淋しみ 腸に 透る.^ 

ビん. & めみ ふつが ふ £ ざま. I 

與 『旦那 眼の 見えない^ いふ. の は、 不都合で 御座い 升ね. - 

膳 『シッ …… 無言て か步 るき. - 

(第二 回) 不思議の 古家 - 

i な ら 5 ら CAls て ど 5 ばた 3 やみち みち 5 づく たらぎ く あき に.. 1 き ft くさ いま 

與太郎 は 老僧に 手 を 取られて、 烏 婆 玉の 暗路 をた.^ るに、 道 は 何處か 白菊の、 秋に 錦 辙6 たる 草 も 今 は 

3 ら M. れ ふ を つまさき こが.. J らもら は.. J たび ひや./,...' ふし は おの づ か あ を たち 

末 枯に厌 し 折れて 爪先 をす くひ、 1:^ S を 走る 度に 冷々^ 身 は 人み て、 齒は自 から 嘣み合 ふて 鳴る、 立 

M.X5 もば. A &- た ひ かんき ほね つんざ み ぎ まが ひだ W を たちき W や 5 は f た ほ か * はもみ お ぬ 

K の 尾花が さく さ 鳴る 度に、 寒 氣骨を 裂くな. ち 右へ 曲 6iy へ 折れ、 立樹兩 方よ 6 蔽ひ褂 る 細道お 縫 



俄 長者 



玉 



おも ひ ど へ L t» St ゆ 5J 乙ろ さら むね お » ひ W 、き ほせへ f こる 

ふ ど さ 思へば、 はや 人の 家お 知らる、 街に 出づ、 行く 處 更に 胸に 覺ぇ す." 1 時程經 た. さ 思 ふ 頃、 

またの f どころ あゆ の sa つ! 3 & むね *51 ら £',4-5 まど めざ へ かせ 

叉 原め きたる 處を步 ひ、 野 狐 キヤ ツビ 鳴く に 胸 跳ら すれば、 老 僭は步 お止めた. 目指す 家 S 門 か、 

-.•rf も 5 ふ 50 ころ 3.> け はい か 5S ビ いだ ちゃ 5 ど ざし ひら たど 30 ざし ひら も £* >M 

老僧 は懷搜 る氣 配して、 鍵 取 .-y 出した るな らん、 錠き L ませて 籲を 開く 昔す で 鎖 開かれた るに 門 を 押す 

おど もつ かみが おも VJ びら た.? ,f ろ のこ 、ど たも さ 

やうな. o、 昔 を て 者 ふれば、 S さ 重 やかなる 扉 ざ ど 思 はるで 暖の黑 布此處 にて 取らる、 さ 思へば 左 は 

> よた ら. n ビも*^5 S さ た、 たどた ど it 'や S ね げん { わん 50 ころ 

無くて、 與太郞 を 伴 ひ 入れ、 は 再び 音を立て \閉 おられ、 錠 を さへ 下る された. 玄關 めきた る處を 

あか だん >i.^ ゆ ねく ふか ひろ を 2ゐ み ひ £ け はい 尸 むか 

上. て 段々 さ 行く に、 奥深ければ 廣 やか. 5^ る 住居 € 見 へた. o.^ され^ 人の 氣配 せねば、 出で 迎ふ もの も 

よ たら 5 む &ん ,y5 む &ん か&; た こ ま か? いく こ くれ いら f どころ % 

なきなる べしち 與太郞 も 無言、 憎 も 無言、 彼方此方 さ問數 幾つ さなく 越せば、 廻廊め きたる 處に 出づ、 

いた あ .f を P て &っ やみ つか ぐろ ねの s さ め た ほ あ これ e つむ わき あ る 

板 敷 をす. 足して 進み、 手お 持て 閽を 掘み、 黑 布の 內に眼 大きく 鬩 けき、 efli^tt 實 i:^ 無益.." や、 步 行きて 

ひら, 3 いで めた ほ VJ 、ど はづ よ あ こ、 お ひビ みさ だ ^ か 

nntilsi けば、 一 さ 間.^ 出た. o、 醌の蔽 ひ 是處に 殿. 外さる、 に、 夜の 明けた る 心地す.^ 瞳 定めて 如何な 

どころ み で ふ, L な も ひろ ざ しき 3 を か た ,^^まょ み 

る處 ど^ 男れば、 十疊も 布から ん€ 思 はる、、 い^ 廣ゃ かなる 座敷の 奥 中に 立ちた う.. - 尙 能く 見れば、 

こだけ ま どこ ちく おが £ たきつ ち あつぶ も 3 C ひど やま & たせろ 

是れ 丈の 間に、 床 あれき も 軸な く、 逢; 3 柵 は 鎏の厚 衾お かさぬ、 是れ にても 人の 住居か^ 驚かる、 ばか 

) » た *> • »A.f かみ **、 あか りひ こ f &ら きわ ふ 

Ao^^l 有る は 只 一 つの 行燈、 紙 S たく 媒び、 灯 き 込まる、 樣 k 薄暗くな. O て、 あはれ 消る ぞさ蹈 み 

^ -' fc ^0, あか るん き みち /„- 6 の をな ビき 》&- ねづみ おど てんせ う あゆ 上た 

寄らん とすれ は、 g|g さ 明るし で 陰 氣滿々 .k- して 物凄く、 時々 鼠 さらく^ 昔 を させて 夭 井を步 ひ. - 與太 

ら 5 こ 、ろき た tsL ひみ を あ を しづ £ど おは かた た if かほ み f ん, A ^くろ 

郞は心 消へ 魂 身.^ 添 はす、 穴へ 沈む 如く 璺ぇ て、 傍へ. 立てる 老 憎の 顏を 見れば、 折から 段々 黑 ふ^る 

ビ も!, び むか た がな I ひど からだ あ! S だ わ も yj ひやみ づ、 い 

燈 火に, ひ 立ちた る 姿、 さらに 乙の 世の 人に あら 卞。 體は どくく さ 粟立ち、 頸 元よ. CN 冷水 注ぎ入れら 



硤 



&ビ z あ」 ち.? -ら さ. 《 ,ご こ を わ 5 へ ち ぶつ ほ. V13 ね ふちく ろ ぬ こ 

れし 如く、 立つ 足に 力なく、 思 はす 其處 へ。 ひた 6 さ坐ゥ ぬで 上^^£持佛ぁるか、 細 骨に 緣黑く 塗りた る 小 

,> やう じ ま 尸 Z ち ぶつ ビ S した ど だな 3 い こぶ. 5* 6fe^ いど.^ ゆび 

障子 四 枚 立つ は 持佛堂 かで 下: 柵 か 二 枚の 小 襖 あ. <.,.^ 老憎は 糸の 如き 指 を さして、 

を こ ビだ へ ねだ tft ちい あ ら もら 

『其處 の U; 柵の 前の 根太 下に、 小さ S{ 八藏を rJ しらへ て 貰 ひたいのお 

もこ 》1 た 

與 『へ ( …… 其處の 下: ::: 

£ よ ふ,^ 3 ちか あ ふ. *{5 や を W t t ま^fケっ ひや. < ^せす <!J つ 

立って 進み 寄.^ * は 近づけば、 折惡 しく も 襖 は 柳の 摸樣、 叉悚 さして 冷汗 腋を傳 ふで 

與 『乙 Z rJ の 下に 

『ゥ ム、 マ ァ疊を 上げて 見なさい、 

ilil; き して、 御" の^ の P へぬ やう て^け、 床板 四 五 枚 引き離せば、 何やら 顔へ.^ ァ ッ€ 1 £ 

あし ♦» が かた み しっけ むし, ,^9) 

足下 6 て 肩 を 見れば、 濕氣虫 一 疋で 

ひどお 

與 『ェ .《、 人驚かし.*^!>で 

『如何 だい、 仕事 は出來 やう か. - 

で き こて ほか , 

與 『出來 ます も …… です が 道具 は 鰻の 外 あ 6 ません か.. - 

は yrif きま を ii けば、 ぎ ii に 組、 i、 S の iK& へて、 &,. i もい 何 ぎし か 

K し.^ ^づぉ を 肥 むる に、 |:|^にー!^腐を崩す如く^なく堀れし%、ニ尺は*^ょ6鳅先にカ人6て、趣 

こ- 2 も 5AVJ 2 ^ あ- 、ら ぶん ばか で き t ろ はる ばん せ5? こ ゑ 》?」 

^0^^tmi されば ぎひの が 手間取. -て、 穴藏 三分の 一 出来る 頃 k は、 遙 かに 一 番 鶴の 聲聞 ゆ^ 



^『最 う 仕事 • ^止めて 吳れ. - 

I ^ けュ ひるな *C3 で できあが や しま ひ 

I 『なに 今日の 晝頃 迄に は 出 來丄. ますから、 遣って 仕舞 ませう で 

つ ふ 

潜 『さう でな S 、少し 都合が あるから …… で 

爽 『へ >1 f …… では. 止します かで 

ね "^メ s へ の ほ れい < ろ ぬの ズ いだ 

根太板の 上に 登れば、 老僧 は 例の 黑き布 を取ゥ 出しても 

こ 》* たか < も かへ. S- ら 

さあ, 是れを X 掛けて 吳れ、 さう して 最ぅ 歸ゥて 直 ひたい P 

與 『へ vT またです かち 

^t^ ,s.c . , た- - k ら stA- よ た f«5 てのひら と ばん ひらつ か て ひ ; の や S き 

再 ひ 布に 眼お 隱 されて 立て は、 老僭は 與太郞 の 掌に 小判 一 it 摑 ませ、 手お HF きて 此 家お 出で、 來たゥ し 

>^ も: i L ばら た め. まど b 6» 2^ 

如き 道を蹈 みぬで 暫くして 立 止うて 眼の ひ を 取ら るれば、 我が家の 前な. o.^ 

t F > , 、 p> wft -、、 . まで s- き あが 6 ; き でき か、 L 3 く 

『マ ァふュ S の骨扩 で, あれ 迄 出来 上った が、 最ぅ 一度 來て出 來掛. を やって 仕舞って 吳れ ないかで 

與 『まい. ませう さも、 殊 多分の 手間 を 戴きました から …… 非もう 一度お ゥ まして、 ,^み i け を 

L S & ざま, * 

仕舞 ひさう 御座 S 升. - 

贈 『もれ は 難 有い、 では 今夜の 四ッ 頃に 叉迎 ひに 來 るから、 をの 積. で 待って 居てか^ れ^ 

ft- 『1^111 た 、 、 ; *5 こど たお もんば, どころ も ねかへ こんや た ま 

『是れ は 大きに 難 有う KJ さいました、 誠に 恐れ入 升 遠方の 處を …… 最 ぅ御歸 6 で. …: では 今夜 御 待 

ち 申 升。 

俄 長者 七 

lliHi も^^れ i^vidssi J 』o -a >Kfss^ i - に 



俄 長 I 者 I / 

u-i c 5 -5^ ち つ ばか ぁケ 3 さ ♦*、 へ こ. し やへ. * L ばら くび あ, み., -.' 

夕^の ず 間 1^ に、 ,に附 かん 斗. -に頭 を 下げ、 七重の腰を<重に折.=^て、 暫くして 首 を 丄げて 見れ は、 

^ぉ,^ に^ちし i お^の n ハ SI の!: ぎへ &ぇ しか、 鬍 を^け し^も ナチし.^ よ 6 の fj^i.5^、 お 狸 か、 惡 

2 9 フ i ゥ ぶつ こだん さ だ こ K か だはぎ fc&fcc ひら , ► ,^5*4ん > 

^れ抓 まれた るか €E ^に 唾を附 け、 4 判ハ 定めし 木の葉 さ、 堅く 握りた る 掌 を 開けば、 黄金の 

お. ビ, るで まだ f かすか, ^ ^憎らし £、 石お 目掛けて 發矢^ 打ち 附 くれば、 宜ぃ 音の してけ ゥで 

ふしぎ さ 5 れ S 

(第三 回) 不思議の 葬 鱧 

— K-* さ ち A やまでら かな つ を K ころ やく を < s£ ら 5を5 かげ かせ 

1^^ の. ぇ歡. -て、 き^ 寺に 四 ッの鐘 を まだ 嫿き 終らぬ 頃、 約束の 如く 老惜の 影 は、 風 k あ ふり 

^れ鰣 "の爹 どく 皺 ひれて ;k%fe く." ゆ 昨 ふ^ょ. 4r く^れ たれば、 ^がよ. 43 で聽 ひ、 

^ こ、 ろ 3 び .Jtp く J,^'.^.* の み た $ ら 5.- な >r- みおび まへ ひ ね& ね は -V へ U 

て も、 何ん & なく 心 淋しく、 例の 黑 布に 跟を蔽 n れて、 者 憎の 導くて さ 前の 日に 同じで 覺ねの家に入.<=,^ 

%s ざ ビ ま めね まこ、 ども L S きの ふ かへ >J き 3、 かたよ 

船え の 座^に 5# れば、 眼の & ひ此處 はて 取 6 捨てら る. - 爲 しかけし 仕事 c、 昨 01 歸. し 時の 儘に 片寄せ 

らう- 15 まば 2 み- よた ら 5 み こ /、だ は グ* ら **-*J あ を ぐら で き あが 

もせす。 老僧 ハ目 打き もせす 見て 居る は、 與太郞 身 を 粉に 碎. きて 働けば、 九ッ 少し 過 i^tr 穴 藏出來 上 

5 'ち ひし らク S や 5. &は fe、 あ &し ば,, つめぬ み かげい L ふな まい f い よたら 5 

Ayfv 裡ハ 石 を 以て 雨 側を疊 み 上げ、 石^に 繼ぎ 目お 塗. y、 御影石の 菴 三枚 ほ^の 用意お ゥち 與太郞 

を はルズ % た こ を L &ど ぬけめ み を P ^-、 ,^5〈 ,w ひ-^ 1 ゝ 

ハ尙 彼方此方 さ 仕事の 拔 目な きを 見 終 <- て、 疊の 上に 這 登ゥ、 , 

5 a y V" ^ 3J 二ろ ほ & らんく だ 

與 『如何で 御座います、 御 氣は入 o ません 處ハ 直します から、 きう か 一 ゥ 御覧 下さい まし D 

まこ >J & く ら 5 3 つき こ 、みる ぺゥを は .》 ら ビ ころ 、 

『いや 誠に 御苦勞 だった、 先刻から 此處は 見て 居た が、 別 直して 實ふ處 #なぃ てで 

ねき い しお K せ & ざ S も I 

爽 『をれ は 御氣に 入って、 幸福で 御座い 升." 



どき も たの こど ほか こ , あ ズゅ.《-ら ほふ もの しか わし ひ ビ& 

僧 『時に 最ぅ 一 ゥ賴 みたい 事が ある.^ 外で もない が、 此の 穴藏へ 葬む る 物が あるのお、 然し 私 一 人で 

て あま て かもら 

ハ 手 餘 るから、 まへの 手 を 貸して 貰 はすば なるまい 力 

はつ, J はふむ S ひどし が い ち ら& はくわ &、 かみ け ,C5 け だ かせ をよ ら< 'をう 

發 矢!、 葬る^ 云へば 人の 死骸 か 筋ぶ るく S 動きて 肉慄 き、 髮の 毛凍氣 立ちて 風な き; 戰ぐ、 老惽 

かほ 5 か !• く ほ ic ひか ひどみ K S ら げ み .S を ビ 

の顏を をつ さ覼 へば、 窪みた る 眼 きら ゥ さ 光って、 眸子 を据 へて 怨めし 氣に見 ゥ ひる J^、 辭 まば 取って 

くら し ね も .^51 <^ み、 まで さ た S 'ね *- あ ふみ . (ちび るふる 

喰 n れん も 知れす S 思へば、 老 僭の 口 n 耳 迄 も 裂けた る やうな で 只 恐 K? しくて 二度 は 仰ぎ見す、 唇 振 

はして、 X 

與 『へ H ::: か …… 畏まりました、 

ら 5 そ. f L« したが ゆ ふ あ. L わ ふ た S さ だ し たい し たい L がい &も 

老きの後へ^^^從って行けば、 踏 ひ 足 吾れ にも わらす 振る へて、 體 定まらす で 死 體!、 死體! 死骸! タ」 思 

つ つちいろ かほ ビ め ふち あほ e ろ む も くち; 6 る むらさき を ね をが た め <- つ 

ひ續 くれば、 土色の 顔、 閉ぢし 眼の 綠靑 白く、 結びし 唇 紫 を帶 びての 寐姿、 あ. く^ 服に 寫 る.^ 

つるかめ まみこ ビ たび ち ばし ま を乙 くわつ み ひ くお むねん はく L ひた ひや, ぶ をが 

鶴龜 くさ 眼 閉づれ ば、 この度 は 血走る 眼赫 ^見開ら き、 口 無念の 齒を喰 JS 結ば 6 て.、 額 破れて 流 

お fs5 くれ ズザゐ を 53 どか、 おも、 ちむ::? か こ、 ろ fc まため ひら てんせ 5 かべ た、 み $J 

る、 血潮 紅 を 染め、 今 k も 飛び 掛 らん 卞面持 胸 浮む. - 心に 堪 へす 叉 眼 を 開けば、 夭 井、 壁、 疊、 何 

WC み を ftt かほみ よた ら S み 上 こ S- ゑ をむ あみだぶつみ だぶ つた も たま 

處も皆 恐ろしの 顔の み 見 ゆるに、 與太郞 身 も 世 も あら 卞、 小聲に 南無 阿 彌陀佛 !彌 陀佛! 助けた び紛へ 

や ほ よろ づ かみ 

八 百 萬の 神々! 

あし きん おも G- つ 6 ど sf^L 1* かふ に f あ f- ら ち>^5 5 たが むり も- i 

足 C 千 翁の 重量 附 けし 如く、 叉 漆の 中を蹈 むに 似た. 進まぬ 足 を 老僧に 疑 はれ じさ 無理に 進めて、 薄 

へや き た い S たも からだむ e や 5 かた こ こ L ふる ど めかへ 

暗き 1 ゥの 部屋に 來 るに、 す は 今 乙 も! さ 思へば、 體 無上に 固く 凝りて、 腰の 振 ひ 止まらす、 眼 n 却つ 

俄 長者 ^ 



t が s み i, だ ri5 くぼ た かた. * み わ はがめ I ね もろ 

て镋 くな ゥて、 死骸 を 見出さん さ 四方に 配れ.^、 をれ らしき ものな し、 只 片隅に 夭 截三ゥ 四つ。 ® しさ 

fct きぬけ よた ら 5 い 3 0- むち f た »4 せ A ら 5 も 5 かめ もば よ 

のみ 思; 3 し氣拔 て、 與太郞 今 ハ 五里霧中に 立ちて 茫然た ゥ.^ 老僧 は 瓶の 側に 寄- て、 

t み ほ.' む あ を. &ら K.J く 

僭 『これ …… 是れを 皆ん な 葬る のお …… 一 つづ、 穴藏 まで 運んで 吳れ。 

t i ろ&ざ ま 

『へ -是れ です か …… 宜しう 御座い 升で 

かめ 上た ら 5 げんき づ ら 5fc5 かたく i . » を か をん し も か < し ね も 

瓶 £ いふに 與太郞 元氣附 きて、 老惽 W 片々 づゝ 持ちて 見る k、 中ハ何 さも 知れね^, 中々 死骸の 重さに 

» ふた & せ あせ 5*- が < で ちから 乙ぶ H いせん ざ t き は 乙 S あ- f.. &ら たろ 

非ら す. - 二人^も 背に 汗お 流し、 腕に カ癯 お張らして、 £5 前の 座敷に 蓮び、 先づ 一 つ 穴藏に 下す で i 

S ち fc-K ふしぎた a みあ S もく み かく たき ff や も 

裡は何 ど さ 不思議 思へば、 見て 惡しき の 益々 見た く、 E す こさ 彌 々聞き 度に、 老憎を 遣 6 過 して 

ひど あ. > あと の, J かめ ふた あ およつ のケ ふ.. 1 ふ. J ぎ ふしぎ 5 'か かめ 5 お 

1 足跡に 殘. cv、 瓶の 蓋 をつ さ 開けて 一 寸隈 けバ、 不思議! 不思議! 不思議!、 こ は 如何に、 瓶の 裡な 

た ほぶ, C こばん こ つぶ & つば つ Ji*- か ね n>* む も. > ふた あど つ *• 

る ほ、 夭判!小判!小粒!しかも^^^に通用する货幣!老憎摁-?问きはせすゃ^、 直に 蓋して 後に 機け 

む;? 5 やむ や f> き い ビ じ... む e ん 《» つ もつ を t かほ あゆ のこ かめ め か 

^、 胸の 有無 無耶、 五色の 糸の 縱橫無 盡に鐽 れ鏈る \ を、 素知らぬ顔して 步 び^がら、 殘.^ の^の 目方 

ひ み を SjJ を や. 5 さて たい かね らう t5 あほ しろ まゆ が た ふくさ 5 あら f か こ 

引けば、 皆; 1: し樣、 扨 も 大したる 金. 老僧 を 仰げば、 白き 眉 長 やかに 垂れて 一一 i 相 を顯 はすで 然し 此の 

か こり や f かねもち お, y お. V き S- せ S が, r た 5 みつむ ひく * た 5.. ^ ひ W 

憎 如何にして 欺 檨に金 持 か、 恐らく ハ 恐ろしの 切 ® 强盜か 《 凝視れ は f 高き 類 1 つと して 惡 

さ 5 かめ K.J のこら Ais *a ら 5 も <• さ しづ み かげぃ し もつ -? 75- ら ふた を 

相^^らぬハ.^し.- 1 一 つ 瓶 を, 運び、 不殘 埋め 終れば、 老僧の 差圖 に、 翻 影 石お 以て 穴藏の *s ^お成し 

つぎ ゅク 、な.? 5 つ jy 、み もど &£ L ウ t ばし のち R- ど ざ I きかへ ぺク かほ こど 

次 床板お 打ち 附け、 疊元の 如く 布.. n 列ら ぬれば、 暫時の 後 は 元の 座敷 JI:^ 返 6 て、 別に 變 6 し 寧 をせ し 

み ら,, t はやよ 5 9 ふて、 れ八 { ろぬ々 ど S だ 上た ら 5 め き t=J 》 き&ど 

* ヒも 見え 卞で 老 憎は最 H 十 招な きど € 告げて、 再び 例の 黑布を 取.? 出せば、 與太郞 の 眼 ハ來ゥ し 時の 如く 



み fef.c5 てた よ i. へで S へち かへ 3 づっ、 が 20< じ や くち のが 

また 物 を 見す で 老 憎の 手 さして ミの家 を 出て、 家路に 歸る ならん、 先は恙 もな く 毒蛇の 口 を 逃れ 

こ、 ろ 5«- よろ さ こたび ぶよ あし を みお まな あた んば いわ S 

し^ 心の 裡に悅 乙べば、 はなくて 此度は 二た 夜 足 馴れし 道に は あらす で R ス新 らしき 心配 湧き出で、、 

せこ L あゆ おちば 5 づ だか かさ ふたび を ほやに 5 ち ゆ さ 3 こ S.L や ざ ラ9 け 

何處 S も 知らす 步 むに、 落葉 堆 高く 重 +a ゥて 踏む 度 鳴る ハ、 林の 內を 行く 樣ぁ. で 小石 破れ 革 麓に 蹴 

つけ ど ひど S- ほ き みち たは かんが S へち Q は を どころ わ 5 ら 5- fefs か 

て 飛.^ ハ、 Aao.^ る 路^ 覺ゅカ 者 ふれば 家路 一 一里と は 離れぬ 處を、 往來 する^ 覺 ゆれ <^、 售ゥて 1 

さ yi は >J ころ おも 3-** ゆ ど a- みち ^ ちゆ おも ?! ろ ら 5 も 5 あゆ どに よたら .r- て 

度 も 通. し處 さは 思へ 卞、 今ハ往 く 時の 途 二度 も步 みたらん ぎ-思 ふ 頃、 老僭は 步みを 止め、 與太郞 の 手 

たび こ * ん ぎ 

乙の 度 は 小判 二た ひら 握らせて 

S きこ 》* で こ、 たク けつ わ を かね をまで め <f のど 

『六 ジの 鐘が 閱 える 迄-は、 是處に 立て ゐて、 决 して 忘れても 鐘の 鳴る 迄 は、 H の 布 を 取って はなら 

X i y> たまへ さ:., をん あ L 5- のさ よ あや.,' 

ん よわ 宜 いかい …… 若し 1^ れば、 汝 は^んな 災難 k 遇 ふか 知れな い、 , —., 命 も fo^i^ 依る さ危ひ 

11 、 其の 積みで 氣 をか附 けち 

よたら 5 こ ばん S た *• れい ひどこ どい 5 かが ザき ほど ひどけ は S て s お わ ん 

與太郞 は. 判 戴きて、 鱧 一 言 云 はんさ 观へ $J も、 閬 さして 邊 ゥ.- 人の 氣配 も^し、 手の 裡には 黄金 —— 

ある た むか ひや、 か 

有 か、 確に 冷! 

(第 四 回) 不思議の 疑 威 

よ た ら fBP ど t や .r-s&Mvtt く *>J こ ら f も f £, > 3、 *?* こ お ほ ど .s<w*e < かへ も 

與太郞 元よ. 正直 素朴の &れ ば、 老僧 iTMIlc はれし 儘に 眼の 蔽ひは 取らす、 今 有. し rj€ を 繰. 返 k、 

<rvB きりわ ひる よるお J- むね くだ さ. T ざ 5 や 0* わ だみ ちお ほ を feft みお > 

雲 晴 るれば 霧 湧き、 塞 さ »れ ば 夜、 千々 k 胸を碎 け.^、 想像の 山 岐路 多く、 其れ ど^ 思 ふ 道に 出で 卞、 

た ふ 》> ぎ か f らか みだ なよ 》• もく JS よ は みづ かんが つか て 《. け 

只た 不思議々々々 kls 爬き亂 3 れて、 迷 は 卜^ すれば 益々 迷 ふの み、 果て は自 から 考へ 勞れ て、 手 受 



^ 县 者 1 二 

かね み ぎ ひだ 《- ど か K ある め かた in か また あお ひや 5 しど & こ さ 4 

し 金の 一 一; 3 らお 右手 左手に 取 6 交し、 或; 3 は 目方 を wo、 xttl 一つ 合せ 拍+ 取うて 打ち鳴らせば、 子供、 

みづ はら か、 はら ふた あ L ほさ あるみ を さき やま ヤ y 5 ぶ ひ 

らしき に自 から 腹 を 抱えて 笑 ふ. - 二足 程は步 さて 見れ^、 其の 先 は 山 か 谷 か、 浮 雲な し, ヒ胸 お冷やし、 

またも ど ど. J ろ た t-^v あし »5 s£ $^ た がた か?.' た あくび いく たび, i ケ つく こ ほ 

5 元の 所に 佇む は、 足 は 棒の 如く、 筋張 ゥて堪 へ 難し、 瘻 みた. o、 立った. o、 欠 1: 幾 百度 算へ盡 し、 凍 

ばか ひ あ 3 む くしゃみ いくち たび は を かぎ 5 の $j いで $ こ 5- 一つ rf 

る! s.< ^の 引き 明けの 寒さ id、 嚏-幾千 度, 鼻汁 限ゥ なく 出で、、 咽; 3..0^\ ^慯 むで 時の 長き 事 常よ. CS 

-as- ばい やまでら ば M-^y つ わ も 2- ら そ s> ち ひがし、 ら を 5f ろ から も Z0i むら ま 

は 二倍 三倍、 山寺の 坊主の 撞き 忘れし か^ 怨めしで 其の 內柬 白む か、 栖を 後ろに 烏の 聲 聞え、 群がる^ 

*^ ど へ . ^をめ かふた ビ ゆ あさかせ だんみ L ふる ビ あ W がた よ あ たも 

-P 頭の. H を 翳て 彼方 飛び 行き、 朝風 I 段 S 身に 入み て 振え 止まらす。 rJ は 有難し 夜 は 明けし さ 思へ^、 

め >.L ビ W たみ、 もば だ かねね 3 

目 無 鳥の かなし さ n、 只 だ 耳 を 側 立て ゝ 鐘の音 を 待つ のみ." , 

はる _ へだ や 3 でら S ね あさ S3 り X たん をら をが ま ま みぬの て か 

遙か k 距たゥ たる 山寺の 鐘の音、 朝霧 潜. て餘音 S に 長し. - 待ち.^^待ちたる身、 布に 手 を褂け ナチ がら、 

て は,^ . ていねい かケ つ き , どき ま を こ ね ほ 50 れ は 5 るか の ゆ 

猞 鐘よ ゥ 一 つ 二つ 三つ さ 叮嚀 k 數 へて、 五り 六つ さ撞き 切る 時 眼の 蔽ひを K ば、 四方 ぱゥ S 明るく、 登 

か、 あさひ かほ いら しばし め あ M-? て め かもみ M. な みわた .J 、み おゆわ を が は 

<^掛ゥし朝日^^顏を射れて、 暫時 は 眼 も 開けす で 兩の 掌に 眼の 霞 を 拭 ひて 見渡せば、 此 所見 覺の 小川の 

ほど 3- ほ. V- tfs が こ ほ 5- ど L た ゆ みづ こもき 乙 sts ヽで L を slji へこ、 

畔、 細き 流れ n 永 k 閉 おられて、 下行く 水の 聲 M えねば、 今迄 はもれ さも 知らす、 称 も 何 處を經 て此處 

き ゆめ 3 ゆろ L 3 ほろ し ゆめ わがみ ゆき たま. 1- ひ あ も, いで こ、. P わみ ひど われ 

までば 來た, しど、 か 幻 か、 幻 か 夢 か、 我 身 行し か、 魂 遊び 出し か、 此處 に立ゥ 我が身 も、 人 やら 我 

きぬ s£ s£ だ、 ぞ くちど とど L はら を ? L も、 

やら、 氣の拔 け L 如く 動き もせす、 佇みて 口 閉づる 事 さへ 知らす. - 腹 鳴る に飢 へた. 知. て、 股き つ 

つな : .& た これ た しか わみ はじ L ここ i& が さかの ゆ わ や せ で みち 

さ 抓れば、 痛し、 此は 俊に 我が身 さ 一 初めて 知る は^な 4/." 是の小 流れ を 遡れば、 我が家の 背 出る 路 

f かんが かんが ほビ も <- み 5 へ ひどね K ^ た t ろ 《 'し お こ 、ち 

也、 者 ふれば 者 ふる 程、 憎の 身の 丄、 を 牛" 人 か 鬼 か、 何んさ^^>く恐しく、 後ろよ. < ^ものに 追 はる、 心地 



して、 足に 住 かせて 我が家に 歸ゥ ぬ. - 

つ 3こ ふ f> ぎむね た、 け ちほ Sj き よ. L もう <, き 3 づ 

妻子に は の 不思議 胸に 疊 みて、 毛筋 程も閬 かせす、 好き 仕事に 儲けお. さの み 云; 5 聞かした <>.^ 賤し 

ひぶ > ! ^ら, ' V Bvr つ かね しか ほたら ね がた かね mv? ゎづ よ て 

き 人の 習; 5、 持ち 附 けぬ 金、 11 然も 十日 二十日 さ 働か^れば 得難き 金、 —— 三兩 まで 纔 かニタ 夜に 手 

-, , : k の ほ くわい もん 3 か こ、 ろお & き § Ki<-^ よろこ かほ こ さも i- れ る さか を 

k 入う たれ は、 俄か 登る 槐門 の榮 え、 心驕, c 氣奢. て、 女房の 喜ぶ 顔、 子供の 嬉し €s ふさ ま.^ 希 S 

Z , 、 f^w の.. -、. 《 のく ころ ビ も あが ひ つ たき r ふた、 き 

して 酒 を © み牧を 喰ら ひ、 十四 五日 過る 頃に は、 1 度 燃え 上 6 し 火の、 續く焚 木なければ 再び 消お て、 

£^ あ だる さか ほひ 

殘るは 明き 櫞、 魚の 骨。 

£^tdf- ト ^;*^っき>ゅめ さ も S いせん? * あら S ビまづ S へ £50 あぶく せに つか ど 

榮華は 半月の 夢^ 覺 めて、 其の後 は 以前 ^£增 して 洗 ふ 如き 貧し さ、 前の 如き 泡 洙>錢 も 櫻まねば、 KAV 

, - k くら • ビ よた ら 5 らく にん こ S„J も 5 へ かね ビ い 

て は 食ら; 3、 食; S て は 取 ゥ、 與太郞 1 日槃を すれば、 三人の 小兒 a 親に 泣く で されば 金も爍 くる^ 云 ふ 

! *-^,J' ひ - £ かせ ゆめ ふ た 3 くら あ els しら つき かね こ ほ 5 ど ふゆ よ かさぎ こ を か 

夏の 日 も、 菜 越しの 風に 夢 を 吹かす る 手枕の 昧; 3 は 知す、 月 も 鐘 も 凍る 如き 冬の 夜 も、 重ね 衣して 小 半 

ら, : あ^、 さ ふ^ひ い * かね $ い f わざ & のみ づ るた き もの i 

合に 温まる 幸 はなし... 入る 金 は 直 出で、、 鄕の 業物 水 もた まらす で 新ら しき 着物 j 枚 着る 餘. も あら 

, き ころも ねんく やぶ ひち こ、 ち は でき じゅ., ぶん しょく はら e- くや 

ね は、 着た る 衣 tt 年々 k 破れて、 肱 も 心地よ く 張る て さ 出來 す、 充分なる 食 も 腹に 入らねば 體 益々 疲せ 

* よ.' がき ひ VJ か! た L>? こ ほ s;j いた こ ら ども こど 

て、 乙の 世からの 餓鬼、 いまだ 人の 門 k 立ちて、 食 を 乞 ふ 程に は 至らす も、 是れ 等の 伴侶に 異なるな き 

あは 

タ j おれ! 

ふしぎ はは か. や *.< じ や 

(第五 回) 不思議の 俄 長 若 

この- C ろ は fj & ど まき や とま くさ のきば ちか そ ど かた がる た 

此頃は 果かく しき 仕事 もな く、 牧の疲 せ 駒の ruK:.o€ して、 草の 軒端 近く 外の 方 を 眺め 居る k、 立ち 



I « 長者 5 

S3 こ、 あた S へ ffe- ち めん いくか II かぎ I ふ ん. L や あか は L や むりち 

f 甘 る W あ As.^ 你ぎ li- れば此 處ら邊 6 に家藏 地面 幾 限ゥ なく 持つ 富 限者》 れ^、 赤 屋、 無理 地 

ねし ら 2 まあた かね ひか だん を もはや かげ ビ か -^^es い 

主 さ 5^ 名 負 はせられ て、 面の 當ゥ はて は 金の 光 6k 旦那く さ 持て 難 さるれ.^、 裔には 鬼 角 舌 數多く 言 

feb-h, や *» へた ip かほね の i?« まゆげ した もが ► 

はる ゝ i ^、飯な 6 で 老爺 は の 家の 前 は 立ちて、 主人の 顏を己 か茫々 たる 眉毛の 下につ くく 眺め 

き S びん 《<- » 

老 『いやはや 簡 たよ 6;S<$J ひ 貧乏. r やな S か- 

い し. A だ びん *i う ひ VJ . & e ぶん 》> a - 

與 『なん さ 云 はれても 仕方が ぉゥ ません、 貧乏 は 人に 云 はれな くっても、 自分から 知って 居ます か 

こどで &- ) 

乙 S ゥ う もの がれる 事が 出来ません.^ 

、 まち ah. き ほか t K がた L た ほ t ろ 

老 『さ ふ へば^し が 早い、 かれの 來 たの は 外で もない が、 かまへ も 此の 姿で は 仕事 をす るの は大喜 

乙び だ う、 だう * た S 極く 安く 遣らな いか 

^1 こ ねさ を かま や も て S -? もこ is s ざ 

與 『が # をれ tt「f^ よ 4 のこと です、 此の 江 tcs 同業の 安い 丰 間よ. 9、 最少し 安くっても 宜しう 御座い 

升.^ 

-NAs £ ころ はも 5 ち けん. 《 & i;t だ 

老 『をれ はかれの 酽む處 だ …… おや 話す が、 -れは 大きな 家 を 一 軒 持って 居る が、 今の 觼 では 誰れ も 

1 C こ ま、 た ざ 4^ ュん てい ひど か い まて 6 ピ だ つくろ ひ 

^?:^!^^はなし、 是の ffi* くの も錢. _§t、 丰 入れ をして 人に 貸せば、 今 手元から 出す 修繕よ 6 は、 

feft C C, しか こビ た ぶん かね 

きっさ i かる * た K うさ 思 ふから、 一つ 手 を 入れたい さ 思 ふのお. - 然しお いらの 事おから 多分の 金 は 

13 せな い 、 i ぎが 相談, たて 、. ^うだ い 、外の 工手 間よ.?^ つ さ 安く 遣れな いかね で 

はいけん _c さう だん S た 

與 『よ しう iUfi,S ます …… が、 1 っ拜 見して 御 相談 致し まし やう。 



よたら 5 こ たやち あど つき び, き や. * きが <r はれ j>a そ ts 、ビ R- ー& ビ いへ. LK- 

與太郞 は是の 老爺の 後に 附て、 貧乏の 氣安 さ、 着替も 晴着 もな く、 其の 饞伴 はれ、 只 ある 家に ゥ 見る 

かほら ぶき んぃか や ね さ tfs- く K づへか こ ゆるぎ つ ま は ね W ぺ、, L ぶき 

ド 瓦葺の 門- M めしく、 屋根 草茫々 S 生 ふる も、 礎 堅た ければ 小 動 もせす、 築き 廻した る 漆 *、 濕吹 

, マ i け- - H - ) , . つち い . ざつ さ 5 ケけ たか からだ 5 づ げんくわん ひら S き さき S つ あた 

に 若の 生 ゆれさ 土 も 落さす、 中に 入れば 雜 草丈 高く 體を埋 ひ. - 玄關 開きて 入る は、 幕の 先 何時 當ゥ しか 

^ I. ち り や 3 ひビ. ら や た * みしめ か. ひく 5 き S ぺ まれ か ほさ 

知らね は、 塵芥 山 をな し、 人 暫く 住まぬ ば、 疊濕 りて 饑臭 しで され.^ も 木口 は 總て稀 ものなる か、 斯程 

あめつゆ f> の ほさ 5 た ? へや ざ にき かズ ォた こ vHi! み ゆ へやい 

k なれさ 雨露 も 凌け ぬ 程に は 至らす." 數 多の 虚しき 部屋 坐 敷 * ど 彼方此方 さ 見 行きて、 一 つの 部. 厘 に 出で 

ぶ L ,fl ゆび を ; ね, へ ふゆ ふよ あや f,^^ き ピ きみ 

た. cvt あら 不 m チ議! 指お 折れば 三年 前の 冬、 しかも ニタ 夜、 怪しの 老僧に 俘 はれて 來た 'し g !、 見た ゥ 

, へ > や もの 2、*- が たが わ L &V,- まで VJt ろ eA ちが はき t し A- W き へ ひ み 

13屋 "^其 儘 違 は 卞." 違 はす! 我が 仕事 迄な せし 處 なれば、 問 逢 ふ^あなし、 に 其の 時の 部: 見 

ぎ, f : や 《: Za-J^ その a、 yi ら *- お <- かほ め ,ゥ か せっかく. わ も なら こど わ. & 

れば 柳の 摸 様 ある 小 襖 も 其 儘! をの 時の 老 憎の 顔の 眼に 浮び、 折角 忘れし さ 思; 3 し 事の 漢き 出で、、 を 

、 I H だ. Lrf よ しんちょ たんみ だ あさ もの 

,>^c身の毛の ぃょ立っに暫らくは寄ゥもせす、 心 ft 百 端 亂れて 麻 も 物 か はも 

だん L よ ほさ 3 へこ どころ & L s ど こど わ ほ A め 

I 『旦那く 私 は餘程 前是の 處へ來 て、 仕事 をした 事が わる やうに 覺 えます ::•• で 然し^ かま 乙 S 

► じ けん. か たい 3 へ こ、 5 ち. 》 っ& ひど ひど 

か 自分に も 分りません…… か、 まあ 1 體 前に 此處の 家,^ 持て 居た 人 は、 - §iん な 人な のです か.. 

5- rP 乂ス: こ 、 -»<ww,f せん e やけん を f yj ころ をが そ fe Ls つけ 

老 『是處 か、 是處は 元慳貧 邪見な 坊主が 住んで S た處 だ.. - マ ァ 話せば 長いが、 其の 坊主 は 出家 はわる 

ひど ひど たのれ よ S たち ひ ビ もみ ねれ い 

まじき 人で、 人 はの めって 死 ふが、 自己 さへ 好ければ よ S さ 云 ふ 質よ で 人の 物 は 乃公の もの さ 云 は 

ぼか を S ビ あ を. ぶんか » いは- 4> 

ん iS りに、 何ん さか かさ か 云って 取 上げたがる、 だから 随分 金 は 有る さ 云 ふ 話しだった. - もさよ 

み よ S-(J んケく たれ や を たく は てら S- かく 

身 寄 親族 はなく、 誰に それお 遣る さいふ もの も 無い から、 何んでも 貯へは 寺かハ 叫に かへ 隱 くして 

俄 長者 . 1 五 



俄 長者 1 六 

ひや 5 ばん どころ こ ねん まへ 》 や S や s» ひ どつ ね 

ぁるだ^cぅさぃふ評判 …… で 處が 此の 坊ま、 二 年ば か. 前に 流行病に 取つ 附 かれて、 三日 さ寢 すに 

しし まつ ふ だん こど し ばう <V ど R "だち のこ るかね ど f あつ a 

死んで 仕舞た、 する さ 平生の 事.^ 知って S る 坊主 や 朋友が、. 殘ゥ て 居る 金 を 取らう^ 思つ て 集つ- て 

おも ほか かね そ ひどた ち H5,Ji-. さが た が は ぶんこ を か を. J か 

來 たが、 思; S の 外の もの は 金で、 其の 人達 は 方々 探した が、 只, たなめ し 革の 文庫の 中に、 少し W ゥ 

かね あ ぎ ほ^ びた もん み あた は& はじめ *s- > > 

の 金が 有 ゥ た 切 4、 外に は鑼 一文. 見當ら ない さ S ふ 話しだった から、 一 初から 無かった のか、 をれ 

だいこく つ こ い K をし ば SAi L だ S も,^ 

でなければ 梵妻で もあって、 をれ に 注ぎ込ん だの だら うど 云 ふ 話よ で 坊主の 死ん, たので、 第一 損 を 

ヒ れ ば 5A> やつ を は C こゝゃ ちん さい 七く はら たれ 

したの は 乃公 さ、 坊主.; 5^ ひ 奴で、 住み 一 初めてから 此處の 家賃 を S くら 催促しても 拂 はない、 乃公 

5, S まね, 《 も だ fe もる もろ しん k し に, f 

も 忌ま)/ \. し いから、 今.!!: d 恐れながら^ 持ち出さ うさ 思って 居る うち、 脆く 死 だもの だから 死ス 

あ ひて けんく わ できつ をね い 1$> つら ぶち 

を 相手に 喧 IN- 出來 す、 遂ひ をれ なゥに 泣き 寐入 よで まあ をれ なら S 、けれき、 泣き面に蜂^ 

たれ. 5 だ i L を ,fe ねる & 5 ^ね かケ ね ど, きこ 

やらで、 誰が 云; S 出した 言 か 知らないが、 其の 坊主の 寐て 居た 居間で、 金を算 へる 音 か 聞え る さか 

また 严-ゑ を ゑ き. J & f ^ fl,r ねん の こ ゐ おが 

又は W る聲 がする の、 泣き 聲が M える から、 何んでも 坊主の 執念が 殘 CN て 居る 違 ひない …… など 

ひど 5- いだ .ly れ あめ ふよ 5* »* へ あ を ざめ ば-.'^ で-あ やね 5 へ ひ 

さ 一人が 云; S 出す^、 乃 S は 雨の 降る 夜、 あの 家の 前で 靑褪た 坊主に 出遇ゥ た^か、 家 根の 上 を 火 

M ま ころ クだ 5 そ まこ ど こ K を か 5 こ 2 'ち ばけもの *t- しき 

の 玉が 轉がウ たさ か 云 ひ 出して、 虛 言か誡 か、 是んな 話しが 嵩 じて、 もうく 是の 家へ 化物 家 敷お 

つい . ぎ しんあんき せっかく か て - つい みっか も 

クヒ 名が 附 たもの だから、 をれ から^い ふ もの は、 疑心暗鬼で、 折角 借ゥ手 か附て も、 三日 さ 住む も 

の ttlr、 ^ んな 逃げ出して しま ひ、 さう く 是ん. ^に 住み荒らして しまった 譯 さち 

ま? < ;わナ を & さ 5 だん こ 5 ち かて つく *• わた く f - 

與 『ナル 船 、ノウ fK ふ譯 なのです か …… 何ん^ 御 相談です が 是の家 はよ S 借. 9 手の 附 まで、 無代で 私 



か. u < だ くた てまちん を つ < ろ 

i£s して 下さ S ません か、 さう して 下されば、 手間 黄 も 何にも いらな いから、 ぽっく 修繕; 3 をし 

?ん& > かュ こ I- ち もど ピほ 3 た わたくし こ、 ぶじ を 

ます. - さう すれば 第 一 日ー那 金お 出さす は是の 家が 元の 通ゥ る、 1^ 私 が 是處は 無事に 住んで 

iS, _3<*1 ばけもの で 》• へ ひや f ばん • き わた <»J ため やちんだ i a 

いれば、 成る, 化物 も 出な S さ 前の 評判 も 消える、 をれ は 私 の爲 にも、 家賃お 出さ 卞は 住って 居 

? f ゆ は をし わた く.. > を ど t . またば けもの で どころ 

られ る^、 三方 德の 行く 話です が …… ^うです.^ 私 も 男お、 よし 叉 化物が はんさう に 出た 處か、 1 

5 け あ はげ びんば 5 はん S ばけもの しゃれ 

たん 受 合った からに は、 a るなん ど さいふ こさ はしません …… 貧乏人 だから S 云って、 化物 か 洒落 

•art ふ < ろ ば < だいふく おや 《> じ や P ふ 

て、 金の 袋に 化けて 來れ ば、 をれ で を わたし tt..K 福 長者 W なゥ ますで アジお、、、、、 御 不承知で 

すか、 ^うです ち 

£: じつむ i *! ら 5 3 e め S い ふ どころ かね だ S へきれ S ほ-.. 

篤實 無二の 與太 郞が眞 面目 k 云 ひ 出^せば、 懷 から 金 も 出さ 卞 は、 7- の家奇 iw^ なる さいふ 惚れて、 

fel さ.,' だ,, • よ た ら. 9 あ を S を ひかな くひつ こ 5 ゥ み: * いま 

ぎち 相談ま^ まるに、 與太郞 は 翌日 さも 云 はす、 其の 日 家族 を 引き連れて、 是の 家へ 移りて 見れば, 今 

ま? ハな. C やくら さ $1J ち!^ いへ a あ きん でんぎ よ- >C5 ひん fc<^ fc-L た^ 

おの 屋 に比べて 左^ 逢 ひなき 家に 居る よ. り は、 荒れ たれ^も 金 殿 玉欞、 貧 なれ.^ も 玉 を爨. ^居 ひ は 

よ た ら, T ばけもの や L き ヒのを もま 

與太郞 化物 屋敷の 殿^ 成 <>濟 しぬ で 




alu _3tl こ いへ みち き e んも た 3 e づ ; * け &のゃ & ぼけ もの 

一!. &る © に は、 是の家 見 違へ る 如く 華々 しく、 貴人の 住み 紛ふも 恥 かしから す、 化物 屋敷の 名 化物 さ 

ピ あど L けんさん ひ t ひ ら5 もラ へや よ a s かね かケ ね vi 5 ま a<^5 

共 もに 跡^く 消えて、 死した る慳貪 無慈悲の 老僧が 部屋に 夜每 簡 えし さ 云 ふ、 金算 ふる 昔 も、 今 は 白畫 

X た ら 5 ふ y-KJ ひ 

與太 郞の懷 ろに 饗 くで 



狂 s 蝶 】 八 

t£ *? どみ S S ほ .*、 き ひ W し ゥみ ft じ るん t だ 5 ij*- 

元よ. H 朝の 富、 を は 云 はぬ は 云 ふ は增穗 の溥、 人知らぬ 罪 ほろぼしの 爲 め^て、 寺院に 賴 堂の 料 £ し 

しゅせん れ, 3 ある をん 1* づ かど を i きん もく k はか おや 5t や ^け r し ♦ 

修繕の 料 さ I、 或 ひ は 何 £ 名附け 彼. W 稱 へて、 納めし 金 少なから すで 只 俄に 長者 さな. し譯 は, も か 身 死 

こ 3& くお つ ❖ • 

する まで 子に も 孫 はも ロを甜 みける さど^ 




9f こ_ て ふ 

糊, 

(第 一) 

、 いづこ かい ちか ころばん しゃ 5 か, つべ や た< み かんが こ もみ を a $B , 9 

此處 何處の 二階 にゃあ. けん、 近き 頃番 匠の 顏を疼 ませ、 內 匠の 者へ を 凝らして、 墨繩の 直 もね ささ 曲 

どこば しら まが & がね まが W を ほ . もげし つ, あ 3 S つく わ 5 き 5 くら > くわ 以 

げて 床柱^な し、 曲尺の 曲 も 直く して 長钾 e なして 築き上げ たる 1 S 間、 美し さ 王宮 比 ふるの 觀 はな 

またも せ ぶん 4J んづ < あは 5 かしょ <• け ほせ つき み ひど こ、 ろ L づ * や 

しさ も、 亦僞似 文人 造. < ^の 阿房め きたる 箇處は 兎の毛 程 もな しで 三 五の 月. 見る 人の 心に て、 賤か家 は 

ふみた a ひ、 ほち ゆ a- >* だれ ろ t のく わん あや せん SS よがん. J や 5 

厌す 身^ 覺ゅ ベく、 I 非々 さ六葩 お散らす 雪 も、 簾 を か、 ぐる 心 あらば 其觀 ありで 茶 を 前 i すれば 魚 眼 生す 

く あちは ちゃ てん せん お TJa 5 か t- ゥく や ある e かほ * が s で こ5 , 1» 

るの 句 も 味 ふべ く、 茶を點 すれば 千の 奥義 も 観 ふへ き 造り^ ま、 乙の 家の 主人の 顏拜 まぬ 迄 も、 此 一間 

は だん 

にて 風流 は 早 や 談ぜら るべ しで , , 



み かた ほそわん ど も ぎ めん ど さん くろべ ,4. ぎ thfp ひら Ki.9u^ じょ ピ を f め した 

南西の 方 細椽を 取うて、 杉の 面 取. の棧 ^521 黑邊 杉の 腰 障子 を 開けば、 講武 所 ^ か稱 ふる 原の 目の 下 k 

^ 力し ろ » i,r^ . およ 3 くさ..' も》* ひ き いひだ 50 もつ たいど をの か B みづ S つね 

靑き * を 布き、 少し 仰げば 著作 堂の 住居せ しさ 聞く 飯台 も懷 かしく、 大都を 名乘る 河の 水、 うねる 核が 枝 

メぁ ひだ 》1 る 5 たろ.,' び や ft はらわた あら き てき ,,- ゑ どき さは $ し ♦ ^るが だ. S せ ft ふゆ あた、 

の 間 きらめき, 艄唄艢 拍子に 觴 は 洗 はれす も、 濕 笛の 聲時々 に騷 がしで 後る は駿台 を脊負 ひて 冬暧 

- k ひがし か ft こ <»« あ きた ね い ば せ を ふ ゆき わ ち めづ <» けん 

かく 夏 冷し く、 東の 方に 小 窓 開けて、 牝には 押入れ、 E 蕉 布に 雪 輪 散らしの 珍ら かな. や 具 西に 一 間の 

ど k セ.. f ら ひゃく e つと 5 3 が& も ほ けやき まい ビこ S たか t 'み に ひか ぶんち や 5 をつ ふ C ちくが 1 'くさい らく くん 

床の間、 柱 tt 百日紅の 曲 も 直さ 卞、 一 枚の 床板 鏡に 似て 光る.^ 文 曰 兆が 夏 不二の 一 軸 は、 薔學齋 の落欸 

な もしろ ,4> L e まきゑ みだ tft つ ちが だ を おさ を 々ら さんさ 5 をつ fe@ かべ くろ ぬ 

面白 ふ、 梨 子 地 蒔繪の 亂れ箱 一 簡逢; 8 棚 を 押えて、 小 倉の 山 莊も懷 かし ふ覺ゅ 壁 は黑く 塗られ て、 

^ もん W よ てん e や f いどめ .4. ぎ R> くめ か ^i; め ら どこ は を i か 5 お かたお よ 

蠅も 糞お 掛 くるに 遠慮すべく、 1K 井の 糸目 杉、 木目 數 ふれば 目 も 眩 めくべし. - 床の 花 は 何? 交 趾の形 好 

かめ しゃが a ん も ほど、 ぎ, t 3 わび 

き 瓶に 著莪 二三 輪、 鳴かぬ 時鳥の 待ち 詫し. - 

f L や 5e 3 せ あ はも ,*るが だ S こ ts5 く かせ 3 ひる 3 へ ひ ひか & け 

四方の 障子 も恣も 明け 放ちて、 駿 台の 木 茂みよ 4 來る をよ 風に、 眞晝 前の きらめく 日の 光 を 消させて、 

つ だ ひよく をし さ 5 

連れ立つ 比翼の 驚鸯 一 雙で 

* んを ビ. J ころ もき や こんが. *-«- ひ ち& めん e ゆばん 5 もく れ& か しゅおん ねび む も 

女 は 年の 頃 二十 二三、 數寄 崖の 紺 飛白 衣に、 緋 縮緬の 襦§ ^を 薄紅 ひに 透し、 鶬 珍の 帶をキ チゾさ 結びて 

き. S ち ft び あ L らち やち 》< ち むらさき n£ や をぎ か 563- かた はんね 3- C か 5 がら #4-4" げ いろ IJ ろ. a- 

耦 縮みの 帶 上げ、 白 茶 地に 藤 紫 の 薄 隈取 ゥて 柳に 蝙蝠の 形 ある 半襟 は、 時候 柄 冷し 氣な. で 色 は 白々 

X C ゆき はづ ぉ< はつ みだ ザ »ん かせ $ 3 ぶちこ がた を t ふか to^ K きはだ 

さ 富士の 雪を耻 かしめ、 柬髮の 亂れ髮 二三 本 をよ 風に 靡く. - 眼 淵 小刀 を 以て 深く 筋 付し 似て 際立ち、 

め あき て ALA ぴ た、 は を もちぎ よく ざ A K んぎゃ 5 ほせ }c ほ < お つゆ ふく み か SAJf y ふた ほ、 5 も 

眼 は 明らかに 天真の 美お 堪え、 鼻筋 玉 山の 人形 程に 通. て、 口 は 露 合 ひ 未開 紅に も 似た. 兩 つ の頰薄 

yK.3i*SJ ゆびさき ft & どね <» あいき や 5 a こ ねん はしら a た ど は けしき み S 

う 紅 隈取られて、 指先に 押せし 如き 笑 窪、 愛嬌の 源 ハ是れ どかしで 掾の 柱に 凭れて 遠き 景色に 見入る 



が.^ こ f ほ も. び じっか & けい ほか 

姿、 腰細々さ美術家の摸型ょ.^5-外には^ 

"ん かん かる ぁづ ft をけ L きめこ わか こ ビし おも ほ * t づ あ K> い 一: f ど- i ? 

欄 千 k 輕ふ腰 預けて、 同 卜 景色に 眼 を 凝らす 若 もの、 是れも 年 は 同じ 程の 何れ 兄 やら # やら 薩摩靴 飛 

vf W どへ ものに く で しろ はだ 5 つ しろ お S? し おび お ほや 5 まつ ^S3^.^t ほ ゝ 

白の SBf 衣惜 らしき 迄 i£ 白き 肌 J!^ 映させ、 & 縮の 素;^ き帶を 大樣 にくる くさ 卷き附 け 圑扇將 々に 動力 

T たり あ ふ みづ ぬ から も み まが くろかみ もこ &が か ひだ W な よ - <t^.^ > 

して 朐の邊 を 煽ぐ で 水 k 濡れた る 鳥 さも 見 迷 ふ黑髮 は、 少し 長め に^らせて 左の 方へ 寄せて 梳.. = '眉 

C は ー*- むつく たか .< おも JJ か t し 3 むだ ひら とど べんき や 5 を- us* め C お * ゾ Z • 

は 濃く 鼻 勃然^ 高く、 口元 固く \.o て 無益に ほ 開きし 事.^ なさ さうな. CS 力 勉強の 餘波は 眼に 及 ほ L て 力 

きんがんき やう か あ s- さま あ ひき や 5 を &ビ こに < を C や i しんけい L ゥ 

近 服 鏡 掛けた る有樣 のかへ CN て 愛嬌 を ど 添 ふで fO の 男 肥 肉 少し 痩せ 過ぎし は、 神經の KJ^ ど あらん すら 

な ^ら み £^3 や. ri> ちい 5 ゥ K ^わしん や^ さ f-J t5 どき 

ん.^ 1 一人 押し並べて る處 は、 f 二月の 小さ;^ 裏を寫 したる k 似て、 花 心 宿る 雙鰂 蝶、 時なら ぬ 春 は 

比處 にも 優々 た. 

た &む &-rv よ ,aA をん を ふ む や 5J こ かほ もが め のゲ 

二人^も 同 卜 向き を 詠めて 餘今 ^ もなか ケ しが、 女 はちよ つ さ 顧..^ 向きて、 男の 顏を、 流し目に 覼き 

>. か はだ i け f> き &ざ 

『河 田さん 好 S 景色で は 御座 いません かも 

をん を かほ fife み も を こ かほ よそみ . .r-fK ほひ . >i, , V 

男 は 女の 顏を 下よ ゥ つく. (- €見 上 ぐれば、 少し 顔 を を ひけて 徼處を 見る も 秋波 は尙 寄せて 退 さす 

『見附けて 居る せ S です か、 さう も 思 ひません^ 

£ ふ .J ん けっか 5 を はみ ぼ 5- た.' 

『御 普請が 結搆 ですから、 尙見榮 えが 致します 力 

おせじ おつ しゃ を 5i お. y 

『さう 御世 辭を仰 有って は 何 か 奢らな く ゥては な 6 ますまい も . 

は &> .SSOCM?- こ , き • む >yA さか ひ た 

話しの 糸口 此處に 切れて、 無言の 境に 落 ゥ." 



抑 も 淸淨無 2g の 心 を 持て 人 ,へば、 I? き ゆ;^ II も i きも、 ^卜^に し な -4?,.^ i き^^ 

若き 女 さ 語. 合 ふ 乙^の、 自然に 恥 かしき は、 何 de- のか 心に 蟠 る あるべ. 若し 無き W すれば、 老がビ 

語 4 老爺 € 語 .0 て も g かしから ぬて さは、 i き^ るも鹏 かしから さるべき に、 をれ なき n おひ Sil 

の あるなる べしで 此の 二人 も 亦 鬼^れ 重 架に ro<. ^ちに、 ^に n^^^ らせ 卜さ^ 前 を!? ど酽ら す"、 

此處 にも 曲者の あるか." を も 二人の 胸の 中に ハ 何の 潜む ど、 S ひ k> だの て も 幅" I 口へ さ 

口 つて 閉^して 知らぬ 振 .0 の 惜さ、 乙の 戀 導く 丸木橋 なく、 はした 》 く 云; si して、 でげ すまれ 

んさ思 ふ 心の、 彼 k も是 にも あれば、 話せば 答 ふるのみ、 餘の 事に ハ 口の 自由に ならで、 話の っ^ 德を己 

力 心から 破る 勒 心の あ- $J なさ. - 戀ハ恐 K- しきもの、 中に、 耻 かしく 纏し きもの, t 思 ふ rJ を 眞の& 値な り. - 

され^ 戀の 一 端氣^ して "其 鐘に ハ消 えす、 何ものに か 依る て必 らす顯 ハ る、 をのが きぎお は、 お』 も In 

V し した 3 i, づも かみ . 

れも 知らす, 知 ゥ 玉 ふ n をれ 出 雲の 神の み. - 

は < »1 ぬ つ <s ひるお か K だ あせ to- をん,, ザ 4t ま A &/ £ こ ,p-to. 

能く 吹き 核く もハ いへ.^、 夏の 算、晝 近 なれば、 肌 汗に まさく ii る 、は、 女 $: ぎ も. 兼ねて ひ、 

か あ ふた t た £■ ち K を, J a St やく 

『申 兼ねました が、 貴君 其の 御 M 扇 を 少し 拜借 なで 

»-£c あね あた るふ て ちょ ゥどど こど さら & ,つお a $ 

男 胸の 邊 6 煽ぐ 手 を 鳥渡 止め、 殊 E 惜し さう に團 K を 詠めて 、 

_u こ . あつ あつ あ ふ » 

『是れ です か …… 41? 暴 S の、 ぶ 暴ければ 煽; S で 上げ ませう? 

D - &た ばお あた 

『.^uぅ致しまして、 罰が當^ます、 .1^ ほゝ >f、v 、や 



HI 狂 湖 蝶 ニニ 

K ^ はく あ. »> た c£ ねか 

『では 御 貸し 申惡 いが、 貴女の 事です から、 御 貸し 申 ませう …… はいで 

* ん を 乙. J か *• めて .S だ こ >* た 《 'ち は t て 《.f> かく はつ *JW 

女 n 腰を龜 めて 右手 を 出せば、 此方n圑扇持c^手を後^ck隱して、 微笑、 

ひへ わる 

『まあ か 人の 惡ぃ. - 

だ いじ e- ち は とんせ あ 

『でも 大事な 團 扇です もの、 さあ 今度 ハ、 ほんどうに 上げ ませう^ 

また よろ £ ざ 3.*- 

『いえ X か だましな さるので すから、 もう 宜しう 御座 S 升. 

こんだ 

『今度 c ほん^です" 

『きりさ^ . 

め て 5 ち a ゆんで I か 

『ゑ- 右手の 團 扇お 左手に 持ち 替 へて." 

* ん * まへ こ ね も いだて を どこ みぎ て たお ま 8 にぎ 

* 『は ぃ1 女 C 前に 戀ゥ て 恐る く 密^出す 手 を、 男 ハ 右の 手 忽然 X CN かゥ振 A- て 、 

『-; ^みやさん で 『はいで 

たが ひ み あは かほ みぎ ひだ S- X さけね のま ひど む およく かさ ほさ 

互に 見合せ し顏を 左右に 避けて、 酒 得 呑ぬ 人の 無理に 强られ て、 二 CM 二つ 猪口 重ね L 程に 赤らみけ 6 ち 

を どこ $ み S まかへ つき 4 は ぎて くび ちから こ i? にぎ をん 1* むねつ *■ 5 かね 

男 も 怯け し 身の、 今 ど 却て 膽の据 6、 握る 手首に 力 を 籠め、 情 知れさの 1 ざ 握. o、 女の 胸 ハ 繽け 打り 鐘 

ひ t 'き i fB み、 や のせ か は もさけ こた む 4J や 5 ««£ t 、ろ 》i を ど, さ. VI fj た ゆく 

の 響 を 漏らす 動悸、 耳 は燒け 咽喉 ハ 乾く." 情に 答へ ぬ も 無情、 元より 心に^ めし 男の 誘 ふなれ は、 下行 

みづ かよ ち ビき f をん 一 *- ぎ た t-e や 《. き われ こ 、 こ、 ろ いづく さ S よ f こ、 ろ こ 

水の 通ひ路 ハ、 今 乙の 時 € 思へ ど 女氣、 只上氣 のみして、 我 n 此處 にあれ.^ 心 ハ 何處に 逍遙 ど、 心 ハ 此 

, わがみ いづく せん <c <ら め か を た *• かも だ <- ふる C ゥ こら め 

處 にあれ.^ 我 身 ハ何處 にある か、 前後 暗く 眼ハ 翳み、 只 わくわく さして 體の 打ち 振 ふ を 凝 手さ堪 へ、 目 



efff i しあ V 入れ Vi6 蹴す s、 f$ r$ s^^ffmf,^ 

に戯 むれて? Cv 居らんで 

ぎ何 處ょ. o|g きし か、 蹴い i:^ よ. c4 き K るか、 ^る lin 嬾 も^れ. i も け、 ^めく, i ろくい 

今迄 あ 見し 高 樓は隔 炎 の 跡な く、 ま_らの•:l^k酽-^獻るl^のl/gkしく 、お 1: P に!; き て 、 

を 踏み 靄 4. 破.^ て 走, 41 せば、 ^1/1|^の^^りを^|^0ゃぅは獻く騮ゃかに.、 りさへ^ るか E.^.^ 

の ほ fa- つ め みやこ み ねろ け を くち . £ I ; 

にな. て 登. り果れ ば、 一 ^ 目に 都 を も 見下す 景色、 其の 美し さ 口 Ji^c もの か 男 さ 共に あれ ハ^ が、 

乙れ n 何處 ど, 指さして 藥 しむ £ 思 ふ 間に 如何した る や、 羽 も lib く^も is たぬ^の ふ c くさ る. - 

餘 .0 恐ろしき は 身 を 縮 むれば、 動 ざ 落ちし n 地の: ^なりで Ik 鹏を 船め 、刃^のお さへ 1- たぬ あ 6、 

日に解けしc枯木の枝に永垂クヒ<*^b,c^て、 銳き 白刃 を i えた. で iレsilさをs^oゝm^cに、 1 ろしき i 

ss>lx」p ^ - • * Ji- )sh た ほく 3 くれ &ひ ts- が くお あ は をい き あら こ. 》 た はし き い 3 

ろ 聲の 閬 ゆるに 振. 向けば、 牛の 如き 大熊 紅 琉すロ を 開きて、 鼻息 荒く 此方へ 走り 來 るで あは や!^ は 

せつたい せつめい は. S だ ゆき tL «, づ. 《 ある I さて ft み 51 ? き /XI 

絕體絕 命, 馳せ 出さん^ すれば 雪に 腰まで も埋れ て、 歩行く 事 は ® 置き 身動きさへ も 出 求す. - 熊 はれ Is 

くにき きて a; 1 ffK 五!は八っ!^.,、 i もた i ひもが に&: ?、 I;: はお r4 1 iii め ゆ 

い, の ぎ おから いだ k It て はぎ 2、 ゆ 》- もど ど み を (だ し t 

命 限. の 力 を 出して、 男の 手お 握りし 儘に 雪の 外へ 飛びながら 身 を 投げ出せば、 幾千 w£ も 知らぬ.^ の 

上よ ゥ、 俵を轉 ばす やうに ころく さ轉げ て、 谷の 底へ 落る までの S| さ、 早 やさ、 をの > が 、射が 蹈:^ こ 乙 



狂 湖 蹀 ll! ur 

ilBi ■§■==■=■■ IH^B^JL ごる いし まろ きう を か れち 

の;^, え S: くやうな で f れは? ^ばべ 仓、 しかも 石 をも轉 ばす 急流の 中 へ^ん ぶ さ 落た.^"" かみや あな やさ 

b > > こ はる ぁ^ !、 Ltt 5 た、 あぶみ つ つ .&.J 、ろ も よ 

.1、 ズば \是れ1».- き、 身 は 机に 任俨れ て、 4 春の 暖かき 障子 を 打ち 叩く:^ を 見詰め、 遂 心持ち 能ぐな.^ 

. ^ - C もの A た ど ムで ほんお £ はぎ つく ゑ 5 へ 

セ、. %れ:^らキ|^^^だ6しな6ゃ^^,れ《物書かん爲めに取6し筆 一 本、 落しもせ卞握-^て、 机の 上 はは 

■ ^ず齡 一. 刪、 1^ を 日の 戲き ゆの fif^ ベ は、 み^けし 、^の is な 04a 夢に 襲 はれて 汗 襦摔を 濡らし、 

ti .b< め つ -ひビ & ふで も つくね ひき 

歡ぉを « ゆれば iisi まま だ 騙が しか...^ 溜息 長く 一つ 吐; S て、 獨 6 笑みながら 筆 投げ捨て、 机の 抽 

ぉを酽 けて ^-.^ したる 一 lk&"^k、 ^し^す 一 だの 年若き 紳士 は、 洋服 出立ち は 娘 鏡 を 掛けた. 

s^jれどl^¥のs^" た I まひの ず i ふ, S ピ&』 せば お-動きの も S きを 忌 ひか、 墨 も 濃く 香 is めて 然も やさし 

く, • - 

みや - か はだ き • 

『4HS さまへ 河 田 機 1 郞ち 

議) , - 

おみや、 « を ^sa さ ひて、 ぎみ K ぬる^の II は^く も、 二ぎ n 年 遊 ひた ゥ さも n 糊に 困し ひ 家 はて は 

こ& ひ こき はし た. な こ ほん かけ ころ の やさ つゆ 

I ^はかみ やが がう く^ &ゥ 上げて、 》 鹿の子の 切れ端 か 煙草盆 は掛る 頃、 野末 は 宿る 露の 

Si も 消えぬ で ま は. V れょ .0 がづぉ 鍵して、 親が 離れ f に k 族 寄食る は 常. な る k 、おみやの 对 

1^^こR.?K<^て、 三; < のお? えて まびお" 酽.^ 1 水の しゥ かも 踏み 止 め、 4 動ぎ もさせす、 人 

の も戧も b,< ^なうて、 あつ ばれお ぞの 肩お 並べぬ で をの 身 は 世話す る 人お, て, 日々 は 



やくしょ ビ ころ ちょ ま& やど を ど t ねよ こ., J ベ 乞 VKn あづま げ t i へ ^ b 

ある 役所め きし 處の 女工の 取締に 雇 はれ、 男 .3- 及ばぬ 腰辨當 k、 吾妻 下駄 の^を 减 らし \ 家に 歸 へれ 

ば 1 一 r 人の P 觀に I. びて、 m の爵ぁ m ませ、 im き s:s の pipi び s^v がしく、 

む! t め ま はる ざ いろ ゑら をつ ぎ L-st© をん を て くる & 

ちし 娘 子 k も 負けさせぬ 春着の 色 撰み、 夏着の 縞 好み、 女の手 1 つ:^ て は 苦しみに 泣く る^ は あれ^、 

子供達に は 何時も 好い顔しての 丹誠で 時鳥の 記念 育つ-る 鶯 のれ^が いかに、 あの?^ の, ぎ は k がすと、 

下女が 井 la- 端の 話し 草 k 乗せれば、 ある 將は -RHH きづ. の 鶴 君へ 夫の 小言の 能き 種 さなる、 兎に M にが 

の 世に は 稀れ もの^の 曝^ 

4- みや k 姊 1 一人、 をの 身 は 末の 子 れ ぬで 一】 一 尸 さも^, i の戲 1% さき は i た klH でき 木み ず 】.- て、 

wr-^ ち、 ぎみ いま は、 て も だ を どこね こ ぁ|^ わ f a ; 

く-場よ, は、 父君の 在 さす、 母の 手 一 つに 育て たれば、 かまへ て 男親な き 子 tt 甘やかして i ば^の ど^、 

I <^^| か/ よ &ビ ね ものがた S. み、 こ しづ たが ひ もの あら t 9、 ゐ づ、 むつ S ハも £ 

世間の 口 端に 掛らぬ やう^、 夜毎の 寐 物語 耳の 底に 沈めば、 互に 物爭; 5 もせす、 筒井筒の IjL く、 が广 

► ,3 に た を あ V & つば を >f>*ti そ ^* ほゝ た^だん? i\ X >JL& み ゥビ. c- 5 

かれ 姊 よかれ さ 助け合 ひて、 あつ ばれ 三人 さも 立派の 女子^ 育ちぬ. - 母親 段々 k 寄る 年 ij^i が もの t4 

だい む *4> め もはや ど fs ろ く ifj つら it ひな <,s I 9t.> : .n-.J 

く、 第一 の 娘 は 最早 年頃 k なれば、 乙れ まで 苦を甞 め 辛き に堪 へし 胸 を, 今, J そ 休めん さ、 ぎビ辭 して 财 

むこ ビ らく ゐん きょ よ 

鸳をば 取 A>、 權隱 居^ は 呼ばれき で 

を どこげ 5 へ あね むこで き いし づゎ 乙れ か た かはケ へ つ 、み』 fc-* 3、 ,-- もこ -6 

男氣 なき 家に 姊の 颦出來 しこ さなれ は、 礎 是れょ 4 堅固く、 川, の あに も獻れ す、 w> ^の is^s- づ 

せ お いも ど tt- かたみ ひろ むこ L &< や さ たち は ゝをゃ つ * い、 ど 

脊ょ. y 下. 'て、 妹 二人の 肩 味も濶 やか k なれう で 聱は 至極に 氣順 しき 質さて、 母親 を實 母の やうに、 姊 

二人 も 血 を 分けし さ 同然、 此の節の 女子 は學問 もなくて はさ、 女 大學今 川の 舊きを 加が して、 一本の ぎ 

ぁ敏蝶 ;1§ 



I 狂 湖 蝶 二 六 

5 &だ がく. * ん さ あ&二 \ なら あ」 さ 3 いも どた ち はら ,つち あは £7 や て . ^たち & 

k 生み出して 學 問まで 爲 すれば、 難 有 過き たか 兄い 樣さ、 妹 達の 腹の 中に 合す 兩 5 は 形に も騷 はれ ェ 

たり をの くわしよ たの <y たけを いへ I 

デゾの 幾し き 園 も、 華 胥の樂 しき 國も、 竹 尾の 家に はなん のく^ 

fcz まこ ど あめ ひ かや ひる むらさき ふくさ わ ほ を ふく LO VI S こ よぶ •• k , y-- こ 

おの 誡 J^. 激 まされて、 雨の 日 風の 晝も、 紫 の服紗 小脇き を 離さ 卞、 復習の »晤 の聲、 夜深かまで聞^K 

.J ろし み が < か 5 S e ばんめ さが き てい くく わ をつ ぎ や 5 ほ 5* - ) s> 

たる 効能 は、 美 さ 二人ながら 學 校の 椅子 二番目 さは 下らす、 規定の 學科 卒業^ いふ, 譽れの S る、 斗 

^A. まいて にぎ .^<t しり わん つぎ S をが さほ ざ み ぶん 

.0 なる 紙 一 枚 手 i£ 握 ゥて 學校を 返 どきぬ で をれ よ. 緣ゎ て 次の 姊は、 長 崎 さかに 在蠻 する 身 高き 

<■ へ たくさ /» よ み ひどお し 3^ がくもん み C ほかて がみた び < ねく こ 

家に、 奧檨さ 呼ばる ゝ 身^な きで 人 敎 ゆる 程の 畢問 ある 身 なれば、 四時の 外に 手斌 度々 に 送ゥ a 

と- ふで たの < ほ を を **> な どく L 

せ^、 S ゃ夯事 さて は 1 筆 もな く、 S つもく 樂 しく 暮らす 話しの み、 女子の 德 もさ 乙 もさ 知られぬ"^ 

S あは やく A. & き か までおん こ あ K て だ も W 

末の かみや は、 兄の 厄介になる も氣の 毒、 且つ は S ま 迄の 恩 も われば、 是れ よ.. y は 兄の 手 ® けになら 

おりく だ H 、を や こ づ.?^^ ぼか わん で や 3 て ちょし 

す^も、 せめて は 己れ の 喰へ る. K け、 または 母親の 小 f»;STtr6 にても, 緣 もらん 迄 《さ 山の手の 女子 

の Mis はが ど S ゆる^さな. れも^ 醜し き i さへ 外の 面 はは 漏れ 卞.^ 三人の 姊錄 三人な から 美し 

A てん 5 さ こ ろ お た 11> を や は *4> ま を< たか きん e よ へ AT. ばん ほ 

く、 兼ねて は點の 打ち 處も. く 生; 3 育ち たれば 母親の 鼻 益々 高く、 近所の 評判に いよく 賞め もの £な 

.0 ぬわ , 

ビ き らうみ 5ヽ 5 つ W か は お、 * や 9<々ん く. S け S らだ t k • 

河 田 機 1. 郞の 身の上 は、 さまでの 變遷ゥ は » しで 父親 はも さ 陸軍の 會 針に 頭 立ちし もの; て、 一時 は 

ビき よ 50 し V& み かさ 3 つ < たび 3 はんげん さ だ どし.^ < ^も み バる 

特 めきし も、 寄す る 年波 は 門 潛 ぐる 度に 墦 して、 人間の 定まる 年の 數も 過ぐ るに,, いつまで 身 を 苦 

こ、 ろ. ai- こ &ろ ct,^ C まん からだ i び や 5 き おは し をん つ, く まに ど R- はや 

しめん も ひ 苦しく、 ft の 頃 は 健康な 自慢せ し 體の少 しづ、 病 氣も覺 ゆれば、 至尊に 盡す誡 も 最早 



> L ねん せん がいこつ こちし み き きょらい t した んせん けいみ 

此處 まで 知る に、 四 五 年 前に 骸骨 を 乞 ふて 致仕の 身 € な .cs ぬで され. $J歸 去 來の辭 を 慕 ひ、. 門前 三逕荒 

しゃ くな もん a>s> か ひこ *- e ぶん きさん こ ^もた る べんぎ や 5 ざ か て ijls- * や e 

れて、 极菊 獺は存 する 田舍へ 引き籠 ウ、 自分の み 氣を徵 t て、 子供達の 勉强 盛. <y を 手 離す も 親 ざ S ふ 字 

1£ たも ふ 5 が たい £ しんざんぶ もん ひ, y ちんお 5 さど 3- ひら C ビ こゝろ さ だ 

k 饽るど さ 思 ひ、 風雅 大悟 は 深山 蕪 村に のみ は潛 ます、 塵 中 k 悟の 開けぬ 事 もな し^ 心 一 つ i;^ 定めて、 

かん y さるが くち A.s ふし ひのき もん かさ い へ a ひろ せ; >• たて .JI; ゥら, f ね しろ たの 

神 田の 猿 維 W に、 節な しの 檜 門 を 乙玄ん ま.. 搆へ、 家居 潤から す狹 からす 建 》 して、 養老の 根城.^ 託 

C f e たけ はは くさき もよ け ど e づ み つど はる 上 ひ ね け くろ-ろ いし 

み、 子供の 脊丈延 す^、 庭の 草木の 霜 除の 取 A> 外し を 身の 勸め、 春の 宵の 寐む氣 ましに は、 黑 白の 石 

にぎ 《; 々れ た! 6 さし さつ ね どた ころ ろ かま まっかせ 5^ C T らくく わん せんみ く ひやら 

を 握 Av、 時雨 板 庇に 竦く と 音 を 立つ る 比;^ は、 爐の 養の 核 風 を 撫で、 千古の 一 軸に は 落欽. の 善 惡を評 

こ き ぶつ つや ねん ねん 3 あた み、 うきよ へた fvf &< 

し、 古器 物の 飽に 五十 年 百年 を 指して、 當らす さいふ 乙^な く、 耳 は 浮世に 隔てなけれ^、 風流の 極 

A- ひ さ L んち 《. あからさま ちん よこな 

粹を壓 えて、 心中 白地に 1 塵の 橫 はる rJW もな し I 

き ら 5 あに S- をどゝ り い もど &. あに ひビ からだ tJ や $ ぶ $ ねん せん f: んざ 

機 1 郞は兄 一 人 弟 一 人 妹 三人 を 持て <=s で 兄なる 人 は 着 體 あま 6 壯 健なら すして、 過る 一 一三 年 前、 心臟^ 

S まひ つ てんめい ち !• ふたた や を 50、 ち is- みだ つ、 む? しゃ 4> かせ あ, &5 ほくば 5 けむ y あど のこ 

か 云 ふ 病に 盡 きぬ 夭 命 を 縮められ、 兩親 弟^も の 倉の 涙に 包まれ、 常の 風 を 案 內に牝 の 烟を跡 i:- 殘 

ぶっだん t ら&- こ e をつ &は たの あは かお ふ! を や はらから ひ 5 たいせつ み 

し、 僦壇の白木に居士名附けられ終<:^ぬ.- 己れ 兄に 代りて、 兩親 妹. 弟 を HS- き受 くる 大切の 身 さな 《 し Jbd、 

き ら. ゥ L はげ もヒ さい あ.^ ばか がく こ できば お ほ ぃピ 

機 一 郞も 知ら. T く 扁ま され、 元よ ゥ才は 溢る、 T?= へ 學も 之れ に 俘へば、 出 來榮ぇ も 衆く の 生徒に 

き はか ら い だ き や *f 'いん ま *<b ん もん き も <5 ビ かたむ ゆ. T ビ s せい しゅざ よ こ まさし も げふ. A う を 

1 ^際 頭 を 出し、 敎員 も先づ 難問 は 機 一 郞に問 ふ 傾き あ, で 優§1:生の首^||-にぁ.<-て、 橫濱 商業 校に 名 を 

w*-..c* ら. St ゆん も つげ ふ. J や 《 'しょて a ぎ L や ふげ ふ. L やく わい め ざま はたらき ひど. S み ゆる 

覊し、 來春は 卒業 證書 手に 握りて、 あはれ 商業 社會に 目覺 しき 働す らん さ、 ムも 云へば 身 も 許して、 

か きし いた よ. & おこた ど き ら 5 ふる がく か 5 ども だち き ら 5 ザき ばん あり さ£> か み 

彼の 岸に 至る 用意 怠らす. - 元よ 6 みや ttffi 一 郞 "^は 舊さ學 校友 達な. o、 機 一 郞 石盤に 姊樣 書きて 見す 



m 
m 



かみ つる を き ら f たく 5 んビ i-tf あら も き ら 5 し,.' めんつく め ふち あお 

れば、 かみや まの 鶴 折..' て 機 一 郞に 贈る、 運動 壤の諍 ひ k 、機 一 郞 ffi 面 作れば、 かみや も 目の 邊を 赤う 

ビも だち やけん あ き ら 55, つ を ◊ さ るち た わ だか ま むしん こさ も むね をん ぎ や. 9 く 

し、 4^ みや 友達の 邪見に 遇へば、 機 一 郞 何時も 慰めの 位置に 立つ. - 蟠 なき 無心の 子供の 胸 は、 難行 苦 

; VJ や f きた ど た 5 ど さ 5 きょ ぶつ ほ さつ わん W "よ や 50 か たま 

行 i£ 鍛え 研 ぎし 尊き 憎よ. ci" 滓ら かに、 佛 菩薩 も 遠慮なく 宿 借ゥ給 はんで 

こ ひ くせ &の め いだ うち たが ひ あい こ で こ、 ろ はた こ ひ たね ふ 

戀 さいふ 曲者、 いまだ 芽 も 出さぬ 內に、 互に 愛す^い ふ、 是れ旣 は 心の 畑に 戀の 種を厌 せし な. で いま 

こ ひめ は つちお ビも だち あ ひくが さ か、 わけ んた L 

だ 乙の 戀芽も 張らす 土 も 起きぬ は、 朋友 k 相合傘 を 書 るれば、 をの 譯は 何の 爲 めど さいふ 乙 さも 知ら, 

た 3- かほ あか たび を のち. 5 へ わた まし た こ が < か o かよ 

k、 只 だ 二人 さも 顏赤 うせし rJ さ 度々 お 6 で 其の後 家の 移轉 せし 爲め、 かみや 此の 學梭に は 通 はすな 4 

き ら 5 こゝ こ& もむ しんべ つ 5 &か ビも で き わ T> こど こ、 ろ あど 

て、 機 一 郞も 是處ど 子供の 無心、 別に 中よ き 朋友の 出來 て、 忘る、^ はなく かみやの 事な ど は、 心に 跡 

なくな 4 ぬで 

ねんき £..53 あた、 f ゅゐ せ s さ 5 くわ. S たこ た ♦& ビもょ S 

乙の 二三 年舊 誼を暖 むる さかの 生 意 はて、 同窓 會と いふ もの あ. ちら 乙 ちらに 起. o- て、 同じ 友の 世に出で 

いま ひげつ ひど て, r< まげ む. * め こ もち ひど よ つ き や 5 し わるさ しか ほおる 《J 

、、 今 は 鬓附 けし 人、 または 蝶々 鬍の 娘の 子 持 £な6 し 人な^ 寄ゥ集 ひ、 i 教師に 惡戯 して 叱られ、 黑板 

まへ e かんた ゝ かた あ こ ビ じ Isv-S- き ら 5 かよ か この 

の 前 k 1 時間 立せられ たる 乙^な ど を 語 6 合 ふ 事、 一 時の 统 行の やうな 6 し. - 機 j 郞の通 ひし 校に も此 

こどな. J か 5. & 5 くわい を づ fl ゆん じ 5 たいく わ S ^ つき t せ 6 くわ い ひら こど こ ビ あへ はこ 

事起ゥ て、 校友 會 さか 名 附け、 塞 秋 k 大會 二度、 月々 に 小 會を圑 く 事で」 な. ぬで 事 は敢 なく 運びて、 い 

だ& くわ. & ひら ひ は A 5ど ほ. き であ たが ひ むか はふ «^ 

や 第 1 會を 開きし をの 日, 緣の 糸の 細々^ 切れ もせす、 出 遇 ひし ハ 4^ みやな 6 で 互に 昔し の 話しの 胸 

あみ もどき ねこ を ひう か きた ひ >.r> こど かほくれ を ち を か いま A か fi 

にわれば、 遇 ひ 見て ハ 一 々に 其の 特の 行狀 浮び 來 りて、 人知らぬ 事に 顏紅ひ を 散らす も 可笑し. - 今ハ昔 

む. J ん き ら 5 こ を どこ をん K% み あは かほ e 'つば 

のかみ やに も わら 卞、 無心の 機 1 郞 にも わら 卞、 1 箇の男 さ 4 ず 6 女 さな. たれば、 見合す 顏、 立派なる 



を どこ fr-a .5 つ Ki ほせ たも あ ひたが こ、 ろ ほ むか w も こど さら した げ 

男^. > ^う 紛 へ 0、 美く しさ 此れ程^ ハ 思 n ぬに さ 相互; S に 心に 春めて、 昔し の 話し 殊更に 親し 氣な 

き ら 5 ねん あ ひだ あ 3 こ ひめ K みき わ だ 

i かみや は 二十 三、 機 一 郞 C 二十 四、 十二 三年の 間 遇ハぬ 間に、 戀の茅 は 早 や 幹^な 6、 枝 さへ 

fe L を . ひ 5 ひく げ わか むむ 5 つ たも かげ. *- がた こ ひかみ ど 

も 生 ひ 茂げ るべ し。 其の 日 ハー 初々 し氣に 別れても、 駒に ハ寫す 面影 風姿、 乙の 戀神 かけて 遂 けさせ 

鈴へ で 

fj た ど ど た W こ ひ A- つ. J け ふ あ こ、 ろ *^ の 

をれ よ. なかく に 親しくな ク、 問; 5 訪 はれの 絶えす、 二人 ハ戀の 奴 さな. o- て、 今日 遇 試みん, 此 

つぎ は おも たも さは ふね たも どころ e たが 5 ぶ こ、 ろよ は わ 

次の 話しに ハ ほのめか さんさ 思; 3 思へ^、 棹な き 船 は 思 ふ處へ 行かす、 互 ひに 1 初心の 心 弱く、 我れ にハ 

たしか こ ひか を み も 5 ぬ ほ よわみ こ、 ろ あ ひゥ きら こ、 ろ もち お を 

確に この 戀叶 ふさ 見 ゆれき、 若し や 己 惚れ か. の 弱味 心に 有れば、 まだ^も 附 け^^のい やな 心 持 さ 同 

か はき si" たも もいだ K ぢ しんぱい 

卜く、 をれ も 皮切濟 めば、 なんの さ 思へ <^、 若し 云び 出して 恥 かく 乙 さ n なき か、 をれ のみ 心配に な-^ 

でか とど の SI- こ こどな び-, わか あど ざん? J ん あ どき むね 3 ど 

て 出掛けし 言葉お « 喉に 殺 す 事 度々 な.. S つも 別れた 跡で 殘念 がれせ、 遇 ふた 時には 胸先 づ 

い しまいが ひ かた たび f うた I も ほた 3 まじめで 

きて、 言 $: すに 仕舞 ふ 云; S 甲斐な さで .J^ みやの 方よ. 度々 歌な. $JfB みて、 直し 紿ハ れさ眞 面目に 出す 

あど よ 5 れ たき あはび もの こど たど した まで たし をん を だ < も 

を、 跡に て讀 めば 嬉し 沖の 鮑 にても なし、 # "に 事 .i:- 譬 へて、 慕 ふ 迄の 確か.^ れ^、 女子 丈け に 口にて n 

おつい い おも きら 5 5 た ビ とほ 13 こ ほ S- いづも かみ さてせ わ 

少 さも 云 n す. - 云 n ぬ 丈け に 若し やさ 機 ー郞も 疑が ふで 解けて ハ 永る 汀の 氷、 出 雲の 神 さま も 扨 世 &i の 

や $ 

燒 けた 中な. 

あ- , み 乙、 ろた が ひ かさ き ら 5 56- ど わ 5- がくき や 5 じゅ たの こピ 50 つく さ ら 5 icau 

遇 ひ 見ん の 心 互 に 重な. て、 機 一 郞ハ 妹の 英學 教授 さかみ や を 託 ひ 事に 取. c 繕 ぬ. - 機 一郎 ハ橫濱 

きしゅく がく か 5 かよ み &ろ fl 上ち 5 き,, 'か ひび S へ あ あいめ がみお が ひ 

に 寄宿して 學 校に 通 ふ 身な れ^、 rJ の 頃 は * 中 休業 さて 日々 に 家に 在れば、 爱の 女神 を拜 まぬ 日 も 

狂 蝴蝶- 二 九 



狂 s ^ 三 o 

s.a—u _—l—ilg»l i= l = l_ g l j ln— -■—■ == -■-§—_ -_ — =顯 |_ — 3-_ - 一 星 ■ = 画 _ I ま 三 = 3 | 誦 | 5 |醒冒 = 靈雪|- = |疆||麗麗 Mflmillslllll 画馳 |- - 画|墨 = 11 扁 層 —■_■=■■■ ga-l. |重 —晷 |_— 璽 =■■_■— — II— 疆 In 謹 ■— — 一画 Ilia— ■ 

たび かさ わん q よ の たが ひ を. y むか がく か 5C ぶん かへ や S だん い 

なしで 度重なれば 遠慮 も 退きて、 互 k 馴れ 染 むれば、 昔し の學校 時分に 歸ゥ、 戯談の 一 っニ つも 云; 3 か 

ひ こど か 5. あが わ がた ば あ ひ き ら.. r 乙、 ろ お K 5 けど 

^tz€%fv ある 日の 事 二階に 上ゥ て、 得難き 塲合 あ. し k 機 1 郞心 むらく さして、 團扇 受取ら 

だ て に53 L んば. S ほ& は. *s ま わ *a> が 一 

ん^ 出す かみやの 手 を 握れば、 なんの 心配 程に て もな し、 乙の 花今ハ 我が 詠め さな. ぬ. - 

靈) 

み ふ f- ャ J ねん まへ こど い 3 あ &ビ お a 

夢ハ 不思議な もの! 生れてから 一 初めて 嬉し^ 思 ひし 三年 前の 事 を 今 有. <= ^し 如くお ゥ-- 、さ覺 えて は、 

ハま さら -y のどき あ さ S むね 2- づ 5 & t^l さけ こ たく いのち ばん め だい じ しゃしん つくる ひきだし 

今更 其將の 有樣に 胸先 動く、 情 籠め て 贈られ L 命 よ. 二番目の 大事の 寫眞、 机の 抽斗よ ゥ をつ さ 

2 > い つ ^< 9* で f- た たん もがた よろ-つ こど こ-ろ は 1& みぎ てのひら かる の ひだ 

出して 見れば、 何時もながら 憒 らしき 迄に 慕 はしき 御 姿、 萬の 事 心 を 離れて、. 右の 掌. 輕く鐡 せ、 左り 

て ビ i 'ろ む& さき おさ L ばら <5 つど H> こ S- ゑ よ ほ、 ゑ め む 《- や 5 さけ をみ t ば 

の 手 は 轟く 胸先 を壓 えて、 少時 tss 然、 小聲 におな たさ 呼んで 微笑む 眼に n 無量の 情 あ. 其の 身ハ 縛ら 

こ ひ ゑ さて こ ひ めくら 5 が こどば 

れし戀 の 八重 繩、 扨 も戀は 盲目な. さ c、 よく 穿ちし 言葉よ. - 

t ま&へ W よ »/• こ ゑ しゃ しん かく ねピ や 5 ひきだし L ど 

二 間 ま 隔て、、 おみやく^ 呼 ふ 母の 聲は、 あた ふた 《寫 眞を隱 して、 昔せ ぬ檨 i ^抽斗お 閉めれば、 途 

tei X かたひざた へんじ みねこ ちゃ 5 たろ .& ゆ 

端に 叉- みや さ 呼^.. - 片膝 立て ゝァ イ^ 返事し、 身 を 起しな から 錠 を 下して 出で 行きぬ.." 

たの たォを いへ さ いは ひ どビま ふ ど • わざ は あ L ゆ 5 かん ほ $JSS へ をが さき む t でんば. -,-50 さ 

槃 しき 忤 尾の 家 も、 幸の みは n 止ら す、 不 Tft 炎 ひ k 遇; 5 ぬ、 二週間 程 前、 長 崎なる 聱ょ 6 電载屆 きたる 

V! て み つまび や S きき さく ねみ、 みづ だ. & fesj ろ «>ぉ や むこ さ 5 だん 

ド、 , 取る 手 4- をし さ 見れ c、 妻病氣 危篤ぐ」 あ 6 で 寐 3 に 水! 第 一 は 驚きし ハ 母親 • 聱は 相談 も あくせ 

を ひ びんせん の をが さき たもむ か み あやめ { ちね む.?. 4 か 

く^して、 其の 日直に 便船に 乘ゥて 長 崎 へ さ 赴きし も、 六日に 見る 菖蒲の 口惜しく、 いさしき 娘 ハ 十日の 

f ほ y け ク ひ 章が き e や 5 a 、おや * &げ のぺ たくむ, J たも 

菊の 佛 もな 6 し 次ぎの 日な 6." 流石 氣 丈の 母親 だけ あ 6 て、 歎きに くづ をれ もせす、 野邊; 迗.? 聱を助 



けて お! ^よに^ ませ、 一..4くの1ピ.1^にず^けて、 ^日|^『4ゃ^ぅ、 倾 かの ん にても あるか、 俨 sin 

, おから たの みよ 3- あつ さ a- は^ きゃくま 

親しく 力 さ 託む 親類 を 集めて、 先程よ ゥ容間 はわ ち 

何 心なく かみや n ぎ i にだれば、 の 二三 i よく f ri れ、 f^ktf<f 

に f るに、 i やら i2 きゥ て、 K のまの f ? しく i え、 i よく i^ii の て、 一い W 

i^. > U め うか *• , « 、もや がきせ る て も 

ひ 付 力る 用 を 目に て 伺へ は、 母親 は 長 烟管を 手に 持ちても 

P を ye どけ ふ こ ゑ S で つね はら はた ひ J- 

^ お.^ や 。 何事で今日は聲迄^$^常にぁらで、 鴨 に饗く..^^ぅな1 - 

V ) へんじ き、 をが たばこ わ ふ 

『は ^いふ 返事 を閬琉 して.、 煙草 を 輪に 吹き、 

『今日. はか 前の 心お 聞; 3 て 見やう S 思って …… 御 親類 方の お出でお 鄉ひ、 i^imi のか i を i ゲた 

さ 至極よ からう とかつ しゃる し. - する から …… 、 私. nV か 6 の 言 ふ 事と 思 はないで、 銜 親類 御 1 同 

> こど おも き < 

のかつ しゃる 言 を 思つ て 聞; 3 てお 吳れで 

先づ 大盤石 は、 かみやの 幼 いげな 身體の に乘せ 掛けられぬ 4: んな Mi? あ^ AO か、 ^はぉぶ點な^^ 

をォに 少し は 胸に 當る rJ さも あ 6 さ、 おみや 總 身に 力を入れて、 乗 地 にな ゥ て 見 すれば、 母親 は 烟草を 

^ ^ > - » rf, ぎて ねび あ ひだ はさ からだ i* つ,? > む ほ もこ つ い だ 

はたいて、 右の 手お 帶の 間に 挾み、 體具 直に 胸 少し 突き出 L、 

は.^ > こど 3 へみ さ だ こど ゑん だん はか 

『外の 事で も .ilb い、 か 前の 身の 定まる 事 …… 緣談の 話した が …… V 

- . ^ , *^ た る » さ,^ が を どめ ぎ S づか い おから, J ぶ わし こど ビ み 

先つ 胸に ひし^ 當る綠 話し、 琉石は 乙女 氣の 恥し く、 入れし 力瘤. 我れ 知ら 卞 この 一 さ 言に 解けて、 見 

. 狂 蝴蝶 . - ^ ! I 

"いり ル, 叱 H;i か viji^ii i JCS ,! i >ft^<^s^ 



狂 糊 蝶 三 二 — 

あ かほ 5 つむ しろば ら か C- ざ ,> かみ ベ ふく か に ほ た . ひざ 5 へ ね さい 14 て 

上げた る. 顔 を 俯向ければ、 白 薔薇の 簪 髮を ヒゥ、 合みし香水の^?;3を立て、膝の上に落ゥで 幸 ひさ 手 

かん ざし R> めづげ は を びら かケ 

に 簪 を 持ちて、 珍ら し氣に 葩 を數 へれば、 

Q へ あ ひだし はか こ ど 5- だ へ わけ いこ ど はや き 

『姊 さんが 乙の 間处ん だ斗ゥ で、 乙ん な 事ス V 云; S 出す のも變 んな譯 だが、 ね、 宜ぃ事 は 早く 極める 

S もつ ビ さ. a づき こど. S3 どき だ さき に. & 

が 能い、 尤もお 盃 の 事な ど は 今で i ^くっても よい、 いづれ 艰ゥ 極め 丈け しさいて …… 先 は 兄 さ 

どころ., がさき as どころ 

んの處 長 崎の 兄さんの 處 およで - 

『ゑ、 兄さん …… で 

たの こど でも たり こど あだ や た *• やお i はづ f ほか きみ ゑんば 1* 

賴 むま 卜き 事ながら、 今迄 は 若し やさ 賴 みし 事の 仇 矢の 只 一筋に 的 を 外れて、 思 ひの 外の 君へ 綠 話しで 

$ A A きみ あ まゐ i,0 た $ み ビ しあ めで たく tV つ 53if>s 53 つま さ だ 

過る 日 彼の 君;^ 遇 ひ * ら せし 時 云 ひ紿ふ は、 N> の 身 年 も 明 くれは 目出度 卒業^.^ らんに、 今よ ゥ妻 定め 

>b き 5- がた こど きみた わた こゝ ろお K ぉゝ は、 

せん も 生 賢し 乙氣 は 聞こえ ま 卜" - .言;3 難き 事ながら、 君の 爲め我 か爲め k この 心 鬼と なして、 ハ乂 母に 

き A-.U ら く い だ ちか 5 ち わかた つか きみ いへ いた , をの こ、 ろ ま § L ん そこ 《 'れ 

君 貰 ふて t,^ れさ 云; 3 出すべし. - 近き 內 はは 我が 方の 使 ひ、 君の 家 至れば 其 心して 待ち 玉へ さ、 心底 嬉 

3,* こ ひ きみ くちびる も その どき わ み れつく わ ど $v たも S れ むね つ 

しき^し 戀 しき 君の 唇 よ 6 漏れて、 其赌の 我が身 は 烈火に 解く る 鉛の 思; s、 嬉しく k 胸お 突かれて、 

I こ t へいで か きみこ ビ ば つ へんじ ► S ま ふた 3 

直に 答 さて 出ぬ を、 彼の 君 言葉 を繽 けて、 返詞 のな きはい やか、 今 さな て か <V< ^振 6 玉 ふ は、 乙の 

Alvll ぐき こ:? T L し うち f ら L をん を ね を め くお あは 

^ 1 ぞを 焦れて 死ね さの 仕 打、 怨めしく で 知ら^. cO 女 は 恐ろしき もの! をの 眼 をの 口に 乙の 哀れ 

3 ら. C に どら V 一き ^ひやう もど を 5- だ これ あ を かしら まろ しゃ 5 をん 

な 觴を蕩 かして、 いざさ S ふ 時に 土俵の 外へ 投げ出す さは.! 是ょ は 明日に も頭圓 めて、 1 生 女 さ 

C こ、 ろ »1 や 5 じ や, r むく よ をへ いま 、で べんき や ,フ たた • く ほる そつ Jtt や 5 

ハ ふ 字お &に 書かす、 淸淨 無! に 世 を 終んで 今迄の 勉強 は 誰が 爲め! 來る春 は 卒業して、 乙う く, t 



と" K- たく こど た た あき そら たの な ^£ s^-^r '9 *W d t^^i 

心に 巧みし 事 は 誰が 爲め! 秋の 賴む まじき もの さ 立ちまん 缺^ かビ て、 ^に i るい i に の 

姿 tt 憎く や 見お す、 言葉 切れ fj^ 言ひ譯 して、 只, た^れし さに g 铲 もせす、 i:- の n き は 1^ し艇 へ、 

$ あ ひど ^ 9^ こた か き, ひも £ ざ A ヽ き ザ f , , 

嬉し ふか 人,^ 待ち 升 さ 答 ふれば、 彼の 君 £5 前の 座に! Jo て、 i の i- 母 k に ハシ, グチ la して、 輕〃 き鰣 へ、 

其 心 は 知, -拔 きぬ、 今 云 ふた はほんの, 甿、 0! をれ^ ふて るに、 ^ま は をう fi^?- ぬ も 

の、 f gi がぎ て、 a; 羅 i やう I し 、二三お 震の f せんに、 iis して 

て 待ち 給へ £s はる 、は、 思 はす 笑 ひ を 漏せば、 今, 初めて, si の!! に Is れし ii いさを,. ぬ さ 

されて、 戴かし く 別れて 歸れ ば、 使の がと の^る を lis 三 f の lr、 も Ll?^ の isirk^i ゲ しか、 きり 

な- - 母 i はな I してく? らぬ、 ゲふ 日の ぎぎき 田 1 へ 1 仃く かさの 

て、 力瘤を入れて 潔ぎ よくき-. ますさ^ へんど すれば、 P! li の さんの IT へ …… ■ なし、 お 

a- み ゆめ まこ ど いま ば こど ゆ-め 

刻 見し 夢の 誡 にな * て、 今 乙の 場の 事 は 夢に なれ. - 

は、 * や まへ かたくる sft く わらよ: -' まり ケ J 、 

母親 は 前の 嚴固 しき 姿お 崩づ して、 に rJ くさ 笑 ひ、 撗 からお みやの 鋭 を 職き、 て、 

『か 前 も 知って 居る 通ゥ、 兄さん は あの 通ゥ氣 もやさ し く、 柔順 ケて、 道樂 なぞ は 塵 ほ^も なさら 

ぬ 質、 一 晚でも他處に寢泊<=^をした軒はなく、 よく k& ^ひて、 酽 さしくして さる 气 ^さ 

ん から 度々 手紙て 云って 來 たらう …… をれ にか 酺腐ち も 齢 だし、 lii はわ, も fnr、 $^に 

過ぎ もので はな S か." rJ の 間;?^ しの 行った 時 も、 ^ん.^^に£,^して^れたらぅ …… ^^おに まあ 



狂瑚蝶 ^ 

の^ Asg しい 兄さんが あるし、 外に も 優しい 兄さんが あるし、 ん なに 嬉し S か 知れないで 他處の 

> .W J E、 である わた 5S る ほ 5 よつ ば せ たの 5 . 

が は 芝居お さか 花見 * た £ か 、よくお 出步 行きな さるが、 私し は 家に 居た 方が 餘程樂 しみさ まあ をれ 

は 兎も角も、 乙の 間 長 崎で、 姊 さんの 柩を 出した もの 晚、 兄さんで」 さし 向 ひに なゥ て、 つく- か 

話し をした が、 兄さんの 云 ふのに は …… で 

e ゆ * ん もで だ か め こ ゑ をと '4 - ► * . 

€ 襦抨の 袖 を 出して 霞む 目 を も CNW ぬぐ ひ、 聲 少し 曇らせて 

to, h^s 4- *&《 6 わたし & わ で ひビで 

きさん、. || し はほん さに よ S 家內 お持ちまして …… 、 私の 世話 は 1 から 十 迄、 人手 かけすし 

て k れ、 わ はがろ £ の よくな を 1" させた 乙 さは、 こ 此の, ち 《^ 一 Is も 御座. - ません.^ をれ ですから 外で 

■ め をして 1 りて % て も、 をの 苦しみ は 直に 忘れて 仕舞 ひ 升 位で、 ;;^ は 今の 今迄 1 生 乙の やうに^ 

- しく i せる i ち ^〃て S5.cs ましたで IP ぞ でも & つて、 わなた の 喜 ふお 顔で も 見たい s、 思り て 

^6 しまた は …… ^うお r すまいで rJ ん なぎけ ない 事 は 御座いません、 あの やうな 妻 は 尋ねても、 

きワビ わなし こ ひど &み くら i 

必定 わ.?? MHS …… あ 6 ません ち 私 は是れ から 獨 身で 募し ます…… も 

ひざ へ .J た、 f> づく は を £5 い? -ゥ: > J D 

さ 膝の 上に 滴る 1 さ窄、 鼻ゥ まらせ て滔扇 吐く のみ, 

『€tw ふだら う、 Hi はわ、 鎖 さし だ、 まさん も あの世で 定めし 悅んで 居る, たらう £、 腹の 中 

てず を: S してお さんお 1 みました.^ :ilT^ では^^で, らすさ S ふ もの、、 まだ 若い 身 s、 是れ から 

. -.. » "こど ありがた む め よろ. J f 

さ fw ふ^ろ で^^さう H ひき- 4 でも ii かれない から、 か 前の 云 ふの は 誠に 難 有い、 娘 も 悅んで 居 ませ 



■ =1- a こ、 ろ も む め た.^ わ ひどり せわ たん い み 

う、 さう いふ 心持ちなら 娘に 對 しても、 私しが 1 人 か 世話し ないで は濟 まない と、 段々 云って 見た 

fc-a. 、き まこ ど もみ t ほやけ つ.. i ん ね も かへ 

だ、 |:々聞か^^ぃで、 あなたに は誡 k 濟ま せんが、 最早 决心 をした からさ、 . ^うしても 思; 3 返して 

1 t こわさお もつ なへ とど き L ひど 50 ころ も- ら 

な S のさで 此處で 私しが 思 ひ ffl ゐ たの は、 おみや、 お前の 事、 氣も 知れない 人の 處へ造 ふよ ゥ、 

お の へ 1^ たら. も居づ らく あるまい し、 叉 兄さん も姊 さんの 姊 ださ 思へば、 外から 貰り た 

わ も もの にい たいへん i る こ せひよ こ ら 

やうで も ある ま S さ思ゥ たから、 其咄し をす る^、 兄さん も. K 變 喜んで、 . ^うか 是非 遣來 して 貨 

.T た L のケ £ ころ >J うにん いし 9 》 ,S もど 

いたい、 をれ は 私の 望ひ處 お、 當人 がなん S 云 ふか 知らないが、 若し S やだ^ 云ゥ たら 妹 さして 1 

L よくら 6 しか $ 5 3? せん た いへん よろこ をる だ ほや 5. 

處.^ 暮 して 居たい、 をれ は 死んだ 家內が 生きた 《 同然お さ 大變に 喜んで 成 丈け 早 S かよ S さ 云 ふ 

5t &も& ほた ち こ;; まで わた い こど さから こど きゥど f> や, T ち 

. ^ら、 I しも ii しく、 かみや は 極く 素直な 質で、 是迄 私しの 云 ふ 言 は 逆 ふた 事 はなし、 必然 承知す る 

に 船^ あ. ません から、 歸ゥ たら 早速 差し上げ ませう さ 云って 歸 ゥて來 て、 今日お 前 は をれ を 云 ふ 

ゥ《-で ま & fsvt- る た S さ 5 だん ま * し L よろ みん も わ は L 9^ に々 L. r 

がづ御 親類 方 k 御 相談 申たら、 至極 宜し S さ 皆 かりし やる し、 私 は 元よ. 》 ^兄さん か 可愛 さう だ 

ズ ザ< -さ あげ はい いつ 《* で む t S わた しにみ づ ど もら つも n 

から、 慰めて 上たい で をれ 兄さん は、 何時 迄 も S さ 云って K しの 死 水 を 取って 貰う 積.. だし :••: 

まへ か W づ わた ビっ よめ か、 ほめ つも わた しん 

乙れ でか 前が 片附 けば、 私し もお 父さんに あの世で A 目に SCN て も、 譽られ る 積 4 だから、 私の 心 

ばい や も < まへ こど い を 3 

配 を 休ませて か與れ ::: 、 か 前の 事おから 否や は ある まいね" 

こ5.1>^^ き $ >& がさき ゆ ^ $ ね や t あ ひだ . i きかた をが 

あるまい ねさの 言葉の 切れ は、 必らす 長 崎へ 行けさ 云 ふ 謎." S かに 親子の 間 て も、 餘 4 な 極め 方、 長 

さき は S おど かた おが がくもん さいち フ レ± ; ^はだ > , > L た > は 

崎の 兄さん は 柔順し S か *k は 違 ひない、 舉問も あ. o、 才智 も あ. <y.- 然し 河 田 さま もやわ か 劣 6 は仕紛 







賢 t 




浮え 


の 


に 


曰 A 


力、 


我 わ 


に 


先 さ 


A 


お 

ゆ 






乙 




ぶ 


附っ 


な 


の 




が 


答き 


さ 


の 


さ t 






う 


=11 


ほ 

芒 か 


力、 




母? 何 を 


身み 


へ 


に 


%、 


ら ^ 


定 5 


何 t 


云い 


ぬ 


n 


さ 


故せ 


に 




は 


心ミ 


で 人 2 


し s 


だ 


ひ 


生ま 






せ 


ま 


い 




せ 


兄 g でろ 


、 の 




ね 


ま 


み i 


吾 わ 


の 


ぬ 


の 


や 


大 S す 


の 


は 


mi 心ミ 


御 こ' 


小 こ 


ぎ 




れ 




力、 






事 C 






無む 


h はろ 




供ま- 


ら 


度 ど' 


な 






葉ば 




の 


黎ぁ 


し 


理《 


極ぎ 相き 


で 


さ 


の 


が 


胸 g 


零 も 


振ぶ 


か 


伊き 

あみ 


明よ 


1' こ 


な 


め 徵 


娘き 




ん 




ら 


n 






れ 




の 


Ml 


ら 


の 奇さ 


盛 t 


h 






好よ 


綾 $ 
糸' £ 


少き 








櫻 f 




ぬ 


吞の 緣' え 


りか 


る 


す 






し 


田た 
芯、 も 


ら 




、ら 


泣 を 


事き 


み 、 




ま 


れ 


度せ 


Ml 


の 


先 i 


a 






朝き 
ml 


さ 


な 


込 こ 命 S 


濟ゃ 


IP 




の 


事 C 


千お 


に 


入い 




の 




が 


み 迄き 


ん 


し 


、 






] 、• 


知 L 







命 S に 


さ 


ら 


顔 S もで 


で 




母? 


で 


を 


に 


れ 


て 


小 こ 


n ち 


頭?' せ 




ち ^ 


居 a 




親? 


御& れ 


養 Lr: 




居 a 


供 t 


か 




ら 


な 思 も 


る 


へが 




座 ざ 




れ 


ば 




で 


せ 


だ 


れ 




せ ふ 


X 


る 


親? 




ぐ 






ま 






げ 


た 

れ 


は 


は 


、 


な 


丈 だ 


ノ r を 


を 




:k い 


へ 


な 


る 


な 


無む 


め h 




ど 


け 


力 > 


れ 


休 か 




ば 


さ 


b 


理 《 


に の 


ft! 






ら 


X 


さ 


分 わ 




身み 




さ、 


! 


私き 君 息 
のし — g 


k 




手て 






霧 t 


け 


生 を 


の 


定? 








、 


に 




今 さ 


の 




ま 


、 


の 


め 


今 S 




< 


o 


氣き 


乘の 


< 


ハ 




考 かん 


中!: 


何 を 


を 


し 


は 





をろ 、 


て 


の 


ち 


者? 


只? It 


へが 


な 


故せ 




行い 


我 わ 


た 


閬 S か 


る 


知し 


卞 


へが 




行 ゆ 




事 i 


で 


さ、 





が 




ゐ 母 2 


年? 


れ 


、 


ま 


寸ぇ 


< 


置 ま 


ムふ 






て 


身み 


な 


て さ 


で 






し 


逃? 


M 






t 


し 


吳く 


It 


い 


は ん 
下 も % 


は 






て 


れ 


の 




お 






れ 


mi が 


な 


人き 








の 


し 


云い 




る 


る 


か 


さ 亦 蒸 
ら mn 


い 


に 












て 


へ 


長 n 




ず 4 


X 


云い 






下た 


足き 




中 


崎 置 


ら 


怨! 


しめ 


ぬ に 




ふ 






に 


ん 


元^ 


戀き 




へ 




め 


い 












お 


す 


X 


し 


い 


行 ゆ 


ね 


し 




行 ゆ 似 K 










の 


先彦 




い 





< 


へ 


の 




け 合る 




や 






せき 
るみ 




立た 


君 1 


ir 


は 




涙? 




おお 




あ 

W ノ 






の 


何き 





に 


打 5 


m% 


は 


ゝだ 






な 








處こ 


鳥 《 


離 g 


ち 


な 








a 、 




IP 






借 ま 


お、 


の 


れ 


明? > 


b 


知 L 


め 

心ミ 

ろ 




T«a •$ 私た 




お、 








\) 


m 


ね 


し 




b 




ふ の^ 












咄§ 




ば 


て 


か 




の 




は 心; 




%、 






t 


嗟き 




な 




斷き 




腹? 




、 t 




前ミ 








の 


見み 


ら 


IP 


A ほ 


ぬ 


立? 




か 聞 S 




年 £ 
k 








間 ま 


極 g ぬ 


や 


せ 


力 > 


し 




母 2 き 










にだ 


め 


m 


今 》 






さ 




さ ^ 



ス 、J>i はか &&ど や なち つ か むね 3 た * ビ .& だ あねまで こどば t 

美事 W を破ぷ られ て、 落 付き 掛けし 胸の X 跳. 出す に、 姊汔 J が 言葉 添へ て、 

わる こど S ゆ こビ き C, や 

『かみやさん、 惡 S 事 C 言 はな S から- 行く 事^か 極めな、 をれ^.^ 否な ので 

いへ あに しんるいまで み tjb は、 み かた くち. 5V- ゆ. & ゆ ひどり こじゃ. 5 らく e つ ひな 

家の 兄 親類 迄 % 皆 母の 味方、 口 i. に 行け^ 云 ひて、 行く i^ss ふ もの は 一 人 もな し." 孤城 落日の 今 c 

i: - . » は か いくたび く かへ さてく お S をせ き 

凭ゥす 力る 枝 もな く いや -(-^ 腹の 中に n 幾度 も籙々 返せ ゆ 一、 扨 口にさて n 出です、 何故^ 聞かれた 

どき い わ A おくら みちび ひ は、 あに あ U a; よ ね 

時の 云; S 解け n, 道閽 うして 導く 灯 もな し. 母 ハ せまる、 兄 姊ハ勸 める、 寄, CS たかって いぢめ る さ 思 は 

r * け ふば > ゥね おが あ はまで K く こ、 ろ S い や こビ》 わし こもい 

^て 今日 Tfr.<>n 常に 拜む兄 迄 キ>馉 らし。 心で 云; 3 たる 不厭^ いふ 言の葉の、 我れ 知らす 整に 出で、、 

S ク も ば や で せき まぎ 

はつと 氣の附 けば、 素早く も 出ぬ 咳に 雜ら せて、 

『私ハ :… ^ ^跡ハ 切れて 咽喉に 消 ゆる を、 

『行って 吳れ るか 

はゝ ね, ビ つら か ちら こ* ろ さつ み 

さ 母の 根 問 ひ、 辛し、 哀し、 怨めし! S なやる 心の 察しても 見えさうな もの、 

だま ゐ ct^ 

『默 つて 居る の n 承知な のか 

\? , % • がな きみ みさほ こ * さ こ、 ろみた あど さき かんが 

£ 云ハれ てハ 捨て置き 難し、 あの 君への 操 n 此 處^、 優しき 心 も 亂れて 後先の 者へ もな く、 

『私 C きう も 行きた く …… 御座 S ません ち 

, い 5- い > ゾ. ざゐ ひど たが ひ かほみ あは こ あん わい さ K 、おや 

さ j 扇に 云 ひ 切, て靦 へば、 座に 居る 人ハ互 に顏 見合せ て、 是れも 案外 さいふ 檨. - 母親 $:、 

『何故 行きた くな S の. - 

狂 蟻^ 三 七 



. 狂煳蝶 I 三 八 uul 

はた ど いわ きみ みさ はだて さ $ い L な へ わけ 

果して をの 問 ひ、 云 ひ 解け ハ なし、 た^あの 君への 操 立.^ 然檨 い 云って 仕舞ば、 譯. なきな れ^、 

.S くるし ほね だ ふ. L く つ も 1SS.. sc^iv.- ざ 5 K ぷ yi ころ か 

云って よい やら わる S やら、 の 苦み ハ骨 も碎 け、 節 i へ 注ぐ 鉛の 熱湯、 五臟は 沸え 六腑 ハ處 を替 へ、 

fi-s こら がな f たま かみ み かみみ を はよ ビ た <» »> た し 5 きょ 

肉 動きて 堪へ 難し、 救 ハせ紛 へ 神! , 乙の 身 を 神の 御 側へ 呼び 取. 給え! 慕 はしき は 死の み、 浮世 ハ 

ほん 可 厭な. <^、 可 厭な 

(第 四) 

お S- かさ せき くち みづぁ f> S せ , , ほさら こビば で をみ だ さき 

塵芥 重なれば 堰の 口の 水 はけ 惡く、 云へ く S 攻め かけら るれば 尙更 言葉 ハ 出ぬ もの、 1^ のみ 先に 

Z Ltt ばか わがみ わがみ , C f た 、いわけ か を や は からた おの づ 

立ちて " ゾケ チ. も 絞る 斗 .CS 力 rJ うなれば 我 身に 我 身 か 自由 k ならて, 只譯 もな く 哀しく、 座る 體の自 か 

さゝ がで fe^ .C 'つぶ f> くち お ^-w かへ しもよ き れ.. ^3 ゥ こ ゑ 

らま,^ 甄 くて、 疊の上 俯伏 はな 6、 いやく ^ 口の 中 k 繰 返す のみ、 霜夜の 蠟 蟀枯草 を 抓 かみて 聲も 

わた は、 やた だ て. '.J さ 

得 立てす で 母親 ハ穩 やかな IS 子 k、 慰める やう k、 

こ f わけ いや こど K i わた 》1 こゝろ を こ さつく S, 

『小 供で C なし、 譯も なく 可 厭で ハ、 か颧ゥ も 困 6 ますよ ち 私の 心 も 少し n 察して か吳れ でも 宜 

つ さま かくれ にん こ も か、 ど は 5 く t t 

い 卜 やおな いか、.;^ 父樣、 がか 死 t なすてから ハ、 三人の 小兒を 抱えて、 ほん S うに 途方 i£ 暮れて 仕舞 

か る どころ どつ さ; a ね かたみ こ にん & つば L あ 

つたが、 sゃ)(..斯ぅして居る處で$:なs、.^-ハ乂檨の御記念の子だから、 三人もも立派^^^仕上げて、 

ri& «v お おこ きゥ しど ほひ どせ わ 

竹尾の家の名を起さな.ければなら»ぃ^氣が付^^たから、 知ゥ ての 通- 人の か 世話で、 あの やうな 

どころ ゎづ ばか げっ きふ い たビ ビっさ 》• のこ て おも 

處 k 通って、 僅か 斗う の 月給 を 戴き 11 をれ も 乂樣 のか 殘 しの もの へ 、手 をゥ けまい さ 思 CN て —— 

^ 5 A ひど s-«a S び さ わる 5 はさ た ひど &み おん そだ 

まあ 如何 やら 期う やら、 人 k 後. C 指 も 差されす、 惡ぃ 立てられす、 人並に 三人 さも 育て …… そ 



«* へがた « こ 5 わたし fx ばい ど ほ 5- St4 9 タ やさ as 

れハ 前方が、 利口だった のおら うが、 私の 心配 も 一 さ 通で c なかった で 今 ハ 家に n 優しい 兄さん 

で き もが さき ものがた でき ふた W L あ はぜ わた. J あんしん な R> に おろ いま 

が 出來、 長 崎に も 物 固 S 兄さんが 出來、 二人ながら 幸福 をして、 私 も 安心^て 重荷 を 下した が、 今 

ひど S- 「まへ まへ み 3 かた .ct^i.- こ ゝろ& ち め ねむ これ a でい ろく ねん 

1 人 はおみ や、 お前 も お前の 身が 固まらない うち は、 私 は 心 持よ く 目 は 眠られませんで 此迄 色々^ 緣 

はも , ど かく をが みち か きい こ 3 おも. & しんぱい 

の 話し もあった が、 鬼 角 長し 短し、 氣に 入った の はなく、 困る く ざ 思 ゥ て、 云へ な S 心配 をして 

_0 しまつき だて に じんぶつ たし 2- ち K こど を さ ね a 

居る うち、 乙んだ の 仕 末。 氣立も 知れ、 人物 も 確か だしす るから、 內 端で 事 を 納め やう さ 思って、 

いだ み *6 にき. & ビ ころ も ねん こど なへ くお 

云 ひ 出して 見た のさ. -何 か氣に 入らな S 處 でも わるの かい、 をれ は 最ぅ緣 の 事おから、 か 前の 口で 

こどき. & い む S- ^ わが fa ゝ た も 

乙れ くの 事が 氣に 入らぬ S 云へば、 無理に^ は 云 はないで ただい やで は我饞 さし か S はれない か 

S ろくき み ゑん W よ あ tsi S きか J* へ がく 

ら、 色々 閗; S て 見る のさで 遠慮す るに は當ら ない、 云って か K せ^、 ゑ、 ゑ、 かみや. - ゑ、 か 前 も學 

もん み む W ? P こど い つも わたし む w 5H おが 

問の ある 身^から、 私も無现に道理に違c^た事は云はia>s積A^、 をれ もも 私が 無理 かい、 間違って 

a わたし あんしん くき い { 5 や 

居る かで 私に 安心 させて れる氣 はない のかい、 行つ-て 4-",. 丑れ か、 否な のかい、 きうした の、 およ. - 

もったい む w き & あんしん や $ く *<s. がさ *:! as きら どころ か B 

勿體 い、 なんで 無 a. ^聞き ませう、 御 安心 させたい は 山々、 長 崎の 兄さん も 嫌ふ處 はなし、 れ.^ 河 

た まさ かた こよ ね SJ む S- . &た S むね ね ほ は ほ 

田さん は 優る. 方の、 此の世に あ. は覺 えす. - 無理 云ひ紛 はぬ だけ 乙の 胸が! 根 堀 4 葉 堀. も最ぅ 

や くる くも 5 ち t だ くだ こ、 た J- ビほ たま あど むね ひら 

止めて、 苦しい 雲の 中から 救; 3 出して 下されで 此處は 只 S やで 通して 給 はれば 、後でお 胸の 開ける やう、 

まお L わけ せ 5* く をみ だ せき . ど はら K も だ ぶん .J お 5 へ の ft もち 

申 解 はいたし ますで さ 迫 ゥ來る 涙の 堰は 留められて、 腹に 思 ふ 丈け の 百 分の 1 も 舌の 上に 登らねば、 勿 

ろん くちびる もど. 5- K か みし か& の こ ク はゝを やや は は sa- ほさ S わた くび 

諭 唇 の 外へ は 出です、 齒,^ 嘴 \ めて、 哀し さ を 呑み込 ひ 辛ら さで 母親の 柔らかく 話す 程、 * 綿で 首 を 



蝴 蝶 0O 

くる を さ を てし まか S はらわた さか 

ダめら るゝ やうに 苦し. - 幼き 時よ. 手 a に 掛けられし rJ さ を 言 はるれば、 觴 は 寸々、 逆ら ひたく はな 

けれ^、 ぎぎの ゆまして 可愛い S 思 ふ 君お、 今更 拾 てられ もせす、 捨て やう^ は、 さらく 思 はす、 

こ ま" -, へ,.. -4J ふ しゃちお をせ ふ しゃ ち 

『是 れ^ 云 ふ. ば 返蔡を しないの は、 不承知な のおね. - 何故 不承知な のかい. - 

4» i を こも ビ a やな わた かみ l^s- あら 力 W やせった s-iv つめい あき S ひわ 

さ^ 1 キ、 ゲは 少し ぢれ て、 聲は ^山お 渡る 雷 の 荒ら かな ゥ.^ 最早 絶 P 絶命、 明らかに 云 解けせ ねば、 

こ ざ ,2 も い だ L S ズォ さけ ふか K、 ゆる たま こど _ 

是の坐 は 立た せ餘 はじ、 1 層 かう くど 云 ひ 出して 仕舞へば、 情 傑き 母 さま、 許し 紛 はぬ 事 は あらえ。 

ウ にく くお y あ ひだ L や s-,^ ゆつ ばく 、りしろ .3. ら こど は、 

しかし 云 ひ惡 し、 女の 口から 男が ぁゥ £ は.. - され ど 二人の 間 は淸淨 潔白、 後 閽ぃ事 はなけれ^ # さ 

ま 乃. H づ らもの たも たま し ひビ をに い こ み きょ r て. f 

ま《€ も かく、 ^の 方が 惡戯 者^ 思ひ紿 ふや 知れす. - 人 は 何ぎ-云 ふ^も、 此の 身 さへ 淸 ければ、 夭に も 

ちま づ こど ^ & はづ や い つ は、 き 

着に.^$-*かしき事はなけれせ、 云 ふ a 何ん く 耻 かし S やう .Jaz^ 止め やう か、 何時 迄 も 母 さまに 氣を 

6 ゆき しろ む, J 、めぎ かんが #A ^ちみお ゆ も^ めんぺき ねん ぎ やう * 

揉ませねば ならぬ.. - も, 雪よ.? m き 娘 氣の考 へ は、 1 さ 筋道 を往 きつ 展 6 つ、 面壁 九 年 は 業 は 終へ てキ; 

^ It ん JJ まて は、 を や だ た、 ヶ へんじ 9$ こ はね r*.4^< あら 

乙の 事 は 十 ザ まて^^し なかるべし." 母骶は いよく S ら 立ちて、 疊み 掛けて 返事 を ffi す罄音 益々 荒 

は rs ベ 3 さ <1 み かま も はや あ w ま、. S, ほか お 4 t.;- ろ き ► k だ r - - ^> 

く、 濱邊の 眞砂は 波に 噴れ ぬで 最早 有の 儘 云 ふよ 6 外 はなし、 一 思; 3€ 心を决 めて、 擬をハ ゾ クチ 

ゥ こ ち き ビ しど き みち さき さき ほか も ふり ゃパ 

み、 唾 を 呑み込みて 口 を 切らん さする 《 き、 年老 6 て は 氣も短 かく、 先の 先まで し 推量." され^も 

^こ わん 5-i こ ..ISJ ちゃ-り. J ひく 

少し は あたう 遠慮して か、 聲の 調子お 低めて、 . 

まへ やく もく ひ 50 

『か 前約 束した 人で も あるの か s.^ 

はゥ L SJ»5- .i- で のさ までいで こど さ 49 こ けつ.. i ん みづ あはけ 

發矢! 今 云 はん f> せして^、 . ^に 咽喉 迄 出し 事の 先お 越されて、 かみやの 决心は 水の 泡^: E えた. 



はい さ 云 ふて 仕舞へば よきに、 口 は 心 を 迷 はして、 

r でえ. - 

51^" ねん じ * どめ まよ は ねん B か ど あやま せゥ, 》 3 よ ハウ は こ、 ろ 

殘 〈卞. 一 時の 耻か しさに 乙女 氣の法 弱く も 百年の 針 i ず、 刹那の 迷 ひに 噓る さいふ 惡ぃ心 はなく 

われ L こた さてかん が ばか こビ い も ほ こどで き よ ぶ や < ^ほ.? こ, is ん fct. 

も、 吾 知らす 答へ て 扨 者 へれば、 馬鹿な 事、 もう 云; S 直す ¥ は出來 す、 好 S 場合 >^ 外して は、 ft 山の 玉 

の び 手に は 入らす、 出で たる 言 は 駟馬ょ も 早くて、 追へ.^ も 及び もせす ち 今迄 は 懸<? ^んに 思; 3 し 母 

こ こ へ 3 ゆ 53 ほ r たち 3 あど け 

も、 此の 答に 眉 際の 八の字 忽ち は 跡お 消して、 

»* へ こ £ こど おも & いや 

『か 前の 事おから をん な 事 はしまい さ 思って は. 居た が ::: しかしな せ 否 の ^ ^へ^ 

たの ほ をづを やる さ たち 3 ク こ 50 はづ い あ <ぉ S 

節み し 細 綱 は銳き 太刀に 具 二つ、 をん な 事 はな S 箬クヒ 云 はれて は.' 有 ます さは^の 口に 云へ やう ど、 

み づ > < も ど < 5 お ねゥ やみち やみち まよ われ おろか せ 

自 から 苦お 求めて, をの 苦の 中に 落る せつな さ、 闇路お 1. がめ て 閽 路に迷 ふ は 吾ながら 愚な. で 何故 あの 

.S われ .L さて S 6 Kfc^H 、おや し t^ls- X て どて 

時にはい さ 云 はなんだ か、 をれ は 吾に も 知れ じ.^ 扨なん さ 云った もの、 最早 母親に 從 ふより、 0$^ 

て だて したが したが ゆる た S を ゆ つま 

ハ.^^し、 手 針 n なくさ も從 へす、 從ハ ねば 許し 給 n じで ゑ i 1 層姊 き-なって 行かん、 妻と なる n いやな 

^はだ わか つ つき つき こど か きみ をつ ぎ や 5 まで をが さき ゆき a を ころ 

iv 河 田 さまに 別る ゝ C 辛ら きも、 1 月 を 一月の 事、 彼の 君 卒業した まふ 迄 長 崎へ 行て 居て、 其の 頃 

はい わけ 5 ♦* は VS- は、 さ 3 ねが もら rl ふんべ? n.1 

兄さんに 譚 お打ち明けて 話し、 母 檨に願 ふて 貰 はんで をれ くもれに 越した る 分別 ハ なしな 錄 さなって 

S かきみ ぃを はづ S ま こ、 ろ 5ち S さ 

さ 云ったら は、 彼の君も否ゃcなぃ§^^?今$:中-.^k心の中の灝ぎょく、 . 

わたく まゐ 

『私し ハ參ゥ ますで 

狂 蝴蝶 四 1 " I . I 



狂湖碟 I 四 二 

『ゑ 、行って 吳れる ::•• 能く 聞き分けて A 吳れ, たち さ S ふ 母 D , 

『をれ であ. た. *J,-^ 御 安心です も 

わた <* たおつ 

『;^ みやさん、 私 も 落 付きました." 

なめで た 5 & ざ 9^ 

『御 目出度 御座い 升^ 

くち. a や こゝろ さ だ みだ り さ せき つく 

さ 口-^ に囉 されて 心 も 定まれば、 涙 も 1! 喉に 關を 造らす、 

I か あ si ど »*6 S ざ 一 

『母 さま、 妹 さなって. S 一. たう 御座 S 升." 

fl »• へ かって あど おくさ S 

『をれ ハ. 前の 勝手 さ、 後で 奧樣 になる^ も :••: V 

はも 3 つたく お-が ら お^ろ こ ゑ ちから S 

話し ハ 全く 喰; S 違 ひぬ、 今更の かみやの 驚き、 聲は 力を入れて、 , 

い もど ぶん & ざ 3 も 

『いえ 妹分で 御座い 升ち 

ひど ま へ 

『まあ 人前 C うで もよ S わ ね も 

«s ら げ H、 かほみ K 、ね あ ふ ばか. $i 9* おが さつ あ 3 はや いも ビ ぶん ビ かく 

怨めし 氣に 母の 顔 見れば、 母ハ 笑み 溢る ゝ斗 A ん 何事 ど rJ の 間違; s、 察しの 餘々 早 さ、 姊 分なら 觅も角 

おくさ 3 5- や &- ほい 3 たし 

も、 奥樣 $:「H. 厭、 尙 今 1 つ 確かめん さ、 

おくさま £ ざ 

『奧樣 で n 御座いません よで - 

耳に 入れ 卞 打ち消して、 

K づ へや^ 

『なん, たね、 羞 かしがら なく ゥ て も S ゝゃ ね、 もうよ いから 部屋へ お出でち 



狂湖碟 四 三 



< Lsr ねが も. s て どね き S 53 むだよ る 

苦心 C 霜き し 餅の 手 はも 取. 得す、 何 云 ふても 簡 かれねば、 云っても 今ハ 無駄、 夜に ならば まみ f 亡 

は *& ね たへ や を ゆ あはれ 

話して ft かん^、 まほく S 立ちて 部屋へ 泣きに 行く ど、 可憐! 

(第五) 

1 ト筆 まめし 上 1 昨日 ハぃ K- く 御 厄介 さまに 相 成 御迷惑の 御 事 さ 万-^ 御 詫 ひ 申 上,.? - 御宿 

へ もよ Z: しき やう 御 鱧 願 上 AST- 定めし 御宿 にても 御腹 S ための 御 事^ 御氣の 毒に 存. i3 申 U 妾よ A> 御 

鱧 申 上 度 ハ 山 i にかわし;^ 得.^」 角立ち k も. 譯 なく U ま、 打捨申 ua 車中 も 人目. 5vi& き 處へ御 心附け 

戴き 返す くも 御 親切の 御 事御禮 の. &上 やう も. う 身.^ しみて 嬉しう 尙更迷 ひの 種に 御 坐 U 兼て 歸. ^ 

U 後 も 首尾 如何 かさ 案し. 處 何の 變 も なく 全く, Q きへ f&ou やう 心得 相 見え;^ まゝ 先つ く 御 

安心 被 下 度當日 n 定めし 學 校の 方 ハ御 欠席 被 遊 W 御 事^ S 推 もし 何 さも 申 _譯 なく 妾 故さ存 し^ 得ハ勉 

强の御 邪魔 c 身 を 切らる 、 よ 6 つらく 覺ぇ申 U 其 夜 n 歸ゥ U て も 何分 彼れ 此れ 考 へ U へ ば 夜す がらう 

つら^, \€ 致し U て 目の みさへ 返 6 1 ^寢入 6 も 致さ 中 本日 は 風邪 氣 にで 引 籠. 居. ま ヒ k 昨今の 

胸の 中 n 筆に も 口に も 書け 申せぬ 苦み S つも 乙の 世.^ 居 4 不申 utt> 乙の 憂き目 はなき 事^ 淚は のみ 

暮れ 居 指 折 6 數 へ^へば 過ぎし 三年の あさよ <:> 御 心 も 知. つたなき 情 も 知. 給 ひて 末 tt あれ 乙 

れさ存 し;^; S し 事 も 妾 一 人の 心得 違 ひよ 6 其 甲斐 もな く何樂 しみに rJ の 世に 生き 可 申 や 貴君 樣は此 先 

き 良き 御緣を 御^め 被 遊^ 御 事 も 御 自由に U 得 共 妾ハ此 先き 深き 歎きの 中 J^, 涙に ゥ 、まれ;^ て 命 を 終 



.o;^ 果敢な さ rJ の邊の 心の中 御す; 3 も t 被 下 度た まさか n 哀れの ものよ さ 御 思 ひ 出し 被 下" C 、妾の 

くるしみ もせ めても の 幸 k どん 卜,^ の 世 思 ひ 殘す事 もな く 嬉しう 存し上 1 昨夜 哥羅西 傳を引 

き紛 ひて 子ハ兩 た 親に 隨ふ べき もの さの 御 ささし 叉 妾の 身 を 思; S 給 ひての 御 情の 言の葉 身;^ 玄みく 

窆 嬉しく 今 ハム クウ. < ^笆思 ひ斷ぉ U へ^ % 今迄 妾が 胸に 宿. ^ひし 君の 御 面影 御 情 $: さても 忘れ 

かな はす U まゝ 今よ.. y は 神 を 今 5tu て 心に 記し.^^? -是 よ- 君の 御行 末 必らす 妾 如き ふつつかもの 

御 か 、ゥら ひなく よき 御 綠を御 1 ボめ被 遊 U て睦 しく 樂 しく S 暮 しの ほ^ 蔭. がら 祈 < ^居.? 

うらめしく 如何なる 星の 廻 6 合せ て 御 情深き 御言 葉 を 戴きながら 貴君 樣の やうなる 御 方の 御 

傍に 朝タ苦 も藥も 共に 致し;^ て 夫 芭呼ひ * 妻よ さ 呼; 5 給 ふ御聲 ,^閬 き un ぬ 事の み 死 は U 迄の 怨みに 

存し4(叉思;3か へし"へば貴君檨に是ょ.0妻.^^呼はれ紛ふ御方は如何4ずる月日の下の幸ひを持ち 

て 生れ 紛 ひし 御 方に.^ やらん^ 羨ましく 存 U 昨日 迄 も 貴君 樣を 杖柱 W も鱖 みま ゐら せし 乙の 身 今日よ 

は 寄る 邊 離れし 捨小飜 の 何時 迄 も 波に た、 よ ひ 可 申 あはれ 思; 5 出し 給 ふ膽 のか はし U へば 不憫の 者 

^御 覺ぇ被 下度是 のみ 息 あるう ちの 願 ひに 御座;^ 是も 迷; S に "はんか 迷 ふま 卜さ どん 卜;^ だけ 迷; 3U 

も 因果の 身に 御座;^ 只 i 神の 御 傍の み 今更 戀 しく 覺ぇ をれ のみ 願; S 居, .,.5:^ 

かなしき 長 崎へ 參ゥ U は 來る春 睦月の 五 m 程 取 極. 居 U まゝ その 前 今 一 度戀 しき 御顔ば せ を 拜み度 

は 山 ij^ U 得 共な ま. 御 目に か ゝ 6 面の 當. やさしき 御 情 御言 葉 を いた > き;^ へば 思; 3 切ゥ U ひし & 



の 又もや 亂れ; ^て 過る 日の 御言 葉に.^ を ひき 世 は あおき » き 心 も 出て: ^は》 御 情 も 朝の 露 さな 6;^ は 

んさどん>5;^御目にかゝらす心を鬼さ致し出立致し;^積.<^^^^極め居0;^も万 1 思 ひたえ 卞伺 ひ;^ や も 乙 

の 身 » から 知れ 不 申;^ ま、 其 » はつれな く 御 取 あ CN かひ 願 ひ 上:^ 今迄の 通 6 やさしの 御言 葉 は 却て 御 

怨めしく どん 卜 上. 4( 是迄は 書き^ 得 共 最早 手 ふるへ 目の 霞み^て IS のみ 湧き出て 致し方 あく U 

ま 、 申 上 度 翦は山 も澤も 及ば 卞 U 得^ 惜しき 筆 止め.^^? ( 前後 不覺の 事故 定 めし 御 讀み馉 き處も お 

はすべく 宜敷 御す. Q も ヒ願ひ 上,.?' 不智 なる 女子の 愚痴 は 例の 持病 S 御 ゆるし 被 下 度 差 上;^ 手紙 

も 最早 是れ のみに 相 成 U 事の を >>c かなしく どん 卜 U 先づは あらく 芽出度 

尙ほ惡 き 流行 風邪 有 之 U 折抦 御身 御大 切に 祈, 來春は 御 目出度 卒業 被 遊 U やう 蔭ながら 祌 

k 念し 居 U 御 老母 さま 御 父君 さま k も 御 心配 御 掛け 被 遊ぬ やういの. CS 申;^ 私事 仰に 隨ひ氣 を 直 

し居^へ共s^cく者へ出しk故か氣分惡敷食事も進み不ま困.<^入uさ6なから仰は何處迄も守ぅ 

居 6;^ 間 御 心配 跛 遊ぬ やう 願 U 命 あるう ちの 御 願 ひ は 何卒 兄 君さ存 し;^ 問 不束 から 錄さ御 思 召 被 

下度是 のみ 一 生の 御 願 ひに 御座 U 御 許し 被 下.^ はゝ笑 ふて 長嶋へ 可 申;^ 伏し 拜み願 上..?. - 

淚、 に れ;^ 處は 失禮御 ゆるし 願; S 上 

# みやよ. 

なつかしき 兄 君へ 

狂 蝴蝶 四 五 



狂 蝴蝶 nam 四 六 

<J め ふ がく か 5 e ゆぎ や 5 を け ふ ふゆ $み き ら 5 おど、 ひ e も あ 

昨日 k て學 校の 授業 は 終へ、 今日よ. c 冬の 休 課に な. たる 機 1^ は、 一 昨日 思; S がけな くも 遇 ひ 4^ し 

3』 : お f い へ ぬ い で き しゃ ゆん たよ .i こはま げ. 》>< た、 で き Q & 5 か 

見た し^ s;3 たるお みやの、 家 を援け 出て 家 車 1 瞬の 债ゥ に、 乙の 橫濱の 下宿 を 叩き、 出来し 二人の 中 

ヽゎ V- はリ は ** あ こど -A な き む e- L <» つ こビ * ゆ ち は、 を や. V わ si 5a 

の 災禍 を 話して、 有. し 事 を 語る を閎 けば、 無理なら ぬ 仕 末ち 言葉の 行き 逢; 3 よ. 母親 頒 さして 動か 

. V ^ ぎ ー はづ, _ . ^,ゥ £ ゥ ,4- がさき らひ み ふか 《 を 

す 乙女 氣の羞 かし さ 1 方 さ 酌み 取ゥ、 押し付けて 長 崎へ やらば、 北風の 南に 吹き 代るべく ,ヒ、 老ひ 

ひビ づ けっしん われ しゅ ゑ MV 5 ら jC?i か つか いま. *- こ ほや 

たる 人の 1 闥の决 心 も、 我 ある を 知らぬ 故 なれば をれ も理 あ. で 怨めしき tt 我方の 使; 3、 今少し 早 か. せ 

ほ. * あだび" た f ざんねん ふ L ぎ は、 を や わが かた つか こど . かた 

ば, 乙の 花 仇 人に は 手 折せ もの を、 殘念! なれき 不思 儀な は 母親、 我方の 使; 3 の 事 を、 かみや i!d 語 

U 力 こゝろ こ 、る ほか こ、 ろ *r つ 乙 ぉ户 てつ こビ われ 

ら 5^ は 如何なる 心 ど、 ぁゥて か、 なま 卜 他に 心 を 移させ ま 卜の 是れも 老の 一 轍 か 1 もの 事 を 我よ.^.;^ 

► ) I ^ k くちびる か く は/ • S. ら f> までい かんが こ ひ われ 

みやの 閱 きて、 唇 嚙ん でロ惜 が. o、 母親 を 怨みて 死ぬ さ 迄 云; 3 し *^、 よく 考 へれば、 乙の 戀は 我よ 6 

L か こ ひ ひど だい e む も、 め む く み &ど を だめ こ/ 'ろ われ { るし つみ たが ひ ほ- „J み け 5, 

仕掛けし « な. 9、 人の 大事 » 娘、 無 招 神の 如き 乙女心 を、 我よ, 苦む る は 罪な. で 互に 肌身 を さぬ ど 

f^s は こ <»1 a- ftt- : 1^1ほ を た& き み 5 くた び しか き は 1^ 

幸; 3、 是 方よ 6 切れん さ 想へば、 -;^ みやよ. 尙 一 層 思; 3 切られぬ 身 を 幾度 さ 叱. て、 切れ 話し を是 方よ 

しだ い かへ つの ^4? ほ la- fvns やく をん を かわゆ t 

6 仕出し、 やう やくに 云 ひな だめて 歸せ しもの、、 募る は 煩懂、 離れぬ は 執着、 あの 女 可愛し 《 思へば、 

お. f ほ . ろ こ..、 ろ しか . まよ S3 がんおう 5 つ しんら *s: ざ 5 み もこ ひ か 

思; 3 切れさ 心に 心 を さ S せ^ 叱れせ、 S つか » く 迷 ふば か 力、 今 は 眼中 は寫す 森羅萬 象、 皆戀 S 化せ 

ft ビ、 ひ て わし... 《3 でね く こ、 ろ もちあ ま、 a や >KJ .S よぎ を 

I 昨日 A みや を 停車場 迄 送 A= 'てよ ゥ、 心持惡 しき 燼 早く 床に 入. て 夜着 を かつげ^、 泣きく づ をれ しか 

をが た あら むね .5-. る 3 はろ し fi. お ひ ど き 3 あ、 i6 から も き か、 

みやの 姿 あ- y くさ 顯 はれ て 胸苦しく、 幻 の 中に 日 は の 隙間よ. さして、 啞々^ 鳴く 烏 も氣 k 褂 



お あが <• おも、 せんさい みこ、 た .* が ft き こ、 ろ 

う、 起き.H<^さまロ嫩がん^前栽^^見れば、 是處 にも X よん ぽゥ S 立つ かみやの 姿、 氣も& はしく 心 $: 

みだ あさめ- J あちぬ かか ひ はお がく か 5 くら でく き や 5 し め くお 

千々 に 亂れ、 朝飯の 咏も 糠お 嚙ひ やうな 4 で をの 日 一 日 n 學 校に 暮 せき、 出て 來る 教師の 眼 口 かみやに 

3、 きみけ ぶ へん かた.! ど をり ど& だお み わ が ほ. S <» S き f つ まよ き 

をの 儘な. o、 君ハ 今日 ハ 變 ださ 肩 を 打つ 隣 座の 朋友 を 顧れば、 笑顔 笑 靨の かみや k 生, 寫し、 迷; S かさ 氣 

つ こゝろ で まよ やせ かへ M, か もが さき み を W & が は たのれ を どこ • ひき か ほ まで くさ 

の 附く心 C 旣に迷 ひた-., で 宿へ 歸れき 浮 ひもの n 長 崎の 港 かみやの 泣き顔、 己 も 男 一 疋、 期 程 迄に 腐れ 

おから い つく ゑ 5 つく ゑ 5 へ しん た て わ が ほ <s たか L らお も もの {»、 よ ぎ 

しか^ 力を入れて 机お 打てば、 惜 くや 机の 上の 寫具立 はおみ やの 笑顔り X 頭重くな 6 て 其 儘に 夜着に も 

かんが 5 ち われし ねむ お マ? > や 5 ゆめ .S くた び ね C かん ばん さ W み * 

ぐク、 考 への 中 我 知らす 眠れば、 同 ド檨な 夢に 幾度 も 襲 はれ、 マ 時間 ま み もせす、 llffiss をお 

HC れむ きた お こ きつ め ひら お I ほか ね 

にして, 初めてす やく^ 眼れば、 かみやの 东 《 て^き ゥは ゆ, 起す に、 S 手^ 眼 を 開けば 思; S の 外に 寐 

f げ ちょ めし L ら < よぎ あたま S ! h ちょ 

過,^ して、 下女の 飯を载 する はて あ 6 きで もんな もの $: 噴; S たくな しさ、 夜着に 頭 を 入 るれば、 下女 n 

かほ て がみ 》•< らも ピ ね K ゆ 51 かげ をで あ ひだ み ねく て がみ て ビ 

あきれ 顔に、 .i^ 手紙^ 枕元に a きて 逃げ 行く 後 影 を 袖の 間よ. 見送 <N て、 もしゃ ^ 手紙 を 手に 取れば 

しゅせき よ? だ か ふで あ ころく 

をれ もれな. o、 .J^ みやの 手跡な. 9、 S を. S: ハ しく 對 切って 譲み 下せば、 書きし 筆の 跡處 J にぢ みて、 

C たしか まで だ あ ど あい めお *> づく ゆび はら さも み をげ 3 &、 ろ 

字の 俊なら ぬ 迄に 涙の 跡、 わの 愛らしき 服よ. 落ちし 举 かさ、 指の 腹 はて 擦. y て 見れば、 歡 さの 具 心 は 

か は % & か ど き i おも ぎ や sow &b さけ あ ふ く St むね 

いま だ 乾かす、 靨れ て 居る だけ 書きし 時の 苦しみ ど 思 ひやら る D 一行 毎に 情 溢れ、 一 句 毎に 朐 せま <>、 

C &ど こちら め ,55 みだ か ほビ 0* で われ おも .SJSn- ら おも き S, こ £ くちお か 

1 字 每;! ^此方の 眼 も 涙な. y、 箇程 迄に の 我 を さ 思へば、 今更に 思: S 切る ざ せし 事の 口惜し、 斯う 

f. どき をれ く f はち f>. X われ こ、 ろづょ 

さ 知れば めの 時 何 さか 工夫して、 た ざへ 一 日な ゥ€ も 夫婦^ 呼ばれん もの を、 我ながら 心強 か. CS し." さ 

.s»* せん かさ & は を て だ でき ひど 3 くら if かんが i& ほさら 》i た け&っ 

れ.^ 今ハ 詮なし、 垣 越しの 花の 手出し C 出来す、 獨 枕 濡らして 者 へれば、 尙 更に 慕 C しけれき 百 W 龜 



狂 蝴蝶 四 八 18!! 

S ひかけ よも^が た >6>l£i ほふ つの しゥこ 

きぬで 入 か、 る 日の 影 C 呼び戻し 難き もの、 何 W か 法 C なきかわ 連れて 退 かんかで 叱! 是れ よ, 

われ めいよ だいじ われ おろか ほ ゝをゃ ちか かけあ み ばか こど みさ 

の 我 ハ名譽 乙 を 火事な. o、 我ながら 愚なる べしで 母親に 直 は掛合 ふて 見ん か、 馬鹿な 事! 見下げられ 

5 さ われ こ ひ し ひどこが fj くち を * ん, A, た 

んも 憂し." 然ゥ さて かくて あらば 我ハ戀 k 死なん、 獨.<> 焦れて 死なん n 口惜しで いや をれ も あの 女の 爲 

L * KL とど をし t fl L まこ ど 

めなら ば 死ぬ も 惜しから じ、 何 死ぬ 事な どを惜 まん や、 死ぬ! % ぬ! いつを 死ぬ は 益す 事 n なし^ 

われ A- や き や. r だい L こ 3 で み をん &ひ y.-e> いのち お な 

いや にも 父母 兄弟 あ o、 死ねす、 是れ 迄にな. し 身の、 女 1 人に 命 をな くす €ハ、 痴! 愚! なれ 

こ ひ ❖ 5- S ち あざけ あざけ てがみ むひ あ i ぎ .BW ぐ わ も 

< ^も rJ の戀、 愚 ビ云は > 云へ、 痴ざ 〔嘲らば 嘲れ さ、 手紙 ひし さ 胸に 當てゝ 夜着の 襟 を 喰; 5 さけば、 忘れ 

どき ども だち した たかはし ものがた お ゑ か もん e ゆ ち S 

た A>、 か、 る 時 乙, V 朋友な ゥ、 あの 親しき 高 橋に 物語 ゥ て、 よき 智; 息 を 借らん、 文 珠の智 C 出です も. Q 

よ こど かぎ がく か 5 や も いま ど 5 き や 5 かへ たかは. J さ s だん き 5 も 

れ, 好き 事の な も 限らす で もれよ、 學校 ハ 休み、 今より 東京へ 歸. CN て、 高檢に 相談 せん £、 窮鼠の 

だい^ん $ た あが かほ あら き R- のき か け.. J ゆく をん, *S ぶか I- げ 

大膽、 直に ひつく さ 起き. H.CN て、 顏をぃき^^^ゥに洗ひて衣物着替ゅれば、 下宿の 女 不審 氣に、 

& はん 

『御飯 C …… で . 

『飯な^ ハ喰 ひたくな いも - 

『. ^ちらへ か 御 出掛けに^ 

さがさき s く 

『長 崎へ 行って 來 るで 

げ ちょ わら ひ た ふ かた & f 

下女 は 笑.^ こけ 倒る れ^、 乙の 方ハ 夢中で 

かば だ をが さき 

, 『河 田さん、 ほん さに 長 崎へ …… 、、、、、ち 



, * か ばか をが さき ゆ わる 

『何 か 可笑しい、 馬鹿な. - 長 崎へ 行く が惡 いか. - 

&5 'や..' だんば か fii 

『御戯 談斗ゥ …… 東京で せう.^ : 

1 5 る さ S やつ ど 5 き や 5 

11 ゑ i 五月 蠅奴 …… その 東京 だで 

(第 六) - 

^ W : : > ^*っ- ひ £■ ち は it か だち はつ C- ひ め もいだ かた きり ム ォ ^ ま? 

» ふれ は 三年 湖の I の 日、 國 扇の 媒介 i-- 初 想の 茅の 萌え出し てよ, リ 7J の 方、 昨日まで も 今 も、 乙の 

戀 遂げねば S かぬ さ、 つまらぬ 事 k も 互 背 を 向け 合 ひ、 可笑し くもなき 事 k 笑み かたむけ、 II る もま ノ 

/ か-,^ . ビき S かた ヒき は ひ 上く * し SJW ゑが れん 《- f 5 

I く 雙ふも 哀しく 威る 時ハ末 を 語う ある 時 ハ今を 話して、 比翼の 鴛鴦 を薔 き、 連理の; を植 へし 7- の 

, it い > - *ti 、 > ぃ^ か かせみ い.? 5 らさみ 

1 一階の 1 ^問 ま ゥ しか、 今 は 悲しき 風の 滿ちく て、 何處^ もな く s»l で 

さらさ ふ K ん に ないか さ を S へ しろ ズザ <ru ん Js*3 や 々こ まき r- な * ^ 

更紗の 布 圑ニ枚 重ねて、 其の上に 白金 巾 を 蔽ひ、 めゥん すの 夜具 小が ぃ卷^£ くるま.^、 おが ひ^ gll へ 

• T お; L」 ,4 レ ど. , *r い ゆ 1>s へ 卞ゃ. P ん く, 5 びん ふだ か はだ き ら 5 さ SS もみい ろ.,. を vi てめ. > び.?,, g 

て 打 臥せし 枕元に は、 小 盆の 上に 茶碗 一 ク、 藥 纏の 札に は 河 田 機 一 郞樣さ 墨色 簿 しわ 立 廻らした る 

> iii!^ ノ.^ み *々lt> , ヌが 4^ や ,4. よ か はや を あ, >か が は & しが ほ 50 こ 3 つ くわ L f ひど 

の 龍 田の 紅 #; 入-を fi く ハ、 徵 A. 安き 世に 變, 易き 飛鳥 川 を敎ぇ 顔に、 床の間 k 積む 菓子 折、 人の 深 ザ を 

にして 蓊をも 關 かす、 片寄せ し 洋燈の 油 吸 ふ 音の 竈 馬に 似て、 四季の 哀れ を あつめし i は、 ぎの I さ 

乂も やま ひ ひ ん くら だ ,4, まさら Lf く 

に 籠りつ 病に さ るで」 火の 心お 喑 うせし 丈け 尙 更に 啾々 た. で 

機 一 郞は 過る 日橫 溶よ. 嵐 車 一 瞬 も a し 3^ 走せ 登, たる 戀の 苦しみ を、 直に 親友の 高 橋; がち 明して 恥 

談 す^ば、 なま 卜 a 向よ, お ゥ 太刀 は 外れ 易く、 S 木 よ. 敵の 不意に 入. 込まん に は 如か ト、 かみや 



HI 狂湖碟 so 

B 、ね や ど み&ど こ ひど か * い もと ちからづ , * で f, あが ? 

のが^ を ば^より 解かせて、 見事 乙の 戀 遂げさす へきに さ 手 輕く云 ふに、 少し は カ附け *J、 出來 上る 迄 

り I b5( .S へ かへ 5^ く K や a かせまで t わみ つい ぁ くひ 

ハ 賴み はな. 難し. - さ 思へば 怏々^ して 家へ 歸,^ しに、 愴ゃ统 行 風邪 迄が 弱 咏に附 け 入 i て、 明る 日 

A しら feft- つい や 2 ひ . はじさ ほ *i われた もる.. 1 やい ひ 9^, 

は 頭重く、 遂に 病 はまけ ぬで , 初めは 左程 はても なし 二三 日の こ 吾 も 思 ひ 謦師も 云 ひしに、 ある 日 彼 

さかまし こど へんじ き むか. J まげ わ い ビ ころ よ よ 

の 高 橋が 託 まれし 事の 返事に 來て、 昔なら ば この 鬣坊 生に なゥて 謝び する クヒ 云ふ處 なれ^、 世が 世 なれ 

ざ. C ぎ W せん い まビむ C ゥ や ❖« あ をののお こ をい 3- や 5 K づ 

ば 徵髮の 詮なし さ 云 ふ 先 づ途胸 を 突きて 夜具 を 刎ね 上げ、 其 後 はさせ き 込めば、 推量 は 外れす、 お 

ゥど お f ビ は、 たや どし ふ たいはく ほ- V かた ね ゆ, > 5 け あ が ひ 

みやの 勤む る學 校の 長よ.. > 説かせし も、 母親 は 年 歴ゥし 大木の 躋を 固めて 根 も 動る がす"^ 受合ひ 甲斐な 

こ ふ 》1 んせン 5 ら たま い かほ いろ か は しつ ば5 5 み ただよ へんな ) 

き 乙の 身、 不親切 さばか As 怨み 紿 ふな S 云 はれて、 顔の 色まで も 變.. y、 失望の 海に 漂 ふて 返事 あせす ち 

か a し » こどき ひ さ K たも い S さく ほ^*^こ み さ ほ& ちから ね ど たま また 

高 橋は惡 しき 事を閬 かせて 病の 障. CS さ 思へば、 今 1 つの 策 を 施して 見ん; 左程 力 を 落し 鈴 ふな、 叉 乙 

ねづみ &ど かへ 

を さ H の 如くで を さ歸 6 ぬ^ 

き ら -5 やま ひ y はか お I ねっせ たか ひの » さ こ たび i めた かめ 

をれ よ 4 機 1 郞の病 ハ 俄に 重りて、 熱度 高く 日に 登ゥ、 四十 1 1 一度 を 越す 乙 さ 度々 な. CS で 鵜の 目 鷹の 目 

3 みそか まくら .《 た あ こど <" はち あさ こお ふく の ほ いけの ゆ I 

欲しき 大晦日 も、 枕 さへ 擡げ 卞明 かして、 今年の 一 日 もな. < ^け, 朝よ. 柬風を 合み て 登る 紙鳶の 吟んる 

ぉビ や <» ひ み か a きこ むめ か も か もがた たも いだ たね よ ひどよ 

昔 も、 病の 身 k は 哀しき 泣聲^ 聞え、 梅が 香 透す 鞠 唄 も、 -f- みやの 姿 を 思 ひ 出す 種な 世の 人 は宜き 

tt* s む きら 5 み < か はやお か こゝろ き め おちく » fj げ ほふ 

春^ 貧美 れ.^ 、 機 ! 郞の 身に は來る 五日の 早く 近づく, たけ 心 ど 消 ゆるで 眼 は 落 窪みて 盾 ffi 々ど 茂 6、 額 

.At み ォづ 5 た たか ほね .S だて か&ビ や つめ いろ しょくもつ の せ 

は 刀に 削らる、 かさ 疑が はれ、 高き は 骨の み、 出す 手 は 蚊の 如く; 瘦 せて、 爪 は 色 を 失 ふち 食物 は 咽喉 

ビほ さじ しゃく いのち あは ふゆち か せみ Lft .S のち つ を は 

k 通らで、 一 ^匙の ス f プ 五 尺の 命をゥ なぐ 哀れ さ、 冬 近き 蟬の霜 を 命の綱^す る もれに も 似た ゥ ち』 



人の 來クて 慰めら る、 も 五月 蠅ヌ 避けて、 1 :<^5 る を^み、 め はおぎ I ョん に^がへ ての みあ.., しが、 

の 二三 日 は 氣も& は L くな .0 て、 ^の^まる^ にあらぬ をく 黼か g まにある: i く艇 しく^す 

かさ 見れば、 忽ちに 悲鳴 を 土げ て^に S はる、?. - を 齢 ひれば、 二 « の! gig しく、 舻" の^る 

を 嫌 ふ 病人の 意ド逆 ふも爲 になら すと、 gryr のき まの Irir 子 ふこ さの ひ 日 はき i 十^な .c..^ ^ 一 mf 

嫌ら へ^、 妹の みは 酷く 観 はす、 ^^がみ; 1, の g しさ、 始 M は grt^^ あ As て i 紺の llls^l した., け. 

今 は 熱 少し 醒めし が、 眠 ゥし眼 は ゥ.? CS さ i きて お pig め、 

『おみや ::: ヒゃぁ:^&ぃ ::: あの —— ねで 

1 'にい めさ 1* に &5 

『兄さんお 眼が 醒めた の …… ズ r プか: ^か; ら务 くって,. 

機 1 郞は f げ k 點を がき、 に &れ ば、 fsfs. SI? する ikp て r 

て^ 

『あの …… 今日は …… あの 四日 だね^ 

a か&ざ 

『ゑ j 四日で 御座い 升よ.. - 

『明日 は …… 五日 …… 五日 かいち 

『ゑ- 

『五日 tt 延びな S かね. - 

狂 糊 蝶 1 1 1 « I u Id 



狂 § 蝶 . ^ 

『かほ、、、、 何 を かりし やる の 

Isi^ を i ぢてす やくさ 睡 るに、 錄も讀み掛けの^^^説を手に取れば". 

>^.a で ふね がさき をが さき ゆ _ , 力?.. も: 

『^みやさん ;… かみやさん …… 船が 出る." お の 艄は長 崎 …… 長 崎へ 行く のか …… 延 はせ 最ぅ 

二三 …… ぎば せ …… で in しい が燒 ける …… 熱 いく …… かみや …… さん …… 長 崎 …… . - 

『兄さんく. - - 

さも i し, はず S を&ハ E^、 ねて i 'ひ覺 せば、 汗ハ 額よ ク 律れ て、 下着の 簞 衣の 絞る が& し.^ 

にい またね ク で 

『兄さん、 X 熱が 出ました ねで 

こ l^t がさき で 

『かみやさん ハ來 なかった か S …… 、 長 崎へ 出ハ しまいね.^ 

『兄さん 夢で さあね で 

『さう か いで 

さ^に さて C せす、 i.^ き i^d 酽て 1?^ 剕 がみ Fii め、 S<%4S^ の i しみに 人る 因果、 妹が 額の 汗 拭 ふ 

L L t ばら { また こ ゑ た , 

て くれる も、 知る か 知らぬ かち 少時 すれば 又聲を 立て、.^ 

『i& し …… M …: …… 、 i む …… ず を …… これず を …… * やぎて …… きむ …… 、 を 船て れ …… 

つか わたくし び や 5 き 

い、 かい …… か i あなた ハか みや …… かみやさん のか 母さん …… で 私 ハ病氣 で …… . ^うか かみや 

さん を… で …… 、わ ^tcs? はます …… .^J うか 下さい …… . ^うか …… 、 酷い をれ ハ 酷い …… 、 病..^ 



つか! X <N? ゆる /る 

を 捕へ て …… 苦しい …… 許して …… あ、 > 苦し 

い ゆめ たはた ま にい 

『兄さんく 夢です よ、 叉, 初って さ、 兄さんく. - 

v^^^ たかはし たの ぁゥ 

『苦しい …… 高 橋 …… 赖む …… 熱いで 

5^ にい ゆめ 

『夢です よ、 兄さん 夢 …… や 

..j づか ゆ W おこ め ひら ふ. J ぎ あた S- をが 

さ徐 かに 搖 起せば 眼 を 開ね て、 不思議 さう に 四邊を 詠め.. - 

3 たかはし ゐ 

『おや 高 橋 n …… 居ない ち 

s» た ゆめ & らん 

『又 夢 を御覽 なす。 たのです よで 

『さう かい …… 嘘 だら. 

^ - ゆめ て S せ たく も どき つ 

『い、 え 夢で さわね、 丁度 御藥. を わがる 時です よ …… で ^ ィ酌 ぎました から …… で 

, , , くお . 5 つむ 2 くら かほ ふ ふる ため いき 3 み わら ぃ^- ど 

出.?^ 一 口に 呑み 乾して 俯向きに なク、 枕に 顏を 伏せて 震へ ながらの 溜息 1 つ、 淋し さう に 笑 ふて 妹の 

顏 をし げ玄 げ^ 見詰め P 

,P 3 へい S わ こど 

『かぶ M に 云って …… 云つ て 置く 事が. る。 

『かゃ4^^んで御座ぃ升で 

ばい く もまぬ る ゆ e- ま の 

『呑 ひもの…… を 一 杯 か與 れ." さ微. 湯の 湯 を 旨 さう に吞 みて。 

rp^!;;! た も * ^ : わた. - いのお まへ あど のこ どつ 

『印 曰か 過き …… 過ぎれば、 私の 命ハ …… ない …… 無い からね …… 、 か前ハ後^^£殘って …… か 父 さ 



狂 蝴 蝶 i 

ノ が: iVHU か VliHn li 」0 In Ai^vHffli 



まや …… 御つ I さま を …… 、 わ % に …… な. りて …… てお 與 れ.^ ハ大變 に …… 不 f どした か 

かば かほ たの D 

ら …… をの 代. に …… 代ゥ k 齦む よ……^ 

ぎ概 くに 軾を& して、 みた る^に ハ^" の&" るゝ轳 か-.、 ぃさ> 枯れた る聲の 咽喉に 詰りて、 聞き ® 

れ雛き 1 に ほ i し.^ 十の 八 九 n、 ^^^からす US- の i を," らん.^ 夜 はふ 更けれ^ も 人 C 吾 さ 兄 さの み、 寂 

.,して1 曰ビ もな く、 1^1 の^ 體 を 酽らす i しさで 淤 もが む i につ 突き リ掛 くる &聲 を、 必死 S 齒に嚼 み^ 

や あ; i きお ビ. • 

めて、 痫ひ 兄に 氣を 落させ 卜さ だい C 

『;^ がさんが …… をん な …… をん. を、 1 せ やう さ I すて …… で か霤師 さ!^ 今が 大事の 

Ss う 11 一一 r 日で; か える と. ^ つし や, C ましたから、 心配 あんど" なさらす k 、 早く 快く 

なゥて^^さぃ …… よ、 おさん …… で か …… か、 i しい 事 miK ハな S で …… 、 私が この 小説の や 話 

し をして 上げ まし やうで 

* あし. P 

『il^ う …… 、 かまの J^lic …… う …… う …… ましい が、 さても …… 助からない …: 明日が …… Z 

X み を さ つ 

の 世の …… 見納め …… で 

^ど5:たまら.1.31_^へ11^にな-^て、 戲ハ§^1みても酽せか昏る、.1を釉は瞎ぇ居-^ぬ.^機一 ハ錄の 手を緊 * 

も 握 

-1「 , わ も こ ひ S IX 

『^,>^クて …… 置の は …… 、忘れても …… 云ふ …… 乙 € に 迷って n S けな S よち 



こ ひ ひ VJ ため あだ 》1 し わ て ほん 

『戀 n 人の 爲の 仇おから …… 、 死ぬ …… 死ぬ 私 を …… 手本 はして …… ぃゝか いも 

『はい.^ 

B わ し あど わな L ゆびわ 3 へ If 

『もれから …… 私が …… ァノ ない 後で …… 私の 指輪ね、 あれ を …… か 前から かみや さんへ ::•• 上け 

てか吳 れ.^ V 

『は …… a ::: はいち 

I 3 へ L L S たの 

『これば つ か 6 n お前に 死に …… 死に際の …… か賴 みだから ち 

む" はさば か こ ゑの せく ちき ま みだ つゆ かたさき ふる はらわたく た 

答 へんに も 胸 s: 張-^ 裂く Ttr6、 聲ハ 咽喉の 口 k 消えて、 增す ハ溪の 露、 肩先 まき 4 に 動 ふハ、 觴を斷 つ 

嘆きに 沈 ひなるべし.." 

o - » わか まへ.. -た. S 50 つ つか よきく 

『もれから …… 解ったら …… 、 か 前 下へ 行って …… 、 か 父 さま ざお 母 さま を …… 呼んで 來てか 吳れ 

ふかろ わ おき ゆ y ころ ゆ 

……、 不孝の-; び を …… して 置たい から …… で をれ でなければ …… 行く 處へ …… 行かれ »s …… 

ゑ …… ゑ …… 解った かいで 

*L ^ むね こら ,- の ね こ ゑた あに へん e た r& く 

足ハ M へ、 胸 n 寸 I、 今 a 耐.^ られ卞 忍び音ながら 聲を 立て、、 兄への 返事 ハ只 泣の み." 

MLt だん ふ ね ど にん き けはい あ K ひ しゅ、. PC あ かほ だ げ ち 上 

階 子 段 踏む 音して、 二三 人の 來ゥ し氣 配. - 間の障子開けて顏出すハ下女な.c^、 

ちゃう たかはし 

『か孃 さまく •::• 、 あの 高 橋 さま^ かみや さまが^ 



— 狂鎺蝶 玉 六 

& ぴゃ, T く わ も あ をし ろ か ほ ま,, 》UJ ひか るヒ きつ £ あ <3 かた はし S こ ひめ ?, み ム」 1J 

機 一 〔病苦 も 忘れて、 靑 白き 顔に 眼の 光り 銳く、 斷手 仰ぐ 方に 走ゥ 人る ハ戀の 女神で つかく S 臥床の 

,v- ば ゆ 5- だ や./. • $1 5 ,^ は みあ ❖ め H を みだ 

側へ 行きて、 投げ出されし 樣に動 手 S 座 o、 見 上る 眼に n 早 ゃ溟、 

かほ だ こ ほ^ や 

『河 田さん …… 、 是れ 程に お …… …… か 痩せな さった ^ハ …… で 

あど こどば き ら, ひざ き ひざ ,.>づ< ^?れまさ 

跡の 言 機 一 郞の 膝に 消えて 膝 S に、 儒增 るらん で 

つ は S たかはし s- れひ め じ y たち 3 わ 5 か • 

次き て 這 入る 高梳、 憂ながら の 眼 尻に 忽ち 笑み を 浮べ." 

.&W だ ?-ん あ V: しん をが 3 き 3 で. S はく は ,9 a ら やく も く き まかへ が 

『河 田 翁 安心した ま s、 長 崎 迄 行って、 ぉみゃさんは僕の方へ^?-ラ約束にして來た ;… 今歸 6 掛け 

&<t よろ. J f たけを つか どころ い た£^ぶfi^A き 

. おが、 君 を 喜 はさう さ 思って、 竹 尾の.;^ 母さんの 處へ 行って、 ^みやさん を當分 借りて 來た から、 

くわん び やう もら たま 

おみやさん は 看病して 貰; S 給へ で 

ふね ろ かタ -i つば 5 2- み わた お ふ ひ がん らく^ の » 

舶に艢 わ. 舵, Q.cs、 失望の 海 ハ 渡. 負せ て、 彼岸の 樂土 へ登ゥ ぬ. - 

たか a! しくん あ a- がた L わ. * f び や, ra- あした やん くわ S 

『高 橋 君、 難 有い、 死んでも 忘れない …… 、 僕の 痫氣も …… 明日 ハ 全快す る …… で . 

ほね か やせが て く あ K 

さ 骨 TlV<> なる @栝れ の 手,^、 い たくしげ は祖み 合せて. - . 

た. a ほ..! くん きみ s- ため かみ ん. ち, 

『高 梳君 …… , 君 n 二人の 爲に …… 、 神お …… 神た! ??^ 




⑩ 〈ヨ 歡 +ぉ 

(其,) 

け しぶみ ま tjw つが ふ かんが あ 3! から あ のみ やな. -々 わん , しゃ 4- じひら かざ y しもよ flaj まつ 

千家の 澀咏に 間 取の 都合 を 者へ 合せて、 辛から 卞甘 からぬ 嗜好の 粱祖 みで 橡の隙 子 開けば 飾 霜除け 敷极 

ば ふ 3 こけて 5 S し 5J,5 ろラ あ ふ くもて は こ まつ も&ほ わ だ か ば き S 

菜 を 踏へ て、 若 手 を 打た す 石 燈籠を 仰ぎ、 蜘手 k 張る 小まい 繩に极 の 素直な 枝 * ど隱蔽 ふべ し^は 極め 

つ ど f> ろ あか めん ビ さん 》J や A-e ほ ど" い /» こ、 ろの ._J こ、 はし 

を 付けても、 ひたさ 閉 おられ たれば 白く 明るき 面 取 ゥ棧の 障子 を譽 むる に 止る ど 心殘ゥ なる で 是處は 階 

& ふの ほ 5 へ み *&み む t^„tal&35J 5 つ むめ かげば ふし をが is! 2、 ひつ & の せか み さかさ,. * ビ W 

子 踏み 登ゥ ての 上、 南向きの 角 切 窓に 寫る 梅の 影法師、 尾 形が をの 儘の 攀意 長閑に、 身 を 逆檨の 鳥の 枝 

5 つ を 3- み たお ビ 5 で のさ j4> めら か ほゝ を さほ ひめ あさげ ほい 

移りす る さま も 折に は 見 ゆれき、 谷の tlx, 出し まゝの 咽喉 滑 かなら で 法々 さの み 鳴く は、 佐 保 姬の朝 化粧 

ど、 の つみき かきば. S のこん ゆき まね さみ せん からく わ ひ ばち w r*> か よ- J の が ほ f- た ゆ 

まだ 調 はぬ に 罪は歸 すべ しで 蠣灰殘 の 雪 を 具 似た る 三咏線 胴の 唐 桑の^ 鉢 を、 二人が 中の 吉野 川、 下行 

みづ か.., t ち たがい む; 2 ゆる is- か たれ ビが てんか はれ むか くろ1^>、こ みどころ もん S 君 

く 水の 通 ひ路は 互に 胸に 許す 間 か、 誰尤 ひる もの もな き 天下 晴て のさし 向 ひ、 黑七子 三 處紋の 羽織に 一 

らく ま. S がさ {ろ は お わ 9 ま. S かさ は だか かほ か 5:^ おひか 3- 3 し ろち W めん みつ いろめ ゎ5 ま ft- た ほ 

樂のニ 枚 襲ね、 黑八 丈の 襟 二三 枚 重ねた るは氣 高き 眉目 光彩 を增 して、 白 縮緬の 水色 拔 けぬ 襟 卷れ、 大 

50 8- * &し. S や を どこ る S け 5 ふか を 1.0 わら ひ ころ わざ まじめ ふ どころ いた お M- めん ,ー< 

やうの 擧止動 坐 卑しからぬ 男、 愛嬌 深き 眦 笑 を 殺して 故意 さ眞 面目ら しく、 懷 中よ ゥ 出す 縮緬の 服 

!き. & ► きぬ ふだん が ほん み あ ft 

『か 氣には 入. OS ます ま いが …: -A 鍋さん、 平常 掛けの 半襟 を 見當. ましたから. - 

たびく あ S- かビ &ざ 

- 『度々 難 有う 御座 S ます も 



合 »1 花 mnn 五八 

. ^むひ つ こり を どこ しんせ CV つ は y-b きぬ ビ ころ ct^ ' _^ 

俯視 たま ゝ微 笑と もせで、 男の 信 切 を 突き放した るか 親 は、 うつくしき 所す くな し、 たさへば 上手の 緒 

てんにん .6 ほ $ど け こ、 ろ I あさつゆ くびお b ふ】 

にかけ る 夭 人の 顔に; 3^ し、 さ こやら 佛 めきて 心 乙 をお かるれ さ譜 したる 遨の、 朝露に 首 重たけ の ffi 

せい ね ここ よろ. J ね も れハ くお さ まど ん, *, #4.^.2 たさ f 一 まだ 31" み こ まゆ もいだ 

情.^ BRtt 喜ばる、 さ 思;! 3 き や、 驄はロ すれ <$J 左 ならぬ 女の 姿に 心お 蹰ら せ、 島田髢 見越す 眉の 間に 

は 知らぬ 間の 八の字 

『か氣 に 入. ませぬ かち 

きね みて ど 

か 絹 は 見^せす まして 手に も 取らす ち 

『では レ氣に 入. ました か、 使用て 下さいます か、 

おから なめい き 9t 

力なげ な聲は 溜息 を雜 せて、 

『はいで 

と * ろ み £ » へんじ t どかく f われし なめ いき きせる 

心 は 見えね ij» ぉ讀ひ 目 はわれば、 勸まぬ返辭さ知れ^鬼.^1-角^^受けられたるに、 我 知らぬ 溜息 を 煙管 

{は ssi a し あせた け はいふき ね ど た K ォ けむみ たく もお 乙、 ろ く た, 《 

S へる 隙 K 走らせ、 靑 竹の 灰 吹に ザ ケさ音 立て、 逃る 煙 を 見 ^^ゥ、 何に 心お 配る か 恐る くち 

け ふ て. にち-?' てんき あた * むめ よ たも かめ & S へん ある バ ^6 

『今日は 丁度 日曜で 夭氣も 暖かです し、 梅 も 14. ろ ノ\宜 からう^ 思: 5ま すから、 龜井 In, 邊ぉ步 行 積 

さ, V ス き せ 5- & いつ li 

6 で 誘 に來 ましたち 如何です 御 1 所に." 

r?y^ き へん e e, か f^^ .a ほ ね あげ くお ひら けしき み かさ 

先づ言 K を 切ゥて か Si の返辭 如何に £ ^へば 顏も得 上げ 卞ロを 開く 景色 も 見へ ぬに 重ねて 



『如何です か.^ 

い こうば. S- くお びる かた §c c h 

さ 言へ ^紅梅の 唇な かく.^ 固し で男キ i 少し 焦慮て、 , 

『か 嫌です か^ 

くび おもな た、 み め かケ らちみ ゆ .& やや 5 ゆ 

首 S よく 重げ i:d、 疊の 目を數 ふるのみ にて K 明かす、 行きた くもなく 嫌で もな き檨な は、 行きた きか 

^u, > は」 ちら わ, か . ♦ r おん を みだ L を f ひ Jas たく を K つ がふ わ ザん 

嫌 か 何方で」 も 分明ら す、 出るなら は 女の 嗜 み-^ なく も 1£ 時、 後れて は 何 かに 都 <cn 惡 るければ、 機嫌 

i まで と、 ろ いやみ , 

損ねる 迄 もさ 心に もな き 嫌味. - 

わ ft くし い や _e ざ 

『« 窆はか 嫌で 御座いませう. - 

はら こど は ぁビ わら ひ St かへ つむね づ ざ だい W けん きぬ ぐ ひか. * もな 5 ら げ rr^ 

腹よ <N の 言 s^i^ ら ねば 後 は 笑の 雜れ <^、 却て 肭を 劈く 大利劍 にや、 か 5^ は 首 微かに 擡げて 怨めし 氣の琉 

しめ ゎビ. J かほ み 

^も、 よく は 男の 顏を 見卞 で 

『さう 云 ふ! S では 御座いません. - 

『では 如何 云ふ譯 なのです" 

そか き かへ きっさき や i さ K 5 をが 

透 さす 切.^ 返す 鋭き 切 先、 柳 は 寄ら 卞觸ら す 受け流して. - 

ぁズ% た & ぺん& -©..f r^i 

『貴君 の 御 勉強 のか 邪魔に な 6 ますから. - 

1^5 こど つ しゃ け 上 たれ L を はちよ 5 TT S {ゎ ぎ や f 

『妙な 事 をお 仰 言います ね、 今日は 誰も 知って 居る 日曜で は あ- ません か、 學 校へ 行っても 課業 は 

ち ゐ ぺん きよら で き iHf か ft や I* み あ, 《 X ク さ. - つか A 

なし、 家に 居て 勉強の 出來ん rj^ はわ. ません が、 七日に 1 度の 休暇です もの、 遊んでも 別に 差 5 



合歡 花. m 六 o 

3 たこ i- つし 上 で かけ はじめ こ 3 で あ ひビ 5*1 ろ さ 

はわ ますまい で 叉 御 1 所 k 出 想る か-初て ではなし、 此れ迄 も 有りた 乙 さ.." 人に 後 指 を 差される 秘 

みつ &- か りつば ゆる で ゐ からだ ゃはリ わたく 》i あるく ,?- や 

密の 間で もな し、 立派に 許の 出て 居る 身體. - 矢 張 私ど步 行の がか 嫌 》ん でせ う. - 

&ご こ まで A やみ 5r- かく だ fi-w せんつ きぬい で ら., !,、 ま-. - x-trf er5 

何 處迄も 嫌^ は 雑れ^ 兎も角も 道理の 煎 t 詰め." か絹は言ひ出ん乙さは腹&る、©^^-れち 

5 だ K く はみ e ろ こどば &a ひ か -CSS- 2 や も '2 2 vi 

の をれ 2 直に は 打ち出し 難く. - 鼻白 ひ 詞辭に は あらぬ も 胸に 鍵る.^ 1 1. 容易く は の * に 解,^ す." 

あみた こ まで . き fj や 5 にあ at re. r9 たノ し,; J* 

『*S55 是れ 迄の はきく した 氣 性に 似合ない、 嫌. 1^ ら縑 S 仰 言 s^^ I 

みら $ 5』 こ 今 a みゃく 

荒き 中に も何處 やら 柔らかき 詞の 脈に すが 6 、 

いや 5 ざ & べんき や 5 cf i 

『嫌で 御座 います、 御勉 a の. J- 邪魔に な 4. ますから …… P 

あ ほ をん 5 れひ の はるさめ ぬ i たもむ き ふか を どこ f i s 

さ ウ^ 上ぐ る 顏は何 さなく 憂苦お 呑め,^、 春雨に 濡れて は 何もの も 趣 を 深めん. - 男 は 思 はす^ 耦の就 

ひビみ よ 

に 瞳子 を 寄せて、 . 

『私で」 ではです か、 云 ひ 直せば 私が^ 嫌です か 力 

ねた き $ を どこ Ji や し さか ひ 

根 を 押して 聞き直す 男 は 生死の境. - 

ぁ&た いや £ ざ あ をた . 5. や 

『はい、 貴君 ざで は 嫌で 御座います. - 貴君 は 嫌で r^.J^ い ま す.^ 

かほ^まで f か きぬ だいたん いま、 で か あ, t> くお もど われ きら ひ いわ はら 

期 程 迄 ^ は 思 ひも 掛けぬ お 親の 大膽、 今迄 はよ も をの 13- 愛らしき 口元に、 我 を縑^ は 云; 3 得 ま 卜^ 腹 を 

^^ . V ;5 み P しば ゐ つけみ あさま あ ^{ ほ jjj さき ? かよ は くち いや wo 

据 へて、 踏切る 芝居まで 押し付けし 身の 淺猿 しゃ、 吾が 思 ふ 程に は 先 は 思 はす、 可 弱き 口よ. 嫌 (ー '立 

ば.^"? いき みあ よも かつら を は を M> がた いのち 5 C 5. や 

派に 縑さ云 ひ 切る は、 この 身に 飽きし か、 叉 他所の 桂男に をの 花の 姿お 命 かけて 打ち ,t5^.,4s しか. - 嫌 £ は 



iSJ もて た こ、 ろ あき 7ニら たん^^? fi* 1^-ん^せ を >? こ ゥ .J ち にん こ たビへ ふ. r ふ X 

見お ぷしビ 同し 心、 秋の 女 は 儘な 難解 を 男に 付 くれ 1U、 七 人の子 は^す, ヒ もの a 令、 まだ * 婦 呼ば 

5- ち こゝろ L た ひ ヒ たん & あい *>J こ あ、, ぁハ f- つ 

れ 中 なれ.^、 ま 乙^心の 下紐 は 解けぬ ものよ で 女に 愛^い ふ もの あれば 男に も 愛 あ 6、 ^われば 嫉 

ピ てれた はる を V- こ L-^t f つ VJ あ ^ まと ど あ S た t で 

妬 は 連立ち て ® れぬ もの, されば 男 も嫉節 はお ク、 嫉妬な き 愛情 は 誠の 愛情に て はなし さ 誰 やら は 云 

われ 3 で まこ ど あい JM 上 SJW さら しク ど こ 、ろ i ノ J ち L f 

ひしな 我 もい ま 迄 誠の 愛に 迷へば 乙 も、 今更 嫉妬の 心 も 起れ. - ffi きられし さ 知, ながら をの 譚闞く は、 

妄執 を」 深む る 業 なれき、 闘 かで 濟 ます は 煩惱の 鉢絕ち 切れぬ 原 H£ 、膝 組 直して 兩腕を 突けば、 今更 侵 

か. g きぬ かほ. &ろ ほ だ こどば x-^ 6VW めもヒ -< ち よ かべ ひきめ 

し 難き か 額の 顔色.^ 吐き出さん 言葉 は怨 める 如き 眼 元に 挫かれ、 をれ を 避けて 壁へ^ ふて t く 息 は、 目 

はは 見えね^ 定めし 火焰. - 僅か 騷 立り 心 を 落ち 隨け 今度 はさ 戰 むけば、 ^^にも か g は 1^ を; k くに、 

> -^^ PC ^^yt^7 あゆ , もこ の あが からだ ど ひ ばち *-ゃ$ め i 5 る 

^た.<^"、」&む男の 耻 tt 釣 上. て、 少し 延 L 上る 體に 飛ぶ は 火鉢の 輕灰、 ひらく £ 眼 先に 懊惱さ 

や - 

(其 二) 

たに^ Ka くだ みづ ひ&ろ じ 3 ん べんせ つ た S- ひ こビ いや きぬ こどば e 'やま い, 一め さ、 

谷川 奔せ 下る 水 さ 日頃. K 馒 したる 辯 舌 も、 只 一 さ 言 嫌^ S ふか 絹が 詞辭の 邪魔な 石 奴に 距 へられ、 をの 

わけ ft; ふんべつ あせ さてい こどば の 5,- もん ほた み も き あど も め まいよ こ 

譯 閒ひ てからの 分別^ 焦慮れ.^、 借 言 はん 詞辭は 咽喉 三寸の 細道まで 來ては 後へ 层. cs、 目の前 橫たふ 

P* だ たけをが らも つね ほ ゐ K< まで きれい わ y あ L はふ ひど みくだ み .S あ 

島 田 儷の 丈長 も 朦朧 さ、 常時 春めて 居た 惽 らしき 迄に 奇麗な 頸 足 も、 今日は 人 を 見下す やうに 見え、 一 

づぁ ね. 》 われ *J S ( f こぶ f> の ひざ <- へ 上る i 

圖に 飽きられ しさ 思へば、 吾 知らす 齒 を囉; S 切 <N、 握る 葶も乘 せし 膝の 上に わなく 笆顫 へ、 男が 斯の 

さ" い こど はらわた も ij ぶん か む-: ねの づ ぉビ だ S おから き こ、 ろ 

やうな 德 細な 事^ 縢 を ffi やす は ド~ 自分から 叱れ^、 胸 自然 ざ 跳 6 出して をれ を 押 ゆる 力 は 消え^で 心 

合歡花 六1 



各歡花 六 二 HI 

せ S* を ど こ きぬ はら ち み も おろ こどば おおつ われ わ はぶね の こ、 ろ 

狭き 男 S^^J 絹に 腹の 中 を 見透かさる、 も 愚か なれば、 せめて 言辭 なさ^ 付けて さ 我から 大船に 乘る 心に 

ひっし .S- だ 1 とどば *r?L か は 

な. て、 必死^な うて やつ € 云; S 出す 言辭 a 調子の 變, つ.. - 

I き、 ?も み れん , せんた 5 わたし み つ. & S や. • ド- こ わたくし あや WS> 

『.f-si き 申の は 未練ら しいです が、 全 II 私の 身に 付て 何が か 嫌の 原 S です. - 是れは 私 一 人の? ft 解 

L を ど、 f> をつ ふ ど 《. ち あが も たがい かね も あ こ 

でした か 知れません が、 一昨年の 夏不 m- 乙のお 家へ. 初め、 か 互に 期う^ 思; S 合った …… 、是れ 

ゎ«£ く •; あや s*w ^$ * &ん たも KJ h たく. (- ばか A f 

が ^ の 誤解でした. - 贵孃は何さも思ゥて居らっしゃら^^^かゥたでせぅ.^ かし 私 rtr6 期う £ 思 

あ. * た なを も を々 Z S- や S しん ? 5 い たく かへ & や. X-L ん さく ビん 

つたから 貴餵 に. &^、 早速に も 御兩親 Jii 左様 言って € の rJ さでした から、 宅へ 歸 つて 兩 親に も 相談 

e> つば か 5^ lew や. ん RyT-tl こみ た < <0 ふ L よ. r お 》 ころ もで む. * る 

し、 .1^, 派に 媒介 人 を 以て 御兩 親に. S. 、!^ み、 か 宅で も 御 不承知で な S 處を 見る で」、 . ^に 結ばって 居る 

御綠 でせ う^ 

た、 こど は 5 きつ の み e 'ゥむ <ぴ あ まも t *J*IC 

疊ま 4 し 言の 禁を、 息 も 緒が 卞 述べて.^ 鍋の 檨子を 見れば、 まだ 俯向 ひて 首 を 上げす. - 先づさ 少し 心の 

ゆる さて きよわい きき のせ かほ S か つ V へん む&ん *£? こ &た 3sas 

弛めば^^5^^な、 息 は 切れて 咽喉の 乾く、 云ひ掛けて續けぬは變なものさ無言の^^鍋,^此方の僥倖で 

に せん できあ ひ か .S や わか あは は. 》 む 9 

『世間に よく ある 歸 合の 中なら、 嫌に なゥ お別れ や 5 さいふの も、 合せ もの k 離れ もの 無理 は あ々 

かた あ B- つば やく もく でき ゐ い ひ- e< づけ み た、 いや ばか 

ません が、 ま, た 式 は 上げな くっても. 1^ 派な 約束の 出来て 居る 許嫁であって 見れば、 只 嫌^ lit..., では 

みれんし ふ Li* i0 »> ビ ** く 5 や わけ は を 

朱練かは知A^ませんが不承知です.- 物に は 原因の 無く ゥて はならぬ もの、 をの 嫌^い ふ 譯をか 話し 

<« わたくし ゑ み こみ -C けっしん Y ゥ しかた $ わ *ifl* ど C き h; い 

下さい、 私 i£ 末の 見込で もない^ いふ 御决 心なら、 別に 方法 も 有 4 ません から、 私 も 男です 奇麗 

は だん わけ S < た 5 かビ 

^破談 S たし ませう" - さあ をの 譯を お話し 下さい、 伺 ひませ う. - 



たび < 



€ 1 ^言づ 、に 膝少 しづ、 進めて、 間の 火鉢 はもの 度々 にか 絹の 膝 を 突けば、 男 ^さまで 言 はれし か 

女 i^tt 何 處か嫋 しき £ 乙 h: あ 6 て、 膝の 上に 組み合せし 掌 を 表裏 さがち 返しく、 何^き す 乙 そ 

言 は 卞." 

熱へ 返る 胸 燃え 上る 心 k 男 は も^かし さ、 か 鍋が 雛れ し 首を橫 の からず ぎい 靴 をして i き;; 3 み、 八の 

字 寄せた 額の 上目 遣; S に 凝 手 さ返辭 がせば、 iii つて il ど i ひか i ぬ、 |?<^5.し て mi ぎょく て.^ 腐 

に 突き、 

『只今まで は 最 うか 氣が 付く や 

話し をいた しませう 

くた び く 3 き S » 

S 待ち 5+ 臥れ し 口 はやつ ^切. たれ.^ まだ 顏は 上げす b 



s 思 ゥて控 へ て 居りました が、 をの御樣子^^-見ぇませんゅへ か 



『寶 のさ こ は贵 若の 御 氣 性が、 嫌 :•••• 縑にな.<^まし4^、 



を どこ f からだ ぶの あ 

男 は 思 は 卞身體 二三 分お 延し 上げて、 



『な… な… 何故 



をの 



-! t は 



せ きぬ さは わざ たおつ み t はく 

急 け^か 紹 は騒 がす、 をれ が瞧 付きし やうに 見お てト憒 らしで 



『譯. ゆ は 外の 事で も 御座いません、 先刻 も 勉強々々 S 仰 言います が、 何程 位の 御 勉強が 出来 まし 



*? や 



の くらい 



しつれい た 4-.S.3 f を わ & みん:; ん わな く- > 5 お いで 》•、 

た 失 鱧な から 只今の 級に 坐って 居らつ しゃる の は 何年 はな. ます. - 私 の 宅へ 出に ならぬ 前 



合 歡 花 



さ 一 r 



』£5 In Ai^visffl; 



がく か.,? 1?$ ゅぴ を あ を なんみ わたし 5 ち たびく いで 

は、 犖校 中で も 一 の 指に か 折られ 遊ばした 御身、 をれ が 私の 宅へ 度々 か 出になる やうに な つてから 

5, つ しけん あが こど 

は、 何時の 試驗 にも 4^ 上ゥ k なつた 事 はなし …… 

きね くびた こ ゑ k- んく ほと 

か Si はいよ、 (-暂 お垂れて 聲 次第に 細く で 

がた み .a つ きれい つま S- ため な L5^5 る を 

容姿 を 見 ますれば、 何時もく 奇麗に なすって …… * 竟は をの 爲に御 修業が- 留守に なった の 

で 御座いませう 

L© ^ fj みだ か * もがた きつ ビ を ほ こ ゑ もど かへ 

忍び泣く か は 知らね^、 亂れ掛 る 姿を屹 手直し、 聲も 元に 還. C て、 

5 はき かぎ や 5 S をん よろこ わたくし をん ♦*> いっしょ & きしょう いや 

『浮 氣 家業で も 致し IX す 女 は をれ を t!! 悅び ませう が、 私 を それらの 女 £ 1 所に.^|2>すクた御氣性が嫌 

& ざ 5 ろく い た *• や もみ あ "ど び さそ ひ くだ 

で 御座い す. - rJ れ まで 種々 の もの を 頂戴き ました <r,、 また 休息 日に は 遊歩 は.; - 誘引 下さ います 

tcs- かた £ ざ &ぺん きょ 5 た t やま ね R> わたくし たのし 

は、 有難くな s rjf は 御座 S ません が、 乙れ が 一 々御 勉強の 御 邪魔 はなる かさ 思 ひます €、 私は樂 

^4 かへ くる たび/、 こどお またよ な ふべんきょう 

みな rJ さは 少しもな く、 却って 苦しう; ^^います ゆへ 度々, 斷. を 申 上げ、 叉 他所ながら 御 勉強の 

を、 なみし を C き あ も あ をた からだ ビ ^TL fs こ ざ 

rJV ^をお 勸め 申ました が、 少しも. 闘き 遊ばさぬ の は、 貴君の か 身體に 取って 私は惡 魔て 御座いま 

<1 ぺん きょ, t; や {» あくま ぉ& 

せう、 御 勉強の か 邪魔 をす る惡 魔^ 思; 3 ますで . 

を どこ ftls しょ つ ひビ乙 VJ 5- きぬこ ゝ くち き にばし て?' びん まっかせ L. つ yi& つ しら 

男 は 急所 を 突かれて か 一 言 牛 す、 か 鍋 も 是處は 口 を 絶って 暫時 は鐡 瓶の 极風靜 か k 呂律お 調ぶ るの 

き^ たも ど か ft だ ? 1 なぬ々 かせ ひ み こ ゑ かく 1 

みで やがて 4^ 編 は袂 よ, „ ^紙 を 出して をつ さ * 涕を拭 ひ、 a 邪 引きし ども 見お ぬに 聲は 枯れ 曇ゥ て, 

つ 5S を あ をた £ しっせ 《J や; 》 わお くし psc-t^ ズ」 

『乙の 惡 魔が 附從て 居ゥ まして は 貴君の 御 出世の^ 邪魔、 また …… 私 も. …: 御 一 所に なった 後で 



合 

歡 
花 



中! 



ば の 

、 m 時 ま 
今 《のこ 
橫さ 柳 § k 
町 J 、ぎ 今け 

へ 5 惜を 
曲? し の 
ら きを、 
う 人 で、 
《 を な 
す 隱ケき 
るす 謝 わ 

影^^ i 义 罪び 

を 猶 S の 

ち 思? m 

らひ 5£ 

b 切き 、 

さ れ 胸 g 
宵き で の 
の 

三み 障 4 に 
B か ^1 て 
月? 力 3 t 

2 ら 合 'き 

柳!: b せ 
のぎ t て 

木 柱? 男 
% をら の 

情? 摑 2 後 【 
らひ: ま 
し 手て 
く I 之 を' 
横 t 身 t 拜? 
町? 體だ め 
も 5 t ば 
惜? 鈎つ 、 
く b 》 ま 
な て く 
b 木 こ や 

て m ず 
、 を ら 
障 4 避よ 卞 
やじ け キ, 
を て が' 
は f な 
つけの 



に 門; 
% 外! 
^ の 



さ 

Z 

を 



溝 
板 S 
響?. 

乂 

を 



ふ 相 さ 

て,, 圖づ 
腹: f に 

立た ろ 
ft b 
せ 《 
ま 六 
せ 分-" 
し ほ 

〜 騸 S 

皆き け 
爲た て 

め 見み 
に れ 

し ば 
1Z 、 
き 腕 喜 
力、 祖 く 
ら み 
の 合 § 
て せ 
t て L 

811 

赤 J 向む 
& & 
はめ 勝き 
後 g に 
に 步ぁ 

て 行る 

t < 
分れ 男 
明か の 

れ 姿 g 
ゝ 、た 

を 心,; 



け 耳 そ 
、 を 

下" 立た 
駄 '、 
の 、 
布! 聞 ^ 

石 r け 

r ば 

mt 玄^ 
る 關^> 
音き のん 
は 障 も 
確 'ち 子 さ 
力 > の 
に 開 5 
を く 
れ は 

€ 、 

知し 男 
れ の 
€、 歸ミ 
〜 6 

今 ^ 行" > 
此こ く 
處と な 
t ら 
開る ん 
け 

は 坐 ざ 

視む 立た 
に ち 
顔 § て 

正き の 
面 も 方き 
の 

卜 見み 
つ ゆ 
€ る 

まもん i&y^ 
忍? に 
し 手て 
て t 
、 掛か 



延の が 行 

し >ふ ! i: く 
てれ 男 
四 し の 



ク 
It 
蠱ミ ケ 
み チ 



後 I, 

姿! 
t 

眺?{ 
め 



を 手' 
れ を 、 

k 延 S 兼?; 
二して 
ッ て 覺, 
It 引 ひ 悟 こ' 
折 を き し 
b 寄よ ft 
てせ 乙 
帶 g 、 t 
の 階? か 

間. ミ 子" m 
へだ ロ^ ら 
揷? 見み う 
み 詰ゥ € 
なめ^ 
が て せ 
ら 腰 t す 
、 を 、 
m 立た を 
苦いての 
の し 儘ミ 
中氣 が 襟 《 さ 

U ま に 
飜 1Z ま 

す き を 
一 b さ 
^ 直き し 
mk ^ 込 こ 
のく 、 む 

笑 も 叮 5 眼め 

mi 嚀 S に, 
で に 寫怎 
膝 ^ る 
の は 
上え 、 
に 男 



男 

ぶ 『 
い は 



立た は 
b い 
上? 

暇?' 
%^ 
吿っ 
げ 
す 

階? 

子& 

踏む 

む 
-モ 二た 

H ど 
を 

殘? 
し 
て 

下さ 
へ 

行き 
さ 
ぬ 

b 

殘き 
さ 
れ 
し 
か 

mi 
tt 

朝 I' 
m% 
t 

消き 



男 

は 

傾' き 末复 
破 は けむ の 

約? し 見み 
し 首^: 切 I 
や ^ が 

う 慧? 附っ 
《にき 
い 立き 兼 S 
ふてね 
、 ま 
火 ひ す 
鉢き 力 > 
の ら 
上え 、 

體だ 御 こ, 
半? 綠ぇ 
分ズ は 

ほ i 

>^、 i 
を ^ 
被 S 
せ 



の 
で 
す 
力、 



iii^n —i uc n >ft^fts 



合 歡 花 ! sunn 六 六 m^l 

ビざ C ぶん つく, *f なへ ビ やにけ ひ,! a だし あ いっか も L や 5 ま、 しゃ 

たさ 鎖し、 しほく^ 自分の 机の 前に 炭 <>、 何氣 なく 抽斗 を 開ければ、 先日 貰ら; 3 し 生の 儘の 男の 寫 

にん きつ くお もど , , はら み きぬ はじ をみ た せき やぶ つく ゑ 5 へ 

與、 繁手^したロ元は^Jの身の^vで^きを睨ひゃぅk見ぇて、 か 鍋 は-初めて 淚の堪 られ、 机の 上 を 

5 へがみ ふる & 

前髮 の顫; 3 ながら 娥 めけ A,.^ 

(其 三) 

かんだ ゎ&がく&ん & むらた t を か 5 をい き を どこ S-K さ たか に. i 'がく は 4- き 5 いも 

神 田の 英學院 にて 江村 忠雄 さいへば、 校內 通っての 寧馨兒 S 評^ 高く、 入舉 せし, 初めよ 4 級の 一 の 椅子 

し たい を も の &< &ん 5 たし C ほんく かヮ わ を ビ a- き や 5 いん 

は、 終始 忠雄 の專 有さ 極印お 打ちて、 敎ぇ られし 1 字 半句、 甞て 忘れし さいふ 乙^な く、 時には 敎 員.^ 

L S> ろん は わ むら むね i ライブラリ— た やど ひ あか ひげ .< ひ ひ 

知らぬ 理論 を 吐く に、 江衬が 胸の 中には、 書物 庫の 設 つやで」 まで、 雇の赤鬓に首を检ねられし乙さ.^^-ぁ 

どし き がくぎ や しけん はた み め おもしろ た £ ^あんみ づ &が &ど ふで ビ なた、 く 

i 年に 二期の * 業試驗 にハ、 傍の 見る目 も 面白き ほ^に、 答案 水の 流る、 如く、 筆 を 取ら すれば、 瞬 

! L フ 1::*J5 キヤ . まい かんがへ か あ さだめ tj かん はん so き を £ たっしゃ かん せんだん 

間に 大版 洋紙 五六 枚 を 者 案 もな く 書き上げて、 定 K の 時間 は 三十 分 も 過さぬ 達者 もの." 香ばしき 栴檀の 

-^pfc きめ かさ 3 あかつ & みんかん くだ だいげん はん ほく ど あ を qsft- ん の& わ むらし は 5 

二 菜, 木理の 鴛の增 したる 曉 ktt、 民間に 下うな ば 代言人の 牝斗^ 仰がれ、 龍 門へ 登 なば 江衬 司法 

i^we ん Li めい へつら ひ をん せ 5tJ や き みやぶ ほめ こどば け. るん.. J つ へ t" ぎ こ づ かいへ 

大臣 さ 暑 名すべし. - ^いふ は蹈識 ならで、 まだ 三寸の 小 蛇の 氣を 見破う し賞辭 * 教員 室の 評議、 使 部 

や ちゃ ^ ば. し たれ 3- a ぎ 3 を. L た 

崖の 喫茶 話に、 唯 f 人 i して 乙れ に 異議の 申立てな しで 、 

^ - ぶけ け" ゐん たち ま を& >JW あっか ひ 5 ねの ろ ひき が,, せ s?:- ねたみ ボ I* ド 

江衬く ^校 中の 敎員 達に、 愛子の 待 遇 を受 くれさ、 己が 背後に 牽 ゆる 舉生 輩の 妬 もな く、 黑板 にあ 

を fi. た , 53 れっきお ど *&L く け, r_Q ん sow あっか ひ たて わ がま、 こ、 ろ み ちんく, 

らぬ名 を 唄 はれし 乙 € もな き は、 性質 温厚て、 敎 員の 待 遇 を 循に專 擅す る 心なき は、 微塵 藥 にした く 

. > わ-つぎ を ss- いた お & つきあ どく かせ くさ ひ S » & の 一 

も!^ く . 我 か 次席よ 席 末に 至る まで、 同じ やうに 交際 ふ德 は、 a に 草の 靡く が,^ S く、 覺ぇ惡 しき 物 一 



忘れ、 叉 ハ居睡 に 筆 せし 處な^ は、 I: &に酽 ひ^す k、 よ. oi^^ に^へ lg」 れば、 S ぎ SIk 酡 

. f,- ほ >:L~>P ^ま , > f. お i ふたみち か e やう かくけん & たてこも しつど ❖icw た せ ^A-t5 

を 多 人數の 頭よ. 被せて、 德さ. の 二道 掛けし 城廓 堅固 k 循 籠れ, ハ、 嫉妬の 鏃 *ゥ ぎ もな く、 の 

flf^ , pfl、 ^ 、 , あさひ の t5 S き ほひ たち ち. V つぎ や 5 き ゆ. ひ ね こど さ 

ザ. CV 込む 間 も^く 旭の 登る 勢 k、 忽焉 卒業の 期 は、 梅 指 一 つ 折れば 事足る ほさ k な 6 ぬ. - 

力.^ ば L , tj い まひ どい き そつぎ や? まぎ は あせ たれせ ね も め いよ 

疲勞 たる 身 體をキ 力. ひて、 今 1 息? 1^ 業 間際. Mpli 慮る は、 誰も *k 重たき 名譽^ いふ ものお 負へば なる 

•t 日頃 牛肉 鍋の 香 k 親しみ、 辭 書に 縲 魏の耻 辱を與 へし ものまで が、 Ti«i て も i ^ぎの!? さす、 

u^^^^y ^ 、,、 - * っパょ , つ ころ いま、 で わ むら f を 5 ん でい かほ .45、 

1 > もォ 《 にな. て 机に ひかみ 付く 頃なる に、 今迄の 江村の 樣子、 雲泥 がら- OS 變ゥ て、 S かなぎ 雨に 

も 顔お 見せぬ rj^ なき 忠 雄が、 勸怠簿 は 珍ら しき 欠の 字、 j 過 は 一 、まよ. きしく、 E ^は 七が の に、 

席の 暖かなる: か 1 Inr 气 5^肋に1.0し1&を:注だば、 lit は i けち 眼 は inj ら, J あらぬ ど i 

, stLa I ゝ , に iTl^ * ^ . ひっき ろく み み、 づ のた ひち き たい >vi-5 e かさ ち 

を 凝視め 便所へ 立ちし 跡の 筆記 錄を 見れば、 蚯^の 蜿蜒、 鹿 尾 藻の 體操、 一 つ さして 字の 形な したる 

IL. 始ぁ はしげ な 腐して、 Mitmfmr rcs&if g、 i の i 

せバ、 嬉しげ に 答へ て、 談話に^る 顏 tt 髯の 跡靑 く、 頭^に街4"の獻々ilく、i•びらA^さSFi-i^けて、 

0^^^fpk 0$ S が S の p:?、 3f i めて iV 合へば、 

に ipi ぎ、 0fffff0,. 0&kmtf<. i、 Idm の i 雷お』 

今の 世: 事 門 を 出ぬ ゥヒは g 偽な れ^、 惡事はニ千里.}^る^ぎしさ.^ ぁれ^の^^がこの航の|^4^ぎ 

坐 合點 行かぬ さ斗ゥ j 級 中の 疑問に のみ 殘. しに、 早く も證攄 物件 を 押えられて、 疑念 は rt. ら. さ晴 

合 歡花 大 七 



合 歡 花 六 八 

れけ - , 

a- みかつ たんさく こぶつ けん あが 

『君 嘗て 探索し かった、 證據 物件が 上った ど. - 

^ むら けん ね も I をみ やか たいほ t- や 5 はんじ ^1 ' ► - 

『何 か、 江村の 一件 か. - へん 晚 いく、 最ぅ 速 に 逮捕 狀 はこの 判事 さま か、 さし 出した はで 

『君 は 如何して 發 見した か. - 

『如何した も 期う した もない、 發 見^で るか 露顯 させた 一 件お。 

おん e ゆつ み こ 5き や 5 が つ < 

『陳述して 見い、 口供書き 作る ど. - 

こらき や 5 § せんこく た 1 ろ きの ふ さよつ ど, t かん X ス 4; '—プ む^ «• たま HS& で か 

『口供が 凄まし い、 宣告す るから 驚くな で …… 昨日 一 寸 最終の 特間を 逃 出して、 向島の 花 W 出掛け 

じつ らんまん 3 つ さか はも ゆき くも は i5- 6 ゑつ 

たさ^J^C、 いや.^ ぅも實 に爛熳 たる 眞盛 6、 花 か 雪 か 雲 か 花 か、 吳か越 かで 

C t つ. 3. わ S ね 

『1^ い、 乙ら で事實 外の 乙 €は 申立へ でも 宜ぃ はで 

れんらく ゐ だま き e ク K!^- だんら れいよ む .S ちぶつ き 

『いや、 連絡して 居る から 默 つて 閱 け.^ 實は 花よ ゥ圑 子の 方 だけれ < ^も、 例に 依って; r 二 赖€來 て 

L か t=i こ ど、 まへ め ねむ か f- ら ひげ, T め わか , み 3 わ あど i かへ はしば わた 

仕方がない、 まづ言 問; S の 前 n 眼 を 眠って 驅け ぬけ、 白 «栴 若さ 見廻って 後へ 少し 歸. y、 橋 爆の 渡 

し こ ざつ ど 5 さ たも ふ ね どの 3 へ ほ た a わ むら *• ま 

舟 を 越して 雜踏を 避け やう^ 思; s> 舟に; 5 ら 6 さ 飛び 乘る さ、 前の 方に 立って 居る の は 江衬 さで 旨 

どころ でつ < わ 

S 處 で出會 した さ …… ^ 

こ , さいばん くわん き i~KJ i ろ でつく わ 5- まへ こどば i の S お S む 

『是處 が 裁判官の 間き 處だ ど、 旨い 處 で出會 した さ 云 ひお つたな..^ をれ ぞ 前の 言葉の 中に、 囊中無 

いおぶ つ 

1 物 …… うむ …… 。 



あだ ryia ハ もちろん かんが とし ぎんお やぐ つも ばんこ ゑ か たん 》i,,-.3 むら おかよ 

『當然 よ、 勿論 者へ るまで も.^ く、 腰巾着の 積 6 さで ::: 一 畨聲, ど 掛けて W 段々 江: S: に 近寄る^、 

き やつ V をん,, t- 3、 やひ ゐ をん を み む るゐ べっぴん き もこ. J せん ゆ.,. き ぬ 

彼奴め 一 人の 女^ 何 か 囁 て 居る、 女お 見る, t 無類 別品 さ來 たらう で 其 處で自 然に 勇氣 が拔 けて、 

ふだ あに あど さが し 3 ふ をん jS5 iS> に かんが K5 t 35 はし a 

踏み出した 足が 後へ 下って 仕舞、 はて女《何.^のか《者へる方.^^思想が走って、 ぐづく して 居る 

5 も ふね. つ わ むら は 5 さき ちが ほく f ひ へだ た, y あ St どに 

中 k 舟が 着 ひた わ する ク t 江: B の 方 は 先に 丄ゥ、 僕の 方 は 群集に 隔てられて 晚く丄 る、 取 4 逃がして 

だいじ み わ らめ なた あ る ia あ ひの か .S し S ふ y- & ざん ね 

は1大事^^見れば、 a 村 奴、 待して 在った 車に 合乘. して、 驅. けて 行 CU 、仕舞た.^ をの 聘の殘 やん さ 

よろ さつ く たま をん を »< しんり ど i ろ こ む, y め 

宜しく 察して れ給; う ひ 女 か …… 僕の 審理した 處 では、 さう さ、 何處 かの 娘た なめ.." 

さ i わがはい あ あど わが あさく さ かみ せ ど ほ まんばい s-^hNT-s- や なへ » 

『左樣 か.^ 我輩の 遇った はもの 後お、 我輩 淺 草の 中 世 を 通. かる さ、 万 梅ち う 料理屋の 前 を、 何 

處の 紳士 か 知らん 奠人を 連れて 來るぢ や、 義 望に 堪えん ぢ やによ つて、 顔な^ 睨み付けて 遣う^ よ 

み わ むら わがはい くわいお f こ つ 5- 5- んを か き くわい 

く 見れば 江 衬ぢ や. - 我輩の 懷 中には、 。し ゾ i ッドを 買 ふた 釣 餞が 五 厘 か 無 s.^ や、 好期 會ぢ やから 

V 

まゥ こ、 さいばん くわん き ころ のちお S- ん か 4 き くわ. S 

『待てよ. - 是處が 裁 刿宫の Si き處 だ、 囊中五 厘 …… 好期 會 …… うむ……. - 

ひ-ごまね ばか やつ:?, 1 C を a < わ むらこね か やつ を さろ 

『人 を 具 似るな、 馬鹿 めん …… 奴 何處か 奢らせて 吳れ やう^、 江: SI:^K を 掛けたら、 奴め 驚 ひた 

きみ f »< よつ ft^J だいたん 

『ふ— ひ、 君の 方が 僕よう 餘程 大胆お..^ 

あたり 3 へ S をん Kb み は ^はた <a を >J こ f ふ ん むし わ も 

『當 然ぢ や、 君 は 女笆見 K5」 腸 を 腐らす 男.^ や、 僕 は 婦人ち う もの を虫 けら さ キュ思 はん よって、 



淸 潔な のお や. - 

『分った よ、 をれ から.^ 

い. (ら だいたん .ijs- C J 'つき S かた しゅ. t は f し か ひろこ fi' ち で 

『何程 大胆で も、 直に 事實に 切.^ 入る ちう は 難いから、 種々 に 話 を 仕掛けて 廣 小路まで 出た. - い る 

を& た. * お やつ くるな ま fl つけい ぬ A ^ »> ま ひ 

はで も 奢らせ やう^ 思 ふ 中、 奴め、 車が 待た して あるから 失敬 さ 放言し かって、 逃げて 仕. 舞 かつ 4^ 

ピき ざんねん よろ さつ 

をの 時の 殘念 さは 宜しく 察す べし か ォ% で 

$ 3 ゃク 

『おは、、、、 直に 眞似 をす る 奴が わるもの かで 

ねれみ われみ S ひま ふ がくせい is せつ ?ま》5>- わ ほ s ど fi-ii ハ 

己 も 見し 我 も 見し さ 云 ふ もの 日增 しに 殖えて、 衆多の 學 生の 中には、 もの 説 も 種々. 分かれ、 蕩生は 

わめら ね, ^-f^w 、r らゃ まづ わ むら つか かね ほ つぶ がいたん か ぎ だんし の、 S き もの わ むら 

江衬の 絶 ii を 羨み、 貧しき もの は 江村が 費 ふ 金錢愁 しさ 吱 やき、 慨嘆 家は撝 男: 十^ 罵. cs、 狡 滑 者 は 江衬 

め々 つゆ 《- る は rt- ら わ むら L んゅ 5 きか みか 5 つけ かケ M いさ, 6, 

か惠 みの 露に 霧 はん^ 现ふ. - 江村が 信犮 は、. 閱き 兼ねし 見兼ねし る W を、 打ち 附に數 え 二,, 4 て、 諫め たれ 

はら はた くさ お. T げん ふ ね かほつ き あき もへ きづか い S5 て ひ L まゥ 

^、 まこ^ 臈 の 腐. しに や、 忠言 腑に 落ちぬ 顔色に 呆れて、 末お 心配 ふの みに て、 今 は 手 を HF く 仕 末. - 

もど ねむら べつにん どく たん る ぎ ねの づ $ .&ク ,だん L わん や ら 5 あざ 

前の 江: S: さ tt 別人 さな ゥて、 德も なく 恩 もなければ、 威儀 も 自然^ 失せて、 好男子 艷冶 郎^ 嘲 けらる 

きょ つ こ > わ. むら * どべ ねん おさ ゥ .L つど へんし、 う .L かへ f> ビきゝ た あた も i> わ むら 

に附け 込み、 江村 か德さ 恩に 押え 附 けられし 嫉妬 偏執、 報 仇の 膽來れ ぅ^ 頭 を 擡げ、 江 衬が身 i を 

あち こお ど こ からだ きづ つ こどば し &ビ て 5< はつ か..! かいる つら みづ なる 

四方 八面よ- >艰ゥ 込めて、 肉體に 傷の 附 かぬ 言葉の 笞鞭、 丁々 韁矢囂 ましけれ^、 蛙の 面に 水 さも 思 は 

ね むら は か や 5 お がく かミ しんよ 5 か、 & 5- デきか たい >r- か 5 ち. う ふ 

ぬ 江衬、 果て は 彼樣の もの を 置きて は、 學 校の 信用 k 關 はる^い ふ 急激 家の 旗色、 校 中 を 吹き 靡かせん 

.S き ほひ さ 

す 勢力 凄ま t.^ 



t けん たび ゆろ どう 

試驗の 度/^ さ id 優等^ 



5 ら らくだい をつ ざ や. .n ^ ひょうぎ 14 つ おのれ -ゃ, r き 5 a ひど 

凜の 落第、 卒業の 土俵際に て 二度 斗り 繽け、 己 も 同級に 居た ゥし人 は 判事 さ 



か き 5 ゐ ひど だいげん ふだ か き S- や o 

な. o、 下級に居たA^し人は代言の札を掛け、 器量 それ- 



よ. S で き & むらき か. S しま よろ 

に世に出た.<.^さ閎け^、 江衬は 鬼界が 島の 弱 

法師。 往來步 行て さへ 後の 人の 先へ 越せば、 快よ く きもの を、 嘆かば まだし. *T 口惜しい 顔 もせす や 



あまた ひ ど SJ: ろ み み あまた ちしろ み せ き あ い や けしき か 5 

衆多の 人に 脊を 見せし 身の、 衆多の 脊を 見る^ 末に 在. y て 嫌 色 もな しで 校の 幹事 ^眉お 蹙 めながら. 



* じんぶつ くひ もどね むら たの やか 

惜しき 人物、 今に 悔悟て 以前の 江: e に ナ% る ベ し€ のみ を赖 みに、 囂 ましき 衆 口 を H よ 6 耳へ 聞き流した 

はげ ばか を t なわい ふ 

激しくなる 斗 6 なれば、 惜しけれ^ 校外へ 投げ, 



れ、 悔悟の 標 さて は 少^ lfr.<> も 見へ ぬのみ か、 ます 

だ た がくせい てほん も ひ く めいほ --IC ぼし つ L t 

出して、 他の 學 生の 殷鑑^ なさで は^、 密々 名簿に 黑 虽の附 きし を、 知る や 知らす や. - ふわ. 

くる はる て ふ わ むらた 

に a ふ、 春の 蝶の 江衬忠 雄で 

(其 四) 



もんの は fl ゆつ せ 4 を た^-を ひき を さか .< る 3 わけ じ S もく み SO ころ じっし ゆびさ どころ ちが ひ こ ひ 

龍 門 登る 出世魚の 忠 雄が、 曳 捨てた る拔の 車^な 6L 譯は、 十目の 見る 處 十指の 指す 處、 相 逢 もな き戀 



ねん S へ がつ かひ 



3 つ き ぶ: 



i つき 



み 

に更 



な. け. 父が 別懇なる 五十嵐^い ふ もの、 足 S け 三年の 前 八月、 買 入た る の 木 姿、 十五 日の 月 

まね ise や 5 S が らし 5_06じ くつ 》J fj ん L や 5 あ ふ ね & K ちた め た r せ お ゝっひ ゆ 

せた し ,1 の 招 狀. - 五十嵐 は 當時 屈指の 紳商 なれば、 面會て 像く も 後日の 利益 わ €忠 雄 父 k 附從て 行き 

み あさ 1^ て をし を t 2 ん まつ つ ろ か、 まばら かげ ほうし た、 み た P よ け ふ ま ある 

て 見れば、 S. からぬ 饗應. - 折から自慢の扭に月轉び掛.<.^て、 拳 差の 影法師 疊に潔 ふ^ 興を增 して、 主人 

きぬ S ぷっゝ か 

絹 さ 云 ふ 不束 

. ^ゆ e ん いひつ け 

さ 主人の 命令に、 



S が あしつ ま よ をに さ、 や y つ. »• か どきた、 つ Sy きたり む, 4- め 

の 五十嵐 妻 を 呼んで 何 か W けば、 莞爾 笑みて 退 6、 時も經 過す 連れて 入. < ^來し は 娘 ナ%. 

S & みし おか はゝを や あいさつ も fell つか いっきょく きゝ ^ 

もの、 £35 後.; - 見知 6 置れ てで ^いふ 母親の 挨拶 濟 みて、 覺束 なき 一 曲お 聞に 入れ- 



合 歡 花 



七 1 




』|5 In ,>£a v*ws 



こど ひよ .< もゐ こどち ^ if ひ も つ? * なビ たにが は はし みづ の *S> 

恐 づく琴 を 引き寄せて、 雲井に 琴柱 を 配り、 會釋 して 彈き- 初めし 瓜 音 は、 谷川 を 走る 水、 野末に 鳴く 

むし つかせ さ t& & あ ふっき さ. 

虫、 時なら ぬ 极風を 坐 敷に 問き て、 仰げば 月 もい よく 冴えた. <=^^ 

5 ひ- b ん ざん ビき たけを こ ひ なち の ゆ も きぬ ね も かげち よつ ど こ、 ろ は を どき ゆめ 

一 初見 參 のこの 蹄よ ゥ、 忠雄 は戀の 山路に 登み-初めて、 ぉ耦の 面影 一 寸も心 を 離れす、 ある 將は 夢^な <>、 

どき. *- つ、 げんた もた ^ V をが た を W こ、 ろ や S f C や 5 や 

ある 時 は 現に 顯トて 思; S に堪 へねば、 せめて 床しき 姿な. さ拜 みて、 心 遺 の 種に せん ゥ. 用事 を 漸く 

こレら _tj づゅ いがらし あ よも やま ほ を ど 乙 い がらし き S, 

裕ぇ ね 行き、 五十嵐 k 遇 ふて 四方 山の 咄 おすれば、 乙れ ほ.^ の 男兒、 さん^五十嵐の氣にt<.c^、 

つ 3 S きぬ で らて たも てち ざ かへ あ. . あ ち ほ 

妻 も 出で か 鍋 も 出て、 さま-^ k 饗應 なされて、 思 はす 長座して 歸. <=, 'ぬで 遇 はねば 遇; 3 たく、 遇へば 猶 

あ い がらし しげく. J こどば しほ にお たお ゆ ど0>* &し X へ かほ Z たび 

遇 ひたく、 五十嵐が 頻繁 來 よで さいふ 言葉 を 潮時に、 二三 日 ほ.^ 經過て 行けば、 應接 前に 鍵ら 卞で 四 度 

a たび ゆ e みつ ろくた びし おたび e や S だん S たも ひど f^s 

五 度^ 行けば 馴染の 附 きて、 六 度 七 度 ざ なれば 戯談も 云 ふやう にな 5、 思 ふその 人 さも 口 利く ほ^;^. 1^ 

、ほみ し しげ どき は& しゅび たの つ ひいが らし こ ほ *j ちか 

ては猶 足の 繁く、 時折 はさし 向; 5 の 首尾お 樂 しみて、 遂に は 五十嵐の 子 程近し くな ゥ ぬで 

ひ にかい た *\ ふた s- 50 き こ、 ろ fc け くちだ 5 どお. J た上 ねが ひ 

ある 日 二階に 只 二人の 時、 心の あ- を 口に 出して、 浮きた る 乙 もなら ぬよ, 說き 起し、 及ばぬ 願望な 

ゑんむ も ビ きぬ い を お、 は、 しゃ 5 さ たしか 

れ^、 乙の 緣 結びた くで £しげ,,^云へば、 .^-絹も否にはぁら卞、 兩 方の 父母 さへ 承知 すれば で さ 確の 

へんど 5 を どめ 15- か ^こ おか?, S だ、 を ほさら *> た へんどう き ねせ あが ばか 

返答、 乙女ら しき 中に、 何處 やら 侵し 難き 威の あれば、 忠雄は 猶更慕 はしく、 返答 を閜 ひて 躍 6 上らん 斗 

よろ- i へ かへ はづ fj fa つ は! た *、 を B- や 5{1 ん きぬみ 5 へ t さ ちょが くこ 5 

.0 に 喜び、 家に 歸 ゥて耻 かしながら 始末 を 話せば、 忠 雄の 兩親 もお 耦の 身の上 は 知 6 た. で 去る 女學校 

を つげ 5 さいめい i さ e た S ろ はち 5" のう たか つめ かく み へ& くだ . けん 

を 卒業して、 才名 一時に 高 かけれ.^、 乙の 頃の 4- 刎ねさ は 逢 ひ、 能. Q る 鷹 は 爪お 隱し、 身 を 謙 退り て 賢 

ちょ ふるま ひたん くちか^^を< て か は w き 5 へ, がな てん Si よ S づ た *• 

女 ぶら す、 瘗.^ 動 坐 重 も. OS さ、 ロ數 少なく、 手 は 書き、 針 は 利く、 もの 上容 S 炎の 夭 女も耻 かしき は、 忠 



* 3 た 上き ゑん あの をん を よめ われた ち は をた か 

雄 さって 叉^な き 良緣、 彼女なら ば 嫁^い ふ 我 達 も 鼻高し、 さ 兩親も 喜んで 異? i なし K 



( さき ひ ど つぶだね ち、 

此方 はよ けれ <JJ、 先 は1 粒 種、 さて^ん な もの か. - ^父が 傾ける 首お、 母 は 何にも 緣づ くさ 勸 めて、 此 



をに が L か 5 せた の i がらし や よ S ん 

方 も 知 6、 彼方に も 懇意なる 何 誰某 を 媒介 人に 賴 みて 五十嵐へ 遣れば、 せ .u:d 言 ふ 媒介 口 は閬 くに 及ばす、 

た t 'を のケ おど こ i. が らし..; if き みめ ど を せき か ざつ ま 

忠 雄が 望み ある 男 さいふ 乙 さは、 五十嵐 商機 を 見る目に 早くよ ゥ 透かして、 席 も 替えす をの 坐に 妻 さ 

む もめ あつ 3 つま は し 乙れ ね ものが res' f> や, r ち どうにん もビ い や わけ 

娘お 集め、 先づ赛 にもの 話 を すれば、 是 女は寢 物語に 承知の 乙 さ、 いふ.^ 當 人に 元よ. CV 可 厭の ある 譯は 



せんせ: 



いづも 1 



ちゃ 5 か 



! ゑん わら あ いが らし ほね を w むく ひ .S つばいだ 

なく、 前世から 出 雲の 帳に 書き 置かれた る 綠亡笑 ひ 合 ひ、 五十嵐 骨折の 郫酬も 一杯 出せば、 rJ の やうな 



ねが ほろ.? J ひ S げん &か 2.- せ ビ sec けいこ たかさ &ぅた あ f: もど あ ふぎび. 

敏 * は、 此方から 願 ふても さ 微醺 機嫌の 媒介 人、 當 日の 稽古 S 高 砂 唄びながら、 し^ ろ の 足元に 扇 拍子 

打ちて 歸. け. で 

を ゥ ザ 5 のちみ ぶ< き <» こんれい t き あ t.t ひどぬ びつ . S つば わ つま たれ 

卒業しての 後 身分 定 6 て、 餵 鱧の 式 を 上げん 約束な れ^、 人に は 指も附 けさせぬ 立 なる 我が 妻 も 誰に 

は か お ほて ふ S がらし. S. へ はい かって つお ひど ふ S むか 

忌憚る こ きければ、 大手 振って 五十嵐の 家 這 入 4、 勝手の さきに は 連れ出して、 人 i!£ 顧視 せる rJ さ 

な、 たの こど 5 へ y ちゃ f たび か *4> 50 ふ は 2- への あ i*- か つき ちゃ-さ ♦> をが は り や, Ts- 

も 》 なる に、 幾し. き 事 Nl の 上 もな く、 日曜の 度に は 必らす 訪問て、 花 は 上野 飛鳥、 月 は 綾瀬 品 川、 料理 



— か は め はブ か 5 つね ひ そビろ あるき し g ぎ や 5 み かざ 《- この か 

は 何處、 劇場 は替 6 目、 果は をれ の 高 卜て 通常の 日の 逍遙 遊步. - 修業 は 身の 修飾の 好みに 替えて、 ^擎 

はみ て ブラ?' シュ ざ た f> よもつ か ぶん い つ ち ffl- めん て ぶ- <さづ 、み かし きぬ こ 、 こ 、ろつ 

離さぬ 手に、 毛刷毛沙:^^書册萆囊は何時か縮緬の小服妙包^なれば、 賢 乙き か 絹 tt 是處に 心の ffi きて、 

みか あ S. され た しゅっせ さまたげ にく つ 

わが 身 可愛がらる、 は 嬉しくな きこ^ tt.}^ けれ^、 をの 爲 めに 靑 雲の 防 害さな て は、 惽 まる ゝょ 辛 



らく、 よき 折 を 見て は氣の くやう に 針 を 打ちて 見れ^、 空 掃 ふ ほ 於』 も 手對. ^く、 をの 翌日 も 何 % はぬ 



合歡花 



七ミ 



合歡花 七 四 

か は き ビこゅ い がく かう さ た 5Jat< み、 i, K ん §A T^a. ゥ il 

顔して 來て は、 何 處へか 行かぬ かさ 云 ふ D 學 校の 沙汰 先特々 耳に 入れば、 他人なら ぬ 中 さて 私 身 を 抓め 

いた L あん あ S わ を や た 、いも , を や さら だん み わる ft L こ 

らる ゝょゥ 痛し. - 思案 餘. て 我が 親、 忠 雄の 親 k も 相談して 見た れ^、 惡 S 效蕩 ならねば 强 ひて 小 jlin も 

い どつ L ま a ぬ こ、 ろ いた あつ さむ &ろ ia,6、 ろ t ゆめ c.cfc.s き 

^云 ふで 取. CS 附く島 も 》 くか娟 心 を 痛めて、 暴から す 寒から す、 rJ の 頃の 寐心 よき 夜に、 夢 は 幾度 も斷 

い 3 わかさ ど e-J& かね P め ど 

れて、 今の 若年に、 鷄 鳴く 鐘を數 へて 目お 閉づる rJ さも あ 

さんねん た ち ころ きぬ や 5 を を Aj かほ たくば もの .^f み 2 い をく, ひ a >t 

三年 も經 過た る 乙の 頃、 4 ^鍋の 檨子 少し 變ゥ て、 奧齒に 物のお る 暴動の 見 ゆれば、 忠雄は 首 を 総 ,0、 fl 

M- ぱ ゆ-つ こゝ ろる $^ た き げん ほ もど さや を さ j,iA < 

はし^い ふ 1 步讓 りたる 心に 飽かれ て はさ 恐氣の 立ち、 機嫌 直 せて 元の 雜へ、 納めん さ斗ゥ Hi, な 

け ふ おおや 5 い さ だん き かざ きぬ お Vi づれ わ わ か ふきげん せっか < おく 

く 今日の 日曜に 1 段^ 着飾ゥ てお 絹 を 訪問れば、 輪に 輪を褂 け.^, る 不機嫌 はて、 折角の もの さへ、 

つ もさ ふる, is が てん い?、 で も たが ひ 5 か & ぬ こ、 ろ ど み くお を ^ 

突き戻し たる 擧動 A ロ點 ならす、 今迄に は 無き 疑感を 浮べて、 4^ 賴の心 を 問うて 見れば、 口惜し や rJ の;^ 

あ たし た ふべん こ ひ みだ こ、 ろ る ど た t を い ちづ こ、 ろが. 3 f r . & 

に ffi きた ウ^ 確かの 答 辨.^ 戀に i れし心 は 5:^ 前の 忠 雄に あらで、 一 圖に心 變ゲ, ^惜み 、誑されし を ~ 怒 ゥ、 

むら ノ\ さして 後お も視 す、 まして 問 ひ 極め もせす、 五十嵐の 家 蹴返す 斗, に 飛 出で ぬ. - 

みちゆ ひビ あ じ や 2 を ふ S ぬけち 5S つ *v々 わ w や かへ へ&. こも wt-^-^s- 5C < A,,,, 

道行く 人も步 るく 邪魔、 尾お 振る 犬 を 蹴散らし、 眞直に我家へ歸ゥて部厘に籠<^、 ロハ 一 人 腿 を 組みて 

われ おろ t^£y くさ おん J& L yt ん fl,,f-;?Ji.- ご あく. ごく >どり,^ま>4 

ふれば、 我ながら愚かな.<^け.c^、 性の 腐れし 女 さは 知らす、 何.にもならぬ心中^:=1てして、齷觑芝,相^、 

つ 5 へ 90 ひ. や s^iss^ を いだ さ Z 5« L r*- .a へ S き 

まん まも 釣られお る 上、 土 懐 際.^ て 投げ出され、 何處の 馬の ぎ やら, S らぬ ものに 見 替られ たる さはで 浮 

ゾ よ ぺ ai** _^ おど き やつ め ふ r つまこ: t 50 A く., <-s c ま 

草の 寄る 邊 なき 花に も實は あ, o、 をれ にも 劣. し 彼女 奴の 不實、 眞情 めかして 鬼 や 角 iK ひし に、 P 

まひ した つか き やつ め わみ るく.; ゥ S> < や, らく .zf;, ざん rti き 55 

な ゥてニ 枚の 舌 を 使 ひ、 彼女 奴 我が身 を 意氣路 なし^ 云 ふ、 口惜し けれ さ 二度の 落第、 霧お ながら;^ が 



め,, .5 &ビ ) がゾ もん K さが みに さ らくだい たれ み をき やつ め わざ は 

奴が 云 ふ 如し.^ 學問 にて は 二 さ 下ら し rJ の 身 を、 二度までの 落第 させし は 誰、 皆 彼女 奴が 業の 果て 

f i き カク , だま z^n つみ & しゃく だい を どこ かよわ をん て か、 

なみ、 惽 みても 餘. CN ある 彼女 奴 なれ <^、 誑されし は是 方の 罪、 五 尺 大の男 さして、 可 弱き 女の手に 掛, CS 

わ あやま あや 3 あや 3 あらた を われ を どこ は ふ やれ わらじ も ^6 ュん た 5 

し は、 我れ 過ちた 6 過ちぬ." 過 ゥて改 むる k 恐 ぢぬ我 も 男、 今^^ょA^破草鞋を拾てたるさ思;S、 念; ^〈よ 



き やつ め 



はら の 



だ、 を 



がな 



极女奴 を 掃 ひ 退けて、 淸淨無 の忠雄 さなるべし." 親友の 忠告に も、 るの 試驗 外して は 校に 置かれ K 



ぺ N" き や, 



ら< だ. & 



つ 



きょし、 重ね J (- 愚か. 1^<> し S よし 夜の 目 も 合さす 勉强 したらん に は、 よも 落第 はせ まじで #s よく 卒 



業 證 書 を 握らば、 一 つ は 今迄の 呆氣の 面 晴れ、 二 ゥ;^ tt 憎まれ口 利きし 彼女 奴が 橫顔、 卒業 證 書に 

くら こん: £; ち む ねん はら く 

ーゥ噙 はして、 今日の 無念 を 晴し與 れん. - 



ため 



ぶんこ 



だい 



も ど おろか みづ が けっしん t ぶん t> ぶんた し ! 

性質が 愚なら ねば、 さら < ^ど 水 k 流した る决 心、 自分に 自分 を 確かむ る爲 さて、 手文庫の 底 を 掃;: s、 大 

e か きぬ ふみ がら きれ 》i\ - やぶ まる ゝゝ、 あ く け. S ど ひお つき くわ びん f) き ど ビふ 

事 k 掛けた るか 錯の文 売 を、 四分五裂 破, CV て 丸めつ くねで 編みて 吳れし 毛糸の 跋突、 花瓶 敷 は、 10, 棚 

お < * & こ 5 やく おが だ& た ** がた ど か は M しゃしん ビ ま チイ フ さかて As 

の 奥へ 投け 込み. - 恭 しく 違; 3 棚に 立ち姿の 取ゥ替 せし. 親の 寫眞 は、 磨ぎ 澄した る洋 小刀 逆手 J^、 親 

て あ. I べつ/, \ き は を ひばち 1* . & マ タチ. ひか 5 つ た まの ま つ 

も 手 も 足 も 胴 も、 別々 k 切 4 離して 火鉢に 投げ入れ、 早附 木に 火 を 借. て 移せば、 ばっさ 立つ- に 連 

ろし. ろ ュ ま&ぶ あ あ w さまみ ひど しらけむ S- は ひ しき, セ くせ く *5 た r せ さど 

れて、 後の 襖 五分 ほ^ を 開け、 rJ の有檨 見る 人 あ 6^ は 白煙、 K さな. て は 色即是空、 忠雄 はてん さ 悟 

5. 顔な うで 

(其 五) 

さち 5 じ や 5^ の をい f> 3 よ ふか だ を か さ S ど きぬ W K ん ふる 

.kf 中將殿 も內 侍に 迷 はれす ば、 あたら 深 田の 中に 最期 は 遂げられ まじき.^ の を... か 絹 の^人が ましき 舉 



合歡花 



七 玉 



?か ¥^H§W 



& In Aisv£&l^ 



:^/ や;. r^r%^^ . V; 

-T. ギ パ, y 




f» ひ まよ たけを こゝろ つ ひら ,. や 5 がく さ ICS- わ た J-* むかし た *• を らく、 わ. S おや.!' 

0^ 迷 ひたる 忠 雄の 心 を 突き 開きて、 正 覺の悟 を 得させ たれば、 忠雄は 昔の 忠雄 さな. け-^. - 落花 1 樣 

はる L はく 5 ん せいざん お ほ み ものな も つぎ ひ がく か 5 の » ひど さ よ 

の *を 知 ゥて、 白雲 靑 山を蔽 ふ^ 見る 物 思; 3 もな く、 次の 日よ. <>學 校へ 登る 乙 さも 人よ.., ノ 先き irr 夜 は 

SJW き つく わ ほ. 6 さか お 5 ど くるま ひ あ いき ほひ もさ さ さ、 き さ *• をみ た 

雞を 聞く まで 机 を 離れす で 拔の 中途の 車 を、 めき-. (-^ 引き 上く る 勢力 凄まじく、 同級の 耳語に 漣 立て 

ff ほ, r ら 5 こ $ よろこ た !•* も こ ば をた か 

、、 忠告した. し 朋友 は 小踴. して 喜び、 されば こ を忠 雄は捨 ウベき ものに あらす. - さ 小鼻 高 やか はす 

き や 5.., 一 み、 い か ん e きょく め 5SJ の くろほ. J み »5 ひ 

るが、 教師の 耳に 入 て、 幹事 局の 名簿に 乗せられし 黑星 は、 美た さ 棒お 引かれた.. 9.- 

II けん ひ わ W けいじ e よ い た 4-* ぺんき や 5 また ひやくば ひ ひど げっ あ ひだ { るし ** ほね はっか 

試 驗の日 割揭示 場に 出で 、よ は、 忠 雄の 勉強 叉 百倍して、 人の 六 か 月の 間 苦 みて さへ ©覺 束な き 

ゎづ A をん. L ゆ か あ ひだ はら のこ いさ L けんばの ケ か のち をつ ぎ や 5 せい じゅん 

K 僅少 温習 三日の 間に 腹へ 吞み 込みて、 勇ましく 試驗の 場へ 臨みた るが、 七日 ほせ 後に 卒業生の 順次 

み f ^ た t-* lib 3 ん てん ゎづ か ひつ どうは は だ 

を 見れば、 末席に あ 6 し忠 雄が 名 は 満點に 僅か 缺 けて、 筆頭 晴れく さ 張. 出されぬ で 

f » かんむり 5T や *> はれぎ き fel- を をん おも ぶたつ きぶ い がら. J いへ ど 

今 は 怠惰 もの、 冠 脱; 3 て、 卒業の 晴衣を 着た る忠 雄、 何 € 思 ふて か、 二月 振. yJ5^ て 五十嵐の 家を訪 ひけ 

fj ゆ C ん .J やよ S る も ws- をし. * ひ か は そつぎ や 5 よろこび S きをが 

i ま 人 は 社に 用 あ. て 留守 なれ.^、 應接 過ぎし 日に 變ら す、 卒業の 喜愰 なさ W はる、 を 21 き琉 して、 

せ けん K* &し ほ Si ざ あほ さて きぬ さ ぃゥも にか 5- へや ) 

世間話 1 つ ニゥ、 よき 程に をの 坐に 合せて 扠 鍋 はさ 閱 けば、 常時の 二階なる 部屋に あ. *y さいふで すで 

e&L25L まい き f け た i5> しい 

しか 話 申 たき NJJ われば、 て もよ きゃ^ 聞く を 打ち消して、 て も 他人行儀な.. - ^何;^ も 知らぬ 五 

が らし つ 3 たか わら ど 5 たはん - こ、 ろ たる ;&, ほ * 

十 嵐の 妻が 高 笑 ひ、 速に 他人 si^o しもの をで 心 は-は 思へ さらぬ 顔色して、 

あま &ぷ さた し せ い L きゐ たか 

『餘 御 不沙法 を 致ました 所以 か、 敷居が 高くな 6 ましたで 

5^ か S あ ひ 50 stc む f$ み け i どて 1 た *• を み 

二階 は 上がれば、 をの 人 は後脊 向きに 頸 足 を 見せて、 糸 を 手に 持ちた..^ しか 忠雄^ 見る よ. <=, -、 いも 



ざ ふ どん &> ほ ひばち やみみ つき 》e へ あいそ づか さ こ ふ かせ 6 V- 

くさして 座蒲圑 お直し、 まめく さ 火鉢の 炭 を 見て、 二た 月 前の 爱想盡 し は 何處を 吹く 風 か、 以前に 

もこ かわ ふるま. & むね もの た 1- を そら, i\ きつねめ つな K ち i かほ み みほ 

少しも 變らぬ 颦髒. - 胸に 物 ある 忠 雄に は. S 々しく、 f しの 狐 奴 ざ爪彈 きして、 -1^ 絹の 顏は よくも 見す、 直 

ふ どん ひ iJ ちょ わざ S 50 ころ は ねん & ろ きぬ e ぎ む&ん 5 あたま か 

された 蒲圑 も、 火鉢 も 避けて、 ^意ビ 有らぬ 處に坐 6、 穀 にす るか 絹の 辭儀は 無言 受けて、 頭 を 方 

た さ に . & ためら ひ たもき きぬ,. i ためいき かた をつ 

法ば か.. >J ^下げ、 何 か 俄か 言 はんさして 躊躇し が、 思; 3 切 ゥ てお 絹 知らせ じ も、 溜息 を 肩よ ゥ密 S 

逃がし、 

『か 鍋さん.^ 

もん か だ こ ビ ば たか X 

何 さなく 稜立 ちし 言辭 に、 尻 K 高く- 呼べば、 

き へん i レ 5 つむ a- さ き こどば さ をが めん ほく みづ 3 ね つみい ま お 》* L 

さ氣 のな き 返辭、 俯視 たる は 先日の 言辭の 、流石に 面目なき か." 自 から 招きし 罪 今 乙 を 思; S 知. たらん.. - 

た *• を ね むり お 3 しかつめ あらた 

さ 忠雄は 笑み か、 る を 無理に 押へ、 威儀ら しく 改ま 6 て、 

いくち わたし こん 5Sj をつ sl.c.i};*' 

『意 氣路 のな. S 私 も、 此度 やつ ^卒業し ました. - 

ふビ ころ そつ ず や しょ. ft よ いだ きぬ め まひろ つつ 

懷 中よ. 卒業 證書を 出して、 額の 眼の 前へ 擴げて 突き 附 けて、 

『ようつ く、 御覧なさい ましで 

み み 《 'つむ し . きぬ あ, 1& か もの S とわ 

見し か 見ぬ か、 俯向き れば 知れね <^、 か 頼 ハ 穴の 中よ. 物言 ふ,^ さき 聲 して、 

けっか 5 上ろ こび ま 5 し , 

『結搆 で.^ いました で .f^ 喜悅 ゆ ます.. - 



合 i 歡壓 花! - ! aj i 七 八 

た 1- を め. つ わら は を さき うけ 

忠雄は 妙に 笑 ひながら、 鼻の 端 i:i ふん^ 受て、 

けっか 5 めが Q ちが き きく 

『あんま. 結搆 でも r^^s ますまい、 お 鑑定 逢 ひ、 4- 氣の 毒で /^さいます、 

さ き *j ど か よろこ よろ. J たの かた あか かつらぎ ねたみ せ を か あほ も か 

前の 如き 中 なれば、 喜び も 着 ばれ もして、 樂 しく 語 6 明すべき i^、 葛 城の 妬に 卷中 合せの 間^な みて 

たが k.^ こゝ き にべ こどち わが ふね た 

は、 互; 3 の言辭 tt 此處に 切れて、 膠せ し 琴柱に 和合の 昔 立た す. - 

きね か 5 わ あ た 5> を づ さ き へ, C ば 5 い ばか 

.J^^ の 顏を得 上け ぬに、 忠雄 はさ を さ 額き、 SIS 則の 返载は 今る を ざ 云 はん 針 ゥ、 

f5 び そつ; 3 や 5 & らん ビほ せん e つ こどば ど ほ めんば け ふ 

ノ 『首尾よく 卒業. S たしました は 銜覽の 通, 9、 を? • で 先日のお 言 辭の通 <>、 乙れ を 面 晴れ k 今日から 

た にん い づ たや や.' 36i ff 30 け S- つば 1* に ま 5 

他人に な 6 ませう で 何れ 親父に も申閎 けて、 約束の 取 4 消し は 立派 いたします で rJ れで 何も 申 

i6 をが ゐ e や S 

す 乙 さは あ もませんで 用 のな いさ rJK:;^ 長居 はか 邪魔 …… ^ 

し 3- め かた i あはて ゝ 

さ 尻 眼に 掛けて 起た うさ すれば ^pttl 

『少し 43j 待ち …… か 待ち 下さ いまし、 申 上げる 乙さが …… で 

&>kl た にん あ をた い ) 

『何も 他人の 貴女 言 はれる rj€ はわ. ませんで 

つれ を こビば もこ 

無情き 言葉に 少し かるく して、 

はら だお & もつ ども わ. & き いたい 

『か 立腹 は 御 道理 …… で^^いますで が、 お 謝び も 致た し、 また …… 閬 ひて 頂きたい 乙^も …… で 

b ibi も 5 て かげ そつ や 5 ねんの は 

『か 謝び に は 及びません、 最早 をの 手 は …… 、 か 蔭 さまで 卒業 を ニ年延 しました わ 

つるぎ K わた あや こどば i はらわた た ) た を ど け しき て * きぬ^ j* ひざ 

の を 渡る 危 ふき 言葉、 ^娟は 腐 を斷 たれた. <y で 忠 雄の 留まるべき 氣 色なければ、 か 耦は堪 ら卞膝 



を \ k ft たに * たも ヒ て か 

を、 にらせ て、 起ちた る忠 雄の ft に 手 を 掛け 

『これに は譯 の.^ さいます ::: こ.. J で、 鯽; 3 …… まビ、 鯽 ひます から、 ^i: か し ばし 

て ::•• で 

『s ゝぇ、 坐ゥ ますまい、 是れ から 立派な 聱 をお 持ちな さるお S ^が、 わ な^き の^めに、 さん:^ 戰 

でも 立ちまして は、 ^う も濟 みませんで 

飽 まで 木に 鼻を附 けし 言葉、 寄る 邊 なければ 蹴して :5J、 ^【ま はき .0 たる 抛 yfiilw 

3^*- ケ あ W ちょつ ど した は くさ 

『何卒 哀れ さ …… 、 でも 下に …… か 坐. 下さ S まし.. - 

. ^坐り 下さい ましに 力を入れて 曳け <^、 免 か 蛇 か、 缺を 握んで 曳き层 しながら、 

,f る さ, n 

『懊惱 さいます、 か 離しな さいで 

SSJ< 'ケ しゃ AT ねが 

『何卒 …… 1 生の か 願 ひ^ 

うるさ 

『いけません、 懊懼 い, 

P ^ ォ あし s^^^ てさきみ か ぬ く, r- つ A a-ST 

無理に 袂を :!:> き 離して 一 S 足で 猶謹 はる 手先 を、 身お 替は せて 摩ゥ拔 けられて、 空 魔 を 抓 ひか 鍋、 

『如何しても …… で 

5 ら み あぐ 

i 怨めしげ に 見 上 ぐれば、 

u をん な忠 雄で は あ 々ません^ 

合 歡 花 七 九 



合歡 -花 , 八 

ゥめ わらた まか ふ. け. L & みだめ たま S. の *v ゑ ^ . ^か 5! - > C 

すたげ に 笑 ふに 堪ゥ 兼ねて、 がぼさ^25ゃ芥子の花、 涙 眼に 溜り 果せで、 野末 を 吹く 秋 厘に 徵 6 敷く 

-f :6 CSS み ? み こ、 ろづょ ほせ た 5 しろ か M ふ も 3 か 一. ひた ^^fi/^ k お; f 

^ii く、 曇る &p に 《 氣な がら れば、 心強き も 程.^ を、 忠 雄の 後 姿 a 襖の 彼方に 霧隱 る、 に、 思 

こ ゑ た 

はす 聲を 立て、 

『慈母 さま、 忠 雄さん が …… で 

おぎ 1、 i は 術 を |m ふやら 、- is て、 爨-- て、 低うて 閬 乙え すで 

. -5» I ど つ げ S, き れ かへ もんき ば をし お f , > 

ぶ^ を 影に 聞 ひて、 忠雄は 度胸 を 突き、 何氣 なき 顔して 奇麗に 歸 6、 緣切々 話 は 後の 乙 S ゝ 居; 3 しに、 

?' J, : を y つ &ふぁ あしばや wfllu お いまいち だ,^ * は . » 

がか g の, 母に 来られて は、 何 かの 都合 惡 しきで ^足早 階 子 を 下りて、 今一 段に て 終らん S する もき 

i:»^J&i^s.g->、 ^は|^^も聲聞きて、か錯の母の來た6しょ.^ さ 手早く せ さ り し 乙 さの 口惜しく、 

ひ 仏お I ま^し g しも、 お. に^ i がした は、 4- 観の « にあら で、 思 ひき や 我が 母な 6.^ 出る 時まで 家 

> ,」 , - せ 5 こ、 ftAJ ろ ふいだ あし ど ほ、 はや こ ゑ か 

に^^せし*の、 如何して 此處 は^ 驚かされ、 踏み出さん 足の 留まれば、 母 は 早く も聲を 掛け 

『がぎ、 少し 待って か 吳れで 云 ふ 乙さが …… で 

^ は、 .r..:- ろ また ひ ど& ほ、. J 

さ 云へば、 母の 後に 叉 一 人、 乙れ か 絹の 母な 4 で 

『まぎさん. T^Ja ひです、 少々. 待ちな すりて、 . ^うか …… 

rf:<,i う v4 くの ii?l、 ^矿 に は t か^ゃら、 S しも 酽 せす、 は1€か鎖の母の1.^晩み3^5めて茫然€立て 

は、 . かさ 

ば、 母 は 重ねて 



も いっぺん K か S い ||||!|||||| 

『忠 雄、 最ぅ 一 遍ゃ 一. 一階まで.; - 出で. - 

不 厭な 二階、 二度 さ 踏む 氣 はなし? をれ にか gttsi めて^ て^らんに、 をの is^ られて は S よく^^ 

惡 しさ、 

わたくし si さき 

『私 は 急. きます から、 や 先へ..^ 

『なんだ ね、 噓 ,どか 言; 3 なさい、 か 鍋さん を 如何す る 心算な の ,たえで 

こど » や し ひどこ ど <タ を AJ い は * さ a- t 2 .> r- £ 

事 ttsl. くも 知られた らしき 乙の 1 言に 挫かれて 何^も 言へ すで 母 は 先に 立ちて 忠 雄の iii. を 取れば、 お 

き^ は、 あビ かた お を. や & くわ 5 ぶき ふ ^5 ひも -3 ^ » 

鍋の 母 は 後よう 肩 を 押す に、 親の 威光の 搌 切れ もなら す、 不承 不性 に^き 上げられて、 か i が& きが 

,,M ぶ め ?- わく わ 

す 傍に、 迷惑ながら 坐ら せられた, 

母 は. r 力 鍋の 眷を 擦で、、 . 

きぬ かん はん くだ ひ .S た いな ; 

『-; -娟 さん 堪 して 下さい まし、 酷い こもで ふ" 致しました か •:•: ゑ ::: 致し ま, y ん、 左檨 です かち 

か あい かんにん { だ 

まわ や fS? 愛さう に、 堪忍して 下さ いまし よで 

もぐさ た を かお む か 

^慰めて 忠 雄の 方 を 向き 替え、 

3 へ をせ こど 

『か 前 何故 こんな 事 をなさい ますで , 

こせ も f> 5 ft!-* また,., さも 

小 供 を 叱 かる やうに 云へば、 忠雄も 亦 子供ら しくな A.- て、 

『何にも 致しませんで 

合 歡 . 花 八 ki- 



合 —欺 花 II 八 二 I 

『致ぬ rJ ^がわ ゥ 15 すか、 7- んぁ. >に 泣て 居らつ しゃる ではない か^ 

『をれ はか 絹さん が惡 いのです も 

いま あやま あ さ $ ft も 

『まだ ム、 んな こさ を.. - 今に 謝罪ら して 上げる から 左 檨か思 ひち 

た *- を ふ へ. S さう は、 にら と、 ろ き KJ ど,: i あら 

忠 雄は不 1^ 相に 母お 晩め た. しが、 き ウ^ 心に 極める 乙 さわる や、 言葉 を 改めて、 

たつ <i i きか K き 5 せん じつ やく をく は „,」 .& た , - 

『怒き さん、 さんの 氣 は替. ましたで 何卒 か 先日の 約 東 は、 反古に 致した うなさい ますで 

S こ X;,* き ,T ち&、 

さ 云 ふ 言 K の 切れぬ 中姆 は、 

『馬 能な 乙 ざ を か 言; 3 でない^ 

ちょつ どた に を かほ はらまね ► 

さ 1 寸忠 雄の 顏を 睨む 臭 似して、 

『か 前 今度の 卒業ぬ、 誰の か 蔭で なさい ました^ 

知れた 乙 さを^ 思へば、 忠雄は 想考も なく、 . 

『をれ は …… 意氣路 なしながら で 

きぬ かた ,■& め か k 

さ- 絹の 方 を 尻 眼に 掛けて 

わたし おから 

『私のカでな^^;ぃますち 

S お. \ がく こ 5 ば $ まへ おから さから Si げ くだ か rc* 

『をれ は間逯 ひだよ、 學 校の 方 はか 前の 力 だら うが、 をの カを激 まして 下す ゥた方 か あ, ります- 

み、 あた は、 こどば わ おから わ もつ ぎ や S 1* ん ふし ぎ , 

耳 新ら しき 母の 言葉、 我が 力に 我が 卒業した が、 何の 不思議で 



『變な こ s を •::• 如何い ふ譯. たか 伺 ひませ う." - 

さ膽を 張って 掛れ ば、 . 

H か ぬ^て 云 はん では 置きません.^ 

は、 やみぎ やわ &か を, ばれろ 

母 は 柳の 柔らかき 中に、 折れぬ 處ぁ 6.- 

き ふ 、„ くら い き た, -* 1& ま は /- せ *^ ほ きぬい ろ/ \- き つか はて < f 

問 ひて 見れば、 , 何程 .云 ふても 間かぬ 忠 雄が 怠惰 癖 を 正 さん^て、 か 絹 種々 《氣 を 疲らせし 果か、 苦肉の 

ど fes S か は、 さ f だん た? 'を .《 や. & け ふ こど i な e- 11 上 i-li ん たち . ^ら 

針!^ を 思; 3 浮べ、 母に も 相談し 忠 雄の 親に も 云 ふて、 今日の やうなる 事に ならば、 兩人證 人 立て K 

5 つ ど s. わ いろ た, 、を s つた ^ わざ あ た を の、 》1 はづ 

ひ、 移ろ はぬ 常 盤の 色,^、 忠雄^^訴ぇれば濟まんさて、 態 も 飽きし やうに 忠雄を 罵. y 耻 かしめ しな. 

S 3^ こゝろ きぬ か あゆ ばか が f もん も た を : け S£? や/、 づ な た 1- お & ^ 

元よ 6 がの 心 はなく か, 可愛し さ W ゥ、 學問を 捨てし 忠雄 なれば、 W 奪 をの M,.," 當- 'て、 忠雄か 意馬の 

ご づ, * もど も i- ひ こん さ た t-* は、 こど あ たな 

手綱の 維 は 元へ 戾ウ、 肯尾 よく 今度の 卒業. - 忠 雄の 母 は 直に も 乙の 事 を 明かさん させし が、 同 t く は.; - 

? a もら せき < 'だ あち. sets のち ちぎ 《- む も め かた くち .& だ 

^^並べた 席;^ 打ち出した らば、 咏も 1 層に て 後の 契の 結び目、 いよ./ \. 面 からん^ 口へ 出さす で さる 

け ふ た J 'を いがら L ゆ さきの-ひかへ き v,s た t 'を んる まひ ム. *- ま かげ 

k 今日 忠 雄が、 をれ さなく 五十嵐が. <:> 行く さ S ふ i^、 先日 歸ゥ て來 た. し 時の 忠 雄の 振舞 を、 澳の 影に 

み fj でか ひ ち Si あどつ こ、 らいく わ S わけ きぬ は、 

て 見 たれば、 何事 か 仕出 來 させて はなら す、 ^引き 違えて 跡を附 け、 此處 に來會 せし 譯. - さか 絹の 母 やし 

ど six さら: &づ わかげ たん 9 よ f- ほ かへ 

互, 代 に說 かれて、 今更 耻 かしき 若氣の 短慮に 萎れ 還りぬ. - 

またみ きな L やちね し した 3 へ ひどき Kia き ぼや f やしん やぶ こ ビ < や 一 

有る まヒ きか^の 心性 を 知. て は、 慕 はし さは 前に 1 際增 して、 氣 早く 寫眞 な.^ 破 ゥ し 事の 口惜しく、 1 

b れい、 ふたり を か のち 1 またのち よ かほ しゃ ft め て ふ * て ふ てう a 

1 言 もな く 謝び る やら、 醴言 ふやら して、 二人が 中 tt 後の世 も 1^ 後の世 も、 替らぬ 證據を 女 蝶 男 蝶の 跳 j 




を どこ だま t ひ 

⑩俠 魂. 

(其 一 ) 

め / • k さか-ゆ こ ひ こく》1ゃ2'1^ヰ6づ かばやき のケ はた こ、 ろ さかばた ひ 

酒 召し ませ, か 肴に は 鯉の 濃 汁 鯰の 蒲燒、 か 望み さあら ば 畑の もの も U 心 を S 旗.^ ぐらつかせて、 

P ん& まつら が は & 7) みづ ゆか あし さほ きょ くさや ざ f 一き ま ま a にお つ ほ 

豐後は isA 浦 川の 岸、 水 床 足.^ 騷ぐ ^rJM:. に、 浮 低めき たる 草の 家. 座敷. は 一 Sil 一間 なれ,^、 掃き 庭 三 lit 

C > ^ , ^^..^t ^ ざ や こ ゆ S- ; めれ かば げ みさ 5- や ど ろ 5 ほ こ くび かたむ ふ 

はか. 取うて、 飛石の 置き 樣都 振た る は 梅 若葉 繫る 綠屋 S て、 石燈 籠もの 欲しけ に 小首 傾けても、 吹き 

ど ほ かせ るた ひ ど C まん みせ < だか 

通す 風の 價は らぬを 自慢の 店 S 名高し D 

ひ せん け & や. T-fJ ゆ をべ f> ませつつ のかみ タの たん. i.- さ し こばやしき へ SS めん^ よこ びん ビし 

肥 前 蓮 池の 城 生、 鍋 島 攝津守 殿の 御內 に、 さる も の あ 6 さ 知られぬ 小 林 喜 兵衞、 面 れの潢 愛よ. 年 

( p. s ふ, ん べつ ざ か w わか .5- まひ x-a- きへ ゑ ね, * せ 5f 一ん i/\ つい. L や., わち ひ 

の 波 は剝け 込めて、 分別 盛の 四十に は 一 つ 二つ 若く." 今 一 人 は 喜 兵 衞€ 罔 卜 小身 もの、 折々 の 追 從 笑 

こ、 ろ もべ みへ を さも SJL み, IJS- さか がふ お ほ はん ざ, r さむら ひ 

心の底の 見 透; S て 卑賤し く、 年 も 同じ やう 三十の^ 七 合 ほ $J まで、 大 越年 蘸.^ いふ 武士な, 00』 

つ. ゆ _ ゆけ びか さよ つ 《- ざ を かた ふた 《- み や S て ゆ 

入檢 開のお. 日 を 笠に 避けて、 釣竿,^ 眉に 兩人 ゆら 6 さ 綠屋に 入. o、 亭主よ きもの tt あるか^い へ 



L み も ね もの W- たり 

子に 見せて、 濟んだ 乙で JiT をれ く 寐 物語。 fl 



ば、 片櫸の を 前垂れ k 拭きながら 飛んで 出で、 一 昨日からの i^iki き、 ^酽 i の雙 J も. ^ みたれば、 

^だい >> も r > はふ ま きの ふ だ 3 けさ きつ ど むし L f きく さ ねま 

釣は大 の.;^ 好き、 今日 あた ゥは^ 待ちて、 昨日 は 誑され、 今朝 は 必然 さ 虫の知らせに、 浮 草 まぶれ の 4^ 

g、 / - , > か ぷ ) きくが はめ、". L ゆ くちき ほ,.. て 5 じ まん こ ひみ ね fe9 

鯉、 殺し もせ 卞、 活 して 置きた. <r> で 菊 川 銘酒の ロ切ゥ に、 庖丁 自慢の 鯉の さし 身、 乙れ にても 落す ば 落 

^ハ 力 ft; た 3 S れい ざ f3 き ひど fjfc- ぺ ひ わら ぁき^5>ひじゃ5ク きへ た 

る ,ヒ 取. 替 へて 來^ へで 何 はさて、 先づ 例の か 座敷へ さ、 獨 6 噪. 獨 笑 ふ 商業 上手、 喜 兵 衞堪、 らぬ 

ひたへ を ほん ざ ^ & か あ 《■ 

さ 額 を 擦 でれ は、 半 fsffl 喉 を 鳴らして 驅け 上, CS ぬ. - 

/て.' ね ほ あ ぐら S- た さけ 3 わ はや さ おさ つ ほせり fl た <s ぶた ベお 

頭の 壓し人 はなき, K.^ 座, S に 落ちぬ 酒 は 廻ゥ 早くて、 差しつ 押えつ、 酌ぐ 程 k 飮 むほ^に、 下臉 に.^ 

t ゾ > . - ポめ パふ k か 力 おびる した & こどば よろめ お ほ& しはん ざ 5 を K かん もつ ども 

隈,^ つて 上目 遣; sffi たく、 乾く 唇 舌 舐め 摩らして、 言葉まで 蹣跚く 大越半 藏., 」 何 を 感じて か、 乍理ら 

ノ , ゝ こヽばタ;-1^^ くだ . - わが 4-,^ ケ」 お ほ た ら. T ざ ゑ もんた ら V. ざ る もん ほ わがせ んケ だい £5 

しく 》鹿 して 小 林 K て 下され、 我 先 組 は 大越太 郞左衛 門、 ± 郞左衞 門 は 則ち 我 先祖な. * 强の もの 

こくち 5 タ, よみ わた おほさ か e ^!-んゃ あ! a みぎ あわ £ ま 5 こ 5 つかまつ ち、. W て わき ビ £( 

^て國 中に 動 搖渡り 、 大拔 御陣矢 合せの 砌. o、 似合し き 御 奉 <ム 仕 6 た. ビて、 父 • 刀の^ まで、 千 石の 

' />- ゆ: rfcl- ヽ * V たて わき か _ せ こ、 お よびや-' ひ だ で や M. め $っ< わがや .i, だ >,き 

祿せ问を5;>戴したる家辆^^5>るか、 帶刀 風邪の 心地よ ゥ餘病 を 曳き出 て、 定命盡 る さき か、 我家の 廢る秋 

> K.O.S し た か ぁビ さ, r ゐ われ くだ おか b れ ど, Toyt-t-L 

力 乙 K?-^ 墓石 さ 姿を變 へられ、 後嗣 は 相違な く 我に 下し 置れ たれき も、 我柬西 知らぬ 赤 a な 6 しかば、 

& |ょ5 つど がな せん VJ く めあき ねんち かけ ふ あかな t^Jjs 7 づ ふちぶ やく ひ 5-1 

御用勸め難しさ千石は召し上げ切.<.^.- 四十 年に 近き 今日まで、 赤兒^ 同し € きの 僅かの 扶持、 武役 人 

h ブ A; つ ふ 2 ゥ いへ がら つきお ひ K を こ かたみ 5 つく びんば う い つ な ひか き 

並に 仕らね はなら す、 家柄 て 交際 は 張る、 少しの 遺物 は賣 <>盡 しても 貧窮 は 何時までも 追 S け來 て、 

^.^..^.^ 、ちから , .^f ぶれ k ひど W み は < めしつか あ, * かて きづか こ、 ろよ けむ s> あ わ 

妻賓ふ 力なき まで k 零落、 孤獨身 k 1 僕 召 仕 ふて、 明日の 食糧 を氣配 ひ、 快く 炊烟も 上げ 得ぬ さは、 よ 

1 な ほ L 5,2 が は t つく わ. S ひ およく さけの ほ ひどで ま どくしゃく 

く-/ \.惡 き 星の 生れ 替. CS4^ るなる べしで 芑 述懐して 冷へ たる 猪口の s を飮み 千 し、 人手,^ 待た す 獨 酌に 



俠 魂 II 

滿 みく. - 

f、 <.、^Trn^-rfr?、 乙の im きへ IO、 Ir^^^i. F す 御城 中 s えて、 

わさく^; s;^ げられ、 鶴ぎ、 Kl^^ の S ぎ&^ 癒-. 4.- すまし、 二百 S の祿を 頂く は、 我等 さは 雲泥の 相 

l!t て、 鎖 I ムは Irsi の辦纩 しゃ.^ I, 叱 ppim ざ 5^ 鲈れ き、 I" 船の^ まま^ぎ 酽 らば、 編 笠 一 蓋の S 

レ >: ,p ち を ^ か < か さむら ひ ほ i ゑ み ちが a fts^trL ゆ ^T^^fi 

の、 w を^って、 .鲈 惜し さは^げ 隠れし 加賀の 士、 掘 伊 右衞門 さは 見 逢 ゑ もす ま 卜ち 當時 出頭、 並 ひ 

, ^きに 肩^て、 組^の 射^ k て酽 S の^ W を srd^p^ し、 ^る まゝの 棒杭、 橫 の舉. ^は、 弓矢 

く ,.' ふ,、 さん. めく ビ 5 どけ は- よ も,^ おゆ D 

^^rafpii ii 福 善 惡を說 く 俊 は、 わさな へる 繩を 稳ウ展 したる さ覺 し.^ 

化 たる か、 編" の r& のぎ ど、 i の 1 & さしぎ る こ 4sk、 ik ん rrf して、 ひ 日の 照 

.^spf. i の i るぎ を mi ひ f て、 三 カ日& りて ttsi られぬ 境界、^ 無事 を む 菰被ゥ 一 A 

Erf iis してお しがず i こおの f て、 If f m-^f t あ 

!,、 \ に n> やま 5 らみな >i こゝろ .s *5 ダる? き 

さして にぎらせ、 Ir も^は ある 世に、 四 邊關係 はぬ 怨 *?、 心 あらば せぬ もの.. き 云 ふ 喜 兵 衞が忠 

まひた る もの ゝ銜 にて 酽き ゲれ す、 半 i 外の 方 を 顧き 替 へて、 なん € 其處な M 奴、 今 言 ふた 我が 

if g たる か.^ つ にど 簡へ ば、 0Ktf. A 旦 5 手の 內 I ふで 半蘸 大口 £ 

て、 からくも lb、 ずの:^ is る さは tw はす、 酽酽!^ さき. c4 くれば 手拭 被り 直して、 小股 走 .0 は 逃 

げて 行きぬ. - 1 



t の <- へ ほん ざ よ a かい as て か、 せっかく たの きた ^k^v じ みづ もが ゆ fJ 人 かね »^ 

此丄半 藏ぉ醉 して は、 介抱に 手の 掛.. 'て、 折角 樂 しみて 來 6 し 川 狩の 1 事 は、 水に 流れ 行かん^ 堪 兼て、 

きへ, Ji Ks- ざ 5 せた よふ ほ た!?' あし 6 ど どり た われ L fe く た ♦ 一 

喜兵衞 半藏. 急き 立ウれ は、 醉 たれ.^ 本性 違 はす、 いさ さ 足元よ-^ 鳥の 立つ 如く、 我の み 仕度して 立ち 一 

あが われ ふね は. 5 いも かん llf や i.- rM0 ; a んざ -.5 し きゐ ま た こ 1 

上り、 我 は 舟の 方 を.^ 云 ひ 捨て、 勘定の 聲 聞かぬ うちに、 半藏は 敷居 を 跨き 越えた ゥも 一 

ほう きば こん. tjf ^tt ひ きへ ゑな あほ ひど か は .-ti た あゆ ゆ ゥ ねみ &>| ; 

榛の木 齒の 金. S を、 し^ K: の 足元 は曳 きす 6、 喜兵衞 .Ji- 待ち 合せす 獨ゥ 川端,^ ゆみて 行けば、 常 見^れ 一 

a や &た >^ か ひどね t せんせ, r- め かわ み ふね こや もの ft ど あや 一 

たる 舟 小屋に 來 6 け で 中に^ も 人 音す るに、 船頭 奴 かさ 川 を 見れば 舟 はなし、 屋の 物音 は怪ー 

よ £ 、ろ V; がた よ けい せわ この み はん ざ 5 まへ に わ <ゥ だち っゝ .K こや 一 

し." ,ヒ 醉; 3 心 留め 難く、 餘? S な ffia ながら 好 ひでして 見たくて、 半藏 をの 前に 仁王 立に 突立ち、 小屋に 一 

を や いやつ たか のゝ t t- る 5 ゑ ばら 5 た rifeJJ あ る しばし あきな や か をし 一 

居る a 何奴 ど t さ 高 聲に環 "れ ば戰ぇ is して、 腹の 痛 激しくて 步 行く 乙 さもなら す、 暫時 明 小屋 を 借ゥ中 一 

たる 乞食 さ いふで . . 一 

r にん? た y,f^ ひ 00 のケ み もこ 5 つぶ い か ふ<?ゥ てい はっと ひ 50 わ, k ; 

半 藏 垂れ 一-孤の 間隙よ. ゥ觏 きて 見れば、 其處に 俯伏して、 如何にも 腹痛の 態な. y.- 莞爾^ 獨ぅ 笑みして、 二 

こ こも! it.- そ お を S- い む しん さむらい たり &ん め 5 が .L &く .0、 ろ わ む: 

是れ菰 被ゥ ゆの、 其 力に 折 入っての 無心 あ 6、 武士が 籁 むさい ふ 一 言、 冥加 至極 さ 心得て、 Mi^l^ 

き もら ほ^" われさき ころくに さ だ わきざし あらみ もどね & あ; 9 こ、 ろ. 

も 問 ひて 實 はねば ならす. - 外で も^し、 我 先つ 頃 國貞の 脇差 まだ 荒 身なる を 求め 得た れ^、 切れ 1^ は 試 - 

さい は い ふ 3 しきた も さ めい われ もら S こ、 ろ た 4- S おめい <a なし 

みたる こビ なしで 幸 ひ 今日 も 差" ¥り たれば、 其方の 1 命 を 我 貰 ひ 受けて、 生 胴 試みた しも 但し 1 命 

5 むく ひ ねんな わ は た. 上 ま-うむ せんち L& はち もんよ S? つば せ &ひ あるじ *^ ぬか 一 

請け^:^る^^酬には、 懇 我が 巷提所 葬り、 善 智識に 經文讀 ませて、 立派に 石碑の 主 もすべく, 七日 i 

の 吊; 3 を 他人 さは 思 はす、 浮ばれる やうに して 取らすべし." 何ん さ 不用の 命、 惜 ます 我に ぬかさ 一 

i こ & かぶ か <1ら もた あかじみ s だ かほ 5 ら ま こっき KA^^ ft^ か- 

云へば、 菰被ゥ むくく^ 跟 を 擡げて、 垢染 斑ら の 顔に、 怨めし さうな 眼 付して 半藏を 睨め、 思 ひの 外 一 



侠 



魂 



八 
八 



& Lit め. S わくし &く ほ a" お ぶげ さま たの f ま を t のみ あ W むし のち 

の 御所 望、 さ は 迷 至極な 外ならぬ 御 武家 樣 のか 赖み、 應 £ 申た けれ^、 条 蟻の 虫 けら さへ, 命 

5 よ をら ひ しゃく * どこ びき はち を ひど もで した め ❖ つゆ いのち つ を 

惜しき は 乙の 世の 習慣、 1^ まて これ は 五 尺の 男 一疋、 恥お 捨て、 人の 袖の 下の 惠 みに 露の命 を繼ぐ は、 

. ^では はか ^ょ5 はに いや t» ばか ひどへ ゆるし ひたへぃく^^ひ 

惜しからで は. お求ま 卜き 乙 さ、 外の 御用 なれば 何な 笆可厭 は 申 まじ、 nJ れ; S.O は 偏にお 免 を、 さ 額 幾度 

つち を 

か 土 を摩ク ぬ. - 

もさけ み ^9ん f- はん ざ 5 な ふら 5 ゐ がんく わつ びら だま こじき さて そち みれん こ、 ろ わ 

情 は 微塵 も 知らぬ 半 磯、 嚷朧 たる 醉眼 豁然 つ 開 ひて、 默れ 乞食、 W も 其方 は 未練なる 心 かな.. - 我が 

い f き JJK ぎ は るんだ 5 を どこ びき .L やく からだ いか W ゥば にんげん 

言 ふ 道理 を特 £閱 ひて、 死 際の 導 £ せ よかし. - 男! 疋、 五 尺の 身體、 如何にも 立 1^ の 人間な, で いや 

ひど i . あ かづら fwK ん か SJ さ はぢ おも y ぎく のこ め. J ほんかけ 

しく も 人 S 生れて、 ある 乙 さか、 垢 面 を 諸人の 門前に 晒ら して W さ 思 はす、 1 握. の 喰 ひ殘し 飯、 半 片 

び ぜん た >c くび かる, 5>- さ ふ 55 さ 5 せ ッ からだ 》• か こも まい ほ だ かざ ひど を わざ 

の凝錢 に、 大事の 首 を輕々 で」 下け、 風雨 霜雪 k 體を 住せて、 菰 一 枚, に "肌お 飾る は、 人の 爲 すべき 業 くれ 

レ ぬひ. J > .S ゑ , たど L や 5 が S み つば KL がた あ ひさ 5 つ S 

か、 犬 猫 さへ 家 は あるに、 それに も 劣りた る 生界、 見ても 唾の 走る 姿に、 よく 愛想の 盡 きぬこ さよで 呼 

き 2. お , f せめ i ゆ., めい しらつゆ あした 3 き きがら い か 

吸 ある 中 はもれ もよ し、 ^辱.^ 思 はぬ ば 通ね *J、 蜉 1 命、 白露の 朝 も 待た で, 消え ま 13 體を. i 何に ゥヒ 

み ろ 55< 'た ふ から も はし め た ** つか の へ よこた やまい 5T きば ケ 5 ふ { ^めよ 

見れば、路頭に磧れて鳥の嘴に眼の玉を突れ、野末^^^橫はらば山犬の牙に臓腑を%はれん.- 夢の 乙の 世の 

わかれ をし し& はタ のこ おろ も わ のケ -tfe が ^き ら ほぢ 

別離 を 惜ん で、 死後まで. il-ffi 辱 を 殘すは 愚かなら 卞 やで され.^ 若し 我が 望みに 從ふ將 は、 をれ 等の 恥辱 

かく さら た-み 5 へ め ねむ お を ねん. U ど むら 5 がき だ, f つち まよ ぶつく わ <J くらく 

は 隱 して B さす 8璺 の 上に 眼お 眠 6 しで」 同ト く、 懇 K- の 吊: S を 受けて 餓鬼道の 辻に 迷 はす.、 佛架 を極樂 

わ si を ミて,^, み だ ほん ケん もく せん をが ゆめ さ ひち © あ s> 

得て 邋の臺 に 座り、 彌陀の 本尊 を 目前に 拜ひ べし、 rJ れ にて. まだ 夢の 醒めぬ かで さ e 人め かして 有 

♦ ^, - ► こも ゆぶ > ゾ. つむ ひ *5<ん S あせ 5 か S.V む& 4 はん ざ 5- あ L ぺ., し ^ 

けに 説け は、 P 被 6 は 俯向て 何 クヒも 言 はす、 焦慮. て 如何にく W 錢 3 け < ^無言な. 半藏 足拍子 鳴ら 



1 口 J 


む 


て 


n ビ 


M レぉ 


、Nfl は 


さ 


i ホも 
a; 又ん 


拍ァク 
m 


mm 


《 


し 




し 








見み 





9 


せ 






A 


/ 

\ 


ら 


て 


し 


t 


大 (たま 


れ 


144 い 




て 


か 

衫 5 
、ら 


え 
ず 


b 






で 


虽ぃ 
茶ら 






徵 


ば 3 


V. 


nan 

吸& 

t、、 L 

\ 




な 


の 




起ね 


置? 


ま 


あ 




の 


先 a 


し 


小 こ 




ぺ、 
へ 


世よ 


A め 
Wu> 


さ 


ベ 


•f 

ち 




K 


息 は 
與を 


刻き 


ft ひ 
ノ、 ど 


ら 


屋ゃ 


の 


し 


迷よ 


確 L 


上 § 


き 






閬き 


の 


の 


は 


( 


に 






ひ 
si 


) > 4b 










a 


ポ 


乞 こ 




\ 


は 




お 


さ 




翻 


の 





て 








St* 

c. 




で 


14- 
は 




-し 


膝? 


+ぉ 

や 3 


/ ヒ 


避よ 


踏 A 






T 


ねゝ 


、紫 3 

あ 




待 へ 


上 あ 


に 


へ 


越 t 


さ 


け 


み 


謂 




し 


す 


/ 
\ 


や 


て 其 


げ 


兩^ 

手 も 


曳 1 


半? 


C. 






金 1: 




ぽ 
は 


る 


A 





二 


申 1 


す 


殲? 


in 


通 S 


暂ざ 
貝ね 








U あ 

Jl 


K 


は ^ 


ベ も 


/^き 






ふ、 


す 


身み 


の 




な こ 
乙 




V 


V 

よ 


何き 


L 


行 ゆ 






は 


翻 




ね C 
良さ 




て 


t 

\ 


ど 






さ 


■m 


眞ぇ 




1 こ 




A/ & 

<i 






暇ら 


待 3 


m 


―' 


て 






お 5 

《 


大 5 


緊 S 






ハ 


腰ミ 


なま 
乙 & 


て 


時し 


ぎ 






A む 


事 e 




手 か 






月 さ 


の 


t. ひ 

r 


力、 


歡 


何え。 


お 


士 ひら 




の 






ず 


のつ 


曰せ 

扇ん 


AX. 

て 




た 


に 


一な 


し 


な 


mi 




し 




ft 


曰? 


マ *• 

子 


よ 


胴? 


せ 


中 1 







ら 


る 


れ 


め 




幾つ 
まき 


光 も 


r 






躯 




後き 


ぬ 




ば 


て 




ぬ 


1こ$ 


拔 




足 t 


へ 




覺 t 
期 こ' 


へ 


» &乂' 
お 








力 > 


や 


さ, 


少ほ 

ヰん 






許? 


退 ひ 


* 2:、 ち 


を 








力 > 


山 い 

ぬ だ 


* ざ 
灘 5 


の 




さ 


せ 


< 




の 




枚 ま 






れ 


し 


は 


別お 


云い 


ぬ 




は 


& 


命 S 


先 さ 


金ず】 




聲 1 


て 




嘲 i 


れ 


ふ 




さ 


嫌き 


きむ 

ハ、、 


fi» せ' 


刻き 


の 




r 




げ 


笑ま 


際 1 


趨 


め 


叫き 


ひ 


分え 


し 




鉢き 

m 




掛か 


餘'! 






度し 


れ 


ベ 


な 


別 さ き 


h 




け 


熱? 




て 


上え 




ば 


ば 


h 


な 


故 t 




に 




る 


肌 g 






は 


ゆ o 


是せ 
非 ひ 






る 


な 


辭ば 


貧 L だ 




途ど 


に 


附 


小 こ 


極? 


し 


mi 


iz 


馬ば 


b 




れ 




滅 
應, 

答き 

免 

て 

垂た 
れ 
Mi 
t 

刎 は 
ね 
上 あ 


浸 L 


力 > 


屋ゃ 


樂 f 

へ 




ヰ: 


に 




鹿 か 




毛げ 




み 


せ 


m 


動? 


な 


恶ろ 


へ 


者 あ 


さ 


し 


k 




込 こ 


て 


の 


下 プ^ 


せ 


し 


み 


可い 


の 


る 


て 


押き 




み 


倚 


河 か 


は 


ぬ 






厭や 






詫 わ 








て 




地ち 




乞 こ 


る 


t. 


相 ま 




び 






to? 


ば 


m 




食き' 


m 




手て 


さ 


ぬ 


太き 








へ 


の 




に 


t 






で 


さ 




穴 1 




m 




不ふ 


な 




% 


な 


の 












t 




思し 


b 


遞ポ 


Ml 


る 




1 


杖 ま 




6 


h 


預か 


れ 


議ぎ 


果き 


u 






さ 


ゆ 




ぢ 




け 




や 


て 




掛か 


い、 


に 


手で 






( 




行 ゆ 




^を 


の 


け 


ま 


て 


詫 わ 


に 




く 


さ 


手 M 


< 




男き 




し 


し 




び 


下さ 






a ど 


年き 


キ、 




は を 


可 




お、 


如い 




げ 




げ 




を 




不ふ 




53! 


命;? 



俠 魂 九 〇 

— BB—O— ga_B- 1 1 一画-一 i 11= I 薦績 58— ———B—BBB— B8—^—l—H—BBBB——— ——————— 88— 

て つか いのち i V た き はや た. &ど ぶし はんき 

ら ね^、 手お 束ねて 命 は 捨て 難し. - £ 二 1/ 切れ、 早く 起て.^ か のれ 如きへ く 武士、 五 人 十人來 た-^ し 

くび わた さ たけり る わか ふち か らゥば めぬき 》* ば ゆ > ^ .^M^.<. 

£ て、 や; tt かこの 首 は 渡す まじ.. - . ^提 けたる 竹 杖 二 CN は 割れば、 緣頭錫 目 貫、 眩き までの 黄金 造... - 

さや はら め さき つ ゥ せ さみ ふみの かみ かねみ お き. t^,c ざ. S. 5 つ めい しゃく 5 ん み 4 . ,、 i T^t, 

の鞘拂 ふて 目先へ 突き 附け、 關近江 守 兼 道が、 君 万歳 さ 打た る 二つ 銘のニ 尺 七 寸^く さ 見たら は 汝か 

C <^ん く a さ だ ふ 3- み を の もがた ぶ を ら か^§ かわ こ じき - , ^ 

自慢の 國貞の 1 さ 口 見た しさ 名乘る 姿、 1 分の 間隙 もな し. - 奪 姿 rJ を變ら ぬ 乞食 なれ 大 越半藏 案に 相 

ゐ きの つかて かけ ま * ぬ- あわ け L& t.^s> さ , >• ) ^ 』p 

逸し、 氣を吞 まれて 柄へ 孚を褂 たる 儘、 拔き 合す 氣色 もな く、 尻込み^£後へく€下か.<.^、 酒の 醉も何 

こ き ひる &ろ あさが ほひ f-^ み 

處へか 消えて、 晝 頃の 朝顔 日 k 萎蘼 ぬで 

おく み $5 や かせ まな きへ も か はら づた ほる あ S さま み ねほ& し, からだ あ々 ^ \ 

後れて 綠愿の 門 を 跨き し 喜 兵衞、 河原 傳ひ 遙 かこの 有 檨ズご 見て 、大 越が 身體危 ふし さ 韋駄天 走ゥ 

かせ き お かづ つ y ざ を も お ほで ひろ しらは さき ど こ 14 んざ" s.^ ろ かこ ゆ ゆ 

風お 切って 近附 き、 錢竿 捨て、 大手 を 擴げ、 白刃の 先へ 飛び込みて 半 藏を後 背、 に圍 ひ, 我 はこの もの 2 

fs を ど ゆきち が やぶ L まつ £, さ .s-»r けた ま は にらつ . . > f ぶ さ: P .^^yf^ • > 

朋友な 6、 何事の 行 違 ひよ. 破れて rJ の 仕 末、 委細 承 .o.^ し^ 睨め 跗 くれば、 我 は 先-おは、 綠 OSN か 

よ さかみせ かき らビ を こ じき ふくつ 5 しの あき £ や あ > の S, -、. ^レ > ^ひ", 卜- 、 

云 ふ 酒店の 垣の 外に 居. し 乞食な. o、 膨痛 凌かん S 明 小屋に 在な し を 、をの 者 * 體の 所望 を 仕掛けて 

わが めい もら S s たいま $ を われ み さ こ どば クく k み. - 

我 1 命 を 貰 ひ 受けん^ 云 ふに、 大望 ある 惜しき 我 なれば、 身 を 謙 返ゥ、 言 詞を盡 し さま/^ i ひて 見 

を かく ゆる して つか;; J - しがた ぶし だ 5 おもて よ た あ ま を も , べん 

たれ^、 中々 に 看さす、 たって さ强 ゆるに 手 を 束て は 死 k 難く、 武士道、 の 表面 余義 なく a<c 口 ひゆ クヒ 辨 

せつ まつら か み さ SS たげ 

舌は极 浦の 川 波に うたかたの 防 害 もな しで 

きへ ゑき かさ ひも こし こどば まい ひた をら ね ろ ほ カヽじ . I i 

喜 兵衞閱 ひて 笠の 紐 € く-/ \. 腰を龜 め、 言詞閱 き. ® !ら せて は、 一 向 驚く よ 6 外 は. し, 乙れ は 乙の も 

くせ つね 3W くせ 5? つ、. 1 S き かケ がた ほせ- * *^1< み- の, W 

の、 曲な と、 年^よ. <y 酒の 癖惡 くして、 慎め さ 云; S 聞かす る は數へ 難き 程. なれさ 猪口 見て は^し 兼る 



? や £ らん >J は け丄 かく <;VJ .» &ぉ ぶ れい いくね わ いた . ゾォ ど f ゆき や 5 

好 ^さて、 ハ 1 覽の 通. 今日 も 欺の 如く 過し 居 ぬ.." 不鱧は 幾重 はも.;^ 謝び 致さす ベければ、 何事 キノ 酒與、 

5 ん f: ん 上 ひ; 1- れ わるさ われ ぁづ くだ くび さ うし UN: ざ. n fy でち よ 50 ひ 

本心に あらぬ 醉奴 のま 戯"" さ 我に か 預け 下さるべし^ 首 を 下げて、 後^なる 半藏 の-袖 1 寸曳 けば、 をの 

と、 ろ わ はん ざ? き へ ゑ からだ こ て ど Z ぶ れ S めんもく 1* に 30 ケ ゆるみ.! > る わ こ 

心 を 得て 半藏 は、 喜 兵衞の * 體を 小循に 1^6、 御不觼 面目 もな し、 何卒 か 免し S 見苦しく 謝 びれば、 乞 

て あ れいか、 れき. (- さむら ひ か や 5 こど わ お ほ み も めい。 ほさ た, y 

食 も 手 を 上げて 灣: を 返し、 歷々 のか 武士が たが M 檨事を 分けて 仰せら る、 は、 身に 過き て 冥利の 程 も 恐 

さ き 3 をし £ ビ こ. C き riff みねが けつ こ た こ ビ この ま を 

h: しで 先刻に も ゆた る 如く、 乞食 は 乞食 相應は 身の 願 ひも あれば、 决 して 此方よ- y 事 は 好み ゆ さす。 か 

*" ム、 る くわ 5 げん まさら >C せ いた もに ど ケ て あ W つ こ , かた を さ 5? . き へ 

き 苦しき 廣言 は、 今更 S: の 至 6、 何卒 か 手 上 けられて." さ莞 爾クヒ しなから 刀の 塵 を拂へ は、 喜 兵衞の 

くちき、 め かぜ しづ ゃ3 ^fcfrv^ もど さ 令 を 5 

口 利 k、 乙の 雨風 靜 うて、 何事き K の雜 へす ら<^ ^納ま....' ぬ" - 

にわか とど はづ こ 、ろてん ど ふ * &の ま を ^ t f ふるま ひ ゆる くだ 

俄然の 事;^、 ffi かしながら 心顦 倒して、 まだ 名乗. c> も 申さす、 武士道 はおる ま t き 暴動、 4% 免し 下さる 

ませ ひ んぶ さいけ t: や., r しゅ ♦zs べし せ:' つの かみ おん 5 ち f> も かた ねん やくつ 5J とばやし § へ >a> の 

べしで かく 串す は、 肥前邋 池の 诚主鍋 島攝津 守. $J の 御内;^、 下方の 御役勸 むる 小 林 喜 兵 SB さ 名 乘れる 

しり つい S で めんもく おろ さき ゐ せいせ こ た を か お $ つか ぶ し かたわ , , た ほこし 

尻 k 附て、 腕 まく 4 を 面目なげ ii^ 下し、 先の 威勢 は 何處 へやら、 同し 家中 k 仕 ふる 武士の 片割れ 火 越 

^-^f し s へ こどば あらた つ i 'れ つ、 たま めいぎよ く せ々 めい K : * 、^ ら.? 飞も, 

半藏 t;J||£ 菜に 匦な 6 で 喜 兵 衞言辭 を 改めて、 鑑褸は S み 給 ふ 名 玉の 御勉名 はと 問へば 御覧の 通 6 一 孤 一 

,い はだ つ、 まお かく をで こ tTC 、つらめ こどば つ、 たま こ-ろ ど —きへ 

枚 は 肌 は 包みても、 K は隱れ も^き: g 乞 ひさ 答 ふで 怨し きか 言辭、 包み 給. ふ はまお 4^ 心 解けぬ か 喜 兵 

ゑ ぶ L .4 て K% かた た た © しめ む 《" れ 5 た s お ゆ ま れ お あは 

衞に 武士 を捨 よさの 爲され かた.. - 語る k 足らぬ^ 思 召す a 無理なら ね *J、 兩刀帶 ぴ給ふ 仁に は 似合し 力 

せ ひ たん & の こ K わ s- せ もくねん をん を ^ - \ ^1 

らぬ 情な. cs、 是非 Jbl 御名 乘ゥ. - ^道理 k 責められ、 默然 さし-て あ 6 しか 女 は- 2- のれ を 知る もの、 爲め 一 

がた きみ &ん vs. さけ わ も/' «- らみ ど ち ひど は *- か 15- - た みや 4j ん け I 

k 粢を つくる さや、 君が 1 言の情^^^は我が百クヒせの怨も解けたゥ." 少さ 人に a 憚る 名な から, 多宮 WW 



俠 魂 九 二 . 

I むか い S f ろ ttl 5 つむ 

^呼ぷは昔し、 今 は それ も 雨露に 観げ た ^俯向く. - 

い *. て S せん t. け きへ ゑ しばし よ ど 5 る 3 やつ ね f- や 5 さ 5 へ き ま& 

さらば さ 云; S 捨て 行く 仙 助 を、 喜兵衞 暫時 <w 呼び留め、 懊惱き 奴 さ 思 ぼす は 求 知の 上、 まだ 聞き 參らせ 

の 二 こ 55 ひも た みや きでん ふ.! > たいてん あだ たづ もがた 

たき 乙 もを殘 したれば W 聲を密 めて、 多宮 氏、 貴殿 は 不倶戴天の 仇讎 を 探ね て、 をの か 容姿な らん.^ S 

か < たな こ、 ろか かん ま をし い ま さき あ 3S ぃ5» 、たか や. 35 だ たれつ、 

や 隱し紛 ふ はか 心掛けさ 乙 を^ 烕匕 * た 6- も 今の 先刻 遇; 5 參ら せて、 今 叉期樣 打ち出せば、 誰し も 包み 

たま だ 5 り C ぶん 5 を も なか きへ ゑ をビ こ ま ね こ 、ろかけ <^ Ifey み ふさ s 

紛ふは 道理な, 自分に 申 は 可笑し けれ <^、 喜 兵 衞は義 俠の眞 似 を^ 心 戀る癖 あ. て、 時折 は 身 k 相應 

5 で だち も はや や いた おも めか、 むね せ 5 お さ 

しからぬ 立、 最早 止めに 致さん さは 思へ.^、 目に 憑る もの \ あれば、 乙の 胸が いかな 承知 をせ すで 先 

きをの た S き かる たいま S を いの あ お ほ M- がた み 3 を こ がむ 

刻 も 名乘. < ^給 ふ を簡 けば、 輕からぬ大望ぁ<^て、 惜しき 一 命^ 仰せられた, CS で か 容姿 を 見 ゆせば、 細 金 

ざね はらまき まいが ね Si お ま S こんお ちら, りにん たつき こ P き きんこ しら < も かた を t 、ろ * & ^L^^ 

實の 腹卷、 一 枚 金の 鉢卷、 今日 S 人して 活 W なき 乞食の、 金裕 えに 曇 なき 刀 は、 心無くて はせ ぬ嗜ぉ 

ひ &ろ くせ た がた e ゆ か た. J や 5 &ん かく たま わけ こ J» か き ま をし i 

日頃の 癖む らく^して 堪ぉ 難く^、 一 樹 一 河 も 生の 綠、 隱し餘 ふ 譯精黐 ksl き 申た く、 若し 

あ だ e や 5 か ね こ しゅび なんて びき たよ fr^l たんおから 

仇譽を rJ の 城下に 追; S 込, まれた る ほ.^ ならば、 首尾して 銜手 HF もいた し.' 及ばすな がら 半 臂の御 力. も 

き たも & しんぱい &む 上ラ S おかきへ ゑ ほな こ f!^ ん ,」 た 

なるべし で 闥 かさば, 龃に浪 れん 御 心配 は 御 無用、 言 はぬ ゥヒ 誓へば 喜 兵衞は 骨が 粉になる さも、 三ォの © 

fer めいか まふ そ かも こ かたJ^5 ぬ をく ざ きんて 5 た みや fj へんど ふ 

の爛 る、^ も、 j 命 掛けて 申 ま 卜..^ 思; みたる さまに 腰刀 拔;: S て 即座の 金 打、 多 宫氏御 返答: trj 

ほど Jew を こ ひ か、 お ほこし はん ざ 5 f ち いな こど わ 5- こ ば や. L こどば た み .sir カズ _b ん き £ 

餘熱 少し 冷へ 掛.? だるに 火 越 半藏は 口を出して、 事 を 分けて 云 ふ 小 林の 言辭、 多 宫氏何 さ M かれし. - 御 

へんじ £ ふ しゃ うち Z ふ や 4- ち き でん た よ し ビほ たり ち 

返辭 のな き は 御 K. 承知 か、 御 不承知な らば、 貴殿の か 爲め宜 かる ま 卜.. - 知らる、 通 6 雨 人 tt、 乙の 地の 

"くに, f しるべ f まか かへ も、 くむき か はら 5 さんく さ はら S き はち ぶき いか つ < s ろつ 

役ス k 知己 少なから す、 罷ぅ歸 ゥて役 向へ 只今 河原に 胡散喷 きもの、 腹卷ハ § 卷の 威.^ の 造, して 徘徊き 



み をん が てん W ふる 3 ひ こど -f- わ だ ぬ び ど L さ •c-/\ ひど む 

II る を 見た. 何とも 點合 行かぬ 攀動は、 よしなき 事お 企つ る もの か、 盗人 か 知れす、 早 々人 を 向けて 

め. LI ほんぎ 5 ちった & S: く き でん ズ I め a ち 4^ つか..^ t^f みづ . り 

召捕ゥ 詮議 わるべし ビ訴 へな ば、 氣の 毒ながら 貴殿 は 縲魏の 恥辱、 さあ. て は 折角の 大望 も、 水の 泡 

ネぉ ふた W e や 3 い きでん めいわく 上ろ こ あ あ; W て 55. きな.^ 

なるべし. - 何も 兩人 邪魔 を 入れ、 貴殿の 迷 a を 喜ぶ £s ふ惡し き 乙 さに は あらで、 仇警の 手引して がば 

, .> - ^ ) ちから 3t ね ま .( わ はふ る くお i はい ね, 

すなから 1 臂 の.; -カ さな.? e 'べし 亡 は、 寐て 待つ 果载、 開 ひたる 口に 餅の 這 入る と 同し rJ さな ゥで金 打 

かくた S ぶし . しわざ か JS を- i.K んざ 5 よ ひ だいぶん さ た :SJ<!'L>i>il ゥ 

まで. させて 隱し給 ふ は 武士に ある ましき 業、 期く 申 半 藏免醉 は 大分に 醒め たれば。 乙の 度 は 大信實 の 

, きへ ゑめ^ ほし さど のか、 fHJ- ベ をで つよ ひ ろ 

話さ 苦々 しけ は * 兵衞か 目顔に 知らす るュ a" 曉ら す、 乘 6 掛 つて 喋る 釉を 强く曳 かれ、 後へ だち-/ \. さ 

は 一 こど^ & めば かみ は ふくろ 5 を か 

蹒跚 めく. は 言詞は 切れて、 目針.^ 見張る 梟 の 可笑し やで - 

w;^^ ぶ は, f: ベ かた めく;, k ,r で <, で < a "へる かほね のむ ね て あわ 

WW 年藏か る 方;^ は 目 も!. H れす、 腕 を 組んで 土偶の く、 S 兵 衞の顏 ^自己が 胸 S を 照. 合せて、 

^,HL あん てい * とばやし ちち ゆるしく だ む ざ ひ ビ f あ がた だい t> む a 安ん た、 

齊特 思案 の 態な. しか、 小 林 b.^.;- 免 下され、 妞-雜 W 人に 打ち明け 難き 大事 を 胸三寸 疊 めば、 をで なき 

5^ "い いた てっせき i $ff みぬ は.. C めん るべ つも- I < ^ 3*- £ -V 

禮も 致し たれ、 錢 石の 御 胸中 さは 見 貫きた るの みならで、 半面の 知己なる 我に、 酌み 兼ぬ る^の 御 信 

つ k ;^^ んこ こ、 ろい ま ビ い さい ほ &> いた を ほ 《J さつ 3 ど あな ?-か ^fes ,」ん 6 

實., 頑固の 心 今 乙 を 解けて、 委&御 話し 致すべし.. - 成る 程お 察し 正^に 當. て、 如何にも 仇敵 1 人 を 持 

& e やうち $ ひそな L もけ だ ち ねが _a を た しゅび £ 3<£.ビ ん 3 をし ふ も あ, をい 

hf^ 御城 中に 潜み 居る £ は磘 かに 知れ^、 助太刀 は 願 ひゆ さす、 只お、 IBl^ の 御 相談 申て、 不知 案内 

c びきね が Be Aj ど は さ こ. 1- ち き きへ ゑ *j A- み こ、 かた 

のか 手 P1T>. 願 ふの み." さ 一浪め よ 6 颧. て、 て さ 緒 口 を 切れば、 喜 兵衞は 小屋 を 見て、 此處 k て は 語る も 

け P ク , あ もこ い 5 をづ せん もけ はん ざ,? I <r はし ,- や S ち とも 

辛. らく くも 辛ら し、 彼處 にて ゆる. さ、 云へば • 首肯く 仙 助に 竿藏 柚 を 潜ゥて 走り、 小屋の 中 菰ニ 

-^^L あるじ あ ひさつ を か こて *» ね 

枚苟 ひて、 主人め かす 援挨. ^々可笑しく、 小手 招きして rJ れへく で 

侠 魂 j I ^ 



(其 三) 

へい L さ か そ づ て 5 t ろ こ たま t 、が だ K べつ や かげま $ おつお 5 ひど あ L 

瓶 子 逆 かに 掛けし を、 僭 都が 手 を 打って 喜び 紛 ひし 鹿 谷の 別莊 ならね^、 影眞 直なる 日中 は、 人足さん 

た か はら や か は をみ き L か つぶや VJS- は たろ き や も 3 い こも せん &、 け の かみ くら 

さ絕, ^し 河原の 1 つ 家、 川 波 岸を嚙 みて 咳く のみ、 鳥 1 羽 下さぬ 氣安 さ. - 1 枚の 菰 仙 助を乘 せて 上 坐 

ほ き へ ゑ a ん ざう はん ざ わ しも も わ か をへ かたせ ざ .> みさ だ <5 さてい か せんやけ くお あ 

直し、 喜 兵 衞半藏 は 半 座づゝ 分けて 下 k 坐 6、 鼎 形取. たる 座祖定 4 て、 如何に. 他 助が 口 開く を 

ま さきこ ど, ぎ くわ をの あらた つ S を をせ. 5 めい か *• くに ち S にん だい. L ゃミ e たんしろ つか 

待てば、 先刻 は 事 k 雜れて 精し く 名 乘らす 、 改めて 告げ 申 姓名 tt 加 賀の國 の 住人、 大聖 寺の 御城. に 仕へ 

ま を, * たみ やせん やけ た S ねん さ. S わかもの -0 ど か はら まさ & ptL^ はじめ かた .L さい 

申多宮 仙 助、 當年 二十 六歲の 黄口 孺 子な で 事實は 河 a の眞 砂の 數々 繁げ れ.^ 、 S 一 初よ 6 語らねば 仔細 

つく がた あ L.f あ ひだ か たま 

は盡し 難し、 鉋 かで 曹 時の 間 を 貸し 紛へ. - 

t みや ケく ま g-r., へ 4S お «^t?^ ねんしろ つか み か W をめ か や ふ L9!J ひ 

多宮の 一族に 堀 伊兵衞 さいふ もの あ. c..^ 同し 大聖 寺の 御城 仕へ たる 身务 6 しが、 if の 風邪の 臥床 日 

ま かさ & さ だ めい f£ &んじ や のが が |ji い ほんにん いへ ゑ きの ふ C は& く ほ ね 

;^^ L 重.. o、 定ま 6 たる 命數 tt 尊き 櫂 者 も 通れ 難く さ 云 ふに、 凡人の 伊兵衛^ mtt 小鼻の 窪みて 落ち、 

ォ ふ ま 5©は こど さら あら や た VJ ろ あのよ むかめ み る. J*- ほね を 

今日は 瓣 ノ^の 殊更に 表 はれ、 さん^んに 瘦せ 弱へ て、 賀 泉の 迎ひ 目に 見 ゆる やう なれば、 蓍扁の 針灸 藥 

9 みづ <5 る. J ひどよ む にや- 5 かせ さな た ひく ,っ かへ を £«- を き^ら つまこ みよ 3- 

餌 も 水で」 なゥて 効な く、 一 夜 無常の 風 は 誘 はれて、 魂魄 空に 歸 6、 六十 三 を 名殘の 遺骸 は、 妻子 眷屬が 

1& みだ ねく ゆ だい しょ せん ふくち S> もま でら .*< まひ か もま < Si なん <fs た むけ は. J づく 5 ゆ A9 ぺ 

涙に 送られて、 菩提 所の 仙 福 寺.^ 云 ふ 山寺へ 住居 を替 へ、 生々 しき 土饅頭に 手 向の 葉罕を 受けて、 夕 部 

あらしよ は つき きの ム ゆめ にち を S へ ゑ せがれい ゑ もん でんらい ろ,; だか こくた L くだ 

の 嵐 夜半の 月、 昨日 は 夢 さ 百 か 日 も 過 きれば、 伊兵衞 が: & 伊右衞 門に 傅 來の祿 高 五百石 確かに 下され、 

か どく さ sra つぎめ おんれ. ゆび 》**f- あげ もどば S へ ゑ あんしん S くらく い も 

家督 相 逢な く、 繼 目の 御 鱧 首尾 申 上ければ、 卒土婆 W な. し 伊 兵衞. ^の も、 安 >9 して 極 槃へ急 がれた る 

なるべし. - 



^J^.^^wu^d, ほ . p つぎ ひ さ 5 ケく 5 わ ひむ しろ ほ S- け てせ! S ケ くた みやいへ ひら 

役 も ^ なく 濟ま せし 次の 曰、 相繽の 祝の 筵、 堀 家 は 手狹 なれば て 一 族 多宮の 家に て 開く 71 

, ゝ , わ > St ビき ある- • し .L 上う げん よ わ ち、 ねお < 'から ぁ. から ち き 

さ.^^^ゥぬ.- 乙 tt 我 か 家に て、 をの 時の 主は將 監^ 呼ばれ、 我が 父 はて 坐せ ゥ.^ 親麟 遠緣、 さて は 知己 

ひ 5^,6^ ^ -、 1 1*1 ん, せ いわ fis げ s: こど こ、 ろ つ もて & ><> び つく せん つく 

の 人々 さ へ 招きて 伊右衞 門 一 性の 祝 ひなれば ビ、 將監 殊に 心 を 注 けられ、 響應美 盡し善 を li しで を 

f ^ ん >f1 じ、 い,, ほ もん.^ まふ だ 5-ゃ<? いや よき や 5 た みやけ め しか、 りきし を ま 

上なら す 今日の 主人 伊 右衞門 相撲の 大 好者ナ がれば、 餘 興に は 多 宮家に 召 抱へ たる 力士に 相撲 はせ て、 

ビ: ^f^ul &,t さ k K.^ さき 5 かく ^ へ きづ あ きづけ のち あた L あさま 

伊 右 g 門 を a めん^、 庭先 近々 と 土 懐 築き上げ たる a 意 乙 を、 後の 仇 1^6 さ, S らぬ淺 猿し さよ^ 

と-", zsi. な , P , . ^パー t、f も :& ゑ&ん か、 S.ATL を《^からせ*>げんか*={ あほ 

此の 龍 ある きて 元來 好きの 伊右衞 門、 か のれが 抱えの 力士 も あれば、 よき 折 抦將監 方の 力士 さ 合 

* - み. -. .TL.!! /、はな あかお は ^ わ, r だ ふし おから t ま A ひ つ さた ば.<!か^V,JLら 

ゼて晃 んで」 由な さこ^ を 企て、 1. 仁王 倒な^、 S ふ 力自慢の もの を H? き 連れて 來ゥ、 番數搏 へて 

S みる い f\H た きし *v ゐ ぶんむ. * ど ひい か y にん >i 、を 

合せ 見に ^ 右衞門 方の 力士^ 4" 隨分 結びまで 取る もの なれき、 をの日は如:l:した<^けん、 一人 も 砂の 

£ , こ, 1 さら. & もん, たの き ひつ ケ 5 あかねに L や i 'げんかた てつが を わ た $で< る ま て か 

力ぬ はなく 殊更 伊 右衞門 か賴み 切った る 秘藏の 赤 鬼、 將監 方の 鐡 金輪が 爲 めに 腕 車の 一 手に 憑 けら 

ま f さ ゆ 5 せん & かざ ,^ る 2 3 わ ある ま, 6t くら わな み. .Ji ノ わ 

れ 土 儘の s 右 前後 を 風車の 廻. たらん やうに ふ, CS 歩行 かれ、 眼 闇 みて 綿.^ な. たるお 見 濟し、 鐡金鵪 

,_ ひ yuj,^.^ る Si 2b ひ. 5;$ P* つた ビ&1 か げ 5- つむき た ふ だい D のこ ほ を 5 ち しほ 

の 一 臀銳く 土俵の 眞只 中へ、 ゑい やつ さ投 つくれば、 俯向 k 倒れて 大の字 を » に殘 し、 鼻 を 打ちて 鮮血 

ねブた i- きク S fj ばら お & おから さま あま み くる けんぶつ 5,-5 txi 

夥 しく, 息 詰 .o て 暫時く 起き 上 からん 力 もな く、 さん f の 態 體餘, 見苦しければ、 看 物の 一同 聲を 

あ あかみ t せき くづ わら 

上け て、 やん や、 赤 鬼^の 乙 を、 赤 昧噌^ のに なられた 6、 ^席 を 崩して^ つ。. d 笑 ふ^ 

む; 3 しゅら も れ 5 て ^つど 5 にぎ かたづ お 上く さけの こ てい おちつき み いも 

朐は 修羅 さ gl,^ て、 兩 手に 熱湯お 握ゥ、 片 唾 を 猪口の 酒に 呑み込み、 さあらぬ. 態に 落 付 を 見せた る 伊 右 

^ ん やう げんかた S- きし ばん ま .S3 また かたうで たの あかお に はんし はん (-ゃ5 ありさ! a f へ 

衞門、 將監 方の 力士に 一番 も 貧け たる はなく、 今 叉 片腕 窆赖 みし 赤 鬼 さへ 半究 半生の 有樣、 をの 上なら 

俠 魂 九 玉 



俠 魂 1_ 九 六 

つ ゥら A わかげ し りよく わつ t や 4 き かほ ゆ ふば わ てら もみち あか なを e5 'こめし 1 P 

す 一 k に I- ひ if けられ、 若氣の 思慮 赫手 S 上氣 して、 顏は夕 映 街 ふ 紅葉よ 赤く、 眼 尻米嚙 みまで 釣 4- 

-09 C- つ、 M ぶ *w まか ま てぶ や をけ *^ ふ 5^ L しっか め あ $ 一 ひやう を 力 

ilqo て、 I キ ぶー n は卞 k 、がーち 上ゥ、 S ^鼸祷 40 手早く 投 捨て、 獨鼻 樺緊手 €\ め 上げて 土 懐の 中へ ひら 4 さ 

? , ヒ ^5 i f> や 5 げんね いで ばん おから あしぶ けしき こ お; ^や, 

i.4i て、 k 力に は 1 らす I おび €s ふ 事 わ 6、 將 監御岀 あれ.^ S で 二番 さ 力足 蹈ひ氣 色何處 やら 8 かな 

さき きづか しゃ S げん ,<b にけ 5 ち はら i.? こど L や 5 げ" S ま ^wn 化か 一 • ^て, , : 

ら ねば、 老の 前途 を氣遣 ふて 將監 何氣 なく 打 笑 ひ、 座興 も 事に 乙 を 將監今 十 年 も 若 けれ は 相手すべき 

3 A の 4 み ea.< ねん もの ぁ&て も. sf ない こ. しゅね, f を 

なれ.^、 六十の 坂 を 登る 身に て、 若年 者 を 相手に 角力 S はか さなげ なし、 あたら 老の 腰骨 打ち 折. たら 

ほ & ゥ A ばか & めんさ ふら ざみ ふか L L 

んに は、 今 端の 御^ 公の 支えで 乙れ; は 御免 候へ 亡 1 座お 見れば、 深きN^、^Cを知るも知らぬも 

〕 る もん 」る ま!.' fj やうし. ビ fj±s- しゃ S げん く み くち をろ ビ 4 & い ゑ もん 

伊右衞 門が 擧動 苦々 しさ 笑止が て、 老餘 の將監 k 左袒 し、 口を揃えて 成す..」 いへ^、 伊 右衞門 

かた <を かしら ふ なかく きい ,<t に ざ き や こビ まふ . こ/ろ,^ コ ^ の S .^ 

頑 は 頭 を 振. て 中々 に Si き 入れす、 何も 座興なる に、 事く しく 仰せら る、 7> を 心得ぬ." 名乘 6 掛け 

し りこ たよ く 4- も か $J まク ねい おち は ゥ たま fea せっかく こ 、 い で われ 

られて 尻込み 給 ふ は、 潜.„^過きたる門极に、 老 の恐氣 付き 給 ふさ 聲 えた 6 で さらす は 折角 此處に 出し 我 

あ ひて 5J ふそく iSJ 3 る ま V- か a ち さら こ、 ろ ぶん た ほく ひど てまへ め义 

K 相手に 取って 不足と 思 ぼし、 丸^に K 辱 晒さす る 心 か、 をの 分なら ば 多 衆の 人の 手前 尊長な 6 さ 

よう , や あ- S て P ジ i & ひ めくら さわ た たか &ゑ ジの あ ひて 

も 用捨 はなしで 相手 せらる、 か、 恥 かしめ 紿ふ かさ、 理非电 盲目に 騷き 立ちて、 高聲に いひ 募ゥ、 相手 

おが は ta- か、 M-3-L ま くや げ さけ きちが ひ みづ > 

せす ばさし 違 へんす 氣 色.. - 1 ゥは 抱えの 力士の 負けた る n 惜し さなれ き、 實に酒 は &氣の 水な,. y 力 

け U し * じん ふ き や 《• せっかく も て をし f& a を ざ き や sif £ つき こ、 ろ • ^力た 

今日の あ 人に 不與 わ. て は、 折角の 饗應も 鼠 後の 花、 1 座の 興お 雨後の 月に する も 心 1 つな ゥで さ 詮方 

さ まくる かつ e あ もび 1ゃ5 げん あ ひて S* ふた i- ばん * のち 

なげ Ji^i^ ちて、 ft も 勝 も 一 時の 遊興、 さらば 將監 相手 いたすべし、 角力 は 只 1 番 さして、 かまえて 後日 



の 遺恨 を 合み なせ ど.^ . -锞 鱧に なれば、 「K ふまで か、 はんの艇m?=^、 ひ 僻!^ し 11 へさ す 

{ わ 5 げん 》! や 5 げん $1 ひ ふ ころ .S ゑる. ん 1* - 5 づく 》• M -プ ^ > • 

廣 言して、 將監 土俵 蹈ひ 頃に は、 伊 右 衞門早 や 蹲踞り て!: ち^. ^か;^^^まる:!?;^-は、 いよ 

/\#|. 行司 が^く 圑 扇よ ,0 早く、 稻 妻の 一 さ 投げ^ 飛び ^ る を、 ^kp-^Hff ^L. ^ひの 

力 を身體 k 餘 して、 くさす る!: の it か、 i&r^ まの Lml 孤ん!^ :4 きめて、 ま 7 于 I 天き 一 り" M れば、 ュ ^ り 

あ.^ 4? から つ 3 さき 《 し 5- ゑ 6 んて & ひや.,' i い C 

足 力なく 爪先: b£ 走 i て 、伊右衛門 手 もな く 土俵の 外に 船た.,, P 

座興^ は 云へ、 老 たる もの、 若き ものに まちて は、 ハ 11: が& かく かけた る f まも しく、 いとなげ なし 

D ビ わら ほづ しゃ 5 げん さ ヘレ i 

さ 人の 笑 はんも ¥s しければ、 將監を こく 土 懐 を 下 ん さする を、 伊^; ぎきながら!, ぴ酽 め、 

v^25t I* ち つ ふ ,一た > - 

只今 足の 筋の? て 踏み 對 へ,、 ftmtff. ri €m,tf. m のず i へ f s:? しさ 

思 ひしに、 扨 は 痛 所の あうた 6 ける よ、 is 囊 14 ける にも わらねば、 が&のg;^黼A^^Jれにてf ひ 

べし- 身體も 疲れたれば、 麟は, 皿ん て、 1^ が を^ かせて ほし、 。i けならぬ は fl: キ" i 

知の 乙 さ.^ さ 云 はせ も 果てす、 比 怯? 將監、 當座 のき m さ^けて^ ず か > やかせ、 SI ぎ かき^ k 

勝 を驕る n 武士道に:^ る まじき >^i.a>4.^ ii は& けぬ vfK へ^、 m どの Km なくて はが 55..5fK はれ 

じ、 是非に rrss あれ、 ^^なくば^1^^84^さぬ- ..^i? 右 ¥ 入に sip 、ま t 凰ん が甜 の || つ 目を& りて m 

かさねば、 ?船ま れ^ f の i 翻し i く、 mffmf<. Mo^t^ 

Av. 穩 かなれ さ 言辭 を讓れ ば、 出る^の <s 言 SS く^^しで i 粉》 のゝ Is せ麟 て、 iiiS に^たん さ : 



は、 辦 n み戧 ねて I セ に 1§ るこ轧 k しさ、 ^卜た ¥1 に めて れんす で」 11 、び^ち^ へば 年 こも 

^たれ、 i:! "の え"?^ i¥w に酽ら で、 しゃ k ひ^ i みて Mi^ を 出し、 检 6 倒さん S 結 目 を 取る 

ykii: がさし ず、 ^を^って 1? り 1 し、 mis に i, 枳 さ^るして、 焦慮る を 何の 田 i もな く 土俵際まで 

ぎこび、 ら の^:^:^ m れば、 k かく yb^i:^ み^して^ さま は^けた る は、 さながら 手 鞠に 似 

てほんの 他愛なし^ 

g から i ひで、 4 ュんを たる 11 の、 i れ あの il、- て、 Tpr れ たらん やうに て、 廣 言せ 

しにぎ 鲈 なく、 ^る まじき m に y^^i: め齓 m を ST ひ、 11! に i がらる-も^らく、 みて 計 6 居る 將 

II も、 iiri ける さ i え、 ^tM^ は& つるが ii、 一 CN く i に斷 へな if f 廻 あの 

ir は、 1^ もき 露ば? の m ひして、 S^Rf > £w-p^r<. ;!^ に まれた る i さへ 

i:^k^ ひぎ ささで、 ^に まるが 1? き IkB もき さす、 "あ 名のみ にぎて 大小 刀 袴 を 丸げ て 一 所に、 取ゥ 

Ik す^^に Is ひ;^ み、 1^ は IS もな く、 ii めしげ は L 鼾!! んを^ 酽は 睨み^けて、 血相 惡 しく 座 を 退か 

れば、 ^^の i まもお si に酽. .4 て、、 m ての^の f^m^^^t -、 ^み^けの 酒 ももこく ち 來客 一 

^^^S6. 酽. c4 ぶされ し はず i: ちな き^? ^なさに、 せめても £ 鎖 ii の禮云 はる、 氣の毒 さ、 跡 は 

m0¥ に ii を^して、 點な,41^れ|^を5>みか1巩ひ^れば、 戰塌の後の 趣 をの 饞は 

疏ま しゃ." 



"r- ゆ ;,』 . づ ど f> ゅク せまへ わかもの ほち か あど < や しゃう げん Si はりけ ど- 

年甲斐 もな く 1 圖の 事して、 靑雲 前の 若者 を W しめし はと 後に 悔みて、 將監 もれよ. ol 一三 度 堀 家 を 問; 3 

, , k も > ► び や 《 ほ さ を ix ど は f をた て い ゑ もん あぶ きら t 、ろた が ひ かよ 

たれお、 留守 V 云 ひ、 病氣 W 稱ぇ、 浮世 通 の 嘘を循 に、 伊 右衞門 面會を 嫌へば、 心 SJ^ 通 はすな り 

• ゝ up 5^ ►^l f か をた のケ がた を かが a- む も ケ< よしみ こ、 た 

て、 怨憤 n 彌か 上に 深み 此方 k て はさ も 思 はね^、 彼方よ, 観き 難き 中垣 を 結びて 一 族の 和 好此處 に絕 

; > fe* は いで わ t は でんち 5 あ こどば か K ど f K れぉが かほ もむ 

え 先祖の 同じ 腹よ 6 出し は 忘れ、 果て は 殿中に 遇 ふても 言葉 一 ゥ交 さす、 途中に 摩 逢へば、 顔 を脊向 

vr : . > . ! ひ!^ , > ふわ もど 1?<? ほ や,.' げん かん 5i ん ぶく ろ ど. L か ひき あ 

けて # の;^ 人に も ある ま 匕き 擧動淺 猿し.. - 不和の 元は、 成程 將監が 堪忍袋、 年甲斐 # なく 切らせし は惡 

ご, 多, あどお、 ひど め ちへ あら も 5. ど S _R R- ん つみ ^ しゃ-^ナんみ か 15 

しけれ^ ハ乂 なき 後の ハ乂 k 均しき 尊長に、 爭; S を 挑みし 伊右衞 門が 罪なら す さは 云へ ま 卜で 將監 見ぬ 顏 

^ . ^ ? . も つき B ん W しあ 3 をは &ど も かねき さど 

して 厚 氷 自然^ 賴るを 待て は 春 過ぎて、 夏來にけらL半年餘..T^は何に事もなく過ぎて、 鐘 SS かぬ 里 も か 

ひど、 せ あはれ C あつ S や あき 

な 1 年の 哀を 1 時に 集めし 可 厭 1 ゆ 秋と な け. CN で 

(其 四) 

^, い * > レ、、 、; こ 5 し, のた ま » ほどけ L や やひつ めつ ど むらさきの だいお せ 5 が, <e つ; ろ つ ゑ か はんげん 

生 あれ は 死 あ 4 き 孔子 は 曰; 3、 佛は 生者必滅^ 說 かれ、 紫 野の 大和 尙、 元日 髑髏 を 杖 J ^掛けて、 人 は 

は. < こつつ、 ち ぶ< ろ さど » ん * 'く f-5 ねんむ め f ひかり や ねんど 》5ゎ|* ね& で 

白骨 包む 血の 袋^ 悟され たれ^、 凡俗の 執念 無明の 光に 燒け す、 念頭 忘れ もせね^ 思 ひ 出る €き なく、 

わ-み • ピき めみ たびむ ね か を 

我 か 身 1 つの 秋 は あらね.^、 目に 見る 度の 胸 は 千々 哀し や. - 

V-L あき 9$ .5, わつ はち へ ゑ ほ 5 む せんぶく e e ゆち せ 5 もく お をら々 あい こど ただ や 

其の 年 秋 は 最中の 八月 十五 日、 伊兵衞 葬. c> たる 仙 福 寺の 住持よ. 消息して、 二三 日の § 工合 殊 k 穩か 

k ぶん I *J よ ひ く 4 わる 3 *>J こ ^ f ほさ はは f きめ た 

ド, 乙の 1^ ならば 今宵 も、 雲の 惡戲 tt ある ま 卜く、 男^も に 云 ひ 合め て、 今朝よ. 庭の!! 目お 立てさせ 

- - f k » . |» ほ S で * «&* もビ S ぎき 、よ ひど 3 かほ か れ をら ちゃ 

たれば、 目 違 ふ ほ.^ 淸け H な. て、 穂に 出し 尾花の 元の 萩 括 極、 人待ち顔 i& る も 可笑し.." 例の 奈良 茶、 

ITJ" が.^ dH, れん ii\rd—dll i "ss ii AWVH^n 



侠 魂 一 00 - 

やき &め よ 53 ひ ,^る ころ の tt ば せ をた、 $ ひち. 3 つ ゑ まろ、 しんにょ つき せう く. 

燒米も 用意し たれば、 日暮る 頃よ. 登られて、 ffi 蕉 叩く 窓に 胲を 持たせて、 核 か 枝 轉ぷ眞 如の 月 を 賞 飯 

い か そのこ、 ろ ま か C ゆち やまてら に あほ fys か 5 おや ゆ は &- も C 

する は 如何 k、 其 心して 待つ と 書きた. で 住持 は 山寺に 似合し からぬ 風琉 にて、 香 茶の 場 花は勒 染み 

& L か くら とビ さらお、.. 1 や- 5 げん わら a く あよ & がた き ひ &ろ sst> わ: y あさ > 

て、 赛 詩敏 はも 閽 からす、 殊更 父將監 さは、 笑 ふて 惜み合 ふ 好き 碁 敵手 なれ は、 日頃の i 父際淺 からすし 

つ どめ ひ 3 てら の :» ねクら ぃを ど S- ft せろ つ だ ゆ ふなれ かね おく かへ つね 

て攝 仕の 間 暇 は 寺 は 登 6、 寢栖に 急く 鳥に 驚かされ、 撞き 出す 夕暮の 鐘に 送られて 歸ら るゝ乙 S 常な 

ど ビ ff ひた もら よろこ 5 れ むね かかへ 3 か ひるけ は S もこ も わか >^メ 

i 屆 きたる 消息 1 向 k 喜ばれて、 嬉しき 旨 を 書き 返し、 待ち兼ねて ゃ畫 g 清して 少し 遇ぎ 若 徒 1 

Q しもべ S- つ S おんか ほば せ み もさ こ 50 ば き.. 1 まい われ L ち、 L 

人、 下部 一 人 を 連れて 出 てられし 7> を、 御顔 面の 見納め、 お 言辭の 間き 仕舞 €、 我 も 知らねば 父 も 知ら 

も ゆめ あやし さから ど > 

す、 若し 夢 k だ も 怪しと 知らば、 逆 ふても 留めし もの を. - 

んげっ こ よ ひ つき S お 5J はや 3 ft i あがた み * もらお やばい せいだ.^ ぺ, i 

今 m 今宵の が、 一 度 西の S 山 k 落ちな ば、 來る 秋なら では 遇 ひ 難し €見 惜しみ、 奈良茶 一 杯ド淸 談盡く 

ひ ま fyry 5 つ、 よふ し ひか 3- あかく かたお お ほ つき も あ 

る 間隙な く、 風 琉は現 をぬ かして、 夜の 更 くる も 知らす" - 光明 赤々 形 大きうな る 月の、 惜し や 有らす 

しげみたい ころ は あかつき ちか 5タ まこ ち 2. ち 'け k これ 

も かなの 茂へ 落ち入 6 たる 頃 は、 早ゃ曉 近 くな 6 た. oz- さらば^ 暇 乞 ふ を 住持 は 打ち消して, 是ょゥ 

► % ちま r へ ど を わ 5 まくらお; R- つ ま ひが. L あか ヒも たち c^x X ふね *J 

ず .0 ぎ はば、 家の 門 跨く 頃に 鳥 鳴き 渡 6 て、 枕 落 付かぬ 間に 東 は 赤う なるべし、 供 達が 快く 夜舾 漕ぐ を、 

ががく 1 す も 船 なれば、 嘴 まれ & は懊惱 く^も、 此 家に 一^夜 を 明かして、 明日 歸. 給へ さ 云 ふ も M か 

で、 1^^ は K¥ は^み i き われば、 黎明 k 出仕せ ねばならす。 叉 rj,su 云 ふて 自 から 供の もの を 起 

L.}^ fcc r ら 5 たい よ ぶか あ るき W *s さく つぶや わ こし ほ SSJ 

し、 3^1 を して 出 づれ ば、 老體の 夜深步 行き、 霧に 靨る、 は 毒な. 9.- さ 咬く を 笑; 3 て、 腰 は 程なく 

ゥ & _e ろ.. J らき くる いで ^is 5-5 の, てんめ. S せ ひ 

iil^?^ れ^、 入き 頃の 白木 弓の S ひ 出す"" さ 暇 乞; S せられた る は、 如何で も a がれぬ tK 侖 是非 もな し、 



5 かビ L たま ね よ やさ た 3 

翳 ふ もの あ 4 さ 知. 給 はん は、 押しても 一 夜 宿.. CS 給 はん J^.- 

ほ • そヒ か *ぃ , U -^^ < , R-5 ろう たおこ つまさき わか $ 3 る 《5 & 6 んっ て 5 ちん 

夜 は 世界 を 黎明 k 讓 6 て 1 段さ閽 らく、 霧 朦6€ 立籠め て 爪先 も 分明らぬ 中 を、 丸 巴の 紋 付けた る燈灯 

し. 《 ぺも , あ W つ わか ビ 5 もば よ は を あ ひて やまでら では を f め 

下部 は 持たせ、 後に 附く若 徒 を 傍に 呼びて 話し相手 さしながら、 山寺 を 出 離 るれば 十万 石ば か. 1 目の 

た ) • ほ I もみた も あ ひだ わ 5 ねみ ぉづた 3 が <tt i き もの きお ざ fi-s- iu ね 

田な. で 十 束 八 束 k 穂波 重き 間 を 分けて、 微 道 傳ひ曲 迴る中 k 衣裳 a 霧 は^つ さ. さ、 草履 は 草に 4 

ぺ, を あ.^ の" *^ ひへ >5V ゥ <s を か みたな わ か * Jl のた ちゃ ギら みお ほんぶん き t 

く 霧 を 吸 ひて 足 掌 冷々 さす. - 製作 可笑しき 見覺の 案山子;^、 蜿蜒る 蛇腹の 道 $k ほ^ 东 た-りた As さ 知れ 

せん . ^ねズ た、 かケ つく ころ ねみ お つ い 《 ほ まつ をみ き か、 

ば、 仙 福 寺の 鐘脊を 叩きて、 七つ さ 數へ盡 す頃献 道も盡 きて、 家 k 遠から ぬ极並 本へ ぬで 

こん も S-L げ を ひき わか a- みお さ ゆ 5 ねだつ あほ K { かさ ひ ^ケ かせ If & 

漦鬱 茂る 老樹 若 幹、 道の 左右よ 枝 を 接ぎ 合せ、 葉 を 組み重ね て 日 さへ 靦 かす. - 風な きに 鳴. て 物凄き 

*s> か ビ びね よ たま しだい ま つ まば かたの よ ち ざ 5さ5 た ,^,ら ねん ま いし かた A>b 

中お 飛 根 避け つ ゝ 迪れ ば、 次第に 核 は疏ら うて、 乙、 片野さ 呼.^ 地藏堂 D 立ち並ぶ 閻魔 石の 片ま* 

もの KiATSMX- て キ おん み ひ K んり こ. 《> あた 3 かぶ くさ 》> きね .S し 3 くら 

に、 物 乙 を あ. o、 簿 暗うな 6 たる 燈 灯に 見れば、 非人壹 人、 菰 頭よ. す っぽ. 被 6 て、 草 を 敷 寐に石 枕、 

ゆめ *^ ほ, ) わか ビ 5 は- & ゆ や も ひに A だしぬけ こも は おさ あ 5- 

よくも 夢 は 騒かぬ ものよ さで 若 徒に 話しながら 行く を 遣. 過/^ し、 非人 は 突然 k 蓀を 刎ねて 跳. 上. o、 

^ て, み *. • しもべ., さ P て, 力ん , き はら かへ かた を お、. J や 5 げん かたさき $L ろ ザ さ のぶ か た 

拭く 芋 も 見せす 下部 か 下げし 燈灯 はら. 切 ゥ拂 ひ、 返す 刀に 父 將監が 肩先、 後袈!;^;^^野深く 一 £大 

お 力 J" て かく こ ゑ しる ぺ ひら はび か めて 3、 き は & ら 5 たい いたで 

刀、 や 何奴、 さ 栖に手 を 褂る聲 を 案內 に、 閃めく 光 は 右手 その 儘; ^切. 離され、 老體の 痛手 いかで 

^ よろ ゆ か、. を こ た ふ み も か ベ こ.. J た ひき ほづ は に わか ど- 5 ぬ 

堪へ ひ、 蹒跚き 掛ゥて 其處に a る ゝを見 透し、 下部 は 腰 も 立た 卞蟇耻 かしく 這 ふて a ぐれき、 若 徒は拔 

あは 3 をし わけ が 5 1^ < せ もの f> らは は tS; さき ひら あど き S3 .S のち もの だ; 

き 合 fj て 申譯に 二三 合、 銃き 痕 者が 白 鼻先に 閃めき、 後へ-/ \.i 切う 露 くら るれば、 命あって の 物種 

ひ ばづ き5- <^ 

さ 引つ 外して 霧 を 溜 .0 'ぬち 



侠 魂 一 。二 

■BaBBBBBHl^B^^^J^ A ゝ き われ め さ わんば もちか^. \ お ん き t-s- ぺは 

^びつ I けウ、 が た 4 し £ いふに、 我 は 眼を覺 まして、 緣 端近々 さ 注進 を 聞けば、 下部 は齒 

I ^ 56* A-S 6 ? S あ i ゑ つま た *-5f> ろ かた ゆ 

の, もが はす、 お!^ がに Sn ばか.?? つかせ、 口 は. 開 ひても 聲は 詰ゥ、 只 後の方 をし き A^k 指さす は 

L Llrt-L » ゥ A も ほ お ほ 50 の かたの ち ff せ もの S ^L, V, • I ^ 

けがみ、 敷石 k 動お さ坐ゥ て、 大殿、 片 野の 地 藏堂、 癖 者、 芑 切れ-^ なる 言葉 を 間き 顶.^ ^of 

p^t- て ii よ A% びで.. >、 く を i.o は、 ひ 4^^.,,. 走 .0 て 千 1 さ R 來. -て 見れば、 晚か 6 

かザ お fs* も こ C , をび i き めの まへ も f> かほ 1^ £^3 ,1 

k ?! もの ゝ i はなくて、 鮮齓其 處=§ 處に夥 た》 しく、 秋の 錦 を 目前に 染めて、 知らす 顏の蘭 魔 石の 傍 

A-JPK-S 59/ き fes ほしよ St お c こ, a こわよ み む を さきつ め みゃく た 5 あけ 

に 俯れ^ ふで 走 6 寄って 抱き起し、 二 魔 三 S 呼びて 見れ ち 胸先 冷たく 脈は絕 えた...." 明 

だの を^る に、 HI! んで& く^の 序破急、 答 ふる は 我が 呼子 鳥の みな,^. - 折から 家 僮の 二三 人、 我 

に^-いて 1^ ゥ たるが、 < ^來て C 體は取 4 附き、 我 さ 同 卜 やうな 事す る を、 最早 甲斐な しさ 我 先づ悟 6 顏 

^p. i?^ き げたる を 1 して、 ^« 1 i、 i 1 さ ひら を 酽ら せ、 mi しの 姿ん m 

はぎけ さき れば、 の 155^ を 握 6 給 ふま、、 ニの腕ょ6體を離れたる^Jを、 常の 氣 性の 

。 h^v i - £♦ -V ん かた 14 ら かさ を つか さ きへ ね はん ざ 5 L め くわいき 

IT へられて、 念 tt 此處に 留ま..^ たるな らんで さ 仙 助 傍 なる 刀の 辆を 措して 喜 兵 衞年藏 は 示し、 懷舊の 

If* らゎな Lft をみ だ つ 、いれ ひざ ぬら ト 

臓腑 を 絞る 涙、 はらく^ g 褸の 膝を濡 しけ <=.^ 

* : 4S-, ひ をで. Jfi 1*. & こ 50 さら きへ る , を ど. J& 、ろ <ぉ びる 5^ Tk, k ► u お- > 

f 化 も f れも &| 糸くて、 六つの 釉 絞る 中に、 殊更なる 喜 兵衞が 義侠心 唇を齒 喰 ひし は ゥて議 う 血の 

C ; tl^^lfe. ぶら s>* むか さがら の ビ S た, 户 への. J は を いへ かへ 

I5ぎみけA^.- 霞 mi く i 泸掃 ひて、 をれ よ i 化 は 昔し の £ 體を乘 せた る Is® を 家 僮 荷 はせ、 家に 歸 



* やから, あつ ね やび ど ふだん ひ £ a L ゆ 5 ね ほ LI やみ きら を 

A ^て, ま 間に 家屬 お集め、 親 人の 年 常^して 人よ, CN 意趣 を 受けら る、 さも 覺 えぬ は、 白 は 閽に晃 めきて 名 

乘. 合 ひもせ ぬ 御 最期 は、 S さ >K. 思議けれ^、 さ 6 さて 切 取. 强盜の 業 さは けられぬ 有 |g な. g 

, おど { せ. 《の が < 'たん 5 らみ は てが、 さら f た I こ、 ろづ 

二 つ 落し あらぬ 癖 者の 强膽 に、 怨憤を 晴らす 手掛ゥ 更になくて、 ほ笆く に 困 匕ぬ ち 誰に も あれ 心附き 

S J. ゆ ^( は V^J み K, さいな i あは きき も、 : 

たる 意趣の わらば, 隱さす 話して 見るべし さ 云へば、 最後に 居 合せし 若 徒す る-/ \ ^席に 進みて、 此の 

春 わりし 角力の 仕 末 委細し く 話して、 rJ れに %ゃ あら ひさ 云 ふち ー坐顏 見合せ て、 誰れ も 伊右衞 門、 此 

I 1^ ^c^ / > k われ おつ あ B もの も a われ ねさ あ く もど ば,! b a 

れも伊 右 &門さ 衆ロ齊 しかるに、 我 も 思 ひ 合す 乙 さあ .cs で 其 折 我 は 江 tcu^ 在 6 て、 國 元お 離れ たれば 意 

趣の 樣子 委しく 知らね ち 歸へ. 求て 見れば 往來繁 か 6 し 掘 家 さ 音信 不 の樣 な. で 何 さま 伊? 門 

あや, わ BC s たが 

rJ を 怪し、 さ 我れ も, 初めて 疑 ひぬ^ 

> • く ざ, 1 ク もて とゝろ L たく しっか 》i*f き& を やび W ,-5.3 は お たま ち 5 だ, <i か? * ひゥ 

證據 わら は即 坐に 打て 捨ん 心なれば、 仕度.^ 緊 手と 下に 着、 込み、 親 人が 今際に 帶び給 ひし 重代の 刀 を HF 

さ 一二- V ほ. ふ > ほ a I ひ にげ かほ お どづ <.» ん w きか、 ひ ビ はは S さ S 

£ け 程近からぬ掘の住居へ何氣.^8>き顏して訪問れる^^ 門に 閂 掛. て 人の 氣 配^し D ^て はさ 氣の 

ろ 3 は でい 5 'くお ひたて も, J い ど かたづ 

焦慮 ちて 後に 廻れ, C -、 出入の 口 HK き閉 たるま i な. 其處 よ. 入. て 見れば、 諸道 具 ^ゥ笆 取 片附け 

み ゆる あ 5. さま めしつか ひ 3 い だ ひ VJ0 み 乙、 ろ や も f TS S 

て 見 惜し 力らぬ 有檨 は、 召使 ふ, のに. *J ^暇お 出して 獨 身の 心 易く、 遠よ. OV 格 期せし!^ さく 覺 しくて、 

AJ さもつ あ をげ し ねづみ ふ い ひ JJ おせろ さほ かき の ら s.a- だ. ssii ころ A どま 5 しろ々 ら ひ > 一 .55 

子供連れて 遊ぶ 長 押の 鼠、 不意の 人に 驚き 騒ぎ、 垣 潜る 野良犬 臺所 嗅いで a. ^けうで 後閽 からぬ 人の 無 

ざ a にげ H し かたき たし い ゑ S ん 》• ど つ せ |<* から の i こ ふ 

殘^ a 走らん やう: t£i> し、 仇敏 tt 確かに 伊右衞 門.^ さ 正鵠 を 付けた れ^、 蟬は 殼ぉ殘 して 何 處の棺 を 鳴 

くやら D 

, 魂 lonl 



あ. &ざ ほや 3 こ ま ^< t れ しらは た 6. 5 らみ ねん をが ひ ひも ももの か m-ゃ さ * み だ t ^ れ E 

d 澤^ の 木の間 隱れ、 誰 白羽 さ 立つ 矢の 怨憤は 十八 年 永の 曰 を 潜みて、 裙 野の 狩屋の 五月雨に、 徒然 t 

もり、 ふ めさ 2 わ かたき い ゑ. ん くびき よ はや たま む, ねん f きた ほ 3 つ _ t,- , 

なる 武士の 目 を 獲した 6." 我れ も 仇敵 伊右衞 門が 首 切って、 世 を 早め 紛 ひし 無 ^の C 魂 を 祭ゥ、 之れ 

b.5( §v な も ひた かたき 5 お ねが ひ SW3 ねが も S だ S は、 び Sji . ば 

孝行の 終に せむ と 思 立ち、 仇敵: iis の 願書に、 か 暇 願 ひ を 添へ て 出さむ € 云 ふ を 母 人 は 留められて、 せめ 

た 3 しひ 3 よ はお I 5- たま ほか つね ほしら なんみ ., ^ ' a> 

て 魂魄 迷 ふなる 四十九日 を濟 して さ 云 ひ 給 ふに、 外に 杖柱な き 御身 はさ 乙 を 心細から ひさ 推し量 ゥて, 

W ま、 か. J まだお の とひ せんぶく じ こ さ 5 れい ばんたん 3 こど つく 

云わる、 儘に 啓 行 は 延ばす 乙 さ.^ な<> ぬで 之の 日 仙覼 寺の 住持. 來られ て、 葬禮の 万端 信 實を盡 され、 

も J. も を く., -ん t> や. r ぶつ ど を どんし や 5 はだ S £ わ こねが た つ 3 で かげ 

珠數 さらく 芑 揉んで 即身成 佛さ稱 へ、 頓生 菩提 さ 説かれ たれ.^、 我れ は 之れ を 願 はす、 只 何時 迄 も 影 

み を かたき も どころ おし た 3 たも ぶつま { わん きん も 3 ち sic わ >i 3 ね 

身に 添; 3 て、 仇敵の 住 ひ 所 を 敎ぇ紛 へさ 思 ふの みで やがて 佛 間の 看經濟 して、 住持 我れ を 傍 近 かく 招か 

♦i/.^ よ お かた . もの ふ ビ ころ 5J 5 だ こ しゃ, 9 げん ほ がら つき 5 

れ、 過る夜の乙さ.5.も落ちなく語<.^、 物懷 中よ 4 取, 9 出して、 是れ は將監 < ^のが 朗 かなる 月に 浮かれて、 

ざれが き ビき もん おも 53 せ づぴゥ もみ ケ をで か あ 

惡 戯書せられ しもの、 をの 時 は 简 さも 思 は? しが、 今 ぞ絕筆 S な 6 た <?s で さ黑 染めの 釉搔き 合 はされ 

S おしめ み きわ をつ てばや ひらみ こよ L はま ゆ く., J よくつ ね 

打濡. て 見 ゆるに、 聞く 我れ は懷 かしく、 手早く 披 きて 見れば、 之の 夜の 最期 を 知う 紛 はで や 墨色 常時 

^まして 濃く、 a 微雲棬 啓 南 軒 萬 里 賞 看 月 一 痕 常 避世喧 夜來靜 核 林 i§ 所 叫 孤 猿、 さ 書かれた.^." 

お & かげ わ も か ふで あどみ そこ る こ、 Aj こ っか た 

さらで も 面影 忘れ 兼ぬ る を、 筆の 痕を 見て は 其處ら 居ます やさの 心して、 之れ よさ 摑 まん^ すれば 手 

むけ か 5 けむ 9 た をび く わ いま き や 5 がい L たま ぎん げ つや fe もむ きみ 

向し 香の 煙の 靉靆 くに ど あるで 松林 深 所 叫 孤 猿 € は、 我が 今の 境界 を 知ゥ紛 ひての 吟か、 月夜の 景趣身 

L あほ ぶか いまさら を んだど 5- せき J& が 

は 染みて 哀れ 深く、 今更の 規 留めん 關は なくて 琉れ ぬ." 

にお B ま か かたき 5 S から .9 て あ ピ の ほか L や- 5 げん 

四十九日 果 るお 待ち兼ねて 、 仇敵 ちた きょし 御 家老 の 手して 申上ぐれば、殿に.^5-外ならぬ將監^ て 、 



む ねん ね ゆ あ M- がた ね こどば くだ ねが ひ むね さっそく y-r れい ほ なび -S か r- 

無 今 s:^ 思す さ 難 有き 御言 辭を 下され、 願の S 早速に 開き 屆 けられて、. 例 はなけれ^ 譽 まれの 旅立で S 

の i せんめ なさ かづき が SI..!!- ほん も >r- たつ め で た<き さん しゅび ないど また Is 

延び たるま ゝ 御前に 召され、 掬 否の 流れ を 戴き、 本望 達して * 出度 歸 .® 一せ よ、 さ 首尾よく 翻暇紛 はうた 

t 、ろ はや あ も い かね 《- をく よ, 7 ゐ ひ し んケく よ つ:: & せん しゅび かた こ 、ろ 

i 心 逸れば 明日 さも 云 はす、 甞て 薄々 用意し たれば、 をの 日 親属を 呼び 集へ て 御前の 曾 尾お 語 Ay 、 心 

ばか G- みづ さかつ き いへ あ >」 たちの にやう か Si ばし む かふと み た く ひ SJf かへ くもつか り 」-. び わら 

針の 水 盃 して 家 を 後に 立 退き、 城下の 土橋 前途に 越して、 見送.:,' の. < 々を歸 し、 雲 抓む 万里の 膨 草 

e かたあし ふ い さほ?' S- わな をら かせ さ. a ざ., 23 ねち ば あめ み かたあし き 5- >i\ を にも むせ 

鞋 片足 蹈み入 るれば、 棹 雁 渡る S 風の 騒ぎて、 難 木 山に 落 蕖の雨 を 見せ、 ; i 足の 蟋蟀 薄 霜 乙 を 咽 ふら 

む しゃ..., 一 g;JS よ <*- >t.xM か みお ち <^A\f^f も たづ is さ;. だ い V; ん く b ど お 

武者修行 さ 姿 を替 へて、 道筋の 國 々道場の ある さ る は拽 れ なく 探ね て 江 へ 下. o、 繁華なる 土地". J て 

しょこく ひ ど あつ - しばらく こ , あし ど 4. こ、 ろ が たづ かね L あき うさ たり ちゃう 0,^ まひ み ■ やつ 

諸國の 人の 輻 後れば、 暫時 此處に 足 を 留めて 心 長く 探 ねんさ、 嘗て 知る 商人 を 託み、 町家 住居.^, OIS を 蜜 

9i ► ち て • が/ > , , こん ,ひ ら まう で びんせん こく わた ふ どに つ 1? かし S ま, にさん 

して 一 年ば か 少^の 手 掛<^& けれ は 金 比羅詣 に 便船して 四國へ 渡. o、 不斗 似付かし き 話 直^ 叉 山 

ゐん だ,.' S ^$ じ や,. -か たづ ひど いま き や 5 ゆ を. L >rt あ |レ 

陰 道へ 入 ゥ て、 因幡の 城下き 探ね たれ^も の 人 今 は 京 行きた るさ敎 へられた るに、 用の なければ 足 も 

>0 しゅったつ ふけさう か W てんが 5- かほ か < しゃくはち て 5 ち こ き や, 9 S かさ ま f 

留めす 出立して 普 化 僧さ變 う、 天蓋に 顔 .£1 し 尺八 Jbl 手の 內を 乞; 3、 京に 宿 を 重ぬ る rj^ や、 叉 一 ^歲. - 

^Is ひぶ ぁノ - , お s| さ- へめ. > 3 たき や 5 ぬ あ 5 み くにみ, j> くお S ど は 3- まの かみ じ や I 

似合 ひたる 人に も s&cr ねば、 大阪 を歷廻 京 を拔 けて、 近 江の 國水 口に 來. o、 鳥居 播摩守 さの が 城下 

たづ £ ま ,\」 で, U ひ さ 

を 探ぬ る^き よ, o、 今 rvJ のさ まの 铀乞 に窭 しぬ で 

(其 五) 

い しづゑ か かみめ. &. L つ *• だ St くばし らかケ にく ほせ なほが ま た ゆき おゆ ち **?んげ ん くろね 3> ^ f 

礎 鹿 島の 要石に 繽 きて、 大黑柱 數へ馉 き 程. Q る大搆 え、 奥行 tt 覺ゑ ねき、 間口 十 何 間 か を 黑逾の 土藏に 

俠 魂 】0 ま 



I 侠 魂 ^ . 

して、 ^1 の k ん ねま 五り も" i->、 服_|1^^ね亂を三^^.-に^みぉて、 i 舻 けの^^^ さへ^え たる は、 時 

fc" t<Mj さ a- き A へ つ *<ら れ& こ 》*<1 ひ こ や. L や, C かお ふや もろ ばん の _ > で:.?!!^^? 

を li へす m 先の 栖に來 て は 歸る乙 鳥 さ 同し く、 子孫 曾孫 玄孫の 數を殲 して、 算盤に 乘 せたら は 出店 十 

まも あるべし で ゲ ss 商賣 休みて. 乙の 見 店 1 體に 格子 U; を 立て たれば、 何賣ら る、 やら 知らす.^ 見 世に 

M びて、 四 i に 六 II の Sgil れし處 ろ 僅少 》 る板揚 ありて、 衡木 門き やしゃな,^". 鬼 も 角 も 水口の 滅下 

き た ほ あき 5 さ しにせ たれ ひどめ > 

通っての、 大 商人の 老 見世^ 誰に も 1 目なる かしで 

A ぶ &- もん あ さ ふ かみ <1 も JS-SJ ひど で ぃ3 'しげ さくけ ふ 乙 ゑ かも も け ふ こ />9 

衡木門 明け 放して、 上下 杯つ けたる 人の 出入 繁く、 讀經 の聲, 微か 独る、 は、 今日は 心さす 佛 のおる も 

おな あま て 5 ち よう われ こも ゆ あ ね も もん せん た あるじ お f 

覺 ゑた. 餘. 賑々 しさに 手の 中には 用な けれ <^、 我菰 を搖ゥ 上げて 思は卞 門前に 立て は, 主人 か £s 

あま ふるせん もん や 5 ち あるき わがた ち .4. がた みビ もで &ひ ゎづか , , て- > うち 《1„ い • , い-, 

はれて 六十 餘 る古禪 門、 家內步 行なから 我 立 姿 を 見 留め、 袖. I 乙^の 僅少 なれ.^ 手の 內羞 らせん さ 云 

よど はわ こ *- しか かぶき もん <*v かほ ヮ、 やぶ てぬ, ど ほ^ ど^ろ I 

ふで 呼び留められて は^げ も 得なら す、 小腰龜 めて 衡木門 を 潜 6、 顔 包む 破れ 手拭 を 取って 程よ き處の 

つちて ゥ われ 3 かた e け S 0ff^ か ぶ L をの ベ, TK" ふ y ^ 

土に 手 を 突き、 我 先つ 忝な しさ 云 ふな 兩刀帶 びて 假ゥ にも 武士 を 名乘る もの か 町人 風情に 土下座して 

か 5 ぺ さげ. S でき $ を や じぎ こ、 ろ ぼ, ぷゾ ^3 

頭 を 下る は 得 こも 出來 じき ro€ なれ <^、 一 初め 乙 を 親 人 k 辭義 する 心, にな ゥ て やう やく ffl 念 を 押へ た 

tib らひ お. y にお まわ >A> けん くせ つ. ころ から ふ かせ を K . お 1 

れ、 慣習 は 恐ろしき もの や、 一 日 廻る 數十 軒に 癖の 附 きて、 この頃 は 唐土 吹く 風の 何タ、 も 思 はすな 6 ぬ" M 

ふるせん もんこ. L ぎんち やく あ せに もん かケ かさ たか あ わ てのひら の f - たろ を か た. f 

古禪門 腰巾着 開けて、 錢百 文を數 へ、 二つ 重ねて 高く 上げた る 我が 掌;^ 乘せ、 少な けれ.^ 等 閣に思 ふべ 

ろ 》> 、ゆん e5 r-s せん も ふ ゑ S かう もど が じん み つけ くるま ね これ せに * もん 

からす、 呂氏 春秋に、 趙宣孟 翳 幸の 元は 餓人 あるお 見 付、 車よ ゥ 下 て是 がた めに 錢百 文お あた ふ S い 

A I ひど £ ど かま もち ふるせん もん た もん もし めいわく ^.^ *-K わかん 

■7V 彼の 如き 人 さへ をの 如し、 乙の 搆ぇ 持た る古禪 門が、 只 百 文 かさ 蔑ら れては 迷惑な 錢 和漢 



£6 てんか たから も ん せ a り や f と ど け ふわ ♦ を あはた こ、 ろざ t ほき こも 

共に 天下の 大寳、 百 文の 錢百兩 さなる 事の なから め や は、 今日は 我 か 13 き 兄の 爲めに 志 を 施 は 乙 を I € 

われ つね こじき おも. & けん い おか もちつ か さく お、 & 

我お 通常の 乞食^ 思 ひ、 意見め かして 云 はる ゝ乙 さの 可笑しけれ^、 最少 さ 孝行した き 父 を U くな して、 

ね ど Lis- み をつ か われ あや ほ ふるせん もん こどば かる/、 き .CA 

同し ほ^の 老年 を 見れば ひたすら 懷 しく、 我ながら 怪しき 程 なれば、 古禪 門の 言葉 輕々 さは 聞かす. - 若 

げ せに かね め 《- り L だきう ば こし も W ひ がさ か みか は 5»* さけびた ばつ 

氣の 1 すお;!: £錢 金の 冥利 を 知らで、 抱 乳母 侍婢 id 日傘 さし 掛けさせし 身の、 加载 負けして 酒 浸 ゥ の 罰 は、 

ふる, も まさむ;: J せ K は ひど のきした うろ た、 ちよく ば S り 5 く し fls- しる あ ふ くち ひど K き 5- めし い 

古菰の 正宗 を 匂 ほせて、 人の 軒下の 雨露に 叩かれ 猪口 一 杯 粒々 の 絞 汁 鯨 飮<> し 口に、 一 握の 飯 も 入 

ころ お をろ あ S さ 5 つ いた *、 き せに & だい & くつ 

らぬ rJ の 頃の 恐し く、 ふつに 愛想の 盡 きたれば、 頂戴た る錢 を土臺 にして 何に 噴; 3 付き、 せめて は 

ばくはん wt ら t 、ろ 5 しほ ^ つ <ら は を. し き ど fj よ 1^ しゃ^^^^-き 

麥飯 なさ 腹に したき 心^. - 打ち 藝れて をの 塲を 繕へば、 さゥ さは 知ら 卞話 k 乘 の來 て、 老人 は 正直の 

いもが 5 ち ふるせん もん SS くち 5 づく 3 ゑ こ e き たむ 53 

もの かな、 忙しき 中 古 輝 門人 口に 蹲踞 ゥ、 乙く さ 笑みて、 乞食 種な しさい へ^も、 生れながら 

こ じき まれ み どころ は を さか yJJ- ば Lf W ビし is- い こどき S げんか ひ 

の 乞食 は罕 なるべし、 見た 處 まだ 花 は 盛ゥ の年榮 お、 殊生氣 老人の 云 ふ 言 を 聞く さは、 意見 甲斐 あ. 

はんまい ひど け i ほどけ よろこ わ ヒし わか ころ ほ にん さ.^ もこ 

さいふ ものな ゥで rJ れょゥ 1 人前の 人に ならば、 今日の 佛も * ばれぬ らん.." 我れ 年齢 若き 頃; 5 人相 少し 

$ ね お ほよ を わふく むね 5 か こどつ ね をの は- 5 35 み ひたへ ぎ は 5 ん き た まゆじり ふく 

學び 得て、 大槪の 禍澜は 胸に 浮ぶ 事 常な. り、 今 其方の 相 を 見る は、 額際に 運氣 立ちて、 眉尻に 福 あ. o、 

こ 《?r がん によ こ 3 よかた れ £- ほふ ほねい や みあ や しらせ 

眼 は^ 眼に 似寄.. て、 是れ さても 先づ 善き 方な.^、 兩頰の 骨に 可 厭なる ぁゥ て、 身 を 過 まる 前祥 なれ^、 

AJ 、ろ つ、 L つ 3り さい は ひ あ つい は を. L きょねん はる をが た こに き かさ たち 

心して 慎まば 畢竟 は 幸 覼に逢 ふべ し..^ さて をれ に附て 談話 ぁゥ、 去年の 春 も 容姿 を ぼ の 乞食、 門へ 立 

上 S ベ 《• き S を がた r,t ものね <3 な やどな にん ま &こ ゐん 

し を 呼び入れ、 病氣 あ..^ さ 云 ふ.^ 捨て 難くて、 暫時 物置 小屋に 留め置き しが、 乙の もの、 人相、 眼に 隱 

けん きづ ほか ふくも S か ひど f S ビ はづ で 5S- & をの 

儉の瑕 わうた れ^、 他の 騸 相に 勝たれた る は、 よしある 人^ 思 ひし.^、 正鵠 を 外れす、 出際に 名 乘るを 

が.^ I 仆 i か y1i^§l S ,fl A は vimil 



俠魂 I 10 八 

顯画匪國國ー 罂 I — — — _ == 醒| ■ = 疆國 隱 國==|ー|5 = 國ー II ■ lull 

き M ^ れ きく さむら む やが たいこん 上 ひど 5 たの き 5 おんわ も 

聞けば、 S 賀の國 の歷々 の 武士 て、 止み難き 意 恨 は 寄. =-、 人 を W ちて 立ち返き たるよ しな 6 で 舊恩忘 

ト : i-5 > r t .s まひ せん くに IS をい け e や <. しゅ をべ L3 せつ、 あ つ ろくだか 

t すさ& ^して、 ぎ ■ の iiK ふたる 末に、 今 は 肥 前の 國蓮 池の 城 生、 鍋島攝 津^のに 有 6 付き、 祿高ニ 

て i ^ f5 つき かた き われ たも かほ いだ はばか 3- , 

百5:1^£は、 tKt.- に 有る 1 "じき 出世な € 語る を w きさが めて、 我 は 思 tt す 顔 をのし 出し、 憚な から も 

r ゝ 5f a 5 S 」 る&ん もん をん きつ ほ 3- £- かく あぶ ほち どん U こ ケ C 'み、 ばた 

. の^おの 船が は^ぎ を くれば、 古禪門 何の 氣も附 かす、 堀 ざ 云 ひ掛る もき、 虻 S 蜻 齢の 小僧 耳 端 

t Jt t た .s- ゑらん よ S をて おく は. a 

へがて、 §^5 さまさ 呼べ は、. 4- S と 立ちながら、 伊 右 衞門さ 呼びた. 2? で §K ひ捨 にして 奥へ 這 入.^ た 

i 一 

r> V- b.i IsfiaA^ ミ L ろ tol*: ふ. L を p c T わけ L いか 《«•>; つ * か われ 

1^ はすぎ のおされ て、 お Fi^ が 後 影, S 拜む を、 4 僧 tt 譯も 知らで、 肩 怒らして 跡に 付く も 可笑し.^ 我 は 

に を^ 鹹れ、 杏き、 S< あるお きに^ら ひて SI へば、 因果 車の この 世 は 俗眼に 知. -難 きど 

C ? ゥ きひ みち 5 めた かめに ほん はんぶん さが , ,f わさ > み、 

かし. - ^をお てよ 6、 三:^ の 月日 は 短 か、 らす、 鵜の 目 鷹の 目、 日本の 半分 は 探した れ^、 隱 さへ 耳に 

f ^ :*5 りケ ^^^fe せ もん たの づ ゥる ,£ か X ねんらい かたき . み » 

せ し I た 日、 さる: なくず く 門 ciiT 錢百 文が 自然。 ヒ蔓 にな て、 問 はす 語 <=> に 年來の 仇敵の 身の 

ゝ ビ ら £ し ■ し LC- ぶつ か & 5 たが を やび W たまし ひ みおび > せんこく 

お、 ぎむ P ぎまで, か J:^ 知 6- たる は、 佛の 加護 疑 ひなし さいへ ち 親 人の 靈 魂の 導きなる べし.. - 先刻 

の Si ほ、 :^さ なく^^ をの ii にて I" かし か ,o し は、 親 人 彼の 身體を 一 S 借 られ て、 仇 譽の有 所 を ロづ 

^1 . fci ぶゥ しんさん iscs おし を やひ ど * &きた 3 みちび ほん も vr たつ て, 5ft t ゝ J5- 

"ら 1? 乂 がらせ 1 ひしに て はなき かで 佛神 三寶の 数.^、 親 人が G 魂の 導 引、 本望 達する は 手の 中.^ . ^心 

<• CI -a . J5 まろ し i まわり あくた らう む こ £t きおが ひ かしま の、 し . 

しき. ok 點 まれ、 ^1^に1しぎ^£轉べ-は.、 知らぬ 間に 周 圍は惡 太郞の 群れて、 乞食よ &氣 よ^ 囂しく 罵..^ 

お ir 鞋 s のく や S にど? て F がけ、 f はまくぉぃ あな si る.^、 mf.s,tr. &に頭 



かくお. s だ こ さか しげ かおせ さあ お 

を隱 して^げ 出せば、 小賢氣 に勝鬨 上げて 追 ひけ. 

こ、 ろ はや き おん や かる を. こも ま S 5 ろ しの あし いた み e つか の <, 

心 早 ゥて木 賃に宿 借 乙^も 惜しく、 菰 一枚 は 雨露 を 忍びて、 足の 痛き まで 步 行み、 疲 るれば 野^も 云 は 

や 》* ふた ふめ さ また あゆ の まよ <; ち K ちしよ く Z 

す 山. 5,」 も 云 はす 臥し 倒れ、 眼覺 むれば 叉 直に 步行 みぬ. - されば に 迷 ふて、, 一 日食 を斷 ちし 乙さ も あ. c>、 

i ゆきく さビ で ♦J-J 'めの き さへ づ やね む 5- む a- かさ た かた 

山;^ 行 暮れて やう やく 里に 出れば、 雀 軒に 囀 て 一 夜寢ぬ こと. 、ち あ. で 無理 id 無理 を 重ねての 旅 も、 ^ 

& 、ゥ ばか いっしん てん つ ゆ。; からだ こ つ、 が 5 れ あし た,? ち C- きの, £ 

響 んち たき w<> の 一 心、 夭>に 贯通ヒ たる 敌か、 身體に 少しの 恙なく、 嬉しき足の當地へ入A=^しは、 昨日 

の 今頃な 6 けん. - 

た ち t も も C L どつ f ま さまよ f におけ け, * . & ゆ 5* 

當 地の 檨子少 しも 知らねば、 取. 付く 島の なくて 徘徊; 3、 役 もな く 一 日 を 清して、 今日は 如何にして 探 

> » ひ.^-"^.^み乂 I ^ ► て. だて わかば み: S- &ゃ かき み も や を i はから をみ ゝ た .t』 ま^し fij 

ら むさ、 獨 案の 胸ぐ るし く、 手 W も 若葉の 綠屋の 垣に 身 を 凭せ て 憩ら ふ 中、 不 W 耳 を 立てし は 大越氏 

たか S ゑ e ゆつ くわい た たま 4HL た J ひど み I かへ つ わがみ 5, へ 5 ま、 こ、, i 

の高聲 な. で 述 懷 ^:^堪へられ紛はでロ走,ひ鈴.ふは、 人の 身の上 ならす 却て 晉 身の. にて、 今迄での 心 

くる のさ か ビ はる みつ むね ^4./\ 5- ゑ も A いま たけ だ あ さ ゑ もん の f K. くビか 

苦し さは 長閑に 解けて、 泰の 水の 胸 は 優々 た. 伊 右 衞門今 は 武田淺 右衞門 さ名乘 .<:v、 過ぎた る祿 高に 

も, た 5e や 5 わか ど の 5 L V, ォ, C やく ぶんめい むら か fj? s !<, ;&ん こ、 たし 

製を据 へて, 當城 若殿の; i 指南役 もさへ 分明 なれば、 観 ふに 難き rJ さばな く、 伊右衞 門是處 にあ 4 さ^ 

/-ゝ て • ほ乂も f け ふ >4 もど L さい ひど 《>ね を た ほこ レ!-ち よか *ーの f^- ぎよ 

力 れは 本望 今日明日に 遂 けぬ^ も ff 細な し^ 衢 笑まる、 折ゥ、 大 越 氏に 呼; 5 掛けられ、 忍 ふ Jis- の f 

' 3^ . こ なき , ^がた つくろ こ、 ろつ たま み しか さいさ まや 

^さして 覺られ ま t^s 食の 姿に 繕へば、 心 附き給 はぬ さ 見えて 叱られた <> で をれ を 幸. W に、 足早に 

K いだ かたき お かづ ほケ かた む.; J ねば あは こ Je- つゆ あ ふ 3 こふ 

迸:^ 出して、 S よ-/ \. 仇譽に 近かん 躋を 固め、 胸の 寐. だ 刃 を <r 口す る rJ の 小屋に、 入梅の 雨の 叉 降ゥ か、 

1* ん ぎ L a< しまつ か 5 そら <s こ!. J ふか ひど >i,» し き f き, T- はこ A さ 3 やく き ちが ひ じ : もば リ 

る難義 至極の 仕 末で 辩く 打ち 揃 ふて、 信實 深き 人々^ 知らねば、 窮鼠 猫 を 嘴む 作 S の J&k 染みて 面 恥 か 

俠 魂 I 10 九 



俠 p 魂 一 ^ I 

'& c>» 251 >ffe\ c p? も-. > <ss ちち b .s の も いのち 3 お ろく もが ものがた W みやこの a 二 、 

し、 1^ し 1 えがぎ e^.- 伊 右 衞門首 k せぬ 中 は、 我が 命 》ら ぬ 命. - ^廻 ゥ雙 六の 長物 語 は凉 上. の 是處に 

f て、 Fir 拭 1 ふせ &。 <fs0. ff 

あ ふぎ K わ いも, ^ 

二つの 扇 俄かに 忙 かしく 動く"^ 

ぎお 酽 ST^i む 1^ ピ獻の ffi いして、 極めて 聲を密 め、 若し 我 身 ざする %、 人に はな かく 語み 難き 大深 秘、 

f I のか? ふた W さむら ひ たも は& たまこ、 ろ ちか & ろき へ ゑ かた マけ 

よくも. 靴し t.^ された 物數 ならぬ 二人 を 武士 € 思 はれ たれば こ そ 話し 紛 ふか 心、 近頃 喜兵衞 忝 な 

2 い く 3 り a わ 5 ちか ひ た けつ たげん しょてん ばんじん せ 5 らん はん 

く if ぬで をれ は對 しても、 熊 野 午 王 を 誓 k 立て、 决 して 他言 はいたす ま 卜. - 諸 夭 万 神 も照覽 あれ^ 半 

, I k ら ts? r- z わ ど 《- をづ -e ん われ さむら ひ S ビぁ 

爾の 1^ を れば、 Si の を銜 かに 止めて、 しき<^は首肯き、 二言な き 我 も 武士. - さ 云 ふに 解け 合 ふて、 

t ; X ttf slzi かげ 50 ね X ここ、 ろき よ もこ た 3 が. I は あからさま , 

が i の^ STI^ は、 ョぶ め 齢に 一 りの 影 も 止めす、 男 心 淸 くして、 底の 玉 柏 も 白地?..^ 

, . t E , b さも. e ん & LA^ fis げん 5 つた の ひ VJ づて きこ - ► k 1^ き 力つ : 

yp^i: おの &右, 衝門、 御 親父 將 S もの is て 立ち退きし さは 人傳. ^聞え たれ^ 元は 彼奴が 

、 J iiy^t ね c,A ん *j やち くせもの どく にら わか どの & L をん まか た あや しれ.^ の 

^^ょ6^でし^&|なるべし.^ ,奸邪 智の曲 物 さ 速さみ 睨み、 若殿の 御 指南 住せ 置く は 危ぶき 白 徒 S 

Si へば、 is ち^す か、 ^を Is^ くる か、 何れにしても、 永く 安穩 はは 置かぬ 心な-. しが、 多宮 氏が 苦 

; g を酽 きて;^ きひ 1 さ ii? した. -.^ ど l^t, 半亂の 言葉 を i\ けて、 三年 附け覼 ひ 給 ひし を、 助太刀 は 

^ぎな き ざ^ら むで せし^く、 献人 首尾よく 手引して、 W たせ 申べ し. - をれ k しても 此處 k 長 

^ C C W 9 らゃ わ ,1 ら At ひも しの まふ かくら いま まひる ひビめ 

く^ひ vs、 きに ぎて て^ふければ、 我等 方へ 密か k 忍ばせ 申さん 格 期 なれ *^、 今 は 白晝の 人目 

T ぉ蕲のi鲈i:^ぁA^ては、 の 十^の i みても I あらす、 窮屈な-. もも 今少し 忍 ひ 給へ、 二日.^ 出 



5 お _ 上 ひも むか きへ ゑ まんめん <» こど み r せ A** け ^1 V, U. / f. 

ぬ 中の 夜に 密かに 迎へ 中べ しで さ 喜 兵衛滿 面に 誠實を 見せて 云へば、 仙 助 はらく し、 がん^^ 

おひ ち を {9 ねよ ま. JVJ せん キけ まふ こど * t やく 1 ん も 3 ヽ a』 J , 

の 面識に 血 綠も及 はぬ 誡實 は、 仙 助 中すべき 言葉. 1- なし. = 若ゃ# もの 、後き 1^ まへ、 §iふにのみl^.^てgの 

, L ばんじ たの つ *- こ ば や t ミち ft^ucL V はか た 3 くわ. さ A £ ど *-5l^e5£i 

破れ は 知らす、 万事 赖 みの 綱の 4 林 氏、 大 越^の よきに- 财ら はせ 紛 へで 懐中 探ク て^. =4 す ii^^w マ S 

前に 置て、 僅少, なれ^ 金子 二百 兩、 不時の 用意に 肌へ 付けて、 路服 事 は W の. 殿 S る 一お 115^ に】 ゥ 

も かたき はか ため へだてつ か た S t >i 

け. cs.- 若し 仇警を w る爲 はなら は、 隔» く 使用 ひ紛 ひて さ 押し出しぬ P • 

大 S 半藏 小膝 ぼん W 打って、 有る ま 卜き 御 格 期、 無にする も異ナ や., もの 务 .0、 f 

のば きへ ゑ いそ 30 め や 5 まき ねし かへ 乙れ か、 2 ふよ 5 1 

を 延すを fDin 兵衞 は忙が はしく 留て、 胴 卷を押 返し、 是ど S さし 懇, たる;;:: 用 もまお 覺 えす P 用 わら は 

け" ねん 3* を ひ ざ かた, <b ど さっき た ほこし は を L た f?i タ S 5ビ ゆさん Ji- - 

掛念 なく. S. べし. - ^膝 傍の 刀 取. て、 先刻 も大 越の 談話 を多宮 氏の 聞かれた る 如く、 油斷は 少しもな ゥ 

難し、 万 寧は またの 見 參に盡 さん、 必 ら卞迎 へ 申まで さ 一 鱧して t 且ち r がれば、 き のお だ 

- k t $ おく せん け きしべ あし もこ そよ み き m- tl^ ん ピ 5 

めかして、 小屋 口まで 送る 仙 助、 岸 邊の蘆 k 少し 戰ぎ 見えて、 よし 切の 聲 近く、 一ー^< の glfe さか うけ 

めで. ひぶ を さ せん .i. け S3 ひど &くら 5 わ を むポ ^ >£ A らビ ! rf 

愛た き 人の 情け 仙 § は 今までの 獨苦勞 をから. ど 忘 るれば、 無 T に疲勞 のぼで、 W の^, かさ 1 が 

} ねん や を ねむ ま & こお も こ て あ. J ちゆる £ ^ 4y-^ -b 

し^ 三年 安らか 眠らぬ 眼 重く、 凝りた る 手足】 時に 緩 ひ i^、 堪へ 兼ねて さな 《、 Mi れし& 1 

さ ひら、 |フふ 日は麟 S きの: 仏^して、 &^-ゎ1ま.。なき^しぶ.0の|^めは、 00kff,^. s.^^ 

おもて A* く をね か み がる こ L ら も あし A. あし Js*y】 '^- • - ^ 

J ^面お 隱し、 脚 高ゝさ 身輕の 持へ、 素 跣に 砂を嚙 ませて 足音 を竊 み、 次 鋭に:^ ぎへ、 ひた ゥさ! ^を せ 

侠 4 ニニ 



—俠 . 魂 ニニ 

「 て^を^し、 慨腸か Ki を ^ど 職って、 すら ゥざ, き&く を 後へ 逆に 隱し、 猿れ M 上け て 忍び込む 

t ^ C ^fz 5 LS した き 5 'くび も >Jt.& くち くわ & を か つき わ 

W は、 やが て^ち 出し &、 鮮氫ぽ たくさ 滴た る 切 首の 髻 口 は 喰えて、 亥 中の 月に 笑 ひ 

^^^しく、 截 が ゥ て の Is れを 1 ふさき、 一 團の雲 澄む S お包みて、 波の 泣く 昔に 閬は 深みぬ. - 

(其 六) ( 

iil の ItMS ま-て • は、 ぎき 動 3 き^ Si のお を!^ かぬ M€ 百, し.^ されば 人 ふ. 命 惜しき さの み 知 

一 ふ * く ゥ e しゃ ま, し やく で 5"..^-^ だ. S せ 5 で ちから たの づ 

.0 て、 がの 惜しき 乙 ^は 知らす、 風 俗 華奢. にば か.??.^、 役に も 立たぬ 細身の. K 小刀 k 腕の 力 a 自然 さ 

^ けて、 MP 十お も || ぎたら ばお の It^ も るは聽 ぎし かるべ k 人 躓け^ 起して はやらす、 飛越して 進み、 

is^ る! ^ゥ ものに &ー を, かれて、 鷺を烏 さ KK はま だしもの 乙 さな 6、 馬 を 鹿 さする 襟元に 附 きたが...' 

て、 ぎ i の!^ S^S^J- ぎみ P る r 象 2 リケ龜 ひ、 ふ 男 R 儿の 魂 用なくて 下ぐ る 頭の 先よ 4 逃せば- 腸 

は ii>^ に S み v4S なく 麟 なく、 is く. らげ摘 ひなる 乙- A. < 口惜しき. - S 我れ 鐵石 にして、 足輕; ^も 

1-ぎぁれば^^4^げ、 ぉ魟 もの、 liij に はお isi けす、 鷄 群の 一鶴 並よう 毛色の 變. -て、 あたら 筋 S 

M の 艦 を is ちながら がは^の ^^ゲ 齢 俗^も、 ~s るパ ど; kK?€ink せで、 祿を 不義の 五 Tit 米よ-. 嬉 

しが て m す^ nilJlKi.^ itnri 獻 の;^ Is^ て、 ^もし 敏も Is き 草 靴 も 作る 調 男 さたり た 二人 

し、 戯れ IklpM^li- に^^の^ は, 虹ぎ さお^る..^ さは がらね ど、 & 丄に 騒ぐ 鼠 は 煙管の 雁首 k 1 さ 

5 & どこ こ ゝろ S . せいひん あ;^ ^ - ノ D 

打ち、 義俠の 心 一 す 卜に 迪ゥ て、 淸貧洗 ひ 晒せし 如しで 



おや *-» ふ * どこ i ひ 3 く こよ ひ! i& *め ひて ti- 々さ つち ビ 3 ね つく か 

調 法 男 に 1 さ 夜の 暇 を與れ て、 今宵 は 話し相手 もな し、 慰みが てら 藁槌を 取って 土間へ 下り、 作ゥ掛 

.eft-^c- » Be ».„ や, T- い そく もく 上く かぎ よふ ゆ し 《' っゝ せ^ 

けの 草鞋お 編み 1 初めし が 興に 入..^ て、 二足 三 足^ 慾に 限 6 なく、 夜の 更け 行く も 知らで 現にな, し 背 

々お あ ひお また た きへ ゑみ、. S お 5 い た あが ししょく. B- た VJ 

口、 問 を is て 叉 ほさく^ 叩た くもの あ. 喜 兵衞; ^に 入れて 應ざ 云; 5 ながら 起ち 土ゥ、 紙燭 片^に 

? C ^5 ど ひら た ぷ あかし いだ こ かげ み かく はん ざ.,' こた た ほこし を a 上 5 

かたく, 自由に. ^^>ら ぬ 月 を 開き、 誰 ど^ 灯火 さし 出せば、 小 蔭に 身を隱 して 半 藏さ答 ふで 大 越が 何 用 あ 

.sfa& ろ つぶ こた ぉビこ ゐ き 上 ひ S や あ も か 

つて 今頃で ^唆 やく.^ は 答へ で、 下男 は 居る かさ 閼く、 一 ^夜の 暇 を 遣り たれば、 明日なら では 歸 へら 

い きへ ゑ こ 尺へ き B ん ざう がた あら. a 

ぬ さ KK 喜 兵 衞が答 詞を閬 きて、 半藏 ぬっ^ 姿を顯 しけ. で 

. ?, ヽ „ ^づ. c^f i;$t? - k > て ぬ々 ひ ft もて つ、 f5 り はし を み がる をが た. S さら あや L くも 

年 常に 》 き 半 藏か擧 動 不思議く、 しかも 手拭 k 面 を 包み、 尻 端折.^ k 身輕の 姿尙更 怪しく、 紙燭 持つ 

こ くび かたむ た きへ ゑ か 《* はん ざ 5 あし i-c あら を ほ ちい つ、 <:-3>< ち は L 

たま \ 小首 傾けて 立つ 喜 兵 衞に關 はす、 半藏は 足の, れを 洗;: S 終-^、 ^^'さき包みものを入ロの端に置き 

こ. 3- つ、 か、., あど ビざ あゆ ざ f-s- s さ S こ ば や L こ/' きつ 

て、 菰 包み を 抱えながら 後 を 鎖し、 卞っ ^歩みて 坐處の 中へ 入う、 林 是處へ € 坐る. - これに 氣を附 け 

, を や、 ュぉ かほ K んざ, 5 むか ふ は, つ ひざ も、 « んざ うと も ひ を 

られて 跡に 添 ひ、 稍々 腑に 落ちぬ 顔して 半藏が 正面に 坐れば、 突くばか<.^k膝を進めて半藏sを密め、 

お f v^^^v つぶや ふ どころ さ々 きへ ゑ ひざ. r へ お ね も . ^ねつ、 

S はぬ 得分して け. 眩 さながら 懷中を 探. o、 喜 兵衞が 膝の 上へ づし. さ S く は、 重み J^L るき 金 包み 

P - I ^^£> I , / ね f , * * いや ひへ からだ L きへ ゑみ ぶる ひ み はん ざ 5 

何ん の 尊から ぬ もの^ 居へ は、 可 厭な 冷氣の 身體に 染みて、 喜 兵 衞は身 震し け. で 之れ を 見て 半藏 にや 

わら ^ きへ ゑ 乙、 ろ わる さげ をみ K こどば きへ ゑ を どこ はら い 

く^ 笑 ひ, 何ん ざ 喜 兵衞、 心惡 きもの はても ある ま t." さは 蔑視 果てし 言葉、 喜 兵 衞は男 ださ 腹に 云 

はん ざ *- にら お ほ -J し t ^ 5 {ぴ 3 あど どく は&> f, 

はせ て 半 藏を脫 め、 大越、 是れ ほ^の もの を 何 如して.^ ビ首を 曲 ぐれば、 後 て特と 話す はで さ 云 ふて 

f"liidir.i ^^^^^ はば is A は visil 



侠 魂 In 二 四 , 

fft さ 先ぎ, r く お ぶ? PC ムひ、 sp^fsi. 何 さも 合點行 

かぬ ボ 6.^, るに、 ず iK^i を^み て 編に i を せ、 年藏 が 爲るこ € を 見て 居れば、 やがて M 包みく る 

く € ぎひて、 I れさ ssi^k 酽 せて I 大き Is す は、 の. 巧 4 ず、 5n 晝見覺 えの 仙 助が 所持な. -で 最 

s?ylr は^られす、 をれ はさ 11 して、 虻う 何して のて 手 は. -叉 坐. - 直す を、 半藏 反.. 身に な. -て小 

しく はなき か、 何に しても 乙の 光. < ^はう S 奴よ、 ^鶴 を 乙ち ウ^ 彈 きけ ゥ" - 

おきか, & しき にぎ ^iiii^ さぎぎ f ち、 1 かな 6 半齓、 云 はすば 此方より 云 ふて 聞かさん.^ 白畫 

St きひして まる sis つて、 l¥si^ は ■ あひな?、 識 のぎ たれば 傍輩 

! あさ こ にき かなお もじり こ じき たの 一 

なり、 れ 4^1 腐 ttrt^M 貝の?^ f なゥ。 ヒ いへ ^も、 今 は淺猿 ましき 乞食なら 卞 やで 片 面識の 乞食に 賴 まれ 

て Si を S す は 1 ぎに あらす、 & IICNKJ^l 鶴して \不 がぶ^-^、 ^^に!^ の 相談 あ.. で 武士に ある まじ 

きこ さゝ雕 はる、 かがら su、 今時 義理 は 入用ぬ 乙 さどで 四 知の 恐れ 芑 いへき 誰 一 人閬 くもの もな けれ 

ば、 辩 1^ を i すべし さ ひた るれ 4^ の ilii 口 1 なるべし.^ 舻 にも^々 卑賤し き 所業 S 理を說 ひて S せ 

たる Jy、 めの な せ やら 卞、 ^11, まびて たる か. - 言語に 颧 へたる 卑賤き 所業、 即 坐に 心 を 改めて 

に 之れ を i せば MS を^め す、 ぎ llKigM して 酽 びて やるべし、 もし ず W へば 朋友 さは 思 は 

& i^z^ fc-^ & て か はん ざ 5 C やくば か 5>ビ びの しばらく 

t さがお? ni に 船: k ず.^ 褂 くれば、 半藏は 三尺 計 飛 退 ひて、 暫時く.^ • 

^^t^の^のまITげて、 の^へ^ 6、 も&れ は雷& けの もの .^6、 ^林よ く 聞いて 被 下れ、 貴殿 



謝 わ 卑さ 



俠劲 二 



— 扎 ii, は tilSli i は U fi >a<^^^ 



も 我れ も s らる、 通. -、 纏 ひ 付 難き ISi に、, の^まらねば、 辯 あ., て も、 

た ども &f こ か IP 

御供 は 致され ま 卜- rJ の 二百 雨と、 此の 刀 さへ あるから,^ は、 百 ゲゝ^ けぎ ウ,^ して 5^^,^ を!!, や、 

立 1 み翻洪 をす るなら ば、 お^の しからす や. > がまに ife の 5^ 酽は あれ^、 鲈 齢しても 鲈 

たま で & & 、ろ- J や を こ ぶ やし .4,JC づ 

しくて 堪ら す、 つい 出來心 爲て 遣った. o、 何ん ど 小 林、 ®人めきし^Jざnf めにして、 I ノ ざ^^ を鹬 

きで K ^el- あら わら 

る氣は 出ぬ か、 さ 齒莖顯 は k 笑 ふで 

きへ た あが かね づ、 み け かへ ふぎ いのお ずが わか? t r - 

喜 兵衞 立ち上. ながら 金 包き 蹴返し、 不義に して 命 長き よ 4 は、 天 死にしても I を かてぬ こも g る.^ 

しきもの tt 喜 兵衞 欲しく をし、 れ たる 言辭を g く 耳 は i: た t いき 附 Ir てま;^ is へ it き、 《4^ に 

ひん、 來 たれ.. - さ 肩;^ 手を掛 くれ^ 半藏 ハ 妙. i£ 落ち 付きて 動き もせす、 鼻の 先に ふん ふて、 難る さ 

は 誰 k 謝,^ るか- さ 云 ふ 口 憎し ど 睨み付け、 ^れ な .0、 れ夕 きがて かゝる を、 ずん まお みもの 

手早く 解いて、 河原 迄 は 道 遠し、 謝るなら 多宫是 まにあり.^ ざ ふ k お 霞 かされ、 にで さ勵 まく^ ズ 

人る は、 行燈 うの 》EI おにさし^ けられて、 i の ぎめ、 iぎi^^sビs^:?しきgまがi.びな.,.^ aim 

れ てっかく さ 半藏の 傍へ iH.O、 i) 首觀 き!^ みて、 ^て はお ま、 

竿藏 も油斷 なく 刀 引き付けて、 E.-て^d^へば^びるもfもなし.^ S が は Si らの, はへ お^ i、 お 

頃 は 海へ 出て、 餌; す i めの fJ-^?o.^ ^4 たる かぎ?" ^m. だ どに sz"^ らして ふ を^ 

け 取る貴 殿 は、 よき 朋友 を 持 たれた るよ で 乙れ、 無言で &る は? 船が か、 i したがきに & かる ざ-あらば、 



俠 魂 1 H ハ 

CK, ft ^A. -ょ z< Lit a き でん こ、 ろ や たね < ら& こど われ. た 

乙の 首ば かゥ ぎ W へ 葬 て、 正直に * 殿が 心 遣ゥの 種に すべし. - をの 位の 事ハ しても、 我輩の 爲 めの 

だ?. たん & feft * き でん si L 3 よ こ、 ろ きめ か & ど., - せん >*- け 

大旦那 損 は 行かぬ。 なま 中 働めても 貴殿の 動かぬ を 知,.. -、 迷 ふ 心 を决定 させん さ 期く の 如し.^ u^pz 

St きでんた い B こ ば や. L めみ つ あが びんけ >u_ 

の 姿 も、 一 つ は 貴殿の 爲め € 云 はせ も 果て 卞、 小 林が 眼 n 見る うちに 釣 6 上. o、 鬢の 毛む らく^ 動き 

はん? S にん おんお くしゃ 5 ん ち こど S むだ たみ や わ か 5 ; ぬて, f.6B 

て、 人非人、 人畜 生、 汝如 きものに 一 言 も 云 ふハ 無駄な <^、 多宫 への 謝び は 期樣で 芑拔く 手 も 白 の 早 

わざ はん ざ 5 つか て か ま ちけ. 2 'ち た、 ふ . . 

業、 半藏ハ抦^^手を掛くる間もなくて、 血烟の ゆに 二つ さな. て仆れ け..^ で 

かた &ビ $ く おど ぜん- * け f ぴ かみ くら i<b ほ はん ざ 5 くび そ を た みや £ 'ちかた き もくざ , S パぴ 

.OS して 打ちぎ し、 仙 助が 首お 上 坐に 直して 半 藏が首 を 供へ、 多宫氏 仇讎 ハ即 坐に.^ £ 云 ふて 首 

み r &ど むねん かほ. S ろ むか ふ K. しろ くお びる か をみ だ おど きへ, ^ を どこ 

を 見れば、 生ける が 如き 無念の 顔色、 向齒 白く 唇 を嚙 みた 《で 涙 はふ A.^ 落して 1 喜 兵 S 男泣きに 泣し 

しばらく ひビ s- をづ .》-«' せん どかた にら *»5i- につ こ & K ん ざう, L がい ^ ^ さ . 

が、 暫時して 獨み 頷き、 猛然 ざして 外の 方 を 睨み、 やがて 叉莞爾 S 笑みて 半藏が 死體の ft を 弓き き 

<^ べつ < つ、 つ わざ たの か だ 5 & もこ ね はん ざ 5 もき た みやち. T だ 5. かねみ.^.; た を 

首 二つ 別々 包みて 腰に 附け、 態^ 己れ の 刀 は 其處に tts て、 半藏が 持て 來し 多宮 重代の 兼 道 か 刀 € さ 

か たぎ ほ あんせ け .& づ こ ひ どり むし ヒ.^ きけ く;,, D 

し替 へ、 立ち 際に 行燈 消さん さすれば、 何 處ょゥ か 火 取 虫の 飛で 來て 消して 與れけ ゥ"^ 

きへ 5. ゆ さ くろ もんき つ た & つば や f- き へ ささつ たけ だ あさ ね もん .*-;=^>-*^ ,ti >• V 

喜 兵衞が 行く先き は、 黑門隆 然€ 立ちた る 立派の 屋敷、 札 k は 武田淺 右 衞門さ 墨黑く 筆太に 書きた..^ 

s わく ま もんばん じょ みよ きへ & お ま ipf tc ^c.^^^a >. p ^つ Jl-si 

曰 窓の 門番 所に 身, r- 寄せて、 喜 兵 ® は ほざ-く さ訪 ひ、 火急の 要 事 あ 6 て 小 林 喜 兵 衞參. たゥで 

い ね ほけ &ゑ いく び き Jib ほ&ぅ たけ はい L^L た、 ふ は 、u 

む^ 云へば、 寐惚聲 して 幾度 か M き 直し、 應 ^いふて 立つ 氣 配な ゥ." 暫時 佇立 ひうちに 小 門は內 よ 6P 

はい S- ZS い 50 ほ げんくわん ゆ こ 、 わか?' てしょく てら JS , ,• .fr,*sr> 

かれ、 這入紛 へさ 云 ふに すつ ^通. < ^て 玄關に 行く に、 此處 はは 若 徒の 手 S 照して 待ち 一 禮 して 夜中の 

S き t けだ 5 ちみ A L き P xic ひど. み、 き がた せひ て どダ, 卞.^ > 

御 A はさ 聞く、 武田 氏が 身 k 掛か 6 たる 至急の 用事、 人の 耳に は M かせ 難し、 是非 直々 に^ 言葉 確 力に 



い こ、 <» た ばら < のこ 

云へば、 是處 にも 5 暫時 さ殘 されぬ. - 

ビ みだ ぶれい ともた い せん わか ど 5 さ s た こ も きやく S iJ ほこ & 3 つ 3 

取. 亂 して 無 鱧 なれ.^ 此方へ^ £3 前の 若 徒の 先に 立っ^、 之れ に 添 ふて 客間 を 通. 越し、 居間ら しき 次 

2 ゆ しよく-たいわ ま が ほ きへ わ a ぎ つくら ま <- ち 》J や 《 'めん ふ あ LK^C 

の 間へ 行けば、 燭臺 我れ を 待ち 顔な. - 喜兵衞 威儀 を 繕 ふて 待つ 中 正面の 襖 さっさ 開けて、 白地の 

ね 化き もがた まへ たび び, C ばつ もこ ねみ だ み ゆんで . しゅざや め て たば. J 3© ん さ 

寐衣 姿^ どけな く前帶 して、 髮髮 少し 寢亂れ を 見せ、 左手に 朱雜 を、 右手に 煙草盆お 提げ、 玄づく £ 

は い あさ わ もん ひげ ぁビ あほ のこ を こび か め tib ん やく くら ゐ み 

這 入る 淺右衞 門、 三十 髴の跡 靑く殘 して、 底 光.^ のす る 眼に 指南役の 位 は 見へ け ゥ.^ . 

れ? さ L き5 よ. r- ぁ3 わ も んくち き きへ ゑ £ めん ひざ も、 こんに おまつら が K きし 

一 禮濟 まして、 扨て 至急の 用^ は^ 錢右衞 門口 を 切る を、 喜兵衞 御免 さ 一 膝 進ませ、 今日 核^ 川の 岸に 

こ 3 ど ど ひど 511 さ たしか さ でん ほ s- . &ゑ もん ど L 

あ. し rj^ を 微か k 說き 解かし、 人の 蹲^がら 確に 貴殿 は 堀 伊 右 翻 門 < ^のなる べしで ざ 問へ.^ も 知らす 

あ-か こ、 きへ ゑ も き くび づ つみ まへ ほ こ e き ぶんざい L 14>ん やく なら 

S のみな かく k 明 す、 此處 な. 喜兵衞 持て 來 たる 首 S を 前に 直し、 乞食の 際にて 指南役 を覘ふ 

こ ざ e,. 6 L J* 5 か i- き でん からだ あや 2 だ 5- ふ め, 〈ほく こん 

さは 小賢しけれ^、 若し 知らぬ 間に 观ひ よ,. > て、 貴殿の 身體 過ち あらば、 第 一 ^£當 家の 不面目 w、 今 

や ひも ふを& や .L の ね ど 3- た 1- 5 みやげ 》} をな けんぶん くだ い あさ わ も ん i ど 

夜 密かに 艄 小屋へ 忍びて、 寐鳥は 只 一 ざ對 ちで か 土產の 一 品 か 見 分 下 r6 れさ 云へば、 S 右衛門 少し 解け 

か、 つ. 'み せんやけ たき ゆ, f あ を あ みつ わら み お た みや.. 1 や., - げん 》1 

掛. て、 包 さくく 仙 助の 首級、 穴の明くまで凝視めて;^£ゥ乙.0<^笑ひ、 見覺 えた. o、 多 宮將監 が 一 子 

せんやけ .し き ゆ 5 さ s-ro くわ ぶん みやげ あさゑ も んか じけ 5 » f ^ ^ を つ ひど e-K さ 5 を 

仙 助の 首級に 相違な し、 過分のお 土產淺 右衞門 忝 なく 受領 申 e 云 ふ 尾に 附 ひて、 人の 噂 は嘘僞 ならで 

き でん たし ねんた き か ほ; ほ 5 ば S た R- 3 こど み 1&K かく か !• ら. 

貴殿 は 確か 掘 氏 かで 念 を 押して 聞けば、 斯程 傍輩 を 思 ふ信實 を 見る から は、 何を隱 さん、 加 賀の浪 

にん ほ W い ゑ もん は もど だ &ん しめた t 

人 堀^ 右衞 門な う. - ^齒ょ 6 外 へ 出す 一 言 は 駟馬も 及ばす.. - 

けつ f?l '力 は きへ ゑ おさ あが こ き た こ、 ろ いつは 3- 5 2 こど L&^A/ た みや せん ri- け 

, ^相變 ,0 て S 兵衞 跳. 上. o、 之の 名 Si かひ 爲め 心に もな き僞を 云; 3 た. o、 實 は首极 で」 な,^ し 多宫仙 助に 



魂 



たの ほ < い./' よしみ こ, はや L &- へ K,? もい さん を, C ち ひ >J5 ほ SlJ ぶ JJ 3^ し マ 

赖 まれ、 朋友の 和 好 捨て かたくて、 小 林 * 兵衞推 逢せ - 汝も人 打つ 程の 武士、 よも ニ^の 舌 は ある 

ど た あが じん r や. 4- せ. r ぶ なの i み ぉケ ほか 5. も 《« ん. oy- ば ピぴ,, ごさ a 

ま 卜 速く. 一 ぶち 上りて 尋常の 勝負.. - Sc; 名雞. を 上 ぐれば、 鈍く 謀られて 伊 右衞門 言葉 はなく、 飛 退って S 

5 かたて きへ ゑめば やひ ばつ ぬ L ら. K た みゃ^^«.,だ,5 わざ * で なュ こばやし Q! へ 

き 打ちの 片手 镤. CN, 喜 兵衞 目早く 引つ 外して 拔き 合せ、 白 刀 は多宮 重代の 業 もの、 腕は覺 への 小 林 喜 兵 

^ » 5 け ばら きつ き もろ 5- ゑ も ん かた. 5, は よろめ 2 ひだ 5- かた ち した は を 

ff, S よど 掃 ふ 切 先に、 脆く. 伊 右 衞門刀 跳ねられ、 躅 a く 間に 左の 肩よ. 乳の 下まで、 斜に ばら 6 

P " い よ • i たく た. 《て きこ た、 みい そが ふ ね ど てばや S ゑ もん 

^£^,0 下ぐ るで あっさ 云 ふ 乙の 世の 1 聲、 奧さ 表へ £i へて か、 !« 急し く蹈む 音す るに、 手早く 伊 右衞門 

パ び.^ たど せん. け、 くび つか かいだで あ ひが. しら くせもの 1 わか?.' む 、」ん みね 5 く 

か 首搔き 落して、 W 助が 蓄ざ 二つ 抓み 驅け 出す 出合 頭 k、 癖 者 さ 呼ぶ 若 徒、 無言 k 背 打ち 一 ゥ喧 はし 

げ,^ { わん は..^ た ちがた わ 3 つ t た わ だ かたて か こづた なしら み かる いきつ t» へい 

て 玄醐を 走. 下. o、 . ^刀 g えて 极の下 枝 J ^片手 掛かれば、 木 傳ふ猿 猴の身 も輕 く、 息 も 吐かぬ 間に 解の 

t ど 

よ あ きの ふ せ, をん あは ひム ひるまへ さ、 を かまお だ. でげ i'*J もん せん を みめ もみ ひど むら よ 

夜 ハ 明けて 昨日の 脅 ゆ 合せの 今日 とな. ての 正午 前、 笹岡 町大行 寺の 門前、 男 波 女波の 人 群が. て、 寄 

i へ か -ili* *, か わ よこめ やく. L だら ら. *- さ & もん や よ ほんせ s f! きど *^ t 、 Mw> 4, 

力 返しつ 囂しき 中 を 分けて、 橫目 役設權 五郎 左衞 門. H 使 さ 呼べば、 * 堂の 式 臺 しづく^ 下 6 て、 ^の 

5 へ ♦ を あし あゆ みづ いろむ もん い ふく かみ LR- む た 5 S3 L きた J> 5 さ は へ <■ ふく こ 5** や..; き ヽ & 

上 を 素 跣に 步み、 水色 無紋の 衣服; t;il^、 無 刀の 儀式 正しく、 よき^に 坐. <=v て 1^ 厌 する は、 小 林 喜 な 

さき た ほ あん た、 み じ や 5 ばか W へだ くび さ ら S さ あ もんこ ゑ だか せつぶ く .C が ひ き 

i 先 J^* ちて 本堂 篥內 し、 疊ニ丈 斗 隔て、 首 を 下 ぐれば、 五 郞左衞 門聲高 やかに、 切腹の 願 趣閎き 

y:、 かみ をのば 5 ふる 3.&f-gL よ 5 ,J ど ダ よかん ぶ .J か み ぎょい あ を は ..f«.s5 5 み JM ん 

屈 けられ 卞、 .Hii£ は 其方の 舉勸 殊勝の 事 さ; S 烕ぁ, て、 武士の 般鑑さ 御意 遊ばし、 傍 if 打ちた る 罪 は 御 

どが たけ だ あさ W4- & ん お け 5 こく か ケ 5 た 3 は あらた もの sfl, ら やくね ふ ク あ fj«. る ん -<M ちづ 

gi めな く、 武田 淺右衞 門が 知行 貳百石 を 加 增し給 は. て、 新に 物 頭 役 仰せ付けられ、 足輕 三十 人 御 預け 

^ つき.^ V ほ はる つきひ S; んぷん ねん がつ, is" はち つ a まんまる ひか W まさ さよ ひめ 

成さる 翻 墨 付 欺く の 通 <^.- 印され たる 月日 は 元 文 二 年 六月 中の 十五 日、 月具圑 k 光明 增. て、 E 世姬な 



#5 
'二? ゆ 

ごぶ々 

'バ : 



まつら が は きし 3 さな かづ かさ け ふまで わら ほ くち SI ぶみ お &Af のこ mllB 

らぬ秘 浦 おの 岸の 莫 砂の 數 重なる 今日 迄、 童の 口の 碑に 面影 4.;^ しぬ で (を は 

(上) 

長い 路 次の 溝 m 板の 上 を、 かたく^?. k 酽 けて、 の の 1 ^おなる 齢^ ^に^され 

て 板 は 反. 返.,、 釘の 11:^ & け^てた る^れ に けたれ き $をま,旷たる1£らにき!5ま^^^1逸ひ1 

ひたれば、 小兒の 力に て tt 中々 に 云 ふ 事 を 聞かす、 幼 に 早 やく %焦 ぎて、 i?i の い 二三! # き、 

& みだ & ゑ 

涙聲に》.c^て、 

5 か ああ はや あ 

『翁つ a 母ち やん、 開けて よ、 早く 開 けて よ.'. - 

さ 云 ひながら 足 蹈みを すれば、 あいよ^ 柔 しく f へて、 やがて ぶ燈& に ける ぎ ^ 

『よし 坊、 お前 何處に 遊んで 居た の、 今ね 慈母 ちゃんが に r 仃か うざ まり V41%"^ だよ、 お.^ 

こ 上る そビ あ, y ある 

兒が 夜になる まで、 外,^ 遊んで 步行 くもので は あ, ません よ、 さあ くお,^ や. 



^ 時 



雨 



—め: iH^ ^^aas 



】 1 九 



【は 11 >tt<^^^ 



^ufK ふ を 1^ から どげ、 が^の 船に SCN て 敷居 を 跨ぎながら、 I . 5 

if いはね、 Mi 逸へ て" 队を 影て^ たの、 -J^i 铲の つち やん さ、 か 向 ふの 菊ち やん さ 妾が 最ぅ 歸ら 

う. 47- のにね、 ^やおり て fk りて ね、 S ろん な 一 1- ゥて 妾に 惡戯 の、 だから 妾 は 先へ 還 ゥて來 

たので 

& f? く けん さ 5 ひど- ど 

"る やうに, て、 は 母 iisTi よ k ,おがれば、 S く I き 九 尺 二 間で 左樣 かいく. - 一 言く は 

1 に 力 掛けた るく 口ち の I けた £fe のぞ r して、 i あんだ &酽の f i で f 分け、 

Jaf さ あた 

『よし 坊、 寒 ひかった らう、 さお か 温. 

』 V C ^ ちゃん ^ > て -^' 

£fw へば、 ^Is やうな^ を^して 整然さ^る は、 母親 は をの 手 を 握って 見て 

『まわ、 fJ の 冷た S 乙 さは、 永 見た やう * たね^ 

さ 云 ふ 母親の 顏を凝 手^見- js めて"" 

『慈母ち やん も 

『何お おで 

, r |( か. *s もど め みだ いつば いた » は f 

さ £f られ て、 mかJI"^^^にfみしくな.oたるか、 丸々 € して 可愛らし さの 泉 源なる 眼 k 涙 を 1 杯 溜め 鼻 

を 1 ル げて、 何にも 言 はす"" , 



————— — ---in 國 _ . I I I -■ l == l ii- = 11 = I 一- = 1 = ■_ 一 薩團— - i ll 匿 ||画5 |麗5 = 歷誦| 8 |國國 噩 |瞧醫 靨 漏 II 画 醒- = 111 = 漏ー 醫 ーー瞧 —一 

さ 5 たか & む やみ 

『如何した のよ し坊、 可 怪し いぢ や あな いか、 泣く もので はない ょ無閽 に. - 

» , ひた ひぎ は かふ かみ を あ や 

さ 母親 は 額際に 被る 髮を 撫で上げて 遣れば、 

D きい やつ 》JW ^ 

『でも、 菊ち やんだ の 安ち やんだ のが、 いるん な 事 を 言 ふんだ. ので 

D をん い い S ねき .《 のか 3 ばか 

『何て 云った の、 云 ふ ものに は 云 はして か ft な、 をん な 者 關 ふさ 馬鹿 はなる よで 

t あた ひ く や 

『いや、 妾 は 口惜し いは。 

『打棄 つて 置く もんお よ. - 

5ぉ や お くや かかへ き A あ くゃ 

『打 棄 CN て 置かない の 、かや." 口惜しい から 驅 けて 歸 つて 來 たの、 慈母ち やん は 口惜しくな いかへ で 

いったい *<b ん からか 

『 1 體 まあ、 何て 惡戯 つたの だいで 

き. おもだ み as &> かおお & みだ あは て かふお さ ああ ほ 

さ閬 けば S ひ 出した^ 見えて、 灰の 中へ 落る 溪を倉 皇てゝ 手の甲に 押へ、 しゃく.? H げる 哀れさ^ 

fl こどい よ.! .ラ ち び, C ば 5 5 し せ,? V わつ 

4 『SK^ な 事 を 云 ふの、 あの 芳 ちゃんの 家 は 貧乏 だから、 明 m か 正月に なっても、 あの …… あの …… 、 

き ぺ *• ft どつ を か もら でき 

着る 衣類 もない つてで をれ から …… あの、 慈父さん がない もの は、 何 はも 買って 貰う 乙 £ が 出来な 

I 5 も は, y .5 たも B ね I a い 5 まか < 

いだら うつて. - 嘘なら 羽子板^ 無い、 羽 子 も 持り て 居まい つて …… 云 ふの ち 今 賈ゥ て吳れ るのお 

い まへ んビ こ おつか A, 

つて 云ったら、 お前 處の 慈母さん 見た やうな …… で 

てはづ は * かほ およつ どみ 

さ 手 を 外して、 母親の 顔 1 寸 見て、 

『 …… 意久路 なし にゃあ、 買へ る もの かって 云 ふの。 う、 ん 今に 買て 吳れ るって 云ったら、 4^ 前 は 



^ ^ 



か * あた ひ だ 》• 



馬鹿 だ、 をん な 事 を 云って 誑された の も 知らないの だ CN て :… -で 慈母ち やん 妾 を 誑した の. - 

き は、 つま • 3 げ ■ かほ > 

さ 閎 かれて 母親 n ぐゥさ 詩,? K れ $3、 然. 9 氣 なき 顔 をして ち 

『否お、 何で 誑す もの かね." 

H 、こたへ き 5 れ め いく SJ こも i& みだ はら ^ 

およし は 母親の 答 詞を聞 ひて、 さも 嬉し さう に 眼お 幾度 も 摩 6 て 涙お 掃; s, 

ほんた う か あ -o ど S やつ 

『眞 當、 慈母ち やん は 誑し や あしない のね、 をれ, たのに わんな 事 を云ゥ て、 S や I な 安ち やんだ よ、 

ぢ やわ 慈母ち やん 好 い 衣裳 は あ るので 

だま f ビ s€ ほ£ け こ-ろる cf だま くち だ 

誑さぬ^ 思っての 問 ひ 事、 しかも 佛の やうな 心 を 持ち 4^ る小兒 を、 誑さぬ^ S ふ 口の 下よ.^ 翁ます は、 

ほ& は 5 べん. ちが $J. れ ほさつみ ふ. & われ ち さ 3 おも .S3 さら S 

外の 方便 さは 違って、 如何程 罪の 深 S 乙 さか、 我ながら 淺猿 しさ 思へ^、 今更 無い さも 云へ すで 

『有る さもね^ 

は & 5- た S ね , 

『羽子板 £ 羽 子 はち 

『今 k 買って 來て 上る のさで 

$- こ. & ど ほ か あ あ J た せ, つ ま あ 

『何處 へ 行って." 遠くな ので ゑ、 慈母ち やんで 明日のぉ正月^^^間は合ゥてで 

• 『あ、 間に合 ふさ もね 、直に 買って 來る よで 

S ひばお かざて 5 

さ 言へば、 火鉢に 翳した 手 を 打って、 . 

« 'れ 5- あ した せ 5 々わつ はやた い ベ 5- き はね ほ S. &た _« 

『嬉しい ねで 宜 S は 、明日お 正月 i£ なつたら、 早く 起きて 宜ぃ 衣裳お 着て、 羽 子 さ 羽子板 を 持ゥ て、 



皆 なれ 見せびらかして 遣らう やで 皆 4a. 吃 59 る だら う 1^、 宜 いきき だ. - きつき!^^^ k は、 ^なのよ 

き ちが みん 5 らゃ 

ろ 奇麗に 逢 ひない よ、 皆な が 羨ましが る!^ らうな で 

- から も i で わら こ &、 ろ む^ ねん .& L わる ク. - -> 

さ 今 泣 ひた 烏 か最ぅ 出て 笑; 3、 子供心 k% 無念 さ 云 ふるさ を 知 4 て、 惡く 云; 3 たる 朋か i£、 1?疋れ££^-が 

しさ 見せびらかして, 仇對ちの出來る^Jさ\ 前後の * 紫 もな く f J びて、 母 k か 艇^ ひて る は 伊が 

さ 云 ふ rJ さも 知らす、 思 ふた rj^ を獨. 噪べ 4 しが、 ?^1&の附たる§^?.はて.^^2びを1^"むけち 

.U か ♦* あたい X *• SJ んを 

『慈母ち やん、 妾の 衣裳 は 如何な の." 

51 > , «^ 、 5 つむ あた <» i あ 

簡 かれて 母親 は 俯向きた る 頭 # 持ち上げ すで 

『奇麗な ので 

a- れい わか あか たん ど あ 

『奇麗って 分ら. Ja- いは 、赤い のが 澤山 有る の.. - 

『t で 

ねび あか, 

r 帶も赤 S の. 《 

『あ-^ 赤い よ. 

Si こ » あたいみ み てう だい かる » 

『何處 k 有る の、 妾 見たい は、 見せて 頂戴な で ゑ、 慈母ち やん、 てば 慈母ち やん I 

は 、もや む £ん ゐ , しんば い くび , よこ した ^:^ケ 乙 

母親の 無言で 居る が 心配. な, 9 て か、 首 を 橫 にして 下よ 6 覼き 込み. - _ 

『如何した の、 慈母ち やん. - 矢 張 S いの、 ゑ、 慈母ち やんで 

=2: 時雨 1 二三 



片破 第二 回 二 四 

■mlllllll^lllll^llllll^lllll^lll^lllllllllllllB^IHHBIIIIBBIIHBII^IIEBSH 

あなた まつばう さ こ まゐ 

おや ッ、 貴 郞松坊 は 何 處へ參 ,9 ましたら う? 

ばな L むち 5 & «• ちたいく つ ひ £3- i ほし わた. & し 

あんま, 9 話に 夢中に なって 居る、 內返屈 だ もんだ から 一 人 先へ 橋 を 渡って 行った のか も 知れない? 

ふたり もよ し たも ど す. J ば や あし けん い おも 5 ち ふたり こ まく つら ひ た ゆす ゐ おど ム たり 

ど 兩人共 橋の 袂へ 少し 早足に 1! 五 間?^ 行った かど 思 ふ內、 兩 人の 鼓膜.^ 貫く 入水の 昔ド ブン! 兩人ハ 

こ まろ ばし なかば ビ つかへ も らんかん く .6 だ す & めん みや A- なみ 

轉 けつ 轉 びつ 橋の 中央へ 取て 返し、 ^^:しゃ^欄干から首を出して水面を見るど、 ^黑 にも きらめく 波の 

ひか さへ ぎ くろ かげ 5 しづ 

光 を 遮る 黑ぃ 影が 浮? つ 沈みつ 

まつば f 

おや ァ、 マ、 松坊が : :.… ァ:: わす こに ……: 

なみだ こもた か 

おき わ は 涙の 聲 高く 

だれた す 

あ、 わ、 わ、 誰か 助けて —— . 

第二 回 

こ 、 むま やばし わた ひだ S- まが ゆ ち. や 5 へだ あ か 5f ^ T0 ひ かまへ. S ま こ、 き, 

此處は 厩 橋 を 渡って 左へ 曲って 行く 乙 ど 四 五町 も 隔たった 或る 格子 es 造の 一 ト «、 今し も此處 へ來カ 

だんじょ ふ NET- づれ たづ うち や 5 か ろし まへ い き & ,ての うち み あた 

ゝ つた 男女の 兩人 連、 尋ねる 家で も わる 様に、 格子 Ic^ の 前ヒ往 つた, 9 來 たらして 居た か、 其 家が 見 當らぬ 

& おも い.. て あし をの,、 ろいた ベい わき み 上 ふしあな すき や ない 

かク :! くして 居る かど 思へば、 a ぎ 足で ヅカ くど 其 板 » の 脇へ 身 を 寄せ かけ、 節穴の 隙から 家內 

や. r す の ど おも また げん あ ビ も,」」 5" ホ-ん ど ほ か 5 し 5ビ まへ わ 5 らい & な-.^ 

の 樣子を 窺く :…… かど 思へ バ又 二三 間 後方へ 昃っ て、 以前の 通. 9 格子 の 前 を a 來して 居ます。 何 さま 

この や め し つきみ おもさば. & &ど み 5 ちまへ ばいい い 

此家。 ヒ 目星 を 附 けて 來ては 見た が、 思 ひ 切って 入§ かねた かの 如くに 見えた わ ま. 9 家の 前 を 徘徊す る 力 

ち f ぎ づ この や か め くも. *. の いたべい f> た ふたり あし み つけだ や はば いたべい した 

ら 忠義 一 圖の此 家の 洋犬 は 癖 物.^^ ん なれ ど 、板! a の 下. &ら兩 人の 足 を 兒附 出して、 矢庭に 板 媒の下 力ら 



をのばん し A あら ほ ふた この しんや おは こ ゑ いぬ ほ こュ * t 

其 半身 を 現 C しながら 吠え かけ まし 4^0 兩 人は此 深夜 大きな 聲で 犬に 吠えられ 困った ものお ど 思った が 

し ひばら ゆうき な み し. S ん -5:-- ぃ^ あやし Lgt ん 

叱つ ど rJ れを 追拂ふ 勇氣は 無かった ど 見え、 ますく 逸 巡した から、 犬 はます く 怪 むで、 乙. -ケ 主人 

ひ ,u ろ おん むく ゆ ビ ころ - かしまし ほ か いたべい した く V ふたり さ あ ど おか 

の 日頃の 恩き 報る 處だど ワンく ど蠶く 吠え 掛け、 ビぅく 板塀の 下 を 潜って 兩 人の 避ける 跡 を 追 ひ 駆 

かつ &どほ ふた り げん あど f このい ぬ だ じ くろ 

け、 鳴み附く如く.w^んかけましたc 兩人ハ 二三 間 も 後の方へ 此犬 をね びき 出して ろして 始めて、 rJ れ黑 

:J な ちい こ ゑ さど やう しか いぬ にや き、 おゆえ あろ じ こも お- ろ :a まか f びた を ふ 

ッ! 何んだ い ど 小さ S 聲で 諭す 樣に 叱る >J 、犬 は 早く も 聞覺の 主人の 聲に 驚き、 遽に首 を 垂れ、 尾 を 振. 

ながら チ ョ :!/,^ ヒ兩 人の 足元に まつ は, CN、 鼻で フ ン フ ン 喚ぎながら ぢ やれて 居た が、 最愛の 主人 を怪 

f ちが ほ ちくろ & ばづ おも きま わ 

しい もの ど 思; 6 違へ て 吠え かけた のが、 畜類ながら うら 恥 かしい どで も 思った か、 さも 極 惡る さう に 

げんまへ う か だ い たべい む.^ な乂 め あて しき ^5- ^ ゐ し^ら こ ゑ ビ 

四 五 間 前の 方に 駆け出して、 板 S に 向って 何も 目的な しに 頻に 吠えて 居;^ が、 をれ も 暫くして 聲を 止め、 

また ふた 《- あし も >J so ころ ど き 5 れ を ふ & み ふ ijls- こ、 なみだな か V ち 

又兩 人の 足元の 處へ 飛んで 來て、 嬉し さう に 尾 を 振って おやれ て 居る の を 見て、 兩人 はまた 玆に の媒 

もど やう しょん ぼ 3- & いぬ さ、, あい あろた くび た なに もつ あん い つ ち 

を 求めた 樣に惜 然>1 して 居ました 犬 は 最愛の 生 入が^ を 垂れて、 何 か 物案ヒ 顔に 何時までも 格子の 內 

ばい ふし を も か 5 し うち ばい い くび ふ せ, しだ 5 & 

へ 入らない の を 不審 どで も 思った か、 格子の 內へ 入れ ど 云 はぬ ばかりに 首 を 振って 先導して 居ました。 

この ふ,. T- ふ iJ ぶん ちち ばい なん も, f ん S- よ な こんや P. まる t^t} ^ ど..,. ろ ばい t 

此 夫婦の もの 自分の 家へ 入る に、 何ん の 遠慮 も 無 $ が、 今夜に 限って 全で 始めて 行く 處へ でも 入 る^に 

只モヂ -,. -て 居ました が、 夜 も だん )(-}3- けて 行く 檨子、 何時まで 此處に 立っても, is れら ないから、 

ふ た s- どもち-も ひき たが ひ あ を どこ ば 5 ま みぎ て か 5 し あ ひだ S 、 、 、 、 ば 

兩ム共 思 切った かして. 互にうな づき 合って、 の 方が 先づ 右の 手 を 格子の 間から 入れて かきが ね を外づ 

ビ そろく ひ や いん こど まち なか • ゐ ひびき ヒし 

して を徐々 引き あけた が、 夜陰の 事で はわら 町の 中が シ, I ン どして 居た から ガラ リツ どした 嚮, か、 老 

片破月 第二: il . 二 , 



-^^5- dt 時雨 1 二 六 

ft- ほ いはね S fa いたか あ ftl こんや S あ 《 ひや 

を 着せて、 欲し いさ 云 ふ 羽 子 や 羽子板 を 買って 上げ やう^ 思 ふから さわ 今夜 乙れ を 張 .0 上げて 問 OHS 

さんへ 持て 行き、 .f- 金 錢を澤 山^頂 ひて、 歸<:. はか 前が 欲し S さ 云った、 羽根. I- 買; S 羽子板 も 買 

あ.. J た せ1 わつ た あん も か よもねば ビこょ ぁづ *fS »• へぺ 

. ひ、 明日のお 正月 喰べ る 餅 も 買 CN て、 をれ から 他家の 小母さんの 處へ 寄. o、 預けて S たお 前の 衣 

發を 取って ^やう さ 思って 居る の だが、 をん な 分らす や を 云 ふなら 慈母ち やん は 最ぅ關 係. S ませ 

あたし こ ftfc- Y ゝ き *$> ん あ-た あそ 5 で こど 

ん." 私の 子 さは 思 はな いから、 衣裳 ももれ を 着て、 何に キ、 持た す i£ 明日 遊び Jid お出、 いやな 事く 

む W S c だ& きら 

をん 》 無 趣 を 云 ふ 子は大 嫌; 

1a>s4< くお つよ S と * ろ 5 お て あは ゆる < もが ら む もめ S , こど 

何^ はす 口 は强く 言って で 心の中 は 手 を 合せ、 許して 與れ^ 拜むを 知ぬ か、 娘 は 母親が 道理の 言 

« か かま や お か せつ こ. 'ろ づ た,? く ❖ さ たお 

菜、 且つ は 最ぅ關 係 ふて 遣らぬ さ S ふ 恐 恭に褂 けられ、 切なき 心に さし 詰めの 當减ち 優柔し き 性質 さて 

わりれ わる さ W わ おも むかひ あ ひばち を* ひ ひざ さが た、 み 5、 

自己が 惡き さ覺 4 て は、 謝び ねばならぬ さ 思 ふし ほら しさ、 對向 ふ, K 鉢の 傍 を 一 さ 膝 退って、 疊のふ JJ^ 

B や 5 て ゥ 

兩手 お突き、 

か あ 《« わか い きつい ぺ だ ほ 

『慈き ちゃん、 最ぅ 分らす や 言 ひません、 决然さ 云 ひません から、 衣裳 も 着せて 下さい、 欲しい も 

$」5ケ か くだ ベ 4- きで あ. i た みん からか ほ かんにん くだ 

の を 何卒 買っ て 下 S い、 乙の 衣装 を 着て 出ます^、 明日 また 皆な 戯れます、 堪 して 下さい ま 

.5 ま、 で ど ほか あ i お < だ 5-3 か あ お 二 おどつ 

し^ 今迄の 通. <^ 慈母 ちゃんの 子 k して tts て 下さ S ましで 今 薄 母 ちゃんに 怒られる と、 慈父ち やん 

は す、 妾 は 如何す る 乙 € も …… で 

»? かみ あどね S ふた もろて 《• かほの ** が 3 んを 

さ 急に 悲しくな. て、 後 は 得 言 はす 雨つ 揃へ た 手の 上へ、 顏を乘 せた ま、 泣きた きを 堪忍して 居る を、 



見る 切 親の 胸お 寸斷、 翻び たき は 其方よ .0 此方、 有. もせぬ 酽 ilil 口 ふて i ま け、 ず Si にあら ば^の 

母親 は 如何程 面目 あき、 優柔し い 其方 を 叱る 母親 は、 鬼か^ か. > ^^もな き^? -が 酽ぴを けて、 

らぬ g がして 居られう ど. > 最ぅ 謝び でもよ き き さんさせ し;^,^^ へ!! き、 ^^rf0t0^ 

ば、 さど 子兒 心に 膽 して、 この 母ぎ を i ひならん、 その 玲 が^^し てがらる^ きどで T^&l びれば 

尺 £ やら、 今少し 經 たば 如 たかなるべし、 i りて^せ たも 齡^^ めの T りの 

さ 5 ゎ& 9 い わか う, ま、 , -*5, A 

『左様 分ったら 最ラ宜 いよ、 分らない 我儘 を 云 ふから 小言お 言つ たん!^ が、 ; lf,cs さへ すれ ば^か. CN は 

しません^ 

3 か あ かんにん 

『では 慈母ち やん、 堪忍して で 

,か ほ つゆ わかむ もめ 》> さく 

さ 擡げる 顔の 露 は、 罟 娘 なれ ^氣の 毒な, CN ち 

『あ、 堪.^ 5 しま す^も、 最ラ 怒って 居ません よ、 3 ぁ是れ で淚を 拭; S てお 仕舞; S ち 

わき てぬ々 ひ ひざの や い 3JS is に 

さ 傍の 手拭お 膝へ 乘 せて 遣れば、 云 はる ゝ氣 <s 柔麼 拭; 3 て、 

『慈母ち やん 衣裳 はで 、 

5J き あげ 

『取って 东て 上る よ^ 

a & い たはね 

『あの 羽子板で」 羽 子 は. - 

時雨 I « I 



か あげ 



片 f 時 謹 雨 一 二八 二 ■ = - 

『賈 つて, 丄る よで 

い ゥ 

『何時で 

: ' t おも あした ね しんぱい け ふ K やね 

『乙の 船 を^って 仕舞う さ 力 さあく 晚 くなる^ 明日 寐ひ いから、 心配 をせ すに 今日は 早く 寐て、 

: ^ * >' i , ► ^ <» へね S S ろ- (- 上- 5 もした 》* へめ さ 

日の に くお 起き.^ li ちゃん は. R 前が 寐た 間に 色々 用 をして、 明日か前が目を覺まして 

S.^$J、 ^ベ て^て 丄 るから ね、 か 寐衣は 今お 火鉢で 暖めて よる 

ま 

よ^ 



- 1 > es w ざ き b- た 》* S しんぱい を あ •* 

さ^ k は^ 1^ を^き、 を 火鉢に 翳して 着せて 遣れば、 確かに 言 はれた に 心配が 無くな 6 て、 明日 

の i の の i しく、 は S くも, i づ ひて、 S をく も 衣裳お 着 替へ、 欲しき もの 買うて 吳れる 嬉し S 

I r: ? ていない 3 くら あた 3 ゥ も ❖ ゆめ. & ね はみ も か たの せ ゎゥ 

t, ^1 の ii ^も!^ 時よ ゥは 叮嚀に して、 枕 頭に 附 けば 直に 夢に 入ゥ、 大晦日 さ しみな お 正月の 

*• ゝ > L こ、 ろ かみ さ 3 > ほ W ザ! S ま-/:. 

i の^ € ばか ゥ知 たる 心 は、 ももく 神樣 か佛樣 か.^ . 

(下) 

-b. な、 ゥ,. 》 を 》t 7 み のね •《 乙、 ろ おの づ われ 

都^の こ〃 るが 都き、 す やく ぁ脉 人る 罪の なき 素扳を 見て は、 物 思 ふ 心 も 自然 S 慰められて、 吾 

>> C さき &wc\ ひ * ち ひきよ さっき ひ S ま を t き 

らす IP も^ひ、 ^たくな ク たるず 先 を 温めん さ 火鉢 を 引 寄せれば、 先刻の 火 は 今少し k て 消お なん 

^する ヒ、 Ie して は fl なき 乙 さ、、 ぎき Si さん W て 探る 炭 取の 中、 哀れ や 殘る炭 圑は只 1 つ.^ なゥ ぬ..』 

> 2 > $ ^ a む Q S か は 、. 5 やくら て らんぶ 

M は も れ はて、 點も はねば へば、 直は金錢さぃふ7^さの胸.^^浮ぴ、 母親 は 薄 閣き手 洋燈の 



^^J を M , は t< L s ど ど はや t L ま こ、 ろ ばい 

方へ 向き 菌. ON 最早 殘. 少な k なゥ たる 仕事に 取 A> か、 る j^、 早く 仕丄て 仕舞 はん 心の み 一.! 1^ なれば、 

わ を せ 5 けんめい を つ おも まか はか .a て も でき ,5n , い ビ き 

何事 も 忘れて 一 生 憑 命 k 成る k 連れて、 思; 3 の 外 は 渉が 行き、 手 持つ もの V みはて 出來揃 ふと 云 ふ 時、 

て あた さ はいにん . ^ち どけい を は. じ かケ & つま よ ひ を よ, か こ 6. お 

裏手. 當る 差配人の 家の 時 w、 ちんさ 嗚ゥ ひる を數 ふれば、 何時の 藺は宵 は 過ぎ けん、 夜中の 端 口の 十 

時な うけ, 

^4^^^ 丄 ► ^ ^ ; マい ゆい け かさ ふ ろ <】き つ、 ビ ひや らち ゆ はか はじ 

出來. たる 箱を數 へな から 盯啤に 積み重ねて、 風呂敷 i:- 包み、 問屋へ 持 行かん wo すれば、 , 初めて 

お ^ 、かなこ い て のば のび Lfe 

覺 ゆる 肩の 凝 .0、 痛た や^ 手 を 長々 延 して 欠 沖 をす る 下に、 

『慈母ち やん …… 、 宜ぃ衣 ® …羽が… で 

ま め * さ ゐ ふ 5- むけ あ ビ 5- くち &めづ わら ねかへ 5 

未だ 吸か覺 めて 居た かさ 顧視 ば、 後 は 何 を 言 ふやら、 ひはゃ?/\"ヒロ^§.0して、 笑;5ながら寐返.=^を打 

> ト、、 ^ , » L^^^ 、 L 50 かく こ、 ろた も ゆめ ?も かた 

つ は 嬉しき か 心配 k.J^,o て か は 知らね.^、 鬼 も 角 も 心, は 思 ふ 7- さ を、 夢の 中にまで 語, たるなる ベ 

しで 

あ 一 ほで々 > でパ さ だよ & ほ おも は £ いなも ども まお さ 

彼れ 程 確 力に 釣 束し たれば 乙 を、 定め fH 且 S 衣聰を 着て、 後し さ 思; 5 し 羽子板 4,; 持ち、 朋友 雜 りて^ 

L つ ゆめ み おゆ あ をめ さ まくら もど やく そ < L を ひ こ^も,! ーゝ ろ 

子な^ 突く 夢を見た るさ覺 しで をれ k 明日 眼を覺 ませし f 一き、 枕元に 約束の 品 無 か. しなら ば、 子 洪> ひ 

. > ,f レ, k <- ら ね も やく., v{ 50 ほ まくら も.,. J そろ か あ h 

; も 母親 か 嘘 言 云 ふたお, さど 怨めしく 思 ふなる べしで 約束し、 で 通, り 杭 元, に 揃えて、 慈母 ちゃんと 笑 風 

. : , ぶ 5- ひ ,. 'で If-i^ S 5 れ さ 5- $( さ S でき わげ こ、 ろ 

せら るれ は -f^ 日の出 拜ん だに 倍して 嬉 まかるべく、 左檨 したき は 山々 》 れ.. ヒ、 左樣 出 來ぬ譯 わ As て 心 

まか 

k 住せす で 

時雨 1 ^^^il 



^ 時雨 m 】三〇 

いま L あが fs,_b ど ひや も ゆ ^ たま かん e や, T ど やう や せん 

今 乙の 仕上 ゥ たる 品 を 問屋に 持ち 行き、 二度ば か. 馏 たる 勘定 を 取. た. て、 漸く 五十 錢には 成る 

1 ォ よも をば ぁづ .S ね S I© e つか a .« ゆ . だ f らゎ, ほ、 

や 成らす や、 他處の 小母さんに 預けた. < ^さ 云 ふて 置た 衣裳 も、 實は金 を 持って行かね は 出して 貰れ ぬ 家 

9 L を. J たまも K£ いた » ねか や たや, *、 い こ , fcc^J 、 {U. メ 

利子 も 少し は 溜 6 居るべし で 羽子板 も 羽 子も賈 うて 遣る € 容易く は 云 ふたもの ゝ、 是れ 芝て 無錢で 與れ 

わけ もお かね 1*- に かね い かなわ づ せん ぼ 5- つか .t-> t^. > 

る譯 にも あらす で 餅 も金錢 何もかも 金錢 1^ れき、 入る 金錢は 僅かに 五十 錢、 二倍に 遣 ふても 未だ 不足な 

ff f# や f 一 を む づ 

るに、 約束した 品の 一 つが 漸っ さなるべく、 ^て もく 二た 品 は無圖 かし かるべし ち 

あれ や あ もこ っミれ か. Jb こ. とさら くお ね こ、 ろづ _ み • つ f&i 

彼 娘 も 一 夜明ければ 最 ぅ是れ 八歲、 嬉しき W か 悲しき どか、 殊更 口惜しき な^の 心跗 きて は 三歲兒 £ 

ちが t あし ぶんべつ せせ かさ だまき _ ザ ま ゝ!! 1 を 

は 逢 ひて 善し 惡の 分別 も わるべ ければ、 二度 三喷さ 重な. て は 誑し も 聞く tri^JJ で よし 誑す にもせ よ 明日 

あさな ま まくら もど み か あ がっか 3- かほよ ► , I ^ ) ^1^ * w..^^ 

の 朝起きた さき は 先 づ枕上 を 見て、 慈母ち やん £ 落膽 した 顔に 呼ばれた らば をれ をる の 胸の 中へ 熊 

手 を 入れられて、 彼方此方^ 搔き ひしら る、 如く、 堪え 得べ し £は 思へ す^ 

こ , きょひん わがみ わ ほみ そか くらう L はっか S ろ きもの あた こし 、 * ^」 , V- 

是れが 去年の 我 身 なれば、 乙の 大晦日の 苦勞も 知らす、 廿日 頃に は 衣裳 も 新ら しく 捲らへ 欲しき も 

s- つば か あ いな &ろ こたつ,! むか て ま 、うな じょや -^J^ ふい > ヌぉ 

の も 立派に 買うて 當 てが ひ、 今頃 は^ 缠 櫓の さし 向 ひに 手鞫 唄な^ 敎 えて、 除夜の 鏟は 暖かき 床の 中 

き か は よ つ. a S きょねん くれ 5- こ f f- る t ' 

ksi くべき ものお、 變るは 世の常な 6^ 云へ,^、 去年 は 暮ど云 ふ.^ の、 期の 檨に 苦し^ は 知ら さ きで 

ね も いくじ わ ど, J て つ ほズォ だ+ か.. S を^" 1^ ひよ -J? き I 

つく f 思へば、 女 ほ.^ 意久路 なきもの はわら に、 男の 手よ. 突き離されて は、 大海の 中 を 潔 ふ 盲龜の 

§ おやこ た *• ふたり 4 を か かんや かぺさ _» ひ き a-f も は か をつ ど ゐ 

如く、 親子 只 二人の 口 を 過; し 兼ねて、 寒夜 壁 住居す る 蟋蟀の 果敢な さ、 せめて 夫 さへ 居られたら は 

さ 5 だん あいて ijb くる か まで くる 

相談 相手 さもな 6 成られ て 、 苦しき なが ら斯く 迄に は 苦しみ もせ まじき は." 



た 上 き かげ あめ も やつ ど きょねん くれ お、 あ を こどし はる てい ほせく こ つ 

Hi, 寄る 木の 蔭 k 雨 ttsN^ て、 夫 は 昨年の 暮の 大穴、 今年の 寿 k な. て 手入れ もなら ぬ 程 k 崩え 込み、 常 

ね さ. & かく .t ろばんだ ま の た s-s つぶう かき わき か あいさか こ も の. J ts> につみ によ ちゅう 

^の 才覺 算盤 玉に 乘ら » くな. < ^しか、 只 一 對の 遺書 k 可愛 盛りの 小 兒を殘 し、 何 罪 もな き 女房 さへ 

ふ も あよ を か t の. S. も はやら S ねん < ふ かせ か W こ どづて かきたき 

振. 拾て、、 威る 夜中 k 忍び 出 でられ、 最早 來年 も來る さいふに、 をよ 吹く 風に 厂の傳 言 もな し." 遺書 

んで あど て かみや 2- ち ぶ t ね も て がみ 5 けど か は こ 50 あ おも い 

の 筆の 痕 にも、 手紙 遣らぬ 中 は 無事^ 思へ、 手紙 受取りた らば、 變ゥ たる 事 有. CN と 思へ さ 云 はれた る、 >^、 

お どづれ 1- ゆ ぶじ な は み かし ifL はた きび わ を, &さ つ をん, S くち S 

昔 信の 無き は 無事; て 座す さ 見えた ゥ、 債主の 龍 促る で^ 嚴 しく 謝び も 慰め も盡 くして、 女の 口の 云 ひ 

わけ こ3 こ い へ わた こ 、 ひきこ も さ, r L も 50 5 ち た どづれ 

Kkf . 乞 はる、 ま、 に 家 渡して 此處 へ移轉 したれば、 若し 左樣さ 知らす 前の 家へ でも 音信 をせ 

か こっち < 'つ くれ たの お お どづれ あ $ つ f ほづ 

られ たる か、 然し 此 家へ 移る S き吳く も 託み S きたれば、 音信 有らば 直に 通 づる箬 な. 

せこ K} a つばん た J- 5 み こ わい こく C よさ. S かた けつ むだ つき 

何處に 居らる ゝ rj^ か、 乙 の 日本 か 但し はま 4^ 海 を 越した 外國 か、 如才なき 方 なれば、 决 して 無益に 月 

ひ あそ ね も 1 ん ばい いへ た 乙 あ < せく こど わざ いこ I あん ちが 

日 を 遊ばる、^ は 思へ ね^、 心配な は 家 を 起さん 乙 さはば か 6 齷齪して、 諺 言 k 云 ふ 凝って は 思案の 違 

ふた、 み ぬ がた ふかみ はま わみ <る おもつ おも 

ひ、 再び 身 を拔き 難き 深淵へ で キ-陷 入ろ なされ はせ す や 我が身の 苦し さ を 思 ふに 付けて、 思 はる、 は 

おつ ど み .5- おにち はや かへ き わ も ひ 3 もこ どき ふ. &か へこ 

* の 身なる で 1 日 も 早く 歸 4 來 ませよ^ 忘る ゝ隙 はな けれ さ、 若し 斯の やうなる 時に K. 意^ 歸ゥ 來られ 

50 し .T ち はる き かほみ こ くる わ も 

なば、 年の 內に 春の 來た 6 し ru« く、 顏見 たばか. にて 此の 苦しみ は 忘る、 なる ベ 

わみ くる つ かんにん か あい 七 5 む をめ ふなた やそろ も とたち ど せん わが まゝぃ 

我が身 は 苦し さて 辛ら し g て 堪忍 もすべし、 可愛想^^^^娘、兩親揃ひて持ちたる子達の、取6膳に我儘云 

み こ * ろ て け ふかへ ほ- 5> ども だお S < お を おも て、 

ふ を 見たら ば 心細く、 今日 歸. て 話した る やう^ rj^ を 朋友に 云 はれたら ば、 口惜しく も 思 ふべ し.." 父 

& 5J 5 ^ < C fLK- ゆび <J どよめね かせ びん ほ 3 ね つ 

» し兒は 如何しても 意久路 なし さ 後 指さ ゝれぬ やう、 乙の 如く 夜の 目も寐 すに 稼け さ、 貧乏 追; 3 附か 



- ^ ^ ニョ -1 

る、^ は、 よくく の 不運 か、 わが 身の 働きの 無い のか、 愛想 もこ を もこの 身 Jt^ 盡き 果てぬ で 

ね 上 た も .3- ち ら .&£ さ ゥ か きく あ を あさ ん ,1 _o 

及ばぬ 乙と を 思 ひ、 愚痴お 並べた て、 今更 十日の菊で をれ よ, <.ノ は 明日の 朝の r」 さ、 何にも, S らで § 

ねか ほ み やく く こ W し は な たやい *J Js- こ feR. か 

る あの 寐顏を 見て は、 約束の 事 >w 仕 果てす に 置きて、 親 さ 云 ふ 字に 濟 むべき や. - S 云 ふて 是れさ 思 ふ 金 

ml ど く ふ 5 C f ま、 た わ. づ ゑん ほせ ビ でき 5 

錢 を-取る ェ風 はなし、 ェ風な し ざて この 儘に して は 置かれす、 僅か 一圓 程 われば 何事 も 出來 得べき は、. 

きの ふ *9 い たば かづ み た 1 'いお ま S 5i ぎ i るん々 わ あ ものけ ふ 2 で Ku?- つく 

畴昔は 百 枚の 束 を數 へし 身が、 只 一枚 も 握れぬ.^」 は 何たる 园果 ど. - 有ゥし 物 tt 今 曰 迄に 皆寶. <>盡 して、 

のこ やく た かんが を 1& i5>a 5 わ も もの , ゆ 

殘るは 役に立たぬ ものば か. <y、 者 へても 無き もの は 無けれ^、 何 か寶. 忘れた る 物 にても 無き かで 

わ も さ S は ふよう み ゑ 々わい ぶん いみ かみけ あ S- S はる f? 

.a-.^ 忘れた ゥ、 幸 ひの 不用の もの.." :^. 飾 も 外 閱 も 要らぬ 身に は、 ^.-の髮の毛も有てsなしD 春ょ<^の心 

ばい たび は くし は のこ ねん せん ほさ こ ゆ かみ ゆ ひ こど ミ を 

配に て 解かす 度に 毛 は 櫛の 齒へ S ゥ、 一 二 年 前 程に は 濃く もなけれ^、 髮 結お 泣かせた 事 も おれば、 m 

ねづ み. を こ き かも f しゃ 5 どひ や はら いれ か 

くな. た, さて 鼠の 尾の やうに n わる まじで 是れを 切ゥて 髢師へ 賣ゥ、 をれ に 問屋の 拂ひを 入たら ば 通 

I を くの ケ かね あれ わら み わら ( こ so つ W ふ 

不. 及 望みの 金錢に tt 成るべし. - 彼 娘 さへ 笑 はせ 卞は、 わ が 身 は 笑 はれた さも 苦に はなら す、 殊, に 都合 

I おつどいへ 1" し ひビ &せ あみだ ぶク ぎ をん た & あれ はち たつ ど は ち 

一 よき は 失 家に 有らねば、 知らぬ 人 は 後世 を 阿 彌陀佛 に 契る 女、 t 思ぶべし? 彼 娘の 耻辱は 夫の 耻辱、 をの 

I はち かくた き くろかみ せ きつ f> か さっき を _ いかけ 

^辱 を 隱す爲 め i ^切りた る黑髮 は、 何故に 切た^ 叱られ はせ ま k.- 先刻に 鳴った は 十一 時、 如何に 今 

一 ふび £- もの お 4- き さく を こ ほや はゝ わが こ fs-s な は 

日日な. 6 きて、 賣6 物の 晚 くな. たる は氣の 毒な もの、 少しも 早く^ 母親 は 吾 娘の 愛 Ji:d 溺れ、 それ £ 

つ しん を を,! i かへ き せ 5 ふ た を > 又 あかさび つ かみ, いだ む. * がみ 

>it ,心 し て は 女子の 却ゥ て氣 丈夫に て、 棚の 上よ 6 赤鏔 の附; 5 た 剃刀 を 取ゥ 出し、 結び 髮を くる../ \£ 

£ かたて ね もど はぎ つ かたて かみ rys- さかて も をん & だい いのち たの お ヒレ » げ 

解 ひて 片手 は 根元お 握 6 詰め、 片手 は 制 刀 遠 手 k 持って、 女の 第二の 命^ 赖ひ 大事の もの を 惜し 氣, な 



» い ま く つ わ ひた わざ ほ を たもて ヒ ャ、 

く、 今や 綠髮 さら 6 さ 落ちて、 額際 AJ 舐めん させし 時、 表の tn. を 叩きながら、 ^ 

『おさよ く. - 

一 わ * **- よ たれ いま じ ぶんみん .fr- を a- わ て ば, 0. かみ む も e~ み, yy,,-*^ か 

一 我 か 名 を 呼 ぶ は 誰 人なる か、 今時分 何の 用め 6 て か、 折惡 るか 6- きさ 手早く 髮ぉ 結び、 剃刀 棚へ 隱 くし 

一 て らんぶ i わ もて ビ あ や. r- ふくいで た ,」 や. ..TK ん の ft は て か ばん 

一 て 直に 手 洋燈を 持ち、 表の 11; をから.. ^ さ 開スれ ば、 洋服 出立ち の 商人ら し, n 者、 大き やかなる 手 革 包 を 

さ ► た をが た めみ 

下け て、 立ちた る 姿 を 1 さ 目 見る や、 • 

1 あ をた &ぶ e 

『^、貴 失ば、 まあ 御無審 で. - 

1 まへ ぶ か 5, S あ 5- さま .IV わ ゐ を. a L 

『お前 も 無事で、 <w し る 斯樣云 ふ有樣 なった さは. - 外 画に 居た もの だから 少しも 知らす、 やつ-亡の 

こど たづ あ ほ 5 ぶ C さつ をく よろこ もら 上 に 

事で ® ね 當 てた. - よし 坊も 無事 かね." まあ. 早速 喜んで 貰 は^くって ならな いのは、 夜逃げ をした 

あかし や お s ざ 5 ねん まへ s- つば ち 5 ケ 5 こ まで < ろ 5 た いへん 

. 明 石屋 忠藏 では^い、 二三 年 前よ 乂 派な 忠藏 になった. - 是れ 迄の 苦勞は 大變 だったらう、 f 

. t 6 < この ねんがへ H みし あが こ 50 

堪忍 を爲て 居て nk れた、 此 恩返し は …… まあ 話 は、 丄ゥて の 事に せう で 

か * & * & みだ .5 れ みだ ふ かほ む, i- め *1 ぬ もの まいが さ ども だち めつ ぶ き か 

悲しき^ は 嬉し涙 S 降 6 替ゥ て、 娘の よし は 絹物の 三枚 重ねに 朋友の 眼お 壓し、 4^ さよの 切ゥ 掛けた 髮 

はや 3- まる わげ ゐ を や こ にんお ろ むか はる まんねん まソ も < ざい つる, .V ら ま 

は 流行の 丸 髴に結 はれ、 親子 三人 揃 ふて 迎 ふる 春 tt、 万年の に 栖を食 ふ 千歳の 鶴 整に 舞 ひて、 さいれ 

いは 5 へ かめ あ を 

巖の 上に は龜 遊ぶな. 一 



破 鏡 ニー 一四 

• 蛾 m 一 

(第 一 面) 

Ivrl の ir?s^,f r て 酽ふ翩 に 『あなた § は P んぁせ 撃ばして、 何 S き 

き Si .,」 あっさ ま たち は,.' をつ や <J ざ . n ばい, 

くで も』 笆閱 かれて、 『い ゑ何處 も.、 暴氣 負ける 性質の 方です から、 夏瘦 せで 御座いませう』 さて 奇麗 

に^へ て る もの \ ョ りて p-lsi な. 帶の、 此の頃 は 四重 も 廻る かさ 覺ぇ、 大事に 掛けた 金 

の I 飾ぎ、 ^>」^5?^ひゃぅに||ければ、 をの 中 ks: ち 直させて € 思; S し k、 此の頃 は 苦 も kr 、指の節 を 

r ? ffi かげ 5 あ ふ ほ U あいき や 5 たビ 1^ { ゆ S ま の 一一 ザ か >i るゐ G ' ^ 

さ 云 はれし 靨の 影 も 失せ、 S れる程 愛嬌 を湛 へた 跟邊 も、 情な や 窪んで 今 云へ は 野中の 古井戶 、.* を 自 

體の illt^、 鍵 の^を がれぬ i ヷも えて^ らし.^ 人の 見て 氣 k 掛るも 無理なら す、 自 からこれ が 吾 

が i たかさ 1^^ ほ^ 齢- 4 てた る i がさに、 くまみ の^を 合せ、 何人 か 惡戯は 後る k 立ちし 姿の 寫 6 し 

かさ r^f 问 け^、 艇 の!! もな し、 II、 び まみの II を きれば が 前に 異らぬ 面影、 眼 打けば 眼 打く てれ ど眞の 吾が 

, 1^ くだ どの i ふ i にきせ r へし かきんで き气 M0t0^a. ftfsti 

る を^ は^ら 卜 p の;^ て, はれ たれば さて、 りい をれ ざて 打ち明け 難き.^ さ、 云へば 吾、 が 身の 

ひ.^ の ¥ 辱、 M の酺 一り の 力 iliikis み^んで、 でも S 鲈せさ tK ひ;! せ さ な i が^ぬ 間 k 顔に, 



出て, 觅ゃ角 訪ねら る.. 懊惱 さ.^ るれ も 我が身の 謹慎 薄き 罰に て、 訪ふ M を i みん やう はな けれ <^、 腐 

友の 身の上 を 思 ふに 付け、 心の み 結 ぼれ て 我が身に 降. CS 掛る恩 惠の露 は、 葉お に ^ くもれ 1 の II しみ も 

なし. - せめて 片親な^ この 世に 居 給へば、 我が身の 不束 を 叱 6 懲らし 紛 ひて、 5iS れ^の^ぎ なき^; -で 

, し 化; S ゐ 丄- * ; j • . i き わち ましら き や,. -か S は. Lis ど のこ る はんみ 5 へ みぎ 

は陷 もせ.? T 叉 させ もし 給 じ. - 木から 落た る 猿の 境界、 離れ島に 取う 殘 されし 流人の のム、 

み み ► £ つ がた ちひろ がけ まへ み 5i つ のケ たも て .し ら&み か t & り 

見ても 左 を 見ても、 取. 附き 難き 千. 》 の 崖、 前. sst も 後 を 望 ひも、 助け. < も なき 白波 tfr ゥ、 他 か 

み. - : しらね あた ひ し おくさま み そ こし さ 'ふ つか かた 5 る いま まし 

ら 見れ は 白米の 價も 知らぬ 奥様^れ^、 昧噃漉 下げて 豆腐の 使; S する 方 ど, 1 かに 今の 身よ. は增 》 れ: 

1^^ まし くや さん をん いきの さも どか 上 や J&KeaJ ». 一ら き ゐは も i 

き^きょ. o 痫ひ 知らぬ 乙ビの 口惜し や、 三寸の 息 咽喉 元に 通 ふ, ど 止めな ば、 何事 も 白木の 位牌 ^恭; ^蒙 

へ て、 乙の 辛ら き 目 は 線香の 烟 にも 知らぬ もの を、 人 は 生れて 必ら卞 j 度 は ^ なねば ならぬ SfT 歡ビ M を 

救 ふ 誓われば、 五十 年の 命數 をぎ り 上け、 勝手が 酽 しけれ^ の 船 をよ こし 11 へ.^ Eil はずの か 躯" 

^知れ. i- も、 苦 を 過して 果敢なき 我れ に は、 最早 生きて 居る 心さて はなし、 ぎしき は あの世の it た 糖、 ^ 

ぶ,, f 1 つ i» はや t ふ SS ん たく $j たびだち H^. ほん ざ. よ ひど ま X >e i り < 2 

愛しき はこの 低の 夫、 早く 十万億土 は 旅立して、 邋の半 坐に この S の 人 を 待ち、 あの世の 人に ^-li-.- 

L た 

を 仕度し^ 

、^:5」 /^ふ, て, パ 力ん 、 > あさ さ: ゆ i f- は あさが ほ は かせ ろ,? てく ひか & いき つく あ A 

軒端に 釣せ し 岐阜 提灯の 摸檨 も、 朝に K ひて 夕に 善 ひ 朝顔の 花、 風な きに ®li の 光 息 を 吐 ひて 閽 らく I 

るく、 霧吹ひて遣る^!^の葉飽薄靑ふ照ゥて、 i ゥに i る n に& つお みて .0ん£ も rw はすで ml の 

今や 衬雲に 隱れ、 星 斑ら に 光 さやけ き S お眺めて 橡 端近 學ど掛 くる 女. - 手に 持てる if 草 fti に、 



. 破 鏡 I f 一三 六 §55 a 

も か どき. i-- お て 、一 rs- ら ビか i 、ろ £ 'つ ね か あれ まか ふ 4. お ぼ 3 たげ た 

に鏈 つる } 蚊 を 時 追へ.^、 手の 力 a 鬼 角 心に 移ゥ て、 多く は 蚊の 荒る St! せて 深く は 追す で 又 下駄 

ぬ も . 5 お S こ、 こ、 ろ t ら S よねんみ. S つき {も ど 

股ぎ 捨て-. * 内に 入らう S もせす、 此處 に. らぬ心 を S に 走せ て、 餘<^5なく見入6し月A=-雲に取られ、 ほ 

ためいき も あ, C はんぶん ゑ w かく 50 き 5 し かん! &-し こ ゑ たくさ ま あ たいが. & あ, V 

ゥ芑 溜息 を拽 らして 腮は 年分 襟に 隱る i 時、 後ろに 肝 走. たる 聲 して 『奧 樣、 ,J ^凉み 遊ばす も, ^ 槪に遊 

よ ふけ かせ からだ f S ? なく か Is- ゥ よこ あ, « 

ばし まし、 夜更 てからの a は.;^ 體に 毒で 御 坐 いま すよ、 か 奥に: s 帳 を 釣. <y ましたから 少し 撗 にかな. < ^遊 

, , や をき かせさ か ふ 、ま S まあが 

はせ な』 柳 tt 風に 逆ら はす、 吹く 儘に 任 かして、 『あ いよ、 今上. <MH す r 

よ: W ft ^ も ざ. しき あがき をん を め をん かん やせ ひ しづく ほや みつ 

呼 はれた 儘に 下駄お 股ぎ 捨て、 座敷へ 上ゥ來 た. し 女の 暖に は、 餌に 感じて か 宿す 1 ^零.^ 早く も 見 付 

げ ちょ 《TS た かんが &ど &ざ かんが あ, y ばか s からだ 

けたる 下婢 は、『^<ぶ 者へ 事で 御座いま すか、 さう- 1:- 者へ 遊ばして 斗 居らし ゥて は、 4Jj 體が たま. ませ 

も か げん る, V い こ、 ろづ き をで やさ は 5 め ぬ. > あらた につ こ 

ん、 最 うよ sg, 減 k 遊ばし ませ』 と 云 はれて 心 付きし か、 衣服の 袖に 兩 方の 眼 を 拭 ひ、 改めた やうに 微笑 

. 「きょ わた L も かんが ゐ め ぬ を 

^^<.|しなから、5淸ゃ、 ^は 最ぅ 何も * へて は 居ません よ』 『をれ でもお なた、 眼が 濡れて 居. CV ます t や あ 

*^ ざ を か き 5t よ つ げ かほつ いま < さめ でか、 し かく 

御座 い せ ん か』 透 さ す 急所 を 突 か れ て も 何氣. 1^ き 顔付き T 今 « が 出掛 ゥ たの だ あね』, S れ^ も 隱すは 

かく も まか ふ, i き £ らん あ >y かせ め ま をし あ. t た もんが は ど ひ 

隱 k 住せて 深く は 聞か.^ 弋 『をれ 御覽 遊ばせ、 風邪 を 召します さ 申 上る 口の 下からで 4^ 掾 側の In. を 引き 

よ s け A- き ひ ばお むか ふが は も a をん を どし &ろ S たち C 

ませう か』 『まだ 宜 いだら うよ』 .£ェ;3 ながら 槻の 長^鉢の 向 側へ 坐る 女の 年頃 は、 やうく k. 廿を 越す 

おもやつれ 50 ころ f- ひどみ 5 へ £, をん を ft- ろ つ た JS- 

か a さす、 面囊 せし 處を 知らぬ 人に 見せたら ば、 をの 上 四つ さ a 云 ふべ しで ro の 女の 後へ ^ きて 同玄 

ひ ばち もば i ど ほの ひざ ,i- 53 ちょ これ しゅ e ん ふた ほ 5j ね ど よ 5 こど しらは む も、 め 

く 火鉢の 榜へ、 少し 遠 返 ひて 膝を据 へた 下婢 は、 是 も 主人に 二つ 程 劣. りて、 まだ 世の 憂き 事 は 白齒の 娘、 

こ &ろゅ グー まげ つく ろ びんく t か 3 る べにな しろ ひこ ひし SOL &ろ て だ. &こ はなら 

此の頃 結 ひ-初めた 島 田, 齒を 繕; 3 もせす、 鬚 櫛に 搔き 丸め、 紅白粉 戀き 年頃 を、 手 も 大根の やう.^ して 働 



あつば ち 5SS かほ. S ろ あ 》• み a そだ い や しゅ めしつか あね SR>>J 

く は、 夭 晴れの 忠義 もの. 顔色 さへ 餘<>< 醜く からぬ は、 育ちの 卑しからぬ ^^£ょ るかち 主 も 召使 ひも 姊妹 

へだ も かがき たが ^ » 5 はぺ ばか しゅ け らい たくさ 3 £ きよよ 

ほせの 年頃 なれば、 陽ての 中垣 は 互; SnS 捨て 合 ひて、 上邊 ft A:- の 主 (ヒ 家來、 奥樣芑 呼び 淸^ 呼ばれし は 

.5 おねん あ ひた $1 ひ こ、 ろ さん- * ねん t ほせ じんみ わ やつ きょ はたら 

まだー年にはならぬ^^、 相互の 心 は 三 四 年 も 馴染みた 程、 親身 € な て 我が家の 積. J ^てお 淸も 働け 

こ*- ビ せ は 3 た S も s-so こ、. & *4>K& ビ まか ねき J5- ひビ 

ば、 小言 S ふ 世話 もな く、 叉 妹 の 心に て 何事 も 住せ 置けば、 氣 k 入らぬ 乙 さは 一 ゥも なしで 

^3 ひ ばち をば も は >Si がきせ る て ど たばこ も ひた ひ あ も の KR- はしら 

今 も 火鉢の 側へ しビ やかに 坐 長 煙管 手 k 取れ,^ 煙草 吸 はふ さもせ す、 額へ 嚆て、 物 思; 5 の 柱? V る 

きょ み おく を 乙 もった. & あね おも おくさ 3 こ もがた ひど わら ひが は ゑ 

を淸は 見や. <y、 奥底 もなくて 勿體 なき さながら、 も 思 ふ 奧樣の 此の 姿、 rJ の 人の 笑 顔 はわが 笑 

が ほ ひど S き 5 れ しんば いげ ひざ を t i> おくさ 》* かげん わる &さ もの おも 

顔、 乙の 人の 憂 はわが 憂 ひさ、 心配 氣;^ 膝 少し 進ませ、 『奥 樣、 か加减 でもお 惡ぅ 御座いま すか』 物 や 思 

ひど ど 3 でむね 5 やむ や こ をし あら sft ひど ビ せつ ** t きょ 3 で 

ふさ 人の 問 ふ 迄の 胸の 有 邪 無 邪 は、 つい 擧 ai^ 顯 はれ、 又も 人に 問 はる、 切な さ、 何;^ も 知らぬ 淸に迄 

t ん ばい かつみ わる <c ざま も だいぶん ふ よこ 

心配 を掛 くる は 罪 €、『s 、え、 惡くは 》 いのおよ』 『s うで 御座い 升 か、 大分 更けました から、 A 橫 はお 

あ, e だん を かへ よこ ね わ も かへ 

な. 遊ばせな』 『ぃゝ えさ、 旦那 さまの 4 ^歸. CNk なら うち k 横にで もな つて、 CNS 寐 忘れて か歸. 

L も わた- i ね a ほ $1 かへ まへ あし 

知らなかったら 濟 まな いから、 私 は 起きて 居 ませう で 最ぅ程なく.^^歸.o^だ:らぅけれ<$J、 お前 はまた 明 

た あさ はや ゑん &ょ さきね かへ W ぎよ しん ばか ほか & if 

日の 朝が 早い から 遠慮なく 先へ か寐 な-で 歸 になっても 御寐 なる W ゥで、 外に 御用 はわる ま よし あ 

わた. 1 た < さんま あ かま は はや ね あ S< がた £ ざ おくさ |» さくばん a まで ft 

りても 私で 十分 間に合 ふし、 關 係な S から 早くお 寐ょ』 『有難う 御 坐い ますが、 奥樣 は^ 晚も 1 1 時 迄 か 起き 

あそ s こんばん わたし ね を ssa ん ** こ 53** しん 

遊ばして お出でな さ. ごましおから、 今晚tt私が起きて居A^ませぅ..每晚く少しも御寐にならなくては、 

からだ わたし こビ ビ かく はや も t XC かへ こもき 

か身體 がた ません D 私の 事 は 鬼 も 角 も あ.^ た 早く —— 少しで もお 橫は、 ぉ歸 4 の聲か M 乙 ゑました 

, 被 親 1=1 七 

.^^^^H^ JiiwHMll "ぶ Tl AHVHffil 



たこ ま を. し めしつか く あ こ .ST ら& こど S た-, せん こビ た. * 3 も み 

ら、 直に か 起し 中 ましせ う』 召使;: S の 口よ 6 此の 位の 事の 出 づるは 奮然の 事ながら、 思 ひ 細る 身に ハ 

こど さら を さけ ふか き およつ ビ さけ i をん を ゥね ft^^w は&- 02 め .5 る 《* き. ti む 1 ち 

殊更 情深く 閱 えて、 一 寸 した 情に も 脆 ろき は 女の 常、 只 何 さなし k 募 tt 詰. 眼 も の來 4、 胸に 有る 

こどば め 5 t C きょ t んぜク へん *J でき わし あた 《» f-fc む 

言菜*^^妙に對じ,!:$?められて、 か 淸が信 切に 返事す る こ S も 出来す、 我れ 知らす 重くなる 頭 k 下 を 向けば、 

きょ を A だ み ,v? 5 ら ぁ« ば i*a さんせ つ *• も-' ばか t けみ よ 1* お i.- 

淸も 1^ を 見て 徐ろに K ふ 哀れ、, これ も涕 二三 度 連け さまに 11- る W ゥ、 賢 乙 氣に見 ゆれ.^ 世に は 馴れぬ 乙 

め もぐさ に つ ぎ こビば fp たみ 5 つむ まへ だれ ひど さし ゆび のば 

女、 慰 ひる 二の次の 言葉 は 浮ます、 同し やうに 俯向 ひて 前垂の 齦お 人 指 k 延す のみで 

(第二 面) 

くちき * しづか a ねかへ てっぴん たぎ らんぶ *^ らも few &ん ,J*I も い V? か& ゆめ 3 

口 利かぬ 靜は沸 返る 鎖 瓶の 泌 -9、 洋燈の ^吸 ふ 昔に 破れ、 緣の下に鳴きしきる竈馬哀しげ^^^ 夢覺 めて 

いな ビ*» わめ 5 はらわた L C たが ふ 3, , さて か vl>itf かほ あ み か 14 

か 犬の 遠呔 妙に 膳 は 染み込む. - 互 ひ 鬱か すれ^、 扨 話し 褂 くる 言葉 はなく、 顔 上げて 見 一 ハ乂す 乙 

かしら 5 へ ね 3 3 » 2 .& つ. *- ん いちぶ あ 

さも、 頭上よ. 押される やうに て、 下ぐ るの みは 下 かれ^、 上げ やう さ 思へば、 1 寸 —— 1 分 も 上がら 

こ ま、 ^ ビけ S BIV ひ ま は h ゥ かた ゥ L を S* も .0 ひ 

fv 是の 儘に て 過ぎな ば、 時 針の 針 は 一 ^贈. CS しても、 何時 方の 付く 乙 さやら 知れね^、 折よ く 粹な火 

^s- むしめ あ ざ しき さ^ S ひ ど t ふた C , は 5 あ *<b か *• き らんぶ めが み ほタ. i 

取 虫 奴が、 開け したる 坐 敷 *W 僥倖^ 飛び a み、 兩 人が 睨め 合 ふ 中垣の 洋燈を 目掛けて、 身の程 知らす 

ゥ ぶて あ し 《 し しづ 1* i お <J ろ た * み ft むし. みかへ め ふ ビ ふた & み あ 《 

磯^ 當 たれば、 暫時 はても 靜 かに 馴れし 膽を 驚かされ、 疊へ 落ちし 虫 を 見た 返し 目 は、 不斗兩 人 見合し 

につ こ ね あ もど ゥ のめ だはら あ it-* したむ ゑ お や 5 

て莞 爾^ 笑み 合; 3、 元よ 6 角 芽 立ちし 睨み合; S ならねば、 再び 下 は 向かね^、 笑みた る 中に ほ 無量の 

かもしみ ひ .《 さ. * が どし か 3 だけ & -K S だ <| £ «ら か さが きょ むか 

哀慟の 潜むべし. - 流石 年嵩 丈 はだけ にて、 何 か 言 ひ 出さん さ 口 動かして 腹の 中.^ 探す 淸に 向; S 、『もれ 

ほ *J か < 5 れ わた. J ねめ & まなかん さは つみ 

程 庇って か 5^ れのは 嬉しい けれ^、 ^が寐 ひ S 目で もして 居て は、 叉お 疳 癖に 觸ゥ、 ^> の CN ま 4 罪 も 



まへ t» で めいわく を はふ ばん み な _0 ひるま る もビ きよこ f 

ないか 前に 迄、 迷戡を かけねば ならす ち 何 二た 晚 ゃ三晚 起きて 居ても、 晝問. R 留守の 時に 橫は, れば濟 

— k 3 へ こど S ね く へんじ S よ あ 5J- こどば つば いっしょ の 

むから、 お前 をん, を 言 はす 寐て 4^ 吳れ よ』 『はい』 さ返辭 をした か淸 は、 後の 言 詞を唾 e 1 所 呑 

乂. ^セ ^ 3 た" みつめ L だ S をみ だ わ S は 》i た きどが た i 

み 込み、 此方の 顔 を 目 打き もせで 見 詰し が、 . ^第く は 湧き出で、 果て は臉は 堰き止め 難く、 思は卞 

ft く S B A~ ゑ つゆ かせ お Lft» ひざ < へ あは まへ だ め おさ 

『奥 樣』 さ 云へ は、 葉末の 露 tt 風 k 散って、 はらく さ 滴る 膝の 上、 倉卒て ゝ 前垂れに 跟を 押へ、 『をの 

1 / と/ A か あ を も&た こ をた S3 も 

…… か柔 さし S お 心 か、 お :•:• か 可愛 S さう でな <>ま せん』 泣きた き は 其方よ 6 此方、 なれ^も 今 泣き 

> みだ ぼ むね こ K くしば きょ 3 たも lib < 

て は 涙に 堰 はなし さ、 t ゥさ 胸に 堪らへ 齒に嘀 S 切り、 『淸が 最ぅ 泣かせて か …… ぉ吳れ でない』 『は 

k かみ こ、 ろ だん も わか もば 

い …… はい, でも あんま-^ をの; t さまの やうな か 心が ::: 、 日ー那 さま はか 分 ゥ にな ゥま せんの か、 傍で 

み * わ < くちお 5 ら ほ S- む& だん 1* わか 

見て 居.. ます 私さへ、 口 …… 口惜しい V 怨めし S 程な 無理ば つか, OJrrJ れ淸 や、 旦鄹 さまが ぉ惡ぃ •:•: 

みん わたし た つ. L や 5- がく t ん S な わた < め S 

ので は 》s、 皆な 私が 足ら 4^ いから』 『か 仰 言ます な、 舉問は 致しません が、 し も 目が 御? T/s ます. - 

& «- « i さか わたし ピて. * S ね でき & fj ん t? い をで 

もの 御 無理 を 少しも-; - 逆らいな さらす、 私な^に は 到底 A 似の 出來な S 御 辛 棒 …… 』 さ 云 ひながら、 袖 

ち 5* がみ だ は もば もべ ねつ ,》 みだ 4«3 ゥ あ 》• へだれ ひざ f> たも こ a い ゥ 》w 

から 塵紙 を 出して、 鼻の 側お 、に-^ 落る 涙 を 押へ 付けて、 まく ゥ 上げた 前垂 を 膝の 下に 折. 込み、 『翻 1 所 

& a やさし a み つき ほさ J へ おは ほ どけ ちが BMV f 

にか 成. たて は、 誡 にお 優柔く つて 居らし つたのに、 三月 程 前から 鬼 佛の 逢; 3、 針の やうな 乙 € を 棒 

こ *• ビ か 5 このな ろ ふ こビめ て あ だんみ t 、ろ 

ほ,^ の 4^ 小言、 をれ か 高 玄て此 頃で は、 二 や, 言 目に は 手 を. 上げな さる 旦那 さま、 をの-;^ 心が …… をの 

こ、 ろ ま. おが &ざ まい 5 つ { ** んも S 

か 心に は、 魔が 入れ 替 りて 居る に 逢 ひ 御座 S ません." をの 魔^ 云. ふの tt あの 美麗し S …… あの 女』 さ 云 

; 3 掛ける を、 『淸 や』^ 打ち消し、 手 を 左右に 振. ながら、 『か 願 ひだから、 最ぅ 言って- れで をい』 『最 

被 嫁 . - 1:1 一 一 九 



sgsggssg ま a し 四 O 

3 をし - けさ ほせ だん も へ や さ 5 タ ちよつ ど ピこ - -- 

う 申ません か …… 、 今朝 程 も 旦那 さまのお 部屋 をお 掃除 S たします さき、 1 寸; -床 の^を ますれ ズ、 

をん ** め, かほ ほく & ざ しゃしん もこ ゥ 5 

あの 女 奴 かすまし くさった 顏、 あんま ゥ 情ら しう 御座います から、 寫 * でも 少し tttt まォ うさ £5 9 

て、 類 端の 處を 指で 彈てゃ 4 ました』 一 ト 角の 大? 栖 した 氣 にな ゥて言 ふ を、 SI の i び の を せて 

はが. v\ はら こど.. > < だん を だいむ るら 

苦! しげ k 睨め 、『さん, た 事 を 仕て 4^ 與れ だね へ、 旦那 さまの 大事に して 居つ しゃる ものに、 f 右し!^ ノで 

きづ ゥぃ S らん 》• へし こ W ね も わたし しつど 2n ら&, 

も 傷 か附て 铷覽、 お前の 仕た 事 ^は 思へ や あし 4 &ぃ、 私の 滅 妬^し きゃあ 見えない から』 ない? ip 

げち i て あ K SLf わた. J あは f こ ど & よ : C 

か 下婢に 手 を 合せて、 『後生, たから …… 私 を 哀れ € 思って、 何卒 をん な 事 はこの 後 t して か 吳れ』 をのず 

や せ やさ こ 、ろ わざ い の *- .S ゥ ばい こ ほ »J ブ』 メ £k ri 5 

の; s 弱 はものお 柔し S A 心の 業 さ 云 ひた けれち ® 喉 一杯 化 舌硬ゥ て? li!^ へ 船^に 俯れ、 雕 の:^ に 

拜 みながら- 『奧檨 お許し 遊ばし まし』 さ 云った 積 なれち 自 射ながら 酽 こえす. - i くう ち i く S が IS 

k 耳 を 立て- ft き、 若し わが 家の 前 k 止る かさ 靜 かに 待てば、 船|^^|5てる雑|、 お isi されて, i か 

*| ほ も くる ぉビ や つ 3、 お ひど た, y がへ た ,》 i^f ^ t J- ft 

彼方 k 走せ 過ぐ 力 あの 車の 音 も 矢 張 妻 待たせ 置く 人の 晚歸. かさ 思へば、 物 思 ふき の^の ill はな けれ 

まちわび か を げんくわん い でむか つ 3 やさ せこ f,." b. ゝ 

*J、 さどな 待 詫し かるらん さ うら 哀しく、 玄關へ 出迎ふ 妻に は 優しくして さ、 何處の もの やら 5t の 

L <t ft ど こ、 ろ 5 お ねか さて わ みお か び. - t 

やら 知れぬ 車の 音 k 心の中で 願 ひ、 :&我が身ながら12?笑しきこさもぁ<^ち この度 a 必ら卞 もてさ, 

ひ 5 ゥ でむか よ B, つ 3 で 3 ちか ふ. J ぎ M 1-、 • 

火 を 移し、 出 遇 ひの 用意 を すれば、 何時 迄 待ちても 近 よらす、 不思議な さ 耳 を 澄せば、 の g へ^ぬ も 

T« ど ほ をら わた かみ libs' ひ i- き き をら はら ゥ かほ StS. づ 3 ro fs-sv- く AKS-rfasr ら » : 』> If 

道理、 遠 S 渡る 雷の 響で s^-ぇぬgゃさ睨み附けし顏を稻妻に射られ、 ぁ^!の l^g;3に•ま;sで?^をf 

へし:^ も あ. 



!».& よ ど けい IC はら あ さ. iL ひら ば きん あくび けよ みつま 

每夜く 時 W の 數字も 睨め 飽き、 草紙 開; 3 て 馬 琴の 五 七に 欠帅を 消せ^、 讀 ひもの もく も 身に 摘され て 

もこ おも. J ろ y ん e や 5 や いくさ がた a ひも ど を ど おどば か み、 S ひ SO どころ 5. くた び 1 ほ 

少しも 面白くな く、 人情 は 可 厭 £ 戰爭 もの 語を繙 けば、 門外の 音 耳に 入 ゥ て 1 ゥ處を 幾度 も 讀み直 

ば か s» も き ゑて ほん ぶで ど み SS5 らん B S びつ 5 め B&> 

す 愚鈍ら しさち をれ も 直 飽きて 好^ 書 手本 筆 取りて 見れ,^、 棒の やうな 蘭の 葉、 不正 圓な栴 の 花、 さ 

さる じんぶつ でき ひ£ き. S .S つ ひさ も よろ こ て かみく づ 

て は 猿の やうな 人物の み 出 求て、 1 つも 氣に 入った はなく、 何時も HF き 裂き 捨て i、 喜ぶ は 出入の 紙屑 

かひい へた .JW はんし はんぶん のち こ、 ろづ ふで ど ビき しんせつ 

買.^ 家の 爲め にならぬ 事 は 半紙 半分 もせぬ 乙^ }、 をの 後心附 きて は 筆 を 取らす、 さもな き 時 は 心 切な 

きょ は を L 、か わら きつ ど L まい 5$, みだ ふ か は き 上 まこ ど で 3 こど かへ 

淸に^ 仕掛けて 笑 ふ 乙 さの なきに あらね^、 必定 仕舞 は 涙 降. 替 <=s て、 淸が誡 から 出る 眞情は 却 ゥ て 

fe もまた ね やさ み ひど つ 3 むね ふよみ よ .S おねん 

思 ひ を 增す種 どかし. - この 柔 しさの 三つ 1 ゥ も わが 夫の; -胸 にあら ば、 二た 夜が 三 夜 はま だし も、 1 年 

K ねんお き 6 や いのちまで おも つま た はん ほさ しんせつ み i 

ニ年起て居たさて乙の瘦せぁるまぃ^^^ 命 迄 も芑思 ふわが 失な れ^、 他人に 乙れ 程の 信 切 あ. て、 身中 

も こ お A や AT きょ 5 きょ 

. ^少しの 思 ひ遣ゥ のな き は、 乙れ が 浮世 か、 浮世 はこれ かち 

30 け 5, み K C S まま とんや く 5 ま ためいき ふ こ sf- け た こ を た おか くるま ぉビ 

時 IS を 見れば 一 一時 は 今の 間、 今夜 も S に 待つ 乙 さか^ 吐息 吹けば、 小石 蹴立て、 此方へ さ 近よ る 車の 昔、 

て O^J じ こく も feft も た ふ きょ 3 くら もど, きせる さき fl づ た、 きょ {*? ま おど 

丁度 時刻 若し や S 思へば、 泣き 倒れた 淸が 枕元、 煙管の先で靜か^^^叩き、『淸ゃ、車の昔、がするゃぅだょで 

も こ» また *• んを L C ^£ § ふ S L Is わた. J わ ftL 

何んでも ない 乙 涙を飜 して、 ヌ日 ー那に 知れる さ 4^ 小言の 種おから、 さあ 掃て 4^ 仕舞 ひ、 S …… 私 

* * ^ L きょ 8. る こ ゑ お あが < る S 

% …… 最ぅ 泣き :•:• 泣き は 仕ません. - さお 淸』 『は… は… はい』 濕 みたる 聲 直ぐに は 起き も 上らす、 車 

few L だい たか ひ マ K さんげん 3 き おど ^4 ゆる いま わ いへ おも はや fty, ど 3 つ *• 

の 昔 は 次第に 高く 響き、 二三 間 前よ 6 音の 少しく 緩みて、 今 我が家 さ 思 ふが 早き、 音 は ひたさ 止. o、 連 

きこ <る ま *- i かへ 

ひ て 閱 ゆる 車夫の 聲 『か 歸. <rj 



^ 國 ョ --^ I 四 二 lli j 

か 淸は餐 櫛 振 6 落して 起てば、 『はい』 さ ー聲 高く 答へ て淸 がさし 出す 手 鯓に、 mi も& かす!? i し、 

まっさき た *»し《 や で むか げんくわん < る 3 よ こづ け こ かた あ 》Jfe5 さ こよ i 5£ 

具 先に 立ちて 足早に 出 迎ふ玄 關." 車 を橫陋 けに させて 蹴込みよう 片 足下し、 何處で 酔; S し S か ^ の ^ く、 

ぶ あ. L さ だ こ げんくわん Ls-R* ちつ あぶ わ 》1 か. R 0-t >*5»^» 

踏む 足 定かなら で 倒け 》 がら 玄關へ 尻餅 突く を 危急な』 さ 我れ 知らす 驅け 下クる 妻. - 

, はら,.' だい タ? ぶ 9L か、 て ふ ほさ さけ かも ど, 6& »| 

据 へて はった さ 睨め、 『だ… だ 大丈夫お』 後 から 抱える 手 を 振 6 解き、 酒の 香 外面へ 長く t:;S て、 『何 

ばかめ 《ら あか W さき だ を み、 また を 5 きょ て 

をす る、 よさん か、 馬鹿 奴 力 暗い く 燈 火お 先へ 出せ』 馴れし^1:^^£は叉か€何にも言はす、 淸が 手よ 

て t よく ビ タ *» を? 》 ひざつ たかさ あ てしょく ひか ほ くつ くるまや て 4? 

手燭 を 取. て、 夫が 傍に 膝を附 き、 高く 指し 上げる 手燭の 光. に、 おのが 穿き L 靴 を 車夫の 手に 胶が 

お あせに ぎ て も V か *• ど ほづ いち く *9 けあしく つ fj s けんさき どば ちぎら か つまて 

せ 大汗 握る 掌の、 に.. て 踵 皮 を 外る-^ を 焦慮れ て 、§ を 蹴る 靴お 四 五 間 先 へ 飛し、 力 を 貸す 妻が 手 

i げん { わん しきだい わざ たよ み たこ つ 3 げ ちょ 5f> ろ. f> た 《. L3 *L が まん ふ 

は觸れ もせ 卞、 玄關の 式臺を 態^ 手 寄 .cs て 身 を 起し、 妻ビ 下婢 を 後 邊に從 へ、 \ らぬ足 を 我慢 i:d 踏み、 

aid • ft - お ► へや さ だ ビ ころ よろめき ほ S お. 9 • 3 ぶた せ- *;、 つばい あ あさり ひ 3 わ 

先へ 立ちて 我 か 部屋 さ 定めし 處 へ蹒跚 ながら 這 入. o、 重き 臉を勢 j 杯 開きて、 四邊を 一 i廻.^見ま《,J、 

セし .5? け • あたま j»5t ビ を ゆうし も た て しょく あ tj ど &し! a き 》J ん bi* Dbf 

突然に 頭の 糟子を 取って 投 ぐれば、 帽子 は 持ちて 立てる 手燭へ 當 6、 燈火は 消えて 眞ぶ i." をの 

- • . &f n<.6^ ► ほや あかり やみ さい は ひ まぶた ぬ ❖ ひど もさけ 

足 うく さ 踏み鳴らし、 『暗い、 早く 燈光 を』 fO の 閽僥律 瞼 を 拭 ふ 人の 情な や^ 

(箜ニ 面) 

みづ ビ <_»L ひ け ひビ こ J.^- にく だん み やみ はら つ .2 れ あ A し 

自 から 燈火を 消して、 さも 人で もした やうな 小言、 惜ぃ 旦^ さ 見えぬ 閽は 睨み付け、 誰が 燈^ など 

た.?/, - ft ベ, くさ *» しか よわみ めん お < さ 3 ため つか ひ f5 かる 9 5- らんぶ かた 

さ 思へ <^、 晩れ て は 又 奥樣を 叱らせる さいふ 弱 咏に免 卜、 奧檨の 爲の使 S 尻輕く 1 ^間 出で、 洋燈片 

て ぶた *• < だしね け あか. J X はぶめて あ. J もどさ だま た ふ かぺ 5 し 

手 k 再び 來れ ば、 突然の 燈火 k 酔うて 鈍き 眼き 照らされ、 足元 定ら卞 たぢく ^倒れ か、 る 壁 を、 後ろ 



手に 突き 飛して 前 Ji^ 纖跚、 扨 もよ S 氣 * さ 見る か淸が 顔、 危急^ 冷や. <=v する 胸に る 奪 か 1. だは 縱 

1 ^ k - 9 ゆね も ちが ひど むね 5 ち ほどけ X f 

AV 1 人 は 腹に 笑; S 1 人 は 胸に 泣く、 一 ゥ く i:^ 逢 ふ 人の 胸の 中、 佛 $: 世に 少. きものな で 

41f"w^ - ) せん ,f 5 からだ ちゃ 5し ど ひ W かほ ぼら .S4 «. はぎ * たん 15 

仁王 起に 立って 前後左右に 身體の 調子 を ^6、 時々 人の 顔 を 晩め て は 坐ら うさ もせす、 上 着の f 1 つ 1 

/、、、.- > U ゆび 3 き ま まほ めんだ f< さ B 'や 5 て お A ら a.^ VI -' £ 

し rjfc れて、 醉 ふた 指先 を 嬲. 廻る を、 面倒臭し £ め. く兩 手の 力に 住せても ぎ 取 ゥ、 I; き^らんと 

U ろ y ^ - *:! へ ひ やちが てばや ひ S ir あ fs. ど ど ほ を の およ ゥき 3* ね © かざ 

後へ 廻る 妻 をく る 6 前 て 遣. 逢 はせ、 手早く 獨, 股; 3 て 足元 遠く 投げ 退け、 短 胴衣 も 爹-. ^襟 飾. 

t^y ^ \ ノ?!^^ゅ1 ^ん ぬ:., * ^ ほん あ. L た お つか つく にんぎ 化. 5e おん あ, 1 C 

はむし, 取. ュ ぶし 儘洋 椅を舰 かん^ 足 を 折れば、 一 一本 足に 起ちて さへ 覺東 なき 造 人形、 自分の 足を自 

tv ん 5 ひ. 5 ^ か, 51^ たふ きょふた わら -C ゑ さき まぎ わる めか <3 .J 

分力ら 曳 きて 動 手 さ 後 K? に 倒る、 に、 か淸が 吹き出し たき 笑; 3 聲 KJ^ 雜ら すお、 惡しく さ 眼 鋭で 知ら 

• ^,<^ え , さヷみ 5. たね ちかよ ひざ か L ら のば あ L つの みづ 

せる 妻で 叱らる、 は 格 期の 上 なれ ^扨 見捨て 難く、 恐づく 近寄る を、 膝頭 延 せし 足に 突き 退け、 自 から 

まね わざ は さ *^ が たの わ か した 5 つま て あし 1^ 1 X 

招く 禍 い 流石 己れ にも 分解る か、 ちょ CN くお」 舌打ちして 妻が 出す 手に 足 を HFOa めで 『邪魔お、 止 

せく』 

お ほ *j き れ a- さ いばら は をて だ おも- さけ い^ いくら e れ き 3 く , ビ 

何程 奇麗に K きても 茨の 花、 手お 出せ: ば 思 ひも よらぬ 刺に 痛, まる D 幾程 焦慮る が 氣の毒 も は 云へ、 出さ 

ぬ 手 小言 はなし^、 爲る 儘に 爲 せて 置けば、 何やら 斯 やら 獨 で 丸裸 隨^ なゥ、 衣 翁- (-さ めく 脊 

、 * をつ さつば S- おつ ひ か は の s-s は ゆ かたき き $ c-it r 

へ 夏 は 淸淨 した かよき^、 落る 日 一 ぱい k 乾かした 粘 硬の 浴衣 着せれば、 脊 中が 痛い さ 云; 3 ながら。 ひ 

t ゆ, 、 k せっかく こ、 15;づ< に ほ たら ひ みづ ちわ. jf 'は & & S ゆかた いつ ちょつ どみ、 

よい S 脱 ひで、 折角の 心盡 しも 飜す S の 水の 泡、 矢 張 か 氣に入 6 はこの 浴衣 さ、 何時ぞや 鳥渡 耳 k した 

あ おん 1» をろ あきくさ ち 5 がた だ ? L I あら 5 おや させ A " A 3 でみ き 

彼の 女 さ 揃 ひの 秋草の 中形お 出して 後ろへ 廻れば、 荒き 中に も柔 しく 脊を 向く る 敲く迄 rJ の 身が 氣 

玻鏡 1 四 nl a 



被 镜 In 一四 四 



はだら ぬかと、 i ぎしく も ■ す 一 さ i" i ぁ惡 しく^け た頸づ X へ ひや. -T.^、、 冷たい、 何お』 云 ふが 早 

く、 i た 衣 ひ デ 1|ゥ て&れ から M 酽は騣 ひ、 :si« の i^i くるく..^ 贩 にぎき っ附 け、 『まだ 臥床 を 布 ひて 置 

か. & いか、 ,^,^1 f i れば 1: 一で も る 卜 やわない か、 &人€.^^ 揃り た 氣の拔 作お、 

b ら み わるくち た 3 か .》1 - 

や 1^^ の 鶴 S4¥ はなり て たの だら う.^ 目に 見える やうお』 の惡 ロは堪 61 ねて TS ゝぇ 

さま …… 』 さ^きになる^ を、. 『か お^ して ぉ^ れ、 今 此^ を 片寄る から』 さ 云 ひ雜ら せ、 

も i 一り の 濃 i ろへ r 理 はも £ ぎ は、 IKt^— なルの 1 日に て 指の 細 6 頰の 落る は 道理、 よ 4 

いのち Y つで う ftf D 

で^て が, を^る ゝ や^ゃ、 人 れ^りて 大の 字に 倒れ、 釣らん さ 持ち 掛る蚊 張 を 不用 S 叱り 飛 

tE^i^f タ む" むず が ど ほ え fa - 、ぬ |て> ふ: J 

( kJ^^.O ますから さ S t さ 夢中 は 我 を 通し、 無 據 く 枕元 離れて、 脱 捨の服 を 

V 4 b t よみ づ よ ひざめ あち t げこ 

^む^に ふ iiLk しき^ をして、 『かい』 も 呼び寄せ、 『水 を …… 醉醒 お、 ^-の跟を知らぬ下戸は 

II せない P ^^;れからぉ^ 11 1 れす はお を is て 乙 s』 & はふる よ 早く.^ の 間へ 、に 6 出で、 惡 しき 痛の 

M 仃る "あびの S は?^. -、 ての 酽 さおの!^^^ せ、 isi^si; した i して i 元は 量けば、 ® りて 一 

さ. s?^ み、 11酽に^を1=^て、、 『i だ # れは …… 』 『Alk は ih.^ いましたら 御免下さい まし、 水 はお 毒 

田す ましてお さき 生 ii をが ム しま 離せました』 『おきに か f 、 S おんなものが 吞 まれる もの か』 下へ もけ 

fmtf< n ッ? を 投げつ 付け、 K^ffm^t. i みのおが 末して 仕舞 頃に は、 ^ 



<3 お ほい, びき にら か はよ ぶね 



けん" «• 



わた 



嗅き 大鼾 息の 白 川 夜 舟、 着く は 八 街 家なら で、 時計 三つ 響き渡 6^ 

lib か 5 SJ 5fc て 5 し はづ たかさな あ 9J き ひら ろ <»»s び や 5 ぷ .SS7 あ S 



ゥ お ほろ け み ゆ どこし 3 だい くら か は 

媒介 人が 謠ふ 調子外れの 高 砂 を 後に 聞き お開き さ 六 枚 屏風に 入相の s、 職氣 見る 島臺、 新枕 交 

よ つく.!. お saw ねろ いくお よか か は か は たも ひひた ふ ひも ゆ 

す をの 夜 は、 九十 九の 契 は 愚か 幾千 代 掛けて 變ら 卜な 變らヒ S 乙 を 思へ、 1 ^日經 ち 一 一た 日 さ 過ぎ行け 

もつ びん け あぶら < さ & & くち み ぶつ ほ さつ け しん たも くち へんど ふ かほ 

ば、 縫れ し鬢の 毛油唉 く、 し^けなき^^!^^4氣路なく見ぇ、 佛 菩薩の 化身 S 思 ひき や、 口返答す る 顔 は 



あっき ら せつ ぴ わ $ や., ぎ こし だいだ 5、 も さんねん こ ひ さ はだ e 'もけ しゃ 5 を^_0 ど あた 5» は を 

惡鬼羅 刹、 * 央の 柳の 腰 は 大道 臼の しょな 6 くで 三年の 戀も 醒め 肌の 薄 化 ffi、 何事 % 新 らしき 中が 花 

LIL は あか た、 み か ばか あ をく かって & ゥ にんげん いち 

な. 力 障子 キュ 張. たて は 明るく、 疊も替 へし; t6 は靑々 さしてよ し. - な^、 勝手な 理を附 けて、 人間 1 

MW だいじ こんれい いぬ ねこ や ど こ、 ろ ゑ ゆ ひの 5 かつ * ふ しあ 3、 , ,考, つか ざ 

度の大事な婚鱧を犬猫の遺<^^,oするゃぅに心得、 結納の 勝 男 節 有る が 儘に ふん &んに 遣 ふさ は、 草履 

げ た _ かたく は ちが ひど た ほ 

さ 下駄の 片々 づゝ、 穿き 違 ひたる 人の 多 さよで 

It やま さか けんた ら 5 いつつ どき ち、 し を か <& お、 のこ さ いさん は、 • ま きら ひ を どこ まさ > 

主人 は 山 阪賢太 郞ゥヒ いひ て 五歲の 時に 父 を 失; 5、 覺期 よき 父が 殘 せし 財產ク ヒ、 母 か ft けす 嫌の 男 ® りの 



き. L や 5 をた ね 《p のがた 9 をし ね こみ、 は 3 せ S がく もつ Ja やう ひど はや > さ^ > ^ • k ^ 

氣性 育てられ、 赚 物語の 敎誨 をよ く 小耳 k 挿んで、 小學の 卒業 も 人よ 6 早く 十三 歲の さきに 瀵せ、 中 



if をた は .》 のがた 9 ^tb C み、 は 3 せ $ がく もつ 53 やう ひど はや さい i ち- 

, 、ヽ, 學の 卒業 も 人 く H 三 ま 

がくふ おそ かんだ へん ゑいが < か 5 ^ さんねん たつ た、 がくもん e や S たつ 

學を 踏んで は 遲延し £、 神 田邊の ある 英學 校へ 入 o、 三年 經か經 すに 學問 めゥ きゥさ 上達して =?»歲£ 

ゆび ん かくほ 5 きん ほた A MV はやよ ; 



y-L かね t 々わん だいがくから しゅび ん かくほ 5 , 1 . . / % Lhl . 

いふ 年に 兼て 志願の 大學梭 へ、 首尾よく 入門して 角帽に 金 釦." 最早 ffi に 出る 將 近くな 6 しさ 母親 を 



, 7 1 t >7 ら 5 しんし が « 51 ろ $ss<c かほみ こど S ちち や 5 つゆ st» , ねん あ >^ 

愤! a せた: S の镧、 贊太 郎が紳 -H 姿 を 後 k ひ § 孫の 顔 見 いひし 等 1 朝 to. 露、 今 四 五 J. の 後 はは 



ね や & 5 



*/! . ,< t -,. - Ji は べんき や、 ゥ きっさき こ はぶ き やま ひ ひ ねこ L 

樂隱居 る も 待た で、 母親 は 桐の 一 葉で 勉&の 切 先 是れに 鈍. y、 氣 から 病氣を 引き起して 試 驗の前 二 

ゥ 》- ほ むだ どこ <ら き や 5_0< み s このかた いつ いちい にさが を ど;^ ^^^^ 

た 月 程、 無駄に 外 床 暮し、 敎 育に 身 を 入れて よ 6 以來、 何時 にても 一 芝 云って 二 も 下らぬ 男 か、 欠席 



玻 



魏 



1 四 五 



玻 II i ハ 

Jt VJ4 らく Kq. e a-i & のつ 30 こ き くさ よこみち ふ こミ k き ザ- にた い— ETTl.? 

した めに^ は-落 F キ 自八 刀も自 ぎ 凝 性, たけに 氣を is: らして 橫 道に 蹈み 込ん £ した を、 兄弟の やうな 朋友 

k て ^"腐さい ふ の が、 瞥 めての に^ ふる 意 彫の iiii ^で」, 取 61 田め、 0f 

^の ひ に r 小つ 都, 5:2、 さ. て i に M を^ ふ も 1! &、 Ir て 〔ん も. &く" 取 もな く、 妹 €1 一人暮し 

のお だら す あれば、 i に, の&け >.^s,i ふ もの もな し、 其處 元に 都合 さへ 宜 くば 遠慮なく もの 勸誘 は、 

つ %i かひお す 能ぎ さ IpS あ な 6、 SSir れ ばひム i まし ひ ~%れ ば la 勸 めて、 i^ii 錄 始ょウ 終まで 

fv. の の mi^iM は麟 ひれば、 まに てきや 夜の しみ も あく、 ^の 葉 落る 雪の さら 

く^ rlls^ を^ ませ、 は Tts に, 士.^ ^A,、 賢 太 郞# 亦 一 年後れ て 首尾よく 學士 さな. CS け. 

s fa いめ いちなん た 、 soc く K むね くだ > > 

を 幹 命し、 1 年も經 過ば 外國へ 窆內、 の 旨 も 下 6 しさか^ 

師^が まも^ 卜く 取 る さ lsi、 l^sg の i が を け、 IT ぎ は S よく 獨 逸へ f やの 修業.. Ht、 出立 

『—よ. CVM が も け や うか^ ひし 腹 あれば、 二 ゥ返辭 否や は 云 はす、 祝言 もまお 若い 書生 2^ 

一 57 5» ち ひら ri£ けんた ら. 5 つ 3 よ K <J ふく ほ をむ こ は をよ め あ ij- ^.11 

ギ S さ& ませて is の、 妹の 4? ゥは、 賢 太郞の 妻き 呼ばれ、 二十 五? h 九の 花聱 花嫁お 後に、 1^ 尾 



せん & もみち けつ K ほん L & ねん わかれ 

は 千里の 波路 を 蹴て、 日本 Ji:: は 四 五 年の 別離.. * 

さか か めゃ& つば おこ おさん ❖ わつ あらせたい X はづ 《 'お よ がくし 力 S5S 今&ぎ 

山阪の 家名 立派 起して、 二三 月の 新世帶 おまつ さ 呼ぶ が耻 かしき 中は宜 けれ.^、 學± 仲間の 交際 i:^ 柳 



ぼし つき 



は 



かさ を K 



ふか 



S&- も かた 



橋の 月 さ 見た がー 初. o、 一 1 度が 三度 さ 重. 四 度 五 度 S 溧 くな. 行き、 粹な 姿の 酒の 酌 面白く、 素人臭き 膳 立 



9 づ だん. C ふ. A<i X あ も ひる ビま f> んまっ は こ たか ふるね こ つめ さき . た , > 

て K. 旨く、 段々 深 入. しての 夜遊び 日 宿. o、 新极葉 の 小高 さ S ふ 古 猫が 爪の 先に、 膽 玉まで を 綾な され 

ひ SJ ひら * te ん わ を み 3 つ かほ の もけ かほ ゆめ み 

1 かたならぬ 13. 尾の 恩 は 忘れて、 見た くもなし か极の 顔、 龍 之 助の 顔な ^は 夢 はだ. *^ 見す." 

(第 四面) 

も けんた ら 5 み 6 くづ は むめ がくし iS> か 3 つきあい ざォ i ビ: ^» - , I » 

抑 もく 賢 太 郞が身 を 持ち崩せし-初 K、 學 i 仲間の 交際 酒の 原因 さ tt 云へ をれ は 溺れてから のこさ、 

重なる 原因 は をの 外. t ^二つ あ ゥ きち 己れ 

ふだ 



*^ ゆん S ほ 



けん ら f 



»*s した せ いせき も つげ ふ _«ビこ1^5はが*^は{ * ひ 

四 五 枚の 下の 成績 はて 卒業した る 男、 何某 伯の 甥^ か.^ て、 

< I I ' fto, どころ ぁビ がん さき をビこ か. &.«,ゎぃ&5 がく C れい 

電氣の 引力 强く、 順 通, c> なれば 賢太郞 k 札の 落る 處を、 後の雁が先^^,^&<^てをの男が海外留舉の辭令を 

ら こしゃく さは ま ** し *i- C e ひや 5 いだ 3 ではつ しん くら s か がくもん 

貰 ひし 乙 ど、 小癮; キリ 、 ジさ觸.c^、 負けぬ 氣性 もて 1 時 は 辭表を 出す さ迄决 心せし 位、 In! つ- i 一問の あ 

*.Jt ろ |» ん., ん *<1ほ< そ こば あ ひき f» づ だい ど 5 ま がく か 5 で さ^ 

る處 から 慢心 て はなく も、 尙々 其 處の壤 合 を氣不 除く したる が 第 1 の 原因で 今 1 っは學 校へ 出て a 奏 

f 5vr きふ ど かへ みち ほ *- し I? つがく か <• こ s し まね ま た いへ あ B ふ S- ゥ.. J よ ほんやく 

住 五 等の & 紛を取 ゥ、 歸< ^路 はも 二つ 程の 私立 學 校の 講師^ 聘 かれ、 叉 家 在れば 法律 書の 飜譁 をす る 

つき にぎ かね ゑんお か あ つ . ゆ 5 づ 5 き おの づ ふ へい さけ ちから ち だ ゆ, > ; *、 

月 k 握る 金 は 三百 圓 近く 有る k 遂ひ 融通の 利 ひて、 自然^ 不 ie. を 酒の 力 k 徵ら したる か 第二の 原 



因な. 



ひ ざも W ひ 



まへ お S- 



も だ 



^^-clu^i tr , ilv. t i - L t をん をお や あま や , ■ 

幼雜 時から 母親の 膝元 kHF^yl 付けられ、 お前 は 慈父 上の 無き 子 なれば、 女親の 甘 かして 育てた さ 云 はれ I 

$ 繞 5^ 



玻 鍵 5A 

こどめ を.. 1 ゑ み、 あ .2 こ をん B や W- つば お. 《 つ £ た3 しひ **<»s 8 ざ か 

ぬ やう さ 二た 言 目の 敎誨、 耳の 穴に 蟑 さな 6 て 何でも 早く 立派に くも 思 ふ三歲 a の 魂魄で 生意氣 盛..^ 

どし &ろ ひビ へんくつ わら あ く 》 > よが 上 かせ か は ふ も だ あが けんた ,ら 5 , , k 

の 十七 八の 年頃 も、 人に は變屈 もの さ 笑 はれ、 惡所 通; 5 の 風に は 顔も^ かれで 育ち 上 し 賢太郞 なれ は、 

さ み せん S ビ をお を tsKJ ね をお ひ 5* L さ かくせ s' こ ろ あ を みお 

三味線の 糸が 何^ 鳴る もの やら 大皲の 昔が 何さ饗 くもの やら 知らねば、 一 一三 度は學 生の 頃よ.. y 遊びの 道 

L^t 5 はさた か * どこ つ ゆ 5 ぎ だ f^t ❖ あ ひ さいお & a.^ ^ , , 

の 師匠 さ * 高き 男に 連れられ、 祝義の 出し 樣 話の 工合、 才智. の だけ 何事に も 早く 一 を 聞いて 十 を 

L しゅ ま e f s ま |» つた こ みあ たつ じん を は ぶ も a つ 5 *> 上 わ そむね 

知る 朱に は雜. <=N 安く、 今 は 全くの 此の 道の 達人 S 成- => 果て、 あれで-は 不粹 乙れ では 通さ、 諸譯 胸」 つに 

た、 こ かよ はた ぶ のこ かみこ め 3 へさ L をに をん 1& て の > ' 

疊み 込み、 通; 5 果して 二分 殘る紙 衣の、 目の前 k 下がる は 知らす、 何 女の手な^ 乘る もの か€ 高 を 括 

あやまり の f わ i はやの かげ i め 3 へ をみ だ さど - て t 

つ 4^、 が 過失、 乘らぬ さ 思 ふうち J^kn れ から 最早 乘 せられ、 蔭の 舌 は 目の前の 涙 も 覺られ す わか 手に 殺 

をん を ft«v It ゐ みく め 

せぬ 女 はなし さ 思 ふ 乙 を、 释は身 を 喰ふ戒 な- y ち 

けんた ら か 5. み むか み わか ほ 3 ゆげ め も つ あつば こ S だん. L かへ つ み ほ た a W C H.^ » 

賢太郞 鏡へ 向 CN て 見る 晋が 顔が、 眉毛 眼 * ロ附き 夭 晴れの 好男子なる^ 却て 身 を 果たす 種 何處 の參烹 

や .-**ゃ$ 一 まお あ ひ ゆ かほき れい かね き ほわぬ め び や ^,5 

店 船宿 ある は 待合へ 行きても、 顔が 奇麗で 金 はお 4 切. 廻し.^ 拔け 目な く、 三拍子 先づ揃 ひし 容さ いふ 

だいじ あっか ひ した お せじ っゐ 》J 上 5 ふ へいむ ね ff ひど a^L ^^& ^ ; 

k 大事 待遇 はれ、 下へ も 置かぬ 世 辭娼從 I 不平 胸 は あれば 學梭 はての 人の 談話、 一 から 十 迄 氣は入 

ひ *„ つどめ はた $ かち ほ .5 ゆ ゥ おや、 - ^く ^ &f んを _ や 

らす、 日々 の 勸 を果す さ をの 儘、 直に 車の 栂棒を 行き 附 けの 茶屋へ 走らせ 酌 立つ 女 や 內義に 有り 

L まつこ ほ を き f と * ろ さか L や *rtf.s も、 さへ づ { お もろ & もつ ど づ く あ ふ た, 

し 仕 末是れ くさ 話せば、 客の 心に 逆ら はぬ が 商 賣€ て、 百囀<^のロ々を揃へ、 御尤も 盡 しに 煽. CS 立 

ほ しんせつ わたし を どこ だ 3 つ ね あ をた S L ん iJ5 る v« もん .J^ か 

て、 果て は 心 切め かして、 が 男なら 無言て tttt きません は、 よく 貴君 御 辛 棒 遊ばして さ, 何にも 分解 

たき 5- あぶら くお. 《- る 2$ れ れ $ i かへ む ねん ほ し わ ひどく や . »-ゥ ほ を *?,.tf„, 

らぬ 薪に 油の 口車 嬉しで 是^ 逢; 3 家へ 歸.. y て 無 《7§ な 話、 我れ 獨. 口惜し か Ay て .r ぬ 核に 話せ は、 :is 石 



»« 'いく あ WAT- の もけ 5. もど _c むねん _« <* つど まが こど. S つまで つ、 い き S & >si& ど 

敎 育の 有る 龍 之 助の 妹 £ て、 御 無念 は 御尤も なれ <^、 曲った 事 は 何時 迄も續 かす、 ぉ氣 Ji^ 入らぬ は 何事 

と 、ろ ふへ. S てった & かん a んぁも 5 まみ かへ S i ふ しんせつ き 9f やく はが f 

も; - 心の 不平の 手傳 ひ、 御 堪忍 遊ばして 今に 見返して^ 云 ふ は 何 さなく 不心 切に 閬乙 え、 良藥は 苦く 毒 

やく あ s S へ かへ L やらが ざけ おや、 ゆ た 2 & ざけ ついた ま& ざけ くち あた ひ たび か 3 まつ を 

藥は 甘く、 家へ 歸れば 薹 酒 茶屋へ 行けば 玉子 酒、 遂 玉子 酒の ロ當 6ii 引かされ、 度 重 》れ ばか 极の容 

5- ぶ W をん はく かほみ かんしゃく た a けんた ら. 9 ^ろ L あ A ほか 

姿 舉 止、 何 さなく 憎くな 6 て顏を 見る も^ 癡の 種、 rJ の やうな 賢 太郞 にて あらぬ もの を、 色 は 思案の 外 

さは 此處 かち 

&ろ けんた ら 5 t • ** か 》• き たし .J ん S つば や こた か ? C も だい L4L? 

乙の 頃 は 賢 太郞が 持ち もの さ、 乙の 社會 切って 誰れ 知らぬ % の なき 新 极葉屋 の. 5^ 高に、 當時 名代の 紳商 

ひど s- f か けんた ら 5 ゆ 30 き L ん しゃ?乙 たか 3 ね 》> ん., vsif こ けんた ら 5 こ たか よ たが い きち 

1 人 思; S を 掛け、 賢太郞 行かぬ 時 ほ 紳商 小高 を 招き、 紳商 來ぬ さき は 賢太郎 小高お 3 呼-^ で 互; 意氣路 

か 5 » こた かひ あたこ ど か わか だけ かせ けんた ら 5 かた び ゆ だん た 5- てき い どころ 

の 高 じて、 果て は 小高 を 引き合 ふ w、 鬼 角 若き 丈 風 tt 賢 太郞の 方へ 靡け^、 さて 油斷は 大敵^ 入らぬ 處 

おから こぶ だ けんた ら 5 いへ な ゆめ f f> ん.. J や 5 め こた かて ひ あ ゆめお も - » » 

力 SAaw して、 賢 太 郞は家 寐る夢 も 安から す、 をの 神 商 奴 さ 小高が 手 を 引き合 ふ 夢^ 襲 はれ、 飛 ひ 

お まつ おせろ たび 

起きて はか 核 を 驚かす 乙 € も 度く ち 

けぶ おの ど かね L つか. & あつ くわ S お S たこ くる しんもん どめ どころ か、 しゃふ あせ ゆん • " - ' k 

今日 も 己れ が 取る 金 悉皆 集めて 馔 中へ 押し込み、 狂 ふ 心猿の 止處 なく 抱えの 車 失が 汗 も 何の 苦にせ 卞 

A ふ?^ へケら あ,' t こ ひゆへ をち みち わきめ ふか わため & <ら<& や 52= かね 

夕 映 i41 の k4 く i 暴つ きを 脊に、 戀 故の 一 さ 筋道 D 他 目 も 掇ら す驅 けさせて、 吾が 爲の極 鍵、 淨土、 兼 

を たみ おや、 L きい, J <| わがね か げんくわん i こづ . おろ おどき ば, 一、 いは %i^5Lr 

て 馴染の 茶屋が 敷石 車の 輪 金を嚙 ませ、 玄 騸 へ 橫附け 下せ バ をの 昔 を 閻 ひて 飛んで 出し 女中 『御 

ら しゃ あ いさつ くるまや ふ かけ あいき や 5 わか しゅ & くろ 5 たび よ I f た S \ 

人來 いまし』 さ 挨拶して 車夫へまで 振 6 掛る 爱嬌、 『若 S 衆さん 御苦勞 さま』 Nl の 度は內 所の 方へ 顧視き 

か み や 3 さか こ, a き こ また か だ いき ど <-ま もる み LtJS- ゅか^i 

『あのお 內 儀さん、 山拔 さんが …… 』 聲を 閱ひ て 小股 k 驅け 出す 三十 四 五の 意氣^ 年增、 鳴 海 絞の 浴衣 

l—^B^^1IIJBJ—8fll-388333a83sll— IFinf s l Mlls l 1翻 181888813§8 3£に | 11 _ IBIS jB l 1-lE 一 . _ s_i l ,s= 一 に ll - mBggswg _ M I _51iBB5_H. 醒」 wwsc ミ毫 IgE- 匡 一一 c I 一 一 一- r 一 — nm f I g l I E ー詹三 1 1, •--■IW^^ ^M^I 

玻鏡 1 四 九 

—にぽ.^ ぼ. め cft^l- "ぶ ョ K^VH^ll . 



fiY -I ろ 3 め もど^ こ 5. たの 3 お 上つ ど ゆび さき ゥ や |» さか もつ *- ざ 

肌の 白き を增 して、 眼 元莞爾 やか は 板 間へ 一 寸搰の 先 を 突き、 『山教 さんよく …… 、 暴う 御座いまし 

れ 《< おは もつ き あ ふ ま * きき こし か せ <J あた •* 

たらう. rJ れ 誰か 圑扇を 持て 來 て-; - 爆き * さな いか、 氣が 利か: な いねへ』 腰 を 掛けながら^ 世辭を 頭 

{ゥ な も ゆ ふべ おやま * , <».SK ちま si き あん をい わ や ほさ 

ょゥ被 ふ、 靴 を胶ぎ 捨て 『昨夜 はか 邪魔 …… 』 ひながら 上がって、 毎日 毎夜 來て 案內は 我が家 程よ 

L ざ L きま i は さき b -、 おもて ほし & あ をば. V- ねく かた ゆ かけ fL 39; 

く 知った 座敷の 問 取、 鼻の 先 掛る表 梯子 を 上がらす、 をの 傍に 添って 奥の 方へ 行き 掛る を、 帽子^ 提 

A *t* もつ らビ つ き * んを けんた ft 5 か ほの ケ <J おか こっち め t 

革袋 を 持て 後から 附 ひて 來た 女、 賢 太郞が 顏覼き 込む やう k 近づき 、『わ, >M ^^うど 此方へ』 さ 目で 知ら 

HL& ほ 5 ふ だ あし あよつ どくち たち ど S. ま をん 1* は J- ふ、 む *1 お;^ ^れ^ パほ あひる 

すの は 梯子の 方で 踏み出す 足 を 一 寸 挫かれ、 .^留 つて 女の 方 を 根 6 向き、 『奧の 離 坐 敷 は 明て 居な S のか 

£. , ひしお ま こビ き f を S- あ おも わが f»、 J& をん も こ 

へ』 『は あ、 ロ^!マ …… か 1£ 違 ひで、 誠 k お 氣の毒 さま』 折惡 しさ 思へ き 我儘 を 云って 女 を 困 まらせ るで 

fa- る 51 &づ ちょち 5 さき た かい は. し& あが か はも よじ や". はん ひる あぜ 

も » し、 輕く *k 肯; 3 て でん^は 女中 を 先 k 立て、 二階の 梯子 を 上 6 川 添 ひの 四疊 半へ、 晝 からの 汗 を 

たろ 

下しぬ." 

fc-^(>, .« .» ク ちよお 5 ? L さげ か ばん どこ 3 を つぎ s がまお もつ ピん ゥ 

『:^.4.^:1も15§かったねへ』女中は帽子さ提萆袋を三尺の床の間江並らべ 次の間から 蒲 織の 夏 蒲 圈を持 

>» & む L あ ク&ざ た ふろみ 3a 

て來て 脊の 向く やう は 布き、 『なんさい ふ 4- 暴 さで 御座いませう、 只今. S 風呂 を 見て 逢ゥ ますから』 

JJ 广 ら £ P<L ^ ひたへ ほ も き ほ のこ あせ は ほ け 

|^ゥて1仃きし跡ち 懷 中から ハ ゾケチ を 出して 額 や 鼻の 際 殘る汗 を、,, ホ タイト- f ズの香 ひ k 消しで 

^5 る Mi、 l^&i で 調子 を 合せ 出す 三昧 線の 昔、 誰か 藝者、 が. H つて 居るな さ 思 ふ 中、 冴へ た 撥音 はやが 

て; S わ の tlV 艇 な ISIB のおる の は、 何う やら^り た聲、 知った 聲處か 違 ふこ さもない、 

: Jfeji ,ミ 5 K9 £ f まさむな e- か れい r^tf » ふ あいつ さき き >0 かほ しか VJ き _J«*PC> 

2;|1 の ¥ ^^1さ,思ふ途^は|^胸ド浮ぷは例の紳商、今日も彼奴が先へ來て居るかさ顏を蹙める將 三咏 



I や ► を どこ をん &- はも S も ひもき き しんしゃ..' tes A? み 鼠 

線の 音 はふ S ビ 止み、 男^ 女の 話し 聲の 密かに 切れ.^ 乙 ゆ.^ 紳商 かさ 思っても まだ 紙お P たで も 

こもき たビ か ばか 9 H 5*w. 

な 13、 聲を問 ひたで も. し、 只キュ しゃ € 浮んだ 計, o、 さうな る S 若し やで は 安心が ならす、 疑, ふだけ を 

の 原因 を 確かめた くな. cs、 ,$c く 立って 拔足 をしながら 二階の 椽 側へ 出て、 聲 のす る对を 着へば、 fi^ 

ざ しき あ を も めん た If C あ ほ を ^1 さ ま >s k tr- , 

坐 敷は靑 簾 1 面に 下. > て、 障子 は. 明け 放し て わる 様子 なれち 中の 現象 は 簾の 間から も P えす ち P 

T: ^ » き ?!i かか こおら か、 あ を も { び だ. >Jt-.SJ&* か &t! み ISA 

樣 なる ビ 何う かして 見た S 氣 wo 勝って、 此方に も 掛る靑 簾から 首 を s せば 只 空しく 彼方に 見ら る 

/ < ぷ 5 ゑんが は *J の さ わ *r- らい 6, 43- め C あ I で Ave ぶ 

6、 宜 SH 風 はな S か^ 様 側, ど 忍びやかに、 二三 度往來 おして 見し が、 矢 張 銘案も ffi す、 やり さ 者へ て 

^ p^^* 社;^ ん> , お" た" 诒ド f—$ ね あ ひだ SJ ほ あ sf .4. だれ よこて K る 

へ 長く 寐轉ひ 欄 千の 一 翁 下の 隙間よ. o、 邪魔な が 枝の 間,^ 透して、 彼方の 簾の 横手よ 6 遙か 

■ ^ C ^ ^ at* だん ふ おど ま f ちょち 5 ゆかな こ わき i 

は 観き 込まん さする さき、 意路惡 な、 階 子 段お 踏 ひ 音 を させて、 前の 女中 は 浴衣 を 小脇に しなが ち顯は 

れ、 『山拔 さん 何 をして 居らり しゃる の』 『是處 に變な 小さな 虫が 居る からさ』 Ms- ハ にな ゥて、 W さ 

め さら > 、- > くびば * さき のば » t けんた ら 5 た &, t もん ひど 

S 目 を 皿の やう し. f ずから、 首斗.<^先に延し、『何處に …… 』 賢 太郞. ち 同し やう k 何にもな S 椽 跳に 瞬 を 

も 3 へきた せこ い «, も ひど 2< 15, 

椐 へ て 、『かや、 お前の 东た爲 めに 何處 へ か 行つ てし^^っ た』 i でせ う、. < を がし て 、 憒 らし s§ 一さん だ 

よ』 『惜. らし S ければ 憎らし ぃビ して 置て、 時 か 風呂 は…… JF 今 か li ず獻 をし て ます』 

(第五 面) 

ほ で おはがた ゆかたき か ふろ ば ゆ とたか くき き い くら 

派手な 大形の ま 衣に 着替 へ、 屈呂 場へ 行きた れ^ も、 小高の こ^が m 角 k 氣 なゥ て、 4!? 度 來ては 幾分 

こ; -ろ づけ ^ ふ^ ねどこ つ S しゃ 5 い せ e こもけ みづこ a ふろ はい &ん 

力の をす る敌 E 呂 翁の 男まで 娼從を 云 ふ、 もの ffi 辭も小 桶の 水 £飜 し、 風呂の 中へ 這 入って 何の 

破 鋭 I . Hi 1五一, 



破 鎳 



y こま e © ケ A .t だれ も を か £s へだ むか こざ La- つね ひ&ろ き を fiE-» * れ - 

ri^ し 窓を顿 けば、 掛けて ある 簾 を 透いて 中庭 を 一 ゥ 隔てた 向 ふの, 5^ 坐 敷、 常 D 頃乘 馴れた 離 坐 ® 

k . て 5 さ 》i ろ ま .tf か あ ざ 》> きませ あ を か ゐ きゃく せん ビく W さ M 

ど li^ ゆる. - 了 度 rJ の 膩呂の 窓 „ ^向 ひ 合った、 をの 坐 敷の 窓が 開けて あ ゥ て、 中に 居る 容も膽 も 德利も ^ 

はいん 2 rf て ど きゃく だれ ね i はく こ ひ あだ れい しんしゃ $ お 4 S 

は 灰 吹 k 立つ きまで が 手 k 取る やう J^.- 客 は 誰か さ 思へば、 愴ぃ 11 戀の 仇敵の K の 紳商、 大 やうに 卷 

つ しろち 3- め たび 1 つ & きん. 5- さ り をん ひどみ おろ なせ- k 、 .》 '- '^J - 

き附 けお 白 縮緬の 帶、 をれ 鐽れて 居る 金鎖、 までが、 何^なく 人 を 見下す やうに 覺ぇ で ふ. 肥え 

に <ゥ き み、 たぶ おも た- ❖ あ ひ S へ e き ひどて でかね いのち は ひゾ f.w 

*i 肉 付、 耳 の 重さう に ®j れた 工合 は、 ^vの前は^^辭義して^vの人の手から出る金に命を編く人は S 

も けんた ら 5 め しばる かたきやく さび やくせ 5 は >^ ひ め 45 さが -ら Mfl^^t,. ゝ - > 

子 さまさ も S はふが、 賢 太郞の 目から は 芝居 はしても 歒 役の 土 百 性 鼻 低く 目尻 下ゥの 亂杭齒 一 つ 

をん fc, L, どこ 5 S はんさ 《- まへ も は さみせん わき ほ 5 お た ば. ん ひ よ たゴ. J 

€ して 女に 好かれる 虞の なき 御 人相" - をの 前に 坐りて 三味線 を 傍の 方へ 置き、 煙草盆お 引き寄せ 煙草お 

, ひ がら ^ か 1 しおし て 居る tt 小高、 氣の敌 かがらね ^何 さなく 憂 を 合んで 居る やうに も 見えぬ".』 

いやみ J ら ^ こ t^A まへ か 5 ゥ だ しん. -J や 5 をん た C たか C ぎ 

1たくビ麟ま.?^^>しく笑ひ褂けて、 小高の 前へ 顔お 突き出す 紳商に、 何の 爲 めか 小 5 ゥ四ゥ 辭義を 

く,^ さ ま、 L き 1*K S さ a み .* こはる も rO か la- こどば もこ 

して、 首 を 下げた 儘頻ゥ 《 何 か :- 言 ふ有樣 はよ く 見えても、 少し 離れ 過ぎて 居る 哀し さ k は、 言語 は少 



I お i S J<L ゆび 9 み、 あく .5? はもし こ ❖ お 

しも 聞え す. - 聞えぬ さ 思へ ばます く閬 きたく、 手拭お 指へ 卷 ひて 耳の 穴 を 拭 ひ、 せめて 話の 緒 口で 

.*、 C tv5 i 3*- よこが $ X さっき *» くた び 》> や fj んば i >^ S $ 

も &k 入れねば^、 心 を 澄して 窓へ 橫顔を 寄せれば、 先刻から 待ち 草既れ て、 石 S 箱の 蓥を 刎. ち 流す 

ゆ < A てぬ々 ひ を た、 るふろ ばん いぶかしげ かほつ き , *o だん *^ を^ . n 

湯 を 汲み 替へ、 手拭 を 折った 6 疊ん だ.?. i て 居る 風呂 番は、 不審 氣な顔 付 をし なから、 『旦^ 流し ませう』 

af ャ; い ゥ <■ で ゥる をジ 0t 、ふ ろ ビ C をけ こし か けよ ふろ %4ん X^QV 

さ 云 ふ 序手惡 しさ 其 儘 膩呂を 飛び出し、 小 桶に 腰お 掛けた るが、 今日 tt 風呂 番 がいやに 丁寧 はて、 

1 c^處をt度もくも擦<^、最ぅ湯を掛るから仕舞ふのか€思へば、叉擦.c^直し掛るに賢太郞は氣が氣で 



2epili 



3sa ちき w S ゆ さ 5 あかで ききお. ft S ヌ い^ち て マ 

なく、 每日來 ては這 入る 湯 檨 が 出る もの か、 氣の 利かぬ^ 思っても さラは 云へ, 每 日の 事た 

S み も か./ \ や もこ じれ からだ ふ 

からさつ S でい ゝせ』 さ云ゥて見しが、まだ中々止:^さぅに.*^-せす、.^;メし焦慮ったくなクて、 身體を 振り 

t た < さん い **> がて やめ ゆかけ ま た ふ JC の < ち い 

ながら 『最 ぅ擇山 だ』 さ 云へば、 やっ^ 琉す手 を 止る Jbl、 湯 を掛 るの も 待た す ふい さ 立って 風呂 中へ 入 

么。 

さて SJ *,» K を れ かたみ LSJL や 5 乙 たか かほ おの かほ つ ばか ひざ *4i こ たか また < び 

扨 何う した ど 直 k 離 坐 敷の 方お 見れば、 紳商 は 小高の 顔に 己が 顔の 付く 斗 膝 を 進ませ、 小高 は 又 首 

た S へ ざし きん ん らス ..^s さか も ぎ も、 fj ん しゃ 5 ふせ こへ st< ひく も 

を 垂れて、 前 揷の金 釵を亂 杭 逆茂木^、 ますく 邋む 紳商 を 拒ぐ やうな 6 で 聲tt彌!低くな.<.^てゃ、 以 

50 <» た ftss き さ *» t& た はか *J ゑ きこ たいが こど L いや 

前よ み 叉 1 さ 際閱乙 えす、 をの 樣の 現象に て 推し 針れば、 聲は閬 へね^ 大槪云 ふ 事 は 知れけ ゥ. - 嫌らし 

f ん しゃ <- め か あ S さ <• こ たか ひどみ さ だみ る *J たか がた た つぎ ま ゆ こど 

き绅商 奴、 可爱 相な は 小高 さ 瞬 を 定めて 見て 居る うち、 小高の 姿 はつ S ^立って.^ の 間へ でも 行く 事 か 

さ 思へば、 開けて 有った 窓の 障子お。 ひた ^鎖め ぬ^ 

か 5 31;^ わ か こたき こ、 ろ たどへ しんしゃ 5 &ん. & た !• し き B を 《* みは f-tc た 

斯樣 なる さ 叉 分解から ぬ は 小高の 心、 例 令 紳商が 何 さ 云へ、 公明正大 話 をす るに 何も 障子 を 立てへ で 

しゃ た ザ li ひどみ き わる こど .S3、 で, S こ>- 

もの 己^、 障子 を 立てる から は 何 か 人に 見られ sa かれて は惡 S 事の あるなる べし.. - .1^ れば 今迄 云った 事 

み, <bffc けんた らう 2> ま あや ビ しん. J や 5 S3 み ゐ わ めつ a 

は 皆噓 にて、 この 賢 太郞を 旨く 綾な し、 疾 くよ みあの 紳商め^……、 でなければ 今 見て 居る 我が 目德を 

fj の あてつけ しゃ ゥ SJ ふるね こ てくだお ろ わ, 2 よ くや 

忍んで、 當附 がまし く 何も 障子 を …… で てっき. <y 乙れ は 古 猫が 手術、 愚かに も 我 か 迷 ひし ど 口惜し ど、 

5 み やま f: ひ ど& あて^. &B- や 5 め いしん くび S あやまお L .rct- ざんねん 

まだ 海の もの 山の もの さも,^ れ ぬに 孤 獨の當 推 了 は、 迷津に 首まで 入れし 過失 £ 知ら 卞で 只 殘< ふが. <y て 

あど さき か S ふろ ビ いだ ふろ ぶん L んぜク { < 5 が ひやみ づ ね つたう からだ 

後先 も關 係は卞 a 呂を 飛び出し、. 風呂 翁が 心 切に 汲んで a- れた、 嫩 ひの 冷水 も 熱湯^ ゥて、 身體 もよ 

玻餽 一 



m 玻 统 i . 

」 ぬ a 、ゆかた ft- めげ からだ つ たこ あま- 1 む 《- て ど は,、、 

く は 拭かす、 Si れた 儘に 浴衣 を 着れば、 濕 氣ぃ d 身 體へ吸 ひ附く を、 怒った 餘 無理に 手 を 透せ; W 尸 

くち あたり * 

ゥ 口の 邊ゥ がび 4、.^ 

* か か.. クさ ま ゥ く か あが e やう はん は. & み ぬ も ゆ や 5 ふパ 

浴衣 を 身體へ 卷き附 けた ま、 二階へ 驅け 上ゥ、 四疊 半へ 這 入ゥて 見れば、 脱ぎ捨て、 行きし 洋服 はちゃ 

ん 9」 疊ん で、 床の間の 亂れ 箱の 中へ 入れて あるの を、 下 S. 方から HF きく 返して、 懷のハ ゾケチ を 出し 

^1|5しささ暴さに流る、額の汗ぉ弑ひ、 蒲圑の 上に 大 胡座 を 組んで、 舌打ち をし. 5^ がら 手 を 二つ 三つ 打 

ひても f 辭は なしで 諱まく しい^ 云 はん の 顔 付お して、 自分の 手の 痛く. るの は 知らす、 猶述け 

た、 や 5, や へんじ こ ゑ こ ゑ * &が ひつば まだる 

さま 四つ 五つ 叩けば、 S く返辭 する 聲、 その 聲の 長く 引 張る の も 間 緩し"^ 

^?}4|^1.^&んでぉゥてが小るだ.^、 次の間から 首の 見える が 早き、 賢太郞 a 聲に與 を 立て 『酒 を、 

£1 ずぎ になき 鎖 ii さお 中 は 驚きて k 辭も輕 く、 不 sii:- 思; 5 ながら 出て 行く 後 影 を 睨んで、 口の 中で 

! I か i や S て は iiT かち をす る もま だ^まらぬ 液賤 W 胸に 有 % 無 邪の 關を据 へ、 心 を 五里霧中に 走らせ 4 

im^^fe る,^ く n ^のお は躯 えて、 わが s^ssk にある か を ザ <ら ぬ^に iiik ば、 例の. 4 坐 敷の 話し は 終 

つ iK -、 ひ *> t 4」 か t.- はで fL ぃ9 も み、 たの さみせんね け 》^ わに、; み, .V, ふ <f^,^ &、 

.0 を ぎげ て か、 再び 響く 小高が 調子. - 常時 a 耳 を 槊し ました 三昧 線の 音 も、 今日は 我 か 身に 叫喚の 聲 

ぎ i の;^ がまで が %れ をぎ" 笑け る やう へて、 がぎ を i はぬ れば、 彼の 坐 敷へ 踏み込ん でと 迄考 

. i^. ^で |^れ ぬ iu- の f&15 早" i 心 を じつ S 押へ、 額に 顯 はる、 筋 は 無念 を 燃やし、 ロ惜さ 

一 あぶらあせ 

は 油汗の じゥく .^6.- . 



はいせん みづ 35- をみ h 5 およく ふね H あた かたて 》 か 3 き i 

盃 洗の 水 漣 さ漢 ひて、 をれ 浮 ひた 猪口の 舟、 汀へ 當 ク てち ゥ、 んさ鳴 ゥ、 dt 手に: 着せた 徳利 を 持 

とし さき か., 一ら さ 3 こど まち $j ほ あた si へ こど わ 1* ら くわいせ a& ん みづき &きゅ 5^.3 

つて、 麼ょ4 先に 頭 を 下げ、 Ingk か 待 遠 さま』 ぐ. i 然の 事お 謝び. あがら 並べる 會席 膳、 水 切った 利 休 箸 

てまへ み もから ど a- み を かたま のち さか « し に>5 は VJS5- あへ はいぜん ち 上く 3 し どら い 

に丰 前咏噃 辛から ぬ、 鳥 味 一 ^魏. は 後の 着 待つ 箸の 賑; 不 爾敢盃 洗の 猪口 を 箸で 鐳へ てさし 出す 

む &ん ど 4* み, つ S きつ かつ ばい i- ら せん もつ た {CHS,.- ちょつ.?. "よ ど 

を、 無言の ま、 取って 波々 注がせ、 息车. - 吐かぬ 驅け跗 け 三 杯、 不用 膳 を 持て 立つ 女中 を 一 寸 呼び止め、 

こ たか き ゐ もら を.^ もら く 55>ん や i.' を へん きの ちか 

『小, せ 问が东 て 居る やう だから、 貰へ るなら 直に 貰って 吳れ』 < 河 さなく 檨 子の 變 なのに 氣を吞 まれ、 近 よら 

か .4- への $ を. 2- おゆし! fti い . おが 

ぬが 滕ち^ 『へ いかしる ま. ました』 末 は 野さず れ山, io- なれ、 直 は 下ゥて 行き、 暫時ら くして 入れ違つ 

はいつ き さか おか こ 、 ちょ が.. J ら けん一; £ ら5 S いろ み ばか こ、 ろ 5 ち ねく よ 

て 這 入て 求た は、 四十の 阪:: i 近 S 此處の 女中 頭、 賢 太郎の 顔の 色 を 見た; so で、 心の中の 奥まで 讀み 

やま さ& こん はお い を わ たか ^^1 もら S る け ふ . -、. いろ 

『山阪 さん 今日は』^ 云 ひながら 坐って、 『高ち やん は 今 直に 貰つ て鑫ゥ ますよ、 今日は^ん だか.;^ 颜の色 

たいへん わる っビ む ん ばい Ifife からだ わる > さ が 

が 大變へ い 乙 さ 、またお 勸め 向きのお 心配です か、 4^ 企 遊ばせよ、 か 身 體が惡 くな 6 ますよ』 流石 こ の 

みち てれん さき こ けんた ら 5 もこ だ e<- ぎ ふろば み -J まつ f- やく S い ぶ も 5- 

道の 手 線. - 先お 越されて K 太郞は 少し 途巡、 せ. S か 風呂 塲で 見た 仕 末が 瘤に で」 も 云へ す、 云へば 不将 S 

くち. & し たくば はさ * や 5 あつ 3 たも. J f; やく 

1 ^口 j:^ 云 はれる tt 知れた? - <w> -、 奧齒 k もの、 揷ま. しゃうな 挨梭 T 叉 少し 瘤な 乙^ かあつた もんだ 

かほ で だけし 令 £■ じ き ゐ きせく はい 

から、 つい 顔へ 出た のさ』 『それ 丈 正直で 居らつ しゃる から、 か氣の 毒で ならない は』 さいひながら、 盃 

せん のこ f< ヒ た さけ かぎ まへ のみ わた 

洗に 殘ゥた 猪口 を 取って、 『くさくす る W き は 御酒に 限, ります、 さ、 1 つ』 『まお か 前お 呑, J^、 ^?^しゃぁ 

6 かほ れぴ あか S ひだて ちょつ w*- ま a s. たか 

最ぅ rJ の 通 .y』 ^顔 を 措 さして 『赤くな つたから』 ^云 ふ を 左 o の 手で 1 寸打 ゥ眞似 をし なから 『高ち 

fj やく いや た <» ば i-ぁ し やく . あが だん S f ちちよ く わた 

やん のか 酌で なければ お 嫌です か、 邂返に は 婆の か 酌で 一 つ 上れよ』 『戯談 を …… 』 さ 云 ふ 中 猪口 を 渡 

玻鎵 1 玉 五 



^^^^^ 被 I 玉 六 

cf 9 しま ひけ ふ は をれ き 《J< .Itt や 5 ちお が I 

されて 聽れる やうに 注がれて 仕舞ぬ T 今日は 離 坐 敷で なくって. £ 燕の 毒 さまでした』 『流行る 家 は 違った 一 

c やみ ぬ くだ ぁ1 ちが きやく だれ. J ふ i 

もの さね」 『あれ、 をん. 1^ 嫌^ は拔 きにして 下さいよ、 ほんの 一足 違 ひ』 『か 客 は 誰』 知らぬ 振 4 をして 何 

く かほき まる 3 げ およつ ビは& さ 3 L« よ き ひ" If ゆ. -y 化 ^ 

噏 はぬ 顔で 閎 けば、 丸鬅は 一寸 鼻の 先に 皺 を 寄せて 閎く人 もな きに 聲を密 め 『をら 例の …… 』 S 顔に 

て やま & -S た み たか か あ?, さ 5 あ 1* た い 

手.^ 遣, o、 丸る い 形ち をして 見せながら 『です よ." 高 ちゃんが 可愛 相なん です よ、 貴君 か 入らし つたの 

ち a< け たか i ろ こ さて わ おも ほ.^ S ク ぁづ 3- ゆ こ ゆる め, 

は 地獄で 佛さ、 高ち やん も 喜び ませう』 g は 我が 思 ふ g でもな きかで」、 張. OK めし 錄弓 少し 弛む も 妙 

fv ノ 

(第 六 面) 一 

ど かく は& A rt- &> か 5 つま もん. *■ へに ぎ し ほせ て 'c^^ ► , 

觅ゃ角 ^話し掛けられて 居る 中に、 何時の間にか 膽の上 も 銀 やか なゥ、 知らぬ 程に 跳 子 も 二三 本 入れ 

まも f ち は tG- さけ ぬけめ せじ を ど 5 ち ^ « けんだ *c«\ 3 も ^ん; it く 

化うて、 腹の 中に 這 入 L 酒さ拔 目の ない ffi 辭に、 外面. W 內裏 S に 攻め立てられ、 賢 太郞か 守った.^ 癢£ 

, ろ S ま 5 あし はる < こ、 ろ ふろば こビ けむ き つね かわ わるくち ,ズ, > 

S ふ 城 は、 今や 浮き足、 春め S て來る 心に 風呂場の 事な^ は烟 6 さ 消へ、 常時に 變ら す磬 口な^ を 云つ 

はら か、 わら 

て、 腹 を 抱えて 笑 ふや ラに な, C 'ぬ.. - 

鎖 さ i ビ の i へ 七^ ほせ S して さん』 さ 高の ® 、丸 鬆は顧 向 S2S『A 待 兼 t いへば、 

きな ^£ ご、 み ひ 3 る まげ は こんにち ねい さき ほさ あ , たか , > 0,1 め 

,1! の I 曰 さら. クヒ疊 を 引措气 丸 髭の 傍へ 坐 ゥ て 『今日は." 姊さん先刻程《有ゥかたぅ』『高ちゃん.^5前 

JH 2 も K&. せせ あ こ S L い やみ *J どば か 

が 困る だら う, ヒ 思って 、 早く-/ \.£ 急き立て、 上げた のさ』 『ほん S ラに 困つ て 仕 まうよ 縑咏な 事 Ti\.6 

C や さか せ,.- あ K-t こ ど の ま * て は-せ まる- >*げ ,てぶ ク だ ねい 

云ゥて n 山阪の 膳に 有った 猪口 を 取って ぐつ S 1 さ 荐 み、 をの 儘 手から 離さ 卞丸髴 の 傍へ 突き出し 『姊 




まだ 0* へや け ずけ 上 (- ゥ さ t ぶん ^ち さけ 

さん, はばか A- さま』 『又お g 焦慮 酒 か へ、 お 止よ』 £ いひながら 注; S で、 まだ 三分の 1 はめる 酒お、 

nu^^ , つ だ. こた か ち t く さけ! i ん ぶんの f: だ. ft ねい ょ5 よ ゆ 

『熱く して』 S 持て 立つ 4J、 小高 tif 獾 口の 酒 半分 呑んで 下に 置き、 『姊 さん :••: 』 ざ 用 わ 6 げに 呼べば、 行 

か— からだ ぎゃく ふ _5> む を わたし たのば かる くる 

き 掛けた 身體を 逆に 顧 向き、 『何に …… 』 『ほん, ヒは私 はくさく する よ』 『樂 しんで 針ゥ 居ないで、 苦しむ 

) u^v こ たか せ&か ひらて 5 こた か Si つ こ W わら て $ づ いふ y き 

の も 槃さ』 。ヒ 小高の 背中 を 平手で 打てば、 小高 は莞爾 笑って 『手水に 行った 振. で 逃げて 來 たのおから、 

^ , 1^^ - » t い のさ ゆび のこ 3 ね わき むしんみ a 

ド 05 しくね 姊 さん』 『わい よ、 知って 居る よ』 咽喉へ 指お さして 呑み込む 眞似、 他方から 無心に 見て 居て は、 

* &ん こど も *J いしち ケ 5 は をし 

何の 事 やら 少しも 11 石 地 織への 談話.^ 

ズ:.し"*」* . たど 9 けんだ ろ 5, をば ひざ を、 こ たか こん を & や きもの ひ ち 3- めん をが i. ゆ ん 

階 子 踏み切った 昔まで を n ひて、 R 太郞か 傍へ 膝 を 進ませた 小高、 紺 數寄屋 の 衣服に 緋 縮緬の 長編 神 を 

. , L らち や;:' めだ きんし S, しゅおん おひ L よ S ぶ, r ち たび^め Lff くるひし、 くス R. ど ゆ ひ L 

襲ね、 白 茶 地に 目立たぬ 金糸 入 As の 朱 珍の 帶、 菖蒲 打の 帶留に 赤銅の S 獅子の パ チン、 黑 元 結 めの 

つぶ しま だ ね か しんれ らば か あほ めだ だ .S ろ くにみ づ た キ? 'か は S 

壓 しの 島 田鬍、 根に 掛けた 新 藁 靑く 目立ち、 玉子 色の 櫛 水の ffi る、 やう 冷し く、 顏 はさ 云へば 

S で び じん さんじ ふ お 5 ひど ふだ か *!V L 50 かくいろ f ろ きめ ,ま かく 

いふ 迄 もない 美人の 三十 二相、 一 つや ニゥは 缺 けて 居らう も 知れね 鬼に 角 色の 白き 肌の 細か さ、 隱 

あ どころ *t こ み こまか あくしょ あいめ じお つ あが ひど み ひ V: み 

れて、 惡 しき 所 は 少しも 見へ す. - 微細に 惡所 AJ 上げよ ざ 云へば、 眼 尻 少し 釣,? H.O て、 人 を 見る S の 

はたら ねいあく 3 で い も £ み さ こ しの どし/」 ろ や. f や e ふ は S ばんちゃ で は i5> こ 

働き、 獰惡, 迄 は 云へ ぬ も ti~^>tt 何處 にか 忍ぶ やうな. 年頃 は 漸く 十八、 山 茶 も 出端^い ふに、 是れ 

2 た 5W よくろ くお あた まづ はづ 3 よむ S- 

は 叉 玉露の ロ當 6、 不旨 からう^も なければ、 迷 ふ も 無理 tt なし. - 

む © さけ ほふ あた ばら は. * びら S ろ; Sj め ふち あさか もみた,^ さくら かい;?!' つゆみ くちびる 

無理 酒に 頰の 邊.^ 薔薇の 一 S 瓣を 彩り、 眼の 淵 朝霞 緩靆く 櫻の やう はほんの. させ、 海棠の 荅の 唇 に 

こ f ばい あ S き や 5 けん t! ら 5 よ を やま さか をが fj め かね い し どろ みづ いま 

紅梅の 爱嬌を 浮めて 賢 太郞に 寄. ^ 添 ひながら、 『山阪 さん』 ざいぶ iT£tt、 金 も 石 も 蕩けて 水^なる は 今 

破鏡 1 玉 七, 



破 -鏡 、 〕 玉 八 

3 い つ もぐ へんじ けんた ら. 5 け ふ さっき こヒ れ かた ゆき ど ひざ だい ちた _» て .- 

の 間. - 何時も 直に 返辭 おする 賢 太郞、 今日は 先刻の 事 を 根方の 雪の まだ 解け やら 卞、 膝お 土臺に 頭お 手 

さ、 ,-っ < か は み はばか いけ 5? を ひも わ だ..' ゥ こ た a. ひざ 

:^支 え、 rJ の 美しき 顏を 見やう さもせ ぬ は、 法う さ 斗ゥ 云って 華經 S 鳴け ぬ 驚 の 枝 移ゥ" - 小高 は 膝に 

て か e.£ さ こ わる f ばし へんち ま つぶで を y きさ は かさ 

手お 掛けて 動かしながら、 『何 まか か惡 いの』 暫時 返辭を 待っても 梨の礫、 『何 かか 氣に 障った の』 さ 重ね 

ど む O ん からだ 5 & C たか も-こ ひれ さう さか 

て 問 ふて. ij -、 甘お 無言、 まして 身體 さへ 動かさす.. * 小高 も 少し 焦慮て 『如^し たんです ょ山阪 さん』 さ 

* ズ J あら S また わて L き S こ., あ かん Kir ちゃ,.' だい のケ こ 

少し 荒く 云って 又、 『私に 氣に 入らな S 事が 有った の.^ ゑ、 をん なら 堪忍して 頂戴な』 顋き込 ひやう はす 

は. J ら て K ,* さけ こ R> こ ド-ぱ み t" れつ こ たか かたて け. eft ら 5 

る.^, >、 柱に した 手 を外づ して、 乙の 情の 籠る 宵 葉 を 横に 見る 焦慮お さで 小高^$-ッ ゾさして片手は賢太郞 

ひざり A に て どく 《- ひよ あ も S もの S やわん ふ?: i さけ こ a は ( つ くち » 

の 膝に 乘せ、 片手で 德 利お 引き寄せ、 明 ひた 吸物 茶碗の 蓋へ、 酒お 飜れる 程に 波 i ^注いで 口へ 當 てる 

さっき よこめ お らん £• > i^. ら 5 を は も &. -S ものち や. t ん t こた かて >J ら ちから い f> た 

を、 先刻から 橫 眼に 白 睨で 居た 賢 太郎、 何 さ 思って か 吸物 茶碗 を 持つ 小高の 手 を 捕へ、 力を入れて 下へ 

fc さく は e a- ほど、 JvifV ひどこ <<t ひどこ 、ろ..」 くや も こ ふ 

置かせながら、 『毒お』 さ 一 初めて 閼 きし 時鳥の 1 聲、 『人の 心 も 知らないで …… 、 口惜しい』 其處に 5^ し 

んちは を こた か ,.> 、いへ 3 い まつみ こ て どば もこ 3 つ. 

倒れて 血 も 吐く やうに 鳴く 小 i^r- 是處ぉ 家に 待って 居る か fejbl 見せたら —— 是の 言葉の 少しで も を か 

^掛けたら で さタゃも 

i C. わ A くさ を のぺゎ た、 か み くる あ も を て,! 'め て...' P* こど * て をん けんた 

萌 えお づる 若草が 織 6il 甲す 野邊の 綿に、. 鬪 ふさ 見せて a ひ 遊ぶ 男 蝶 女 蝶、 眞 情が 一ぎ て 何^ やら、 賢 太 

ft- 1 ものろ やわ 乞 ふ^,- さは a ん せん こ ゆ ばか^く 5 らふく も あ 

郞は 吸物 茶碗の 蓋の 酒 を盃洗 へ^ん ぷ^ 飜し、 『馬鹿な 毒 卜 やわない か』 さもな きに 怨み ► ^合んで 持ち 丄 

- A** D 2>4- ま *J50 Lft- つゆ ft さま J- る さめ ぬ 《> くわ いつ I f か f» L 

げ る;^^ の i、 眼に tt 嘘 か誡か 白露お tt きし 樣は、 春雨に 濡れし 梨花 一 枝. T 毒で も關係 いません、 死ん 

, ま - はらさ < か まこ ど L せこ たは あき 4 さ 

でも 關系 いません』 亡い ふ を、 ジ- リさ貌 め、 毒で も關係 はぬ 事が ある もの か、 死んだら 何處 かの 大 商人 



n w を さ a- わら き 乙た か <づ か * 5* Q- た $ けんた fe-i ひざ おの 

k 滴ますまい』 後はフ 、 シ^ 鼻の 先で 笑 ふ を 聞 いて、 小高 tt 崩れ 掛る身 姿 を 立て直し、 賢 太郞が 膝に 己 

. ひざつ つ &み めじ w C ク みつ あ をた つし や や 》* 

か 膝 を 突き 附け、 凄咏 ある 眼 尻に 凝 手^見! IB め 『貴君、 をれ はほん^う にか 仰 言る 乙£ です か、 ゑ、 山 

3 か .1 こ &> た わざ おらつ ビ » け む G き わか おれ.. 1 ,a> に ^ ォんな ら 5 か. 3 

阪 さん 『此方 は 態^ 空惚氣 『胸に 閗; 5 たら 分解る だら うで 己 は 知らない』 € 何氣 なく 見る 賢 太郎が S ?、 

♦f*f>> あ また、 にら も は £- f C ぶん ひざ まへ <£? 

穴の 明く ほ^しげ く^ 眼 打き もせす 睨め、 何 か 云 ふか S 思へば さはなくて、 自分の 膝の 前にあった 鍋 

ひつ * かく キ み ひさ AU た:; J しらは あ み 8. お 

のお ゾケチ を HF 握み、 『口惜しい』^ S ふかさ 見れば、 瓢の 種の やうな 白 齒を當 て、、 見る く 中に ハヅケ 

きれ, こ た き や きもの もで < ほ ひ さか けんた ら 5 て だ 

チは、 四分五裂で 之れ を もまお 足ら 卞、 數寄屋 の 衣服の 铀を 喰へ て 引き裂う £す る を、 賢 太郞は 手 を 出 

くち はらの いか げん わたし こ、 ろ わ か をみ だ 

して 口から 拂ひ 除け 宜 S 加减 はしない か』 『でも 私の 心が へ .5 分明. 0^£.1^>ら ない のです もの』 とい ふ も 涙 

かく もこ ゑ わか わか 5 な々 & た 

k 搔き曇 る聲 、『s ゝょ、 分明った よ』 『分明った つて、 まだ 疑って 入る のでせ う』 『疑ぐ. や あしな いよ』 

>4> を ねん お な ゆ はち e よ こ 》5 ちから こ 5 た. J-s' き L よ- 5 

猶〈, ^を 押して、 眉に 八 字お 寄せ 聲にカ を 籠め、 『きつ £ です か …… きつ ざ 疑ません ね』 『あ、、 もの 氣性を 

き fl 上 <- Ja よ a けんた ら,. 'もろ な L ら はぎ み ひつ せ, cSd ん 

をの 氣 性に 迷って 居る のお』 賢太郞 脆く 落ちけ. OS 白 脛お 見て 術お 失 ひし 仙人、 ある ものお. .』 

e ^ ^ { か はかせ かたら しん き こ たか あちた けんた f むか もこき か、 

簧 mj^ 一; 5 て來る 川風に、 片燃 えす る 蠟蠲の 心.^ 切り、 小高 は 改めて R 太 郞に向 ひ、 『少し 氣に掛 る こさが 

で & _ けんた ら f わざ も Si げ ^ とどで き へいき かほ にく へいき わる 

出來 たの』 賢 太郞は 態^ 何氣 なく、 『何ん な 事が 出來 たの』 『まあ 平 氣な顏 をして さ、 愴 らしい』 ns. 氣で惡 

, へん 卞 ほっき , いった & ,か け ふ きゐ ひど さっき だん い 

けれ は 變な顏 付 もしゃう が、 一 體 何んだ い』 『欺う. J^. んで すよ、 今日 も來て 居た あの人ね、 先刻 も 段々 云 

<; , > , ► み ひ- t ) . ひど f, わさ をん を こ あ ひだ ひどり ひ 

つて „k れ るんで すか、 身 を 引かして 遣う つてち だけれ. わの 人 は 噂の 女好き、 此の間 も 一人 かせて、 

i. ま めかけば か 5 ち にん & どころ わた I い $ あき 

今 卜 や あか 妾 斗 4 が 家に 五六 人 も 居 るんで す^さで をん な處へ 私の やう. ものが 行った つて、 直に 秋の 

. 破 鏡. 一 i 九 



1 被 I 鏡 i 一六。 

m が;: 郑れ ずって^ ます、 1^1: きまで もき や だ £ いふんで すの は …… 』 突然に 賢 太郞が 手の ハゾケ チを取 

つて、 ;mr:di ビ^ ひ、 『きう やら の 母さんが、 せ あち 知した …: "らし S の.^ これが 一 本 前の 私なら、 何處 

まで.^、. します が、 S^^^Kりても^ぇの^、 ^^s. 酽 るの も 家へ 對 して 出来ない 譯。 さ 云り 

て t 仃くの は— あんな M の S あへ t 仃 くの は i …… 』i は i を II やら 涙に 聲は 分明ら す, 賢太郎 はりく,^ 

酽ひ ておしが、 やがて 『では、 だか もの に!^ かせれば I- いだら う』 4 高 はハゾ ケチの 間から、 密か 

k 酽ぉ. 43 し、 『もれ は i りた. - カ^った. -で すが、 君 は 船 観の あるか 身體、 をれ はま だく 御 出世 遊ば 

rf¥ i が やうな ものが ^..J つて a …… 』r が" ^でもが" ださい ふの か』 『い、 え、 决 して さう 云ふ譯 

i tJ^T^ TTT ftl あ を あど こど >s a 

では &御 115 せん V ^ff$ iis し. :… S …… £ゥ で I ば.?』 f 言醫意 

ぎ わ.:^ げに _i す を、 "乗- 4 けし 舭の g た 太 i、 ik て は" 何ん の^ぎ も 人情 も T 男の 働きで 裕 しらへ る 妾の 

TV や IT 人、 ^に i ノ. 4 はせ る もの か』 だ 4 を J ふ& せの i しく 一" K ひ 放てば、 小 S は 思 はす 手 を 合せて、 

X た あが SC ま かた ゆ 

では i おぎが ;… 』 i 气 太き tt*i く き、 『うむ』 いひながら 起ちより て、 床の間の 方へ つかく さ 行きし 

が4^れば;|.ー^|が5ロ|7るぉ「>^へ、 まだ&^?.^き^Kの»の^したのが1.1た括..T,Vれははんの手附だ、 

56 ふくろ わた お » 

家へ 歸 つて^ 母親に 渡して 置きな』 

(第 七 面) - 

お ほ は^のみ に赠 T つ へ^て、 をの" i も &れは is む ii-. なれき 先方よ.., 獨.^ 、 失 妻 £ いふ は 表向きの 呼び 



こ ゑ こ せ a. ち やう かしら をら 上 る まくら は を を L かたね ゥ た を ,<:, へ ひ たか .a_5 

»、 R 籍帳 のみ k 頭 を 並べて、 夜の 枕 tt 離れ 驚 驚の 片寐 冷めた く、 同し 家に 住居し » がら 互び 颜はょ 

み ね * めしく はつ ん せん むか たのしみ ゎづ みつき よつ き た せ さ 5< 

くも 見す で 同 L 飯 を 食; S ながら、 八 寸の疆 にさし 向 ひの は 僅か 三月 か 四月 k 絕ぇ て、 三世相 絞りて 

み さ だ せんせ SS! さる i かほ > 

見たら ば 定めし 前世 は、 犬 さ 猿の 生れ 代. <y なるべき や^ 

け ふ はちよ 5 S つねれ S ちか さ < や はや かへ .& へ あ めづ こど きょ つぎ 3 

今日は 日曜 V- 云. ふ は 常時の 例 k 違 ひ、 昨夜: SE 十く 歸. y て 家 を 明けす 趁 らしき 事 さ淸さ 次の間に 話し合 

け 3 さ だ はやお もん & て たづ さ S はかみ いもべ いちや W ま ほこね あた , つ さ 

ひて、 今朝 は 定めし 早起きして あの 女の手お 携へ、 池 上 か 磯部 か、 一 夜, 泊 ok 箱 根邊ゥ への 摄氣& け 

き 上 てんば かんてい く 5 5 つお はづ あ、 5 や く e とろ ね どこ で だまつ かほ あらだ まつ しょく も, 

淸が 一 點張. の 鑑定 も S を 打つ 槌^ 外れ、 漸く 九 時 頃に 寐床を 出て、 無言て 顔 を 冼ひ 無言て 食お 濟 

3、c ぶんへ や ひ こも ひるけ L で こ た、 いらぬ か ゥパゑ 

ませ、 をの 儘 d 分の 部屋へ 引き籠って、 晝餉を 知らせても 出て 來卞、 只 不用/ 机.::^ 寄掛 ク、 

か、 を: i かんか る し£ げゥ かた を ふ -J ぎ L 5 お さてれ い はか かほ もこ か は 

を 抱えて 何 か 者へ て 居る のみで 四 五 か 月 乙の 方 無き 不 思議 の 仕 打な れ^、 W 例の 苦 S 顔 は 少しも 變ら 

きぶん あ 3 つ. L ん * い むやみ こど S だ IfeL &£c あ. J わ * 

え 氣分 にても 惡し きかさ-;^ 极 心配に なれ^、 無 閽な言 を 云; S 出して 叉 虫の 居 處を惡 くして はさ 我 か 

み ぺ$ き こらき も は S fe.vs sft 5. へ 10 > あんし: <i た f ^,AL^ 

身の 病 氣,^ 堪 へる 氣 にな. O て、 何 さも 言 はで 只朐を 痛め、 たまく 家に 居て やれ 安心で」 思へ は、 安心 は 

ん しん ゐ る また. J ん tfs わ f« くろ 5 a A ^ ' > ? \ ' ^ , 

安心なら で 居れば 居る で X 心配 さは、 よくも.. (-我 か 身 は 苦 勞を 持つ て生れた^^の.^- .afe 火鉢の 傲に 

むね ねさ 5 たて > 

胸 を 押へ る 無情 さ. - 

f 、さ & 9£ s- ? まよ はら I* も かた くら K C も さん e た よ C «• 

, を I て ゝ夫 さも 云 はす 妻 € も 呼ばす、 睨み合; 3 の 姿に て暮 し、 二 時お 過ぎ 三時 さ經ち 四時 を 打て^も 

pf お ii くぎ ii- ベ はま * けて、 i ろの i の 鎖ぎ i た 衣ぎ て ff よ 呼びよ 寄せ、 

ffvw をく 相識して やつ £ 事お 决 定め、 九 谷の 急賴は 玉露の 湯加減お 試み、 水 羊、 liil を 四 切れ 麼 渡りの 



玻 鏡 2! I 一 さ 一 

1££ー|5=靈醫_5= 醒ー ー疆麗 一二 1 531 コ騮麗 一-謹 i 罂 ■■ lull 隱| 国 I 1= M5n3—aI3T3— agmll^llll— 

さら ^ つじ ぶん せんけん たいし けんた らう へや ゆ こど 

皿に 乘 せて、 か 松 自分に 全權 大使 さなって、 賢 太郞の 部屋へ 行く 事に な 6 ぬで 

一 い 2 はん こ、 ろ もち たはん .S こ ほ^な .e ろ ひ V- わ io おも ひビ S ち &く 

夫 さは 云 へ . 数人の やうな 心 持、 他人^ は 云 へ 是れ程 恐し き 人 はなく、 吾が 家 さ 思 へ き 人の 家の 如 

ひ a,? 5 ち たも Ks- l-^tf た 6 f たのつ あした ビ ぬ つぎ ま ゆ 

く、 人の家£&へ <^乙のゃぅ^^^針の山程には思は卜っ 竊ま 卜さ すれき 自然 さ 足 昔お 竊み、 次の間へ 行け 

き 5 さ. C ど ^11 ^ はい またく び ね つか ね そろ C 、|<5 でき あ >^ か/ 

ばぎ UK ぎ 出す i の 波、 部屋へ 這 入れば X 首の 根 を 抓 まる、 やう k 恐し けれ^、 是處迄 东ては 後へ 歸る 

r む a しづ こゝろ たに へ 令く お からだ だ けんた ら 5 けさ つ,:; ゑ か、 

も 異な もの、 やつ さ 朐を靜 め 心 を 鬼に して、 すつ さ 部屋 の 口へ 身體を 出せば、 賢太郞 a 今朝 のま、 机に 掛 

ナ さ あ 54 おさ S きにんき や 《• z£ ? S »• つ も は おも くわ ュ つ パ.^ ^ 

6、 ケ 朝の やうに ま^をぎ へ、 生 人形の 如く 身動きせ, お 核し さやか は 坐. 恐る く 茶 さ 菓子 を 机の 側 

を む AfJ & てんち i ち 5 30 の ぎ上ゐ 5 か 5- S こ £ き ぶん わる 、 コ k ば; f 

に 並ら ベ、 昔の 御殿女中が 殿の 御意 を 伺 ふやう. 『あなた 何處 か樹氣 分で もお 惡 ふ^さいます 力』 暫時 

またき づっ 5 あそ けんた ら 5 ビち め くわつ ひら つみび ど ど しら わん *• が ほ ,こ,, V- 

く 間 を 置て 『か 頭痛で も 遊ばします か』 賢 太郞は 閉し目 を 豁《 開き、 罪人 取 6 調ぶ る 焰魔顏 『佝處 も 

わる しか こどば か は 5 れ けん かく & まへ .^1 , -、 あ 3 pft^-<,^ 

惡く はない』 叱られても 言葉 ー§^ さる ゝは 嬉しく、 慳 *J んなは 格 期の 前 さ 『で 御 さいます か 餘. y 御 返 屈 

ケん ちゃ 广 みつ 上5 かん きの ふ る ももら きら ^1^/ 、 P 

かさ 存じまして お茶 を 入れました で rJ の 水 羊、 まぼ 昨日お 留守 J^i 貰 ひました の を 切し ました か、 如何で ft 

坐い ます』 さも 面倒臭き さ 言 はん IK ゥに、 其處へ a した もの を 見向き もせす 『つべ 乙べ^ 囂まし S 、だ 

たの しん io つ よこ お 50 ほ くるま さから 5 へ で を ほくした な は ,u で **\ ■ - » 

れも赖 み もせん のに』 心 切 を橫に 押し通す 車に も 逆 はす、 上から 出れば 猶々 下;^ 廻.^ 『出過ぎました 力 

ケ i きょ さ, r だん た 5< つ め あか くだ 3^ , 

は 存じ^せん が、 淸 さも 相談 いたしまして、 か 返 屈の か 慰みに …… で . ^うか 召し 上って 下さ S まし』 『ゑ 

^ KI ひビ -to- んが *UVI ? 90* I ゆ V はや お 

、<k ベたくない もの は 喰 べん、 人の 者へ 事の 邪魔 をして、 んな もの は 持って行け』 と 云 ふが 早き、 茶 

こ ひつく A へ で&ろ ちゃ まつ ひさ こ は あら た しろち i こかな .& ろ.' た f どこ • 

盆お 其處へ 引繰ゥ 1^ せば、 出 頃の 茶 はか 松が 膝へ 飜れ て、 洗 ひ 立ての 白地に 黄金の 色. - はっさ S ふ處へ 



a- よ かたて てがみ も S きた 3 つ かほ あは め つき や *&53 はし てがみ し 

淸は片 手に 手 aAJ 持って、 入 さま-;? J 秘に顔 を 合せ、 目 付で 柳 橋からの 手 K さ 知ら すれ.^、 をん な 

ビ ころ あど きょ ゅづ ころ よ うかん くわ.. J きひら ゆ さき つぎ 3 

處 ではなく 後 は 淸に讓 ゥ、 倒げ し 羊 煞 を 菓子器 抬 ふて、 行く先 は、 次の間へ 泣きに. - 

きょ もき てがみ ひ 5J くち うお よん へんじ t た、 ひざ cs お ほ 

淸が 持って 來 た手紘 を、 HF つたく る やうに して 取- 0、 口の 中です らくさ 讀で 返事 を 認め、 膝 を 突て 仰 

3 きょ だぬ じぶん た で こ 50 だ S せこ. &ち ゆ をろ しきせき ^ ft- 

せ は^ 待つ 淸を 出し 拔き、 自分から つい 起って 出た 事もュ かい 臺所 口へ 行き、 揃ひの仕着を着た意氣4^^ 

もど. J も か S くら .L らかみ つ、 み て がみ わた ほどけが ほ ゆ と 50 づて い くた び 

男に、 中 は 幾千 か 白紙の 包 もの、 をれ さ 手紘を 渡しての 怫顏で 直に 行く からさ 傳 言して、 幾度 もす る 

を どこ じぎ あ &さき 《- かへ ゆ .?> ろ. * がた のこ を L みたく へや かへ を こ S きょ 

男の 辭義を 腮 の 先で 受け、 歸 つて 行く 接 姿殘. 惜 さう k 見 g ゥ、 やがて 部屋へ 歸っ てまお 其處に 居る 淸 

、『出て 來 るから 衣 物お』 

{ ろゝ は お W た 5C は や S- め t ち &め, C ひどへ もの おび ほかた さん S.S ね f- ろた びで だ さ Aj ゆ S 

黒^の 羽織に 當時 流行の 4- 召 縮緬の 單物、 帶は傅 多の 三枚 折う に 白 足袋 出立ち、 何處へ 行く さも 云 はす 

で げんくわん みねく ひばち もば かヽ め ふち あか を 》♦ つ むか きょ ためいき つ 

出る を玄關 まで 見送り、 火鉢の 側に 歸 つて 眼の 邊赤 うして 居る か fek 向; 3、 淸は ほっさ 溜息 吐いて、 

ねく さ 3 くや £ だん &> .* をた やけさ あ. y 

『奧檨 、か 口惜しう 御^いませ うで あんま 6 な 旦那 さまの なされ かた、 貴女^ 火傷で も 遊ばし はなさ. ま 

やさ き 3 で を みだ い こ ゑ くび さ ゆ, ふこた よろ & 

せんか』 優しく 問 かれて 先づ 出る は 涙、 出で ぬ は聲. - 首 を 左右 k 振って 答 ふれば、 『をれ は 宜しう 御^ S 

を だん を ほんき & い さ さっき & 6% ゆつ S つ 

ました、 何んでも 旦那 さま は本氣 では 御^ S ません よ』 さ 云 ひ 慰めて、 先刻の 急 I 鹿に 湯 を 注ぎ、 4- 极か 

の つ ちゃわん f つ ひざ 2 へ だ ひばし も はい を か じか を K 

呑み 付けの 茶碗に 移して 膝の 前へ さし 出し、 4^ のれ は 火箸お 持って 灰の 中へ、 しき ゥに字 を 書き、 何 か 

h み さ. 9 だ まつく く おや ひ ビ< おの か きょ だ. L ぬけ く や 

云 ひたげ に 見えて も^て 云; 3 出さす.. - は 酌んで 吳れた 茶 を 一 口 吞み褂 くる-とき、 淸は 突然に 口惜し 

C ぶん あざ OS- 5 fe せろ を か きょ 3 つ. * に £ ど き きょ ねび あ ひだ さっき 

がって 自分の 膝 を 連け さまに 打つ k 驚かされ、 可笑しな 淸 さへ か 核 何事 さ 聞けば、 淸は帶 の 間よ ゥ 先刻の 



玻 



鍊 



1六 四 



て がみ まる ビだ て わ. & ゆび さき のぼ s つ Ja へゥ つ 

手紙の 丸げ た を顶. 出し、 丁寧 k 措の 先で 延 してお 核の 前 k 突き: &け、 糸切齒 き, くさ 噴んで 『.& 上 

おも ^ かんが も ほ か あいさ. f * &ん し あ tS, た か あ S さ 5 

げま S さ 思; S ましたが、 何う 考へ 直しても. R 可愛 想 …… 、 何 k も 知らぬ 责 女が、 .f- 可愛 想で な. りません 

み、 づ のた.? 55- て がみ もん/' だん を al* した もが 

蚯-^ の魏 e の 紙の 文句 を、 旦% さまの 鼻の 下の 長 



な *». あげ fe*^ さ 3 き、 •* も かも fjw 

から * 上ます P 奧 樣か闞 遊ばし まし、 ての 金 釘 

わけ めん あ, V- だん だ •* こど 

S 譯^ ^-. I お Js^ 游 ばせ 旦那 さまの 街され 4^ 事 を』 

た、 みた、 きょ たつみ あが いき さっき , てがみ けんた も 5 た *• お まる き あのき か で ゆ 

疊 叩いて 淸が 辰已 上ろ になって 言 ふを閎 けば、 先刻 來た丰 紙 を 賢 太郞は 直に 九め、 衣 物着替 へて 出て 行 

どき た. 6- ビ S つも もで々 ち はづ *J ろね は お w ひ か きょ め ば や みビ 

く 時、 をつ さ袂へ 入れ L 積. なれ <^、 袖口 を 外れて 後る へ轉げ 落ちた る を 羽織 ゥ褂 けし 淸が 目早く 謎 



にの おく だ あど て 5 づ ? 》 ほ S t きの ふ わた くだ かね 

め、 早速 自分の 缺へ をウ笆 忍ばせ、 送 6a3 し. K 後で 羊-水 壤へ這 入って 讀 めば、 昨日 か 渡し 下され U か 金、 

も 々さ3 は 、 *» へ * & のつ びき が x-itf は は、 め 3 へ かねよ ぎ こ み 

直樣 母親の 前へ 並ら ベ、 退 HFS せぬ 強情 を 張 乙る、 母 も 目の前の 金に 餘義 なく 承知して、 此の 身 

あ をた C 55 I* ひも 《* を fi こど はこ さ 5 ら. e ひさ ひ L や 5 ぼい れい いや ひど かほ み 

は責君 さまの 自由 k 相 成.? &;^ で かやう 事が 運び 候 得ば、 一 日 も窗業 をいた し、 例の 嫌な 人の 顏を見 る 

つ 55 らふ け さ だ L ぬけ のきお や.? S ん ひ ほんばん Kslb ふ と ど so*- み S は あか 

も 辛, T く 候 ま i、 今朝よ. 突然 k 軒 提灯 を 引き、 見 番 へも廢 業の 事 を 屈け、 わ まさながら 身 贶ひ の 赤の 

いたし 



>s. らふ つき て がみ & らん. J だい さま .S で f だされた < I 

飯 持へ 候 H 付、 乙の 孚 絨御覽 次第 直檨か 岀被下 度で をれ だ廢業 あさの 事に 付 種々 御 相 

H ゝ せひ めか/' たんれ S ま をした く ILfe *?r らふ つき おくさ 3 まへ よろ £ しゅび あ t およつ ど 

たく、 母 も 是非く か 目 御 鰭 申 度 居 候 付、 奧樣の 前 宜しく 御 首尾 遊ばされ、 一 寸な; 



かほ おんか ねがた く も ふ e Jos' »-*L めでたく こど さら かへ 

« も 4^ 顏御 借し 願 ひ 度 さ、 惜しき 筆 を 止め 申^ 目出度,. 殊 返す- 

ひど e せつ がら ころ もんく 

つた 人 k 時節柄の 殺し. X 言、 ,,&.ott 



か く は きの ふ あ 

• ま でも 書き 加へ て、 朋日 遇., 



きやく つ だ.? > めいげん きょ あま こど あき て $づ tf JJ 

容を 釣る 道具 €は 金言な. で 淸は餘 6 の 事, に 慌れて 手水 場 を 飛び 



だ ffts»^ きせく AJVJ し つら ひ おも ばか る たま あ もた か 

出し、 か 話 申 も 4^ 氣の毒 なれき、 ^Jんな寧がぁるさ,^s-知ら卞、 辛苦 思; 3 斗. して 居 紛ぶ費 女 さまが. 可 



Is さ ゆ ゑ と、 ろ わ らん S こどば き t ぼら L あん さが こひざ 5 D さ V 

愛想 故、 心得まで J^-;^ 覽に 入れます さ 言葉 を 切. <>、 S: 時く 思案して 賢 しげ k 小膝 はづ たさ 打って 『扨 

おくさ 》• はや て がみ Ltwc あ も f こ 々ゎぃ こく あにい さ 3 SJ こ f あ を ^ 5 

奥様、 少しも 早く 乙の 手紙 を證據 k 遊ばし、 封じ込んで 外國 の. 兄 樣の處 へ 4- 送. 遊ばしましたら 如何 

£ ざ あ さ & S けん ぎ り だん &- き、 a さっき も y ひビこ ICS 

で 御座 います, か 兄樣の 御意 見 らち 義理ぶ」 して 旦那 さま も か 聞で 御^ S ませう』 先刻から 何 一 言 云 は 

むね 3 き ゥ かわ ゆび さき おさ & まつ き かほ あ め いつば い ^&んだ 3 た、 1^ ね ど 

す、 胸先の 痞を 指の 先で 押へ て 居た,., み秘、 の 時 やうく 顏を 上げて、 跟 1 杯の 涙 を 眼 打き して 絞 6 落 

し、 淸の顏 を 怨めし さう J^tcN さ 見詰め 『あの 1 \ 清 や." か 前 k 別れな くりて は 成らなくなる かも 知 

れな いね』 

(第 八面) 

ばん &> あか 9 けんた ら 5 かへ つ ぎ ひ かへ つどむ は 5 さ $ こビ 

をの 晚は 泣き 飽 して 待て^ 賢 太 郞歸ら す、 をの 次の 日 もまた 歸ら す、 勸め 向きの 方 は 如何した 事 やら、 

53 わみ I ん ばい ゥ VJ めむ き ふしゅび は 5 しんぱい ね > いのお 

今では 我が身の 心配よ. <y、 勸 向の 不首尾に な.. y はせ ぬかさ、 をの 方が 心配に^ 6 て、 寐る $JroK- か 命 を 

つ を た もゥぁ の R- のね も や **5«- ばし は 5 ssy お ゆつ きん . , - 

繼ぐ 食べ もの さへ、 其方へ 退けての 物 思; S で 柳 橋の 方 かち 每日铷 出動な さる、 か、 さう. 1^ されば よけれ 

わ ど、 ひで か ピき ほか ま I はきもの こま Ss たこ つど 

き、 いやく 1 昨日.;^ 出 憑け の 時に、 祷はか 持ちな さらす、 まして 4^ 履 賴は 駒下駄、 是れは 動めに はか 

.S で み はかま くつ きょ t あ ff も かへ 

出な さらぬ さ 見える で せめて か 祷さ靴 を淸に 持たせて 上げ やう か、 をれ よ AAtt 洋服 を 揃 へて、 S や 却 

あて • やく きこつみ. • s きょ 3 で c ,i s た f ^ 

つて 當 つけ かまし くな. o て诚妬 やう ksg え、 罪 もな く 持って行った 淸 が、 小言 を 戴く やうで は氣 

»< わみ I ゆ も ほ < へん あた だん を あは.. i ま を ひど たの -' 

毒、 吾 か 身 か 持って行か うか、 をれ では 猶々 變に當 るし、 また 旦灘 さまに 遇せ も 仕舞 ひで 1 層 人 を 託ん 

とど おおや あ 3 e <5 ん ふ L だら. J ひ 90 f> やみ S ち あかるみ 

だら 事が 穩 かで、 をれ もよ けれき 餘.? m 慢 はもなら ぬ 不行跡、 らぬ 人に 知らせる は 圏の 耻辱を 明 所へ 

破鏡 一 六 玉 



■ 玻錢 1 六 六 

だ ここの 5 よく ふ 5 きせるつ. K かんが めの さき さっき きょ 

出す やう て、 是れも 好 もしから ぬ 乙 さで はて 如何 か 好い ェ風が ^煙管お 杖に 者へ る 眼前に、 先刻 淸が 

おい S しんぶん むね あ 3 L あん て ひろ よ み この 3 、いつ け <-.s 

置て 行った 新聞、 胸に 餘る 思案の 手に 擴げ て、 讀 ひさ はなしに 見れ は、 好める 儘に 何時しか 興に 入 6 て、 

ぺ 1^5- fiy X くビ だ. & ,ハ1 ク い た »i しん まつば や こた か み S だ くろ. ( ft » 

1 頁よ. 二 頁 さ讀み 下し、 第三 頁に 至れば、 淺猿 しゃ 新 葉屋小 高さ 見出し 黑々^ 置け る 一 さ 行. - 0a 

L ひど まをこ もる $J lib に&ど め ぬ. み «J5 にん がく し かたがき ひど ひか 

はせ ね^ 知ゥ人 だけ 眼銳 く、 何事 かさ 眼 を 拭 ふて よく 見れば、 同人 は ある 學士の 肩書. Q る 人 は 引され、 

め で たく は S げふ い K ひ 《J5 げふ いへ *JK めし かつをぶ L を で ss- B こや ゆかた ち < , たん も 

目出度 廢 業の 祝 さて、 同業の 家 は 强飯さ 鰹節 さ を 添へ、 また 出入の 箱屋に は 浴衣 地 一反 づ、 を 添へ て 

きの ふ せろ あし あら ふ けいき よ を か さて け 5- き よ ひ がく f- せんちゃ 5 

昨日 土足 を 洗 ひし さは、 不景氣 の 世の中に. g も景氣 の 好 さ、 引かした 學 士^の が 三千 丈の 鼻の 

$ あ ひ. >t かケ を こ た 3 あ ひか ほ わる <ち さて 《. きを はやよ し だんみ 

下、 長い間に 數へ 損ねぬ やうし 給へ で」、 相變ら 卞の惡 口." 扨 は 浮 名の 早く も 世に 知られぬ、 旦§§ さまが 

£ ろ わけ L SOR- だち Tt ばか を f しわけ こど ふ しゅび もど 

での 頃の 譯を 知らぬ 朋友 はなき を、 學士^ 斗 名を隱 しても 知れぬ 譯は: しで 乙ん な 事が 不首尾の 元 ±£ 

か r-t のケみ さほ £.L ゆつ せ さまたげ i& ん ふ し だら 1* ほ あげ 

て、 兼々 冀 望の 洋行な さる ir<= ^にもなら ば、 御 出世の 妨害、 何 さかして N> の やう »不 行狀、 直して 上 

L か!^ Lffs いきお 3 (§ か 15- き たづ だ ,みや 

る 仕 法 はなき か. - 芝居です る 生血 を雜せ もの、 藥も、 必らす 利く ど》 らば 探ね 出して、 わが 身の 痩せた 

% La の ま を を 

血お 絞 ゥ て も飮 ませ 申に^ 

P _5 せむ a いお 3 つ みさほ 》* も © さ れんげ さ $ こ、 ろ .VJ しん 3 つば こた か みい ほ & つば も 

欺^ 朐を 痛む る が 操 を 振 4 捨て、 野に く 邋花草 心 を蕩ら かせ、 新极 葉の 小高の 身 祝 ひ 立派に 濟 

まげめ まへ まるまげ $ あは か *• み にあ にあ しんぱい かほ を か 5fl ろかみ 

ませ、 島 田鬆を 目の前に 丸 奮に 直させて、 合せ 鏡に 似合 ふか 似合 はぬ か を 心配す る 顔の、 可笑し さ後髮 

ひ かへ き けんた ら 5 い 3、 で わら こ かほ い へ もんい $ ■」 ぶめんつ { てき 5- へ 

引かれながら に歸 <>來 た 6 し 賢太郞 D 今迄 笑ひ轉 けた 顔お、 家の 門 を 入る さ 直に 澀面 造り、 敵の 家 Ji^ で 

き や 5 もこら ね <»ほ へや S ぃ》- 、でしん ばい 3 つ に S fttK おろ たお 

來た樣 に 其 處等聣 め 廻して 部屋に 入る J^、 今迄 心配した-;^ 秘ハ 俄か k 重荷 下せし やう は. fa- 4 て、 立 



; H 



被 



鏡 



iiril 



SI 



M^e こし かろ- ま ft めむ だ fl かゥ あた s- よつ ひどへ や こも 

錚 きの 腰も輕 く、 S をく^ する を 叉:^ 眼 を剝き 出して 叱り 附け、 四 邊へも 寄せ 附 けす、 獨ゥ 部屋に 籠 

を のち たど 

りて 其の後 は 音 もな し^ 

X , らんぶ も ゆ きょへ やで まつ まへ きた ?i わたくし つか ひ い i 

夜 i ^なりて 洋燈 持って行きし 淸が、 部屋 を 出る さ.;^ の 前に *<:s 、『奥 樣、 私 はか 使に 行って 磨ゥ ます』 

IP , 、コ J かこ つ しゃ S れい かひつ いへ こ、 15 みちの 3- 

『さう 何處 へ』 J ラ ム チを 買り て來 いさか 仰 言 いますから』 倒の 買附 けの 家 は 何處ょ ,0 十 町からの 路程、 

t^^l:^ ヽ乂ど 》1 つね も や ふか いま た 5. へん よみち き つ .< おさ _» S ん せつ 5 れ 

氣の 毒^ 事 さか 极居ひ 遣りの 深く、 『今から 大變 ね、 夜道お か 氣を附 けよ』 口先 言 はれても 信 切 は 嬉し 

► ) \ こ, こ、 ろ で まこ ビ t 、ろ ね を Si な. <さ》* ちき & かへ つ 上る は 5 ♦vt- 

£^ まして 是れは 心から 出た 眞情、 心 k 押し戴き. 『何 奥檬、 直で 御 さ います、 却て 夜の 方が 冷し く 

I - ^ ^ , i ^ »-6 _c くろ 5 き, & がきよ だいせ ころ さが 

つて 梵ぅ御 さいます で で tt 行って.^. ますから……』 『御 苦勞 おねへ』 さいふ を 聞き流して 淸は臺 所へ 下 

, 5 31 ど ft どの,^ で ゆ た £ き きこ L へや は. 5 S つ 

Ay や 力て 水口の に 昔を殘 して 出て 行きぬ で をの 音 MrJ えし か閬 えぬ か 知らね^、 部屋の 方に て A 核 

た 力 よ をつ £ こ ゑ み ひ ふる ひさ よ こ ゑ 5 れ また こ 5 ど おも f>A 

^高く 呼ぷは 夫の 聲で 身 を 冷や 顫は せながら、 久しぶ ゥの 呼び 聲に 嬉しく、 X 小言 かさ 思へ^ 叱ら 

ゆか 一 . 'ひ 5 こた いまさらき あら たま おゆ f わる も か きせる を 

るゝ中 も 喜悅 はわ.. CS で はい^ 答 ふる も 今更 氣の更 る やう kKfc、 晚れ ては惡 し ^股-ひ 掛けの 煙管 投げ 

だ へや ゆ けんた ら 5 をに か ま を さ お 

出して 部屋へ 行けば、 賢 太 郞は何 か 書きし もの を卷き 納めて 居, りぬ で 

2 つ 5ん^^\,っ* っぺゎ むか 5L ろ もがた た、 み ふ むら へだ S さは を は 

おは 賢 太^ か 机に 向 ふ 後 姿 K 疊 一 1 た 枚ば かウ 隔た. CN、 腫れ ものに でも 觸る やうに 恐る く 『何 か 

*^ よ 5 、 *^ ざ い けんた ら 5 み む へんじ か しづ ま てがみ 

稚 用で 御座います 力』 ^言へ.^、 賢太郞 は. 見向き もせす 返事 もせす、 書きし もの を靜か k 卷 ひて、 手紙 

r ) *«5 め つ 3 も ビざ ふで M's'&tf.J を 3 つか ぶんちん かた をみ よ つく わ .5 へ せ ふ 

疊む やう.^ 折目 を附 け、 先 づ硯の 蓋 を 閉し筆 を硯箱 k 納め、 遣 ひし 文鎮 片 隅に 寄せ、 机の. H を 二三 度 掃 

さくこ を む .S ま /• でみ あ 3 つ か (-ら き.,' た、 みめ かケ ほ e 

ひて © 此方お 向けば、 今迄 見上げし. 极の頭 は、 急 k 疊の 目を數 へ, 初めけ. で 



被 鏡 一六 八 』 

—-3-1 li i s- maa l H -Is j 漏 量 画 - a fiss^^^^^^BBH \ たよこ ^ん ひよ まつ <- つむ まげ 、 

^ ちに 船 こても ひ^くる かも^ ズば、 さはなくて 優々 V 煙草盆 を 引き寄せ、 か か 俯向く 髴を ちろ.?^ 

る ヒ な、.^ ら、 &を iklrkr^ri 酽 かせ、 いる くに S びて 稍 鉋き しる. c、 力 住 かせに 灰 吹 

ち 乙、 >3 & ぎ ゥ<ら § が <rL よく あらな ひど る € 

の IS 1 りさせ て、 ^1 ^腐の へから. 投げ出し、 心に 威義を 繕ふ氣 か、 顔色 を改 むる ど 均しく、 居住 

を T お^し T か i』i "は^られ し^め M ぜな て、 1: び附 けられし よ 4 身動き もなら す、 掃き 馴れた 

きょ る も むか t ^ S づ t どむ づ 

i み を^の IT のれ 5 ひ、 ゲ は のず"^ か は 知らね *^、 淸は 留守に てさし 向 ひの 仕宜、 常時 もなら ば 事 難 

ぎ ノ くなる, ust、 ,m が^に て^ m をから ^ も m も おくする を、 今日は をの 淸も 折惡 しく 居らす、 

f ^ 5 ^\ K らい. まで しん & 5 つら い 

はれても 酽 びて さへ^ら ば濟む £ は 云へ、 打ち ゆかれで もして は 腹癒へ る 迄の か 辛し.^ 云 は 

^^だの ¥ 1 みて 齢 まれ ま. r き M ながら、 ^う IK ふ ik は淸 斗- -が賴 みの 綱.^ 何事 か ら ね^、 呼; 3 

^けしから はおき i ぎの^る に は siiiH^ ぬ.^ i が俨 ^は ^ れ 1^ らで穩 やか 事 を 仕舞た し ゥヒ、 俯向きし 儘 

Sb だる ■ や、 にお^ ばれ、 すはゃ||^のぎ^^€^の中に身©ひしきがらの 『はい、 御用 は』 

『淝 は^で はな S が 4.ssi; し k が J^i き is んで iSs た が あるのお』 さ a 叉 何時 k なき 穩 かさで Z 

の は ii めきし 乙 さの^し は、 歡^. V- の 乙 € か.^ 何の 譯 あるか 知らね ち fc し^のみ 思び 込みし 

?^の^?ょ.-、 iv^t き i し. 4Slr ijkllr ほ^なれ^^ さき く^しく、 吾れ 知らす 顏を 上げて 夫の 

k ジ MP 6 ^'ffl- LK. あいき fcvf ふく だ s*.i だ やひ さ 力 りた 

を P れば、 ! も^し tt^ 鯽 なし、 臉尻 ヒー 筋 は^の 皺 は 愛嬌 を 含みて、 大慈大悲の 誓 立 

て^ひし Ini にき 甲 を 雄の ま、 おこ Is に& 5 たぎ"^ の、 ^ 鶴お しや. -か极 叙め て 心 落 付き、 



ス w 


言い 


の 


ま 


r' 中 


お 


神 1 


鸾 * 


6j 


2r 


森 n 


何 か 

1 つ 


は 


緣 S 


さ 


、事 さいし 


m 吞の 
m み 


の 


ノ V み 


さ, 


の 


な 


卞 


は 


れ 


右き のまく 


m 

少 » L 


キ、 


い 




m む 


太"^ 






の 潜ま す 、 


し 


込 C 


先 i 

ノ " g 




ま 


の 


挪ノ 
如い 


t 


m 掌て み ^ 


< 


み. 




め 


す 


我 わ 




ま 


力 > 


に 隱ケ 不"" は 


は 

"^い 




挫 1 


す 


力 > 


れ 


何 か 


の 





に 


てれ 思'' す 


か 


力 > 






お、 


を 




て 


造? 


度せ h 識 y % 


は 


前ミ 


れ 


ず 




ら 


我 力 わ- 


へ 




る 


モるゃ 漏 * 


ね 


で 






の 


解ヒ 


儘き _ 




夫 t 鋭 S 


撫 5 に mt れ 




な 


力 > 


目め 


身み 


け 


も 第 


ざ. 


驚ん 




で や 棠? 來 ( 




け 




U 


に 


掛で 


mite 九 


膝? 


の 


眦き 


返 5: 、 笑 S るく 


枳 t 


れ 


膝: う 


mt 叶き: 




へ 面 




名 を 


し 笑な ひ 唇 § 




ば 


に 






て 


可 か 






、ふ 掛かの る 


に 


な 


置お 


れ 


ま 


思な 
は 

し 

す 
に 




Sir 




酽 


It 


左ド, ふ、 く m の 


ら 


く 


>^、 


し 




や ( 


し 




の 极 され 『 


み 


ぬ 


手て 




た 


fpl? 


唇? て 


知 L 手て の さ か 


mi 


事き 




さ 






のる 


ほ 


ら 


tt 方き、 ほ 


h 


n 


邪? 


て 




に 


色 S 

ッ C 


し 


で 


帶 g を 節 f 、 


し 




魔 3 


常つ 


な 


打 S 


in 


m の 見' み 瘤 S 、 


ふ、 




氣げ 


時ね 


ら 


h 

JLJU 2 

笑る 

む 

は 


ち 


し 


の 




間き や 立た 、 






に 


の 


御 S 


up? 




だ 


見み 


1 びりち、 








や 


漠? 
mi 


力 > 






る 


m て し 、 


は 








れ 


て 


身み 


%ヽ 


ん 、 m 私さ 






時し 


に 


な 








秘き で 氣さ の でし 


茨^ 




は 

きこ 

辭ば 


溢お 


く 


心ミ 




へ 


反 そ 


の 


Wil の 幹き な 


のら 




面》 




かろ 


尾 を 


さ 




顔' S 


力、 m は け 










ら 




へ 


回^: 


お 


し 氣げ m れ 


は 








し 


の 




見み 


す 


は 

1Z 


% の く ば 
せ m Mi む^ 
す m m な 


し 




な 
< 


く 
ら 


げ 
に 


喜スょ 

悅ふ 


て 




b 


1 


< 




思 ま 


す 


見み 






ち 


It 




でで ゥら 


覺§ 




MX 




ゆ 


夫き 


t 




驚 g み 


し自 ししぬ 

き 然? M 
6 に キ卢 ffll 


X 






か 


る 


のど 


垂た 






ち 


て 








か 


方 力た 


れ 




か 


用き 






i ( が' 
心ミ 潔 1 


#1 に 








W お 

糊 






に 


膝き 


仰 2 






は 






をろ 


さ 


引 ひ 


す 


せ 




襟 5 外 ま 


おくす、 
《己い ま 






决き 


答き き 








か 


で 


さ 




定め 


へ 


替か 
へ 


し 

進ミ 











{£4 が' m iy 


れ 




し 


It 






合き 


な 


か m 太た さ' 


る 




や 






ま 


し 




せ 


い 


す を 郎 f ん 


の 






云い 


m 


せ 


て 




て 




ふ、 の な 


み 




It 


CA 


太た 




ぎ 




何え 




m へ 胸 g 事き 


に 






中い 
山 だ 


郞 f 


何 を 


無む 




に 


ま 


に 掛 に で 








す 


は 


ん 


ぎ 






、、ケ 'ま 


激 S け は 御& 






t 


淡き 


で 



玻 I 鏡 】 七 o ■ 

み を わたし ぶ ちゃ S は 5 5 あ, V て いなみ む ねん をみ だ をつ ビ い * じ の >w ち;^ た . 

はなく、 皆 私の 不調法、 か 打ち 遊ばす か 手の か 痛 は 《、 無念の 淚も失 V 云 ふ 字に 吞み 込み、 口答へ もせ 

て むか r,i こどけ ふ Lt だいじ い 

す、 まして、 手 向 ひな^ a 只の 1 度 もした rj^ はなしで をれ さ 乙れ さは 異 +a ゥて、 今日は 1 生の 大事 云 は 

わ み さき はら ふ 5 ふ わん き いま こど がくもん おろ し、 3 た 

》 我が身の 關が 原、 失 婦の綠 を 切る さは 忌 はしき 一 さ 言"" 學問 もな き 愚か もの. 1^ らは 知らぬ こど X は 

さ こ でき、 <1 ふ 5 ふ ど かくみ かな t け だいがく つぎ やう がく. J かたがき ひど ふた W ts- か あ 

墻,^ ^へた 野 の失婦 ならば 觅も 角、 身 は 忝 なく も 大學を 卒業して 學士の 肩書 ある 人、 二人 か 中 は 兄 



ゆる 1 ? 3- つ VS ビ ¥ わん いぬ ねこ もて こど さ <- お, <: V- W^HJ £ 

の 許可お 受けて 立派に 取ゥ 結びし 緣、 をれ を 犬 か 猫 を猞る やう.^、 一 S 言の 相談 もな く 離綠ど は、 是れ 



も わが ぢぎ のおに 迷 ひ 給 ひし 果の 曲^ ざで 閱 へぬ 仕方 や、 我が 是れ 迄に 何事 も B へ 忍び、 嫉妬が ましき 

とど さ 3- S ひど や.. S わみ や たも まで く ろ. 5 だれ た みん 

言: sk の 先^^も 言 はで、 人に 痩せし さ 云 a れ 吾が 身も 痩せし さ 思 ふ 迄に 苦勞 する は 誰の 爲め、 皆な く 

をゥ VJ か あ a- なら もど ねろ つま いつ まよ ゆめ さ まつい? 、で わ , つ 2; 、 

夫 可^し^ 思へば 乙 をで 元よ, 愚かなら ぬ 夫 なれば、 何時か は 迷 ひのき 醒めて、 fe 今迄の 乙 さは 我 か 罪 

はら £ ^-^ こど たの はり や a* の ほ ち い け い # ^ゑ たの は &- 

腹 も 立た うけれ^ 煙に して さの 一 さ 言 を賴み i:^、 針の 山 も 登 6 血の 池に も 入. て、 末 を 築し みし は 花の 

みち ゆめ きょ さっき つか だ たま や 3 はら .J ど 5 い だ も-^ ズ> み 3 5,^ - ) ; 

命の 短 かき 夢、 淸を 先刻 使 ひに^ 出し 給 ひし も、 邪魔 を拂 ふて I の 言 を 云 ひ 出さん W 嘗 にや 怨めしの か 

こ、 ろくち かな ねん か は、、 リへ * & せわ だタ ヽ • ーゝ ぁル. ゥ 〈,> 

心 口惜しの なされ 方、 s:5 に 掛ける ではなき も、 母上 失く なられて からの 4^ 世話 は 誰か » せし 兄 上 か iit> 

ど た 2 £ め ve だ 5 またき ^0 やぶ たび あ を fa きつ を 1^ »^ / > み f * 

き 取. O 給; 3 ての 御 面倒、 叉 衣服の 破れ 足袋の 穴、 曲 4» が らも 氣を附 けて 直して 上け し は 乙の 身 ^^世 

わん ふか た にん い ひや づけ あ iis へ ズ V さけ s つ,: よ f!t ^一.!^ は, i ^ fit 

の緣の 深くて、 他人よ..^ 許嫁の やうな 中に な 6 し を、 兄 上 か 情に 1 所に な. し を i>l れ給; 3 し 力- さ^は 



こら しの 



みあ ひど f,^ か は おんぎ ゥ& わん あみ む も あは 、 ビ, >こ/ろ1 U 

他々 の 見合;: S 1 つした 夫婦 だは 異ゥ、 息 義の繩 ^緣の 網^の 結び合せ、 をれ をむ ささ 解く も は 朽. y 

きまよ w さ こ こちら y こどむ づか む ど ふ みち は- 

しか 氣迷 ひかち 理は 何處 まで も 此方に あれ^、 をれ を 言って は 事 難 雄し く、 無理の 通る 道 は 避ける 道理 



わざ は ひ い わか わけ こん をら く でき る も あ へ きこ わみ 

k 炎禍は 》 し、 ^云って ゥぃ をれ さ 別れる 譯に は、 金輪 奈落 出來 す. - か 留守の 兄 上へ 聞て え も、 我が身 

こら .L や 5 ふて. a こど. くや を KSSJ あたま さ ビ かくまる を さ 

が耐 へ 性な く、 < ^んな 不貞の 事で もした やうに て 、口惜しき 乙岂 なれば 何事 も 頭 を 下げて、 兎角 丸く 治む 

33 さか かれん こ、 ろき め 5 た を ふ *i ぬ «J ぶ て 555 いた 

る k 優りし 乙^ はなし さ、 賢し くも 可憐の 心に 决定 て、 打れ て も 尾 を 振る 犬^な. CS 『何ん な 不調法 を 致 

きさ か ケん わび t 、ろ S いた 5^ & 

しまして、 ぉ氣 k 逆ら S ました か 存じません が、 か 謝 言 はお 心の 癒る やうに 致します から、 をれ. nV ゥは 

かんべん あ を い さま だ おん >&j5y をみ だ くや ま e 4 & さけ を 3C こ *t でい 

^うか. 勘辨 遊ばして』 さ 云. ふ も、 先立つ は 女氣 の淚、 口惜し さも 雜れば 情 81 さも 雜る べしで 是れ迄 云 

だ あど ひ けんた ら 5 よはみ つ こ やる さ きっさき 2 こど わし き 90 く い ろく A んが 

ひ 出してから は 後へ HF かぬ 賢 太郞、 弱味ん 附け、 込む 鋭き 切 先 『誠に 私 も氣の 毒で ならん が、 色々 考へ 

$ も ゑ けっしん わる たも H^K i まへ あ a やくく わい まへ しょせい J 'ち 

直した 末の 决心、 惡く思 はれて は 甚だ 困る で か 前の 兄さん は 厄介に も 4 かった し、 か 前に も 書生の 中に 

せ わ たビ いま あに る かた < こど. 5 だ こ 

は ffi 話に なった し、 只今 は 兄さん も 留守で はめる 旁々 乙ん な 事 tt 云 ひ 出た しくない が、 乙處は < ^うかお 

まへ だま ク み ひい く か は くち. *5«- こま まへ ん だい あお んだ S まへ 

前 無言 て 身 を f^F て- S 吳 れ"" をの 代. 糊口に 困る やう k はしない、 か 前の 財產も 兄さんの 財 產もか 前に 

わた あ i が e やけん けんた ら 5 む w L Z みづ こ、 ろ こ、 ろ せ ■ S つ ゆ さ こどば つか 

渡して 上げる』 流石 邪見な 賢太郞 も、 無理 さ 知れば 自 から 心の 心 > ^攻めて、 何時に なく 優しき 言葉 遣 ひ、 

こ、 たよ #i- き S つ いま いっしょうけんめい つ fl や- わか あ y おん わたし せ 

是處ど 手 寄るべき 隙^お 松 も 今 は 一 生 憑 命 『はい、 お 仰 言る こさ はよ く 分 ました、 兄の 恩 も 私のお 世 

わ こ、 ろか ほせ げ ざ た ^-s ま つ. L や ビほ あに る を ちろ こ;! せ & かんべん. *,,y 

話 もお 心に 掛けら るゝ 程で も 御座いませんで 只今 も- 仰 言る 通り 兄 も 留守中の 事 ゆへ、 何う か 御 勘辨遊 

こどば か めん あ を こ こ、 ろ つ ぶち や, f- ほ 5 つ、 さ 5 むやみ 

ばして、 乙の 事斗ゥ はお 免 遊ばし ましで 是れ から は 心を附 けまして 不調法. MB しみます から』 r 左 檨無閽 

^1 つね ねれ き (1ょ5 し を しか わたし わる £ ざ わび けん 

k 謝罪らんでも よい、 常時の 己の 氣性は 知って 居る だら う』 『然し 私が 惡ぅ 御座いま すから- R 謝 言 を』 賢 

た ろ 5 ひた わ K はらび ほ Sj p-^ i ^ St あど ひ きし や f もつ で ゆ *s ゆ 

太 郞の額 はは 早 や 蕨 程 筋 『懊惱 さい、 言 ひだて し は 後へ引かぬ 氣性, た、 をれ お持て 出て 行け』 ^投げ 



破 



镍 



1 七 二 



これからき 



ぎした は ぎの!? もの、 ^は も li きし か 三行半の 離綠狀 

f0^ffffK$ 禁" む 向けて rf 、 Ipl: へ S ら ョ if 附け 

ますから、 Z …… この^の if は歡 も……』 『射らん t たな、 1^ に 人らぬ 事 は 一 度 や 二度で はない』 

『が i でもぎ! 一 いませう が、 …… 』『&&さぃ』『ぎぅか^^小官をか仰言って …… 、か S き 遊ばして 

…… 』『 い-や r 風に が はん gji^p ききけ な い. & もお &は の あるきお、 ぐす く f す も 

るが 5k い』 か妒" はま 54ft し^ E ^まか は^げ、 i めしげ ね おぎ ノ」 見 土げ 『期うな.. まして はか 聞 

き だれ. j4 ぎい ます まいが、 がお 乙の S あ をで 出まして は、 ^に^^ 艇ぎキ ぶし、 一 人の 兄 は 幾千 里 t 隔て 

K^s. ち明も 日よ .0 …… あ 明 を 日から …… ろ路, きに はねば?. ません.^ おが 身 一 ゥで 糊口が 如何 まあ 致さ 

h^M^S^^ f0f^€f^<^. Is, 入れ は 御座い 

!> 、メ :• i ユタ I? 一 55 



1 1-^^ ::: 乙の iisfeKir いたしまして、 ぎ&が TaAis 御座いま 

す』 ff0ft 酽ぉグ 。,に て、 P を i の の數々 、をれ を需 ひて 見 

る の i の酽 V. 齓. -ぁ 4i るし キひ! ^を if i み r、r あに g だし.? は拂 ひて、 兩手 I 儀 

>歒 が! し. Skj さに S や S れん 『をの …… 4- 願 ひ^ 申ます は 別の 事で 

きょ S 

淸^ 同 



「艮ユ みの; 2^ へ I 犬き、 叮嚀に 下る 頭 は 定めし 口惜し さに 腦ゃ 破れん 『をの- 

\气 きいません、 S が" M つ あ-ますまで、 か の i でも ii のきへ でも かす 蹈 ばして 

ヒ やう ナゅ 11^ しでか き さ いまし、 ゎ%%下 おの ii りで? =1 ち衝" を^し ます." 後へ 奥 …… 奥 …… ,奥様が 出 



破 



ぶ ハぢ, 



き .s や t «- けつ sft ねが ばか ふ びん ね は t め 

來ま しても、 嫌な 風釆 なき は决. してく 致しません から、 < ^うか rJ の 願; ゥは 11 不憫 居 召して か 

ききく ビ S を K ふ けんな ら まゆ 3 か だ K らゥ ! ばか あど ぉソさ k 

K き濟み 下さい まし』 云 ひ 終って がつ ば^ 伏す を、 賢太郞 逆立て ゝ 睨み け 『馬鹿、 後の 奧樣 ださ 

だ C 、ち き S やきもち た^が S ふ びん おい や • や も S ぷ 3 

第一 をれ が氣に 入らぬ、 嫉妬 も 大概に する がよ いで 不憫 ゆ ゑ 置ても 遣りたい が、 をの 嫉妬で は 丸く 治 

« ゑん や. ち あか た にん いちにち いへ た でき で ゆ さ . おし J 

まるまい、 離綠を 承知 すれば 赤の他人 だ、 一 日 も 家に 置く こ^は 出 來ん、 今 直に 出て 行け』 『左様 か g り 

あ, y ftt いま こどば わたし い ケん e & ざ ねが ひ ゆるし くだ » か ff . 

遊ばさす ど、 只今の 言 は 私の 言 ひ 損で 御座います、 < ^うか 乙の 願 tt か 許可 下さ いまし, 歸ゥ てま す 

あじ ま.? t わけ &ざ S わけ C a5c f おれ .i こど あく つ あた は, j 

兄へ も ホ譯が 御座いません』 『云; S 譯 のな いのは 自業自得、 己の 知つ. た 事で はない』 鉋 fhs で 辛ら く 當る賢 

た ら 5 ねに じ や か _3<;J ..- ら ひ とや』 S さき つみ わ * み せな び 

太,^ は.^ か 蛇 かで 斯 is までに されても 怨めし さ 1 さ 言 も 言 は卞、 先の 罪まで を 我 か 身に 翁 負ひ て、 謝 言 

か を ひゃくた び ぜんた 5- か まつ みさ は r- たか まよ こ * ろ ち ひき いし ころ か かた . ぷ.^ たら 5 ひ. み、 ゆぎ 

の數の Ifi 度 千度" 如何なる か 松が 操 も、 小高に 迷; 3 し 心の 千 曳の石 は轉し 難く、 R 太郞は 左の 耳よ.? 

み、 を 9- >- 1* い むだ で ゆ さもが つ こら か" 

の S へさ 流して、 少し^ 氣に 止めす 『何ん^ 言って. iFg^K だ、 今 直に 出て 行け』 琉 石の 4^ 极も S へ 兼て, 

&-, / .,ix み ひ こど あ. * た &む& o ざ 3 も き わ た.^ <J* ちク S やまぬ きば 

思 tr 卞ヒら す怨 憤の 一 € 言 『をれ は 贵夫御 無理で 御座い 升』 よき^ 隙 を 得た <>€忽 焉附け 入る 病 犬の 牙 

^ V をつ ど つ S © もん む W む W は f ミ ! Ij- ? r 卜 _ 

『何が 無理, お、 夫が 妻 を 離綠 する k 無理 は あ. る ま い、 無理 ださ 居 ふ 家に は 居ぬ か宜ぃ さあ 出て 行け』 

こん b- y! こ >f めん む M- ^ころ & なよ S * た あが ,- 

『^うか 今夜の 處は、 ^ ::: ^§ ::: 』 『.^^^らぬ、 無理^ 處.^ 居 はは 及ばぬ』^ 云 ひ.^ から 起ち 丄ゥ 

C tv グ ナ」 る ど を ふ なつ も S- くび ひよ t あ tj やけん こぶ ル まつ て は 

近の 煙管 取って a き 伏す. 极が頸 首 を 引き寄せ、 振 6 上げた る 邪見 S 拳. - 4- 极は をの 手 を M づさ うさ 

z^. めんく だ Z かんべん < かへ かしら つ ,、 け 5 ち あめあられ— ^ ' ^ » ^ ^4 ^« 

もせす、 只 『ru 免 下さい まし、 御勘辨 を』 さ 繰 6 返す 頭 を、 連打の 雨霰 『乙れ でも 行かぬ か、 出る^ 云 

ぃ^ を, J ,-も だか ころ まつ f- の を こ *s ま ひ 》• ら $ わろ マ.^ せ S ふ, n ム 

はぬ か』 で」 怒 ゥ;^ 少し 聲萵 にな ゥし處 へ、 , 、力 松が 忍び泣きの 聲, r 離せて、 この 一 さ 間 は t 洛花 SIT * 婦 



破 I 鏡 1 七 四 

上た の 15 る! JJ t . 

さ 呼ぶ しき 春 は 何處 にわる で 

f < さわ _.y と も た、 み あら かこき つか. S がへ お i-JS きょ 3- や c て 

濃 も 喰 はぬ 乙の 騒ぎ 外へ 漏れし か、 疊さゎ.<=^も荒く馳け込んで來しは、 使歸 うの 忠義 もの、.; -淸、 兩手 

さ びん ふ fA-Ja もど お だん を さけ き せる ふ w あ けんた ら 5 S- で く つ 

下げし サイホンの 罎を 襖の 外へ 置き 『旦那 さま』 さ 呼びながら、 煙管 振 上げ— 賢 太郎、 が 腕へ、 喰; 3 附き 

かん はん ほね くだ ばか L つか S つか 

たき は 堪忍して、 骨も拆けょ^;&<^緊手摑む.- 

(第 十 面) 

W hi ど ころ かヽ ね も まつ おん y んづょ が を けんた ら 5 い つ 5 おた つ さ いげん ど 

一 惡き 處へ歸 4 し^ 思へ^、 か 核が 堪忍 ig きに 我を折 たる 賢 太郎、 何時まで 打 立ても 際限なければ、 留 

まふ ど ゎ& がみ つ や を ほた さよ つかて t" ど よ こな まつ け U かへ 

めら る \ をお^ 取. し 頸髮を 突き 遣ゥ、 猶 足らす や 淸が摑 む 手 を 振 6 解き、 を こに 撗 はるか を 蹴返 

K く ば. A こんや ゆる や あした あき た きょ K ら きょ 

し、 さも 憎さげ に 『馬鹿、 今夜 丈け は 許して 遣る が、 明日 は 4^ らん ど』 慌れて 立つ 淸を 睨み 『淸、 

(つも きもの ビ けんな ら 5 かたき たも きょ へんじ そば た s>t ひきだし KKW きもの e ゆばん だ 

常時の 衣服 を 出せ』 賢 太 郞を敵 さ 思 ふ淸は 返事 も 一せ す、 傍の 簞 筍の 抽斗より 羽織 衣服 襦 抨^、 投げ出 

5J そろ $ ぬ か あた &ね まわ げんくわん ほ 5 ゆ f f ゆ e ん しゅじん きょ 

す やうに 顶ゥ揃 ふれば、 直に 脫ぎ替 へ 四邊を 睨め 廻して、 玄關の 方へ 行く を、 憎くても 生 人 は 主人 淸 

ら t- ぶ も. あどつ <5« ザ たばこ げた いだ をろ け,. "た ろう SLK- かげ もんで で げ << わ L や 5 

は洋燈 持って 後に 附從、 下駄箱よ 6 下駄き 出して 揄へ、 賢 太 郞が後 影 まだ 門 を 出る や 出ぬ は、 玄 關 の 障 

じ ビざ ふだ、 f ま 

子 鎖して 再び 奥の間へ. - 

きみ 3 つ ま、 た ふ をみ た か は き らみぷ そこた はや <W で けんた ら 5 をね 

來て 見れば か极 はまお をの 儘 倒れて、 涙 も 乾き 切らす. - 洋燈 其處に 置く が 早き、 S ま 迄 賢 太郞か 坐ゥし 

5Jt ろ おそろし かま にら つ おくさま & 5 あ を ^$ はや y あ, y 2Jj こ 

處を、 可 恐 顔^して 睨め 附け 『奥 樣、 如何 遊ばしました、 貴女 早く- R 逃 は 遊ばせば よい もの. v% 何處 

けが &ざ らんほう だん を むりば か つ L や わたし 6 ひ 

も か 隆我は 御座いま せんかで ほん W うに 亂 暴な 旦那 さまつち や.^ い、 無理 斗. 4^ 仰 言って、 私が 最ぅ 1 ,」 



あしほ や 

^足早ければ. 



/ I J ら かたみ ね あが かたて 

手も丄 けさせ 申し や あしない のに』 お は 身體の 傷を堪 へながら、 dt 身 起き 上り 片手 



ひざ つ き 上 あ S- が ti た いた ぼか 

を 膝 k 突き、 『猜 や 有 儺う、 只お 傷 STfr 



5 つばい み あ 



まぶた あか 



け が tA^.U の $J か は みづ 

で 怪我 はしない から 心配 かしで ないで ぁゝ 咽喉が 乾く から 水 を 

-,! -' ; 1 -1 ,f 4* みだ つゆ しげ みつ 5 ^く だん を きょ i 

一杯』 見 上ぐ る臉は 赤く 膨れて、 乾かぬ 涙の 露繁 しで 7^れを見る^^£附けても憎きは旦邵さま^ 淸は E ぬ 

こぶし にぎ か あ?; -55 ひや た、. もつ ま. 5 た か、 ビ _J つぎ ま 

はす 寧 を握ゥ 『か 可愛 相に 、ず あ ::: 、 -i^ 冷です か 只今 持て 參. y ませう』 ^起ち 掛るを 止めて 『次の間へ 

いの また まへ K& い ちょつ どめ ぬぐ こど い 

行って 吞 まうよ、 をれ に 又お 前に 話さなければ』 さ 云 ひながら 1 寸眼を 拭; 3、 『ならな S 事 も あるし 云 

お こど い is まで こど L きょ きかろ さや、, n & ざ ぎ, n *f つゆ .^.rc 

つて 置きたい 事 も あるし』 今迄の 事 を 知らぬ 淸は氣 も輕く 、『ild 樣で 御座 S ます か、 では か 次へ』 洋燈片 



て か て まつ たも (J ん せつ まつ むな なた ひどい ろ をみ だ わく 

手 k 片手 はか 核を扶 ける 心 切、 か 极の朐 は 叉 一 種の 涙 湧くべし. - 

fi ひ や た、 -ぃ<5 < ん ま、" ぼか &ざ さ 5 , .5^ ゆな . 'つ: . - ^.r 

『へ ぃ奧隨 か 冷水お、 只今 酌で 參ゥ ました 斗. で 御座います』 『左檨 か S をれ は 難 有う』 息 も 吐 力す k 呑 



お. & むね さき 



L あん しんば い: 



: ォ J ネ 「 3 7, i 2/ —/ な、 か, ばか み ゐ きょみ 力へ よ 

み 千し、 コ ップを 置て 胸先に 手を當 て、 一 さ 思案、 心配 さう にお 极の顏 斗..^ 見て 居る 淸を 見返ゥ 『淸ゃ 

せく わたし へや い かん ざ- -?^ こ たん も ^ ばんめ ひきだ か < ^つ、 . もつ け C く,, - 

か氣の 毒お がね、 私の 部屋へ 行って 簪 箱 s、 簞« の 二番目の 抽出しに おる 紙 e みお 持て 來 てお 吳れ 

け げん かほ < -ん *-> たつ ゆ &ょ St ろ a,- が *5. が ひざ ひ しづく , 

な』 怪 幻な 顔 をして 返辭 しながら 起て 行く 淸の 後 姿 を 眺め、 ほ K: 々膝に 1 iv^ 

きょ はふ わたし だん を 

めて 『淸 や』 『はい』 『今日 私 は 旦那 さま 



s つ ビほ もつ き f>y^> ひざち か お きょ かほ み \ 

言 ひ 附け通 6 持て 來し品 を 膝 近くへ 置かせ、 淸の顏 を 卜つ ^見; 

w わん お < さ Ja a ざ かほ!:: ろか たビろ きょ おも いだ 5 なさら *S> みた 

は 離 K されました』 『ゑ、 奧樣、 ほん さう で 御 坐い ます か』 顔色 替 へて 驚く 淸に、 思 ひ 出す 今更の 涙 『何 



5 41 い & らん わび あいた ふた を りゑん t や 5 きょ まへ わ きょひ KJ み 

噓を言 ひませ う、 をれ 乙れ を 御覽』 帶の 間よ.^ 二つに 折った 離 緣狀、 淸の 前へ 置けば、 淸は擴 げて見 



きこ だん -、 をん おち ビ たく 

ながら 『ぉゝ S えませぬ 旦那 さま、 何の 落度が ぁゥて 奥. 



破 



奧樣 を』 『淸ゃ 最ぅ斯 う なって は 仕方. 

七 五 



被 I 錢— ^ 

ない、 おに も I 一 n つて 4-"、 犬れ でない』 『でも 奥樣、 わん まゥ …… わん ま.? れ かたで で 御座い 升 力 奥 

i、 ぎ i 艇に ばし ましても、 1< ^鲈, おにか^で iSa いませう S へ』 r 私. ST 出て 行 ゥ て は寐る 處.^ 

ないから、 せめて くの さんがお 獻 6 なさる まで、 匱て 下さる やうに 願り たけれ^、 お聞きな さらな 

い、 おや 夜 ii に つき 1 けれき、 を れ^け は A『i が酽 めて 〔犬れ た As で、 明日まで 延びました』 淸は最 

さ 鎖に な 6 て、 ま 1! れを ぎ齒で ® へながら 『何 さ 言 ふ 旦那 さまでせ う、 是れ おの 御 堪忍 か 思 ひ 遊 

したら、 を …… を …… をん な II は/仰 1 曰れ な sl^』 か 松の 膝の 前へ 泣き伏しながら 『奥様』 か 核 も是れ 

J^!it はれ、 i は i け^ oip て の 火 も 見えす 『淸ゃ 私 ほ^ 不幸 福の もの はない ねへ』 

i^ir なきまでに^ き i れ るか^、 もれに はれぬ に はわら ねち 年^rたけ且《^-れどさ决心のwきし 

? J ) 1* み t いくた-ひ ね. V さっき きょ もつ L 力,!^, ざ l>=*i.J *^ 

かか irtMrss びれ す、 され ば^て 澳 かぬ におらぬ 淚 幾度 く 拭 ひ、 先刻 淸に 持て 來 させし 簪 箱 さ 紙 

^み、 びが i "の^へ ^ き^せて 『あの m や』 『はい >4r る i きみて たしかに は 聞えぬ はさ か 松 は 

i 、けて、 『乙れ はね、 S つか 1l.viv た 時き に、 大層 か 前が 春めて 居た が、 大方 氣に 入った 事 さ 見へ るか 

ら、 乙れ はか 一 まに ザけ やう、 & にだらなければ 打ち 直して 揷す さい、 よ』 さ 云 ひながら 淸の 前に さし 出す 

"^し は、 ir ぬ? € 仃の艇 の!^ -m- か 組ら へに. & りた 崎 は、 ひ^く|^は^^.-考ひ^き^^ロ1にはしく、 か 給金 

を, めて ^ て、!: ぎ か はぎが. 14: ぎせ て Li ひし も、 S うなって tt 何ん の 簪 、 常時の 下され ものなら K 

ミも獻,^て^^,ふけれき、 1五はば忌はしき塲合.- 奧檨何時迄も此處に居て下さるゃぅなれば、 簪 一本 



め まへ だ むげつ もき & は 5 ち 

なん < ^下さらなくても よしで しかし 眼の 前に 出された もの を、 無 下 突き戻す も 異な もの、 腹の 中に て 

< .f 2 もつ • < お f を 13 3 つ Is- ま かみつ、 ビ ていねい ど だ L ゆ ちん *» る 

は 不用ぬ くも 思 ひ 連け て、 口 k は 素直に 『はい』 か 极は猶 も 紙包み を 解き、 叮嚀 取み 出す 朱 珍の 丸 

zf I7C w、 & 3 たび を こ まへ さし あほ L ぶ もき > L - ' . 

&、 ーす疊み^^して、 『をれからね、 乙の 帶 だが、 少しお 前の 年に Aa して は s 過る かも 知れない けれせ 



ど は 



まへ «v ちき ?んっ A らだ さき L < じゅばん た を いっぺん V- 

も、 お前 も最ぅ 直に 綠附 く體 おから、 をの 赌 に^めて &吳れ で rJ の襦稗 も 仕立て直して 一遍 しか 手 を 通 

まつ ほ だ はだ ? わ £し お & »• へき < S &ど. L をゼ たび 

さな いが、 核の 叽 …… 肌へ 付けた の, たから、^ ださ 思って お前 着て お 吳れ』 云 はれる 每、 品 を 出される 度 



む risers をに S ひどこ ビ で ちほお も ] „ , ^ ば ゆい, つ 

k 胸 一 杯は».<=^て、 何 か 言 はふ^す れ^、 一 言 も 出す、 血 を 吐く 思 ひ は 『はい』 さの み 言 ふか 勢 一 K 

5 ゝを きじぶん #*i ある 3 つ ふた、 こどば かさ あ. L た わか . tc 

まだ 乙の 上に も 泣かせる 氣か、 自分 も 猥.? H げて 居る くせ k、 か极は 再び 言詞を 重ね 『明日 別れて aB 



いつも 



^1 



4 



わた- 

う 何時^ ふか 知れない、 愚痴な やう だけれ^、 今上げ た 品 は 私の 記 《f ^さ 思って、 だ :… -だ 

< きょい ま こら た、 みかな て た、 ft くさ 3 *S> さけ こどば か わ^. J ; 5 か - ?« f 

てお 吳れ』 か淸 今は堪 へす、 蠱 dt 手に 叩き 5 & がら 『奧 樣、 か 情ない 事 針ゥ、 私 ^れ申 すか 嫌 はな 

Lft ほおみ は を 



かたみ 



だい C 



大事に し 

いや 



かなみ か 2 A つ しゃ S や 5 だ. & し を はだみ 

ますで か …… か •: …記念^ は、 記<^5なん^、^^仰言c^てで 頂戴ぃたしましたか品は、 死まで 肌身 を 離す 

ゆ ま,:,、: > つな f ほ:^ ゾ: r ; t . h^l^J^r. 、-. Irriv は 



乙 さで は 御座 S ません が、 記念な^ゝ -^^仰言c^ては淸は戴きません、はぃか斷6申ます,をれは^-れが5^ 

きこ fi たどへ .J^b^ こ、 で t ひ あぞ, ろ 、わ.. か P メ ^ - r> - 

れ …: 聞え ませぬ 奥樣、 例 令 貴女が 此家 をお 出に なつても、 お 住居 遊ばす 處 さへ 分明て 居ゥ ませ は お 

つかい ゆきかへ & f ひ <» きつ ど たづ *»* f - : > ^ - \ *^^^ch^^ ^ 

使の 往還 ゥ 御用の 暇 はは、 必定 4^ 尋ね 申します 積ゥ、 をれ を 乙れ かわ ::: わ …… れ 貴女 は淸を 一,.^ 實 

もの^ 船お まして か、 口 …… ^!惜しぅ御座ぃますで 最ぅ 期う »れ ば 私に か 暇が 出る まで も、 貴女 は此家 

へ お S き 申 やう はいたし ます 』『叉 淸が氣 の 早い か 前が いくら 置く ど 云っても 旦那 さまが …… JT はい、 御 



玻 



鎮 



1 七 七 



il >^<^s 



被 



魏 



>, し L bl btL «I*L あ,;, れ >J ころ ゆ ^ V ^ > , 

? et^i は 知れて 居.^ ますち をれ ゆへ 私 は 乙れ から 柳 橋の 彼女の 處へ 行きまして、 掛け合 ゥ て 見ます. - も 

k. 1 rt, 1 r 鑿 2f s ま を かん^ん く つい ぶ あし 乙し き 

し に 1 れる ^巾せば をれ 迄、 何 か. & せば 堪忍が なゥ ません、 喰 ひ 付た-^ 撲 つた 6 して 足 も 腰 も 利か 

だん も あ 5- さ f ゥ し 》• ひ あらき こど 

ぬ やうに してや ゥ ます、 さう すれば いかな 旦那 rclK も、 愛想が 盡 きて 仕舞 ませう. T をん な 荒氟な 事,^… 

•••、 お? ヨウ か は^な^ yi^、 だから K 念 だの 別れる だの さは 云 ひますまい、 堪忍して; -〔11^ れ." 私が 

^5 な でも 1 して をん な い, は、 しても なりません よ、 り ま. ^私に 罪が 來 るから ね." さあお 

P う^ I? けにし ませう、 i が は くきき て 手 廻ゥの 荷物 な^を 手傳 つて 貰 はなければ ならない"" i 

a ぁ を わかお- » かたどき tt を * ^^^^ ^よ 

て か 5^ れ JT は …… はい …… 、かし 乙 ま 6 ました』 明日 別れる さ 思へば、 片時ち きる ゝは 惜しき 一 1^ 缺 淸 

2 ^ まゥ ひ £ もら <, も たが AL» わか S を a さわ _ てん e 今 5 

はう t くさ 1=5 ち ぬる を、 か 核 は 一 向 急がして、 互 ひの 臥床へ 分れ 入れば、 何 を 騒ぐ か 夭 井の 鼠 

嬉し 鳴き も 今日の みは 憎し ち 

(第 拾 ! 面) 

きょ もこ ビ かたづ ふしせ {*• * みだ. aB ゆめ S JC おも また .《 ク な S あは 

淸は其處はかさ取6片付けて臥床へ潜.c^たれ<^、 涙 乾かねば 夢に 入ら 卞、 主 £ も 思; S 叉 勿體^ くも 姊 

まつ み <f か あし ふし ま わか いっしょ a い ひよ あ も た もど みぎ ひだ を さ 

^も 思 ひし.; - 松に、 短き 蘆の 節の 間の 別れ、 1 所に 居る さ 云 ふ はこの 1 ^夜、 明日 は块を 右左. y で 情け 

Iff »5 ゆ tj んど あ *..«>さ 4 & 々さ め たち sn,- ら S へ a i おやこ きく 《 る f 

なや 初 奉公に よき 主人 取 6 當て、 慰め 慰 られ ての 立 働き、 家に 居て 雨た 親の 小言 M よ 6 は、 遙 かに 機、 

0> こ ビ ゑ 上 stil*- ゑ よ こ、 ff つか ひ ビ たの ん はもし 1» 

成る 事なら 末の世の 叉 末の世 も、 此家は 鬼 S して 乙の や 5^ か 主に 使 へれば、 他人が 樂 しひ 緣の話 も 何 

I き. 《o <L かん ざ. > 5- ら までな b こ およつ ビ つか る も ま &ゑん e や, r 

んの、 美 S 衣服ち いらねば 櫛^ 簪 も 入用す で」 迄 思; 3 込みし もの を、 一 寸使 ひした 留守の 間に、 離綠狀 




被 



鏡 



七 
九 



川お l^^tfs^ 



ビゃ だん & き かた お を 》- る *3 . 

の 取. 遣. 濟ます さは、 旦那 さま 牛、 Mfo えぬな され 方ち せめて 家に でも 居れば、 丸く治まらぬ はしる、 

あ もな ゆや i しょ i. ち L C やま はら むか こど &め 

明日 さ 眉お 焦く やうな 事に はせ まいに、 をれ を 承知して か 知らす か、 邪魔 4,; 拂; S てさし 對; si^ 事.^ 决定 

だ, K< .&S さらお くさ しゃ, f お あお < 'へ め *J つか をん を はん &ん い ど 

し、 旦那 さまの いよく 情し で をれ も 今更. 奥様 承知 遊ばされた 上で は、 召使 ひの 女 一人 何 さ 云って. 取 

おへつ ぺ つつ た i^b さけぶ か ねく さま L a L わか V- を も はら! src き 

.0 回し は 付かす、 別 k 辛ら S 乙 さはな けれ. $J、 只 あの 情深い 奥様に 一 分 時 も か 別れ. &は、 乙の 脇 が 千 

れ .i- わがや いづ か を ほ わか 5* し 

切 万 裂になる やうな で 我家 を 出る, ヒ きも 哀し か 6 しが、 乙れ 程まで k て は なか 4 しで た ゥヒへ わ. 別れ ゆた W 

k , ♦ L わか, あ も 3rc あ if で き かたみ かたみ CL や , 

て N> れか死 id 別れ はでな し、 明日に も 亦お 遇 ひ 申 こさの 出来れ <^、 記念 ::: 記 <r ^ぬな.^ ゝぉ仰 言った か 

き か、 もん は «* もも ..-K わか と、 I? お きょ あは た »f> めし おくさま おく tsa を は ゆ ゑ 

氣に掛 .cs、 何^なく.; -離 しゅが 死別れ でもす る やうな 心持ち 乙の 淸を 哀れ € 思 召たら 奧樣も 奥樣、 何故 

o-fcf もら 8, ら 5 ら また さゥき 《» つ ty- ば ( かへ み 

離綠狀 な^おお K いなされ たのか^、 怨み ま 卜き 乙 亡, V* 怨みて、 叉 先刻の か 松が 言 K を 繰り返して 見れ 

«w ru ぶ >ぁ《 せ た 3 お „» みだ S ピ きた ゥ? 5 ねこ、 ろ 5 あち *J 

ば、 何處 まで 不幸 福に 生れ 給 ひし かさ、 同じく 涙の 種な. ち 時の 經過を S にして 寢る心 も 失せ、 彼方 此 

ち いくさ ねがへ *> たび < s くら ぬ こ、 ろ 5 へ も わ fff ねむけ さ と 

方 € 幾度 さなく 寢返. 打てば、 をの 度々 に 枕 は 纏れ ま さゥ て、 心い やが 上に も 澄み渡...^、 寢氣は 何處へ 

K さ 上 3Ja- づ ねく ビ けい fe*- ひど & R- はや t 

^げ 去りし か、 不斗氣 付けば 奥の 時計、 只 一 つ 鳴る は 最早 一 將 ださうな^ 

» f a p. や. & むね が いっしん 3*こ yj あい はく こ ほろ ぎ を こへ はら ttfc 

明日 寢 過して は濟 ます V、 夜具 胸まで 掛けて 一 心比眼を閉づれ.^^^、 生憎 や ® の 鳴きし きる 聲 も VK- 腐 

L もの か ♦» »• た わ ゑが ? f たも お *J ろ めさ ふ ビ 

染みて 物 哀しく、 又しても 我れ から 靈く忘 想に 襲 はれ、 うさく さすれば 驚きて 眼の @- めけ. ポ tfr 

い ものな ビ あや 》•< ら H づ ゑんが A ひら もび ど だん & 

耳に 入る 物 昔、 怪し や ^枕お 外せば、 橡则の 雨 In を く^ 開く やうな. c>。 した 6 でれ は, 盗人、 旦邵さ 

もっと t の S ものぬ も も だ fc< きづ つけ 

まのか^ 守お 付け込み、 忍; 3 入った る もの か、 物盜 まる ゝは 惜しくな けれき、 大事の 奧さ ま:^ 傷で も 付 



被 统 1 八 

* ん& め し ゥか はち こへ た よも かたれき く ひビ も K 

させまして は、 女夯 がら 召使 ひの 耻辱、 聲を 立てし さて 乙の 夜中、 誰も 求て れる人 は ある ま 卜"" 何 か 

L あん かんが は《げ た おど ? C はは さき もむ. J と ゑ I ひ 5- どけ. & tt« 

よき 思案が さ 者 ふれば、 庭下駄 かた.. y さ 昔の する 同特、 庭先に 鳴く 虫の 聲 はたさ 止 6、 響く は 時 W の 針 

a いくらかん w- さつ f お ゑ 5J か あた こど からば おこ しの, iLk 

の 音. - 何程 考 へても 早急の 智惠 はなし、 觅も 角く も當 つてからの 事 さ、 身體 ひくく S 起して 忍 ひ 足 

** ゥ ね 3 おか ふ も》5 も の ケ こ らんぶく わ 5 く て は こよぎ 5fL 

^v^c.oくさ.f^极の寢間;^近c^き、 襖 越し k 密さ g き 込めば、 洋燈晃 々さ 照ゥて 刎ねの けし 小夜 具、 主 

つ 》» なけ A ら かたむ こ < び みつ 》•< ら tsj て がみい つ、. 9 ね はろ W だん を 5 を i- み は L 

は 何將か 藻脫の 売、 はて^ 傾ける 小首 見付けし は 枕元の 手紙 一 通、 朧氣 なから 旦那 さま, ヒ蒲 墨の 走. y 

が ^ ^ さん te く われ わ も か S だ ゑんが は ゆ あませ ほんぶん あ ふかへ に 1^ 

is/- 南無 一 二 奥 さま はさ 我 を 忘れて 馳け 出し、 椽 側へ 行けば 果して 雨 5- 半分 は^ 開けて、 踏み 退した 庭 

ffe ま、 》J.、 ビむ 53 ゥ はだし ピ な *j 、ろ あた 5ら ゐ せ はぎ あら ほ .5- だ 

下駄 tt をの 儘、 是處ょ 6 さ 度胸 を 突 ひ て跌 足に 飛び 下 6、 心 當.. は 裏の 井 と、 脚 も 露 ttk 走せ 出し、 

t4 ほ 5 ら さかい I めが き かき. J も S** ひ あめ か をら. * や 5 あ せこ やま あ ; 

1 ^裏の 境の 四つ目垣、 垣 越しに 透かせば、 今にも 一 さ雨掛 るか S 嫫樣惡 しく、 何處の 山よ 6 上げし か 

{ ろ くも いくかた 》5- あ お t おか *» わ つきつ、 も かて ほし ひか あほ こど .^fj み ね、 5 お ^ ^ 

黑 雲の 幾 塊、 四方八方に 馳け麵 4- て 月 を 包み、 をの 間 を 照る 星の 光. <-靑 く 殊に 凄 T お" を 帶ぴし 中.^ 井 6, 

のケ こ ft ね ほ! <げ をん & もがた 

観き 込んで しょん ぼ 6 さ 立つ、 朧氣の 女 姿で 

5Mt よ きょ き き や 5 らん かき *- は はし よ だしぬけ 5L だ £ か, e ばし 

嬉し やまだ 乙の 世 はさ 淸は氣 も a 亂、 垣廻るも、^かしく走..^寄って、 突然 k 後 k: よ, =^ 抱き止め、 肝 走 

こも わ L ふた ねく さ 3t たんき きおが あ も , さて ほや きょ こ、 ろづ 

る聲 我れ 知らす 振- 立て 、『奥様 御短氣 な、 お. 氣 で.^ ぉ&ひ 遊し ばました か』 探 は 早く も 淸に心 付かれし 

^ fi たく きょみ のが さもが こ、 ろ おちつ きょ わ 

か^ 驚きし も、 今に なれば 死に後れて、 よも 淸の 見逃し はせ まドち « 石 k 心 AJ 落 付け 『清惡 るかった、 

最ぅ 馬鹿な 事 はしません ち 旦那 さまの 耻 辱に^る から 靜 かにして お 5^. れ』 

よ たんき しか i たんき い けん まつ かんが み,, われ . ば か 

をの 夜 は 短氣を 叱った 清に、 かへ つて 短氣を 意見され て、 4- 极 だんく 考 へて 見れば、 我ながら 馬鹿げ 



わけ た * 'い ちづ くや おも また 々ゎぃ こく あに めん te< おも つ ビ ころ、 ひど > い * な,^^、 V- ) /i、 

只 一 圖は 口惜し さ 思; 3、 外國の 兄へ 面目 くさ 思 ひ 詰め L 處へ 人の 云 ふ 死神で もつ きし か 

し d あど さ a- かんがへ けんた ら 5 あて かきお いつ、 5 い *• ひ yj.^ C 

むら. 死ぬ 氣 がさして、 後先の 志盧も » く 賢 太郞へ 宛て 書 置き 一 通、 わ はや 今 一 分 時の 違 ひに て 

さき は iS> _© さ .《 くづ あつば きょ はたら あや 5 S おめ 5. たも ^« > • レ- 

まだ K き 切らぬ 花 を、 井 m- の 藻屑 V せし もの を、 夭 晴れな 淸が 働き 危き 1 命 を 助けられ 今 さなって は 

きつ rf は&, せ5 せ をし し がく か 5 かよ た 5 ど を L き PC 

狐が 離れた ざ 同然 も れが敎 育 もな きものなら 知らぬ 乙さ、 學 校へ も a ひ 尊 ひ 教え も閱 ひた 身 はて つ 

AJy- かけ.^ へ い りお も ちょ^^ビ ば あ ひ ま わるさ を V3 fii ぷ い 

まらぬ 事 k 掛替 のない 命 を 捨て やう さした は、 1 寸 した 場合の 魔の 悪戯、 a ひて 不景見 諫める 淸に對 

しても 耻 かしく、 井 端 i ^立った 身 は 他人の やう 覺ぇ て、 我 か 身が をん な 事 をした さは 夢の 中の 業 力 

5 たが たも ほ Si おろ さどみ きょ h $ , » t' . . \ » 

s 疑 ひ 思 ふ 程な ゥち 愚かな 乙 さ、 覺 つて 見れば、 淸 k くお^ \ 云 はる ゝ く 最ぅ死 9^ も レふ氣 な 

さら ft L?fct い ちづ .tw かへ きょ <« L 6 の , , ゝ. > 丄* 、 

さは 资は脱 けぬ され^も 主 思 ふ 1 躧は、 繰 返す 淸が管 言、 知ゥて居るは.^退ける^.-さキ、ならす 謝 

け らい あたま さ わたし わる こ ぶ L ょケ AJ きょ- ?-->^ト >3 こ 

びぬ もよ き 家 來に頭 を 下げて、 私が 惡ぃ 是れ から は 乙の やうな 不所存 はせ ぬで」 淸の氣 の 《w る やうに 

せ をら ぺ みじかよ くせ 上 5 いだ ひがし tffs^ . 

五六 十 度 も 並列る うちで 短夜の 癖 さして 夜隈 鳥の 聲を 生み出し、 東! K の橫雲 口紅 を さして 夜 は 除 日 さ 

もさ も つ このい へ は はふ 

過き 去ゥ、 名 殘は盡 きぬ 此家を 離る、 今日 さな ゥけ 

けつ LA みか < たけ t f はげ あさげ S J t . T ),^^ ' ^^.te 

をれ さ决 心して は 女氣も 中々 に猛 く、 働まぬ 淸を激 まして 朝餉 を 終る^ 直 先づ手 廻.^ の 荷物 を 取: It 

づ ふこ ゆ しんぶん て ふ たまわ のこ のこつ、 > つ j 、 . ゝ -fp 

附け、 投げ込んで 行く 新聞 も 手に 觸れ で、 を 乙 はか さ 立ち 廻. y、 殘す もの は 殘し包 ひもの は 包みて 持 

だ i ざ L& つ のお おく きょ . & ふく ビ かく ゐ でき > ! &っ • > . 

ち 出す 品 は 座敷へ 積み、 後よ As 送らるべき. *5 の は、 淸に 云; 5 合め て、 鬼 角の 用意 出来し は、 夏の 我 頭 k 

か ひ かげ でき を ころ 

片 日蔭 や 、 出來, 初 め し 頃な 

Is i i 1 八 1 



被 錢 一八 二 

I け は 1 に^る^び 酽 して か、 iぬf銜は^45のiiまだまら卞、 つ 九 カ账の 51 までで」 契 4 し 妻が 出で 行く 

ぎぎ こ にな 6 し^て^. な If ひ切ゥ やう €、 ぼる. ^落ち 掛る涙 を淸に 見せ fcf- 『淸 やさ ど 暴い 

だら う、 ^う ひたから か^みよ』 『はい、!: ん, たか 今日は 丰足が 重くて、 常時の やう^ 動け ません』、 

V 一 vii る S びの ff0kk^. i か r&ir irf f f れん &へ 

は、 が Mr て は!? け、 戯ぉ 1^ ぬ やう はして is れき、 淸が見 tt せぬ か € をり sf^r はせ て 見る目 

を、 1:^,*- く ^おせ、 はり €11 ふて & けば、 |^ぁ.^同し思ひか同じ仕^^务し。 互 ひ,^ 1 si 

J だす E^la て、 灯繼 のかき ビ& か; 3^ ふたる 4- S は、 時^ を 一 寸ど 眺めて、 『かや、 

酽 う!^^ だね、 さま、. -たゥ た ひ Is 甲 りて!: かう さ 1, ゥて、 今 りて 居た が、 離 si ばし 

_ > f わ W*- で S あど かへ り や うけん 

S まだに か献 .0 なさらす、 , か 出て 行り た 後 か歸. なる か 量 見さ 

e / 2 St 6 か、 ど 乙ろ りよ うけん き さほ やさ こ V> W 

- をれ では" 如 か Is ち S て も |_ 1% t^u 目に 褂 りた 處が、 をのお 量 見で は £m に &-、 柔し S 言 

^され はし ま s.^ ひずり て. J-^k^ からす k 行く さし ませう』 淸 ats あ S3 めて は 

しきが ろ 『でもが i、 Sg う i はか n.- で klas ませう は、 ^^し …… ^う 三十 分ば か 4 A 待ち 遊ばせな』 

J % 1* jj ん SSlJ あ した S き、 .- 

『を t は g:^^ け 5,-<JJ、 .f^ ま が 夜に でもな ゥ て;^ らん、 今度 は 明日 さ 云っても.; -開濟 はわるまい す 

& ,0? ん fe を ビ Ar& や 5 a とビ 

.^.ぉ"の^で^1は&がす、 する, -さ. 來な いわね.^ 御緣 さへ あれば 同し 東京に 居る isi から 

--. ふ どん ぎ .》 めた さク *• I ► 

たぎ 5: で》 も^も & がら、 お に^ かられ やう』 lis ながら 常 驚 を 股ひ で、 目に 立たぬ 薩 麟の& 力い 



9 か く .ctj ゆや ねつみ ち * めん B ら あほ ねび しっか む も を 乙 を わ き 》» たつ、 めんだ ふ 

飛白 さ着替 へ、 黑襦 子, ヒ鼠 縮緬の 腹 合せの 帶緊^ 結んで 其處 k 坐ゥ、 『もの 着 もの は X 包む の も 面倒お か 

まへ ね i き き < 

ら、 ^前寢 衣に でも 着て か れ』 

i &-ん い かしら た 4f ぎ やて き た. * て ほ fc- ゑ をべ つゆ ひ しづく 

淸は 何にも 言 は卞顕 を 垂れて、 股 捨の着 もの 疊む手 葉末 を、 にる 露 一 さ 満." 

(第 拾 二 面) 

くるま, い つ や きょ た、. SS* ちき か {-s- &ビ «*\ ざた へや ゆ 

車 云: S 付けに 遣 ゥぉ淸 tr 『只今 直に』 《 復命 をした 儘、 をの 坐に 堪 へす、 かの が 部 S へさ 泣きに 行きし 

• L かせ は..' から <る ま お W きょ ふた、 S き <t 3 & はふ たいへん 

か、 暫時ら くして 門の 車の 昔、 やがて 淸は 再び 出で 來て、 『わのお 車が.^ ました、 今日は 大變に 

はや *^ ざ , 3 ぶ tJ も 5* ら も か き Si く こ 3 た ひ を わかれ 《»ク i 

早う 御座います』 臉 泣き 腫して 赤く^ うし は氣の 毒 なれ <^、 是れょ .ottxl さ 泣きの 別離 ど、 か も S 

が こ、 K- さ tf きょ およつ W,J , へんじ も は ま わか 

石 心 騒ぐ 『淸 や、 1 寸此處 へ』 返事はなくて ベた くさ 坐る を 待ち、 『では、 いよく、 わ …… わ …… 別 

. > 3 へたの ft だん を &っ A る わる ほ 5 むな いな つ 

れる事 は夯. <y ましたち 前に 艇んで 量く がね、 旦 さま は 常時 も 胃の-;^ 惡ぃ 方、 よく 4^ 胸が 痛 ひ € か 仰 

や - I おやたん も i ひきだし BS つ お あく 

言る か、 をの » に は あの 茶 第 筍の 上の 抽 ifr に ビット かが 這 入て 居る から もれき 上け てお 吳れで をれ か 

だん あはせ わたし からだ わる かた をで ね 3- 4T ® こ i 

i …… ゑ、 あの、 旦^ さまの 袷 衣ね、 私の 身體が 惡かゥ たので、 片铀, ^襟が 縫; 3 殘 して あ 6 ますで K 

、 ^ ばん も » わたし か W あ も ぬ » ねいく だ くった び あ を 

へ 這 入る^ 朝晚は 冷し いから、 私の 代. に 明日で も 縫って 上け て ft て 下さいで もれに 靴 足袋に 穴が わる 

ね ほ 《 'お おもば か でき ついで どき つくろ fts 

から、 大きく ならない 中^ 思った TfrA> で、 さう-/. \- 出^ないで しまいました、 あれ も 序の 時に 繕って ffi 

Bi&KslJ ど を L き /ん &ん お. 9 だ ぁヒ *JVi 

てね で 最ぅ何 ,ち 言う 事 は 無かった か 知らん、 なんだか 氣が變 なって 何にも 思 ひ 出せない、 まあ 後の 事 

•*w おく き つ < だ きょ &, が せわ 

は 後の 奥さんが 氣を附 けて 下、 ぶる だら う." をれ では 淸ゃ、 » が …… なが 永く 4 ^世話にな .cv ました、 お 

被 鏡 1 ス 111 



錢 i 一八 四 I « , 

A3 I ^(imji Jl -HBBaapBaBmjiiBi— — 8 a ■ 一 匪 - 画-ニー _ ー隱 一一 一-一一 B 一 J - _ 一-一 隱ー 画55籍 

まも 射歙 をが してね." i …… i がわつ …… たらお ずし; S ます、 乙ん, たの 奥さん は 私の やうな 馬鹿で は 

あるまい、 よく か i くだらう から、 麁相 をし ないやう は." X 私が 居な S から 旦那 さまのお 小言 も 出 

まいが、 よく Ik を^け て^られな S やう k^^s をして お^れ、 私が お 付 申さない 代 4 をお 前に 賴んで 

酽 きます』 g は M さ S ふて か、 il? お^の^に 断 i をして は I 曰 ひ^ s、 言 ひ 損ねて は辭義 をして 慚ゥ 

€ 『か …… か …… ii、 :… |_ か; いたします のが、 S …… い …… いやにな ました、 e 

ん な!. ら ss« ……たもへ W の m へ? ちましても、 囊ヒ人 はか 養 ひ 申ます から、 *i うど 一 所に か 連れ 

き …… き …… S あらのお …… &に ひで 節 f ます』 れて、 今迄 堪 へしお 

^.i.^ かに^き で 出る il.^" やりざ^ ひ^して 『お^らぬ…… こ € …… こさ を 云 ふね、 最ぅ遇 はれぬ で 

はなし、 か i も 二三 &か 船; S に りた、 4- 朋友の か 玉さん の處へ 暫時く 居る 積え たから、 用が わりたら 

» - 、 い ま で でつ. J よ (6 こ 

ずしへ るで はな S か.^ ,^ffKTt をの 時お 雾£ 暇が 出たら、 一 m 是れ 

. ^ら M の^へ tc くのに、 i も^れて t 仃 けないで はな いか" ^1 ^りた かい、 え、 淸ゃ』 『はい、 をれ ではお 

尤ノ ジ參ノ £ こ、 ろ はも 3 へ 

g.j4% ません か P わ. …: わたくし は殘 つて^ …… e …… きう 致し ま …… 』 『をれ は 心細 いのは …… か 前 

ばか か、 こ の^^な 4 鰣も いが、 お ふ^. -の i だからね』 『^^ずで は.^ …… &座 いません、 分明. -ま 

\ はい、 mIM 酽 さま. 4 ルが ださ Si りて、 か I がいた します で 奧樣、 今から 願り て 置きます が、 お 

K 齦のお IE を i ゥま した^に はお & が、 お^; 31^ さいます か J わ i …… あ i く をれ は 遇 ひま 



6 あ V&t? 5 ち も あ., y じ ぶん わ; にし S ほ、 づ乙ぅ つ:? ひ 

す さもね』 『を …… を …… それで はわの、 若しも 貴女が か 家 をお 持ち 遊ばした 時分、 私の 御 奉公が 勸々. ま 

二, ひまで わたし つか くだ つか ころ いっしょ を か 

せんで 此家 か 暇が 出ましたら.、 ^を か 使 ひ 下さいます か』 『あ.,^ く 遣 ひます 處か …… 一所に 仲よ く 

くら あ S がた & ざ 》> はさき まゥ た あが ゆ nru おくさ *! <; 

暮 します』 『え、 難 有う 御座います』 よき、 汐時 さか 极は 立ち上 ゥ ながら 『ではもう 行き ませう』 『奥様、 

.a 、ウベ i L んば& < J 'しろ か A: ひ や み や 3 "みた • 

れくも 昨夕の やうな …… 』 『最ぅ 心配して か吳れ でな s』 後髮 引かれながら kTi の 家の 見納め, ヒ 賢 太 

ら 5 ヽゃ のケ こゝろ わか つ げんくわん いづ ,*>s: L くる W や, わ ほみ くび き 5^ヽ 

郞の部 厘し げくで」 现き、 心 は 別れ を吿 けで 玄 闘へ 出れば、 何にも 知らぬ 車夫が 大 欠帅. - 氣の毒 な^か 

まつ き 二 im-.tf から ii だいじ 3 S きげん に ど たも ど さ 6* ん びん * f 

极ハ淸 を 顧 向き 『身 體を 大事に …… 』 ゥヒ 云へば 『御機嫌よう』 さ 云 ひながら 取る 袂の先 を 不憫^から 鳥 

'ど a ら こ、 ろ た- ^Ls,-V ピ るな も, JJ そ どで み、 た 14- など i こも 5 へ 3 ク 

ひ、 心; して 足 に 車へ ,—— 門の 外へ 出て 耳 を 立 りれば、 泣き落せし 淸が 車の 上で か 核 も 

ゥ 聪を拭 ひけ, ゥで 

15^ いへ .SL づね みさほ せ A ざい かた まつ f> きゐ i. へ ひき さ 卞." 

山 坂の 家の 基礎なる、 操 は 千歳の 末 迄 も 固き お 秘鬧を 跨 ひで ょゥ、 己の 家 は^の, 消えた やうに 淋しく 

あさつ ど けんな ら 5 い ゆのお き1た1-ひ^ S し あ おろ つ まつ 乙ど たも だ わ も, 

朝 勤めに さ E 太郞の 出で 行く 後 はか 淸只獨 ゥ、 箸の 上げ 下しに 付け 4- 挺の 事の み 思 ひ 出されて、 忘れね 

どき おも ひま ねく さ! H ゐ SO き .& ま C ぶん は&し わら 8- ま 、 

ば 乙 そ 片將 も 思 はぬ 暇 はなし" - 奧樣 居た まふ 時ハ 今時分 乙ん な 話 をして 笑 ひし、 生れてから あの やう.^ 

を かし 》*t よ けんた ら<. かへ via- か 5 を々 さ は&し た さ 2 & が ほど 

可 笑き 乙^ はなしで 又 夜に^ ゥて賢 太 郞歸ら ぬ 時 は、 斯樣 いふて 慰め あの 話して 奧樣の 泣き顔 解, ハ せし 

;れ A 3 つ, むね s か V- き ひど ね ある V き ひど ► ^さ ビ 

さ、 嬉しき につけ 哀 なしき につけ、 -J^fe の 乙 S のみ 胸に 浮び、 ある 時は獨 6 笑み 或 時 は 獨< '鬱 ぎ, 鬼 も 

きょ け ふ この &ろ おもしろ た J- よ 

かく も淸 はさ. て 今日 此頃 は、 何ん となく 面白くな く 只 乙の 世の かなしき やう. J^.O で 

も W け, C た ろ おろ きょ &の そ ぶ W.L L さ. i がき $J くお f 

元よ 6 賢 太郞も 愚かなら ねば、 淸が 乙の 頃の 素 振 知らぬ に は あらす、 知れば 流石に 氣の 毒^ g ふて か、 

被 錢 】 八 五 



ml 被 ^ I 八 六 

^ . > sr^u けしき み I < むじひ たん を たくさ 》• かたき こ、 ろ もへ だ かき つく 

何 かさ 機嫌 さる やうな 氣 色の 見 ゆれ^、 無慈悲な 旦那 さま、 * 檨の仇 敵^心に 一 重 隔ての 垣 を 造れば、 

きょ li- こ 5 ビ けなた ら 5 ね が ほ まつこ &ど かた ほる 《 'れ くち c 」 る S ひ ちら 

淸は 少しも 打ち解けす、 賢 太郞の 笑顔よ. か极の 小言の 方、 遙か k 嬉し S 口に は 云 はね^、 顰 止に 顯は 

レゝ flf き > い』 こど いまきよ だ あさゆ ふ せわ e fl んて くだ L f 

れ 折に は氣 k 入らぬ 事 も あ, で しかし 今淸を 出して は、 朝夕の 世話 も 自身 手 を 下さねば ならぬ 仕義 jj^、 

けんた ら 5 がまん. & とど い 

賢 太郞も 堪忍し て 云 ひた ぃ事% よく は 云 はす^ 

にち けんた w:5 f % た 5- ばか もの かも SJ is- に _yso た 

乙の 二三 日の 賢 太 郞の機 子、 只 を は- (- さ! して さ 物品な^ を 賈; 3 て 11^ るに、 何事の 爲め^ 

i^u よき 1 つ み きゃく き もて,^ し ょ5 & し きやく い た 3 まづん しん 5 

か 淸氣を 付けて 見れば、 客で もす る氣か 饗應の 用意の 品々、 客お するなら する さ 言 ひ紿ふ ia さ 不審 を 打 

» しゅじん ち くち f こちら き ゆび た かケ まゥ, e C, で A 

て^、 ま 人 さいふ 字に 口の 重くて 此方から は 聞 かすで 指 を 折って 數 ふれば、 か极 乙の 家 を 出て よ. 七日 

めよ 5 は, んた ら$ ゆ ふげ せん らく c i&St ら ,^か の さけ お 上 こ み よ かさ は まろ i ひ M よ-りき 

目の 夜な... で 賢 太 郎晚饗 の 膳に 獨樂 の.^ 半 合、 傑く 吞 まぬ 酒 k 猪口 三つ 四つ 重ねて、 早 ゃ微醉 の上氣 

、せ f ^ ^ , i§> がし もど よ 5 きょよ よ せん むか .i 、は われね か みや ま 

嫌 藤 を 宛て かひし ま 、流 元の 用 をす る淸を 呼び寄せ、 膳の 向. ふへ 坐ら せて 我の み 笑み S ける 深, 3 の 

S を き J へ て ひど ほたら き 31 一く さしお & ももよ 

花 『淸、 -sg の 手 一 つに 働かして 氣の 毒で ならん から、 何う か 仕 やう さ 思って たが、 いよく 明日の 夜 

か をい ひ k!s- もら こ £ き つも S ^ こ しゃれ く か まへ 5 つく L &. 

家內を 一 人 貰 ふ 事 k 極めた で をの 積 ,0 で 明 日 は 少し 身 化粧て 吳れ、 然しお 前 も 美し S 方おから、 身 化 

flj*^ よめ ま さが i ねく さ 3 で S つ ..J5 かん も あ S さ, rii ん 

a 過き て.^ 嫁さん さ 問 逢って は 困る ど』 奧檨か 出に なつてから まだ やつ さ 1 周 間、 をれ k 最ぅ 後の 相談 

きん if 上 て 3 へヒも だち か たい .:> わい ぶん わけ だん & しょ 5 き さ た 

さは 近所の 手前 朋友の 間へ 對 しても、 外 S1 のよ く »s 譯. - S よく 旦那 さま は 正氣の 沙汰で はなし 

* き 上 あ くちど L^L あき & &i こち ど5 か よん SJt ろ ム け 5 げ 

€ 淸は開 S お 口 も閉ぢ 卞.、 暫時 は 慌れて 居し も、 位く 子. W 地頭に は 勝たれす、 據 なく 不興 氣 k 『を 

レ - めで ー P ざ S た < さま 《J ちら もら あ, y どひ けんた ら 5 みじろ 

れはか 目 出た う 御 坐い ます、 rJ ん^ の 奧檨は 何方から か 貰- C3 遊ばしました』 この 問に は 賢 太 郞も遂 巡ぎ 



S ばか どく 5- さけ お 上 こ つ ひどく ち の ほ めう にが はら 》 よそむ 

『うむ』 ざ H つた 斗ゥ、 德 利の 酒 を 猪口 酌 S で 一 口 k 呑み 千し、 妙に 苦笑 ひ をし なから 他所 を 向いて 

をに .5 きかたへ あ *J やしんた ど きよまへ たき 

『をの ::: 何よ …… 何 さ、 あの…… あの をれ』 さ 云 ひ 切らす、 傍に 有った 寫眞 立て を 取って 淸の 前に 置 

をん5^> い し にん まつば や こ たか たいがい ft ' » V , - P - 

き 『乙れ …… 乙の 女 さ』 云 は卞^ 知れた 新 极葉屋 の 小高、 火 槪は それさ 思 ひたれ^ もしゃ ざ M け は 矢 

は なが *?os<,sif i はら はた こ、. S た y あがく や た 6 i C せん あら . ゃゾ P ざ-? 

張, 蓬 はぬ 推量." ぉ淸が 腐 は 此處に 至 て 熱へ 上. = '口惜し^ 思へば 聲も 自然に 荒く 『左 檨で御 坐い ます 

た だいせ ころ は 5 ゆ 

か』 CNS さ 立って 臺 所の 方へ 行きぬ で 

ち も S っハっ こんれい Lif « L ひ ビ S かほ たお かほ も き ひる も. 5- ころ W や. f 

明 曰に なれば 何時 云; 3 付けた やら、 婚禮の 諸道 具 を 知らぬ 人の 入れ 變み 立替. ^持て 來て、 晝 過る 頃に は 料 

© や fl だ W や にん. J £ a ん みし ひどて つ だ や 3 さ ゆ い へ <^ つ ほダ / , いほく 

理 星の 仕出し、 料理人 四 五 人 さて は 見卞^ ら すの 人の 手傳ひ 山 阪の家 は 營,^ 時め きて 騷 かしく 忌々 

ほか み **>しん ざん きょ さら こ ばち あ W か S ちく を L めんさ 5 くさ 「れ _ . ^ん m ぶ J は きょ 

しけれ^ 外 は 皆 新, 慈、 淸、 が 皿 小 ^ 有處 一 々敎 へる も 面倒臭し、 一 初めよ ゥ 嬉しくな きこの 婚禮騷 き 淸 

かみ ゆ. & せお J-Kys わざ _<lt だ がみ まゝ i& つ を: ► 1^ , xlf 

は髮を 結へ S 云 はれた れ^、 忙しき S 嘘 言 ふて 態 さ a れ髮を その 儘、 摩で 付け もせす 居れば、 成 丈け 動 

ゐ せ は どきた お よ 5, &ビ、 の ころ だい くる たどい さ げんくわん よ こ 

かぬ やうに して 居ても 忙し さ k 時は經 過て、 あらまし の 用意 調 ふ 頃、 五六 臺の 車の 音 勇ましく 玄 關へ橫 

づ wf> ;.. t め £り 上 《> い たも ひお が きょ e 'ら ものおきべ や む むん *s! みだお ど 

付け k した は、 糙 かに 嫁御 察の^ 入. で をれ^ 思へば HF き 違へ て淸は 裏の 物 S 部屋へ、 無 < もんの 淚 落しに 

行きけ. で 

(第 拾 三面) 

めでたく < お * こんれい を けんた ら 5 よ あそ ひるみ, y ぁづ r„ ゆみ つるき ど" 2 

目出度 もな き 口惜しい 婚 鱧の 清み しよ-., は、 賢 太郞の 夜遊び 晝 遊び、 梓弓の 弦 切れて ふつ、 ゥさ 止り、 

きん e よど wbw くお やか 3 5 わさ みか しん まつば や こだか ^ ポ< げ.^ ぶ" ま"^ げ ひ卞^ を • ^ 

近所 隣家の 口喧しき « の 中に、 新 极葉屋 の 小高す つし 6 さ 尻を据 へて、 半 元服の 丸鬍 姿、 名 も 小の 字 を 

被 鏡 一 八 七 



破 ^ マ/八 . 

&ゥ て實 のか 高 もな ゥ、 長火鉢の 傍に くの 字な りの 不行儀の 、馴れし 事 さてつい 折 i に 出る を 賢 太郞は 

> か、 わら ひ こよ ゆ 《, ザ &か むか ど き づか つめび き しの § あだ 

!^^-^?せす、 ^つて 笑の^ し、 晚餐 のさし 向 ひに 昔し 取った 称 柄、 爪弾の 忍び 駒に 仇 S やらし stt 

うづ VJ-r - もんく き み きょに こ <^まさか S へ わ し < ^ぶ や * 

お ii やの? 閎く たび 見る たびに 4- 淸苦 がくしく、 是れ では 山阪 のか 家も^ 我れ 知らす 吱く を, Z 

ね < さ S き わ くちみ づ つめ 

ん の奧樣 k 聞 がれ はせ す やさ、 我が ロ自 から 抓る 乙 S もお As で 

じ ? よ t わ fl けんた ら 5 f ^-1 ゼ かんが . だ fvs* 

「pp めよ. 淸 tl:^ 和 k なる は 知れた 乙 さなれ^、 賢太郞 まだ 淸に暇 を 出さす、 よく 者 ふれば 出さぬ も 道理 

た& 5 つき た 、 いまきよ いど, よ だ もの あ a か わか , ゝ t-ts V 

-J- 高 は來 てから まだ 1 さ 月^ は經 過す、 今 淸に暇 を 出して は 物品の 在處 もよ く は 分らす 徒ら i:^ ん高を 

たか & fj んほ う み おも いま 、で きょ ほ. i' こ 5 5C- ね もて どても が 

苦しめる もさ、、 4^ 高が 驯 る-^ まで 辛抱す る さ 見えぬ"" をれ^ 想へ は 今迄の 淸が泰 S は 裏表、 S 底 永 S 

L お や まさか いへ ため.? むだ、 かげん ほら , み ひ, ビパ > ほ/.: TK"? 

,J さ tt なき さ 知れて 居れば、 山 K の 家の 爲思ふ も 無駄な 6、 よ S 加减 k 懷 きて 通常 1 ^ 通ゥの 奉公人 力 

つど L せんよ 5 きつい i せ きめ け ふ ど で,' 

務めさへ すれば よし €、 自然 用に 氣 が 付ても 云 はれねば 爲 ぬ?, € 、决定 ぬ. - 今日は 暇 を 取つ て 出 やう 

あ も S だ ^ソ っ^^ どころ L ^1 で な たろ たか なへ ほんた ろ 5- を ば ひざ 

か、 明日 tt 云 ひ 出さう か、 永, く 使 はぬ 處 € 知. CS て 暇の 出る の を 待つ も 愚か^、 お 高の 前賢 太郞の 傍に 膝 

つつ $ー またかん、 A i おくさま こどば わな L かほ だん & 、 ff^f 

突き, おけし rJ さも 二三 度 わ しかし X 者 ふれば 先の 奧樣 のか 言葉 は.^、 私の 代ゥ に旦亂 さまへ 奉公して さ 

こ. W み、 KL いまこ 、 で .!! 、まさか いへ ふるね AJ き ま、 S み やな 1、 つ 

のか 聲、 まだ 耳の 端 を 離れねば h 今 此處を 出て は. a 阪の家 は あの 古 猫の 氣儘、 海^す る も 山 ざする も 勝 

て ?き ね,、 ft ま うし わけ こ、 5" こ かん 5^ ん 3 き たくさ; 4* い^ - 

芋、 さう させて は 先の 奧樣 へ申譯 けなし、 此處は 何處 まで も 堪忍して、 先の 奧樣の 犬 € な. <>- 

ふるね 乙 あたま さ どい おちせ みつだ 5 へ だん & L よ. こ み - - * , y 

ながら 古 猫に 頭 を 下げて 取 6 入 .0、 何 か 落度 を 見付け出した 上、 旦那 さまへ 證據を 見 すれ は Ik^ 

なよ あ, y ねよ かな ふるね こ た、 き だ L な ひみ を L ゆめ さ "どき み le 力ら 

迷 ひ 遊ばしても 根が 好 S か 方、 の 古 猫 を 叩き出して 仕舞 遊ばす も 知れす.. - をの 夢の 醍 めた 膀を見 W 



せん ねく さま こ、 ろ まんぶん は; j! pif こ まで じゃけん つの を $» た. PVJ さ. や を さ めで たい 

ひ、 先の 奧樣 がか 心の 万 分の 一 も; -話 しゅ 4^ ら、 是れ 迄の 邪見の 角 は 折れて、 又 元の ffi へ 治まる 目 ffi 度 

い &ょ おん かへ 5^ ころ たくさ^ さ だ ほく だ <s た いへ ま< だい 

乙 さの. ia> し も 云へ すで をれ で NM 、淸 が.;^ 恩の ® し處、 奧樣も 定めし-:^ 眷め 下され、 X 乙の^ 家 も 万代 

i わき さ 5 を どめ. U 、ろ けっしん だん ひま L や こんり A ざいこ ちら み ひ 

ネ 易で 左樣ぢ や^ 未通女 心 k 决心 して、 旦 arc まが 暇 を さか 仰 言る まで は、 金輪際 此方より 身 は くま 

つ め み せん おくさ 3 が なん くら 1 ひな w わた お-が ねが ふるね こ はや しつば だ 

卜、 辛ら S 目 を 見る も 先の 奥樣の 堪忍に 比べて は、 船^ 綿の 違 ひで 願 ふ は あの 古 猫: く 尻愿を 出して、 

み さ S /- びねつ. t ねさ si ひま こど ほ, r-i5 r 化 わ を \ 

ミの身 が.; -暇 k ならぬ 先に、 首 根 E を 押へ て や. 04^ しさ、 今 は 暇の 事 も 舉&の 事 も 忘れて 只 をれ のみに 

ろき み やつ ひ V.- L 5 めた かめ ど f- ゆ, I よら けんた t. L $ い どま まつこ 》J 

浮 身 を 蜜 人 は 知らぬ 鵜の 目 鷹の 目 を 研ぐ 殊勝 r% E 太郞. ^知れたら ば 直に 暇 もの、 か极 之れ さ 知れ 

さ だ あは て * & みだ た 3 つた < 'れ 

ば、 定 めし 合す 掌 の 玉 を 傳はら せ て 嬉し が らんで 

な、 さなか K さび いへ に 1E はぎ い か- 1 た か K ひど 3L- is ( 

奥樣 交代 てよ. <^ は 淋し か AtAJ の 家 俄かに 娠は しくな. o、 入 .CV 代. 立ち 代. ての 人出 入. <s、 來る もの 

S ふ *<b や SiJ を. is3 り や や ていしゅ さ み せん f- ゝゃち を かま げ いしゃ ほ おや、 げ .-J よ K こや か は み 

は^ 云へば、 « 宿の 內儀 料理店の 亭主、 三味線の 師 F 仲間の 藝者、 果て は 茶屋の 下女 箱屋 で、 窗で見 

& はら たつ せ っゐ 1- や 5 づ つ 5 ねこ たも あた さ こし を お <ま さ mv 

て 居れ は 腹の 立つ 世辭 追從、 あれで もよ く 頭痛が 起らぬ 思 ふ ぽ< ^頭 を 下げ 腰お 折. 9、 奥樣 くさ 持ち 

あ, く C 3 ん かほつ き たか あ in; つ つ だ、 い たお ゐ ふるまい を きょめ む しづ 

上け 來る を、 自慢ら しい 顏付 をしての か 萵の挨 俊. - か 核が 正し. S 峯止 動作 k 馴れ^ 淸が 目.^ は、 虫 唾 

—は.^ 、いや を". お。. -ろ つ お さ<" さ. やく かへ か ii-i む i ゎ< さま かね? か 

の 走る ほ^ 不厭 なれ ど、 何が 面白き か, V の^ 度の 馳.^ 、 もく 還 <ri 褂け は. 淸に 向; 3、 奧樣 はか 金 遣; S 

き れい ゆ 《J ち も 5 お. やち だい の $J ど はよ & - ざ さ だ まへ つど £, 

が 奇麗 故, -T 力 馳走.^ 頂戴して キ- 咽喉の 通. が i 且ぅ 御座います、 定めし.;^ 前さん も か勸 めよ Sf し 、云 ふ 

f ほ はら つ か! a き.? の 七 & こォで K く くち おかわ や ま が.」 や を Ja かせ r 

^睨み付け、 をの 代 As 着物の 雜が たま ゥ ません さ、 當て摩 ゥの惡 まれ 口 も 高 笑: sk 雜 らして 柳の 風で 自 

fct ん み げ じょ S うこち わ そ さ せ ^ん ひど いや わた ため おも かね だい こ .f.- ろ 

分の 身の 下女 奉公 は 忘れて、 て も 世間の 人 は,^ しい もの、 ; 5^ しで さへ 爲を思 はぬ お金なら、 大根 下し 

被 鏡 1 八 九 



破 鏡 I > 一き 

みか きんく わ 3 た も * i 

の 中へ 金 貸を雜 せて 食べさせ 申す 

^^^の^て さ! うち.^ も か^が 戯_ きした は、 お t が M の^ ひ 振. -な. 賢太郞 がよく 云 ひ 合め たか 

^ ビ せん まつ もこ たが ざ 5 ぶ さい み ど 

ajs られ^、 か く^ 眞身の やうに 取ゥ なし、 先の 少しも 逢 はね.^、 五臓六腑 割て 見た i^.^ ら何 

や まん ゑ 《> なへ A あたま もど ゆ ひ あぶら いた きょ, て が^ 

んな もの か. - あれ も I 退る これ も 遣る さ、 半襟 前掛け 頭の あのよ,..^、 元 結 油に 至る まで、 ゃ淸が 手よ.^ 錢 

II す は 1 千れ な, -.^ れ が^の §i の^から なれば、 1^ にまで^て 鎖し かれさ 信 切に さるれば 尙々 薄氣 

がず るく、 いよく 1?- か. CV たく なれ.^、 fii が眞 棒の 仕處 S わ^さ 嬉しい 顔 を 《 ^せて、 をの 都度く 

9 > • t 5fe を A げ t ただ に を さめと、 ろ t «■ ち 

のが i く 纩 ける を、 .5 S のから § ひ 捨て、 さ 嘘 を 並ら ベ、 蔭で 舌 を 出す は、 惜く なき 乙女心の 仕 打、 

めいち 上 か J 'みやま はつ 

明治の 世, に 加賀見 山の か-初 はこれ な 6.- 

おとなく i: く i3M する おに、 ^^の § 、がさ^ 酽る& かもの あ. -、 ち淸ら かに 年の 頃 は 二十 五六の 

訳れ まも 醫靈 CP ぎ、 霸の ii まず、 IBf K はこ 小?? して はぎ さ、 m 

• の fslri^ になく、 ぁ献 ysf ちに、 きちんだ 11 び、 けば 吳服, t 答 ふれき、 何處 

か sn ま 5 のぎく 亇 ¥wsn 射した^ でなくて はなら す. - 賢 乙き 淸が はてさ 目星 を啦 けた はこの 男, 日 を 

レ CJ " -ん ? ま だ S ゝぉ あや を どこ く どき たいがい だん を る 

&るに i ゲて 審も 追々 增す やうな.^" - 先づ第 1 怪しき は、 乙の 男の 來る時 は大槪 旦那 さま は 留守 

n9 こま この 戡乂 か^るが II く に^ ひ^けて、 13 したがる up は 7 癖、 11 一に は邂 返に 何も 云 ひ 付 



X6 まひ ざつ あは か K ど かくき よ く きら め 5 を どこい ゥ 

ける 用の.^. s£ き は、 1 さ 間に 膝 を 突き 合して 語. o、 鬼 角 淸の來 る を 縑ふも 妙な.. cv、 四に は rJ の 男 何 K 

だん さま かへ C ぶん いも かへ か 3 た どき きょ * &ほ か を .& ゆ へん 

も旦 1 樣の か歸 時分に は 急いて 歸ゥ 掛け、 叉 をの 時には 淸に何 か 必らす 鼻藥ゥ を 飼って 行く も變な 

X き きょ むね か ふ f ん ね < さ; S C ゆび 

譯、 t の 四ッを 引き くるめて 淸が 胸に 浮ぶ 不審 は、 rJ れが もしゃ 奧樣の 小指 もやら にて ほ で』 

いつ ► たしか しゃ 5 こ *3 ふるむ こ ば か B かたづ のま., J L x^c を どこ ナん K ひ 

何時か は 確かな 鼸據を 押へ て、 古 猫が 化けの皮^ 片唾を 呑んで 待ゥさ 知る や 知らす や、 例の 男 今 il はだ 

ュ ねお つ S き いつも もこ たセ き きょ くび かんが w,5 

分 落 附て來 にけ. =s、 常時よ. は 少し 遲 S 來か た^、 淸 よくく 首 を; 3 ね ゥ て 者 ふれば、 をれ も をの 箬、 

はふ ビ よ び あ を よ 5 さ ひ は だん を ひビ- つ か SMis よく あ, V こよ ひ かへ ばん 

今日は 土曜日に て 明日の 日曜 を 幸 ひさ、 旦那 さま 人に 連れられての 海水浴 遊び、 今夜 は.? -歸. o» き^な 

* ^ くさ げ かほ きょ だい^こ ゐ はた かひ よ.! ついで さ こ / \ 

AV 扨 乙 を S よ./ \ 臭い^、 何氣 なき 顏を してお 淸臺 所に 居れば、 果して K もの、 用、 傳手 k 何處 ふ々 

* ^ , . まへ J- ち ゆ S ゐ こんにち だん を る. t い r 

へ 廻って をれ k か 前 家へ 行きたい € 云って 居た が" 今日は 旦 ffi も: ^留ま、 ゆつ く. 行って か^で S 

かんが 》*>.fi^ こ ちが け i だ. わん 4J ゆ 5 じゅ ひ 5 れ さど わざ 

は 者への 的 少しも 逢 はす. - 今日 己 をは大 願 成 就の 日^ 嬉しく、 曉られ ま ヒさ 態^も はくして、 

• ゆ ゝ 5- へ い しば .> かんが むか さ かへ ころ 50 き はか L L や 5 こ 5^ さ 

ふか 儘に 家 を 出で、、 暫時 * へしが、 向 ふ も 去る もの 歸る 頃の 將刻 は量ゥ 知って、 む^^ 證據は 押へ さす 

こ、 おも かた. & き み .& ク よ l.^ の S し こ 

ま.^、 此處は 一 つ 思 はぬ 方に 出で 何もかも M きたく 見た し. - されき 云 ひ 付か, し 用 返け て 直に も證據 

ねさ しょうこ たさ もつ だん を L ら ま を ふるね こ し 

は 押へ かたく、 た W へ 證據を 押 へても、 密 e 旦那 さままで. 報知せ 申の なれば、 古 猫に 知られて は 何 か 

ふ つ が., 5 い <it あど かへ こ L の S か はみ、 こど よ 5 た. ぁビ あら 

の 不都舍 、 今後へ 歸ゥて 何 處へか 忍んで 觐 へば、 何 か 耳よう の 事 は あるべき も、 用が 足せぬ ば 後で 顯は 

れる 小口で されば 用 も 足した し 證據も 取りた し、 心 は 二つ 身 はほんに 1 つ、 我れ ながらも^ かしく 思; 3 

e.;^ つ あし こ いし けつ ► 5 し ► こ ゑ. & くるまや み くつき や 5 た ほ を どこ la こ、 ろ さ だ 

て、 焦盧 たき 足に 小石 蹴 付ければ、 後ろから 聲 お掛けた 車夫、 見れば 屈強の 大男に、 忽ち 心を决 定め、 

破 鏡 】 九 1 



破 鏡 一九二 

^ 事 *〕 用お 足して からさ、 急く ま、 に代價 もよ く は 極めす、 直に もれに 飛び 乘ゥ、 云 ひ 付かった 丈の 用 

♦^-ii- 失 待たせて 濟 ませ、 氣の 付けば た 忍ぶ に は 明るくて 早し、 云 はれた やうに やがて 家に 行けば、 

*«3S くる 3 や を どこ あき たも へん わら さ^て い にくやつ 

餘. 急がせた に 車 * 男に でも 遇 ひに 东し fj- のさ 思 ふて か、 變に笑 ひなから 酒手 を,. ふ は 憎 い 奴 なれ 

& たん せん たくさ ま fe 14 ら や た 3 かへ わ いへ & や,? しん しゅう 

^、 乙れ も 御 恩に なった 先の, 奥樣 のお、 為め^、 素直に^ ふて a り、 »返に歸.=^し我か家^^、 兩 親が 生 

あっか せ C もの み もつ jiiS «■ れ 

极 ひの 低 辭も、 物 思 ふ 身に は 勿 S ほない が 嬉しく もな し。 

(第 拾 四面) 

5 ち .0 • e ぶん さ せ 5 &ベ だ いも ^2 か a. s-l & ほん r, JV つ がられる a ひ f はゝ * や ひど 

^^に29た時分は土爾鍋の大好き、 今でも 蠻.^ はせ まじ、 鰻の 御飯 は » 節 抦惡ぃ 病の 毒 さ、 母親が 獨. > 心 

i い おさろ i KS- 力 のせ こん «J おくさま A 5 も き 5 る 

配しての 馳走 も、 何 さなく 針で も吞む やうに 咽喉に つかへ、 今度の 奧檨 の樣子 はさ 聞かれても 懊惱さ 

か.! 'ん へんじ をん みせや ..s-f-iij き i*- ほ き, ゥ 5 お KJ • 5 'や S ふめし 

く、 よ S 加减に 返事しても 女親の く く、 幾度 も./ \- 聞き直す に、 急に 家に 居る か 可 厭に なゥ, 夕飯の 

SL^L 3&. はふ い, y & t5 ねく. f ゆび かげん い ^ic ど 15、をゃ 

箸 置く が 早き、 今日は 急ぎの 御用、 遲れて は.;^ 首尾が さ、 よい 加 减なこ £ を 言 ひ、 今少し, - 留める 母親 

て ふ ほら £ ほ 5 こ S ち 5 «J ぶん み ひビ か S だ 5 ち ょ5 てま 5., 一ら も た *• »J>J 5. 

の 手 を 振ゥ拂 ふて、 御 奉公 中 は 自分の 身に て 人の 身體、 家の 用に 手間: 取れて は濟 ます s、 只 一 さ 言に 云 

やぶ ち C- さつ ね もて 5 づ E あか こ はら ある ゆ て どき 

ひ 破 6 て 挨機も を Kin, 外へ 出れば、 まだ 少し 明るし、 是れょ 6 腹 こなし 步 S て 行け は 丁度よ き 時 

いも こ、 ろ おちつ ゆ $j こ へん ビこ ろ ゆきおが ひど ム J かへ み ゆ はづ 

さ、 急 ぐ 心 を 落 付けて 行け^、 何處か 變な處 でも あるか、 往違ふ 人の 顧 回 6 て は 見て 行く に耻 かし 

fj たば A む ゆ むか きひ ども もこつ あた ビ ころ あぶ たび あし 

く、 下 斗. 向;: S てせ つく^ 行けば、 向 ふから 來た 人に 最少し で 突き 當る 處、 ^よ 浮 雲な や この度 は 足 

R> ど たまいし やま さか もん .L きぬ きょ あ 》i か ft ほ! a が! -き も か み きょ ち 4 き め fcs V, い 

元の 大 石で 山 坂の 門の 閾 にか 淸の 足の 掛 i6 し は 逢 魔 時 過ぎ、 夭 帝 も淸が 忠義 を 愛で 給 ふ もの か、 云 ひ 



け ふ is やみ み S どくつ き や 5 i ぬを わる こど - ' » 

An したやう に 今日は 宵閽、 忍ぶ 身 k は最屈 の 夜な. で 盜 みする でもな く惡ぃ 事す るで もなけれ^ 忍 

S こ、 ろ どが たの づ あど さきき くば もん もど ぬ あし まいへ 5 か *. 

ぶ £ 云へば 心尤 めが して、 自然^ 後 さ 先に 氣を 配. o、 阿の 外よ. 拔き 足して 先づ 家の 樣子を 伺へ は, 玄 

くわん ビ K ビ ひ£ { る きら き ちら あし も、 だ S せころ くお み P-S の 

關は B;AJ 早 や 閉ぢて 人の 來るを 嫌 ふ 氣を顯 はした ゥ で を く S 足 を 進めて、 臺所ロ を 見過し、 物箭 

へい ひ あほ みよこ ビほ は S ら s-i-i ろ < t 3 つちみ ビ ま 5 ら 4S 

さ 稱の庇 問 ひ を 身を橫 にして 通れば、 憒 くや 入用ぬ 處 蜘蛛の 待 網、 取る 藺 もな くや cv>.- 裏へ 拔 けて は 

ひ SS- こ、 ろ .》 わる か は て ひ はら これ だい e ! nil き. J よ だん. C あゆみ も、 t Leo 

つ さ 1 さ 息、 心持ち 惡き顔 を 手拭で 拂 ひて、 さて 是ょ. が 大事の 關所、 段々 €步 を 進めて 先づは 首尾よ 

KB さかい かきね き こ、 ざしき ほ 5 も し ビ .J や 543 ひどへ せき 

く 庭の 境の 垣根まで 东たゥ で 是處 にて 座敷の 方お 透かせば、 まだ 閉めぬ liUd 障子 一重の 關、 をれ はわ ク 

*w こ をん >a> かげ tt5e て a- ほんの い まさらむ ね を さ て の * かた を か 53 H づ ぉビ 

J (-ビ 男^ 女の 影法師、 や 敵 は 本能 寺 k さ 今更 胸し き. <y は 踊る で 手 を延 して 片 折 月の 鑰 を!^ し 昔 

あ からだ ^ S L*L W お JJ ため CI を こぬ も ひ あ.^ 

せぬ やう ksi りて 身體を 入れし が、 待て 暫時 穿き もの は 音せ ぬ爲 の^ 魔つ. <. -其處 に 股ぎ 捨て、 一 さ 足ぬ き 

おかよ だいたん い ビ しみ *w め き 5き あし 、 

近寄れば、 大膽 さは, 云へ^ 年から 見て.^ まだ ほんの 處女、 氣 のみ わくく して 息の はづみ 足 は 額へ 

ふ どころ さた くび ばか さき S からだ 50 か < おく か どかく て 5 づ ?》 お かた 《ら3 でしの よ 

て 踏む 處を 定めす、 首 斗. O 先へ 出で 卖體は 兎角 晩れ 勝ちな. で 觅 角して 手 合 鉢の 傍 迄 5;, ぬひ 寄. y 

Z 、 み か、 f* たむ あし もど »1 ろ. やみ せ 5 た S しも か くろ 

此處は 身を龜 めん ビ下を 向けば、 足元に 何 か 白き もの あ 6、 閽 k て 正體は 知れす 透しても 黑 きもの ある 

C ね わか もは のちた た. * ど i こ a i ね つ .S きの 

やう はて、 字 やら 書 やら 分らね さ、 何 か 後の 爲め Ji^^ 抉へ 丸げ 込み、 腰 其處へ 落ち けて 息 を吞み さ 

み、 もば だ f C き き はも も い 

て 耳お 赦立 つるさ 同時 JiT 切れくな がら 闘 乙 ゆる 話聲 『でも をれ では •••:• あんま ひ ^ひ』 € 云 ふ は 

たか S i みれん ばか かって れい をビ こ こ ゑ , 's;i^^^ 

か 高の 聲 『何、 ひ^ ひ …… まだ 末 練 …… 、 馬鹿な …… 勝手にし KJ これ は 例の 男の 聲、 乙れ でも ^版 店 

て だ S おも ねこ L かね 5-3 つ 6~ は 

の 手代 かさ 恐 『さう 怒らな くっても …… さう 仕ます よ、 しかしお 金 は …… 、 今ではい けない 月の 末 

被 親 1 さ- 



, 

as 玻鏡 一九 四 

き ひ き,, せ、,' つき. t ゑ S はだ 

でな けれ …… 』 『衣. ij- ので も …… 引き さらり て……』 『まあ 氣を 急かす^ …… 月の 末まで か 待ち、 逃げ出し 

たかさき C?L5 きょ かんてい たが $ くわた ゐ ちが ふた W BC 

て ::: 高 崎 《 は あの 上 州の •::• 』 清が 鑑定 違 はす、 S よく 何 か W 畫で 居る に 違; SS あしで 二人 は-初 

よ を か をビこ L よ 5 ち C 、の 二 よ r ほせき はか ぁ&が SJ きもの も だ あ 《 あし 

めからの 好い 中、 男 も 承知で 此 家へ 乘ゥ 込ませ、 好き 沙時を 針り て 有 金 やら 衣類 やら を 持ち出し、 後足 

も &か こ、 にだ は し < あい み を ざ 《- ビに あ を だん ♦& 

iJd 砂 を 掛けて 此處を 逃げ出さん 談話の 工合、 等閑に して 取 6 逃 かして は 何にもなら 卞、 明日 旦那 さまお 

かへ あそ $ 3 をし あ f- の きょ は ぎ i き を ほ み、 な かげ は 5e 

歸 6 遊ばせば、 直 申. H けて さ 忍ぶ お 淸は齒 切 をして、 後 を 聞かん さ 尙も耳 を 立 てるう ち、 影法師 

5 & $ » しょ 543 を か ひか s- きょしの 、がた S たせろ た あが 

むくく さ 動 ひて 直に 明ける 障子で 中よ ゥ さす 光明に か淸 忍び 姿 を 射られて、 驚きながら 立ち 立って 己 

に s-f! ろかげ たかみ た - そこ ゐ *S> む. さんへ At あ き! 5』 くお 

もく S 逃け る 後 影 を.;^ 高に 見られ 『誰れ だい、 其處は 居る の は』 南無 三 さ 返事, ちせ す、 開 ひた 木 口 

! i, CLV ざんねん あま i, き ター S A も げた わ *- 

よ 6 馳け 出し は 出せし も、 殘 やん ゃ餘 慌て } 木 tc; 口 k 脱き 捨てし 下駄 を 忘れぬ. - 

こ ゝ ば P & あ il" た LO-tJ おさ どの *J げた Lft をじ ら L© た 

此處 まで 斗 6 で 惜し や 慌てし 爲め Jbd 尻尾 を 押 へられ、 取. 殘し. K 下駄 を證據 詰問れ たら、 忍んで 立ち 

き t ちで 5 3 く 4J よ 5 ひも や の ざんねん 

聞きした 1 條は、 . は 狀 してし ま は 4^ ければ なら 卞、 密かに 遣って 避けん もの を殘 念な こさして け. < ^さ、 

ま f た e, ゎォ た 5 わく きょ はだ S3 むか 5. だ まで あく 

先づ 下駄の 云; S 譯 に當感 したる. R 淸"" さ れ^^げ 出した 今.^ な ふて は、 向 ふから 云 ひ 出さる、 迄 は、 飽 

もし ま ゐ まづ せ あた ど r 一ろ やみ ま ひ あはい 

まで 素知らぬ顔 をして 居ねば 不 除し、 何うな る も さやら 當る 所まで 遣 CN て 見るべし さ、 叉 もさの 庇 間よ 

ハ をぬ だ だいせ ころ <ぉ げたて ぼや ひっか もん を £ か だ を こげた K 

4 急 ひで 拔け 出し、 臺所 口に. Q つた 下駄 を 手早く 引つ 抓んで、 門の 外 1^ で驅け 出し、 其處で 下駄.^ 穿; S 

わ ひど i<a^ かま わざ げた おどた かく た、 .》 ん 》? ち 5- たび お ほで ふ だいせ. J5< ち 

て 我れ^ 何 喰ぬ 顏、 態,^ 下駄の 音 高-^ ささせて、 再び門の中^^^入6、 rJ の 度 は 大手 を 振って 臺所 口よ 

a い ざ うきん あしぶ たく 3 いた さも? -こ、 ろ どが かげ かほ はか だ ft< 

がた すた さ 這 入, o、 雜. e で 足 を 拭 ひて 奥の間へ 至る も、 琉石 心が 尤 めて 襖の 蔭よ <>顏 斗 4 出し 『奥 



錢 



間き 


ら 


默 S 




漢ぁ 


面? 






具 ま 


再 さ か 


を 


は 


手で 
水づ 


J^3 


か 







込 こ 




搔か 




け 

• ノ 


似ね 


び、 




し 




"め n 


れ 




X 


む 




力、 


下げ 


ノ 


し 


呼よ 






マ- c. 


^^ち 


ね 


か 


居る 

/口 


は 


ん 


し . 


駄た 






び 


n 




は 


の 


诤 

erf* 


ば 


前 S 

w\ へ 


る 




な 


て 


の 


歸 J 




止 ど 


か 


ゑ 


早 a 


處き 


幸 も 




譯 S 


思ミ 




吳《 


白? 





t 


め 


さ 




や 


へろ 




'麇 


最 * 


に 


a 




れ 


戕? 

ノ!/ V 上 


て 


BB お 






何^ 




隱? 










な s せ 

/^は 




ん 


せ 5 


行 

暴 <J 




せ 


氣き 


が 


れ《 


れ 


に 


を 




おゆ 


I) 











す 


の 


居 を 




て 


遲? 




寢ね 


ねゝ 


行 ゆ 






ば 


fl 


% 




せ 




る 


居る 


な 






古 

ク 


力 > 


pi 


おろ 


な 


饭ど 




其 も 






お、 




は 


ぐ 




\ ,1 

U 


で 




决き 


ら 

リ 


で 




の 


力、 


し 


t 






It 




奥 や 


ffl を 

-/J ど 


云い 




ぬ 


は 


ら 


内 1 


H ど 




淸 1 何 S 


ま 


れ 


い 


樣 i 


1 ひ 


は 


れ 

<1 レ 


力 > 


定! 


ぬ 


m 葉ば 




が 


ん 




虑こ 


a 


別き, 


す 


ば 




め 






は 


盜 き 


胸 g 


な 


れ 


ら 




お 


れ 








し 


影^ 


の 


針 § 


人? 


に 






11 ビ 




方 D か 


し 


き 


J リ J ん 


れ 


奥? 


X 


盡っ 




で 


は 


誓ね 
ど- 


淸寄 

in ん 


'う 


寐ね 


减! T 


'iiX り 




の 




樣秦 




さ 


御& 

1 ード 


立た 


ひろ 


力 > 


/ I 7Z 

附づ 


返 力へ, 


で、 


立 だ 


《 


を 


m 






し 


ん 


座 ざ 





ft 


い 


6 




ち 

ソ 


暫 え. 


1 ろ 

レ 


1 


れ 


力 > 


で 




矢 や 


お、 




け 






ぉゝ 


時し 


< 
ヽ 




の 






居 を 




の 


知 L 


大? 

ノ、 ^ 


て 


方ら 






L 


キ、 

ヒ 


陣ょ 


m 


思? 


m る 


す 




れ 


mi 


同き 


へ 


』 




て 


な 


び 


義 s 




の 


や 


か 





な 


\x. 


し 


打 s 


夜 や 


は 


i'v く 


< 


出 だ 




M た 


m 






し 


か 


阜ま 


< 


O 


具く, 




へ 




し 

レ 


時 g 




はこ 


な 









力 > 


部へ 


て 


の 


の 


行 ゆ 




た 

/ レ 


な 


て 


き 布へ 


b 






1Z 





屋ゃ 


1 崖 1 


中 4 


錄の 
俊ち 


o 




が 


ら 


歸^ 






ふ 


し 


1 




It 


1 


の 




て 


最ま 
期 e 


ぬ 


I) 


行 ゆ 


永?' 




ね、 




ね 

ぺ A 


入い 


4 




見'》 

ノ Li 


今 ま 


白 k 


行 ゆ 


さ 


居ゐ 




し 


m 


へ 


\ 





少 t 




れ 
ば 


力、 


聞き 


洲も 


レ 


ぬ 


は A 


か 


何せ 


人り 






せ 


し 


を 




U 


へ 


し 


で 


身み 


高ま 處こ 


し 


h 

*9 メ 


先き 


す 


あ 心 




ぐ 


た 


呼よ 


カミ 




の 


は 


ま 


て 


の 


刻き 




子?' 案え 








び 




め 


不; 




で 




ね 


m 




變 S 


す 


分え 


待" * 




tu だ 




し 


检た 
為め 






が 


A い 
フ ? 


先! 




b 


る 


で 




k 


さ 


い 


今け 

曰"" 




b 


知し 


MS 


怪? 


で 




し 




夜 や 


It 


殘? れ 


氣き 


早! 


m% 


ら 


ト 


し 


拾 ま 




聲!、 の 


具々 




ら 


て 






ベ 






a 




It 


お、 


引 ひ 


先& 


す 




や 


部: 




顔 ti 


しろ 




し 




て 


扨? 


き 




並? 


さ 




夜よ 


屋ゃ 


見み 




の 








% 


出 だ 


尾 を 


ぺ 






泊? 




や 


は 


目め 


が 


の 




頭づ 


笑 i 


し 


に 


て 




は 


b 


歸ぇ' 




さ、 




忍の 


は 




ジ S ^ 


止 【 


て 


毛け 




ぐ 


mi 


て 


れ 


m 
人? 






び 






が 




自 e の 


右 i 


の 


k 




ば 


驚き 


て 

見み 


込 こ 


»ョ 




す 


し 




な 


猫き W 


摩 1 


勝き 




ひろ 


ん 


ひ 




る 


力、 


で 


い 


に 


め 


b 


手て 


ふ、 


れ 


で 


出 だ 


力 > 


し 


潜》 


白;! 


耻? 




下き 


な 


间か 


n 


風會 


る 





^1め^ぼぼ|, S in III Ai^vii^il 



被 统 一 九 六 

たも ど さ々 ふ ど たし * &に てづる こ、 ろ ねん fttjv ら あん さ 5 ひか 

して 抉 を 探れば、 振, 落し もせす 確か;^ あ-. けゥで 何 か 手蔓 はで も なれさ 心^ 念じ、 薄暗 S 行燈 の光ゥ 

あ み てがみ さき K げ 5 ばか たし e の *J あ がた こ、 ろ *5, ひみつ ひ 

kii けて 見れば これ は 手紙の 裂き 切れ、 二 行 斗- y 確かに 字の 殘ゥ ぬ." 難 有し さ 心 k 拜んで 秘密 どい ふ秘 

みつ た 5 ら み ど 5 かく & &ょ^^-c^cん さ くわ ひら よ 

密は 字の 裏まで も 見 透さん 覺期、 兩 眼 も 裂けよ さ豁 開きて 讀 めば、 

を 3- .S ちにちる も もぐさまで む さ ふら ふ & さ 5 だん も S を Y くさや し ち 

『折よ く 一 日 留守の よし、 直樣 出向き 候て 御 相談 可丰 左樣撫 承知 …… 』 

いくさ よかへ y げ. 5 e こだ S つ * ひつけ SC よ 5 どころ を5 く ビん. を ほ 1 

幾度 讀み 返しても、 二 行の 字 は是れ 丈け、 しかし j 筆 啓上の 處 でもな く、 早 } 頓 首の 終. でもな く、 先 

のち Lti か, <b め かしょ e た S ? C て たか » へんじ こ て 

づは 後の 證據の 緊要 さもなる べき 箇處、 字體は 男の 手 なれば、 高へ 宛てし 返事なる べしで 是れ さへ 手 

い も げた S つもく はもく あ も だん * かへ $ ru » © あ S3、 で み こ ビ 

k 入れば 何ん の 下駄の 一 足 や 一 1 足、 明日 旦藤 さまお 歸. ならば 直に 之れ で名乘 6 を 上け て、 今迄の 見し 事 

き こビ ^«{| た み、. & いか 5 たが ひた 》• た ふ ビん 5 へ きょ 

聞きし 事、 一 々陳べ 立て i お 耳に 入 るれば か 怒. なさらす さも、 せめて tt 疑惑 給 ふ 種で 布 圃の上 k A 淸 

せっか ざ &ょ 5 て あ K »• か ftc け れい い かみ たも あ 5J AJt-f たくさ 3 よろこ 

動 手 さ 坐して、 兩手を 合せ 先づ 添 なし € 鱧お 云 ふ は 神の 助け、 後 は小聲 に、 『奧樣 か 喜び 下さい まし、 

あ, * な かで き きょ ど も ば. n あそ 

貴女の 仇警 は、 乙の 淸が 取. ました、 最ぅ 二三 日の か 堪忍 遊ばし まし』 

(第 十五 面) 

5- つ e e & ろ めさ 》• たか a- 5 いお 《 んせ a- 5 た 5* きょ 

何時も 八 膀か九 時 頃で なければ、 目 を覺し rJ たさの きか 高、 如何した のか 一番 雞の唄 ふが 否や、 4- 淸 

£ おこ くら ぁビ& » ビ こ 《< おくび のぶ きょ まこ ど &• > 

くさ 呼び 起し、 まだ 暗い のに 雨 からく 開けさせ、 臥床の 中から 首 を 延 して T.;^ 淸、 誡に 4- 氣の毒 

き 5 わ も & if お 6 だ け ふ S おぼんき しゃ & ほい を ゆ だん を め P 

だかね、 急に 忘れて 居た 用 を 思; 3 出した から、 今日の 一 番 車で 大磁へ 行き、 旦那 さま か 目に 

うして 歸. をの 用 を 足して、 御 一 處は歸 つて 來る積 Av、 どうか 六 時の a 車に 間に合 ふやう に、 支度 を 



く さて ふるね こ はや とど あら a L こ * iS> ん. S さき <r ft_3 

して. れな』 扨 ハ乙 の 古 猫め、 早く も 事の 露れ た を 知って、 此處 はて は 何 さも 云 はす、 先 を 潜って 大 

^-^ までで B あ も ** らた だん^ X あんばい て? S <» る こ ふぎつ み 

礎へ 迄 出 s.cs, 有る 乙 さ 無い 乙 さ を 並べ立て、 旦^ さまお 好 S 鹽栴は 手の 中 k 丸げ a み、 あの 不義の 罪 

のが つ こ、 ろ はく さ .9 や さき だん あ さき よ 5, おこ 

を 胶れる 積り か心惡 しで 先へ 遣って 先へ 旦^ さま k 遇 はせ、 先へ 宜 S やうな 乙 £ を 云 n れて ハ、 少豸此 

お ど ふつが ふお も おくさ 3 わざ/ «\ ね ほ 5- を ぁゥ いで ゆん がた だん を 

方 取 ふて 不都合 さ 思へば、 『奧 樣、 態々 大 礎まで; -暴 S の 出な さらす^ も、 夕刻までに は 日 ー那さ 

かへ &ざ *• »• をし * できよ. f だん を s 

まも 4^ 歸. で 御座 S ませ う k』『 それ で .f^ 待ち て 居る 乙 さの 出來な S 用お も の 、 旦鄹 さま も か 出での 

r> がふよ > ぁビ C ゥ L やつ 《S>K いおばん Jw L やゆ ぁゥ か 

時 都合 か宜 かったら 後から 來 いさお 仰 言た し. - 何 一 番 a 車で 行けば 暴くな S うち k 行かれる よ JF をれ 

*^ ざ も -si ひど t まちが S ざ も K とど 

はさう で 御座いま すけ^、 貴女た つたお 1 人 4 で、 若し 間違; 3 でも 御座 S ましたら』 『何もん な 事の ある 

> k Be ビ. J ろ や CM. わか きょねん ゆ だいちよ.,. ぶ つ ひ £ 

もの かね、 一 初めての 處 では 檨子か 分らな いが、 去年 ギ. つた 7> さが あるから 大丈夫 だよ、 乙の 節の 人が 

い る まへ 々ゎぃ こく ひ SJS- ゆ ひ 3.; か かた *(» 

をん な 乙 € を 云って 居る やう 卜 や あ :•:• V 4^ 前^ 國 さやら へまで 一人で 行く 人が あるの J^』 1 方 は 1 方 

3 き あ, , ► つみい i ふゥ が.^ せん 3 ん 3 たかな- かたく 3 き あは 2*; ざい あら ふ? 

よ. 先に はねば、 罪 を 云; s,^ める k 不都合 千 萬、 X 1 方 tt 1 方 を 先 Ji^ 遇 はせ て $: 大罪 を 露 はすに 不都 

がふ み をみ K きた はし かんが ゆ S s,< ら ど ど S £ ftft «5 

合, 南の 果てさ 北の S さの 思考へ なれば, 行かう さ 云 ふ はう は 何程 留めても 留ら す、 留め やう さ 思 ふ 方 

ft^ ^ 、 - 5 たが ひ むね 5 あがた ひみ ゥ 》. た ひ みつ ひみつ S 

a 何 を 於ても 留めねば ならす P しかし 互 胸に は 打ち明け 難き 秘密の あ て、 をの!^ 秘密 は 群 密^ 云へ 

, たが わか き ひみつ さおら わた a-v つ、 ft もて J- ゆ e ゆ 5 あっか き は、, ほ J*, あ こ、 ろ kl.5-f 

^互 ひ k 分.^ 切った 秘密、 何方も 綿に 針 を 包んで、 表 はが. の 主從极 ひ、 奇&は 話し合 りても 心の 刃 は 

みが * 90 つ い S さか ひ はし たか もこ こも あら もに まへ ど $ 

磨き 合 ふ 中 なれば、 遂 ji£ は 口論の 端 さもなる ち. set は 少し 聲を 荒らげ 『何も. に 留められる 筋 はない よ、 

まへ あ L か ゆ わた.., *L わたし ある ゆ よけ. S せわ <» へ f だ いさこ あ r 

足 を 借 6 て 行き はし ま; 3 し、 私の 足で^ が步; S て 行く の 餘 W なか ffi 話 だ、 前 n 早く 臺 所へ 云 



玻 錢 一九 八 

つて 御ぎ の 仕度で も 4^ しち 朝つ ばらから くだらな S7>^ を 云って さ、 緣起 でもない』 古 猫,? C く 尻尾 

ら -5S みづ みが あ L たさ a- きづ せ けん を きょ 5 3 かへ て ど k 

を^ はし、 浮た 水で 研き 上げた 舌の 先、 氣强 よくっても 低 間驯れ ぬお 淸ハ、 云ひ卷 くられて 返す 言葉 も 

た 4. くも い ゐ e れ や. c-a の ビな, U ほ M こ 5S4 ん 

なし、 只 口のう ちで く <$J)(.. 云って 居る を、 焦慮 ゥ たし さや 夜具 刎ね 脫 けて 飛び起き 『なんだ ね 奉公人 

くせ き Lee ん S つ はや よ 5 < « げ せ ち きの ふ ね VJ&> ff 

の 癖に 生 意氣 な、 主人の 云 ひ 付け, たよ、 早く 用 をして か" おれ』 いよ >く 、激しき 毒 口、 昨日の 柔 しき 檨子 

か a ゆ i .a i わざ た A- はよ ゆ さつ げ めん を いしん はよ やしゃ あら 

のがら. 變. し $:、 昨夜の こさ を 根に持つ ての 業 か、 恐 Kv.^ き 女 菩薩の 外面、 內 心の 如 夜 刃 露 はる、 は 

あ の きょ もこ おそ を ま 5 ぬ S ぉ&ん 

明日 さは 延び t€、 4- 淸 少し 恐 k: しくな 6 て 尾を卷 く 犬の 1 言 もな し 力 

ゥ.. f- >*ILV^C あた お る 2 や き た を こ 4- ビ. S m ^ ま、. S も い, ゆ. . 

^ もな き澳 障子 は當ぅ 散らし、 車夫の 來 やう 晚 きさ 小言お 云 ひ、 寢衣 其の儘に 脫き 捨て ゝ 出で 行きた る 

らど きょ *^s$i*J% かまの 3 へ を は *J ^ 2. お ほか, y z-i ゆ 5 ベ .S 

後に、 淸ハ臺 所の 竈 前に. ^つ さ 6 さ 坐 ATS 、さて 是れ から ハ 如何した もの か、 大? i への 用 C 昨夜の こさの 云 

わけ ゥ さき L 16 したさき i **> る ほ $J だん . ま よ 

ひ譯を 付け は、 先 を 越した i ^相違 n なしで あの 舌先で 瞞 めて n 成程 旦鄹 さまの. 迷 ひな さる も 無理なら 

t X こど >J.L ら をく かほ いっしょ かへ こ い ま、 で { しん みづ あ 》 

す、 若しも 宜 いやう k 事を挤 へて、 何に 喰 はぬ 顔で 一 所に 歸ゥて 來られ てハ、 今迄の 苦心 も 水の 泡 Z 

$15 み こおら さき お ほ S を ゆ ふたり * &ら たいけつ 

れが _ ^公の 身で なければ、 是 方が 先へ 大 磯へ 行かう もの を." 二人 並べて S さ對决 € なって は、 さても あ 

(6 A ? J ちら ほ .fvjs はん さき だん is- こいび VJ { ち 3 へ I よ 《- へし ゆ e,^ かたがき 

の ハ&て 卞、 まして 此方 ハ泰 公人、 先ハ 旦那 さまの 戀人 をれ K 口 をの 上 主人 さいふ 葛 書 

あれば、 何 澄 1^ を 折. < ^理を 持て 居ても、 ft ける ハ 知れた 7^ き" - は V 如何して fts を 取った もの か、 暫時 

OM- <^ い か A や たか ひざ 5 どき てがみ さきれ 

li へ 首 を 入れて 者へ、 立ち 掛ける 膝 を ぽん € 打って、 をの 時? 。を C あの 手紙の 裂き 端. - 

f ら »< るュこ てん a んっ f L や 5 こ L さ き 5 へ St をた 

可 程 古 跑 の 夭 眼 通に て も、 N> の 證據の ある はよ もや 知ら じ、 樣々 白ら を 切らしての 上、 S ささ 云 ふ 此方 



) X いだ i 9. 5 ちく た 4, ひ ひし s- れ is て ほや かへ 

の 行き 詰ゥに 乙れ お出し、 不意 打 を 食 はして 只 一 さ 挫ぎ、 嬉し やさ 用 をす る 手 もも <^ かしく、 早く 歸 .c- 

«^ こど はじ くび のば あし つまだ 2 ^ ひかへ ひ 

て 早く 事の-初 ま れか しさ、 首 を 延し足 を 爪立て ゝ 待てば、 何う したの やら をの 日 は歸ら す、 さう-/ \- 1 

J Ift つぎ ひ へ c ふ たも a ち さも t- ? S むつ ま て ひ あ STIA 

^夜 待ち 明して 次の ns」 な <r. た. 今日? ぶ、 はゥヒ S ふて 居る 朝 冷の 中、 睦 しく 手 を HF き 合 ふ 計 か し 

**, へ ふ し f ^ 0- 1 こ き ビ.. t よ 》* た s- i つ き 

て歸 6 たれ^、 不思議な は 三十 恰好の 小 意氣な 年增、 一 處に兩 人が 後に 附; S て浓 た. ぬ." 

U よめ ケ- いに." :!、 ビ ぶか 、,つ ほか き つ こ、 ろ つ め 5 i たか 

ぉ淸の 目に: tB ハ 仇敵お 取る こ f 一 計り 寫 て、 のこ に n 氣が付 ひても 心 か 付かす、 妙に 澄した か 高の 

つき.. - 5f- ふ. iflss ま き な U 5 お >.. $ ほ S か はら けん.;, - ら 5 つ ね 

tMH! あの つん^した 暴 柱 〈マ k へ?: 折. て さ、 胸の 中に 小踴. <r> して、 這 入. 掛けに 脘 めた 賢 太郞が 常時 

ま^^こ *, てこ L f き も Cjv き A か. でも, よく たもし ろ ほ にぎ ほ も ほせ 

に鎮 眼 は 少しも 13 ら卞. 奧 はは 衣類 着替 へる やら、 海水浴の 面白き 話し やらに て賑 ふうち、 最ぅ程 

ゆ 3 &i めし ょミぃ る さっき つ ひ き をん を だ::, 'さ ころ e i をに てった い ぺク よ 5 

なく 晝時 £淸《 飯の 用意して 居れば、 先 别附從 て 來た女 臺 所へ 出て 來て、 何 か手傳 ふさ 言 ふ、 別 k 用 

- みづ ^-の て をけ さ く < を^ Z を かし わら わる み 

もな けれ は 水で もさ 賴 めば、 手桶 下げて 酌んで 来る 姿の よたく さして 可 笑 けれ. $J、 笑 ふて ハ 惡 しさ 見 

i まき 3 ぎ *J ちで あ わら 

ぬ 振 ATS をして- 薪の いぶる に雜 らし、 顔に 袖お 當て、 やつ さ 笑; 3 を 逃しけ 6 で 

» ほ つ t たか ,ミ f こ- ノっ 3 3 どころ へんじ た あ?, 4? てまへ 

4^ 淸 くさ 連け さまに 呼 ふ はか 高の 聲、 にお 方. i:^ て も 待ちに 待ちし 處、 二つ 返詞 して 立ち上り、 :儒 れ 手前 

& ^ た: r: , ゆ- ► S ころ 、もき はづ てつ S よ 5 み ふた 9- むか あ 

垂に 拭きな から 奥へ 行き、 襖の 處 にて: t 櫸を 外して 手 を 突き 『何 か 御用で』 さ 見れば、 二人 向: B 合 ふて 

け i 、 > ^-^^u^ v^u- ) ^ み あいづ こっち as S けんた ら, n め a ゥ あが こ、 ろ » 

坐ゥ か 高 賢 太^の 顏を 見る を 相圖に 『此方へ 這 入れ』 S 云 ふ 賢 太 郞の眼 tt 早 や 釣. 上. CS た. 心は决 

化 を - ' I あ. f た み : をん おちけ つ しら. * よだ き L せん.,' つ 

定て 居れ さ、 改ま. CS て 見れば 何£ なく 恐氣の 付き、 白洲へ でも 呼び出された やう を氣 にな て、 自然 俯 

^1^-^ あるじ け らい & かし かた 

視き 勝に^る も、 生 さ 家 * の 間 仕方なき.^ のな りで 



被 纔 :。◦ 

'i-b • icvvt- > さ" te^ 16 ピ ころ 5 づ V* 1 けんな ら 5 こ た <i き 上 き さま ふらち > 

is^ をまして お に 引き あ <>、 -a 高の 尻の 處に 端坐 まる を 待ちて、 賢 太 郞は聲 i 咼く 『淸、 貴 樣は不 蹄 も 

のおな、 ゲ;^ i6i を! 3 すか ら^て It け』 驚きし ぉ淸、 先 を 越して 何 か 持へ なさ はして 來た乙 さも 思 

^ 》 なけ \ 2 か、, ^k^^^i こ £ A は * ク *J しら ^ ♦/s" 

; S たれ^、 1 犬 然は暇 を さまで は 者へ す、 俄然 思; 3 も よらぬ 一 S 言に 度 膽も拔 かれ、 腹に 捲へ て ft きし 對 

ぎ? き は うたか gi、 0^m^f^f. ^fs0s[. ffe 

きまぎ して、 は 言葉 % 四 途路、 何に %言 はぬ 中から 早 や 受身 J^- なる か淸 『-& 暇 を •:•: 不路 ::: 何 か 

m でぎ ぎい ま- Kl『i だ、 i が f^m、 i くまで もな S 貴樣の 胸に 覺 えがわる おらう』 覺ぇ がで は 辯 解の 

Ei^^ たす、 よ- 41 えの ぎき 乙 さ、 先づ M ひてから であければ、 云 はん 言葉 も 閽 さ 『覺ぇ …… 少しも 

l^に14l^-ません』 s<i は m の で i ひ^がら 『l^i^^ぬか、 覺 えが 無 いか、 好い 加减に 惚氟て 

^にも^らぬ Lr て ^5 るか 酽 ks ま^けの i を i して、 やう やく 落 付く 心に 少し ® 面目に、 

f. お 一 Is してから ぎけ の辦 どまぎ & けん € 『何で 御座いま すか、 ^う も 分明 兼ねます、 この 麁 

^くさい ゆへ、 術か繼 k か^ぎい ました か * れ ません が、 せう か 不錄の 件 を^ 仰 言って 下さい まし." 

えがわる だら うさ MA-^^i 一口って は、 か びの いたし やう も …… 』 ざ K ふ を 賢 太郎は 打ち消し、 

『^|?、 ^ぃ5?を^け卞に5^まにして^を|1らぅ€思へば、 自分から 詮義 立て、 開きた くば 聞かして や 

i 11、日ひの1てき*1のき|:んの1&んで55た、 ,お あ f y た isf 、 ff 

出び、 お 拱が でも is る ii うだらう』 siim く 組ら へた. -、 されめ 色男 も は s-saK 口 さ 淸は透 さす 『奧樣 



*t • いろ , い か s*-/- で だ 3 る た たち まお くちびる な かへ ひ ビ なビ ろ 

乙 を.?? S 主に 色 ::: 』 ^云 ひ 観け る を、 今迄 默ゥて 居た か 高、 忽 焉 唇 を 反.. = ^返して 『乙の 人に も 驚く 

C ノん こ £ ひビ t 3 けんた ら -5 かほ みめ * & ♦A- き 化-つ f- やろ せ さ f 

よ、 自分の 事お 人に して 仕舞 ふ艺 は』 賢 太 郞の顏 じ vc-cs^ 見る 眼 ハ、 鄉須 にやり しさ 開く 殺生 石の 毒よ 

たん もろ 

^可 恐し^ 

(第 十六 面) 

たか をが しめ a. fr まし ひ くさ 3 ひわ か けんお らう を S わ は A を 

か 高の 琉^に は 氣先魂 も朽. o、 理も非 も 分ら 卞 なる 賢 太郎は 『何ん さ 云; 3 譯 4.1 しても 宜 けん、 をれ では 何 

た 14, X 'を クら か 4- ゐ f> の を い あた: 》 かく L3 

んの爲 めに 用 もない 薄暗が. o> は 龜んで 居た で 忍んで は居ゥ ません さ 云 ふだら うが、 をれ rJ を頭隱 して 尻 

かく t れ みつ ち はて はだ げた わ こっち れっき Ltc 

隱 さ卞、 細君に 見付けられて 倉皇て 赴け 出し、 下駄 を 忘れた 卜 やわな いか、 此方に は歷手 芝した 證據の 

こたつみ あが み ビ S ど ほ .J や 5 こよば さい は 

ある 乙 どお』 期ラ 辰已 上. にな, CS て は、 何ん^ 云っても 云 ふ 乙 さは、 通らす、 鏺據呼 は. CN をす る r しそ 幸 ひ、 

こ 、れい だ *J ころ こ ひて 5. き ほひ よわ よれ どころ つ こ だん わけ. & 

是處ど 例の もの、 出し 處、 是れで 火の手の 勢 を 弱らし、 弱った 處に 付け込んで、 次第く に, 護 を 云へば、 

だ を こ 5H が ひ ねこ きょ おび あ ひだ た、 L 3 ク おい て :!^み き はして S 

旦那 さ t?/ て 少し は 疑 Sf の 起らぬ こ^: 9Q る ま じさ 『淸 は帶の K に 疊んで 仕舞て 置た 手紘の 切れ端、 丁 

ね い ビ 5- だ かたて も たか にら わたし ま をし あ &ざ こ. & こど &ざ 

寧に 取. OS し 片手 k 持って、 か 高の 方 を 睨め 『私 も 申 上げた く は 御座いま せんが、 斯う 云 ふ 事が 御座い 

おどつ ひ に はさき しの を はた たか もん のケ こ けんた ら 5 

ますから、 一 昨夜 か 庭先へ 忍んで 居.? した』 果してぎ よつ ゥヒ する お 高、 何 ど さ观き 込めば、 賢 太郞は 

きつ きょば 5 が t こだ てがみ きれて VJ た ほ よ あ か は かけ 

氣も 付か 卞、 淸の 方の み を 眺め、 其處へ 出した 手紙の 切 を 手 J^® ゥて、 大きく 譲み 上げれば、 變ゥ掛 る 

たか がん L 上く きょ けんた ら 5 L さ 5 でき けんた ら 5 5 たが ね も はか 3 も/, \.& か 

か 高の 顔色、 淸は をれ e 賢 太郞に 知らせた けれ.^、 左檨 も出來 す. - 賢 太 郞は疑 ふかさ 思 ひの 外、 益々 怒 

3 んこ ビ なかた おつ る を S ろ * どこ ひ こ 

.0 を增 して 『何 だ 是れは 、をれ 問 はす k 落ち 卞 語る k 落る, t は rJ の 乙 さ だ、 かれの 留守 Jb: 色男 を 引き込む 

被 鏡 二。】 



HI 玻 繞 二 o ニ^ 

相圖 たらう. - 書いて ある 御 相談 さは 何お、 品物で も 持ち出す のか』 さ 云 ひながら、 lihi の i れを ii:^ 

ま *^ k こ 一 たも きょ たのつ 1* いまた あ S くや Z 

に £ きて 丸める k、 是れで 乙 そ さ 思 ひし 淸が赖 みの 綱 も 今 は絕 えた. 餘ゥの 口惜し さに 堪へ す、 わつ 

!? レん けんた ら 5 わら さ い わけ あく ほ JJ, Lt をが つか,、 きょ 

で」 泣き出せば, 賢太郞 はせ、 ら笑 ひて 『何うた 云ひ譯 はめるまい』 鉋まで 鼻の 下 を 長く し、 折角の 淸が 

, ^り ^ , » あ < せ む を たろ たか くつ へだ かゆ か. ひどし ま 

忠義 を烟 £ 消して 賢 こふる に、 安堵の 胸 をつ さ 摩で 下す は. sa 问、 靴 を 隔て、 痒き を搔く £ 人知れ す齒を 

< t ば きょ 

嘴 ひ 切る は. 淸な. で 

rp に". もの く ら しほ をん い 5- どま & ^ で ゆ き 33 

『rD あ 云; S 靜は, るまい、 物の 紛失ぬ を汐 時に、 何にも 云 はす 暇 を やる、 明日に^^-出て行けで 貴檨が 居ら 

r、 」 ^ふか は つ かへ き と J5 い けんた ら 5 きょ あいさ 5 ク 

ん で.^ 今日 代. を 連れて 歸 ゥて來 たから、 困. はせ, ど』 さ 云 ふ 賢 太 郞、. か淸今 はふり く 愛想 き 

>. 、 • た..^ た. f か 〈いへ た を こし を ビ たかき- b.^ ず- なる 

たう 1 が,^ は 思 ひ 返して 家の 爲め^ 折. o> たくな き 腰 を 折. o、 取. CN たくな きか 高の 機嫌. を 16 し は rJ のか 

猫お 返 治せん 爲め、 をれ を 確かな 證據 まで 出して 見せても 動かぬ 迷 ひに、 何程 骨お 折うても 馬ぎ らし さ、 

) メ さ ふわ で き いくら ま * しあ わか a かた な ざ 

ffK^^ 云 ふ >r 幸び i^ffi る氣 にな, ぬ 『何程 申 上げても. R 分解に ならな くって は 仕方, が 御座 いません、 ^ 

いた ま をし わけ か いた をし わけ へちま あ も で. R e. ま 

暇 を 戴く^ 致 ままして …… が 乙の ゅ譁 は必 ら卞 致します』 『申 譯も 糸瓜 キ い、 明日に も 出て 行け』 今 は 

何處 迄.^, S ふ 面、 淸は惡 びれ せす 『明日 さ 申さ 卞 只今から. 暇お 戴きます』 是れに は ®^ 太 郞も少 ^11 

, k ,-- ほっき あら 5d ころ が& でき 上 あるじ S 1* * &ゥ 

きし か, さらぬ 顔 付 『露 はれた 處 永 居 は出來 まい、 をれ も宜 からう』 i 人 さは 云へ 無き 名 を 付けて、 

また わるくち ビ つ や .a ん^ ん is- の へ ,0- e 

をれ に义 乙の 惡ロ、 飛び付きて 遣ゥ たけれ <^、 卜ゥさ 堪忍して 己 か 部 星へ ぬち 

ひ, ど *i ふ どき 2- おな ほ にもつ をろ ふろしきつ、 J_tia した くるよ や -- まし e ^15) 

i 時 二た 時の 内 多 くもなき 物 を 揃へ て、 風呂敷に 包 ひ 針 に 仕立て、 車 2! へ, 一 € 走 .4 仃り てぎ Mi 




出い 太た 



破 錢 



二 三 



d:aii^ir.idi¥tf ぼ ii S は u is Ad¥H 腐 i 



^^p^ii.^ hrt にに 



いちだい たの ひ かへ さき おくさ 3 もら a 一き やきもの たか あつ きか ね & は、, S? や 5 L^f 

ー臺を 託み、 BF き 返して 先の 奧檨 k 貰 ひし 數寄 厘の 衣 物、 4^ 高へ 當て 付けに 着替 へ、 同し く 拜領の 

たび > よめい どき い どき. L r ぶん に もつ たく R" こ で どき 55 こ 5ff ん 2, 

の帶 嫁ス. ^の 時よ 6rJ. う 云 ふ 時 ビダめ て、 e 分の 荷物 を 殘らす 奥へ 持ち込み 『出ます 時には^ 公人の, 

R "つ あらた くだ れい を & ざ およつ め か ;-ご 

物 を- 改め 下さる のが、 例に なゥて 居. <:v ます さう で 御座います から、 1 寸.; ^目 を か 貸し 下さ いまし』 さ 

*^XJK ^ かみ だぅ々 ひど のこ 5- や ん み にもつ ゆわ を ほ たか もら ひど 

it つて、 衣 キ" のよ.^ 髮の 道具 一 ゥく k 殘ら す兩 人に 見せて 荷物 を 結べ、 終りに か 高に 蓋; 3 しもの 一 ク 

t> > , そ 乂, ~ V ^.^ . おくさま あ をた いた S- いっかへ ま * し つも どた 

力 卞其處 へ S へて 『奥様、 貴女に 頂き まし.^ もの は、 何時 どや. 返 申ます 積, CV で 取って置き まし 

た *; いま か ハ ちよお 5 つか は くだ こ ふか こ、 ろ さ をが けん 

たで 只今; - 返しに S たします から、 r しん < ^のか 女中に でも か 遣し 下 r&s まし』 是の 深き 意 は 梳《 に R 

ら 5 わ か また ふるね *J むね さど た t- け けんか ほ ゐ こきみ はら わら あいさつ ろ 

郞に、 屯 分明ら 卞.、 叉 古 猫の 胸に キ, 曉れ す、 只怪 幻な 顔して 居る を 小 氣, 降ハ よし さ 腹に 笑; 5、 挨拶 も輕く 

S- ?き いづこ さき た< さま を まゐ あ て 

で 行く先 は 何處、 先の 奥樣 のか 住居 を nn 的に……." 

ビ 5 け や 5 ねぎし い よ ち よ べっかい みやこ わせ い ころ せいたく もの ひど fl もや 

東京に て极 岸^ 云へば、 世の 風塵お 避けお 別界、 まだ 都の. R 江 云った 頃に は、 驕奢 贅澤の 人の 下 星 

f4 また LV.? 'たく るん たくば か のき をら こめ ね かほ ケろ いな き しゃ けむ せいざ 5ct きか S ね めい 

敷、 X は 妾宅 隱宅針 ゥ軒を 並べ、 米の 價も 知らぬ顔 揃; 5.- されき 今 は 汽車の 烟、 製造所の 機械の 音 k 、名 

ぶつ ^こ I* か だん よち W おか き むか たも かげ ©0 ふ を S たべい あほ 

物の 鶯 tt 何 處へか 住み 替へ、 次第く 世の 塵の 侵して は來て も、 まだ 昔し の 面影 を殘 して、 船板 展靑 

たけ けん KAe がき L づ たの ひど 

竹の 建 仁 寺 垣 かを樂 しむ 人 も ぁゥけ 

5 は をが き ほ まへ こみ ケ を て 5 を め かぶき もんこ い き ねん ほ ea* へ た い へ 

卯の花 垣の 折 廻し、 前に 小 搆を据 へ、 手斧 目の 衡木門 小 じん ま. して 意氣 に、 二 年 程 前に 建てた 家 あ 

L きゐ か %ゐ ゆが ひのきば しら y ほ ほ ひっき 3 へこ ゝも 3 ひ VJ 

i き 居 鴨居 まだ 曲ます、 檜 柱の 香 ひぶん^す るに 慕れ て、 1 さ 月ば か. 前よ. 此處に 住 ふ 人 は、 まだ 

ビし わか たん を ひ yjs- かた ち 5 る K を&み K ど S- を.. J やさ ひどめ み * ビめ お & 

年若き 女 一 人、 面姿麗 しく 衣容も 見愴 くからで、 摩 止 動 坐 も 優しく、 一 目 見れば 處女 かさ 思 へ^、 よ 



被 嫁 Imllll}!!! 二 〇 四 

!き 9 きんじょ ひや £- ばん がな J- つく だ は やた まふ f> ん 5 もに 

く 氣を附 ければ, V れ ふても あらす で 近所の 評 刿も姿 美しき. K けに 早く 立ちて、 先づ 不審,^ 打ちし は 何 

ゥ ある A こ {ゎケ< ひめぎみ かんだ 5 3 もらい ひ ビ 

もの さ 云 ふこ さ、 或 ひ は圍 ひもの^ S ふ も あれば、 華族 さまの 姬君か 勘 當の謫 居さい ふ も あれ.^ 人の 

め A けみ だん でい み だい をビこ や ほや さかや よ 5 き 

妾の 身に して は 旦那ら しきもの、 出入..^ も 見す、 第 1 男た る もの は 八百屋 酒屋の やうな 用 を 聞く もの、 

3A もん く S- くわ ケく ひめ S3 み あや 、くら さ,^ らひ み た 3 f つか ひば 

s:、 この 門 を 潜った こ^はな し. - 華 據の姬 君 しても 怪しく、 何程 謫 居の 身に して キ、 返に は 實 家よ.? < 

I き ひど かげ た で げ まで む をめ たいが いひ *• &ん パ *• 

^ の來 さ. T な ものに、. をん な 人の S はなし.. - 只 出入 S き は 十二 三よ.^ 十七 八 迄の 娘、 大槪 日々 に 門 を 潜 6 

i で ia> かく K5a ある e . ^がた み ぃク おみ しふき べつ つ 

一 た. 出た. して、 中々 は娠 はしで て 女主の 姿 を 見れば、 何時も 同 卜 やうに 紙 布を來 て、 別に & 潮に 連 

だ 4 'さつ つく l6s かせ- けだか ひど 5 わさ か- あだ に ゆん *^ つき た, 

れ やうで もな く、 只淸潔 € 造,^ -し 中に 何 處か氣 高し で 人の 峰 も 中々 に當ら す、 何 をして 何に 活 £ お立て 

る L み 5* If. ゎづ ものよ か、 * . ひ ん まへ ビほ k ひ..?' *^ つ の々 

、居る やら、 少しも 知れぬ 中に、 近所に て 僅か 物の 讀 める a か、 ぁる日?-の門の前を通<^ 表札 を觏ひ 

き せきみ S ど やさ ひら を れんかう e よし か い .5^ か つぎ 

て东 しの 談話に、 手跡 美事に 優しく、 平 尾 邋 香 女史 W 書; S てお, さ 云 ふで され さま だ 分明ら す, をの 次 

ひビ 5,5; レ Ac- や せド 5 か、 >.* き もん 5 お- で き こむ ,4- め こ ゑ か たは 5 め か ほ も B 

の 人の ぎに て は 了 度 ゥ褂 6 し 時、 門の内ょ-^出て來た小娘、 骤 高に 竹 や 梅の 書き やう を 話しな から 行 

あるじ 4. C わか 

くにて、 ゃゥざ女主は啬師さぃふ乙^だけが分.<^ぬで 

es ゆ, *A>J f KA-^ K もつ の JJ ぶん そぶ つ あゆみ き ひど s- * ん& 

おる 日の ダ 刻な. ^け. 9、 二人 乘ゥの 車に 荷物 を乘 せ、 自分 はもの 傍に 付 ひて 歩行て 來し 一 人の 女、 乙の 

や まへ くるま ど ひよ さ 5 をが 5 おい げんくわん ねん w よ だ f, せこ 々ち た ビを 

家の 前にて 車お 留め、 表札 をつ く./ ^^眺めて やがて 內に 入ゥ、 玄關を 遠慮して かわさ さ臺所 口に 音信 

し 5 C5 ひビ W ぞまゐ ゑ. L 、んじ な 5- ひら よ 6e かほ み ちほ 5 ち , 

へば、 主も從 もな き 一. 人 住居の * 師は、 返事 をしながら 立ち 出で、 開く ii 子.^ 顏を見 合せた る內さ 外, 

§ 、で ど をん を ほや こ ゑ か お.. -さ is こ た ぉ& i ' Ik • I 」 n 

一 外の 女 は 早く キ As お掛けて 『奥 檨』 此方 も 同し く 『か、 淸か S よくお へ』 



ふ L ん. 5 たみ a なつ る さい あど こ ど ほ 5,. は e ぶん いへ き かい, 

K. 審 打ちて 只》 見て 居る 4^ 极に、 委絲は 後に て さ斷. 言 ふて、 早 や 自分の 家へ でも 來 たやう は、 甲斐 か 

の きに もつ だ、 リ^! ころ あ くるまや fi ろ わた きょ ぁク お. <さ3 & めんく だ そ 

ひしく 乗せて 來た 荷物お 臺 所へ 上げ、 車夫に 代價を 渡して ぉ淸 『かゝ 暴い、 奧檨御 f% 下さい まし』 と、 其 

; J » * んぁふ 5 ち 》 ビ むみ さき おく f*" か $! まつ もこる こっち いで みづ 

處に 有った 七輸 煽く 鬮扇 取ゥ て、 胸先へ 尹』: vti^ る 冷 風、 か秘は 『まあ 其處に 居な いで、 此方へ -f^ 出な』 s 

さき た おや f ゆん あい み もこ を K き 上 まへ .S ど S で 

から 先 J ^立って 茶の 11 へ案內 して、 もの 身 % 其處 へ坐ゥ 『淸、 か 前. 暇が 出た のかい』 

くお き きょ 3 で いおぶ f- e5 た は を <x を. * わけ &さ よぎ 

<.」 れをロ 切 4 にして 淸は これ 迄の 一 分 什麽、 落ち もな く 話して 『さ ゆ 譯で御 坐 いますから、 餘義 なく.;^ 

ぃビ! 5* いた J3S ね S 'さな あみに た *-£,2*5;y あ t さ SK ズザ ら た S ゑ か , 

暇 を 戴;; S て彥. ^ましたで 奥様 貴女 は 只今 何 を 遊ばします』 『幸; 5 f~ 習ひ覺 えた 畲を書 ひて、 ハゾケ ツチ や 

ほん, 513- I- たお 5 ら おも § ほねね s- いま だいぶん でし でき へ 

年 襟の やうな もの、 下繪 にで %賣 う f 思ったら、 あのお 玉さん の.; - 骨折で 今では 大分お 弟子が 出 來、 下 

た L 、や 5 K ゎ!;^し き "一く だん を まへ し は 

手ながら も.? - 師匠 r いん 4- して 居る の r% まあ 私 は れ でよ いが、 か氣の 毒な は 旦^ さま、 4- 前の 話の 通 

いな た いへん おこ ... K を まで き か まこ ど iKi こ 二 かま は れ< 

.^では今は大變が起.<^.はしまぃか知らん』 離れて 迄も氣 に掛. ける 誡情、 淸 は をん な 事に は顧 係す 『奥 

さ 3 き せく; C ざ やく もく 3?J わたし つか くだ なつ K つ 乙 1 てよ M' せひ て , 

檨、 か氣の 毒で 御 坐い すが、 . ;- 約束: 私 を か 使 ひ 下さいます か』 か 核 は莞爾 亡して 『あ、 丁度 人手 か 

ど ころ まへ よ い つまで ゐ きょ て あ K おくさ み り がた ざ 

ほし; 5 處 おから、 か 前 さへ 宜 ければ 何赌 迄で も 居る がよ いよ』 淸は手 を 合して 『奧 樣、 難 有う 御座いま 

す J 

(第 拾 七 面) 

3 つ きょ 3 たも ど & かよ fse.^s たれき が い な、 ビひ くら を *^ ち 5 きょ はや 

4^ 极.;^ 淸は叉 元の 間 好き 主 從亡ナ が 6 て、 誰に 氣 兼ね も 入らす、 姊姆の やう は暮 して 居る 中 浮世 は 早く 

あき か *- た も の a. ばのケ a- S- ひ f ほ お L ** は まね を L たみな 5 へし ,ys- ね つゆよ 

も 秋風の 立ち-初み、 軒 端^く 梧桐に 一 葉 戧<> 敷 哀れ を 招く 尾花 情 を 知る 女郎花、 園に 置く 露の 夜に 



nn! 被 鏡 こ ◦ 六 n 

まさ き おん を かば さび や ビさを しか C ゑ き とろ. B むし ね ほら Kft t» あきさめの きば た、 

增ゥ來 て、 女 の 淋しき 宿. - 小男 鹿の 聲は閱 かす も、 衣 かたしき 虫の 昔に 藤 を 絞られ、 秋雨 軒端 叩 

よ ひ 3 きょふた かた! S きみ あ. J たも 50 き つ こ L ひど f く 

く 夜な *J は、 1 さ 間に 淸さ 一 一人. 魏ゥ、 氣眛惡 く 思 ふ 時キ、 あ. で をれ を 付け込みて, か、 知れる 人の 折々 

f> んば S つ 3 も、 9 をつ ど て や はみ し いど,, ち み、 ど 

心配め か.^ て、 二度の 夫 をさ勸 むる 乙 さも あれ^、 最ぅ 夫に は 手 を燒 きし さて、 sis の 緒 口 も 耳に 止め 

ざ いさん ほ も かね 5 f で げ 4J よ ひ くら ひっか ゐ くこ ま 

す、 まだ 財 產もぁ 6 細きながら 金 を 生む 腕 も あれば、 下女 1 人位 遣 ふて 居ても、 食う に 困る 乙 さはな 

5 ち あ K かへ や 5f* ひビ& せわ .e- ら た: & たお めんせ ふみ や かへ たの 

し、 をの 中には 兄 も歸る JiT よき 養子 1 人世 話して 貰 ひ、 をれ の 生長の 面倒 見て 遣る も、 却って 嚷し 

や 3? か つら あ S み & ^£ けビ ほみ もど かた A さほ かな 

みで 山 阪へ面 當てさ 云 ふ はなくても、 美事 後家 を 通して 見せう さ、 元ょ<^固き操をぃょ./\固めて、 

おん * & いつはん SJ だ S i びん ©5、 な ^31 めづ あっぱれ じょ £ょ£ 'ふ き や J-L や 5 も 5J じゃくそつ 

女ながら 一 軒の 土臺を 踏まへ、 貧乏 動き もさせぬ ハ、 今時に 珍ら しき 夭 晴れ 女丈夫 わ 將 の 元に 弱 卒 

きょ fe&s むこみ あた まで わ や はたら こ 、 せんじ もん 《• ち fl よ,? C か はく 

はなく、 淸も 同し くよ S 聱見當 る 迄 は^、 我が家の やうに して 働き、 此處 のみ は 千 字 文の 中の 上 和下睦 

きんげん たが 

の 金言に 違 はすで 

け ふ ゑの々 かみ か だ や きょかへ <* つ 2 へ わ だ., >.ST け おくさ JS 

今日の 繪具 やら 紙 やら を 買 ひに 出し 遣 たる 淸は、 歸. さう く か 核の 前に 坐. o、 突然に 『奧 樣、 をれ 

£ ちん あ 七 だま L 9* まつ &S ん さ わか と >^ びか I な 

御覽 遊ばせ、 さう く 誑されて か 仕舞いな すった』 か 核に は 何のる さやら 更ら k 分明ら す、 小首 傾む け 

t だ け 3 た かぶ ぁビ さき こわ か ,^ 3 さわ 

て 『何 だい、 突然に X か 株が-初 まった よ、 後 も 先 もな くって は 少しも 分明. や あしな S やね』 成る^ 我 

、みば かが てん は &- か む. L ん KJ を K &K L も クビも きばや わ * 

が 身許り 合點 して 話し掛けても、 無心に 居て は 何が 何やら 知れぬ も 道理、 氣の早 S 乙 さ、 我れ ながら 可 

か わら た ふ なつ 3 たも こ を か あま わらつ こ 3 つ 

笑し く、 笑 ひ 倒 るれ. $J か 核に は 叉 少しも 可笑しく なし. - 餘.^笑ふに釣,c^込ずれて Afe%、 『かほ、 、 、 

をん きょ わけ ^ わら ひビ ほ をし 

\ 何 だよ 淸ゃ、 譯も云 はす 笑って さ、 S やな 人, た. V- か 話な ねへ』 



やつ ど 笑 ひ を 止めて 得意 k 語る を 聞けば、 今日 淸は 出先に て の 近所の ものに^, ひ、 う 11 しおに 

て關係 tt なけれ さ をの 後の 檨 子の 酽き たく、 T おのお i し k 附 K の けば、 鋭し きゃら 

の 毒 やら、 淸が あの 家 を 出てから 二た 月 目 ビ云ふ 終 ,0 の 日に、 山阪 g4 太郞, が 肥ぎ し fgf ^ど、 ^ひ^ し 

を 溜めて g. きし もの £ を 合せて 二三 百圓、 をれ k 手? HSS 衣 i やら 道具 やら、 目 ぼしき もの を ひ 1% ま 

k -^. , V んざ, ん かひ ど. 《 •> たかまつ • ひる! a けんた ら e- る を さ SH の もしら 

みに 擾き 櫻; S て, 新へ 翁 一の 下婢 を 供に 連れ、 か 高眞晝 間の 賢 太 郞が留 主 を 幸; S 立ち返き け. ち 何にも 知 

,け わ.? ► ら.^ いへ かへ こ あ J? さ .** み を どこ./ h ほ Ja くや きょ 5 ゥな K5 t5 <to. 

らぬ K 太郞は 家に 歸 つて 此の w 檨を 見、 男泣きに 齒切. >を して 口 惜しが o、 淸が ST へ をお さ、 i した をき 

♦ * . ^まさら まつ 5, も ^vw だ し むいか あやめ 5 くち かき,^ 5 ら ひど 

め^ 今 IB- になり て は 祭濟 みて 跡の 花 車、 六日の g 蒲 は賈れ 口の なく、 十日の菊 は isK ぬ さ 均しく、 只 

^ くち か 3 > む ざ を たろ もど ね-. 1 やけ は ち K ち て. T 

開 く は 口 s.=. で しかし 無殘く ^捨て る も 愚か、 元よ, ^ はして は耻 辱の 耻辱、 忍び/ 5...^ に 手 を 分 

. X JO ころ ふビき だ efoii'fll.s へばし ひ £ 5M たか VJ ?さ 

けて 行德を 探づ ぬる ラち、 ある 處 から 不斗闞 き 出し、 上 州 前 橋へ 人 を 出して やつ さか 高 ガけは I; へ し 

も、 盗み出された 金 S 衣服 は、 押し 隱し たか 知れね <^ 1 つもな しで 刺の 男 は^ i けば、 乙れ が r>^:t^ お m 

の 博徒 だ やらに て、 旨く 4- 高を嚷 へて 逃け しも、 前 橋へ 行り て 好の 道 さ 直にず を 13 した を、 Els し 

けい-^ わん は」 こ.' • ► に a く £ きを か てんもう あくにん にが よろこ けんさ ら $ t ん ,y4 

く iN2 に 踏み込まれ、 今では 八十 日の 苦役の 中. - 夭 網い かで 惡人を a さんさ 喜んでも、 賢 太 郞が損 は 損、 

おろ 一 > た お たち a か S しん .》 だ て きれき ん .v5:I-、 ち た A みき 5. ま ぶしより f 

力ならぬ 性質^て 忽ち k 改心し、 持ち出され たもの を 手 切 金 さ 其 後,. -高を 見切. o、 今では 老人の 下婢 

ソ らし む こど まか ふ C ゆ S が ひ たく みづ f めい み 5 へ 

は 活: iiS 向き の 事 を 住 せ て 、 不自由 勝ち をの 日 を 送 る自か ら^ 明 の 身の上^ 

^ , せんけん ちた い 3 た かた きょ しほ まつ む 《- まくら. &ほ に/. 

吾 か 先見が 當. し 奚み 立って 語る か淸 に、 藝る、 は.;^ 极、 をれ も 無理で はな L、 初 枕 交して よ. 惜き 

被 鏡 二。 七 



L 



• き ^s.. 〔へ - 

.7 ム: V- 貧 > も i: 



up 



I 被錢 . I 

^ttf . a; あ" M は li^is&fiv If SI き s れ 5、 最愛し I 增 して 淸が 

ま/ をお をで *_* ぶた ぬ々 

前に 坐ら ^ せば 袖 は 臉,, V„J 拭 はん もの を 

はさら く はす、 お のき ヒ if う * し 早く ヒ m が 付かれな り- . ^んぁ 乙 さは 有る ま S 

さまで さ おさな CN て は I ちても^ きたき"、 せめてぎ-改心 なされた はま だしもの 取 6 栖 なれ、 ぉ諦ら め 

af. i? よく SES き?、 S に viil あう 心配 はせ I、 もれよ, - 

は に Is の i 铲 1 ゥは^ を だれ、 Ski る をぎ CN よ の 鹏は掛 る 雲. - なし.^ 

;1^酽に^|||2し龢!^^かれるぞ^^ムに、 ^を 1^ る^に はなく.^ 好の 道、 勸 ひる 人 さへ あるに 鳓 みの 出 

て、 &<fs^0. i はず が禁 f f きき、 fil 一 心、 下圖 

, - »» tAis- ひ よた も 5 れ みお ど i« ろる 

か, 4r だれて i を i ひ、 ii4- は最ぅ 二三 日、 吾れ ながら 宜 くさ 思へば 嬉しく、 見落しの 色彩 ゥ はな 

: きか € もれの みに!!? E -^、 ^ip に ゥて赠 めだる i>、 表 a に 案內の 凝、 をれ も H に 人ら すして 

一 • 7 へや £ き S き & わ おくさま やま さか だん 

一 rtf. やがて S が ぎ、 けた、 ましく, 部屋へ 飛んで 來て息 も 世話し く、 『まあ 奧樣、 山阪の 旦那 

一 さまが』 か^は 酽 きに^して、 『え ゥ、 i』『M 酽 さまが か^ぎに な. - ました』 『噓 だ.^ う、 恐 驚した よ』 

ー酎 は を^へ て 『s え • では i&s ません、 ^Kl^ ぎりて いらっしゃいます』 思 ひも 掛けぬ..^ さ、 

一 rffa0< I: うか へ si に はんさせし r も; への さみこ 込み、 立ち 掛けた 膝 を 誦手さ 落 付 

けて 『き^か S 、^! i.^ ら&ぅ ぐ お^れ、 1: んな^ 服 か tt 存じません が、 か離緣 に?. ましおから は 



*i ^ん な 人 もばれ L 上 KS G ざ ね あ <»* も で き S- な あ 舌な s- ゑ, C あ, V- * んを どころ る K 

他人、 女 IS クの所 帶で御 坐い ますから 御. 遇 ひゆ 乙.^ は出來 ません.. X 貴 失 モ離緣 遊ばした 女の 虞へ は、 何 

£ 15 B づ たはん あ つ しゃ わ?^ し ほ 5 またた !• い まて ばみ かなこ どか、 * 

.ij^ 御用の ない 箬、 をれ を 他人 さなって 遇 ふさ か 仰 言るなら 私-の 方 も 亦 只今 手 離し, 難い 事に 掛 つて 居 

めか、 .87 まお し く きつ!, J よろこ たも はか 5 4 まつ &ん 

,0 ますから、 か cn に は掛れ ません さ 斯う 申て. f^?^ れな』 屹度 喜ばれん さ 思; 3 の 外、 動かぬ か: a の 1 言に 

き 上 あ 3 が ほ 5 S よわる きかた a まつ .&な tf 

淸 は慌れ 顔、 さう 云 ひに 行って 宜 いか 惡 いか、 决め 兼ねて 立って 居る を、 か楼に 急がされて 不性く は 

行きぬ^ 

f ん くわん た きょへん C な ..w $ けんた ら, ゥ 3 へて ク き *< 3 つ *J*>e や >5 の 

玄關に.;^=-って淸が返事遲しさ待っ賢太郞が前に手を突き、氣の毒げはしはく€して、か极のロ上を述ぶ 

L ぶ A けん N! ら 5, あん^わ 5- ね も ざ Ac こどば かんが まつ い こど 

る も澀ゥ 勝ちな ゥで K 太 郎-も 案外の 思 ひ、 暫時 は 言葉 もな し. - しかしよ くく 者 ふれば、 か 核の 云 ふ 言 

$ ちが を どこ み S- ゑん をん If- ど >J ろ IV、 * しつ 5 つけ き t4 わけ 

に 一 つ さして 筋の 違 ひし こで」 はなく、 男の 身 ゥ.. - して 離 緣 した 女の 處へ來 る は、 實に ロ水氣 極 1?=> し 譯»れ 

あ た こど ふ 、しつ わ か いしん しるし み こど ふた、 あ めん 

^、 遇って 只の 一 £ 言、 不實の 謝び をした く、 改心の 印 も 見せた く、 斷は られて 再び 遇 はんさす る は、 面 

もく し 5.- い を ど- J た- はづ こ み i4> わ を あざ «ぃ き まで .S2S ちお 5 きょ たの み 

目 もな き 次^、 BH£ いふ 字に 耻か しけれ.^、 是れも 皆 1^ が爲 せし 災禍、 M か^ 迄 も 今一 應淸に a んで見 

が まん つの こ. -を きょ S 乙! t きさく R" 50 つく ほか. rsM 

ん£、 我慢の 角 も 是處に 折れて 『淸 や、 誠に 氣の毒 だか 最ぅ 一 。へん 次 ひで吳 れな いか、 外の 用で は 

け ふ いま、 で つみ わき い く たの きょ 

ない、 今日は 今迄の 罪. 謝び に來 たの だ ざ て か 吳れで a むから、 え、 淸』 

* さ く さ 5 てづよ ^ なくさ 3 ね もき つに や も 1* 

尾 を 下げて 來 るに は 左様 手強く も 云へ す、 さ て奧樣 おの やう.^ 思; 3 切. よくお 仰 言て は、 最ぅ 何ん 

S ビぁ 3 せし S く $J It つ 》> やつ 

さ 云っても 取. り 上げ はなさる まじ 『はい、 ゆます は 幾度で も ゆ ま. すが、 さう もお の やうに.;^ 仰 言て では 

さ が けん 4,1 ら 5f- い か こくび か tj~ む し あん まへ ほ 3 

…… 』 流石.^ H 太郞强 ひて さは 云 ひ 兼ね、 小首 傾けて 思案の やうな. y しが、 やがて 『をれ では や S の 骨 

被 鎵 tlo 九 



あ 
ャ 


t 


fr、 
7)、 


■»、 


し 


お * ち 

7^ が 


お <。 




《かこ 


ふ 
ゴ 


趣く 
冲だ 


Ta < 




せむ を 

曰か in<o 




/(- 


m お 
忠、 1 


^*き 

mi. 


ん 


ひ 




t ろ 
よ 


、 

し 


び 




に 


し を 

fr\ 击?! ; た 

り aiu の 




、 




) 十 
は 








ra 卜づ 
ぎぬ 






て 




古 


て 


田ね 




X い 


1^ け 


田た 
も 


も 


/ 
\ 


; さ 


ひ 

loy ど 

瞓 き 










ん tr 
太た よ 


ソ 


山 ま 




人 


(HI % 


の 


の 




i ミ 11 ベ 
カリつ 


さ, 


へ 




W か 


ふ 
ャ 


お 1)5 


4^ は 


ふ、 


み 


rJ ん 


f ド 
1 人 


1 

し 


)y 
1' に 






郞 き 6 


尔 


さ 




c 

刃 L 
tC* 、の 

ば 
は 


I/A 


J.Tf ま 

mo 




<L 






/^上 

且 


I' に 




で 外' -3 


た 


ん 


な 


白み 
曰 づ 


f、 

z 


-V た 












異 3 


は に 


の 


は 


b 


fj ゝ 
/V'* 


【 


つ 


お, こ 


!ふ 


生 


田 し 


モも 

JL ど 


J ホ y 

iw^ 


か tt か 




か 






b 


■Abe 
愁 


X 


b 


IT 


い 


牵ぁ 
杀ん 




は 


い、 方た 

, A が 




へ 


か 




きみ 


悲ひ 


TT 


、 


CA 


ま 




る 


面さ 


jB 




淸! 




の 
にノ 


に 


f 

\ 


て 




T 


'ゝ 




) ケ て 


ill や 

山 ま 7r 

B^C か い 




に 





前 ど 
m 


fllL づ 


追た 


淸ミ 


s み 


么ん 




レ 


\ 、 


-4- あ 

表き 




な 


力、 


ひヽ 


力、 




丄ヾ 

力 > 




ftH < 
mt) 


c 




< ^ク r よ 




、 

夙ん * 









部へ 


し 


出 だ 


ィ:^ 5 
後? 


ナ 


V ん 
よ 






れ 


ftK ら 1 冗 

八ぶ 

a ら" 

ふ 

? ml 

し はりへ 






〈 


IS や 


に 


し 






A 


か 


し 


て 


a 


ら M 


、 




た 


t, げ 


や 
に 


暨 け 


w\ 






爭き 


«證 




ク 


おゆ 


1? け 
ん 


時 g 


B み 
ズ 






ml 


"^い 
ム 


に 


) ュ ^ 

は を 


ね 


V J 


け 


士- 
人 


の 


t± つ 
P0 


新し 

習 




に 


ソ 


田 ね 

心 も 


れ 


* い 




前ミ 


ぽ 
は 


[^ら 




め 


Frt は 




ヌ湖 s 




ん 


小 

す 


ふ、 


I 


は 


に 




は ど 


の 




b 


上 あ 


て ' 


啓け 
ん 






flIJ へ い 






進 t 


富き 


fa い 
, おさ 


身み 


わ 


s 


り 


兄み 


な 

八 


つ 

巾 


ま rr か 


(7\ 银じ 

り 貰つ 


變: t 




み 


g が 
5/ 虫よ 


t- 

C 


は 


レノ 


ほこ 






ら 

お!) 5 


时 




)Idk も ブ f 
1 宵 さ 


な 


の 




< 
ヽ 


娠も 






1»Y 、こ 


J^、 




せ 


Ir 

(L 


の 

V リ 




2. り 


か 


事 t 


力、 


は 

い 

ム 


b 






ナ品 ス 


で 


力つ 




• ^た 
JL 


/? 百ね, 

,なおが 


い 


is た )r 
賴の 1 人 


力 t 


で 


ば 


し 






けへ 


4、 


り 




力 


rk 


は 


ひ JQS 


落 ねら 


御 S 




い 




の 


白 


き 
ITT 


|0j 






な 


れ 


IL= せ 


しど 


座 ざ 


身み 


レ 




時凑 


z よ 


O 

r だ 


レノ 




て 


■1 レ 


て 


Tfr を て 
ん レ 




い 


を 


车 
で 




の 


ふ, 


mtz 
Hit 、う 






ば 


は 


, よ ぼい 




ま 


倒 2 


の 

V メ 




心ミ 


松 * 




接? 
1^ し 




く 




^ざ 


b ^ 
て 、 

-IT * 




す 


し 






はろ 


レノ 


V/' 




け 


ゆ 

レ 


に 


%、 




て 


每き 








LI. t 

し 






I' レ 




pti つ 

5 虽? 


k 今 t 


氣き 


乃お 




1 に 




鬼 f! 


ムゝ 


し 








か 


さ 


^ おら 


の 


公れ 


奧? 


wr、 




に 


力 i 




化 1 ね 






レ 


お 


A ああ 3^ 

せ ほ m<D 


毒? が 


檨意 






て 




9?^ か 
范た 

ノ 


し 




ふ 


て 
、 


ゆき 
m よ 


+ J ひ 


で 


惡ミ 


fj ゝ 




h 


ふ, 


― ひ 






お 




ベ ど 

、 W 


見& 


1/、 


か 


ふ, 




b 


高ま 


な 






叱お 


遇' き 


か 


き ^ 
t 云 


兼 か 


ね、 


許? 


m 




し 


に 


き 


間 2 




ら 


せ 


问か 


ね 


ら 

不 A 


し 






か 


比! 


淸! 


へ 




れ 






z, へ 


ま 


下 4 


肥 




惡》 


ベ 


が 


,| 

レ 




た 


か 


を 


\ き、 


し 


實ミ 


さ 


筆き 




魔 S 


て 


情會 




ら、 


さ 


憎? 




た 


の 








に 


は 


け 






を 




め 


男き 義き. 
た乂 理ゃ 


か 


わ 

mi 


ま 


捨を 




魅み 


雲 も 


1 こ 


Mi 




の 


獨? 


m 


ら 


び 


し 


て 




入い 






を 








太た 


げ n 






N 






ら 


泥? 


太た 


密 g 




さ 


心ミ 


郞? 


に が 


如 ど' 


し 


何 S 


何 食 




れ 


の 


郞 f 


め 




JiL け 

!:: ^つ 


を ろ 


は 


ni 、 



9 ビほ It わた. L s ケん ぶん あ も だん を . あ s< だ , 

何し ましたへ』 『はいか 通し ゆました』 『え』 『きう か 私 を 御 存分に 遊ばして、 旦那 さま k.;- 遇 下さ いまし." 

t いっしゃ.,' ねが S ざ おくさま きょ ふ びん た ほ.; め おくさま si < » だま き が 

淸が 一 生の か 願 ひで 御座います 、奥 樣., さう か淸を 不憫 さ 思 召して、 奧樣』 淸が 口説く を默ゥ て閱き 流し, 

ゑ& くび を か * い 3 つ しばらく かほ t たきよ か は みつ 5 らげ n- ま へ ;&ほ め, $ 

襟へ 首 を 中分 入れし か 核、 暫時して 顏を 擡げ、 淸の顏 を じつ さ見喆 めて 怨めし 氣;^ 『お前の 顔に 免 卜て 

ナふ あ ま をし しか は Si とど は 3f たいく あ あ を, 

ゲ日 は. 遇; します D 然し 二度 ター は •:•: ^vれをょくぉ斷.<,^申て置て.^-?,丑れ』 『え、 4^ 遇 ひ 遊ばします 

くさ まあ た S ざ 3 を わ み か、 よろこ こ も ひど けんた ら 5 *» は 5 * け 

か、 奧樣難 有, う 御座 S 升』 我が身 k 掛 るて さの やう 喜んで、 小兒 k 均しく 賢 太郞を 待たせた 方へ 驅て 

きょ さき t は S き け, C た ら<- 6£ つ 3 »• つ い あ ひ 1& か , a- ^ > / 

^を 先 k 立て、 這 入.^ 來し H 太郞、 元は わが 夫 か极 かさ 云 ひ 合し 間^れば、 氣强く 云っても 耻 かしき 

ピろ もた くび た 3 つ た J- けんた & 5 あし み けんた ら f また めん ゆ く , いまさら" * ほ ^ 

處もぁ 6、 i げし 首 を 垂れて.; ^核 は、 只 賢 太 郞が足 を 見る のみで 賢 太 郞も亦 面目なく, 今更 合す 顔 はな 

し. 5n かま み あらた D Kj さ あいさつ われ K*s>v か かた た 力 

しさ }.£ を 向き、 二人 紙 は 見す に 改まった 時候の 挨拶、 我よ. 話で もな く 彼れ よ. 語る でもな く、 互 ひ は 

i^-N,..- にらつ め らち ちゃ きょた ゆ %i あ ひ を 50 こ を どこ ^t^^ くち ? ir 

疊 のみ 睨み 喆 てさん さ 博 もな し"" .;u 牛: を 《^ 淸が 立り て 行きし はよ き塢合 男 は 男た け 賢 太. M ょゥ ロを抨 

»3 まつ ザ ふわ, J ふらち わ き さ だ き 、たよ - ,s まさらめ <: ほくし だ. & 

きて、 『.;^ 核 …… .I^ig さん、 今日は 我の 不傅を か 謝び;^ 來 ました 、定めし.? -閗 及びで せう か 今更 面目 次^ 

ふし W ら じ ぶん 52 か K つも もど わる こど ゆる くだ = ^2 さ, ト '- ^ 

もな sfV 佇狀、 自分で は 生れ 代つ お 積り ゆへ、 以前の 惡 S 事 は 許して 下さ いまし』 頭 を 下 けられてか^ 

つみ f ひヒ にく や S ひろ さ、 て: "いかへ わ た t , い 1 ^» 

は、 をの 罪 を 憎んで をの 人を憒 まぬ 度量 潤く、 捧げる 手^ 禮を 返して 『さう- 謝ぴ では 恐れ入ます 贵 

わる み, I つ Kit たこ わし &ざ 

& がか 惡 S ではなく、 皆な 私しの 足らぬ から 起り ました I で」』 『をれ ではお 謝び の 仕 やう も 御座いません. 

ら なければ 如何にもお 謝び を …… 』『 决 して- ぴ ^は 及びません、 御 一 所になる も御綠 なら か 

I K gg 玻 鏡 二 1 1 



破 







u . ほし わ-; 5 ざ n きょ い き さや LaL は をし W た わ くわ s.> わけ 5f> んへゎ & 

£^ 力,. tr ます も 御 S で衡 座い ます』 淸か 入れて 东た 茶に 暫時 話 は 途絕 え、 繪の 乙ゥヒ やら 鎗書共 進會の rj 

I 1^, タレ ビき つる けんた ろ 5 1^ 3 つ かほい ろ s.a,*.' つ な あいけ i 'ふか t んば S こ 

さやら の 話 をして 時 費やし、 K 太郞は 改め. てお 核の 顔色 を覼 へば、 常時の 爱嬌 深き 靨、 心配な き 此の 



&ろ き $ く &yj かへ ひら を まつこ い e ぶん き 57 や 5 か は 5- か か- 7 ^ ,.1 42 suh. 

頃の 氣梁 さに 元へ 回 6 て, 16. 尾极 子クヒ 云った 時分の £ み 姿, に變ら すり 怒 ゥの影 は 笑める 口元に さぬ を 幸 

い ^< か ,》>ら か こ ねが き、 くご を にげ を ; V ざ 

ひと 云;: S 惜さぅ k 頭 を 措き 『少し- 願; 3 が ぁウ ますが、 か 闘き 下さ S ます か HI: 氣^ く 『何んで 御 坐 S 



にげ, 



かへ 



めん © 



さて や 



るつ か は やつ お 》L め 



まつ 



ます』 をの 何氣. ^ずく か S つて 面目なけれ^、 止める 鋒に もなら す 『厚皮な 奴 さ 思 召さう がか 极 さん、 



.& っぺん やま 3^ I 



まつ こど さら 



か ひ 



最ぅ Is 山 坂の 家へ 歸 つて は 下さいません か』 Si くお 秘は 殊更に 形 を 正し、 身 情; 3 も 甲斐 



き もの 

しく 衣服 

tft か 



み^ *J- ほ 3 つ た ほしめ a S- ねん か ばか )l.<,f I ? i 

の S れを 直し 『をの やうな 核 さ 思 召して 御離緣 なさ S ました か、 如何に 馬鹿で もものお 言葉に は從 へま 



やま さか けんた ら 5 君つ も からだ .^ゎんこ £ ざ 

山拔 賢太郞 S S ふ 夫 を 持ちました rJ の 身體、 頒固 の やう で 御 坐 い ますが 、 



S ウベん * っビ る 

せんで しかし 一 遍失を 持ち 

みさほ けが にさ をつ ど けつ も つも ? か たこ £«" ま をし — 

操を污 して 二度の 夫は决 して 持ちません 積 .0、 乙れ は 御 斷.. ゆて 置きます" 是れ から は 書 師の¥ 尾 

おん. 35 し > け ふ あ な 5 か .sf- ん 5 か s" »♦ た わた. し こ、 ろ しゃ JS をし め か.、 このつ ざ 

邋 香で 死にます. - 今日は 貴公の 御 改心 を 伺; 5、 叉 私の 心お か 知せ 申 ませう さ 4^ 目 褂. ましたが、 此ふ 5 

V けつ/ め か-、 た ほしめ... > もんみ おも き あ, y たく さま 

ぅ决 して.;^ 目に は掛. .0 ません から、 をの 思 召で fJ んな女 は 思; 5 切- 遊ばし、 よい 奧樣を —— 

たか 



いへ 



かた あ, V- 



かげ 



高さん^ やらの やうで な S 奧樣, ^お 貰; 5 遊ばし、 山 坂の.^ 家の 礎お. か 固め 遊ばす を、 蔭ながら 願 ひま 



わなし 



iv へ 



すで 私の 心 は 乙れ 乙の 薔の 通-り 』 

だ み ひつ w よく ひゆん れい け さ ,y せん けんた ら f ひ こ ビ かへ こど?; 4 た *• かん.. J ん 

出して 見せた は. 筆力 非凡の 伤の袈 御蓟、 賢太郞 一 € 言 も 返す 言葉な く、 只 感心して の 家 を 出で、 待 

>: >,リ る ま の, I いへ >む > - ゆき、 み まビ あ 《« しろ かげ み おく ひど きょ いや まつ み 

たせた 車に 乘 りて 家路へ 向かへば、 往 來の昆 える 恣を けて 後 影お Iajj£l る 人 は、 淸か、 否-;^ 核、 見れ!^ 



t- ゆばん をで くわ め た、 あほ げ S けう ふた、 てら 

襦袢の 籼を g へて 眼 を しば 叩く 憐れ さ、 實 はや 破鏡 は 再び 照 さす.^ 



g 襲 明治 文庫 第 七 編 終 



博文舘 編輯 局梭訂 

,园國 闘 綱 画, 画國 画闢國 nil 國画國 园 國國 11 全部 五十 卷 

調 VT 1 r ^ i s 紙 數五萬 頁 

i 帝國 文庫 I gs. 七 尺五寸 

鼸國國圖!!画國画国闘囫^!國画國囫國画!!國画 J^glM 千 

UJ S 一 五捨錢 〇 五册 前金 一 一圓 四拾錢 〇 十册? iM^ 四, 斷 

ー丄. .1 ハ拾錢 〇 卅册 前金 洽三圃 〇 全 五十 册 前金 一 j 拾 圓〇郵 

便 税ー浙 十四 錢宛 〇 通運 便全國 一般 一 册捨錢 

縱 六せ ほ (^ 横 四寸五 分厚 サ 一 寸 五分 ® 洋装 脊. K 金字 

®E4tf4" 入 堅牢 最上 美本 饞每卷 密讓放 4-® 捸入翁 全. M 總 フリ 

假名 チ付ス : 印刷 ハ 1:^ 木 第一 ノ活 版ェ蕩 秀英舍 11 テ新 tl 五號 

话ゥ ナチ 以 テ 鮮明 i- 印刷 ス、 涕紙ハ 上赏 堅靱ナ モ ノ チ用 ュ 、 

校正 ハ嚴密 正確 チ 極ム、 全^§五十卷ノ脉裁向ー ナ かチ以 デ完 

成ノ 際. V 其美觀 K 一 1 居室 ノ飾品 トシ チ袍 美ノ 先^ チ. 15 "スぺ シ 

BSM^S 明 殆廿六 年 m 月 ヨリ 每月ニ 宛 出版 シ廿八 

HHR^-^^ 年 三月 迄- 4i 完成 スぺ シ、 本舘ノ 出版 ハ 

豫約串込ノ多寘チ^!セス降續出版ス ぺ シ、 f ご 一 本書 ハ. K 出版 

1?,? ; VS: テ^ や.?/ 舌 ト^ 約 シ 数十 名 ノ 職工 ト數臺 ノ蒸氣 器械 ハ 

^備 運轉 シ 期限 內 II 全部 必ラズ 完成 ス 

寺 ^3 水 書 " 和漢 ノ 軍番 小說 lis 等 4^ 家ノ 傑作 名 

著 ハ悉グ 綱 羅慕輯 シ其魏 I ハ玉 2n„r ノ大卷 

】1 シテ 本邦 著名 ノ群窗 類從 -i 數&ノ 字数 ァ "實 -11 從 $s ほ 有 

ノ大 出版 一一 シ テ其惯 格 僅 11 ニ捨圆 11 過ギ ス其 便利 有益 ナ ^ 、 

其 低 藤 無比 ナ ^ 亦 多言 チ要セ ズ fn-xr £ 

著述 出版の 1 1 業 は 最も 文運の 進步 を資 け而 して 出版 

の 難き は實に 著述の 難き よ 6 も 難し 敌は 往昔 某 侯 は 

僅に 康熙字 典 を 翻刻す るが た め 其 の 封ニ 一 萬 石 を 擧 

げ水 tTk 侯 は 大 日本史の 爲に 三代の 謂 年々 五 萬 石 を 供 

給せ. S ふ 鳴呼當 時に 在て 大 出版の 事業 は 諸侯の 

力 を 以てする も 尙且辛 ふト で 之 を 成せる に 過き 卞今 

や 明治 德代 活版 印蒯術 の 進歩;^ 由て 出版 事業 の 難易 

固よ. 當 年の 比に 非ら す さ 雖も尙 ほ 決し セ容 易な A> 



華 

さ-云べ からす 弊 館 幸に 優 握なる 國恩さ 世 上海 Is の眷 

顧^に 由 て 此大 事業 を 成す と を 得 る に至れ.<=^依 て S 

.ibl 大 :?;^ 裔 蒲し て 帝國 文庫なる 大 出版 を-企 て た 4 

帝國文 鹿, は每册 一 千 頁 全部 五十 卷總紙 數五万 買に 達 

し字數 三千 一 一 百万に 餘. 收 ひる 所 幾千 卷 なる を しら 

卞 洋装 堅緻の 製本^し 尙之を 積めば 高さ 七 尺五寸 に 

達す 古人 ii: 身の 書 を 大部 さすと 雖 も帝國 文庫 は 遙.^ 

に 其 上 は 出づ大 }^ 御覽群 書類 從の 浩瀚なる も 本書に 

比すれば 實に 遺く 及ば さるな ゥ眞: ^和漢 開闢 以來艳 

無の 大 出版な, C -、 帝國玄 庫 を 出版す る爲 日本 第一 の, 

活版 ェ 場 な る 秀英舍 は耩良 4^ る 数臺の 器械 さ 熟練 な 

る戲十 名の 職工 さを增 置し 特に 萬 端の 準備 を盡せ 

其 器 被 職工 洋紙 を 要する と:^ も 年中 間斷 く 日々 一 1 

万 枚. a 上 を體刊 する 大新闞 V 相 當れ, 而 して 其 年月 

を 要する、 と 一 一十 有 五々 月 即ち 滿 一 一年^ 一 "^月に 至る 

抑 も 弊 舘今特 此の 太 出版 を 成す は. 大 に和漠 名家の 

好 S 述を傳 へ て 女 運に 資 益し 聊か 江湖に 酬 ゆるの 微 

志に S づ幸 J^B- 常爱 顧の 諸君 は此 書に 由て 無 一 一 の 至 

纏さ^ 治 聖代 出版業の 大進步 „w を ft,/ らる べし、 出 

版 業 ±- 尙 ふ 所 は廉價 . ^以て 好 書お 供給す る に 在. 故 

は 和漢 開闢 以來絕 無の 大屮 2 版なる^ 同 特に 叉 古今 無 

雙の廉價をH:5てせ.<^其鮮明堅牢精正兼ね備へ て而し 

て 非常の 廉價 なる は 當に當 代 出版業の 模範 たるべく 

また 以て 出版業の 大進步 を 示す k 足るべし . 

I -sis § 眞書 太閤 記 丽 

皇! g 開國以 來玆に 二 千 五 百有餘 年、 英邁非常の士實に千.^3$て算ふべ 

し、 然して 一 時 俊傑 雪の 如く 英豪 林の 如くな リしは 元龜天 正の 際 

も 盛な リ>」 す、 中に 就 隸ぶリ 起 W 風雲に 乘 して 天下 職 



關 白の 尊に 至りて 位 人 臣の榮 X;. 極め 所 ii 一 世の 智勇.! * 推^し; si 古の 

心胸.^^開拓するの偉2^^^備へたるけ豐太閣その人に非すゃ、 勳 業の 隆 

經 輪の 大! < にチ古 比な し W いふべ し、 眞書 太閣. 記 n 一 百 六十 卷、 その 一 

生の 經歷 曲い 5i して 入, * して その 爛々 の 眼光,^ 視、 暗啞叱 略の 聲 

*^ 聽 くん 餾 もらしむ、 た惜 むらく は;^ 魚 顧ろ 多く 亥 永 亦 少な ^:>ら す、 

仍て善 本数 種, ど 取りて 參訂比 校し > 廣く& に、., にす. 盖し英雄の面《! 

,^へ,^するに庶幾ゲらん*"、 此蠻 j 讀以て 閑..;. 消し 化排 する の 小說に 

1 っ^;^、 以て 正史の^ 漏. ^袖ぶべく、 亦£^て奚武節義の氣象44ふ 

00 五 一 編 ,1 源平 盛衰 記 

我邦演義の稗史 屮殊 に^くし て尤 し面白 き は源.^^盛衰.訊 」若くも の な 

し 其^ 其 文 共 に 千古に . 陰 ふべき に 足""、 古來版 水寫 ^十数 もりて 

廣ろ く 世に 行 はる、 も 之. い、 it め 也 S 5^ 運 水 だ 開り さるの 際-」 成 

リ、 而 して 歳次の 久し さ 彼此 簿寫 したる. ぃ爲 め、 普 <i ^亥 琴の 訛讓 頗る 多 

-^、 假 字の 用 d な 誤れる- 假字文 +に往 々和 習の 漢語 調,^ 雑へ.^ る 等 は 

諸 本 何れ,, 然らざ るな し- 隨て 世人 ^>此 書の 流證に K: 便なる.^ 歎 する 

は久し、仍て今回-姒本4^枭めて互稽1{<ー;^し、字.^正し、 假 字.^ 吹め、 句 讀 

、訕點 の 謬^ v?* 校正して、 以て に 公に す、 盛衰 iJi の 版本 世に 多 しとい へ 

W も- 恐らく は 本 窨.^ 以て 唯 一 の 正本 i なさ. さる す、 猶ほ 古鈕り 

新;^ に 磨.. か經 C る もの、 如く、 Si 氣光怪 、千歳 始めて 顯る、 ミ 云ぶべし 

S I 南 總里見 八犬傳 

卜, 全二册 三千 玉: A 具 

馬 琴 氏^ 八 犬 傳は實 に 宇内^ 

, . . 唯其卷 帙浩辭 にして 藏架」 不;^ なる., で^ 

むる のみ、 本館 W て 之.^ 三 凝に 約す、 用 

f lilsLi し P 踡し 「n^ 卷 laMIi する に ^mra^^^^^ 

QM-f V 卞 M てす、 先 批^ 讀々 て 後 畜.^ 咏 ひなば、 必すゃ 手 

I モー S の 舞 ひ 足の 踏む. ん ざるの 妙咏 もらん 

ま 九 鍾 藝〕 §齟 道中 膝 栗毛 

全 一 册 千 二百 哀 




吿鳥 



快活-為 落なる 二人め り、 膝柴毛に鞭ちて海內^^^^紋^^沙し、 足跡 大 八洲に 

邇し、 項 天 立地、 旅, -e. 家ミし 形骸な 土石 す. 放浪. 31 恣、 滑错: 独-お. 

その 胸中 贊に 光風.? 如し. 嚴 1、. 炎暑.」 苦しめら る,^ の 人、 世途 

の麈 I- に勞 る、 の 人、 無事に 困し むの 人- にに 捲め るの 人、 共 Lil 

本な 購 ふて- 以て、 清凉り 仙丹 LL 當で給 ふべ し。, 抑 も 二人^ 誰く す、 

曰 く彌^ 郞 兵衞, 曰く 喜 多 八, 二人り 言:》 爲し る ものに 一 嚼弋、 A 

も 知;,: る 一 代の 奇人、 十返舍 1 九 その 人な り、 一 九 は 如何なる 人物 ぞ、 

卷 首の 詳博, < ^讀み て、 一九 W 膝: 柴毛ミ 知 • 恋すべし。 

第 拾 編 

爲永 春ホの 小說は 天然の んの 如し- 敢 てま, <y:€ ねて. き 飾 乜.さ ろ 

情欽 纏綿、 愛躏 滴れん ミ する もの なれ はなり、 その 人な 動 丁す 處はそ 

の 天 眞驗 慢の専 IL めるな り、 梅暦 * 春 舌 あは、 爲、 水流 即ち 人 1? 本中の 

傑出;^ り- 乙れ Llfs りて 彼 は- a| 琴、 種彦、 一九. 三 馬. # ど 併 稱ゼら る 

、 .5. 得るな り、 梅 M ほ 慕の 花, 1. §0. 英對 臨" r 梅兒, 年 以上 

五 種の ft 稱 にして、 春 告鳥 は舂 告鹿* 籬 梅, 春り 若,. 早: ニ值の 総^な 

りへ 本線 は此八 種. J ^巣め て- 例の 美麗 鮮^なる 印刷 堅^ 精 iKC なる^ 

本 2^ て發刊 y られ れリ、 

第 拾 w_s 校 隱!: .ajlllsili^ 全ニ册 

第抬 K 編 ^ Mrh^ 二 千 百 H 

策 蕃, 戦法, 盛衰, 興錢! i ハ Li 奇: 止つ し、 謀: a 猛ぉ 雲り 如く • ^ 

傑?^々? K の 技 施, 逞 ふして. 人生り 奇觀, !^極 め >^ る は、 :;K-.L 支 邪 三^ 

の 時代な り、 東^り 大陸.^ 二 分して- 奇止相 iff- ひ智, Mw?^ し * 縱横 

幻 殆ん, 、、」 端说 マべ ,^ら す、 之^.^-古<^r東ITり史•ll求むるも 1 も 比 敵 了べ 

きな し。 故に ll^Hltl 水滸, Is^i 合して 5. 華り-二 大奇: a:;- 龃ー 

^-す。 特.,.i此り書は歷a^s小說LLして> 义 小説 的歴纪 なり」 文" 2^趣:^ 

の妙は能く^285傑の眉1!1心胸>^^はし、 

^なし。 之, 卢歷 5^>J して l^v も小說 して 舰るも i 奴 Li 宇内り 奇齒 天 

下の 逸" g なり C 全 _ 加 七十 上卷、 今 IS て兩册 ごす、 後跌や H^f* り、 奸 iii 

の 跋:! r 忠: 艮の 苦:^、 美人の 魂膽、 梟雄の 窺 達^ 首め、 ^畲: 兌に 英雄 4- 

生に て 、離 林り なり- 曹^り 雄 脇 5, ふリ 、臥, 鳃 り: 一一 願- 犬 トニ 分り 

神 算>」 なり、 叉 赤 M の 血戦に 生る まで、 人生の 奇 ir 天, 卜の 妙^. s*:;!! む。 

や 三 馬 傑作 集 ^i: 扁 

輕 妙の 筆な 5$ て, 敏活り 意匠 る もの c:、 式 :3 ち マ i| い 特有り 技 to 



Ill 



なリ 「学-: y.!^ia」 「浮^ 來」 は、 如何に 江 戶の社 曾..^、 活描 せる 「辰 a 婦 

s」「?wlilw^i" 如 ,沐 川の 花柳.^ 模寫な る 「百-. ii&」 「四十 八 癖」 

, い、 如何に 人情の 微 曲 る、 pv^ 見 ..*、 

i.1 柳澤、 越後、 黑 

-1 m-r 田、 加贊、 伊達 ts.- : 

全 一册 千 百 頁 

主 p 弱に して Jsg り、 is#L^ J^u^t^ 好 s ま婦 相 

听, 謂 J^s ノ& 勁」 #1. しその 形 1 旭.^ 生成す めり 古. はり 今に 至る 

2^、^n k ユ^お^ ij^ 、 如し- }ra して 國亂れ V:- 幸に J 出お る 

も M あれた、 Ik 日ん t 殆,、 、」 傾-」 マ, i5 &るも 時に 渗毒 ,4 おに 殘さ 

ざ 制な S- お:: る 5 の 深く 省みる 所な、": f へけ;^ や: ほれ g 意 

て I.s&?,r5、 或は 修 41 家の 翁 鑑に充 へ,」、 獨リ、 消閑の 樂の 

み に 非 さるな リ。 



一 第 拾 五 編 W^^M 



>^,JfL^ 全壹册 



_ , 千. S 頁 

.=^每京^1我^小說ぶ.^、ん芦^-なり,|赏に 一 の 滑稽^ 落 開きて 世 

餅 ,一一 の" 一 派 ヽ 門に に 有名なる 曲亭馬 出 1^ 

れ, 5§| ダ利パ 中 ^ レ、 T|i 稻. 尹 g 紙」、 「本朝 粋 菩提」 、 「雙蝶 に: 

rvsv^lsffi?- お llf^sl 等 は 彼の 创 係ろ もの あり、 其 他 一京^ 

B^^^B^, 「,奴 财飾」 , 「仕懸 タ 庫」、 「夜半の 茶镜」 

等 は 彼の!^ 5?^ 樺へ. り 

镏 —.^づ,,.5-:.;5 て 偉. 举づ結 も.^ 描 .翥 し- 京 _ ^馬 琴 以外 u,^:」 1 機軸.^ 出 ^5 

~ ,きお- ¥&S2CI ん Ss: 惜に. は, ゥ、 I 書 今 傳!^ t の 多 

W ら^ ft む 5 あき 1 「§p- ケ 岳- sgsri 州 執着 譚」』 まさ、, 

「II 手 通 曰 木 %」 「塑 H 守き 餐劍」 -SI . 丄, ハ 

fcr」l 公- IL す- 或ば 讀も あり-或は 脚 本院" SLi 擬 せる もリ 之.^ 繙" は 

i ^異樣 の 光彩 吸. ^射來 ろ.^ 兌る ベ し, 



ま 拾 六 編 膽 種彥, 作 集 全 壹 册 



i 第 拾 七 編 I】 一 ^ 

.訂 



g 星月夜 鎌 倉 顯晦錄 全 



北 條九代 a 



全 一 

三月 i,. 



I 第 抬八編 

一 第 拾 九 編 

一 第二 拾 編 

第廿 一 線 

第 廿ニ編 

第 廿三編 

• 第 廿四糯 

© 第 廿五編 

第 廿六編 

第 廿七編 

第 廿八編 

-第廿 九 編 

第一 二 拾 編 




f 玉代 記 も 

PT 1 蘭 



1 全 一 

iiiiat (二月 出版; 

談 全 1 



冊 

冊 



ほ +1 - S0 全 一 册 



一二 一 5- 



さ 12^ (三月 出版) 

淡 全 一 



、. & 楚 Pf 秦 

I 赚吳 越 軍談 a,,f, ほ 

i 西 鶴 傑作 集 g^im 

.all 馬 傑作 集 s£) 册 

諫六樹 園 傑作 築 (五 £) 册 



—し) 

全 , 

-(六 月 出版) 



嫌 其 @自 笑 傑作,,^ i 

校 k 

1 逋 i 全 

廷尉秘 鑑,, お 一 き 

張 月 (<ri 



* 美装雅 入揷 ft' 密 (匿 十六 百 数 紙 AS —) 紙 洋等上 切 讀編毎 

1^ 税郵 錢五拾 g 價正 兌發回 壹季四 



春の 花、 夏の 山、 江 月、 暮雪、 天地の 美を鍾 め、 宇宙の 妙 を 

極なる ^題し、 四 季每は 各 家 の 新作 數篇 

擬し玆 K 看 Iv^ タ、、 を 緩れ る、 小說 を發刊 せん させ,。 

羅 する 所 は 偏 K 當代 知名の 大家の みは 非らず、 後進の ォ 

子、 未顯 の俊髦 K 及び 、時に 懸賞の 方法 を 以て、 普く 傑作 

を 募り、 之 を 江湖 K 紹介すべし、 此等 秀才の 錦心镰 腸より 

織 成ラ文 辭の美 は、 天地 宇宙の 妙 ビ相對 して 、特に 精華: g 

斕 たらん、 抑 も 叉 後進 を誘掖 して、 深山 幽谿 を拓 5/ 名花 

美 玉 &批は 出さ は、 斯文 進歩 上の 一 功德 たるべき 哉。 




J-l へ 桂 舟、,^ 洗、,^ 與、 丹 陸、 據ン 

IH パ業、年方、國松、柳搗^5?氏密窗」 

廿七年 1 月 二日 發寶 

本 篇は夙 r- 文壇の 】 方に 雄視 して、 梁山泊 V- 呼ばる 硯友 社の 尾 崎 紅葉、 

川上 5^ 山、 巖 谷^、 石橋 思案、 江 尾 水 蔭、 中 村 花 痩、 渡 部 乙 羽の 七 氏が 

341 に 因み て、 結構 意匠 を 馬に 寓し、 各 妙 想奇文 • ^闘は し^る 

<r び-^ 新作 七 篇を聚 めた ゥ 



m 捌 賣 大 



种仝仝 名 仝 京 仝 仝 仝 仝 仝 仝 大全 仝 仝 仝 仝 全 東 
古 

戶屋都 坂 京 
熊 片新川 田 隶中平 岡 梅 柳吉盛 上石 信歸 東水柬 

谷 野 中 枝 W 井島 原 原 岡 田 川 

X 東-文, 治 律 2 新 新 2 喜 = 文屋 2 文 * 询魔京 
榮四 代 IV き 峯聞聞 過 兵 干 本 《^ 次 

堂31^舍肋衞?1雄铺鋪七衞助舘店店堂堂堂郎堂 



千 東?^ 仝 橫甲沼 仝 濱岡律 四 仝 松 接 鹿 熊 仝 仝 神 

ノ 日兒 
葉 金 翁 顏津 崎 市 本 野 島 本 戶 

仝 多 爲里丸 柳 騮林さ 愛 河 伊高 水 ム巧吉 船吉舟 

田 島見屋 §rB 亭藤美 澤田崎 岡 井 

支 屋爲亭 友 5 善:: 琴雾 幸: 山: 新 

本 一太 書 ほき f ff 太 書 大兵 次 乂 f も" 

店 店 郎郎店 堂社鋪 舍門 15 店 堂き!; 衞, 邸 堂店鋪 



弘仝盛 石 仝 ftMS 白 1^ 横 宇お 飯 小 _ 、も 仝 大水 佐 佐 

ノ 都訪 
M 岡卷 盞島河 木宮橋 田諸詉 津戶原 倉 

野 便 佐 山 佐 木 t 奧清宫 内 澳皆廣 宮太澤 川朝吉 

崎 藤 ロ勘衬 P 衬 川 山 川 坂 ffl —又 野 田 

九 益庄德 ,打, 2 光庸 港 乎 文 文 a = — 靜利德 
兵 兵 之 書: 又 g 書 三 三 星 新ヌ— 銀 兵 兵 
衞堂衛 勳店助 郧店堂 iUf^ 堂堂 堂堂 ^载 衞衞 



仝髙仝 長^ 高 富 小^ 武福 酒增橫 仝!^; 米 仝山靑 
田 岡 漓岡山 松澤生 井田 田 手 澤 形 森 
高 室 目 覺櫻學 清 宇 雪 安 品!^ 東大 成素牧 Alt 

さ 明 ま Si ま 

書 二十 殆產 源 三 |& 書 四穗乒 、^太 雷 商 

店郞郞 平作 堂堂 平 堂 郞門八 店!^; 1; 堂衞平 Hi; 店 店 



仝 今+札 菡&仝 iV た 久仝博 德和山 廣姬岡 松 水 

サ。 

幌 i?^ 貸 崎 分ォ、 多 島山 口 島 路山江 原 

萱小野 聚魁河 fel 虎山 菊^ 積 阪平宫 松 胡^ ii! 西 
問 11 きき 内野 與川竹 岡 善 井井 ni 衬 內岡衬 
左 《文 文 《紙 =舘7 玄臣 

ち f,h 古書 sfe- モ徵阇 チ^ 又 B« 三'' ゾ、 
太堂錢 堂堂 堂 店 店郎平 店, も- 吉助吉 助 社 助平 




明治 廿六年 八月 三十 m 內務省 許可 

I 明治 廿七年 二月 十五 日印 刷發行 



明治 一 一 册 (二百, 良) 金 拾玉錢 

■ .1 ハ册 前金 八 拾五錢 

十二 册 前金 壹^ 六拾錢 

定 m 一 廿 四 册 前金 参 圓拾錢 



文庫 





校 

册 





編輯 兼 

S 行者 

印刷者 

印刷所 



大橋新 太 

Q 本 橋 區本町 三 丁目 八 番地 一 

杉 原 辨次邵 • 

京 橋 區 元 数寄屋 町 四 丁目 畨 ^一 

杉 原 活 版 所 

京 檎區元 数寄屋 町 四 丁ほ甙 番地 



東京 日本 BI1 L"i! 本 W 三 丁目 

發梵元 博. 文 



^ 明治 文庫 第 八 




お^ ft 光 錦 凝 風. 



山 田 美妙 



上し © もく tj よ f r (J 

吉野 落城の 場. M 



ci 臺 一 面の I 臺. H のお で S の の 爵 で!^ f irs- く 磐& ぎ、 &か. fe 

山の r 割い 慕 s?:〕!2 の,、 it^l^ 

^し±.^.し; 編 ひか. fe の f i すべて sii &。 s 

j き滅 、素 頭、 ^ll^f If . f T おのぎ rf 、 ぎきめ て 

は 此れよ 熊 野へ な, 人 ぎち させ K ふが li^ 胪の gi^』 



村 上 義光錦 族 風 



一は H r^^00 m 



Iln 村 上義光 錦旗 風 . 二 

唯 適 『ilttl 口 ふ i もえ ゆし、 膨に iia を絕 たれし W6 が 思へば 不覺 てあつた よな あ、 然れ ば^て やみや 

1 1 .> be むな 4 れが L ふ 505- かしこ $J もみ や S せ, さ 3 み 3 る 

みさ^ぎ 明け渡す も 無 <Fl な. 某 は 踏み止ま 6、 畏 けれ 共 宫の御 先途 見 屆け參 らせん』 

^cf ^5 こどば た » ものが t ふ 305- & せんせ み, £"』 <aa み かた 5 お K^L^ ^ 

i 『乙 は 無上 坊の詞 もも 覺ぇ す、 某 乙 を 踏み止まって 御 先途 を 見 屈け 參 らせん。 ^方の 中の 杖柱 S 

^, >- t $ C を a どケふ 50 さ こど もれが し お ほつ 一 • n 

がはな^て やみやみき- 此處で 打ち 死にした まふべき、 何卒 踏み止まっての 事 は 某に 仰せ付けられ ませ』 

5< つし f か £ たん は $ か どき ば せん いのお を „ 力れ > つ, ど D - - ゾ L 1^^ 

唯 適 『あいや 律枝坊 兼ねての 翻 恩 報じ 斯 かる 時 御馬 前にて 命を捨 つるか 吾等の 教め 御身 7- を 年 も 若 

をに SO ケ みや そ まゐ いづく でお ど 4 め 

し、 何卒 宮 k 添 ひ 塞ら せ何處 も 御供し 召され』 

をのぎ か を ) JL 

海き 『あ S や 其 儀 は^ても 適 はぬ。 某 乙 を …… 』 

唯 適 『s や S や 某 …… 』 

をれ がし „ 

II" や 某 …… 』 

をん ねんみ 

唯 適 『何ん の 御身が…』 

海 博 『何 を …… 』 〔兩人 宜しく 急き 入る〕 

&ゃ 5 はんさ わ _, 

宫 『J06 や 乙 6 や 兩人喧 がし S ど』 

S- や 5 にん- J づ 

兩人 『はわ』 〔^兩 人靜 まる〕 

• > .、 > し.^ A,* ら f さ &は や £■ んめ. & けつ ど *J ろお ビを あら も 

宫 『^れ も §s?lr f 心 ^ す 仇 はは 思 はぬ どよ。 然 がら 最早 運命の 决 する 處 大人げ 無く 爭 うて 

も!^ なき わき、 B め 目 は Irs- が ^ せん。 かまへ て ひばしす るな。 こ 6 や 無上 坊!』 



»l は' 



«!:■!■ 1 

« 《; ;; 

a: 

I 請, t, 
'I 嶋 \\ 

B 瞒 .tl 



CI 



唯 適 

-ふ 5.5 こど をち まか 

宫 『踏み止まっての 事 は 其方に 住す ど!』 

唯逾 『はて 有り難う 存. rt- する』 一 

わ きみ ? ff . 

撫博 『す, や 吾が 君に tt 無上 坊に …… 』 - 

宫 『はて 念に は 及ばぬ? -^』 . 

なを . I 

『其れお やさ 申して …… 』 : 一 

こ yj>5i のこ i 

宫 『言葉 を 遺すな』 一 

か ぃ《< せ ひ を たも S / 

mm 『はは. 0』 〔ゥヒ 海 博 是非 無 S 思 、ひ 入れ〕 

^ rv ^r^Ar >v -5 み ymv いりお もノ. - や も ゥらっ こく か S ん な も ^ L ^ s; 

営 『律 枝坊! 其方 は 身が 供 J ^する。 命を捨 つる は 易 けれ.^ 熟ら 國 家の 運 を 想へ は此處 k て捨 ウベき 身 

おらす。 ,恥ぢ を^ I んで をめ をめ^ 此城を 落ち行く 朐中、 孰れ も 無念 を 察して 與れ』 〔さ 宜 L く殘 ふ" ん 

の 乙な し〕 , 

ま を あ t/^ it ね 一 C- まさら, S, 1! ま を おん あど こど たんこ/ J ろの こ 一. か Y § ^み 4^ 力 

S 『申し上げる も 厥.^ の 種、, 今更 何ん ^ 申さう やら 御 跡の 事 は 御心殘 さす、 然る可き 道 を 御 見; &らひ 

に ビケぉ た 3 

て 何 本 « ち させ 玉へ かし』 

宮 『1 して 1 に は II はぬ ど』 〔^宜しく 乙な し。 風の 音 烈しく、 攻め 太 鈹の音 急に なゥ、 鬨の聲 な 

き g いてき 

^11 乙え る 唯 適き。 „ ^な. o〕 

村 上 義光錦 旅 風 一二 



. てき まち か X ft a みや はや , 

唯 適 『.0 れ 彼の 聲 ハ はや 敵が il 近く 寄せし £ 覺 えた 00 宮には 早く、 い fl;、 S さ、 いさ』 

伊. ん. S* さ たか • む あ も li 3 ゑ 《* ん Lwe- ち ft ほ わら a 

宮 『詮無 so 然らは …… 』 〔€ 立ち 掛ける。 ばた ばた はな Av、 向か ふから 足 羽 左 衞門重 氏 大量ち ぎれ 



S きたぶ たいよろ I i , , 

た錢 ひ、 雜兵 二人 を あしら ひなから 出で 來. 舞臺 宜しき 處 まで 求て、 ^さ 一人 を 斬 6 伏せる〕 



I 『贵殿 は 足 羽左衞 門き の』 

, :1 I おはて Ai. も S かが &ざ 

唯 適 『大手の 檨子は 如何で 厶る』 

泡 博 『疾く 疾く御 聞かせ …… 』 

i 咲 ま くだ 

兩 M 『下さ 4 ませ』 

ざんねん, a &< 3 ふら お ほて き » もれが L に きき a しひ かも い 》5 で ビ さ ふ 6 

足 羽 『はは ぁ殘念 至極に 候 ふ。 大手の 木 Irt, は 某が、 二の 木 In, の 西, ぶ 扣へ居 て 今迄く ひ 留め 侯 ひしが、 

«« はや 5 んめ いつ さ ふら は この 5 へ ねお みや & けつ.. -んぁ t 

十 運命 盡 きて 候 ふ。 早 や 此上は 恐れ. がら 宫にも 御决心 遊ばし ませ』 , 

こころ. K さ ふら てき いづ か &ざ 

i 『も 4 や 心得て 候へ <^、 敵 はさて 何れに 掛か ゥ たで ム る?』 

唯 適 『よも 未だ 搦め手に は …… 』 

か &ざ 

羽 『あ S や 掛かって ム 6 まする』 - 

g 、"『ちええ』 

からて せひ & , 

海 博 『す.? 0- 摘め 手に も …… や 是非 も 無い』 〔さき ゥ€ な AO 

は この S へ 5.,r よ が いっこく はや . 

1 r 早 や 此上は 歡餵し 難し いさ 一 刻 も 早く 參 らん』 



まら 1^ の sf は i のがい mnil お 編 is ち £r れ i 下に 

--め はげ げんめい おの &S0 たんやが た &ぶ, ん,. 'お^ ► - a 

示す 劇し S 嚴命、 北^^き御姿にては御無難なかなか思ひもょらす』 

^ まお あ. S4 みだ / 

宮 『何ん さ 申す?』 〔亡 これで 足 羽 展を拭 ひ〕 

ひお :3- し ねんきせ がめ 5 &み みたて? S つ だい みや こころね , )rk> ^ p^^s ^.OVBJttl^s 

足 羽 『緋緘 の 御着 卷長 召した る 君 を 見 奉らば 丄入 塔宫さ 心得て 容赦す るな さ 諸方へ? 酉 f PP グ E 

めに は i つたら しく i え S らふ』 1> これで f4r%TMi きの^ ひ" 入れ、^ め 太鈹の 方い よい t 烈 

ビき つよ む むら かみよ f てる にんい J^WJi らぶ > ^ k 

しく 鬨の聲 M 强く、 ばた ばた にな 6、 向か ふから 村 上義光 細糸 滅 しの 錯 大童に な. ^Mみ^るの^色矢 

の^ った!!の^^^體で三人の雜兵をぁしらぃながら出て來ゥ、 花道 善き 處でニ 大刀 三 大刀 さ^^ 兵. 

あ 3< W ^ あどみ なく , 

げて 上げ 慕へ 這 入る 财 見送って きつ € な 6」 

frf ^3 み, や £ せん こころが か いた 1 , - f R r> Ir 

篯光 『SH_ 、落城 さなった るか。 今^な ゥては 宫. の 御先 心 s-o の 至. で わる C され 本陣 \ …… 』 厂, ヒば 

ひらぶ たい 上ろ ビころ きた へいふく 

たばた にな 6、 年舞臺 宜しき 處に來 ゥ、 はつ する〕 

i..- てる 

宮 『義光 か?』 

さ ふら むら. & みよ f てる i せんせ だん o^t?, たこ まゐ さ ざ 

賴光 『rc ん候ふ 衬 上 義光御 先途の 段 伺 ひ 度く、 此れまで 參 つて ム 6 まする』 

上 * て ざんねん - 

宫 『義 光! 殘< ふな 乙 さに なった どよ』 

I rs で まする。 鲈與 M し!^. 4t。 i は Ikis^ を $f を^ けても 銜す^ 存、 御 ® 去危 S 乙 一 

さで ムる』 85818 I I I I —— 

村 上義光 錦旗 風 五 



村 上義光 錦旗 風 六 

をのぎ あ t^K ?c 9 s ざ いかし よ 

海 博 『其 饈は足 羽 氏から 閎 いて ムる 如何が 爲 たら 宜 からう か』 

われわれし あん くれ &ざ 

唯 適 『吾 吾 思案に 暮てム る』 

もの こど ゥ i してる さ S>y お め Si ほ; IIF.gd- ねが L だい おそ い に f ヒ. T-t. , ^.b. 

義光 『其 事に 就き 義光 最後の 御 目 通 ゥを願 ふ 次第。 恐れ入った る 乙 さなれ 共、 今 は: 莉 はもの s$ の 

なんき せ ズチが54^にどケず-»* ん. ib ねか たも も てき い つ は を の たん 5 さハ t 

御着 脊長 何卒 賜 tt れ かし。 御名 を 冒す 恐れ あれち 其れにて 敵に 名 乘り、 お^ ss^iii ど £ きれ 

L さ ふら い か るビ K かいだ <- あざむ ひっち やら さ つ fet 

知らせ 候 はば、 如何に 銳き 二階 堂 にても、 欺かる る は 必定な. 00 差し付け たる 御 ^ひ、 をら llv<v.:> く は 

? ふら いう i « あ さ ふら 3 このぎ かいはく ゆ ひて き よろ & さ 3<;nls- zi 

候 へ^も 猶豫の 場へ 口 ひに 候 tt 卞抂げ て 此儀を 海 博^の、 唯 適^の、 宜しく 御 差配 躕ひ まする』 〔さ^ 

き おも. S みや かん てい 

ひ 切った 思 ひ 入れ。 宮は威 じた 體〕 . 

BC をと おゆ $.> ん ねん を よろ ど 5 よろ c.> &y r 

宫 『今に 始めぬ 其 許の 忠心、 念 無い 鎧; S は 取ら さう ど。 然 .0 ながら 錯 ひのみ k て はよ もや, も 編 がれ 

しか 5 へ このみ は よし てる,. y お さ い な L ば を たも ねも t してる >tj 

まい。 然る 上 は 此御旗 も義光 其方が 最期の 死に花!』 重重しく いふ 義光 tt ら はら 《g がな ゥ〕 

かた じけ ケん きゃくど て わた ざんねん みや JSi ん 

義光 『1^ ぅ存 卜ます る。 逆徒の 手.^ 渡す は殘 念な から、 乙 れ^ても 宫 の御爲 め』 一 

S る tJ ゆる < f けい 3- やく 一 

1 『 一 時 を 緩める 苦肉の 針 導』 

£ め 5- お かん 

〔翁 『御明 智烕 卜』 

1 同 『入って ムる 』 

= \ め < ば あ, * はこ こスゎ は. 1 き T み K た S ただ へいふく よしてる を »^ S t } 

宫 『をれ ッ』 〔で」 目配せ、 足 羽 心得て 錦の 御 旗 を 戴き 平^す る。 義光は 直ぐに 宫 立ち寄. 船; 3 を 

CL ん ちゃく 上 5 この わ ひだいち せ 5 ^ せりふ よろ 1: j せわ, r , » 

ぬがせ 自身 着用す る 此間 1 同 は 捨て 臺詞 宜しく、 SK-SK^ 世話 を爲る 乙 なし〕 



『お 1? れ p 凡 p け ぉ& <>、 でれ ^のゼ ひ を やみやみ 殺す こざ か、 哺』 〔も 宜しく 惜しむ 乙な 

よしてるた & みだ ^おせ 5 め ぬ々 ^ 

し。 義光堪 まら 卞 涙になる。 一 同^$-目を拭ふ鱧〕 

義光 『f き f もま ゲす f あ 上げし に 5 御 sf.o ぎ: n ぎき 4 た r しあ ふに r、 ,.れが, 世 

セ わか /6 めめ さから い 

の 御 別れ かさ 想 ひま はせ は 女女し けれど …… 』 〔さ 力 を 人れ て〕 

こころ 乙 ..K- ビ L & だ f • > .-^^^ - , n 

義光 『心で心を取.<^締めて泣くまぃさ思へ<^もl^が^ぅも勘忍せす』 

み た を A-3 ここ をん ねん はらからせ 5 や. 5 く たの f も f ^ ^ ^ > 

宫 『も. や 身 亡ても 同 卜 乙 今まで 爱に 何年 か 同胞 同檨 暮らした る颜 みに 思 ふ 其方に ゆれ 糈. 落ち 

ゆ こころ 5 およ fj てる .4- ゐ&ゃ 5 上ろ を , 

行く 心の中 義光 推量し や』 〔^宜しく 泣く〕 

つね せんぐんばんば ね rV ばか おんこ ころ は をげ 

海 博 『常 tt 千 軍 萬 馬 を も 恐れぬ 許 ゥの御 心に て、 乙れ までの 御 歎き』 

さ ね も S い われわれ t ょケん お を. 

唯: t 『然こ を さ 思 ひ 參ら すれば、 吾 吾 もても 所存 は 同し』 , 

むら かみ わか きょ, X. ち 5 ぶもんつ ね S , 

海 博 『衬 上^のに 別る る 胸中 …… 武門の 常^ は 言 ひなから』 

宮 『はて 是非 も 無い』 

こど またせ だ: &こ r- こ ノ , 

宫、 海、 唯 三 入 『事 ぢゃ なわ』 〔さ 叉 攻め太鼓 烈しく 打ち込む」 . . . 

義光 『sf や silg く 船 もお れゥ、 ぎぎ まて^ りても ぎきぬ は 歎き、 微官 草莽の 卑しい 身分、 れが誡 の 

? ^^,^f0fff€ ぎ? ば" 掛かれ、 &らは &れ、 ¥ 刀 のぎ i かん g 

^斬って 切りて 斬ゥ まく. oj 



村 上義光 錦旗 風 58!8?858!!|!! A 

i3 ru^rt 'ベ い A*- ULB み はた いってん」 か," せ ラらん こり じつげつ かざ -ml I- - -- I- 1.1 I 

足 3 11* に 戴く It め ズ御旗 •{ 夭 四海お 照覽 ある 此 日月 を II し Ji^ て』 

5 いな みお 

缝光 『最期の 道 を』 n 

き g 『^らして れぅ』 ?ば たばた にな ゥ鲈 かふ か,. >g のお SSi ヨ^ 顆 の E^issii お 

た つづ ざう ひや 4.. さんよ;^ ん. J の 乙 しら <• きな 

k 立ち、 a いて K 兵 三 四 人 好みの 捲へ で 出で 來 .0〕. , 

§ 『す は 宮.^ は 彼の 本陣、 者 共ぬ かるな』 

かしこ ひらぶ たい きた 

『SK まった』 〔さ 舞 臺に來 る〕 

わ きみし か ねか a ^ 

^ 錢 光 『晋 が君然 らば 御變 6 無う』 . 

^ よ. 1 てる S さ? さよ よろ , 

営 『義光 ! 潔く …… 』 〔^^!-しく乙なし〕 

i > は.!: r,3_* , ヽ かみて -づん まく かげ は. S みおく よ L てる Be もみだ 

営 『淘ぼ 賴け』 L さ 上手 陣 慕の 蔭に 這 入る。 見送 CN て義 光一 初め 淚の rJ なし〕 

i : 1 は C の 5 へ こ、; c や も か がた 

I 義光 『早 や 此上は 心 易し 方方 さらば』 

li^R< 事 4- おやらぬ』 

よ;?」 て もの? J や vow た 6*ほ きんじ や 5 {.as たい L だ S な ふの みや あ f jafs* さい- c いっせん b <s t 

魏光 『寄 手の^ 共 ^ お! 今上の 皇太子 大塔宮 乙れ i ^在- >、 思 ひの 儘の 最期の 一 戰、 晉が 首^しく ば. 

りて^れ』 . 

みや ゆみや はおまん の 5j も- よろ か te$a ま^ *&ck* .9 f 1 •„ , . 

§ 『す は 乙 を宫.?^ や 弓矢八幡、 をれ 者 共』 〔さ 宜しく 掛かる、 ガ 立ち しく、 i 船、 p^kM 

た ま a をが さき か& ふせ. S ねち ^ ゆ との あ ひだよ してる ...>i,-.e-<,,f fj ろ 」 , f ..J 

んで立ち廻<^、 さ^ 長 崎 は 敵 はぬ a 情、 追 ひ 傲らされて 逃け て 行く、 此問義光は始!^後をき^!&ゥ、 ^ 




& せん £ き づか てい ゅゐ てき てき ね かみて あ •* ほ , お を しもて い. 3 

の 御 先途お 氣遺ふ 體^. ^ばらばら k な.^ ヽ 唯 適 は 敵 を 追って 上手、 足 羽 は 同トく 下手へ 這スる C 義贵 

面 はズ屮 みち *6 かほ てき お ひどり L あん L ん たいひ ら 5 ひらぶ た V- ^. ♦ > > ► . 

は 花道の 中程 まて 敵 を 追 ひ、 一 人 な i、 きっさ 思案して 身 體疲勞 の 乙な し 平 舞 臺に东 て もつ 力 

なる〕 

義光 『嬉し や 乙れ で』、 〔さ 手 を 合 はせ る を 木の 頭〕 

ぶした よろ た いこ Jswr だ" 5 タ SB 

義光 『武士 も 立た うど』 ? J 宜しく 太皲 烈しく、 道具 廻る〕 

よ 《3 の らく 4J や 5 ばげ 

吉野 落城の 場 下 - 

ほんぶ たいさん げん あ ひだ かみ よ たか あし にち ゆ 5 S S ^ L もて, は 1- , ^i;* ろ,;^ !^、 ss、 

〔本 舞臺三 間の 間、 上へ 寄せて 高足の 二重、 の 張 物、 下手 宜しき 處 同し 岩の 張り 物 & 杉 

た! いお めん きて S は かげ t 、ろ こ I み: 、 ほ, こ、、 S む T>> ^ 

の 立 木 一 面、 下手 岩の 蔭よ. 繪心 杉の 梢 を 見せ 此蔭切 AHt 八 谷の 心 向か ふ吉野 城の 遠見 

や! a か わ .1 か よしり C や 5 ひ ある VJft る S ろが らも » ^'- « V- , ^ L - . 

山の 書き 割 6 仕掛けに て吉野 城に 火の かか CN た體 酒精 k 色 硝子 を. しら; 3、 急かしき 合 ひ 方 翁て 

iLO らく e や 5 てい この も や 5 よろ ほけ やま かせ ちんが おどく は ^ < rhu ^ > 

. 吉野 落城の 體。 此 模様 宜しく 烈しき 山風に 陣延の 昔 を 加へ 納まる〕 〔も 直ぐ k はた は^はな ゥ向カ 

ふから IsS の みきき g のまに て で i る。 これ をぎ 渺 けに よ-ま i のお! 羽き ピた ぐお 

てい き ぎ にしき み はた つね い ひらぶ たいよろ W ころ 、、 > > > ^4 i 

にな ク た體。 切れ切れの 錦の 御 旗お 杖に よる ぼ; sffi で、 le. 舞臺 宜しき 處 にて 雙方ふ クウ 力 6 會 ひき 

み 

ゥさ 見え〕 

あやは 

義光 『足 羽^の』 

むら かみ „ 

一 足 羽 『衬上 きの?』 . . 




ぼ tiii 



AS SSI 



村 上義光 錦旗 風 njill 1 

16 , 3 ジハが p も 》 や たたか S S しムむ やた みむ 

義光 『きしゃ なく 御 はせ しか? 最早 戰ひも 終. となった』 〔^後ろお 振り向き 燒け 落ちる の を a て I; 

ねん ね も い 

念の 思; S 入れ〕 

義 光 『早 はや 城 も あれ 彼の 仕儀』 

足 羽 『無 <f ^で 御ぢ やる』 

|& ru て"^ いったんし W ケ 、はこ. S 3 この ャぴ さ 

義ヲ 『敵 は 一 旦 退け t が 早 や、!^ み 入る に 間 も ある まじ、 此度 乙 をが S よいよ 最期』 

^CL9 や く 

足 羽 『は tt 面白し 遣って 5^ れ うど』 〔^きり w» る。 ばた ばた になう、 ,k かふから の の 

1? しら ひ SI がら 艦.,、 i きおに て F 組し 置き 

唯 適 『面面 此處に 御座 ありた か?^ しゃ^し^ ち&に :… •』 ?飚瞒&かふ!!!^の鄘に^こ酽り,^. 

みや ちい にん ぎ や f これ K さんにん けら. S つ _» 

宫の 小さな 人形 之に 一 一三 人の 家 來を附 けたの を 引いて 見せる〕 

あ た, がた .& ち is ふ かへ 5 れ fe& 尸 

唯 適 『彼の 御 姿 は』 ? 1 同 振り返, o、 嬉しき 思; S 入れ〕. 

わ きみ 

錢光 『吾が 君』 

みや ね 

足 羽 『宮 で御ぢ やる か?』 - 

: : 3 . あ がた かた じけ 1^5 ぶ 5 ん まつ t たんみ 5 へ 

義光 『ちええ 有 ゥ 難 や、 忝 や 。武運 全き 御身の 4』 

ち 5< 3 ゐょ み 

唯 適 『地獄へ 鑫る宜 S 土產』 

. ^ む はち $ん だい a さク さん はんよ ろ たが L 5 sif , : ; ; 

足观 『南 幡大 喾薩』 〔II 人 宜しく 拜ひ爲 打ち ん きんに 41- 气 llMi^、 ^^K^sm^s 



郞肋縻 を 振って〕、 

& のせ R- か こ、 5 ど を5 が か ほげ ね ほた まほ かせ おど B げ あ 

S 『者 共 掛かれ! 爱で訂 ち 止め!』 〔さ總 掛か 6k 掛かる 烈しき 大 立ち 廻 6、 風の 昔、 烈しき 合 ひ 

か ちの も. U ね も S や 3 5 へ. J そつ fe ゥ 5 たに お L ゆ こ fis この あ ひだ も せ 

方、 物凄き 思 ひ 入れ、 ^^山の 上に 士卒 を娼; 3 詰め、 なだれ を 打た せて 谷へ 落さす 趣向、 此間 捨て 臺詞 

上ろ か s ゑ. & あ. は ぬ .0 てき «TKA き た ふ よしてる ほげ をが さき わた あ 

宜しく、 や あや あの 掛け S 凄く、 さ^ 足 羽、 唯 適の 兩人は 斬り 倒される。 義光は 激しく 長 綺さ涉 6 合; 5 

L そつ た かみて は S も をら く く *• む 上 f> てる きた ひらぶ たい き 

士卒^も^ も 追って 上手へ 入る。 直ぐ^ 奈霧を 潜 6 向か ふから 義 光ば たば、 たにて 出で 來. 甲 舞 臺に來 て 

この ど 33 たむ むら かみよした か 5 は >4- たせ よろ ひち てい ちまみ こ S きな は*^>みち , . 

がっく. o€ なる 此時叉 向か ふから: S 上義隆 卯の-花 緘 しの 鎧 血み^ h: の體、 血眼で 32 で來. <=>、 花道 はて〕、 

みや お, き せ をが は や 5 てき さ ざん fe ち こ をた お、^ み た わた や 5 み さぶ ひ, ビ 

t 『宮の 御着 眷長 を拜 頭し 敵 を 散 傲 遍ひ镦 らし 此方へ 父君 は 御 渡りあった 樣に見 しか はて 最期の 一 

めた めか よろ ひらぶ た S きた そこた ふ L がい み ザつ.::: W 

目 御 目に 憑かりたい もの ヒゃ』 〔^宜しく 乙な し、 甲舞臺 來ゥ、 其處に 倒れた 死體を 見て 吃驚〕、 

お、 ぎみ さ 

義隆 『やや 父君』 〔さ 差し かかって〕 

ね さ を こた あそ ひ あ., J お rv- „ ろ, ' , /* ^ 

篛隆 『ちええ 御 情け無い 。もう 新う 御な. 遊 W した か? はは 一 さ足遲 £ ゥた』 t>i 宜しく rJ なし 活を 

入れる 乙れ よろ 息を吹き返す〕 

お、 《 'へ お、 5 へ よしたか &ざ - 

篛隆 『父 土、 父上! 義 隆でム る』 

せがれ い のちつ、 が を みや つ、 が ? 

義光 『ふん、 粹か? ああ 命 恙無く 11 み …… み :… .宫 は 恙なく』 

お &ざ 

義隆 『落ちさせられて ム. CN まする』 

;れ t のお も 《- ひ よし てる せがれよ ろ こ ぶ L みや 《- が か * & 

義光 『嬉し や をれ で 命の 拾て 甲斐、 ちええ 義光も …… 悴 喜べ、 武士の 冥加に 適った どや』 一 

村 上義光 錦旗 風 1 一 



村 i 光 錦 i 



i 〔き s 尋ム 妻し やう。 落き i き、 1^ の f g の應 しさ、 s^ivf iL 

さ、 嬉しい さ 悲し いさを 此 1 日に 寄せた r 日ち、 はて!: ん さした^で :5 ざら う?』 ? i しく &く〕 



篛光 『白 癡者 めが! 何 をが く?』 1>;1 きな, いら c ふ〕 



f 『其 處に 落ち S た r のぎ & 威の f 15 ま go 靈 i ま?』 

こ 、 ろ ? j*j J? PL 

i 『心得まして ム! する。 fflfa0rfti Ktff. き? 



.s ば f- むねん たも s 

抱き グ めて 無 $ ^の 思; 3 入れ〕 

I 『铷心 殘さ卞 …… 』 

義光 ?れ i、 か 4f 



f 『ちり、 何う したら …… ふん』、 M さ S ふ をが の 皸" く をき りかけ; r 

義隆 『御 1% 下され!』 1>^:1^4:1^げるぞぇ、 |;り^,0^^しくきょ?^:蘄〕 

******** 

村 上 義光墓 依田 學海 



i 





不際 艱難 日 



慘澹陣 雲 沈 G 

名留 千秋 後 a, 



_ 

安知 烈士 心 P 

耙信 代漢祖 一 

骨 香 萬 櫻 陰 Q; 



〇 

疾風 勁草瑜 Q 



,o 



死 節 素 所欽" 



吾來讀 碑鴻。 





旨義 一 何 深. - 



城褸瀝 熱血 ◦ 

〇 

愁溟瀧 * 秋 0) 





戰皲 雷聲殷 G 



義氣 蓋翠專 



♦6 つみ か 》 か は ど 

夏箕の 川の 川 よ 



つ はもの 

麓 を ま. る 兵士の 

きづ しろ 

鐵 きし 城ハ はる/^ € 

ころ わん げん み どせ はる 

頃ハ延 S 三年の 春 

たはた ふ 

乙 #.0 ぬませ る大 塔の 



$ ち はるか み 一 

山路 遙 見 あぐれば 一 

かぶ ど ほし 一 

甲の 星ハ きらめきて 一 

{a たか 一 

雲井に 高く をび えた,. '一 



二 月 半 の 事 な き 

みや せ かしこ 

宫を 攻めん 畏く.^^- 



きこえし 出 羽の 入道が ひ きゐ つれたる 數萬騎 



や ss ほせ 

はや 矢 An の 始ま. て 

然 のみな らす忠 一 の 

^3 日の ほ e の 合戰 

た せい たの ケ<.»;^ 

多勢 を 賴 みし 賊軍 も 



*4. ぬか 

ヒロ 



翁丸ハ うち いで、 

せお ひど 5 た 

攻れば 人の み 討れ ゥ、 

たも にろ 

思 ふに 城のう しるなる 



ふ もど ちか i 

麓 ま 近く 寄 すれ^も 

と >• ろ 30 やまみ お 

心^ 富みて 山道の 

5ti もの か を L 

討れ し 者 C 數知ら す 

の有樣 にかぢ 恐れ 

S たづら ひ ふ 

かく 徒に を經る ハ 

なつ どき 

いかで か 落る 特 あらん 

きんぶ せん け!? 

金峯山 にハ險 しき を 



たかむ 

っ^く 白旗 ハ 

よ あだ ふせ 

寄せく る 敵 を 防ぐな る 



佐々 木信嗣 

み 山お るし ii^ 打 靡き 

をのみ S. さま S , 

其有樣 の 雄々 し き は 



ゆき ふか よ L© 

まお 雪 深き み吉 野の 

押 寄せ きたる 賊兵 ハ 



城の あた. <^ ハ 殊更に 



{ わん. 3, ん 

缀內く は しき 官軍 k 



よ の みま f ふか 

§ 野の 山の 奥? 欲 



ほ 5 で..' «1た もの 

牝條方 さる 者 色 



$ ほ も J 

遠 細く して 谷 深く 

かた 

S かで か S かで 勝るべき 



しろ あ *s>s 

城の 案内 やと ひて し 

み お ほて 

ゥ く-... 見る;!^ 火? よ 6 



暫 した ゆた; S ゐし 程に 

s ビ かひ こビ 

最も 甲斐な き 事 ど^し 



み て 守る 武者 あら t 物 をれ た る 足輕を 



村 上義ゃ 錦^ 風 



上る の ぁナ ころ 

夜の ぎれ 忍ばせ て ほが ら./ \ さ朋 ん 頃 



ね ほ て からめて 

大手 摘 手 おしよせて 

き、 ケく な A. 

かく f 蘭 り 、 賊軍 n 

いはね つ K 

Z > し き 岩极傳 ひつ、 

かせ 



せめ たビ S ひ S で 

攻 落さん さ 言 出ぬ 



S たく 喜び さらば さて 

て 行 たれば 



たは め. & 

谷 を 廻 

ぶせ 



旗の み 風に; 3 ら めきて 防がん 人 もなか, け, 

《其ニ》 



あし か が ft ふせ せい 

足. gJ5,,, め 勢 



ほ 5b 



夜の 明 ゆく を まつ 程に 



右左よ. 押 寄せ て た》 



5 き ほひ あ. J か *• 

勢 づきし 足 利の 

.& の も もし せめ ち 

命. ii^ 惜ま 卞攻 口 を 

かしこ 



f あい 一 

S ひの ま.^ に 忍び入 .oj 

ひんが..! 1 

はや 東の まらみ をめ 一 

せめの ほ 一 

あ み^ 攻 上る 一 

,ゲく あ S さまみ 

賊 の有檨 見お る して 一 



1? マ 9} お? U お 

守. て 敵 を 追 下す 



此處 彼 處に火 を かけて 鬨の聲 をど揚 はける 



たけ たいしゅ 5 せん S てき 

さし も i£ S き. K 衆 も 前後の 敵 を ふせぎ かね 



1 四 



s-ac と 2i と, & ころ 

鬨の聲 をば あげよ かし 聲に 驚く 頃に し も 



こど つ は 5 の 

殊 i:^ すぐれ し 兵卒 を 

嶮 しき 方窆 たのみ けん 



きん ふ せん ね もむ 

金峯山 へ さ 赴け ぬ 

こ を ゑ たか 

棺に 高く ゆ; 5 つけし 



t げ こ もビ いは かげ ゆみや ふせ 

繁る 木の 下 iK 陰 弓 ま厌て ほの/^ さ 



た ほて h 



相 圖の時 k 成 たれば 大手の つ はもの 五 萬余騎 



.? や 



容易なら 卞 玄み吉 野の 吉 野の 大衆 五 百 人 

を 3- からめて ま は ケ{ へい も 5 ■ 

かゝる 折し も 搦手 廻 4 し 賊兵數 百 人 



こど くわ せい つよ てき ひき くみ 

殊 火勢の 強ければ 敵に H? 組 さしち がへ 



ヒ f L また 35 くわ も かはい W L あ W おも 5. お CK 

共に 死す る も ある ハ叉 S 火の 中 k 走せ 入て 死す る.^ 有て. R のが t し 思; S- (の 



んか なほ て ほり ひどへ 

深き 大手の 堀 一 重 



む を 



空しき 骸 k 埋 *5 れぬ 



ケく へい 

て 賊兵は 



かつ 

勝に 乘 

ざ わ 5 だ 5 5 お 

藏王堂 へ さ 打 か、 る 



かつ て も W あど 

勝手 の杜を 跡に なし 

おは 



を ほ を、 お ほ た ふ 

猶も 進みて 大 塔の 



みや 



宫 も 今 は さ 思しめ し 討 出 給 ふ :s.o 々さま 



赤地の 錦の 直垂は 

ち 5 ゆ 5 ビも 

忠勇 共に ならびなく 

てき ま か 5 ち い V 

敵の « 中に 打 入 て 

やいば 

ps5 に S かで むか ふべき 

をの S みや 

間に 宮 C いちはやく 



いで や 最後の g 宴 せん 

頰の あた.. > も慯 りきて 

を &ゝろ みや 

雄心た けき 宫 なれば 

た ほさ かづき み たび 

大 を 三度まで 

みや ねまへ 

宮の 御前 はかし こま. 

くわ てい けん げき ふら こビ 

『戈 誕劎戟 を 降す 事 

然ゥ さはい へ ^も 



上ろ ひ ひ たせし 

錯 の緋搣 きらくし 

ゥ はもの 

すぐれし 兵士 一 一十 人 

か をた t をた き 

彼方 是方 £ 斬 ゥ たつる 

上 & たにま ひ 

四方の 谷間に さ つ SB ;、 

ざ わ 5 だ 5 かへ 

藏王 堂へ さ歸. まし 

ひど A\ お ほ に 》 

S ぎ 人々^ 大 庭に 

$ ち しほ 

流る \血汐 かびたい し 



流る \ 血 をも慯 手 を.^ 

5 ちかた ぶ 

打 傾けて まし ませば 



聲勇 ましく うた; 3 いづ 

でん < わ 5 &SJ 

電光の 如くな. 

てんてい み ちか 

夭 帝の 身に は 近づかで 



みや さ い 5 したが 

宫の 左右に 從 ひ て 

よせ て か*^- た ほ 

寄 手の 數は多 けれ. $J 



宫の 籠. 'てお はします 

あさひ. * 

のぼる 朝日に か > やきて 

5 んか &ど も、 

雲霞の如く 進みく る 

ま &、 ろ ひど A\ 

眞心 rO めし 人々 の 



.S3 ふせ せん どし £ ろ つか 

今 は 防げ . ^詮 もな し 年頃よ くも 仕へ しょ 



た、 た a み も: た み S や *^ 、飞ち 

立せ 紛 へる 御 姿 を 見れば 立 たる 矢 七 筋 



さら もの fcjra 

更に 物芑 . ^思され す 

き でら さ がみな ほ 1^ ち 

木 寺の 相 摸大太 力に 



ばん e やく. &ほ ど c£ 

磐石 岩 を 飛ばす 事 

しゅら かれ ため やぶ 



つね か は ^ 

常.^ 替らぬ 御け しきに 

てき かふべ さ ぬ 

数 の 首お 刺し 孤 さて 



はる あめ あ ひ ぉ& 

春の 雨に 相 同 ^ 

あげ 5 丄 



村 上義光 錦旗 風 



修羅 彼が 爲に 破らる』 と はやし を 擧て諮 ひつ S 

1 五 



衬上義 光 錦旗 風 



やいば 5 ぃ5 5 ち 

fsj を 4if 右に 打 ふ て 

た ほ て た-かひ 七の 

大手の 戰其 ほ.^ に 

むら かみ 上し てる くや し 

31: 上 義光ロ 惜げに 

いづ こ i^u^ 

何處 k も あれ 切 敗 4 

たん あど ピ *■ 

われ 御 跡^ 留ま 6 て 

おん を &か み いのち 

銜名を 冒し 街 命 



一六 



葚ば し^は 思へ さあ 



聲ぁら \ げて義 光 は 

たて S ク みや 3 た 

さき 奉る に宮 ,^^-亦 



かって av- お まへ 

滕 手の 牡の 御前 



義光鎧 をぬ ぎ かへ て 

ほや どき たか 

早 時よ し S 高 やかに 

お ビせ ほる 

あはれ 千歳の * かけて 



It たる 檨こを 雄々 しけれ 



S よく はげしく 成增 入 交. c,- たる さきの 聲 開 ゆる 折し も 入.^ る 



S ち は a- せ てき ため 

1 二 の城|1^^齩の爲 

みや はや たお た 3 

gi£ は 早く 落 給へ 

tc こど 

申す も 畏き事 » れ^ 

か は 

替.. CS ま つ らん S 

われ 5 さ よ 

我 も 打 つれ 世お さらん 

, おんこ 50 ば 

いひが ひ もな き御詞 

げ たほ よ fl てる 

實 k さ 思して 義 光よ 

こビ み is- み § たま 

事な く 南 落籍 ふ 

K たはき » 

二の 大城 li^ にかけ 登 

i を お ほた ふ 

打 名の. ゥ 、大 塔の 

その を K み 

其 名 かぐ はし 花や ぐら 



4 やぶ S3 

破られ て 今 ハ はや 



§ ねん 上ろ ひ 

めさせ 紛へ る 御 鎧 

i みや 

* せば 宮は いかで 



だ. SC たんみ お ほ 

大事の 御身^ 思 さす や 

ssst ねん わ も 

汝 の恩ハ 忘れ t も 



みや み * がた かも か 

宫の 御姿幽 も 

みや さ み 

宫の 最後 を 見よ や £ て 



ん やう. なく 成ぬ 



はしき ひなたれ だ 3 

錦の 直垂紛 は, CS て 

ちち ぎ こゝろ 

忠義 は あ ゥき >s~lt? し 



ほや 5 はおび 

早 S く さ 上帶を 

みだ 

涙ながら;^ のた ま; S て 



t) み さ だ 

成 ゆく さ ま を 見定 め て 

f ビ て 

淸きを は- を、 遂果ぬ 



翁 み づ 鍵 山人. 

《 一 掬》 , 

i ^« A、 わん 4JO にぎわ ir-si かほ る 《* わ 5 ま ひつめ L , »• ひ たい ,こ ど《- な ひ 

のぎ まお 歡 した 元日^ 賑ひ、 明日 さは ガラ -さ變 つて、 車の W 馬の 蹄、 さて は 獅子舞の 太 ® 鳥 追 

さ み まお を か ?& まし 5 ち おの ほる はる , の ビ け ひど きさこ ゆつ く 

の 三 咏さ、 市中 はさながら 喧擾ぃ 中: 一:^ も、 自づ 艺赛は 春ら しい、 長閣" ふ 人の 氣も 何處 S なく 悠然 さし 

け ふ S お K ち い. おねん の こ、 お めでた みよ , よど: r ,ゝ 

て、 今日 一 日に はや 一 年 も 生き延びた 心地。 目出度 S 御代の 乙れ も餘德 でか »! 

やかまし なお を か こ a** こ、 なつか ざ w まばら たか. :4 い やしき まお (5 か おど ゝ L あら ひら あた S- や づ< 

をの 喧擾ぃ 市中 を 少し 離れて、 此處 は秘飾 も錄々 な 高台の 邸 町、 而も 一 g. 年 新たに. 開けて、 四邊の 家作 

i( &か ひ ビな はめ た あかがね か ズ15 もの. X- K けん かぶき もん もん^ん しょ つ *• みぎて S*- や f 

6 生々 し S 中に、. 一 際 目立 ゥは 銅の 金物 打った 二 間の 冠木門、 門番 所から 賴 S て 右手 は il かさ 思 はれる 

&がゃ みぎ けん たかべ S- ひのき か 5 *a> か に K み まつ みさ W 5 ま ふゆ C だお 

長^1@、 右 は 十 間 ほ^の 高 »、 まだ 檜の 香 も 失せす。 中 は 庭か芑 見えて、 核の 綠を 打ち 混せ ての 冬木立 

fe<^ はんぶん 5 づ もど み も か もん しゃ めん み こ ひど か、 あかまつ へだ 

奥 二階 も 半分 は 埋もれて、,, 外から は 見 透され す。 門から 正面 を 見込めば、 一抱へ ほ る 赤松お 隔て ゝ 

げんくわん f-fcjnsj さ S5 ひら なん &か こづ < へ お ねんが きやく めいし 5 ため しゃ, りめん 

搏風作 6 の 玄關。 障子 左右に 開いて、 S 中に 小 机の S いて ある は、 年 資の客 名刺 を 受ける 爲 か。 正面 

げし た S も C がく か、 s のした さん M ^る つ S たて 5 さ み なく ゆか はさ. ま ひど か ** へ 

の 長 押に は、 大文字の 額が 褂 つて、 其下^^は山水の^^-障內の見ぇぬも奥床しく。 何樣 いかめしい 一 搆、 

み S ど やしき VJ ほ &か、 © «• のた ど ひや £. さつ み e ゆな ゐ おほさき か へ い 

さても 見事な か 邸 さ、 往 东 の 者 も 立ち止まって 表札 を 見れば、 從 五位 夭 崎 嘉兵衞 

せん んか C- ば ひ けんきん もど へいみん み _c る かたがき かな »ば ひろ げん をれ f わ SL や ビ 5 せ w わら 

rJ れ乙を 先年 海防 費の 獻 金から、 元は 平民の 身お 五位の 肩書 肩幅 廣く 。現に 某の 會 社の 頭取に 撰 まれて、 

」 ^ ゆび, za- fj ん しゃ5 ば しゃ K だい うま ひき ru f が < か 5 がよ 50 ほ を どころ < る 3 

府下で も 屈指の 紳商 馬車 は 二 臺馬は 四 匹あって、 小 供の 學校通 ひ も、 さう 遠く も 無い 處ぉ、 人力車 

若み づ 1 七 



く むか せ いたく はしば あ を やま もこ はも さ ffjis どみ を か ぺっさ 5 ひど つ、 ひか ひ しょ ふゆ .*」.^ 

で 送. 迎ひ をさせる 贊擇。 橘 tt^ 靑山、 少し 離れて 相 州の 富 岡に 別莊の 一 ッ宛扣 へて、 避 I 逢の 冬 籠ゥの 

あ も こヒか み 5 へ もん く ら 5 t をめ 5 らゃ た ほ な 巧が かみ さ 3 ひど 

€、 遊ぶ に は 事欠かぬ 身の 上。 何の 苦勞も あるまい さ、 餘所 目に 義 むは 大き 》 間違 ひ。 神檨 はさう 一 つ 

どころ こど はか ぁノ この か へ い ら 5& < ら 5 こ ん だい ゅづ れ a- せがれ を こ 

處に よい 事, は 集めす、 此嘉兵 衛が、 老後の 苦勞 はは 此 身代 を 謹るべき、 歷 W した 男子 か 無く、 子 さ 

い た *• こ、 のつ もみ たか 乙 の ふ た w む もめば か 

云 ふて は 只 十七になる の^ 九 才^、 …… か須 美- R 多 香、 此 二人の 娘 針, で わった 

を こ きょねん はる 》>ん る?" さ だん 5 へ によ ,^«fi> たみ ビほ ねんつ 5- さ K まも ひこ い わかもの ビ かく も み 

其處で 去年の 春、 親類 相談の 上で、 女房.; - 民の 遠い 緣賴 きで、 澤 S 彥さ云 ふ 若者 を、 兎も角も か須 美の 

むこ ♦* へ か ど V- ど かへい るん きょ 》3 ん ざん もビ いちだい これまで f> あ 

さして、 末 は rJ れに 家督 を 1^ らせ、 嘉兵衞 は隱; a5 の 心算 が、 元よ. CN 1 代で 此 迄に 仕上け る ほどの 

ねゃぢ かく の C ど ぬけめ を き £ゝ ろし 》tt. ひこ によ &Ati や い ^あか 

老父、 中々 物事に K 目 は 無い から、 まだ 氣心も 知れぬ ハ <|彥 に •::• 女房の 綠者 さは 云 ふ もの ゝ 云 は^ 

た にん まも ひこ あたま はげ おもしろ こビ たん ど ひど ぶんに く L あ しんだい わた 

の 他人の 益彥 に、 頭の IK- るまで 面白い 事も澤 山せ す、 人に も 隨分惡 まれて 仕上げた 身代、 かめく さ 渡 

さ. が が.. メ はら tS,a たが い を ど かく 3 も ひこ き- C 、ろ じ 5 ぶん し たしか S 

す は 流石に 剛腹、 何も 疑 ふさ 云 ふで は 無 S が、 兔も角 の氣 心の 分 は 知れて、 rJ れ ならば 確 手^ 云 

め 3» しク ほい いは ゆ ら 5e つ かんがへ おもてむ ひ ろ 5 およ S ち はよ 5 ば 5 さ 

ふ 目星の 付く まで は^ 、褒めて 云へば 所謂る 老實な 者 から、 まだ 表向き 披露 k 及ばす、 家 も 女房の 實 

V- よ さ 5 ね 5 くわ SLA- 上 5 3 ひゥ 君. ( おほさき 5 あ き i ifc た 6 

家に 同居 させて、 乙れ に 相 應な會 社の 用 を 命け、 折々 は大 崎の 家へ 东て、 何 かの 用事 は 達して 居る もの 

k 5 ち *»;^ L おかめ じんじゃ. T-s ちゃ 5 /- わ. sfj や やくいん *- よさ. S S まも < ま は き おこ 

の、 內慕を 知らぬ 岡 から は、 尋常 一 檬の會 社の 役員。 如才なく 胡 摩を摺 6 に來 るな さ、 廻 6 氣を 起す 

«« の らい た 1- た, r にんだ 5.L f L,?« め つか をの づか たビ あ ひだ がら うらや 

者. あった 位 但し 當人 同士 tt 夙に 承知して、 目 遣 ひも 自 ら營. らぬ間 栩 …… さて をれ を 羨んで、 

ど か. みづな もの 3. なまん ざら & . 

兎や角う 水 を 差したがる 者 も、 亦萬更 無く もな.^ つた。 , 

ョ 掬)) 



pa^p^^^^. |^^^ハ鲈は衡から^-^^を^って、ね年始酽.-に半日を^??.-0 午後の 二 時 頃に 歸ウて 

i. ---15 ^b^fi^^c きち つ *• ひど W ふ ふ ftw ふ ざ i S まさか R-w 3 つ さ S お 5> 

^た C へ、 も- ^ 彥が來 合 はせ、 繽 いて 一 人 m え 二人 殖えて、 座敷 は 今 酒宴の 異 最中 

- > lit さ «-<^5 ぃゥ き をく sis Lf^ s 5 れ き や CL もど ども だち もど ついで しんるい ビ ころ ほ 1 

か, Ik も^ I マ 朝から is へ 行て、 規則 通 4 祝賀 を濟 し、 4K から 敎師の 許 友人の 許、 序に 親類の 許 を 廻つ 

^1 A/ > . だい S おばん き つ げん.^ わん み た ほ まも ひこ .!^*:^ 

て、 おしかた icN て £^ る も、 何よ 6 第一 翁に 氣, が 《 いた は、 玄 顧に 見覺 えの S 彥の ゴム 靴。 常から 戀し 

いさ lEI^ f0^f^0^.0t Til ほ& はまって ぎ、 f> 度 I け 

ら> こ ^ ^yj あ まも ひ vi e つ ひ ビ つき よみ こ ひ よく ? . ^f- 

れき、 く ffi け、 愈り てまお 逢 はなんだ 益彥。 實に 一 月の 餘も 見ぬ 折から 戀の愁 はいよ く 募って 早 

く nt か贮 I- く、 SPS に のまが r 酽く、 をれ から U5¥f あ f て、 1^ 

mk& きおれ 夕お 气 はや をれ までき 算を 立て、 まだ 晴衣 のま、 着換へ もせす。 母の 居間に 瘦 はって、 珍ら 

しく もな sm ノ おの i を ぜ乂れ て 見て 居る も、 心の中に は 今 はも 此 處へ來 るで あらう さ、 人目 が^くば 待 

M でも^け t?s ひ 仏" をれ もお へ はず W せぬ か、 >w 酽? い あの I おひ i、 人の^ も 知らないで、 何が 面白い..^ さ 

か^、 M しは& 思て 居る 處へ、 何も 知らぬ 姊の 4^ 多 香 は。 次の間から 這 入て 來て、 t を 見る よ 6 嬉し さ 

a へ sss かへ たか みやげ > = 

うに、 『姊 さま 今 4^ 歸.. ^?』 『ハァ :•:• 多 香ち やん か 土產が あるよ o』 , 

I ,二つ i ^ く, し かふ,、 ビ ,で た か 5 けど V あ 、,p 

云; S ながら、 火鉢の 陰に か S た 菓子の 紙包み を 出して 渡す 笆、 多 香 は をれ を 受取 て 明けて て 『まァ 

き れい さ こ い たい せんせい こ 

奇麗お 。何 處で顶 いたの?』 『先生の 許で』 『さう』 

^fK ゥた が、 元よ 珍ら しく もな S 千 菓子、 をの まゝ 冷淡に 見:^ して 下 kft き。 更 姊に向 ゥ て、 『姊さ 

若み づ 



ん羽子 を 突きません か』 『ュ、 突き まし やう』 

さは tw ふ もの ゝ、 か^ー|31^31の^^6を^へて£5るから、 i はさ ほき!^ の乘ら ぬ, 返辭。 か 多 香 は 一 向 

IgiT で、 a^ffs^^ff Ti を 1 の f お,。 in ぶ 〈おは i にぎ ぁ合ハぬ 尸? 腐の ぎ 子 

^を is りて、 おへ!! て ii へ^やう さする は、 一 SKa& な、 がら^ を かけて 、『性急 だね ェ。 もり さ 後 は 

し.^, 5 しゃうよ』 

sfK.?4- れ夕 Is 越? ぞ 『ァラ « さん、 お I 犬 かう に K りて かいて。 …… 妾 a 今まで 待り て 居たん、 お 

フ&> き A- ゥ みん を き や < さ 2 

ク、 g さんの i るの を』 『をれ おや M や 君 さ (二人 * 婢の 名) お突きな さいな』 『だって 彼 はか 容檨 

^つ * つめ **IJ ぁゥ 

でぎ 腐, A わるんで す もの。 …… よう^ さん』 『だゥ て 今ず が 冷た S から 少し 援 たまりて』 

I eLRaes-i フ. "をく い まさら ひき や $ い ばか 

さ、 蹄^に 斛€チ が i を I ば さう さする。 ^が、 ,il 翻 約束した もの を、 今更 もれ は 為 怯な € 、云 はぬ 斗 6 に 

ぎきた せ J る、 i に ^5 たま 1 は舻妒 ねて Ti^ る月& いぢ ゃァ ないか、 が 行て やれば 可い のお やない か』 

さ、 ほ账 までが « ど のま II する に、 P0^,t€. 4-^13 迷 lira うに 立 上..。 衣服の 前 を 搔き舍 

せ、 ^^K&b^f sf . iissp の, y て、 やがて 庭へ 下 4 棄。 

《三 掬》 . 

ね から ろ敲 ほ^ 崛れ たれな ¥ ひ 日 Ir は^く fi.-ii キぜぬ ¥ ろ こ、 ど 屈竟. -、 前に 立り て 行た か 多 

f お 45 つて i を? へ .OTi さん I で y らっしゃ いよ、 i い J が 好く つてよ』 『そん ままお り 



とのに はげ た 、ほ, f ; ' > . n 

て …… 此 庭下駄 は 突き 惡 いんだ キ" の …… 』 い ," 

ふ^お^の:^ へまで^る さ C かれ 45 れ を^ち^ ねて、 i から, 羽 子 を 一 ッ 出し、 1^ 細らし く 息 を? 吹き 

S んで、 二 ッ三ッ |犬ぃ て P て、 また は酽 CNV4^ を^し、 £ は 一 ッ 突いて、 『今度 は 可い。 さァ 姑さん 

上デ てよ! n 

さ、 て! < いて i したが、 i は f のの Efe すまさ、 乙れ に f f れて、 穆 f きし て居 

た歡、 ツイ a^i」 へ酽 P の&ち たも まらす に 25る さ、 ,,, れタ islii りた さう お、 『ァラ けな いんお キ、 の 

…… 』 『だってお は i ら なかり たから^が ;ク』 『が;^ I- から 落す さ 墨よ』 『姊 さん 墨 n いや!』 『を 

れぉ. ゃァか 尻 …… ほん さは 打ちます よ』 『もう 大丈夫 だヮ』 へ 

fft,\ ずち た酽 まりて! <き^ す。 をれ, f ゲ I 力 香 は けて また 返す。 突 S て は 返し 返 

して はぎして f p、 sm?. お が、 Tss んあ sgr、 少し は 

づみ i しぎて、 ,!! ほ^ i にある « "の ぎち か、. -、 ^を 二三 滑りて、 ァレ くで」 云 ふ …… 、 下 

あ sni ,の, -くぁ ひ r た。 , S : il.; 

Avr. ^を酽 ばし て^を だ TrI: ちゃん.; - よしよ。 落ちたら 如何し ます?』 

icTS つた: &、 ^^^^^ft^? fa^l€fT<. 頻. -に I 操んで 



^ み づ I , ニニ — I 

t ゅケ _0 I あね わざ こ ゑ ほげ ほね ひど { らゐ ぺク kBH-fmi-^lliiiJ 

中お 窺いて 居る に。 姚は 故意 ざ 聲を勵 まして、 『羽 子の 1 ッ位、 また 別の を 出せば S 、おやない か』 『、た 一 

はね い ね £5 ど -5?'5J , . ^た - ピ 

りて あの 羽 子ハ好 いんだ もの …… 姊さん 取ゥて 頂戴な!』 『?^ に ±s れ やしない ク』 『E< - ねュ、 1 か 

て くれないかぬ tl』 

SJ は $ < る どき ふ い 5 しろ さ 5 14- に *5 

さ 途方 k 暮れて 居る 時、 不意に 後から 『如何し たんです? 何 か 落ちました か』 

聲を 掛けられて、 急いで^ ,0^ つて^る ビ。 乙れ rJ を 飾の i 寧 からの, i の I ひて 手に、 S$m0 

» つて、 ぃ凉 しい 目少 fi みお 帶ぴ 短く 刈った 镦髮を 右の 手で 援き上 げ ながら、!^ がず をズ ポゾの g 

袋に 入れて、 穿き 惡 くさう k 庭下駄 を、 靴 足袋の まゝ突 掛けながら、 慰が を 差して, I かに i ん で^た。 

もれ ^ 見て か須美 は、 思ハす 顔に 淡 紅 を 注ぎながら、 改 |< つて をし やう さする。 をれ に i へて iii^ 

も 答禮 をし やう さする も か 多 香 は 透かさす 走 -o 寄って、 突然 益彥 のフ ックコ f ト のま. て、 

さわ ビ ちゃ S だ S $15 はや ぃ3な ね ft 

『澤 さん 顶 つて 頂戴よう』 『如何し たんです か』 『早く さァ …… 今^ 子が 落ちたん だからよう!』 

む S- ゐさ を ばひつば き 

無理 井" の 傍まで 張りて 來 た。 

これが 爲 に益彥 は、 錄に 挨拶 をす る ,0 も^^す、 ^iii ぎら れ V4g の 儲へ^ $ つき、 『せれ!: に?』 

さ 云; si^ がら 中 を 見込む 途端 搜す羽 子よ. まづ 目に 着いた は、 rj れも 1 し g に: «を^ がんだ か, Ik の 

顔。 …… ! kii4 まる 井^ i、 ぎに か S た i にがへ i から、 ss^ の i ぎ? 4、 は 羽; S の it 

1 寸前 齒で 咬へ たも 風情ら しく、 ん^ぃ4^^したiをijして、 g かき L の g ラ くまで、 の觀^ にも 



■mnn^ nn s J ^ I わ を ふビ ゐ たか ヽ、、 、 つるべ を B て 

あ. くさ 見える に、 益 彥は晋 を 忘れて ツイ 見惚れて 居る さ、 お 多 香 はも.^ かしがって 釣瓶の 繩に手 を 

はや さは 一 

かけ、 『早くよ ラ鐸 さん!』 

みづか 1" み やぶ を もみ かほ 

ァラ! 水鏡 は 破れて、 惜し やか 須 美の 顏は …… I 

《四 掬》 

B や さわ 

『早くよう 澤 さん!』 . 

さ、 f ぢ れ て 腸し £r 香の P に、 i は 置の i あられた >T 地 i めて? ぎて、 思ひ 出し 

た EJr 『なるほ^、 Hi にがます え 于。 よ ろ しい、 今 ® てあげます よ、 危險 いから 少し^ 退きな さ 

s』 * 

fK ひながら « に?; i...^ け、 it^ の 軋いて、 its て& るぎぞ を^^の « に^れ やう さした が、 ® 眼の 朦 

して ^5 るの ち i ぞの i いの さで、 li ふ樣に 釣瓶の 中へ 這 入らす、 二三 度揚て はかる し、 かるして は揚 

げ、^ sl^ してぎ う 卜て すく ひ 丄げ、 『^めた、 g れ ましたよ』 

さ、 ぎて f P だれ、 fpfv<. SKfi. PIkM のぞ f 、 

た^ y を搬み I3 せば、 かお 15 &れ しさう;^ をれ を g®. -、 『まァ 代 無し^ 成りて ましり たよ』 

€、 ゥ< やきながら is ち II して、 &れて 居る 羽根 を 絞らう さして、 缺 から ハ ヅケチ を 出して、 そり さ 其 

lU ら!: さへ る さ。 からお に ia かりて ^5 る!!、 iii げ膠は 離れて、 折角の 大切な 羽 子、 折角 售祈 

I 若 み づ i 

"ヨ^ Jlir^mHTf 1 ョ AS ぶ は^ i i 



o て 酌みよ けた も 無く、 刑 极は掠 子を拔 けだして 5- ラく。 お ^iss ル^れ て 『ァ ラ J 

が 無い ね ふ』 

かた ほら る ぁ なをみ み M /こわら & らん te 

傍 k 居た 姊 のお 須奠 は。 をれ ゥヒ晃 て 少し 笑; S ながら、 『をら 御覧な! だからう つち やりてお ^き,. J 

い さわ せっかく ど S ただ J4- ん &. く s 

云 ふんお やない か。 澤 さんに 折角 取って 頂いたり て、 何の 役に も 立ち はしない』 

さ、 云 はれる だけ や 多 香 は、 いよく 腹 を 立て、 『ぢ れッた S ね ュ!』 

云び 》 が ら羽子 を大墙 へ 投げつ けた 

か fj さけよ ひ くる £, まく & みづ さい ほ つるべ ほ.., 4 9 C- 

益 *5 は 期く^も 知らす 酒の 醉の 苦し さに、 今 酌み 丄 げた 水 AT 乙れ 幸 だ W 釣瓶の 端に 口 を 着けて、 

践も繼 がす k 吞んで 居る の を。 此時か 多 香 $: は 卜. めて 見付けて、 『ァラ 澤 さん、 ^ やな! ,の,§:^^^^た 

ねね 

攧 つてよ。 チ.' 姊, さん』 

云 はれて 益彥は 漸く 氣が付 4. ヽ まだ 左の 手 を 釣瓶に 掛けた ま、、. 『:^| です?』 『だって fli^sv^^i 

か 居て よ』 

もこ まゆ 1 や S まも ひこ こど ^ a to. 

さ、 少し 眉 を 寄せて、 さも 嫌らし さう に 云 ふで JO 益 蒼《 何の 事お §Htt ぬ 斗,. As、 『お、、、 ^ 

かへ る る あた & まへ きた, 5, & 2 

蟇の 居る の は 當然 でさ ァ于』 『だって 不潔 S フ』 『ナー 1 、 不潔い もんです か…、 - 』 

云 ひ.^ がら 叉吞 まう 《 する。 か 多 香 はいよ く聲を 急に して、 『澤 さんかよ しなさい つたら、 1! よう! 

ひど f んせっ い 

人が 信 切に 云 ふのに .::• …… 』 



gMHH fclls ■ - - -p l_ -ini--— 一 i ■■■■■■■ 一 一 一 一 1 ,ら ゐ >KJ ろ .s ゥま もみ おもや 

さ、 V 鄘 になる だけ ii^ に は" p.i< しく m だァ ハ 、 、 、さ 笑り て 居る 處へ、 何時の間にやら か 須美は 母屋 力 

も き さは C 

ら コップ を 持って 求て、 『澤 さん 乙れ でか 吞み 遊ばせ!』 

さ すの を、 ii は^^って、 『ャ、 でれ は it6 でした』 

さ ひながら 刃 をれ kTi 、一 1i 射 ほ^に^み 千して、 『ァ、 甘 かりた』 

ち しながらわ^ € 齜酽 CN て、 『か I 夕 |§ ん、 如^です 一 杯?』 『嫌な とッ ク』 

ドムし ム ッ さして^ 045 船 を" 向く。 にか, Igi み? 贫ウ て、 『揮さん、 妾 はも 一 杯 ざ. 』气 

> - 6 ft ^ {5 め み ねね 

で fwcN て^んで S ひ、 コップ を i ^^りて 吞んで 居る の を。 か 多 香 は ザ. J 尻目で 見て、 『ァラ 姊 

さん! …呑んで 』 . : I .ら . 

さ、 i^kf^ …:. £ さ うは :•: をし 5 らし さう に、 S? 讓き I て 居る。 

《五 掬》 5 - を こ みさら たか?、 

針〕 お!? の^^の^に、 SCN か li. 酽^ も/留守 ゥて しまりた 。其處 で * ぷ須 美は更 化^ 多 香に 向り て 

f4|n ちゃん、 もう へ!!^ 6 まし やう。 ^庭 は 寒く りて S けない から』 みづ . 

ば、 iff^^f. をれ & へる では f、 『i さん, I つて SI なん i ん 

で』 

こ & で 64t ながら、 さ をぎ て &i の "&く は、 ぁハぎ 『i 气 をれ SS て やがて 家 



內へ這 入って しまった。 

は、, 3 く たか さいせん ふへい 《p こ、 ろ ざ 5 ち f 

母の 居 iSi へ來る さ、 か 多 香 は 最前からの 不平 を 漏らす 心 か、 まだ 坐に も CN かぬ 中から、 『ね 母さんく 1| 

こビ げょ は、 しづか かへ S ん 

I も 事 わ. 氣に 呼ぶ に、 母 は靜に 顧みて、 『何お チ、 さう,, ^しい』 

1 し を .S つか, T-t た は、 をば も まも ひこ は 5 *3. くみ ハ ま さほ 

さ, 窘められても 一 向應 へす、 母の 側へ ドッカ さ 坐 はって、 S 彥の 方,^ 折々 見ながら、 『ゲ ね、 澤 さん 

てば チ』 『澤 さんが 如何 i& すりたん だ チ?』 『ヒフ 此間か 母さん さ. 庭;^ 居た,、 か 庭の 井 から.:^ き 

か f-f で 3 3 へ をん ほ をし .WA 

な 慕 か 出ました ねュ 』 『ハ 尸、、、、 のハ 何の 話 をす るんだ か、 ちゥ さも 解ら しない』 

S た.. ノ にん た か まも ひこ をみ ねか h: ら M to. 

云 はれて 當 人のお 多 杳ょゥ は、 益 彥ゥヒ か須 美が 可笑しく 成って、 思 はす クネ く^ 笑へば、 4- ダ夕 香ハを 

^つ はく - $ 14、 むか S 

れを M 付けて、 S よく 憎らし さう k 晩め ながら、 また 母 向 ゥ て、 『をれ から 』 云; S さして 

ほ、 をで ひ かき き a いま 

母の 釉を 引いて 『ま ァ お母さん お聞きな さいりてば』 『ハイ )(-、M.S て 居ます よ』 『をれ をチ、 今于、 

さ 54 の 

澤 さんてば がプく 呑 むんで るの』 

さっき あ 59 をのたん あお い つけ々 お しか は、 さら ど る S つか 2 'れ いたん 

先刻 羽 子を揚 けて 貰った、 其 恩 を 今 は 仇 告訴 口。 然し 母 C 更. 採用げ もせす、 一向 冷 談に、 『もれが 

さ 5 きた を かへ るゐ ぺっ さく ウナ & 

如何し たんだ チ』 『だって、 不懲、 いぢ ゃぁゥ ません か』 『ナ 1】、 慕が 居た つて 別 は 毒になる, 譯でハ 無 

どい だ だいせ. J ろ ゐ $ a L 

し。 をん. 云; 3 出したら、 臺 所の 井 He たって 何が 居る か 知れ やしない』 

.& ま たか はた いろ を こ わる < ? -* た か 9 きみ かへ なへ 

さ、 今 ハか多 香の 旗色が 少し 惡く なって 來る樣 子に、 か 多 香 ハぃょ J(-R 昧 返って、 『をれ から チ、 絲 

—い もみ かほ みづ の 

さんまで』 云って 頃 美の 顔 を ザはリ 『をの 水 を また 吞 むんだ もの』 



luBju^mllllmluBBB^IIKBBIIIl-IIB^B^ > 、ゝ、 を c 、 、 、 、 

さ、 さも I- た .o 黼は りた。 乙れ に"^, にお 須美 も、 …… ち ざ t ひけ 目め ある だけ、 少し ひるんで 

.A5 そ む ゎづ ほ 5 あ 力 

を 外向け、 をして tt かに 頰を 赤らめた 

が、 ^に n をれ も が^かす、 ^ 4- れ夕 1! を II め 》 がら、 『か ずへ 行り てチ、 澤 さん はか 屠蘇 を!』 

さ、 1}2 の を ii^" がち 酽 して、 『もう 15^、 か flKllsIf まし やう。 お 座敷で もう 支 分 頂いて、 

^;し 隐 S して ^5 る^ろ ですから』 『さう なる ほ. よ S か 面色です と。. をれ では 蜜 W でも、 か 多 香 

みかんだ. - 

蜜 甘 を 、。おし! u 

P^^f0. つてぎ 3 間から、 f の 乗 其 1 を も 持ち f て爵 のまへ お 置く? 思 ふ 

さ ツイ さ 立って、 また 母の 傍へ 座 を 占めた。 

S ろへ、 ztfff. f0k,ts 諮の 越 s が、 まの if 

がラ. 4 けて、^^ lj しに ぎし だれて、 『ヘイ « さん! ^須 美さん! か 多 香さん! 皆さん 

ねめ でた &ざ - 

あけまして まづ 御目出度う ム います ハ、、 、 、』 t 

さ、 航の皺 も 1: に? isb、 そ wlsi&i^ へ 1】 ザリ だるに つ 連れて、 プ シク、 /4 ふ 熟柿の 臭氣。 か 須美ハ 鼻を掩 

a^f^. し けて ぎ をお しながら、 れ す^を 鎮めて るの を、 si 1 向 無頓着で、 『何時も 

御 奇麗な とで ハ、、 、ゝ』 

f おって …… 船 が はす、 意咏ぁ 6 をう に 益 彥の顔 を …… 。 …: im 

i 若み づ 二,.' 



《六き - 

^^■1 こ , あら たつ * かへ いきち .S t- んぶク をの や. r- およつ ど あら み 

却 說此處 現 はれた 立 岡 年 吉さ云 ふ 人物、 其 素性お 一 寸洗ク て 見る 

, へ、、? 5 ^ち-々.^ バ^ Kt わつ. i?^ おいへ 53 ねん S へ をく を い せん ばくふ かんち や 5 かた っヒ さ 《. ねん ころ 

li^o …… 明治 元年の 二月 生 父 平 馬 n 七 八 年 前. i^i 歿 つたが。 以前 慕^の 勘定 方 を 動めて、 壯 年の 頃から 

1«1へ:^*? I つ こ:^ お わ L んる KasJS や 5 あ ひだ がら ばくふ .V わく わい みぎお ぶた 5- ♦A^Jti し t たお 3 

嘉兵 衞にハ 懇 にし、 血 こ を 分けぬ が 親類 同檨の 間柄。 幕府 瓦解の 砌は、 二人 さも 敏捷く 立 廻 はって、 

たが しんだい L だ もの、 おくわ いしゃ いつ. Li た r 一 さもば い ゥ. J よ て だ よろ おから あ ゐ 

互; sk 身代.^ - 仕出した が。 其 後 會社も 1 所.^ 與し、 相 塲へも 1 所に 手 を 出し、 萬 づにカ を 合 はせ て 居た 

ほ 1 フ P へ いきち わ, r せう とろ ほさき .S へで sw- か -へ ゑ ふ 《• ふ をち をぶ をづ も. * 3ft 

程 ゆ ゑ。 Kt. 吉も 幼少の 頃から 大 崎の 家へ ffi 入し、 嘉兵衞 失婦を 叔父さん 叔母さん さ懷 けば 須 も 亦 

*.^レク,へ、:^^ち>.?た ね . で, だ 6 こど まった む しん ころ こ 50 

此の kr 吉の 肩に 負 はれ、 腕に 抱かれて、 守護 をされ た 事 もあった が。 をれ ハ 全く 無心で ありた 頃の 事で、 

R-^-^>^ ^ メ «1 たが さ 5 ひ $J このへ いきち きら .J や わつ かるた これ はい 

や ゝ《< 情の 付 S て * るに 從ひ、 如何した もの か 酷く 此年吉 を 嫌って、 正 月 の 歌留多に も、 此 者が 這 入 

: , じ ぶ〉 1L> k t よぶ は をみ へいきち いっしょ もみ 5 おの t はて くち ろくき かほみ 

れは 自分 ハ廢 め、 彌 生の 花見に も、 年吉が 一 所なら,. -須美 ハ 家 殘.^ 、 果はロ さへ 碌に 利かす、 顏を見 

ほこ む をク しか へ いきち はら お.' ケん! -ゃ 5 ころ こ みゝ は 3 とど 

て さへ ッゾ さ橫を 向く 檨に 成て しまつ た。 然し 吉の 心中に ハ、 父 か 存生の 頃 チラで」 小耳に 挾んだ 言 

► んし 5 や 5 ね は t の もみ. ひ づは い 3 かれ ろ わ は 5 む t ほ 

葉 を、 綸旨 でも 承け た檨 に覺 えて、 此か 須美ハ わが 許嫁 娘、 今に 彼が 年頃に なれば、 吾が 方から 聱に這 

い > 、 , 力ら めく • > ふた ひど せ みち ふた S- ほ を ねん ひ 50.? き ひど 9 た © ヒき 

入る か、 彼方から 嫁に 來 るか、 二つに 一 つ、 何の 道 二人 n 離れぬ 綠さ、 一 人で 極めて 一 人で 樂 しみ、 時 

yj き ピも だち ふいち や 5 しき 《, れ a もの、 ち さ き 3-5 しん t はもし を L 

々ハ 友達に も吹聽 して、 頻. に 嬉しが CN て 居た に。 其 後先 方の 兩 親から n 何の 談判 も 無く、 ツイ 知らぬ 

3 3 を ひこ S もの i こ あ ひ わ a- こん き fl かさ だ せ 5 

間に 益彥^ 云 ふ 邪魔者が、 ヒ ョッコ ラ橫 合から 割込で 來て、 ま * た 確 €ハ 定まらぬ まで も、 如何 やら をれ 

rc^^ S き ほひ く f ほん ケん をみ だか ゥ きら かも Si 

k 橫 奪され さうな 勢。 …… かて、 加 はへ て當の 本尊の ぉ須美 は $:、 蛇蝎の 如くに 嫌 はれる、 …… 期う 何 



無 を 其 



.i- かも ilfe りてい、 類 ilill の sn^n ない が、 もれに せぬ" Im^f お。 何 を 云 ふても 此方が 先 p、 

お うげん しか ねら はづ おも ひど 5 ぬ^れ L ん 

中原の鹿の 狙ひハ 外さぬ さ さても 恐 ハ 人の 自惚 v,^! 

かく ぎ Ik ,が麟 ふて 居る の も、 ぎれ た 眼に c 眞に嫌 はれた さは 見えす 。是ハ 人目 を 憚 かる 外面 W -^、 

あの Mi にハ S も あ、 した もの。 吾が 顔を碌 見ぬ も、 吾^ろ く i:^ 口 を 利かぬ, *-、 皆耻 かしい! が 先に 

^旦</#> ; r か齡 kn&€s! が い I; し Is まりて、 尸 どに n が儿 えぬ が^お? irn、 ちゃん さ 見え透く W 心 

^ ぎつ か!^,^ tl^ の! ^rilsi &、 よし が i と らうぎ €、 ggli^ti らう さも、 當 人の 

VV れ沃ぅ k^ss 、が i^:slM けて ^5 るク さ、 |;.-ぃ^|¥ぎれは;^2ぬ|れて、 をして 錢 分か 腐 を 癒 やして 居 

る もの、。 さて 其 顏を鏡 寫 して 見る^、 ち^ 吾ながら 耻かし S 面相。 

s<f^^fi 一 t も g いまき s かに もき にが ノぇ。 が i のぎた t、 

は^へ て&る Mib 麟もか ISM の^ けに 十 M は 五 だまで" め る^も あらう けれち 可笑しく も 

い ^ird^" ら i いて I りて、 をして あま .-^ びの よく i-sli を辦 まで 戰 はすに"、 折 湾の 男 振^も 打ち破 

ft ,v^t を ましん, J $ 

れて、 只安っぽぃ生紳士は成てしまふ." 

H<RL<. をれ で; r% るの iso £ff&f t£l? ァラく F せ。 和 

^なら Tir か^し、 ^鎖 や iS が ずられ る もの かさ tl?fei、 fff&^ 1 本 綾、 れも 流行 を 

ず ふて 1: ぎ らしく。 お 如铲の II 酽 n 酽 まで だ Hl^ に はめて、 徽鰣 W の ピゾ T がん k< 九 圓も褂 け。 少し は 金 



錢の 廻る に まかせて、 出來る 程の 伊達 を盡 し、 ォ * ゾさ反 ,0 身に ならぬ il,oo ||く、ボだ^ゥてひ「だ|^;5^ 

る , > もの わ ひど つきあ ひ こぶ き だ, 5- aJR- だお むし つな 5 おき 3 

んで 居た か。 お 割に 人の 交接に は 颇る吝 いので、 友人に《寧^c爪i;をされて居たo 

さて 人物 もまた 右の 次第で、 更に 長所 ハ無 S 男お が。 乙れ でも 高等 商業 學 校の 卒雾^ 書 を 持ち、 lir か 

こど たっしゃ しか ちょつ ビ べん か 5 i かへ ゑ を こビた つか ど L 5 へ A ま 》< る .,ーニ6 

殊 k 達者に、 而も 一 寸辯 口が巧い は、 嘉兵衞も其點を取<^立て、使ひo 年もム であ i 、斷 も! fSsi ろから、 

くわい しゃ ま * ひこ い ちなん 5 へ る も 》> a 

會 社で は益彥 よ.. o、 一段 上の 椅子 を 占めて 居た 

しか もの C つ 》* を ひこ は 5 f> や e- げ ふが?? ゐ ねんた < め, 5;? ど §さ<;- J5A ら w5* k ft. 

然し 其實は s 彥の 方が、 …… 仝 卜 商業 學 校に 居て、 ニ年後れて免狀《1^ゥたが0ぁ1の?^^1錕か;^|て、 

た ノ^ん S. お く ゆん V ころ .S ま. こ .• し む * & あつ ばれき、 もの 5 で どし 

温順な 中 機敏な 點 もあって、 今少し 事務に 慣れたなら、 JK 晴利 者になる 腕 n ある けれき、 何分 まだ 年 

f- か , k ズは ど ほし せ けん くら をのぎ &ゃ. 5 CM 'ぶん あら どき & t5 かゝ BS 

若し、 經驗. ^は乏 いし、 ffi 間に もまお 喑 いので、 其 枝 量の 充分 k 現 tt れる 時が 無く。 i ゲて % が&の 

め これ. & てがら み ゥか 

目に も、 是ど^ 云 ふ 功 勞は見 付らなかった。 

^^^^_^] . ^ h > .^.^^".^5 まん へいきち ひ 50 こ ひ S fi ゆ V 一 ころ つね ま を ひ. J かたきやく 

其 弱 點をゥ け 込で か、 元來 傲慢な 19. 吉、 一 つ はは 戀の 意趣 も ある 處 から、 常;^ 益 達の 敵役 はま はって、 

一た が ^ -^^ T^r- さいせん ざ しき た を せ & つら を *5>ん たも しろ ま. * ひこ ビ; S? でき 

互; 3^£大 さ 猿。 最前 も 座敷で 同し 席に 連った が、 何^なく 面白くな S ので、 益彥 r 途中から 出て 來 たが。 

さど へいきち われ さき 3**- ひ *J み おか こ、:, CK く e ぶん あど pi で き 

もれさ 悟って 甲吉 $:、 よ 6 先 k 益彥 の、 か須 美に 近づく のが 心惜さ J^、 自分 も 後から 邪魔に 中 2 て东た 

? 3 > あはん 力" も み しゃ,? It わつ さ, 16- さけ 4* こど f ひ,, VJ & 

か …… をの 間に 只せ つない ハ か a 美 正 月 早々 …… あ、 情無い 事 ださ、 …… をれ で 眉 を S めて 居る 

つみ を たか 3 $ し ひ ^-s- も ふ よろこ 《 , き ちゃ 

の を 罪の無いお 多 香 は、 左檨 さも 知らす、 また 一 人 友の 殖えた を 喜んで、 『平さん が來 たから、 度 

はん ね 7 

S ゝ から 四 人で ト ラヅ プ しま. W やう …… チ、 姊 さん』 



SL たつを か ? .S つ... > *» つ S - けぶ たか もみ 

云へば 立 岡 は 得た, つけ 入て、 『仕 まし やう、 持て 入らつ しゃ. S! …… 今日る をお 多 香さん は 墨 をつ 

< い - 

けて やら.^ くつち ゃァ』 『十 11 甲さん 乙 を』 

, . C か .tfc ち あが つ 53 !« ど ゆ もみ たま を 

云 ひなから、 .JH 夕 香 は、 や 立 上 6、 次の間へ トラ ゾプを 取 ^ は 行く は、 -美須 はもう 堪らなく 成って、 

たつ L やう/. し あ >y のな. * で ゆ *v みさこ ゆ 

ツイ さ 立 て 障子 を 明け 其 儘 出 て 行き かける の を、 『- 須美さ ん 何處 ィ 行 くん です? 』 

5L ろ へいきち i び ど をみ みむ , しゃ f ば I 

後から 吉が呼 止めた が、 須美は 見向き もせす、 やがて 障 紙お ビ ダャリ 

《七 掬》 . 

『か須 美さん! か須 美さん!』 

に, ゥ t / rt- き; 5 C お St* *6 て し. OJf じ Sti こ ゆく は 

« しく んで i^m は、 自^も^ 腰に 成. o、 片手.^ 障子に かけながら、 『何 處ィ 行んで す? 逃げな く 

つても ぃゝぢ やわ. CS ません か』 

を > あしば. 8. ゥ f おも ひ & S. や いや こど,' , 

か 須美は 三 足 針.<=-1 仃き 過ぎた が、 思 切って 『妾 は 嫌です も の』 『縑? をん な 事 かおる もの か』 

f 4. きち f ^ & を S-L.vs じ あ .W んがは でお か もみ ピら あし ば や に 

ぞ吉は a 氣に乘 卜て、、 突然 障子 を 明け、 綠 W へ 53 て 追ひ驅 ける は。 4^ 須美は 捕 へられ ま いさ、 足 速に 逃 

だ,」 ^1 ^ もど を どこ あし たちまち お つ もで をのた もど ビ 

げ おす。 逃がし はせ ぬ 亡 追って 行く。 IX よ 6 男の 足 §: ゑ。 忽に追 ひ 付いて, 巳に 其缺を 取らう さする を 

らみ さけ ふ は を その ど た A へいきち みが あ わん いた あ (1 3J !^ぺ i 

か須 美はァ レ ジさ 呼んで 振 放す。 S 途端に 平吉 は、 磨き上げた 綠の 板に 足 を 取られて, ズ だ リさ猾 6 力 

よ 6 ゆ ゑ ふ ちから を その ま、 T" いた n 

けたが。 醉 つて 居る 敌 踏み 乙た へる 力 tt 無く、 其 儘ズテ ゾド IO 『ァ痛 ッ!』 

この ものお ど もみ ね も たち たか へや il5 はしで この い み fe.^vw くお 

此 物音 はか 須美は 思 は卞立 止まれば、 か 多 香 も 室の 內ょ. 走. 出て、 此體を 見る よ 4 缺をロ 當 てゝ、 



iT 人ながら、 『方 ホ、、 、ゝ』 『ァ お、、、、』 

*^ さ Af 、や 3 いくん れ Z- S も ひこ で き こ," お を f 1 I 

以&の 部 k& らは、 妻 君の 民 € 例の S 彥が as て东 て、 是も 仝し 樣に、 『お、、、』 『ク ズ くく』 

ゝ ひきお こレ 33 ぃ^ . & 5 ゆ ゑ fl ばらく な るが L かた はが わ *^ & から 

す吉 tt 腰の 靶を縑 ど 云 ふ ほき 打ゥた 故、 暫時 tt 起き も 上らす 仕方なし に 苦笑 ひ をして 居た が 。辛 ふじ 

fe I ^fL^ あし :&た ひせめ あ をみ ひ Si おから 

てぎ き ii6、 ニ足三足ょ^cぼ;sながら、 『ァゝ 痛、 酷い 目に 逢 CN た。 須 美さん tt 酷い 力お』 

^ V き さく あぶ *S> さ こけ か はが 

云ン に, か 民 は氣の 毒が つて、 『ほんと k 危險 S 、何處 ど 怪我 はなさらなかった か』 『ィュ 、怪我 はし 

A せ つ .S た もみむ やみ こど 

ません け^も、 酷く 尻餅 を搗 S .pi もんだ から 痛く ゥて 』 『ほん^ ぉ須美 無暗な 事 を 

しでない よ』 

もみ .& ァ V べんかい か わたし は へい ぉクか き 

さ 云 はれて 4^ 須美 は、 急 S で 辯 解、 『ァ ラ お母さん、 妾《何土"しゃし^せんタ0 平さん が追龃 けて 东て 

C ぶん かゥて ころ わたし せゐ ひゾ. - - 

自分で 勝手に 轉ん だんです もの 妾の 所爲 にして 酷 S 人 だよ』, 

へ. &き S LW* か ふへ S h たか かた ほら あね かせ S へ. & e ぶん 

さ、 K 十吉を 尻目 i ^掛けて、 不甲 さう k 云 ふ so .iH.^ 香 も 傍から 姊の 加勢して、 『そ ゥゃァ 平さん が 自分 

ころ こ、 ねんが は ふ だん た いへん も わた. J こ, S* いだ 

で轉ん だんです よ »g 處 のか 緣側は 平 霜が ら大變 よく 滑べ るんで すよ 妾も此 間す ベった わ』 

は 6 ビ ころ これ この さわ き a で き かへ ゑ へいきお かた ほら も、 よ へい 

さ、 話して 居る 處へ 是^ 此騷 ぎき 閬 きつけて、 何事 かさ 出て 东た嘉 兵衞。 KH 口の 傍へ 進み 寄って、 『平 

いま さわ JR- 5 つた 5 I 

さん 今の 騷動は 1 體 如何し たんだ?』 

き み せつめ 5. ほせ を せつめ S かへ つじ ぶん かほ た © ゑ へいきち き 

i 開かれて 見る ざ、 さて 說 ずる 程のと でも 無く。 說明 すれば 却て 自分の 顔の 立たぬ と 故、 平 吉は極 

.SJ る ちょ リど jS> ん を と、 たか い まちよつ ど ふ ざけ & , 

ま々 sfl さう は、 『ナ 1】 一 寸 …… 何でも無 S とで、 此處 で- fHMI§んs 、今 一 寸 巫山戯て 居たん です』 . 



^、 ひて 齡ら さう さすれば o 4- 多 香 は 早く も 聞き咎めて、 r ァラ 嫌な! 妾は佝 も 知 6 やしない タ 

C U ? たつ か き をべ ころ くせ 9 

自分が 姊 さん を 追 駆けて 來て、 滑ゥて 轉んだ 癖に 』 

さ ふに いよく へ。 i がのお it、 今 は 酒の 醉を醒 まして、 また 更に 面 を 赤らめ、 橫服 はか 多 香 

W ら こり L やべ 9 お ほ ゐ » ^ I a.i ) 

を 睨らん で、 『此 か多辩 め、 覺 えて 居 !』 さ、 云 はぬ 1t?..o 

まで & っ^の トー フシ プの^ 酽も、 1:^ さ 111 く iis^ てし まりた の を。 . ;-多 香 一 人 殘< もんに 思って、 其 

m^ff<fo き f 趙 S も、 ,き は§ からぬ ず も,?? て、 の 

ttl 鎖 t ぎ;^ a 卞、 お ズ 。ム リく ®^ を& かして、 再び トラ ゾプの 事 も 云; sffi さぬ に。 4- 多 香 も 取 6 付く 

i なく、 炉續? IS さう は!:^ へや ら^て つた 間 は、 茶の間の 方で、 i ァ、 御用が 儕んだら 羽 

S .S たも n 

子 板 持り て 4^ S でな ァ』 

ほね >J も ほ L ふ こ ゑ きこ 

また 羽 子の 友 を 募集す る聲が 闘えた。 

まお ^ から 三 ffit も^は t 仃く ¥ か ある €fKcwi 尸" S 赋ウ てし まりた が。 甲 吉は惡 く 御 

酽 きし (を^へ て、 まだ ほきの^で « しおで S5 るに。 ^ijisls^ の 酽られ て、 代. -に炭 園で も 量いて 行 

-5 t ^ いお ゥる ひどへ や ひきこん ちれ る ) 

かれた がぎ。 il の If は, う も 意地の 惡ぃキ "のか さ、 獨.^ 部屋に HH 込で 焦 S て 居る。 

が、 をれ にしても あのへ お S め、 «を ぎぎまで も喷し 込で 居る るか 。常から 母 は大嫌 S な 男, 卿 五月 蠅 ク 



6 さ 5 ケ はや か く ふ 5 を は ちき た {ク i も 

て 居る とで. ^らう。 何卒して 早く 歸 へす ェ風は 無 いか、 轉木を 立て やう か、 靴に 灸を据 へやう か。 もれ 

きつ va- 、* ひど はんし き こ よ W ら ちい いぬ つく to* 

では氣か付ぃカ^.は^^-無ぃから亡、 獨, で 半紙 を 切 ゥて小 縷を拖 へ、 をれで小さ4^b犬を作って、 其 尾 

ひつ はや へいきち かへ こ、 ろ きねん かへ k し p、 あし つぎ 

k 火 を 付け、 早く}^2ロが歸ゥますゃぅ^^€、 心に 祈 <F ぬして、 さてもう 歸 6 さうな もの だ.^ ヒ, 忍び足て 次 

な き は、 へや 5 か さっき へいきち ひき を こぶ 3 e め ほ 1*5 &も しか を! y< さ 

の 間まで 來て、 母の 室の 檨子 を聣 ふさ。 先刻の 平吉に 引かへ て、 颇る眞 面目な 話し 聲。 而も 折々 澤か 

い こ ゑ き. J き ^て その <» 、を こ たゝを み、 もばた て を か か L 

-/.\ さ 云 ふ聲も il える k 乙 は M き捨 ならす さ。 其 儘其處 ィんで 耳 を側立 る *^、 キ では 期く とも 知らす 

へ c きお こ. R .> か さほ じつ を e ん ぶつ やく た を どこ £-3 5 つお や 5 

吉の 聾で、 『然し、 澤 だって 實に 惜しい 人物で、 …… よく 役に も 立つ 男です が :••: 今 あの まゝ. ^打 * 

Z た 5 はん ため み わたし ほ これ たれ .L わた 

て 置いて は …… つま. 當 人の 利益に も 成らん とで、 私 も 朋友です から …… 是は 誰も 知らん とで …… 私 

そのし や 5 こ クどゐ さは かく - 

はちゃん^ 其 證據を 突き 留めて 居 るんで すから、 S くら 澤が隱 しおって …… 』 

a> こ ゑ きこ しか あ ©がた い くだ わたし „ aL>L > 

また 母の 聲も關 えて、 『をれ ハ 然し 有難う…… よく 云 ふて 下す つた いづれ 妾から …… 』 『然 あなたから 

ねク や ほ だん ズゅ S5 き、 さクも <5 お ほ を わ, つ さ 5く ど 

言し やる よ. CS 、矢 張, 旦那からの 方が 驗 t?J やう』 『で ハ 早速 良人に も 話して …… 』 『元日 早々 飛ん た 

ij を 申 上げました』 『ィ、 n、 聞 S てよ S 事し ましたよ』, 

は, j- ゐ ふ も 3 もど もみ H をし $ もこ わか > ビ かく 3 ほ ダ, , 

£、 頻 に 話して 居る が。 襖の 外の か須 美に は、 話の 筋が 少しも 解ら す。 鬼に 角 澤さ云 ふから はは、 S 

ひこ ちが を ま だけ わか かへ つ こ、 ろ ねゐ s もこ • ほ, いべ k ^ 』 

彥 のとに 違; S ない さ。 愁卜 をれ 丈 解って、 却て 心 ハ 落ち 居す。 ゥヒ云 ふて 其 處へ這 入って 譯を 質す と も 

ひど W きも & どころ たか かへ < や ,2* こ ゑ か , 力ん 

ならぬ ので、 1 人モ ザく 氣を 揉んで 居る 處 へ。 か 多 香が また 歸ウて 來る樣 子に 聲 でも 掛けられて は 面 

だ 5 こ、 ろの こ もこ た の ザ はげ ^ もピ へや かへ る > た, か, 51!; . ^、ぺ ^' . 、 

倒ク ヒ、 心殘 して 其處を 立ち退き、 何氣 無く 甘 た 以前の 部屋へ 歸 つて 居る か 多 香 は 綾いて 這 入て 來て 



『あの 于、, 条 さんが 宜敷ッ て。 をれ から 晚 k ま 4^ 來ま すって!』 

- X き 

ゲずは 難れ あ ひ 日ので 出、 £ff. みに したお 、 ST お ま、 气名 if f 

i i じかん をつ 

て、 剩す a 夜の 五六 時間 亡 成て しまった。 

^ ハま (ふ ザ も L はらく S- や うしん まヽ ほ&し ゐ さっき こビ き をつ 

-須 は 今し かた 夕^ を濟 まして、 暫^ 兩 親の 前で 話 をして 居た が。 何 さやら 先刻の 事が 氣に 成て、 … 

; ry^ よ .01^ ぎの^ ゆえ、 ^本末の 確然 W 分らぬ だけ、 なほ さら 案 卜ら れ てなら す。 さ 云 ふて 母に ff 細 を 

ご ♦ さも きどが れ 5- S おき たち でき ft*- ひど a S i ばか 

似す の も、 流石 氣 が^め て、 例の 內氣の 質に は をれ も 出 來す。 只 一 人で 胸 を 苦しめる Ifr60 

Is -I tf b ろ ゆ *J ぶん ゐま ひきこ け さ はんぶん よ おはつ 

で、 が に て も &,! £ くない 敌、 やがて 自分の 居間へ お込み、 今朝 半分 ほ *fis みかけて SS た、 -初 

,8- し fi- ヌん £ ビ上 よ Co, さっき は をし かんが ひど M- さび ゐま 

1 の 新, を 取. ^出し。 讀む でもな し讀 まぬ でも^し、 實は 先刻の 話の 事の み考 へて、 1 人 淋しけ に 居間 

閉 籠りて 居た。 

•0 こ 5 i も £ A »• た あどね たづき ひね jjl せで こ a 

處へ 妹の. J- 芗香 は、 1^ 跡 追 ふて 尋ねて 求て、 『姊 さん、 何故 出て 來^ いの?』 

い B > を 5 へん C を t ん,. * ん みつ a あ 3 かほい ろ さ $ B や 

さ、 云 ひなから 這 入った が。 尙 返事 も 無く 新 &を見 詩め て 居る、 姊の顏 色の 何う やら 勝れぬ の を、 速く 

A- £ t> ぶん 3 じめ ねね をに かんが a 

も 見て取りて、 自分 もやが て眞 面目に なゥ、 『姊 さん 何 か 者へ てるの?』 

りて ズ ッ《覼 き、 込で、 叉、 『何 處か鹽 梅で も惡 いの? をれ さも 阿 母さん はか I 腿 貴 受けた の?』 

^、 さも パレ 1 さう k 1 心 k& ねる; お 須美も iiia 天顔 を 作って、 『十一 1、 お i 貝なん ど 受る もので 



すか』 『をれ t ゃァ 如何した の?』 『只 …… 少し …… 』 『妾が 先劍 あん たから 怒って るの?』 『f 

も か 前 k 怒る 樣な事 は 無 S?H& いか』 『だって …… 4- 庭で 船さん が i を 1! ん だの を、 が i 舵さん に^ 

は „ こどね ね たこ 

發 たから …… 』 『なんだ チー、 もんな 事姊 さんが 怒る もんか 予…… 』 

たか もこ タれ g„J<, ^ い 

か 多 香 は 少し 焦 思った さう 『それ ぢゃァ 如何 L おのよ ゥ? 云つ. K つて 可 いぢ や あ 6 ません か。 

わたし しんば い 

…… 妾 は 心配 だタ』 , 

さ、 逢 《 て 見せる 愛らし さに、 ぉ須荑 も 機嫌 を 直して、 『をん な k>MM する HJ は あ, ゃァし 》ぃ0 g さん 

た rvij かんがへ &ど あ かんがへ leg 1* に まへ- L9 

は 只 小 ンし者 案 事が 在 るんだ よ』 『者 案 事?…… 何 ィ?』 『4- 前なん どの 知った とおやな いよ』 『i てる ク 

當て、 見 まし やう か』 

4- 須美" 少し 嘲ふ檨 は、 底 笑 を 沈めた 眼 をして、 ^が纖をザ《5さ2^なが,.^.&たるなら|虽て>4^ 

ん な!』 

たか わけ * ,5 あ した an きものき おも a ん: a & 

か 多 香 は- 譯も 無 く、 『明日 は 何の 衣服お 着 やう^ 思って、 をれ で 者, へ て 居 るんで しゃう』 

^うです 左檨で しゃう ト、 云 はぬ 斗 .0 の 得意な iio .^pttp. あ? -さ へばぎ &の Ire 据 S5 

堪ゥ かねて、 、 、 、さ 笑 ひなから、 『噯5.1, かァ C 多 香ち やん ぢゃ ある ま S J-0 衣服 なん^で をん な 

しんぱい 

に 心配す る もの かチ』 

さ、 無 造: 打消されて、 お 多 香 "^細らし く^を Si -、 またお に したが。 ぎ I: も, かぬ S 



? わか わた .JL つ 

檨は、 『ァ ッ 解ゥ た、 妾 知 <る0 



.J ん ばい 



あか 



ふ 風で、 『よう …… 敎 へたり て 可 いぢ や あ 6 ません か』 

*V あね ひざ ゆ もぶ ふ ども a ね だ 

云; S ながら 姊の 膝を搖 振った が、 不圖何 か 思 ひ 出して, さも 

A, ^ & らん さ S こ l/^u 

當てゝ 見 まし やう か』 『當 て、 御覧なさい!』 『澤 さんが まだ 來な いもんだ から、 をれ で 心配して るん 

でし やう』 

.* P- さん あに ほ. J s もん は を や さき さも^ あ; J も *J 、 、 、 お f リ 

がぎ 三! 當らす さ雖 も、 正鵠 を五寸 さは 離れぬ 矢 頭。 流石の 姊も 少し ひるんで、 思 ハ中頰 を 赤め たの 

£ ^ Bb, みビ よはみ つ .& つて がら かほ あた I 

を、 タ香ハ 速く も 見て取 ゥ 、弱味に 付け入て 手抦 顔に 『ジ ラ當っ 4^ く』 

《十 掬》 

^ S ^ * &ひノ * V ばつ も 5 ぁュ ひ <c ろ を ぶ W ちょち atSJ も かげ 5!^さ0 き 

ぎこ そ 〔仃 かぬ、 4- ダ 夕香ハ 中々 の利發 者。 姊の 日頃の 蘿動 やら、 また 女中 共の 陰での!?、 聞く さも 無し 

. ff t さ 3 A んけ <; こ i ど ゐ ゐゅも こんや も み { つたく ► * 

i^;^ がに g んで、 4- 須 IK^ 澤 さの 騙 係ハ、 小 供ながら も 疾く猜 して 居る 敌。 今夜の^ 須 美の 屈托 も、 考 

IK;siis た 一 i から、 お 1^ もれさ i.- ながら、 1 ざいい! k い ルて餘 所 を 指し、 姊の 由斷を 見澄まして、 

やがて Him を i えた デの ¥、 をれ さも 知らす 化 冷笑った 姊 よ.., は、 寧 $1 かに 上手で あつ.? ^然し 元よ 

.OS1 い はた i ましく、 ii も i つて Ilk のか 《夕 铲、 りたら ねぬ i もしい 其 心底 J 



く は を^め。 態 さ £; ち 解けて お 多 香に 向 ひ、 『多 香 ちゃんの 云 ふ 通.?. 

もれで S さん" してる の』 rfSi つて >"Si だ ク! 0澤 さんが 來 たら 歌が るた をし やうで」 思り て、 機し み 



»*tvT- ら . この $ へ L さ、 9 S そのち ゑ 力 i k l^oi 

を、 S も 節 1^ 知らぬ では ll かつた 敌。 此上 tt 仔細 を 打ち明けて、 をして 其 智惠を も 借ゥて 見やう さ、 漸 

を せ おもい おも k 

敌晚だ Z: う^ 思 ゥ て, 



若 み 



づ 



三 七 



. お ぉ财 ^scffiE^ 



UC is >tt^^s 




. , る > いったい をん e 

比して 居る のに。 …:. 1 體 もう 何時?』 

^ ち.^ < ろ 5 へ たき さ けい か、 S- 一 fe 'で 

4- 須荑は 地袋の 上の 置 時 を 顧みて、 『オヤもう 七 g だク』 『七^? ほん,, J に^.^ したんだ らう 予。 m 

さんが 來 なくり ちゃ 百 人 一 首 も 出ず やしない ク。 …… さんに^ n りて、 ^い 酽れ る^に 戯 たのに 

J 

く 何 S か约. -、 がまれ て ILi に ん腐。 …… お I も i がは^ S だけに、 酽 のお の i 酽は n ほ^. - 

知らぬ 敌。 姊の 心配 も 只是 のみ ざ 思; 3、 さて は 其 同意お 現 はす ひ 

^須 美は齒 痒く 思 はぬ でも 無 いが、 何 を 云 ふても また "おは 端の ゆか 气% をれ を まへ て T ハか しい 1 し 話 もな 

ら ぬに、 艾氣 を變 へて、 『多 香ち やん! 4- 前は澤 さんさ 1^ さんさ 航? :- が^きお ィ?』 『i さんさ;^ さん 

さ …… 云 n なくっても 知れて るク』 『@„ ?』 『澤 さんの 方が 可い ク』 『き いさん は 鎖い?』 『i だク。 

一い た しゃれ ひど わで さわ は 5 よ? %ij、 

ほん^に 平さん は盧飾 家ね >lo あんな 人 …… 妾ハ澤 さんの 方が 餘 ^好い』 

さも あらん さは 思; S な、 がら、 をれ も 威 は姊 への 義ぎ では i からう かさ、 もお Is^^ なく、 P 

の 嬉し さは 押し 隱 して、 表面 を 繕 ふ 不年顏 。『さう,, :,:: だつ v4" さんも^; Ss 対お やな いか』 『E£ く 

つたり て 嫌, たク。 …… をん なら 姊 さん 好き?』 『唯々!』 『う をく、 ^ばつ か. 00 封^, いた プ、 附 が 

さんに。 姊 さん は鐸 さんが 好きなん だり て。 さう して 澤 さんが、 ぁ莉 のおさん はま るんだり て 卜:』 

ff¥ i は&れ あめて Igigo i く/き i られ て、 い 何 f 傳の きい &れ、 E も f 



5 れ ていた か むか こど まへ にやべ 

嬉しくな つたが。 さぁらぬ體でまた.^H夕香に向ひTをんな事、 4^ 前 饒舌る んぢ やな いよ』 

わざ 3 しめ いまし かひ * & しやべ みん を しつ L かた を 

さ、 態ゥ. J 嚴 格に 誡 めた 甲斐 も 無く、 『饒舌ら なくった つて、 一 同もう 知て るタ』 『まァ 仕方が無 いね ェ』 

つぶや 5 'ら 5 れ a づ . 

咬く S は 嬉しい やら :… さて 恥 かしい やら。 

きを け ふ はもし い ク ほ、 き おも *a ら. りか あ., 一な SJ_ 

をれ につけても 氣 k 成る は 今日の 話。 こ. やもう 寧 も 母に 聞かう か 亡、 思 ふ 折から 廊下に 足音。 や、 障 

C ちか をつ かろ せき ほら ひ たし は、 こ ゑ 

子 近く 成て、 >1 I ゾさ輕 く暖拂 をした は 確かに 母の 聲 であった。 

《十 一 掬】 

は、 き はは ひ <;1 やう だ 5. どもし ば はらし W ぎ ひった てみ、 $ i かま ゐ は、 

母の 來 たらしい 氣 勢に、 姊 妹共暫 らく 談話お 途 切らせ、 引 立 耳に 成て 待ち 搆 へて 居る ど。 やがて 母のお 

たみ しづか LA?rtJ は あ f づか へや 5 ちはいつ き 

民 は、 靜に 膨 子 .v」 押し 明けて、 靜に 部屋の 中へ 這 入て 來 た。 

もみ c ぶん. L ゐ s£ 'せん ざぶ どん ど いも ほ、 せ き 6 ふ たみ お ほ は か 

か須美 は 自分の 敷いて 居た 友 驊の坐 蒲 画お 取って、 急 S て 母の 席,^ 設ければ。 ;-民 は 『大きに 憚ゥ』 

かる ゑし やく つ ^1 り 4- へ ズ . し み を" ものな も かほつ き た だ 3 も しんぶん 

^輕 く會释 して、 其 上に 坐.^ 占めたが。 見れば 何 か 物 思 はしげ な 顔色" 只默 CN たま、 で 拾て、 ある 新 M 

K 見 る^も 無し 手に 取.? H げ、 讀 ひ^も 無しに 目お 注いで 居る に。 か 須美も 何う やら 氣が 置け て、 

こおら は. & お をむ &ん& .S 、、かくひ ばち を はち か ほ、 3 へ 

此方から 話しかける HJ 牛" ならす。 同じく 無言で 居た が、 やがて 云 は > てれ 隱 し;^、 火鉢 を尙 近く 母の 前 

へ 寄せつ けた。 

たみ その^»、ひ ? * ち ふち かたて みぎ て ちょつ どなび s へね さ み きつ をば ゐ 

か 民 は其儘_ 火鉢の 綠に 片手 かけ、 右の 手で 1 寸帶の 上 を 押へ て 見て、 -观 めて 氣か 付いた か、 傍に 居た 

ft かふ かへ まへ なくら さよつ どた つか ゐま W たばこ どつ & 

か 多 香お 見返りながら、 : 『お前 于、 御 i 古勞だ けれ^も 一 寸阿 母さんの;^ 居間へ 行って、 か 煙草 を 取て 來 



7. ま. たばこ ほん 《" ク&- きせる ひ ばお 

ておくれな』 『か 居間に あるの?』 『ァ 、、 ぁのぉ煙草盆でも持て來てかくれ。 をれから.!^^煙管は^鉢 

もば いっしょ 

の 傍に あつたから、 1 所に!』 『ハイ』 

た か と、 ろよ へんじ せ を ほ たか め f あね かほみ る あ ft お <3 か t 

か 多 香 は 快 く 返事 はしながら、 何故か 尙モ J;- く S 立ち 兼 a- て、 妙に 姊の顔 を 見て 居る に 姑 は 大方 

♦?Q こわ よはむ し くら とわ こビ i お 

猜 して、 『また 恐がって るんだ よ 、弱虫お Jt>r』 『だって…… 暗い もの』 『恐 S 事が ある もの かチ、 家 

も か を さっき ひどり き くせ 

の 中お や 無 いか。 先刻 は 一 人で 來た 癖に』 

も み たし ね 3 きた かも t げき ゃミ ゆ 

さ、 か須 美が 窘める ^。极 が 負けぬ 氣 のお 多 香、 少し 激した 樣は、 『おや ァ 行き すよ』 

いき ほひよ た あが ろ 5 か で おも L?c i ばか 

勢 好く 立ち上 ゥ、 廊下へ 出た かさ 思 ふ^、 障子 も 震 ふ 針. CNk ドゾ くく。 

たみ あど み ねく てんば あ f>KW 

4- 民 は 後 を 見送りて、 『ほん さ k か轉 i だチ, '0 あの 足音 は!』 

も み K がわら ひ へ い • み もべ お ft- 

か 須美も 苦笑 をして、 『また 平さん 見た S に 滑 倒ら う^ 思ゥ て』 

ゐ S またら S か を こん つや S こ まづ かひ ども ジ たか S ひつけ 

€, 咬いて 居る 間に 廊下 を 鳴らして、 今度 はか 飽 S 云 ふ 小間使お 供に 連れ、 お 多 香 は 命令ら れ たま 

たばこ. » ん もつ き ほ、 まへ つ つけ や $ も たみ ろ 《 れい い も ft 

まに、 煙草盆 を 持て 來て、 母の 前へ 突き付る 檨は据 へお が。 か 民 は碌々 鱧 も 云 はす、 直ぐ 二三 服 吸 J3 

けぶ w あ ひだ た か ..5 め か e や 3 s ばか わざ ふきや 5 か •* a t か 

りけ て、 煙の 間から か 多 香 を 尻目. ^掛け、 邪魔^も 云 はぬ W ゥ態 ^不興ら しい 顏 をして 居る ko か 多 香 

i まん がん しょく て もお ぶ さ た た 8-K ゝ あね みくら る ひき かへ ゆ つや 

は 5, よく 不満な 顔色、 手 持 無沙 a さう に 只 母 €姊 ^を 見較べて 居た が。 やがて HH 返して、 行く ぉ飽の 

*? お つや S .S つ i S 

後 を 追 ふて、 『オイ 艷ァ お待ちよ、 一 所に 行く から サァ』 

たつで^ 

もり か は 立て 出て 行り た。 



i は p のさし & かひ、 r ず- fei は も だらぬ る R、 iffpfo お § ロハ 煙草の 

み r して 15 れば、 ^p^6f n^. l^i に r て、 i らし さ J 眺めて、 また 大切 

its<ff g らく はお i ピ m べき あ ¥ i も itsg の 中に、 何やら 1 物 

おれば 乙 を。 

酽ゲゎってぉ^は、酽1/1^だけにまづ^^をひ凯ぃて、 『か^ IK! riii 彥 がまた 求る さ云ゥ てた さう 

だが、 まだ 見えない 樣ぢゃ 無 いか』 、 

^云へば、 か須美 は俯視 いたま、 で、 『さう です チ I』 - 

i0^0. f0f. |£ き は I かりたが。 やがて 叉 S は、 意咏? 氣に i 

IP: «- お ほか ^ ビ *J 

I? の鼸を 、鍵 ひきし にの is て、 『おお > う^やし まいよ』 『さう でし やう か』 『自家よ. -他 好い 處が 

, L も いまや-き わか もの か 《 あて 

あるん おもの』 『ii です?』 『何處 だか 知れた もんお や 無 so ほん、. J 現今の 若い者の 堅 いのは 當 

も わたし あき かへ • , 

JJ£ 成ゥ やしないよ 妾 は 呆れ返って しまりた』 

さて こ を, ぎぎん なれち 獻て^ Is のか k4r か^の Si りた は^は 驚き もしな いが。 元よ. -此 一 事で。 先 

^から 鶴 を^め、 航^ も まられ た 2§ « でう^き 1! がしの なるべき、 吾 知らす 膝 は 向き 直りて、 『まァ 

も せ ねつか I 

何敌? 阿 母さん!』 

> ャみ お 0- & を ま &ま せっかく. たばこ つ きせる ものな、 Ltf 

はI^Jくkひ^へせば、 お 民 はさて る を さ 同じく 居住 ひ を 直し、 折角 今 煙草お 詰めた 煙管お 其儘暫 

若み づ 四 一 




若み づ ぎ 一 

たばこ S ん ぁづ #A-*J Z & ヒん も ひ y} c ま ビク へ 、お 

らく 煙草盆に 預けて、 少し 小聲; 成-^、 『ほん さ 飛で も 無 S 人お。 …… 今に 阿 父さんが か歸. に 成つ 

たら、 一 度 伺つ て 見る 積. だが。 まァか H き、 期う なんだ よ』 

3 くら た ど だ ほんもん き 

£、 枕詞 を 置いて、 さて 説き出す 本文 を 閱 けば 

まも ひこ L VJ ほ を どこぶ ちょ さ S ^ ^ & よ 53>か かせ も もの 5 お 

益彥は 知っての 通 As の ffi- 振,^、 細才の無sさ-^^ふ方では無sが、 まだ 世の中の 風 揉まれぬ、 其ー别 心な 

どころ また をん を か わ S どころ a- よねん あき レゃ »1 ん ほくく わ S くわげ つ ビき ほ 5i おか から を も w あかわ 《 "あが 

所が 叉 女に 可愛がられる 處 か。 去年の 秋^ 社の 親睦 會が花 月 さやら であった 時、 程近 S 鳥 森の 赤 襟 上.^、 

y^u c S わか げ 5-f> や f ク おも を どか. f ,や つ J6- つ 

何子ビ やら 云 ふ 若い 藝妓 M、 思; S 付かれた £ やら、 思 ひ 染めた € やら、 鬼に 角 もれが 病み付き さ 成て は、 

»> や じむ て を おの、. ちょ & 50 も だお けん seffl- ふみやせ こ ひ せ ぶ 

社の 事務 手に 添 はう か。 其 後 良く 無 S 朋友の 案內 で、 卅間 掘の « 宿;^、 乙 わく 戀の瀨 踏み をして よ 

き や 5 TV のお ひどで たの t だい ふ かみ 5 こん はて ぎ V W<SSJ わ を 

i 度胸が 据ハ つて 後 は 人手 を赖 ま卞。 次^ 深處に 浮かれ 込で、 果は 義理 も 德義も 忘れて しま ひ、 惡 

r~£ .は や $ f や かね さ げん この あ ひだ かみが い を S- q 上 ひ S ^ 

S 事 は 早く 覺 えて、 社の 金 を 少 しづ、 脉 ませ、 現に 此間 上方へ 行った 折 も、 ち ざ-旅費の 入 過ぎた も、 

みみ.. V0- ひ みち をの 5 へ 5 わさ き もの t IS る SS まるな び に. L ち A どぴき flK- もの 5 も ひこ f*- 

皆 其 引け 道 あれば 乙 を。 まだ 其 上に 噂 を 聞けば、 其 鼓が 春 衣の 丸帶 も、 西陣で 飛 切, の 代物、 益 彥が見 

た みやげ まぉ,Jのし.^?^'.5^^^っ -5^eんeっ みっか まも ひこ ひ SJS- L ま ね ひるま んし まわ も 

立て ゝの 土產 さやら 5 此 正月 も、 元日から 三日まで、 益彥 一 人で 仕舞って 置き、 白晝は 年始 廻, CS で, 

が よる その は 5 ひきど $ んばふ きょねん くれ や {そ{ あき &- 

忙しい が、 夜 は 其方へ 引取られる 寸法に、 ちゃん £ 去年の 暮 からの 約 東 。なん^ 呆れた もので は 無い か。 

あらま L こ ど ほ こ ほか «^ん こど tv- こ & は、 まゆ ひち 

ま づ大畧 は 此の 通り、 まだ 此 他に 如何な 事が あるか、 其處 まで はまお 閬 かなかった ト、 母が 眉 を S めて 

ものがた a- 

の 物語 

も み かね お ほかた こ ん こど i まの あた きみ はらた 3 たか & しく 

4- 須美は 兼て よ o、 大方 此檨な 事^ は 推しながら、 さて 面, り閬 いて 見る s、 腹 も 立ち 叉 悲敷も あるが、 



i はした ぎく Ir もで 出がねば、 , か のて 羊 で、 頓き もなら す。 m^ll が 頤を襟 は 狸め て、 手 は 何時の 間 

むね あ ビ S き ゎづ きこ a 

^やら 朐 k 當た. <y 太 息の み 僅かに 閗 えて 居 4^ 

齢ら くして お, Ik はま ひ、 『隠ぎ さん f をの 事 は 一 體 誰から か EI きな すりた のです』 『誰から 

ジて :… .ii ケ^- ケ% から^ S たの サ』 『おさんから …; ?』 『s. さんだり て、 まさか 噓も 吐くまい 

ま を トヒ こ,, や こ L や こ さっき S y ほ こん 

おやな いか』 『でも:::』 『をれ は 益 逢が A フ夜來 ^いの、 が 第一の 證據 だ。 …… 先刻 も 云 ふ 通. o 今夜 

は おか ありて!!^ ぞ だか ふ^の • 射へ、 t かて ^5 る kll ひない。 幅に ま 丸^る 4^ んて、 好い 加 减な事 を 云 

りて^いて、 …… a; 戰 は^^な P てまる か, れ やしないよ。 ほん さは 呆れた もんお。 をれ を また 眞實 

して、 I: つて ^5 るお ま キ^ん ま 艇 ぎる おや 無 S か。 …… 妾 はほん さは 腹が立り て 堪らな so 先 

; ^は M の で 1^ う 酽 つて、 か « ももう 酽 めません なんて、 辦 を^り てサ、 妒 どの 眼を昧 まして サ。 ほん 

さ は 今度 來 たら 思 ひ 切. ゥ云っ て 遣らな く ッ ちゃ ァ 』 

で, ぎが ^かせ I" まで IS 服して ss」 だけ、 ぎ., ノ i いて" T 曆憒 らしく。 若し 服の 前. に 居たなら 直ぐ 

^^ち, へ かねぬ 觀 ^ れば 何時か 股の 底に K を 溜めて、 餘程 悔しさう は 見えた。 

をれ も si。r>lil の- だ、 か& みから はま づ t がに Ir&i の で、 お &ノに 男子が 來ぬ處 から、 是 

をお £K の 鍵の i 酽 めた も、 il ぎ よは S ノ^の 挺 で、 をれ も^ Mi 辯 か 人物-を、 充 f Is した か 

ら である。 ^し ii^ が 据酽對 られ てから^ %"、 ,れ ど さ fK ふ^^も まだ f てぬ 敌、 將 东 舅 もなる 

I dJJI I U I ! 四 三 



ぺ& 人の、 信任 を まだ 全く 得ない 矢先き、 ^ii な $1^ を^ k がされて ハ、 _^歡の^^ぉ$:1ェふにぉばす、 

C ぶん ため めん ほく 《 'し& しだ: & はらた. • 5« e 

自分. 爲に 面目 を 失 ふ 次第 ゆ, T 腹が立り も 無理なら す、 i しがる も iiiwb ら す、 一?^に附|!んのか,£^ょ 

, ほ^ わ かへ た 

々" 简胸 C 沸き返る 烕; 3 であった 

然しお 須美 は、 無論 >仏:1^ めぬ では 1 いもの、 1^: の の El きから^ たさ^ S き に、 き 射 か 期 

/-1 ゐ > これ は、 L へ 5 き 右 つね まも ひこ e み あ ひ K づ 3 

を减 らして 居た ^云 ふ もの は …… 是は母 も 知らぬ とで、 平吉は 常から 益彥^ か須 美の 間へ、 おお 差さ 

C つ い r の ふるま ひ 、で たび < i ひど K を わけ .ee5 1^ ゝ、 >5 

うく さして、 實に云 ふ 忍びぬ 摩 動 も 今迄に 度 々o が、 元よ 6 人に 咄 された 譯 でもな S 故: 母.^ 射 ii 

または、 し g ゑ へいきお とどば しん おも こんせ こど 

けたと もな く、 叉母ハ をれ を 知らぬ 敌、 甲吉 の宫葉 も信玄 やう けれ をれ を 思へば 今度の 事 ,ど何 うや 

ら 例の 手で は あるまい かざ-、 全部 信卞る も」 ハ出來 なかった。 ^は 云 ふ もの、、 戀の § の は、 ^1^1 の 

お も を をら も f かせ ふ 3 わ ど かく こ やつ た ビ で 

鬼 か 棲んで 居 S 摸檨ゃ 風の 吹き 廻し で、 鬼 角 此奴が 躍. OS たがる。 

こんや ゾ 5- こ だ, S 、ち f.tL ほ、 こ 50 ば わ こ、 ろ 5£ をり ひま ゥ <; !«. 

今夜 來るさ て來 ない、 もれが 第 j の證 據^、 母の 言葉に 吾が 心を麝 かされる ち 1! 隙に がけ だる i 

ぎ ねん ひ を どころ けぶ 《- あが だ、 ゥ 3- 

の 疑 《fT 火の 無 S 處に煙 C 上らぬ 道现、 さて は …… もしゃ …… 

果 Iski も 吾から ビ^. -、 が れて、 ^さ^に g ま r の, i に^み^る io く酽け て^る sls、 が 

L?c あ ね わ ね & 

ラリさ 障子 を 明けて、 『姊 さま! 姊 さま!』 

さ、 例の か 多 香の 呼ぶ 聲は、 何事 かど & 4^ けば。 乙 は 鲈!: にか l^ln の g.k、 ^り は S しく siT^ 

た S へんお を 

う も 大變晚 くな ゥま した』 



《士 一掬》 

しょせん こ f&$ & まも ひこ いま ビっ せん あら いま、 で L んっ こ も, み; たげ , k 

もう 所詮 來ま いさ 斷念て 居た 益亲 が、 今 突然 現 はれた に、 今^^,1の心痛何處へゃら、 か 須美ハ 只 嬉しく 

かつ しばらく ; たが .S まさら めん 1*> つ め み むね fesj お. f ^^^^ . ) ^l^v , , 

且は 少時な. 9 さも 疑 ふたが、 今更 面目無く 成て、 目に ハ 見えぬ が 胸 は 躍る 思 ひ 挨拶も^ くく 出来な 

かりた。 

しか は、 たみ ビ fiw たけ feA- も こ、 ろ か S むし まも ひこ S L をのつ ら, .? と ゆぶ. - k 

然し 母のお 民 は、 老人 さう 容易く 心 は 變ら卞 寧 益彥の 何も 知らぬ 其 面色 か、 まだ 猫 を 被る かも 

かゝ 9 はく ね も f f& め &の かほ っゐ や、 こ W ば |» まへ <*と S 

却て 惽 らしく 思 ふかの 檨に、 凄 S 目 をして 其顏を 見つめて 居た が。 稍お ゥて 言葉 銳く、 『か 前に 少し 云 

こっち き 

ふとが ある、 此方 へ 來て おくれ』 

^ たお あが 3 も ひこ さら がてん をが ー *^>ん .HI よ 5 „ —^^ん • » 

云って 立 上る に、 益 彥は更 合點の ゆかぬ, If^ らも、 『ハイ、 何 ど 御用で …… ?』 『何でもい ゝ から 此方 

へ お出で!』 『ハ ィ』 

き み わる/ \ま も ひこ たみ.?. あど つ をの ゐ ま は 5 で > > 

氣味惡 々益彥 はお 民の 後 を 尾いて、 其 居間の 方へ 出て 行つ お 

ビ のこ もみ S らき きも 3 も ひこ 5 たが こ、 ろ > は、 むね 14f ^r- . , > - > だ/^; . 

取ゥ殘 された か須美 は、 更に 氣が氣 で 無く、 益査を疑ふ心ょ<^は 母の 胸 を w-^ 兼ねて、 もしゃ 大事に 

たよ い ま こ * ろか- あどつ s fe み & 

及び ハせ ぬか^、 今ハ をれ のみ 心に S つて,' 後に 尾って 行って 樣子を 見た くも あ,.^, をれ も はした 無い 

ま みづか た L を た ひど た & & たつ . こ.; お 

芑叉 自ら 窘め、 只獨. CS 立ゥた 4 居た. :.… 居ても 立ても 堪ぬ 心地。 

しか もビ f& X も み た a て ださ わ た わ かへ おも ひ せ .HL 、こ、 -、、 

然し 元よ. 嗜 みの 善 S か須 美、 外面へ 出して は騷ぎ もせす。 只 沸き返る 威 情を狹 S 胸の 中に 疊み a み 

_3 ヒ て たさ み つく わ もた か わきめ ふ いっしん いの まも ひこ み .《 おは 5<^ク 5 ^ 

» い 手で をれ を 押へ て、 身 を 机に 憑し 掛け、 脇目 も 振らす 一 心に 祈る ハ …… 益 彥の身 持 :^歸 は盧 構で あ 

一 ■■■ 一一 一一 一 -5 一 i 一 H5 _ ^ hi ■ j f e L sm sJ g jJ ま 一 一 l ijg-F inslu Jn. 55 U1 :|<ー 瞿 輦 5£| 鼉 w_u_fl 一- 一 一 疆 ー| | 醫 隱 II 画 画 ■ ■ I II 一 snw l Im 瞧- i ■■ 邐 蒸 | 邐 - § - 屬 匿観 |三 = ■-_ i 誦議麗 一一 一一 画 匪 画 I — ani i nn 

若み づ 四1 



K ゝ はらだち はや た s 'これ 

れ かし、 母の 腹 立の 快く 癒え かし さ、 …… 只是 ばか, CSO 

つゆ さど たかさい せん S 1 ま を ひこ がた み た 5 'どら .S つかさ てがら 

さう さ ハ 露 ほ.^ も 悟らぬ か 多 香、 最前から 待ち k 待った 益彥 の、 を 見る よ. 直ち 捕へ、 1 角の 功勞 

L &ゃ 5 けん ほこ かほ こ、 ひつばつ き たお-ま S 、たや xa t ばみ S もみ 

を爲た 了簡で、 詩. < ^顔に 此處 まで s; 張て 來た もの を、 忽ち 母親に 橫 * され、 また 傍に 見て 居た.;^ 須美ま 

ft& まお こが み かたせ さし , ど し かほ. L か こ ふき <>5 だ S 

で、 …… 同ヒく 待 焦れた 昧方 同士で あ. ながら、 止め もせす に 知ら-ぬ 顔、 而も 何處 やら 不興 さう に、 默 

i かんが a たか せっかく は S あ ひぬ はらた や ほ 、る まほ, 9 

つて 何 か 者へ て 居る に。 .fH 夕 香 は 折角の 張合拔 け、 叉 少し は 腹 も 立って、 悔しさう に 母の 居間の 方 を 

ひせ たつ か せっかく ゥ きさ ほ *c よ 5 あど 3 tfc ,r 

ながら、 『酷 S 阿 母さん だよ、 折角 連れて 來た澤 さん を …… 御用なん ど は 後お りて 可い のに …… g く^ 

fi. た でき ね 5" い よ 

つち ゃァ 歌が るた も出來 やしない。 姊 さん 行り て 呼んで いらっしゃ いな!』 

S あねむ &ん たか いよくち れ わた... い つよ く 

云 りても 姊は 無言、 お 多 香は彌 々焦 思て、 『おや ャ 妾が 行て 呼んで 來 るク』 

S ゆ あね いそ が よど たかおよ 

さ、 云; S ながら 行かう 艺する さ。 姊は忙 はしく 呼び止めて、 『多 香ち やん 御 止しよ』 

か 多 香 は不轡 さう に、 また 不 le« さ うは、 『^故?』 『今 行つ ちゃ 不可い!』 『如何 かした の?』 

どかへ あね ぺん か. S . あ 5i! また だ S5 たか へん たも 》1 ば U め 

さ、 問 ひ 返した が、 さて をれ; bdtt 姊も辯 解を與 へす、 X 默ゥ てし まふ .J- 多 香 も! 思って 暫 らく 透 

ら また ゆ ゆ あね 3 た あはた s- い :&け *&S 

巡ゥ たが。 X 行かう さする 敌姊は 叉 速 忙しく 『行つ ちゃ 不可 ッ てば!』 

こ &も おから いせい たか がってん かほつ き もせ だれ &, やくさ/ 5 

さ、 小聲 k 力を入れて 制す さ。 か 多 香 はいよ く 合點の ゆかぬ 顔色で、 『何故? 誰かお 客檨が あるの 

& よ 5 をん. S ■»* へこ、 & つまら 

? 御用が あるの?』 『何でも 可い からか 前 は此處 にか 居で!』 『だって 不偸 快い.^ や あ. ません か、 

せっかく 5 は き S つた SS!i 5 

折角 澤 さんが 來 たの ::1 體 如何した の?』 『 』 



(ま , た A ,s きみ 3. お る 3 で ゆ ゑ もみ またお ろ e ぶ A の,.、 ? ゝ V- >、 

今 はか 多 香 もも かしがって、 突然 立って 居間 を 出た 敌。 か 須美は X 驚 S て 自分 も 伸 ひ あか.? 力ら 

いけ; ォ わたし f を み { I 

『ァレ 不可い ッ てば!』 『よくって よ …… 妾 は 檨子を 見て 來 るんだ よ』 

さ、 一が; 5 ぎて \ お!: か.? > する。 今 ttib ん でも 止らぬ さ 思り た敌、 …… 4^ 須美 も琉 石に 才子、 一 策 を 案 

卜て 閱 えよ がしに、 U 多 香ち やん、 ジラ何 か 出る よ』 

? ふさ。 . ;-ぎ isir い 『ァ レ ッ』 £f んで、 ぎぶ ii に 引返し、 『ァ ラ 鎌お ァ、 姊 さまお^ かすんだ もの』 

『をれ ぢゃ. r 々止しな!』 『お ゥ て 』 

こんせ もこ- V ね くび vl-、 からだ ゆ もぶ i S ち つぶや a 1.$^^^^}^^^^^ 

が 小み し 違^ は t め、 首を^め にして 體を搖 振.^ ながら、 何 か 口の 中で 囁 S て 居た が。 其赌 丁度 違棚 

の 置 時 ft が 鳴った ii、 か 多 香 は が 付いて 其方 を 見ながら、 『ァラ もう 八 時お ク 。早く 始めな くち ゃァ 

, しゃ, > V* & もこ ま だん >s> - な-で $ 

仕樣が 無い ねュ 。よう 姊 さん 行 ゥ て 呼んで 來ま しゃう』 『まァ もう 少しお 待ち!』 『だ CN て 段々 晚く成 

てし まふ ク』 

たか 5fc こど.. 5S き & a ^.-3 さつき a つや tit ま づ かで k も i ばれろ> 

さ、 .T; 夕 香 はま だ 歌が るた の 事で 頻. y に氣を 揉んで 居る 驗。 先刻^た 艷さ. s^»^ii 使 か ぉ須 美の 處へ 

き ねん (-t- や. 3 いう びん もつ はい & i ちゃ i. さま - . , - 

來た 年始 默ら しい 郵便 を 持て 這 入って 來 ながら、 『か 孃樣 まお でム S ます か』 - 

たかた ヴ t A を ださ. *- かほ おつか a X3 3% 

さ、 か 多 香に 尋ねる さ。 か 多 香もう 泣き出し 相な 顔して、 『をんだ か 阿 母さんが 御用が あるって 獰 さ 

んを 連れ て ゥ てし まふんだ も の』 , 

S もみ. y ば ズザ K ね a を. I -,. f » 9 

云 ふ £ お 須美も 傍から、 『何 か御詁 でもして 居ら ゥ しゃる 樣かィ ?』 

若み づ 四 七 



若み づ I 四 八 

& fi した ろ か つや ijby げ を L づか 

をれ V」 無く 樣子を さくる 下心、 然しお 艷 は何氣 無く、 『い ゝュ、 なんだか か靜で さ S ますよ』 『さ 

うか ィ •::• 』 『をれ ぢゃァ もう 御用が 濟ん だんだ から、 呼んで 來まし やう』 『をれ に 只今 平 さまが 入ら 

つ しゃいました よ』 

こ S ゑい をみ おせろ . へい , い 3 き る 

さ、 小 聲で云 ふ か 須美は 驚 いて、 『え? 手さん が? 今來て 居らり しゃる のか ィ?』 『い、 え! 

ちょつ ど だ. &sr ころ S さわ き t さき ほせ さほ た *; で 

一寸.? -臺 所まで 入らつ しゃ いまして、 ァノ澤 は來 てる かさお つ しゃいました が、 先程 澤 さまが 御 入來の 

so き たつお か あど たづき こ S く < そ 5>50 ほ お e; で & 

時、 立 岡が 後から 尋ねて 來 たら、 來な S さ 云って 與れ さおつ しゃ いましめから、 其 通.^ 御 入來が 無い € 

i へん もこ をに かんが ゐ わたし き こど をい 》1 よ 

申します ビ を SCNtt 變 だト、 少し 何か考 へて 居らつ しゃいました ッ けが、 …… 私の 來た事 は 秘密 はし 

くだれ. S < その! S*. &そ S ゥ L 3 ひ あ を さり & 

て 吳れ、 誰; も 云って 吳れ るな S おっしゃ ゥて、 其 儘 急いで 行て お 仕舞 遊ばしました』 『澤 さんが 居な 

い^ 云 CN て 吳れッ ておりし やった のか ィ?』 『ヘイ』 『平さん が來 たの は 秘密 、たって?』 『ヘイ』 『务 

を か へん &ざ - -u ねね へん まへ こビ 

ん だか 怪訝し ぃチ』 『變 でム いますよ』 『姊 さん 何か變 なの?』 『お前の 知った 事ぢ やない よ』 『ほん 

ね. S S ちわる , 

さに 姊 さん 意地 惡 だよ』 

5 ら M- みか ほ もみ もお ひどが てん この どき もこ まゆ ひら や 5,* 

恨めし さう にか 須 美の 顔 ザ ロウ。 か須美 は 何か獨 ,0 合點 して 此時 少し は 眉 も 開けた 樣子。 

******** 

K み 》> A は まも ひと たみ つ ゐま き L さ&. J ゆ ゑむ ね さ をが *. も 

話 tt 變ゥ て益彥 は、 か 民に 尾 S て 居間まで 东 t< したが。 まだ 仔細 を 知らぬ 敌、 K は 流石 安から す、 お 

たみ を ほねち つ ゐ かへ ゥ 《i* き み わる い つ さ 5 

民の 尙落 付いて 居る だ. け、 却て 薄 氣咏惡 さは 一 層であった。 



若み づ 四 九 



BaBBSH— s - Si5 s88!pg50 " . . V : J LJ たみ こ >J は あらな い た こ jJ 

で 『I おは、 S か Isf いて i< かに か の 鼻息 を g りて 居る も。 民 tt やがて 言葉お 改めて、 『s ひ 度い ま 

ib. ク まへ もこ さつ も だい 、おわた L i 

さはき でも が、 4- 前キ、 少し 氣を 付けて K ら はんさ, 第 1 妾が 困る から』 

さ、 りたよ .0 はお M かな i まぜ ^し, i の ii に は 得て 針の ある もの さ、 S 彥も 更に 油き 蝕く、 極めて 

か いしん S き,、 k r トコ 

戒慎し お 語氣で M .1』 

'i : ? ; «,>f-xvs こ i こ V! S ゼ S:* へ わけ わか け ふ 3 へ, *( > 

か slttilE お^ S で、 『唐 Ik に此 様な 事、 ど 云 ひ m して は、 お前 も, 辟が 解る ま S 、が、 今日 か 前が 歸クて か 

わたし たつを か いや はさ a- . n 

ら、 妾 は 立 岡から 嫌な 隊を 聞いて』 

さ、 1ム ひながら ぎ^の 群 I ひ^らす i に、 『^ゃ"-^ぉ『Eの&mから、 决し て其樣 な 事 は ある ま は 思 ふ 

、が、 …… 1^ い ¥ は ii いは も S らす 、よし si 搆 にした 處で、 をん な 評!; を 立てられる 芭云ふ もの は、 つ 

ま ゥ かまの 1^ に, 1 がわる からで、 さへ 確 手して 居れば、 人が 何き K はう さ、 ちり さも 恐^る、 と tt 

r : ^ g ゝ いま ざ、, じ C せつ e5 ぶ AftB つ ほが ひど かれこれい , f , み もも 

ぎ c、 に は今ギ 大切な 時節 だから、 1^=<分氣を付けて、 怪我に も 人. に 彼是 云 はれない 様に 品 

?, も 5 も L んょ. n なた i み あ St つ ► , 

を if なけ, れば がらない。 若し 良人の 信用 を 4K つてし まひ、 叉 か須美 はも 愛想 を盡 かされる 様に 成て し 

まへば、 IMl しも" I まして、 Slil は てがたの, が、 露白 おの 1 は 成て しま ふ。 今 も 一 寸かぎ 美の 氣ぉ 

(て F たが、 «は よい ill に ,41 事お 用 はせ ぬから、 ま づ大, ヌ夫ざ S りても よいが。 氣に掛 る は 良人の!.^ 

、 ti'it し しん 上う stc ひこ ばう とま つね .S ゐ ヒ S 

獻、 I: う もま だお-前 を mi 刀 信用せ ぬ樣 子で、 益彥 もまお.; - 坊さんで 困る さ、 52 からさう 云り て 居る 時 

だ" ら、 右し, も、 の^へ 這 入った 日 J ^は、 何う 風が 變 るか 知れ やしない。 をれ だから 妾 



しんぱい このち わさ S も どころ ほこの 《. 'へ みもち ク/ -L ひど ろ ゆび f < 

が 心配して、 此噂 ハ よし 厳 搆^ した 處で、 尙此土 はも 品行 を 慎んで、 人に 後 指 をさゝ れぬ樣 はして 4- 吳 

S へ .t^ の 

れさ、 くれく も 4^ 前に 賴 むのお』 、 

まこ どこ たみい けん ぶか i めい ま を ひ. J ftti び き る や、 

さ、 具實を 籠め たか 民の 意見、 深く 肝 i:^ 銘ト たか、 益 彥は只 首 を 垂れて Ms て 居お が。 稍々 あ ゥ てお 

たみ むか ひた ひ あせ ふ だんく *y S けん e ゥ あ W がた <j ざ たつお か そ ん こど ま 5»J あ 

民に 向; 3、 額 上の 汗 を 拭きながら、 『段々 笆の 御意 見、 實は » 有う 厶 います。 立 岡が 其 檨な事 を 申 上げ 

わた. <f > ゆ だん ちが あ をな かげ か い み ぶん これ 3$ L 

たも、 つま ゥ 私の 油斷に 違; 5 ム S ません ので ::: 貴婦 のか 蔭で 期う 云 ふ 身分に な. os、 まだ 是ど^ 申す 仕 

& ど .sft t ん はち ( .S かふ かく け ふ どし ども た 》*,L ひ 

事 も 致さす、 うかく 今日まで 暮らしました ハ、 如何に、; 不 覺で厶 いました。 今日から ハ年 S 共;^ 魂 も 

い か きジビ ぺんき や ういた ft も あた け ふ たつね か さっき ど やう たく ね 

入れ替 へ、 屹度 勉强 致します。 ::: をれ はっけても 思 ひ當. y ます ハ、 今日 も 立 岡が、 先刻 同僚の 宅で 落 

» ビき ta- わたし も、 せひ そ くわげ つ つる S こ VJ を^ < き 

ち 合; S ました 時、 頻. 私 を 進めまして、 是非 其の 花 月まで 付き合へ さ 云って、 斷 はっても 中々 sg きま 

ゆ ゑ あ いまい あ.!^ さつ お もき み t& た K たゥ 

せん 故、 瞹眛 4, 、 挨拶 をして ft いて、 間隙 を 見て をゥさ 此方へ 通げ て るた ので ム います』 『をれ で c 立 

おか * まへ さも を ほ 51 きょね, C .,ーん^$くくゎぃ あ もこ J« ゐ .y の& .S お SHJ 

岡 かか 前 を 誘った のか』 『ハ ィ …… 成る 程 去年の 親睦 會に花 月へ * りた? あ, 9 ますが、 其 後 一 度 も 

i かへ つ たつね か じみ さ t う たった か あそ s こど わたし をい < 

參 つたと ハお. ません。 却て 立 岡 乙 を 馴染な のです』 『左 檨か。 …… 立岡の遊.^^云ふ事ハ、 妾 も 内々 

f« ゐ * , み. *e ぶん こど い ゐ ね ほかた そ ん とど &ざ f> か 

M いて 居た か、 をれ で C 皆 自分の 事 を 云って 居た のか』 『大方 其檨な 事で 厶 いまし やう、 :•:• 然し まだ 

<- たが ひ くわげ つ ビひぁ a &ょひ こ ど { は... 一く ほ& 3 ん しゃ Bfi, 

か 疑念 か厶 いますなら、 花 月へ か 問合せな さ S ます さも、 …… また 旅費の 事 も、 委 敷, 罰算 して 社の 方へ 

だ: I をのち や 5 ほ S らんく だ ちき わか f£ わたし JC つ 

出して あ. ますから、 其 帳簿 を御窗 下されば、 直に 解る Hi で,^ さ います』 『をれ 元よ. り 妾お つて、 立 

すか い こど 》J ん / あ 3 ほか 5 を S ひ ビ ^ 

岡の 云 ふ 事な^ を 信じ!: せぬ が。 …… それにしても あま 6 淺 墓な ffi 搆を云 ふ ムでハ 挺 IS か、 あ 5i で 社務 



が&れ るの か^ら?』 『*5ハ1^で.$^ゎま6評判ハ^05敷無ぃ方ですが、, ;… 然し 决 して 間に合 はぬ 人で も 

C む *1<S ぶん を どころ „ 

あ. ません、 事務に ハ隨分 慣れた 處もぁ 6 ます』 

さ、 i なが 4 きをして f が。 rt^ii も, fk" い あまき f ば 失 I 讒訴に、 心中 Is 

it て、 おれ か 11 ひ^らす ど さ、 ?;^ - かに 寧 を 握- A めた。 * 



かれ 夕 r? 避- 4?、 ^ffffkt m0^. 『ii 、御用が 濟ん だら 歌留 

: ,-65 は、 たみい さん 5 き げんよ 



れ夕 しまし やう!』 ち^ を歡る さ。 母の ^民" 3 前 さ 打 ゥて變 りて 機嫌 好く、 『さァ もれで n お始め 

わなし よ .5. くいつ *sw 

なさい ;… 妾 も讀み 役に 行て 上る から』. 

tss.4i ち おれば、 ii あいてで 岀 てぎ、 『を 5、 ハ始 I しゃう か。 S 香さん 負かし ますよ』 

£ 1 まや ュゎ よ ^ 

『黥さん こそ、 iii に^けて あげてよ』 『ま 夕香、 早く 姊 さん 呼んで か 出で!』 

f0o •:: よ さ お-の 酽 まで^て!^ たか は、 S をく さして 出て 來て、 『さァ をれ 

で n 始め まし やう』 た.' J に 

€, fs ながら T¥:f r み、 函き 。はせ た。 i fffi iss 



若 



み づ 



五 1 



は u i§ r,0^fi0 



— ぼ ほ カネ き 

翁國 IR^^IIf 嵯哦の や 主人 

ひ く 地浩き岩吋 き" てき i&f 、 if 結んで r の 風 i か. f 、 i や S だん 

is の -裡 に 立り は、 其 人面 は 白き こ IB あの 如く、 観 長く 垂れて 胸 を 過ぎた .o、lTi^pr^t 惜 

唇、 眼に M の? かけ、 の fg めて、 P 元 iii たるに、 綠の ft? 央ょ 基け 

て 肩に 垂れ.^ る、 .一 見 凡人の 種なら さる を 知る ITi. 是を 是、 誰. 4i す、 是は是 K^;< た,!: 五 S の 

御孫 にして、 曰 本 量の 大帝、 iiislLit^^. 滅 f i の f なる ま 

衣の 白き 筒袖の 長 衣 を 召した まひ、 gg に は glnl をが て ii したる^ 前に 結びて 長く 垂れお まひ 

たるが、 量の 風 に飄 へれる 美し さ、 ifeirig へ かけて: の I 載 まて 製した あ 

玉の 飭を かけた まひ、 59 の 御 ® に附 たまへ る が は、 ず i^ks^ して 射て 落しな a ぬるお き a 

の 羽 を 以て はいだ る 尖 矢 を 幾 筋 I くさした まへ う、 蟹 g に は 皮 &ち、 ggk はお I 飾 Mr 長 一 

劍を帶 びた まひて、 右の に 玉の 鞭 を かけ、 is 観て 手に 藤の lii したる お^ を 杖り きて、 遙に 海の. 1 

きッさ 見た ま; S たる、 御 £ 《まの S や ip,、 iiii のい や 高き、 誠に glgt^ して 四 下 • を 生して 御 足 

の 下の 草 を 靡した .0、 暫くして ぎなる K しき を かけ、 ゆ 突て g ら ひた まふ 、ま.! りお 動して 



X も {5 くわつ i.- んめ しろ もん なつやま しぶし 

四方 を 顧みた まへば、 S 潤さして 御 目 はさへ ぎる もの もな く、 南 k 江 代.^ w門ゎ.c^, 牝に极 山、 志 布 志 

き W し 3 び や. おや £■ く ん を S- め 

f, 西 k 霧 al 帶 の出橫 は. o、 東に 大 le. 洋の 水渺々 さして 際 もな く、 誠に 長 S 萬 里の 眺なゥ 此に於 

て 尊 御喜び 斜 ならす、 仰で 大 S の荟々 たる を 望み、 俯して. W 河の 連なれる を 見て、 夭 地の 極 6 なき k 威 

ねんむ ね あ , kNj ゝろ 

した まひつ、 頻ゥ. ^御 胸 を 波打せ たま ふ、 鳴 呼其大 なる 御 心の 海に は 栗して 如何なる 大 なる 波歟 寄せぬ 

る。 

r$ 6 &ん 5 ち たき, -ね ひ WM- «J ら あわ r . , 

將 しも 彼方の 茂林の 裡ょ. 薪 ft へる 一 個の 老翁、 頭.^ tt 西 海の 波の 白沫を かつぎ 眉 は 三冬の 霜の 永れ 

のせ ら 5 てっき やく けいろ ふ やぶ お づ ま * み こど み あ あわて たき 

る を 戴た るが、 老錢脚 k 徑路の 霜 を蹈破 6 て 現 はれし が、 近く ffi は 尊 を 見擧げ 奉る や、 周章て 薪 を 傍に 

をん せん もんこ $ やく ぬか みこ ビ 5 お-なみ た, C こ ゑ 

投ゃ. o、 尊 前 蹲踞して 恭しく 額 づきぬ、 尊 其 姿お 一 目 見る よ, り 快然 さして 打 笑た まひて、 »©さ わ や 

53 し t ほづち ね , あめ , 5,, . * 

かじ、 を、 汝 as 土の 翁なら す や、 久 かたの 1K の S や 高き 上よ 6 や ふ 6 し、 あ. ら かねの 土の いや 深き 底 

わ こ. 'を SIS し 5 き さき 

よ 6 や 湧きし、 如何にして 此處. ^は 居る、 汝は 先つ 年の 先つ 年の 其 先 年の 末つ方、 负:, ヒる爲 め k さて 

ひど は を ぶね たい 5 をズら あか-ま. a せ わ たづ み , * ' ' ^ / :: 

H おの 小舟に 其 老の身 を乘 せて、 海原 遠く 出し 時し も、 暴 風 の 俄に 荒て 劍は 渡津 海の 底の K 底の!! き 

か S まし お ひろみ ち ひろ みみ を こ たつ みや e ろ あや たもて 

底に 沈みし さ歟、 ある はまた 汝は 千尋 三千 « の 深き 水底の 龍の 宮城へ 往き しさ 歟, M し k、 綾な くも 面お 

もみ ゐ おき & 

見け る 哉、 如何にして 數歸. 來 ぬる、 何 處に鞦 住居け る、 かま ほし、 語れよ かし £ 問 ひた まひぬ、 翁 

みこ ど ん かほ ろ やま t»5 ほ、 , あぎ ど . f 

が 謹みて 頭 を 舉げ、 尊の 御 貌を敬 ひ 見る、 貌を 見れば、 顔の 肉甚 しく 落て、 E の 骨 高く 出た る i -、 

fj ろか; J はくしゅ せん ま を 乙 きんこ ソ. S. 上/ ゝ 

銀 の 如くなる 白 鬚 鬚 満面 を 埋めて、 くぼめる 股に 異樣の 光 を 放てる に, 简骨 愈瘦て .1 けれ さキ きたへ 

國民 大帝 玉 三 



國民 大帝 



玉 四 



、ろが: ft 



にきた へて 鐵の 如く、 の 寧 を 握れる 似て、 雪 を 嘲. 霜, V 凌ぐ の 風 1 なる に、 雪白の 長 髮をさ ッさ吹 



き來る 寒風に S してた ゆ ま卞、 凛 手 さして 扣 ゆる 有様^ は、 如何 J^ft 年頃 千 難 萬 苦 を の 間に 凌ぎ 

あはれ け,^ げ たきを 

し歟^ 居 はれて、 哀 にも 叉健氣 k もみ ゆめろ-、 翁 a 更 klK を 仰ぎて 神お W る 如く 見えた る:^、 やがて, 



さ ふら ミ おみ ,, 

みて 申す らく、 さん 候、 臣 過る 年の 其 過る 年の 過る 年、 一 葉の ゲ舡も S ある 得い は 物の 數 V せ卞、 1^ 

€ 水 さは § し 身の、 其み なれ 棹? のべて、 :<r の 懇^ を鷉^ り、 の 海へ 出し 時し も、 ^E^^ 

f る 暴 風の 俄に あれ 出て、 ふる 雨 は P 髓津瀨 の 流れ. つるが 如く、 雲射る1!5^&\耳を§ん^-る 

k、 あれよ あの 如く 平 かなる 海の 面 も、 其 時し もは久 あの if、 ^してる 海の を卷 て、. あの iiSi の 山よ 

高き 大 荒波の 押 寄す るに、 ね臣み が 4§ は此 山のお isTI 木よ さ.^ やか なれば、 i& きまの • しき 堅 

き此胭 も、 波 を 破. て 岸邊に « を 寄 難 か. き、 臣は此 現 身 も 今日 ど渡津 海の 底の f 艇 m さなる 事 さ 思 ひ 極 

めて 其 後 は 腕 を 働かせす、 只邂 底に 身 を 打 伏せて あ * てる 大神を 祈. て あ. しに、 ^ が艴は 射る 矢よ 



.<> も 早く 流れて、 あくる 日の 朝、 1 ッの淒 k 着て 候、 此時は雨晴れ風をさまA^て、 久方の IJ^i^tt 赤き 日 

美しくて. き、 .^-してる海には沖津波1^かじ靜ま4をさま.0て有たれば、 臣は 少しく &を 安んじた 1 



せ、 顧みれば 雲 漫々、 水 W や、 鄕の 夭 の 見え^る を 翻 何,^ k やせん、 殊に? ひ vfe の 1^ まの ii びの 



たに しまやま 



姬の住 ひ 所歟、 免ケ 島山の 恐 >c しの 鬼の 住む 所歟 定かなら されば、 胸 は の;^ さ i がる を、 雨の tif を 

をよ 

^戰 



てし ッカ. OS かし 靜め、 靜.^ 步みを 移し 始めぬ、 時^も 日陰 小 閽き木 下 閽路の 森の 熊银^ ほ 



!をク J おみ ねみ It^ か, やべ か- 5 

きて、 怪しの 男兒 すッ く- ゥヒ立 出た 6、 嗚呼 其 時の 臣の 驚き、 臣は覺 えす 立 止ま 'て 彼奴の 貌 をき ッも 

ffi^. 彼奴 は. 抑 何者 ど、 茨の さ 尖れる ぎ a: は 滿顔を a めて 光る 眼の 凄 卜く、 頭に ろの 髮を ふゥ 

なき わき M さ か ビか S- や み era. おみ ぶか ら I 

亂し 手に お 木の 弓 を规 み、 腰に^ 石の 尖 矢お さした るが、 彼. 叉 眼 を 見張て 臣が顔 をき ッさ Tfr 睨まへ ぬ。 

NWA- か やつ かひ を V> が や おは 

臣 先づ聲 おかけて 試みん^ せし 時し も、 彼^ tt 何 を 思 ひけん、 W の 弓 は 腰の 尖 矢が ジちゥ 打つ がへ て大 

の 月の/ 曳 しほりぬ、 嗚呼 其 時の 臣の 驚き、 臣が 聲,^ 擧げ す を擧げ 制すれ かば こも、 早く も 

切て 放せし 一 の 矢は臣 、が 面 門 を 望んで 飛來, ぬ、 臣 is? 弦の 響と 4! ハ 身お 縮めて、 右手 飛 矢 を かいつ 

かめば、 隙 も おらせす 射出す 二の矢 は臣、 が 胸板お", 正しく 此處を 望んで 飛び 來ク ぬ、 臣は 目早く 身 を 避 

けて!^ を舉て かい つかめば、 早く も 飛來る 三の 矢 tt 臣が 喉の 笛.^ 突ん 《 風 を 新て ど 權來ゥ ぬ、 され^ 

^ は!? 1^ を 幕て 1^ 〈を も^なく 叩き 落しぬ、 嗚呼 瞬間の 臣の身 は 風に 戰ぐ荤 の 葉末の 露よ. ^ も危か 6 き、 

一 此時, 逢し の 男 は 何 感;: S けん 弓 を投棻 て、 面の 形が あらがねの 土に つくまで 驢拜 して 申す らく、 を、 高 

きみ S ^の!^ 浐 神よ、 : ^はよ も 人間に て a 非 さるべし、 曲れ る 心に 曳し 矢の 立 ^.yLt を 幸 なれ、 荒き 夷 

が荒き心の其荒々しき大罪を許したまはらば幸《..-さ^^るは臣も心を安ん卜、 近づきて 我 身の上 を 語れ 

ば、 荒々し.5^夷;_5にも哀ゥヒゃ思ひけん、 臣を其 穴 籠の 穴 w"i きて、 猪の 《 取 出して 食 はせ ける、 臣は 

の ぶら みか § みや 

其よ 6 彼等が 沖 間に 入. て、 野原の 草 を 馬に まぐ さか ひ、 馬の 脊を我 住 家^し、 弓矢 AJ 我 友 さして、 野 

こ fcti i おみ ひビひ 上る さ, ど 

山の 間 を、 其處 U> しもな く、 野. 3 の 風の rU ビ押步 きぬ、 され どす めら 命よ, 臣 tt 一 日 さし y 敌 鄉レ- 事!:! 3 

^1 1 - -51-»— -8 illllll 一一 n-i l s 一 illsslTlIf |ーーーー匿画|=|「 IITaTlsTJa 層-一-一一- ISI 誦ー Ml ー國畺 H 邐 ■=_ 一 ir 一一 一画 =a=3lgr_Tsnigrr3rann55gnalllTTrr 一一 11-1 Jm Z- miiinnr 

國良 大帝 玉 五 



る、; 5 ま は 》 かゥ き、 夕暮の 雲の まま を 見る につけ、 入る 曰の 方お 故 舞の 夭 ゥ.. ft めて 戀 しく、 歸る 波の 一 

東よ. 西に 向へ る を 見て、 あの 雲の il- はるを i» ^其方の 1K のな つかしく、 我 子 我 孫の 1 爭の 心に 憑て 

.gs^KCN 思 ひなれば、 が 1^ の Ik めの 照る 星. に據ゥ て我歸 るべき 方 を 定めな ば、 歸れぬ 事^ 非^るべし £ 思 

.rt わ- -I „ 一の び ふるさ ど 

; S 定め、 彼等の i に 別 を 告げ、 海山の 苦 悩 を 忍て やうく 敌 狼へ 歸 侍る 

?》 

2 ん. J*<JJ3 わ や をき A いまし かしら い た を ひ 

11 が^ IT ピ 針が 威に^ り、 K 居た まひし が。 やがて 御聲爽 かに。 あ、 - 翁よ、 :^^嫫は雪ぉ戴く老の身 

を 以てよ くも ii の 艱苦お s§ び しょ、 よくも の lb へ歸 6 しょ、 我 生れて ょゥ 四十 餘年乐 お 汝が如 

き しき 事に ^2IS;S しもの を 見す、 今日 W らす^ S わる 物語 fel て、 如狗 -司此 身を德 しける よ 、を もく 

1 をき を 

おが 在 6 し 土地、 其 名お 何 さ 云; S て、 叉 如何なる 有様の 所な りし ど ざ 問 ひた まへば、 翁 は 謹みて 彼が 始 

めて い 所 は iiw 云へ る 入江 はして、 如何に IIm 早き 所なる 歟、 叉 M 了-. 內 地へ 進みて は、 山 代、 

つお こ ゑ こ み . 

^が、^;^ なき Is て 、如何に 是 等の 地の 山翠 にして 水淸 く、 如何に 土 肥 地 i 豐 はして、 木の 實 草の 贊の自 

をき を ゐきゃ 5 

ら みのる 歟 を說舉 りぬ、 ^ が K 終ゥて 太に 喜び、 1 .ッに《其談詁の偸:饮なるを賞し、 ニッ はは 翁が 異, 

5 &じ がた ま をき 

t さまよ ひし 艱苦 を なぐさ めんが 爲め、 頸に かけた る 曲玉お £6 て與へ 玉へば、 翁 はか^ 6 上りくて 

^Ib ^ L みこ ビ をき V& 5.,- ろ を かた 

打 富び、 ^を あまた、 び «^^/,\ て、 やがて 御 別;^ 吿 vfi を 下. -ぬ、 命 は 下ゥ ゆく 翁の 後 S を 見 g 

二 $ ふ ど つ 会 さん C や 5 今、 ひら L ば ほら みぎ 

.0 たま; S し、;?,、 其 影が 徑路の ilQ 角に 消 ゆる や、 太き 息 を はッさ 吐た まひて、 山上の 稍 牛め なる 芝 4 を 右 



ひ «0 あ. a en^sxA-f おん < ふ^ おも 5.」こ ろ &ど あ、 《• み 5ビ お ほひ ものみ. J 、ろ 

左に 步み たま ふ 其 御 i 谷貌は 沈々 さして 深く 思 ひた まふ 所 あるが 如し、 嗚呼 海の 如く 大 なる 其 御 心に は 

<!■ か た. やく をみ つ、 み た i- を て A; これ t た i-tvl- て ..c K! れ L 

如何なる 大£$ の 波が 皸う っ唯荼 夭 の 之 を 知る のみ 喷甚 1K の 之 を 知る のみ。 




たかち ほ お ほみ や け ふ おんて f LA-S たち どミゐ せ S-Kf 

月 澄み 風靜 なる 秋の 夕暮、 高千德 の大宮 にて は 今日 御手の 下の 勇 將等を 讓め玉 ひて 東夷 征討の 御 評定 あ 

.Co が、 愈 不日 王の 釓を 興して 之お 征し、 王城 を 其 土に 定めて、 四緇を 治め 八方 を撫 する 夭 下 1 絲の 

こよ ひ t どぶき む. L ろ 

大 策定 6 ぬれば、 今宵 は 壽 の を颦 よ^て、 專ら 御酒 宴の: iffi め. c>、 先 づ大廣 問に 花の 筵 を 敷せ、 大 

なる 瓶に 毒 の 美酒 をた ゝ へさせ、 山海の 珍 昧を積 上て 花やかなる 御 ず AN 、 今宵 此 席に 集う し 方々 に 

ハ ほれ ひこの みこ ど S つせ のみこ ど its- ひのみ こど みは. ぬのみ, ど たきし みゝ のみこ ど 

は、 皇丽 3K 鱧 彥命、 皇兄 五瀬 命、 皇 兄稻拔 命、 皇兄 三毛 入 野 命.' 皇子 手 W 耳 命 を 始めさして、 幾 十 百 

しん. J や 5. & 4, し て sl-w あしけ も さ かみよ C ん や もが 

の神將 勇士、 孰れ も 熊 を 手 捕に し 猪 を 足蹴に する 大舆の 猛者の みな き、 神代の 昔、 八 百 萬 が 八十 河 

はら かくら こ i ひ 

原に 會 して、 神樂を 奏せし 古例に なら ひ、 今宵 も 舞 を 舞 a させて 酒宴の 興 を 添 させん^て S 1 巡せ る 時 

ひど & こ SCR- 

大小の 皲を打 はやせば、 + 七 八の 一 個の 美人 狭き 衣の 袖 を ひるが へして 

たかち ほ つき さ ぎ WA: だに 

高 千 穂の 峯の 夕月 影 さえて まぼろしの 狭霧 深 谷に 夢 結ぶ 

しぐれ こ へ ま _> ら 

极 風の 時雨 を さそ ふ 昔 さびて 月 や.^ る 稍の 猿猴聲 悲し、 

さ よ ろき た ほみ ゃづ かひ 

小夜 ふけて 駒の 轟 何事 ど かさくが 大宮使 昇るな 6 

國良 大帝 玉 七 



ち. A やな ピ かげ そ. みち むろ あげ こ S ね あや ふ 

f 萱 Ih ふ 山の 常 陰の 蛆道 を、 鞭 擧て駒 を 追 ふこ を危 けれ、 . 

:ゝろ h か *ti ま あわ つ 3 

心して 雲井 を 翔れ 若 駒よ、 あな 哀れ 失が 馬上の 姿 乙 を ^ 

こ _» いは か 《i やま かせ かみ _ 

あれ 駒 さめて 角 高く 月;^ らむ 山風に. J^^K- の髮 をけ づら せて 

こる 13 がら. f 、しゃ, 3/ A ふ せい ゑつ 4t 

w 聲 朗 に 舞; ふ 其 f&f- 柳腰 嫋々 さして 風 を 傷み 雨 を哀む a 情なれば、 満堂の 諸將 士笑壺 に入ゥ て赚 

た I ノ しばし ,4Jt かく かほ 《- 5 まざけ 

立つ るに 暫時 は嗚も 止ま さ. き 其よ Astt 人々 興 k 乘 t て 春の 花よ ゥも 香ばしき 香の せる 美酒 を、 く. y 拔 

の 大盃に 汲んで HFS 引受 呑 居た るが、 如何に 我々 の a 先の 酒宴 はは 其盃ゅ ゆるやか 巡ゥ 居た るよ、 彼 

等の 中には 或は 劍を 引拔 きて 猪の 肉 を 割き、 傍の 火 啖 6 て 食 ふ も あう、 威 は 拳 を 握 ,り威 は 眼お 見張 6 

5L あら お ほおの C § も 

て 手 抦話を 誇る もお-, 人 Istt 此 度の 征討 軍 如何に 荒 くれの 大男 を 斬...' て 敏の膽 を 寒 力ら L めん 歟な 

b ば しゅわん upst やう 

きゝ威張るもぁ.<^、 其聲々 は一 ッ.^ な 6 てに ぎ はしく、 酒宴 やうく 酣は なゥけ 6、 時は數 人の 猛將堂 

ち., ほん を ,ss へ らく た 61 f もの こ ゑ や 5 く 

の 中央に 踊 出で \劍 を 舞 はし 鐘 を 鳴らして 大平 を 舞へば、 の S 將聲を 放て 歌 を 歌 ふ、 其 聲洋々 もし 

ん jp^cM ti?' こご 5£ き デん 、め あ だ こ 上 ひ 

て 凱歌の 如く 滿 堂に 满 つれば、 尊 達 御機嫌 斜 ならす、 君臣 一 鼓、 上下 和 藥の觀 ^今宵の 宴 は 果てに け...' 

尊 は 諸 將士の 退出す る や 早く 夜のお ざ^に 入. たま; S た 6、 され.^ 小夜 ふくる まで 眼 6 たま はす、 獨 ゥ 

^ 築の 下に 腕 を 組みて、 英雄の 物 思に 沈みた まふ、 時 は 大宫を 退 どきて 我家く へ 歸る諸 將 等, が、 秋 

1,^ よ ち か 令 .v-vi みち -2 づふ あ.^ ま かほ しゅき .& きた? ^ れ 

風に 戰ぐ千 萱の蛆 道 を 手 鋼 ゆたかに 駒を步 ませながら、 滿 顔の 酒氣は 意氣昂 く、 山の端に 落ち 力、 る殘 

月に P きて、 



i むお- く- „- かけ ゆ づきよ 

駒に 鞭い^ 雲 翔ん 夕月夜 



かせ たて ?んみ 



弓に 征箭 い^ 射て 捕ん 荒 猪 を、 

ゑ もの かた 5 ち いへ ち 

よき 獲物 肩 打 かけ い fr; 家路 

5 た もの こね だほ やま ひこ こだ 》* きこ ) 

さ 歌 ふ其聲 遠く 山彥に 木精して 問えけ 《o 



荒れ 荒る、 風 は けづら せて- 

<れ1^! ひ あか お しほ f- も, y め 

紅の 赤き 血汐に 霜染て 

£• る は J- る ほ つ S が ほみ 

美しの 美しの 妻の 笑顔 見に 



e ゆん C つ だ 

旬日 を 出す して 



は 諸 皇兄さ 共に 虎 釣の 士を 帥び、 罷 熊の 卒を 率て、 三軍 堂々 旌旗草 野を蔽 ふて 中原 掃蕩に 進みた ま 

00000000 0000000 oooooooooo^^o^o .0 ^ ^^^^^^ ^ 

ふ、 き § 向 ふ 所、 誰 歟是に 敵 せん、 高 千德ケ 原の 朝 嵐 は 凱 歜を唱 へて 國民 大帝の 欺ネを 歌へ 6 

(終》 



00000000000 

國民 大帝の 勝利 を歜 へ-. 




國民 大帝 



玉 九 



uc , 脚 >,€iffn I 



き 



十 

曰 

月 



田 
山 
花 



» つか づき 



ヨ 

S おはお て つ e ぶん からだ も t- S ふかせ ふ こどね ねく 5I£A, こ みち 

1 日照 6 付けられた 自分の 身體 を、 凉し S 夕風に 吹かせな から、 琴の 音の 奥ゆかし S 牛 込の 小路く を 

さんど K. じふき 3 ち しゅ く., -ょ かへ て S せ 上る < e & ろ あ 

散, したが、 二十 騎 町の 宿所^ 歸 6 たの は、 丁度 夜の 九 W 頃で も有ッ たらう か 

げんくわん だま の ゆ C ぶんへ や S い f た i-sa かへ こ ど わ あ 3 ひ おも ひ 

玄關 から 默ッ て上ッ て、 自分の 室に 這 入らう ざ思ッ たが、 只今 歸ッ たさ も 斷らな S では、 0AV0^i0^ 

かへ をの ま、 おく ま g か よ e や <• はん L きみ ビ ころ を& であ こ、 ふ じん た s-sa も 50 

返して、 其 離 奥の間に 行う € する さ、 四疊 半の 閾の處 で、 折よ くも 出逢 ッ たの は 此 家の 失 人。 只今 11^ 

じ ぶん あいさつ L はっき へんど 5 L じぶん >< しん 

.0 ままた ど、 自分 は 挨梭を 仕た が、 . ^うした のかい ゥ の やうに 確 6 さし 4:;- 返答 も 仕な so 自分 は 不審 

ね. S. を ふ C んか たみ ん そ. > か を か はっき め 

は 思;: S ながら、 をれ^ も 無 ま J^、 失 人の 方 を 見る^、 何 £ なく 勝れぬ やうな、 悲し S やうな 顔色、 服の 

i & みだ い つばい C ぶん こ、 ろ 《• ち かんが L ひるが へ 

底 はは 涙 を 一 杯に^ めて ねる らしい。 はてな さ 自分 は 心の中 少し 者へ て、 うか 仕た のか^ 飜ッ 

またい ヅも 5 ふか かんが > 

て 叉 一層 深く 考 へた。 

ひ あ 2 あ C ん ふじん ひどこ ど か は こ 、さ た *• げ ちょ ぺゃ ゆ さ だ 

思 當ッた さが 有る ので、 自分 は 夫人^ は 一 言 も 交さす J^*、 此處を 去ッ た。 直ち k 下女 室 は行ッ て、 定 

こ をん を < わき を ゐふ e ん のこ わか また わん AJ 

£ いふ 小 女に 詳しく 開いて みる さ、 泣きたい やうに して 居る 夫人の 檨 子が 殘らす 解 ッた。 ヌ あの 頒 固な 

をん *<b るん め >*& 

女隱居 奴が、 ぃゥ もの 嫁 S びゥを 始めた ので ぁジ た。 

C ぶん おのれ へや , らんぶ ゥ SOS つくね もた かぎ S-& & -535 ふけ 

かくて 自分 は 己の 室に ッて、 洋燈も 點け卞 唐 机に 凭れた ま、、 つくく き 妄想に 耽 ッた。 をし 



も 5 ざ 5 た ほふ e んみ 5 へ * > 

て をの 妄想 も、 多く は 夫人め 身の上の 乙^で 一 

まこ さに 此 家の 失 人の 身の上 を、 自分 ほ^ 好く 知ッて 居る 人 は.^ る ま s£ 自分 tt 思 ッた。 ま 乙 さ;^ 此家 

ふ にん ふし あほせ き せく ひど ひろ せ かい た 9- y C ぶん ちい r-^ - ) > ^ 

の 夫- < ほ^、 不仕 合な 氣の 毒な 人 は、 廣; S 世界:! も 二人^ ある ま so 自分 は 幼稚 さい 頃からて の 夫人お 

L S こど つら を ^3 なさ もて あ を よ なん ij^; S お a お タ," ,、; -; f z> ー乂^ 

知ッて 居る。 まゝ 事の 筵に 連 ,cs、 かや ゥ. や、 ぺんく 草 を 玩 んで、 餘 《.511 く 一 日 を 遊び暮しお 事 

も、 思へば 目の前に ちらついて 見える やう だ。 

まだ Hi はがぶ 分ん は S に f て、 pf§^^f^. m^kkfff^o 勿曹分 

s^,m^smhmfp. fSeis にも 船 僻 はし て^れ る^が ii かジ たので、 乙の 失 人 を S の S 様々 

( まん ど あね じ ぶん お o * 3 たど, * & あねさん e ぶ, C を ど 5^ , ば - >7 -S-IKJ 一, ゝ 

々さ * 當の姊 の やうに 自分 は 思 ッて居 ッた。 又隣の « 樣も、 自分 を 弟の やう ッて居 ッた^ 見えて 

rT ッ わるもの ならば、 必すひ ーッは 分けて れて、 子供に は 有 4 滕な暄 iHa> ども、 一 度 も 仕た 事 ttffi えて 

S5^s 。をの 鼦 しい li が、 いりの i^i^ か、 乙 の^の: ど!? ッ て、^ る も^の ii な不仕 A 口 は 逢 ふさ は。 

自分ながら ま 乙^ k 夢の やうに 思 はれる。 

? r 6 じん t-fetefox fe^ を を こ * ^から を \ 、 * ゅハ. J- 力 » h . 

をれ に S て も、 若しも^1<人の兩1が親らしぅして居ッたならば、 少し は 力 さ爲 らう けれお 父^に は 

さは 54 口れ ぬ ほ.^ の 腐 甲斐無し。 只國に 居る 伯父 伯母ば か 6 は、 何の かの さ 不憫が ッて 居る 檨子だ 力 

をん L fa, & ess- へだ、 たも e5 ぶ S ちせ わ 上 J >- D 

何に しても 四十 里 五十里^ 隔ッて は、 思 ふ 十分 一 の 世話 もさ > かぬ は 餘義 無き レた. 9 



c h-l き しょく み *S> を さ を <* &み ふ e んせゎ 4J ぶん 《ふ5> つ ベ <き や. 5 

自分 か N -、 寄食す る やう.^ なッ たの も、 皆幼稚驯^^^の乙の夫人の世話でゎジた。 自分 は 法律. ^勉強 仕 

く はるな も a * & はぶん じ5 ぶん がくひ , だ SL こ、 ろざ, J いだ お 

たいく V ;、 國に 居て 思ッて 居た が、 何分 はも 十分な 學 費が 出せな いので、 空く を 抱 S て居ッ たの 

ふ じん ゆ ひ を づけ をつ ど も. しゅじん 5L だ ぃが< を つげ ふ た *ひ5- タか 6 つい ひど S しょ 

を、 夫人の 結 髮の夫 (則ち 乙、 の 主人に て 養子) が 大學を 卒業して、 ^Jの度一家を持C^J^就て、 一 人 書 

せい t 5 e ぶん ど 5 き や 5 5 で Y んきゃ 5 でき み 

生 を ft きた いさ 言 ふので、 自分 は 東京に 出 て 勉強す るき の 出來 る S さ なッ たの だ。 

は ん 》• を はね. t! あ ひだ ふ cx^ をん ぎ ほ 5y ほ, J> あ 

をれ から はも ふ 一 一年 i:- も 間も無くな るが、 乙の 一 一年の 間の 夫人の 難義 は、. 果して $^れ 程で 有ッ たらう 

C »i i L る c ぶん かんが か あ S さ 5 みだ こ ほ JJ ぶん ふ じん こ* ろね たも ひ 

自分 は 好く 知ッて 居る。 自分 は. 考 へて みる さ, 可爱 想で 涙が 猜れ る。 自分 は 失 人の 心根お 思 ひや ッて、 

&ん ぎ しの かんぶく をみ だ i I 2- へ をつ ビ たの ひど や 5 し ぶんざい あ 

よくも あの 難義を 凌ぐ さ 威服の S を 流した 事 も あ ッた。 をの 上、 失さ 賴む人 は、 養子の 分際で 有. なが 

せ P か い ちケく にし か はけ がっぺい き せ < たも ふ じん ざ. いさん e 

ら、 か のれの 生家の 一族 を、 乙の 西 川 家に 合併 させて、 氣の 毒ゥヒ キ占吁 はぬ ばか 4 か、 夫人の 財產 ま で自 

f 3-2 あげく よ ふ をん みるん きょ よめ いさ 

由 つか ひ^して、 をの 擧 句 は、 世に も 二人 さある まヒ き女隱 居の 嫁い び...^ を" 諫め やうと もな されぬ 

ふ tw- あ ひだ? -ら むつき ゆ ゑ: & , あ S S SS 5- fl .S なし か K 

は、 5j 夫婦の 閱 抦の をれ ほ^に 睦し からぬ 敌。 ヒは言 ひなから, 餘 A.^,.iB へば 義理 知らぬ 致 方。 

ひち わる こじ f ど ふた W あさゆ ふ ふ じん み、 もん か つめ あか 

まして 意地 惡き 小姑まで 二人 あッ て、 朝夕 夫人の 耳 rJ す 6 ばか. 00 何の 彼の ま 爪の ほせの 乙 ざまで 

をん を .0 んきょ つげぐち さケ ..ii-ft せ ズ ゆ- 

女隱 居に 告 口され て は、 嘸々 立つ 瀨€ やら も 無 S こさで あらう C 

こゝ fjge ん せ. 5 きょ むら やまけ C t ふ たん ちゝ たや i& く を ?L もら ひ 5 

きけば 此 家の 主人 は、 同居して ゐる衬 山家の 次男で、 夫人の 父親の 狡ら れ る^き 養子 irl さて 貰 受け、 

£L か はけ がくし おく はふ は &し や 《 'や ぃタけ 6 のこ ま 一 

西 川 家よ 6 學資を 送ッ て、 修業 させ た^の 話で あるの は、 漸く 一 家 を 持つ やう はなれば、 をの 殘れる 愛 

め L 3 つ <3 ば かげ ぁ* おや かも ね も a た 3 > I 

娘 はか、 る 始末 草塲 の, て、 父親 はせんな k 悲しく 思 ッて居 玉 ふ 乙 さか。 



-、 お":^ E ^もす、 ^^ぎはは歡^ぃじめられて、 II に ar 親類 は 遠くて 役に はた ゝ す、 世 

にも 船 6 ぎき:! k だ" の^のお。 せめて 自分ば か 6 は、 苦し さ を 慰む る 友 どな ッて 上げたい さ、 思 ふて 居る 

b ^&.lf ^ >tb おひ ど ろく こビ でき をに ひど て,^,?,"!^.,' 1 3 

tts5 る けれ.^、 食客の 身の^し さに は、 何 一 ッ綠な 事 も 出来す、 1 ッ 慰める 手段 も 叙; C 

ゲ は;^^^ .0 ジての ^Es。 か S に酽 S て みれ は、 ;?^ の 事から 起ッ たか 4 言 なれさ 

« ,が Ir ギ Is おきく. 6>ジ たさの ir であ ッ たが、 またい ゥ もの ひがみ 組 性 S で、 喷付 くやう は 小言 

き 《J く.. 5 んみ iJ ぶん ひ W ビレぇ こ VJLJ4 た あ s*s> ざ か W 

4411! ッ たので あらう。 つくく も氣の 毒な は失 人の 身。 自分よ.. >1 ジ 年上 なれば、 今年 廿の花 なのに 

SK^ くぎり か1 もな さる ど えて、 このき はか fis.5-s り もの やうで は 無く、 身體 も大曆 瘦せ衰 へた 

ぞ おの^ € して & ても^ら れ ぬば こも、 le. 生の 如く ま 働いて 居な さるが、 での ま、 二月 も經ッ たなら、 

こど t( き «J く ね. た もう ざ -4 

おに, くやうな f^i を るか も かれぬ。 をの やうな 事. がめ ッて は、 猶々. 2 蘇の 毒く S 熟に 絶えぬ 妄想 

の^?^ぉ、 齢. 5 > け やう £ する, II、 きお |& に女隱 居の だみ 聲が M えた 自分 は を欹 てた。 

^を^だ てる 气 i ッ たやうな、 1 ッた やうな、 女隱: ^の 早口 か、 へらく さ H えたで」 思 ふ 間も無く、 自 

ぶん きも もる 5J こ ゑ きぬ D 

分 さへ 瞻 がち^む やう で、 か 賴ッく ッ 一 

fj 、み サ S おど X で *5 

猶の^ 稱$ か^ま ッて も、 a でる i は i えな かジ た。 が、 やがて 疊を蹴 まてる やう i 曰が して、 をの 四 44 

1^ のまき 6 を 酽 けたの は、 戤 かにお ひお sr£、 ^分 は 頭ら から 水で も かけられた やうな 心地が した。 



二十日 月 ■ 六四 

きな 3 へみ、 も a ゃヅば W をん をゐん きょ ぉ^y i > 1 *s ぬ 3 へ めん 

『;- 頼。 ハ丄则 は 耳 を 持ッて 居な S かえ ッ』 矢 張 女 ii 居の 恐ろし S 聲で. Q ッ た。 『え、 か錯、 お前 は 何も 

いふぎ 情 だら う。 き、 たい さがお るから, 鳥渡 乙ッ ちへ か 出で』 

をん &ん きょ ビ * つ ふ e ん ,^-にゅゑ へんた ふ L 1 わな t t ビぼ まへ きこ 

£ 、が ilg は 言葉お 續 いだが、 失 人 は 何故か 返答 も 仕ない。 『私の 言葉 は、 A 前に は聽 えない か』 

ら, r>i つめかけ いわ , 

さ、 老, #はぃ よく; sis る。 『否、 き 乙 えました』 

さ、 ^けん は ssi^ 『im は 酽れだ S か だ。 船が 言 ふ rj€ が聽 えて 居ながら、 返事 を 仕ない さ 

いふ 法: は 何 處の國 にあ-る。 前 はもれ で濟 ひさ 思 ふか』 

ム CI かま 、ん? わたし を ど タ さん まへ き、 f ひ,, , 

; k 人 《a を銜た ま、 返答 無し。 『私ば か, - では か 父樣も 4- 前に 聽きた SrJ さか 6 る さか 言; 5 なさ 

わたし s ヅし上 おく い 

る 私 <^ 1 所に 奧 は.^ 出で』 

gtLlへぬばか,c^の櫂^siは、 ^K人も今はig5したさみぇて、 澀々 ながら 奥の 室 連れて行かれた。 

C ilfi. もら さて かんが ど? - さん き こど $ わけ. 

自かは ほ ッ£ ため息 を« したが、 猪つ らく 者へ てみ る は、 お 父 檨も聽 きた S 事が ある さは、 何 か鐸ぁ 

ゲ くお ム 3- .9 ち ろん むら や 3 ち *• わけ わか をビこ ぎ & ほ 5 L ひビ ^ 0i を どこ だけ 

な 口 振。 勿論: e 山の 老父 は、 譯の 分らぬ 男で、 義理 も 法 も 知ッた 人で は 無い けれ^、. 流石 男 丈 は 

t め とど し ためし s?» で を S h くら ほ あらた ふ f 

嫁 S び さ S ふやうな 事 を 仕た 例 は、 今迄 1^ かッた € 言 ッても 好い 位。 をれ か 今 改め 5.- 夫人に 聽 きた 

に ) 

は 何 と 

t けん Lsso 2S ま <51> わけ &こ ビ f* 1^ ほ げ こ| <JJJJ 

もしゃ i^K 人が、 舅姑に 資して 申譯の ais やうな 事 を 仕た ので は 無い か。 をれ で 乙 の やう k 烈し S 小言お 

い を ほさ,^ a5< わん わけ ゆ e き おから 

言 はる ゝの では あるまい か。 もしも もれなら ば、 尙 更傍觀 して ゐる譯 はは 行かぬ 時宜に ょジて は, 力 



c u ん fjs しょ.,. おも ひた S ま もた 305ゥ< ゑ は を をの s'»^ 

t なッ てあげねば さ自 かながら 殊勝に も 思立ッ て、 今まで 凭れて ゐ^ 唐 机 を 離れて、 其 まゝ立 上ッた 

1^1!^ ッて はみ たが、 ^ir の であ 6 ながら、 な 世話 ざ 頭から 睨め付けられ たらば 、何もし やう。 

,」 r t よめ ど. &く おも ひまよ ね も ひかへ ま たも ほ 

iliだッかしsilil^- 、 S つもの 嫁い び. - ならば 觅も角 气き思 迷 ッて思 返し、 亦 座らう さする さ 

t おんみ * ゥ をん を いんきょ ば こもじ ぶん も あ A . ^い -3 

き k 自 がの 耳を銜 いたの は、 女隱 居の がん 張ッ 4 ^聲。 自分 は 思 はす 足 を 進めた 

の &3 船、 のおの 酽を^ & ける さ、 ゃがて|^ハ?5<晶1の奥の間0 夏の 頃 さて、 閾に はめた 唐 

織 もぎく、 あた.: si ましの^ ii に、 まsigを.i^^れては、 話 を立聽 くのに 不便 も、 自分 は 思 は 卞足を 停 

ビこ S どころ じ ぶん かんが.. 3 

めた 何處か 好い 處は あるまい か、 さ 自分 はふ ッ艺考 へた 

&るさ ¥1 の^げ み、 S よくも 宵閽の 空に は 月 もまお 昇らぬ。 若楓 な. $J の名殘 なく 茂 ッてゐ る 中れ、 

? .5 ちみ - „ "それ やみ あか ^ころ み it* 

立ん, たなら、 m 内から 見ら る、 恐 はわるまい。 をれ のみなら す、 閽 から 明る S 處を 見る^^ 好く 見える 

^は f "ハ。 il ひ?^ ii くに はこれ i お? ^む 自分 は, I まいた。 ま-む 付く さ 其 慮、 裏に 廻ッて 首尾 好く 中庭の まげ 

かく C / I どま はちで 5 おく SW のこ どころ. & あきら み I しゅじん ひる こ で - 

みに 隠れた。 乙 さに 自分の 思 ッた通 6、 八疊の 奥の間 は 殘る處 無く 明かに 見える 主人 は 書 頃 出た き 

, ゝ fc^^f _> tl^^ し むら やま ろ fa ん a- よ ふ i S 'つぶ $. 

まだ 鼠らぬ と みえて、 其 影 は 見えぬ が、 上座 を 占めて ねる の は w 山の 老隱 居。 失 人の 低頭いて 座ッて 

かたわら ゐ ちわる をん を いんきょ まじめ ざ ビ , 

ゐる 傍に は、 あの 意地 惡 S 女 隱居 が、 具自 目そう. i£ 座 を 取 ッてゐ る。 

? 4t に^^の^ いたの は、 I^KSk 観で、 『か&«^-のMはぶ1iの家ださ思ッてねるかも.sれぬ 

が、 おが^^ i ダ はぎの ill ださい ふ 事 位 は 知 ッてゐ るお らう。 夫の 父母 は 自分の 父母、 粗略に L 

二十日 ME^ 六^^ _ 



こど L こど まへ ぉヅビ 《- ゑん つも e ぶん 

て はならぬ £s ふ 事^. S らぬ事 は 無から う。 か 前が 今 乙、 で、 , ^は 離 緣 されたら < ^うする 積, お 自《|- 

ft ヅど tL な も つ ひ £? や けん 

の 夫 a 養子 だ な^さ 思 ふから、 遂 をの やうな 了見になる の だ』 

^-^ き 1 1 乂 ど!^ た C ぶん き け こどね 6 ざんねん くち を ふ じん 

隱 居の 言 菜 は乙ゝ k 絶えた。 自分 ttrj れを閬 いて、 怪しから ぬ 事をビ 思ッた 殘念さ 口惜し さ k 失 人 は 

!L ぷだ 1^ が たも e ぶんきせ また なさ i 、ろた 3 を ほその のさ き 

娱を琉 して ゐ るか さ 思 ふ^、 自分 は氣の 毒 さは 堪 へられな. so が、 躍る 6 を 押へ て、 猶其後 を K くも、 

ユ^た をん をい",^ きょ こ ゑ ja へ わたし. なち e や 3 わなした お まへ C や A* b た- 1 たお 

此度は 女隱 居の 聲で、 『か 前 はそんな k 私. 達 を 邪魔に する が、 私達 はか 前 邪魔 されて はねな so 私達 

v . ► まへ、 この 5 お で わ t£ したち tL* を や L この 5 お で 

力 邪魔になる なら、 か 前が 此家を 出る がい、、 私達 は 乙れ でも 義 雄の 親 だから、 死んでも 此家は 出られ 

, かみつ とどば- き V き C ぶん ケヅ へん こ、 ろ. 《- ち L や S 'めん 

ない 力ら ね』 喷付 くやうな 乙の 言槳を ras 4^ 時 は、 自分です ら慄 さして 變な心 持に. ^^>っ たもの を。 正面 

. ^ひ fi > , ふ e んこ、 ろ ざんねん おも 

力ら 言閬 かされる 夫人の 心 は、 まァ さんな は殘< ふに 思ッ たらう 

^ > I , : ふ, ほ た * ず たき あが * ん J& いんきょ い こど その もも 

堪カ ねて 力、 夫人 は聲を 立て、 泣きながら、 起 上らう £ する^、 女隱居 は、 まだ 言 ふ 事が ある、 £ 其裰 

' ^ • ^ D ^^..^^ ふじん は ばらく たが ひ あら も f もん せん る 3 £ f 

を 捕へ て 留める 振 放ッて 夫人 は 逃げ やう^す る。 暫時 互 k 爭ッ てゐる 折から、 門前に 車が 留ま ッた檨 

も , かへ .,1 や ふ たか S ゑ 

子。 ゃがてか歸A^^車夫の高聲o 

も はやた ちぎ * で き ^y.e>ひき なぶん かへ き fj ゆ tl ん ひ A ■ 

最早 立 聽も出 來ぬさ 思切ッ て、 自分 tt 歸ッ て來た 主人 を迎 へた 

&ら ん る を f で き &ど のこ を は、 き ふじんへ やゆ お 5-< も 

暫くして 主人 は 留守中の 岀來 事を殘 6 無く 母から 面いて、 をの ま、 *; 人の ゐる室 は行ジ たが、 折々 拽れ 

f*, に, ふ じん を こ ゑ C ぶん か、 § もののお たちぎ く 

て聽 える に は、 4K 人の; 5 た 泣きに 泣く 聲 ばか. 00 自分 は氣 に懸ッ てく 堪られ なか ッ たが、 其 後 は 立聽 

U ま を ふ <ゎぃ き S おも むな つ、 ひビ上 ゎづ 

する 隙 も 無い ので、 不快 極まる 想 ひ を か のれの 胸 k 包んだ ま、、 ねられぬ 一 夜 を 僅か k 過した 



斬 ひ 日,? J く^ ッて も、 だの t が えな いのは、 ^力 何 は\ 不^..^、 自分 は 態 i をの 室に 行.^ てみ る. -、 

もッ たま、 の 51 の は、 の, れ お.^ た、 i の S さめた、 S か はも i しもうな 夫人の i 女。 『何 か 

なされました か』 - 

さ、 ^を 似く して SI ねる さ、 :k だビ n かに 自分の 力 を 振 向いて、 『否、 少しば か 6』 

teB C で f C ぶん き f 

V、 獻 かに^へ た。 、が、 ^ァか¥で:suんなにiiしく&ッて.^sなさるかクヒ思ふさ、 自分 は氣の 毒で 涙が 

&れ る。 『1 か 御用で も あれば、 何な A> 亡 御 遠慮 I 「"く』 

« かねて i< る 観に しな、 がら、 たえく に C 自 だれ は In ッた。 する で/丁度 霜 を經た 虫の やうな 蘇で、 

『御 親切 は 難ず ふ 御座いま すが、 別 S 用 も.^. y ませねば …… 』 

^るく II の やう あ i が、 の酽 から 『I れ^で た。 『^うせ 私 は 邪魔者で すから』 

i け &;^ げ て^る ^まねが おへて 1^ 口 ひ i れぬ ©.。 . ^おん のま、 傍 を 向いて 仕舞 ッた。 

射 はか 1^ 獻ッて 齢よ くく^が へて みたが、 きう も。 の^? 一 r、 いつもの 嫁い び- -..5 少しく 違 ふ 

やう きれる。 if 1r?45、 irsif r、 のき r、 乙れ は 何でも I の 事 

をの まか t み S は をし 、 へ) 

では ある ま so 何 か 其 がに a 入ジた 話で も わるので はわるまい 力 ! 

,てみ たが、 たき や 夜 S, が f てぎ から の事。 夫人の 泣く S 時- 1 た。 



L^CA 3 *J^S ? -0 き.,: >» きこ の あ まな S ヅそ S ほげ こ ^£ ^ 

生 人の 鏔び たやうな 聲も 時. i 聞え た。 もしゃ あれから 後で、 亦 一 層 烈し S 小言が ぁッ たので ほ 無 S か。 

あ L C ぶんた .《 さくや を る ふ e ん けさね どころ を 

有ッ たか も 知れぬ^ 自分 は 思 ッた。 昨夜まで は 起きて 居た 夫人が、 今朝 寢て ゐる處 から 推して みても。 

わたし じ や S もの をみ だ ま S, .sf* ふじん こどば かんが 

^うせ 私 は 邪魔者 £ 、涙お 乂 せて 言 ッた 今の 失 人の 言葉から 考 へて みても。 

きせく じ ぶんの 5 L S ぎ 5> し やつら あつ 3 C ぶん か を S. 

わ ゝ氣の 毒な くさ、 自分の 膿 は ひしゃく しゃして 仕舞 ッ た。 義理 も 知らね 奴輩の 集ゥ さ、 自分 は家內 

ひど かほ あ S や 

の 人に 顔 合 はせ るの も 厭に な ッた。 

か をい み to る ひ たも ひ あた とど し おも ひかへ ゎづ tyw まで C ぶん 

けれ.^ 家內の S 子 を 見たならば、 威は思當るゃぅな事もぁるか^3-知れぬさ思返して、 緩 か 事に 迄 自分 

は を 付けて ゐた 

しゅじん いま もこ 3 へた しょさい ど <. しこ も てがみ か ろ いんきょ をん & いんきょ 

主人 は 今少し 前 起きて、 か のれの 書齋に 循籠ッ たま、、 丰紙 らしい もの ♦ ^書いて ゐ る。 老隱 居さ 女隱居 

f ざしき こ, y , /\. - に £ビ さ <- だ, C ひで さき は^きた 3 お せ わつ か f S L 2 たけを に ほ 

€4 奥の 座敷で 密くさ 何事 か 相談して るる 4- 秀は 先程 牝 町の 小學 校に 行クて 仕舞 ひ、 武雄は 庭の 

かへ で まどか 3 へび しゃもん か こ ゆみた ぺっ だん こ、 ろ あた & 

楓は 的お S けて、 乙の 前の S 沙門で 買 ッた小 弓 を 試め して ゐ る。 別段 己れ さいふ ほ^の 心當. CS も 無 so 

さて e ぶんち や 3 い をん を あどし まひ さ S ち 5 い もが たちはたら I ふ c ん & せん 

借 自分 は 茶の間へ 行ッ てみ た。 小 女 ハ 今 跡 仕舞 最中で、 わち るち さ忙 しく 立 働いて ゐ る。 夫人に 御 膳 

あ き さし あ めし あ さ こど _ か 

を 上げた かさ 聞けば、 差 上げ tri した けれ. $J、 召 上がられぬ もて 下げられました さの 事 <§J れほ^ 悲し S 

事 、がわる のか 、 

はち じ 50 ォぃ く C 3 お a i$ き しゅじん れい しっきん 

八 時の 時 W も 鳴る、 やがて 九 時 も 間, が あるまい^ 思 ふころ、 車が 东て、 主人 は 例の なさく 出勸 した。 

ぁヒふ C ん rt. か e ぶんお も を よめ L£ 'ど を. & わる a 

をの 後で 失 人 を 醫師に « ける のか^ 自分 tt 思 ッて居 ッた。 S かに 嫁 姑 沖が 惡 いからさて, まさかに 寢て 



ベち にん S I や あ お &を どこ^^ egic * > I 

ゐるほ < ^の 病人 を、 饕師 にかけ ぬ やうな rJ さも 有る ま S さ 思 ジて居 ッた。 處が 十 時 か鳴ッ て^ をの 

f も を t>5 いお e を tf を ) 

樣子も 無い。 十 一 膀が 鳴ッて も、 まだ をの 樣 子が 無い。 

i ? C ぶん よし をん いんきょ ほ を . を K e ぶん も - ) ) I ^-3^ is^ S 

餘. に思ッ て、 自分 はもの 由 を女隱 居に 話して みるき、 『何、 自分の 好きで 寐てゐ るのに 蟹師も 何も 

いるもの か』 

よけい せわ こビば a ぶん ほく e や ちも の また ひ sow よ を * 

つん けんさして、 餘 針な 4- 世話 はぬ ばか 6 の 言葉 自分 はこの やうな 薄情 者が、 X さ 一 人世の 中に 

あきは あき つけ 上 e んみ 5 へ 卞 ' % - > ^ii 

ある 乙 さかと ほさく 呆れ果てた。 呆れる に 就ても、 夫人の 身の上が いよく 可哀 をう に. ジて 言 ひ 

やうの な SK. 快 を か ぼえ た。 

二!. 間 日々 の 心配に、 あの やう Jbl 瘦衰 へた 夫人 を、 自分の 好きで ねて ゐる な^^は、 佝 さいふ 官草か 

ろく-/, \- め L ぁパ rt 'つか ビ * か こ つ 5 へ ふ む/ み ^ W 

あの ま、 は、 飯 も碌々 召 上らす、 五日 さ 十日 床に 就いて たなら ば、 乙の 上 んな 不憫 を 見る 力 も 知が 

ぬ もの を。 赖ゥ nS なる 人 さて は 只の 一人 も 無く、 あた 6 皆 敏<^ぃ ッて もよ いやうな 中 は陷ッ てゐる 夫人 

こ、 ろ e ぶん L んち 5 ?c? 5<b みだ こ a また ふ C んへゃ * 9 ^ ^Z^_1S,A」1、 

の 心 はさ、 自分 は 心中に 同情の 涙 を 溝し^がら、 叉 も 夫人の 室に 行ッ てみ る^ 今朝の ま、 身搖 もせす 

に 安臥んで 居る。 . 

ブ &を かけて、.^ し ttsK^ て.^ げやう ざ B ッて も、 ili しい N ^さが^の 中を惱 ましてね 

る 亡み えて、 a. 生 話 好な 夫人 も、 中々 其の 慰め ^:: 應 しゃう^も 仕な so 據 無く 自分 は 乙、 を 立去ッ た- 

お 餅に きッ た。 ^射 はこれ やわれ やのお がへ に Ik 、が 11 いで 堪らな S から、 友達の 家へ でも 行 ジて來 やう さ、 




二 十 日月 七 _ 

て S-CN け あつ か、 いへ で,.' 

照^る 熱さに も 拘はら すに 家 を 出た 

C *1 もタ LZ f いへ ピほ を をん さ 3 おさ 《| B ら てう ど ほ 5- ぬ 3 ^ ^ ^ 

自 射の It 軋し S 友の 家ハ、 、よ 6 さして 遠く %®i い。 納 Irfi 砂土 原 町 を 通拔 ける さ、 間も無く 其處 

f rf f ざいたく so ひる!:;, 一 し おも ^たろ ► 1 

は 友の 家 折よ くも 在宅で、 今 晝蘇を 仕 やう さ 思 ッた處 であ ッ たもうお 

れい くわ t くわつ ほ f どき もな も はや かへ ft も ころ > ( は W か y ビ W 

例の 如く 快. 括 に S るく の 話 をして、 將を 過した、 が、 最早 歸ら ふさ 思ふ喷 にな ッて 友 は 俄に 言 K を 

あらで どき f こど に C ぶん わ み、 か ぶ I .uj"- み ビ ころ さい T ん こ, i せ かほ » 、 

改, かた。 KJ^I^ にき、 たい 事が ある。 何が^ 自分 も 俄に 耳 を 傾けた 『君の 處の鈾 君 は 此度變 る S いふ 

5.vf ^ e ぶん iss らいでん S ち e みゝ つらぬ も f こ、 ち , 5^ uc£ L ' ► k 

が^ 當か』 何 はッ! 自分 tt 爾, 雨 雷- m 一 時に 耳 を 貫いて 過ぎた 檨な 心地が した。 譃か實 か 知らないけれ^、 

ほ をし あるひ ど き 

をん な 話 を 威 人 から 聞い おから . 

itSU かけぬ i&o が r のま 単が i る さは S か k も 分らぬ。 もしる れが實 ならば、 をれ こ を 一 大事。 

鍵 にしても、 ^tti きされぬ 話ゥ ヒ、 猶ょく Ms てみ る さ、 友の 知人に 某 銀行の 頭 M を 親しく S ッ 

IV ご ら , CS ど ほ し さん C?A- せん だ £, がく そつげ ふ SS ふが. く L sa- 一 か はよ !- を ひ W ひど w 

てゐる M が有ッ て、 をの 人の 話 さか 三年 前に 大學を 卒業した 法學士 西川義 雄ゥヒ いふ 人 を、 頭 の 一 人 

J^LJ ら 71 くひ > ひ^ ビ ij ろ *Q き いちねん まへ さわ を 、 き 

p> % る? 釓齓 で^ & めて、 あの人の 處へ 嫁た (-^ く 一 年 も 前から 驟 S で居ッ たが、 聞 S て みれば、 

S に は 11 がま ^9 も ある 事で、 をの 戀は 到底 遂げられぬ さ いふに、 娘 は 落 職し、 うりら く Is 鬱のゃ 

^ ^^e^^L^^ い 3、 で つま a べつ む をめ つま さ だ 3 か は 

うにな ジて 居ッ たの を、 近頃 西 川 は 今迄の 妻 を 離別して、 をの 娘 を 妻 はする こさ は內 約定 をの 代. <= - 

に flilKli おの か。 き?^をの観が!!げられるので、 大層 喜んで 結婚の 日 を 今から 待 遠し かッて 

,?- 5S ? * _> もん きみ しゅじん か 5 だん L せ けん ちゃ5さ3た^5^ だ 3 

ゐる さの 慰の 家で:? V の 樣な樣 子 は 見えない か。 何に しても 君の 主人 は 好男子。 世間の 孃檨 達が 默 



ど も かた 



ち.? 



ッて ft くま S さ 友 は 語 ッた。 

な も こ、 ろ も ひみた み &は さん 々わ つまへ あや おも L ゆ CA 

さて は ざ 恩へば、 心に 思 當る乙 £ も 無 S では 無 so 二三 月 前から、 怪: K いさ 思ジた 主人の 素 振。 近頃 は 

U じん 、JC む ej や S 乙ビ あ ゆ ゑ よ を か ふ だ 5 

.夬 人に して 無情 はなった の. i5-、 さて はさう いふ 事が 有 ッた敌 か。 あ、 世の中に はか、 る不道 



い よ 



VJ く げん こど ちいさ 仁ろ せ わ か はけ ti^kt^y. 59 ^ < I 

徳! i まる 人間 も わる 事 か。 幼稚い 頃から、 世話にな ッた面 川 家の 一 人 娘 を、 罪 も SIS の.^ 離別して 自 

ぶん. I & e ふもん げっ きふ ビ みぶん せわ キ f > > . ;-^ ち、 r> , 

分 は 四 五十 圓の 月紛が 取れる 身分に 成ッ たから、 もう 世話す るの はま ださ S わぬ はか. 9 の 仕 打 は。 . でれ 



ひど wfe*- め 



つみ 1* 



S- べつ 



はんげん こ 



が だ S の & がわ る^に §3^ る 化 か。 ま,. KP 持 « おは を吳れ て、^ W の^を 秕魔 はする 隱居 共の 心 は ( 



?/ - . てんか 5. くた W ^<L I 

.0 、 何^も 言 ひやう のない 不道徳。 をれ でも iK 下 幾人 の 學士、 おさ S ふの か。 



ぶ A t つ 



かへ みおく 



自分 は 實に言 ふに 言 はれぬ 口惜し さ を 心に 感ド たが、 面に も顯は さす は をの ま、 友 さ 別れた。 歸 る路々 

.& んが さくや で き. y ビ ふ じん こどば くぎ 5 C ^ お、 も ひ あた 

者へ てみ る ど、 昨夜の 出來 事、 夫人の 宫菜、 S つれ, モ釘を 打つ やうに ひしく^ 自分の 胸に 田、 籑 S る- 



は をし 5 を まこ ど さな いま だ S 、さ もんだい e ぶんね も 5^ , ゆん }乂. ど.」 ゆ、、 

さて 乙の 話 は 魔 か實 か。 をれ を 探る め、 が 今にして は 第 1 の 問題^ 自分 は 思ッた 盧 なら は 何のず はきい 



だ 3 



もくひ だ 



じぶん ぎむ 



けれき、 若し 實 ならば 默ッて は 居られぬ。 赦中 .^d 圍 まれて ゐる 恩人お、 救 岀 すの は 自分の 義務、 及. ぶ だ 

お A ら ゥ< i じん こビ L L ゐ れ 4 

けの 力 は盡 さね はならぬ。 をれ にしても、 夫人 は rJ の 事 を 知 ッてゐ るか。 薄々 は 知 ッて居 やう S 想 ふり 



I 5 ち ひ 5,- め く ほ めんだん . v-^r > 

o 狹 いるの 家で は、 人目が ぁッて 詳しく 面談す る譯に はさて キ行カ 



t t ぶん S ん? r ろ 5 み ぶん 

れき、 何に して.^ 自分 は 食客の 身分 

\| こ ふ cv<* もて つ わけ を ま/ \ ゆ 

ぬ をれ さ言ッ て、 床に CSS てね る 夫人 を 外. 面に 連 出す 譯 には猶 々行かぬ。 遮莫 rJ のま、 で 二 一 二日 を 過 



二十日 月 



七 



い やく. よ ふ ess び やろ a>, ひ 3 しお も . 

してみ やう か。 否々 過す の も 好けれ^、 失 人の 疡氣 が日增 重く でもな ッ たなら をれ 乙 を ffi 力へ し 力 

つかぬ さいふ もの。 ま、 よ、 國の 伯父へ 自分から 手紙 を やる る さに しゃう。 けれ^ 國の 伯父、 夫人から 

C ぶん をん みお ちが L かた を e ぶん ち * は、. か 

やる のなら ばよ いけれ^、 自分から や ッては 何だか 筋道が 逢 ふやう だ。 仕方が無い、 自分の 父母に 書い 

さき L" ほ& もら い おばん じ や 5 さく C ぷ んゎづ ふんべつ 

てゃッ て、 先から^1<人の伯父に話して貰ぅか0 さう く、 乙れ、 が 一 番の 上策.^ 自分 は 僅かに 分別した 

ふんべつ 3 ん きれ W ふで ねろ 5t ゆ * こど L こど ft. /\ かきた- 

分別した まゝ、 ,切 を 取ッて さらく^ 筆 を 下して みたが、 朧か實 か 知らぬ 事 を w 々しく 書 立てる の は 

たも ひかへ -4 じん び や 5 き こどせ わ ひど を こど ほか お 4 かたりみ く ル •) 

S か ,5- ヒ思 返して、 失 人の 病氣の 事、 世 is- る 人 も 無い £s ふ 事の 外 は、 大方 略して 仕舞 ッた。 

ハち 6i も ^ ふつ. s- た を K ひビ f へんじ ねこ .t? ふ じん び や 5. き, ひ ま.」 ね も み 

j 日 さ 立ち 一 一日 e 立ゥ 何 一 ッ をれ- 思 ふな^の 變事も 起らぬ。 只 夫人の 病氣が 日增は 重くな ジて 身 

S どろ S 、や ゆ 5 へ S ヅか ひ W く れ いたん ど3> あっか _ び や <-»- ゾ みま ひゆ 

も衰へ鱭.^?-瘦せて行くばか60 をの 上 一 家の人々 はま 乙^ ird 冷淡な 取扱 ひ。 病室 を 見舞に 行く さな^ 

rt- ち:^ あ いち ね も くら ゐ み じ ぶん み i £ T ^ 

は、 一日に 1 度 もお る ま S さ 思 はれる 位。 をれ を 見る 自分 は、 まで さ 身 も 世 も あられぬ 心地 力して 

へん C を 

^うかして あげた S さ 思 はな S 乙 さは 片時 も 無 か ッた。 

、つ A ふ -5 ふく.; * S も こビ おこ ひ しゅ C ん はや やくしょ Aac き 、 

然るに をの 三日 目の 夕暮。 思 ひも かけぬ 事が 起 ジた。 乙の 日 は 主人 も 早くから 役所 を歸 ッて來 たが い 

^ か 《. き げん まひ い ためし を ふ ん へや ^ さんさ み まひ い や I 

ゥ も 無 S ほ^の 好機 嫌で、 見舞に 行ッた 例の 無 S 失 人の 室に、 二 三度 は 見舞に 行ッ たやうな 樣 子。 け 

,も しんせつ C ぶん S ま、 さ つみ おか せ ft 

ユ^ 後から 思ッ てみ る さ、 乙の 親切 は、 自分が 今 將に罪 を 犯さう ^ して ゐ るの を、 實 めて-/ \ せ め拔ぃ 

WA-f..? ん しわざ _ 

た 良心の 所爲 であ ッ たの ,た。 

ね & こど たか だいざ: & を a L ゆ C ん ぴゃ 5 き I f V 

をの 思 ひかけ ぬ 事、 をの 犯さう さする 大罪 さは 何 かさいへば、 をれ はま 人 か病氣 にかて つけて 義理 あ 



ふ <^ おく w かへ いだ i 

る 夫人お、 國に: 返さう さ 言; S 出した 事で ある 

われ ttplji^ の^ でも^ ク たらう か、 4<M の 室が S ゥも にも 似す、 大層 賑 し S の は 不審 さ思ッ て 

ねる €、 ? か^おの K に? m ゃッ たので、 さなから まんで 胸を簋 かれた やうに 自分 は 驚いて、 壁に 3 

ノ .Z ちぎ ふ e ん へや t> ぶん しょさ::' ビ&> は をし い, お-^, \タ こ, ^ k 

をよ せた ま、、 i 事 か £ 立聽 S た。 夫人の 室 は 自分の 書齋 の隣ゥ におる ので、 をの 話 ttl 々殘& く 聞 取 

られ た。 . -へ 

てね るの は、 &t か k:^:^ に iSj な s。 『か &«。&s て^ ッて a 辨ら ないで は 無い か、 か 前が かう 

しで^て §5 て も、 Ills して k れる M もき? し。 をれ もい ッて、 世話 させす 'りまで も t のま、 k して は 

Si かれぬ。 もれよ 6 は、 彫 ST が fii にも も iaj はない から、 僻 iiui をび は t 仃ッて ".^5 おも 

! II ふのお。 n もお ま を^ ら f あ Is さう の 5i のさい ふので は i い。 癒ッ たなら、 S りで も歸ッ て來る 

がい、。 、 

M の^は い^えて おぎつ く。 『をれば か. - ではき 、自家で は 母 樣が喧 ましい から、 お前が かう し 

*^ ^ くお L ^ ぴゃ $ き &ほ し 

C C つまで も て ^5 る さ、 何の かの さゥゐ 口小言 を 言 ふやう はなる。 さう すれば、 病氣の治.c^ゃぅも自 

iis« いふ ものお をれ よ 6 は、 舍 に行ッ て、 緩 6 養生して 早く 元の 身 體は治 ッて东 るが 好い。 え 

きぬ & $ ^ およ ふ", > n 

^0O 何故 泣く の, た o 何も 泣く はハ 及ばな S で ttt^s 力』 

^li てからが だ I の かきこえ る。 『i か。 ii。 ぎが i\ ^^に は,^ ひたく はわ. - ませぬ。 私 は 老# 様 



二十日 月 七 四 

こ £JJS つら わたし び や 5 き $ こ-' L こ、 

に 小言 言 はれても、 辛く はお. ませぬ。 私 は 痫氣が 治らないでも、 此 家に ゐて、 死ぬ ものなら、 此處で 

L ,あたまへ 

死にます のが 當, 前 …… 』 

♦2J こみ, * く 1& みだ いひ や 5 を わか やつ だれ まへ こ、 ね 5- L 

跡 は 込 上げて 來る淚 に 言 きれる 樣 子。 『解ら 》s 女, たな、 何人もお 前 を此 家.^ a かぬ さは 言; 3 は 仕ない 

tl つ をち さ >C て がみ だ お へんじ ひさ ぶり まへ かほ み 

ではない か。 實は 伯父 樣 k も 手紙 を 出して ffl いたが、 をの 返事 はけ ふ s> ひた。 久し 振で お前の 顏を見 

3 へ び や 5 き た 4- ひど 《- めい こど き s*a> か しづ どころ ほ や 5 

たいし。 4- 前の 病氣. V きいて は、 只 一 人の 娃の事 さて 氣^ も か 、る。 田 舍の靜 かな 處で 保養す るの は、 

L <J くよ おも さつ., おく .& まへ S たが 

至極 好から うさ 思 ふから、 早速 g ッてょ 乙す がい、^ 言ッ てよ 乙した。 をれ で, か 前が 疑 ふなら、 をの 

手紙お 見せて やらう か』 

ふ e ん Ifba- くづを へんど 5 L 

失 人 はます-/ \ 泣 崩 折れて 返答 も ft ない。 

わが ビ& は をし こビ おが ひ e ぶんお も .& へ づき ひど S- む, * め e や 3 C さんきん 

かくて は 我 友の 言 ジた話 も、 S よく 實に 違な S さ 自分 は 思 ッた。 家附の 一 人 娘 を 邪魔に して、 持參金 

め く ひどで を *1 はなん も ふ じん s- < は おく & かへ w やう •>.< はち 

は 目 を 吳れる やうな 人非人 二 年, 添ジた 夫人 を、 無 趣に 國 へ送歸 さう も は、 よくも か のれの 良心に 恥 

で き こビ i ん をん を も か けんぷ ね ほ _ をん 

ないで 出来た 事お。 をれ はしても、 失 人ば か 6 は. :… 女の 中に も あれ ほきの 賢婦は 多く は ある ま so 難 

ぎ む e や 5 C こら こら し C \ Kv$- LwtiA. き W 一く 

義、 無情 を、 何處 まで も 泳へ に^へ て、 死んでも 此家 お離れぬ さは、 いかにも 殊勝な、 いかにも 1 一 S の 毒 

こ、 ろが け いへ ほ を も せク かんび や 5 < ひ 50 を ひ ゐ e やく ゆ 

な 4- 心褂。 けれ^? -の家 を 離れす に 居ッた £ て、 親切に 看病して 吳れる 人 も 無く、 日增に 衰弱して 行く 

さんく わ S み こみ あ >« にん こ、 ろ s- つば こ、 ろが け •?> Sc 

ばか 6 では、 さても 全快す る 見込 も 有るまい 失 人の 心 はまこ さは 立 服な 心趙、 死んでも.;^ のれの 家 を 

54 こ、 ろが は ま、 いのち こど 4& ほさら いちだいじ 

失 はぬ さは、 つくく もよ いか 心褂. なれ.^、 rJ の 儘 命 を 失 ふやうな 事が ぁッて は。 猶更の 1 大事 をれ よ 



4. K へ 令 T 酽は" 不 ii^ でも、 ? l^F.-^^^. ll^i ぎ, ど^ 快 させ、 其 上 S くら も 好い 分別 は 

がが やう^が 射 は たま、、 主人の 去る の を窺ッ て、 をの 夜 失 人の 室に 行ッ た。 

^だ こはぎれ ぬ やうに \ i^^sj^ 射の な』^ i してお た。 する も 泣り》 け は 泣 S て居ッ た夫ム も、 自分の 

ま lili^ は 1 し 5- みえて、 『ii つ 切に.。 ぃ^cく¥sl^すッて』 €f 一 r けて g ピ 1 へ、 『えな 事が 無 

くッ てなら ば、 ^^ss&^ ^gi に^!. や!^ の r 目 はも か-. - たいが、 今 称、 が 此處を 

^れ ば、 rs^l^^ のま を^て る やう を もの。 をれ ゆ ゑ i^、 ^うしても^^ a 出られ ませぬ C 假令 あの 

は * さ S しか ころ コ 

母 樣は牝 殺されました さて 』 

^を^ 4^て« らしい i が^だの 。 兩" き > から、 S れいで た。 ^射 も し SIfiK 言^せられて、 其 儘 同 愦 

をみ た むせ , 

の 涙に 咽んだ。 

i . え 

のが 痳 はか、 るが、 あれほ^が ま? の? i を、 をれ でも t は 押 返し 難く、 をれ 务. -に 自^ 

tf ど ^ C ゆく もる さか ゐ 5- 

ttE^S. gl4 けてから も" ぃ^cくの事が考<sされて、 二 時 をき いても、 熟睡の 境 k はス 

られ なか ッた 

ir^ はな ッた。 する €こ の ひ 日 は£ に 1> らし が ii ね て^た。 をれ は 大川正 幸 さいふ 失 人の 從 弟で、 東 

IT での^ だんの 組 i は、 乙の 胪ビ ばか 6<^n ッ ても^い けれ^ をれ ほ f 刀 k なる 人で も 無い さみえ て、 



二十 口 月 BBISSSiBiss I js , — —. 七 六 uul 

一 Lt>,,-rr- -」 5, t づく こど ** ほふ は 4? わ や s び を たづ 

暴 始の慰 は、 あま A+i? ねて 东る事 も 無 か ジた。 をれ に 今日は 日曜日 さいふの でも 無 いのは、 尋ねて 

き W た をん よ I 

來 たの は 梁して 何の 用事で めら う C 

m し -J5 t さわぎた e ぶん おも 1*>は かほ *j ど 

一 ら みる 敌 かも 知れぬ が、 總 t て 何^なく 騷立ジ てゐる やう 自分 k は 思 はれた。 もしゃ 何 か 變ッた 事が 

ぁゥ はせ ぬかさ" 油斷 無く 氣 お付けて 居 ッた。 

i '-'-5 5 *r-MC t u-^ し*^^ん さ さい 1 C 5 、つけ こ St か は ターみ 1^ かち や 5 まで. & 

ま ^〔干^ ま、 自ル刀 は 主人から ある 些 纏な 用事 を © 附られ て、 4石川富K町i2行ッて^-ねはならぬ。 

?仃 き^く^い。 |«5=«の¥に^<^がぉんな點广どされるかも§れぬさ思ふさ、 cwf も 行き 度く 無い。 が、 

が 射 は IIP きの リ をん な 我儘 は 言ッて 居られな いので、 ffi 々ながら 宿所 を 33た。 

観 &を觀 して ま- ッて& たの は, れニ gil し 過き 路./ \ も 失 人の 事が 苦. はな ッて 溜らぬ ゆえ、 小 ゾし も 早 

5 お かへ e ぶん. S を あるき 

く 家;^ 歸 6 た いさ、 自分 は 急いで 步 S て來た C 

I^ELS^ ッて、 iik^M の 教を鹂 いてみ たが、 i は, しれ も S ふ も 無 S 檨子。 自分 は 少し 安心して、 

.eb,t Lis*;- タ つか ひ へ, <じ はも い たちあが き か はかみ き さま ^£ たの, k た, 

お 人の 書齋に 行き、 使の 返事 を それ........ 》i= - 話して、 もう?」 れで好 s^s 上る さ, 川上 負樣に 少し 黻み度 

こ £ ぬけ しゅ s <a た ぶんこ、 ろね も ね もむ lif^ ら あ k fsfr- めん > ♦ 、 

S 事が ある さ 突然;^ 主人 tt 言 ジた X かさ 自分 は 心 思 ひながら-、 徐る 頭 を 上げて、 正面から. M ッさ 

しゅじん かほ み 

主人の 顔 を 見た。 

t もら ^?も き きさまき せく き さま ちゃ 5 せ さよ 5 や み ^<^, ) 

お. =^ は.^ し i 躇ッた 様子で ぁッた 『貴 …… 贵檨 J ^は 氣の毒 だが、 貴樣も 丁度 土用 休暇 だから、 * 校の 




3 また 



g げに はなる ま so 資は奥 を。 病氣で 寢てゐ るのに、 看病す る 人 も 無 S の: 憫 だから、 保養 旁々 國に 

お も た や <(! よ こど glB! f ゆわけ ゆ をれ ゆ ゑ 51 さま 

やらう さ S5 ふの たが、 己れ は 役所 も ある 事敌、 ^て も 送ッて 行く 譚 はは 行かぬ。 其 敌貴樣 k はま 乙 さ k 



ひや 5 き ね 



ふ びん 



5J や S 'かた., ;>-. く は 



氣の毒 だが、 送 ッて貰 ふ 譯には 行かぬ か』 

I ぬ 



自分 はお ま 6 の 事に 度 膽を拔 かれた やうな 心地。 頓 Htt 返答^ ffi 來 かねる。 

もお ろん き さま ひさ ふ < にぬ. f ^ は L ちかん はい ざ ふ パる ^ は》 ん ; ふ ^ニ ュ > 

『勿論 貴様 も 《し 振う で國に 行く 事 だから、 十日 や 一 一過 間は滯 在しても 苦しく. i4 い 只 1 妙 人 を 四十 圼もぁ 

M こ 1, ク ^ もら き せく £ S ざ たくさ 55 £ fl や <■ お 

る處 まで、 して 貰う の はま,^ さ.^ -氣の 毒 だ、 が ::: 』 『をれ tt 好う 御座いま すが、 奧檨も 御 承知な ので 



ぶん 



は i か 



すか』 餘程 激昂した。 ヒ 見えて、 自分 はか、 る こさ を、 主人の 前で 言 ふの を 憚. ら なか ッた 

5 & t^r^/^ eAltA-KJ ためら たく しゃ 5 お ;y しゃ S-JO 

唯 さ 主人 も 亦 少し 躊躇 ッて、 『奧も 承知して ゐる …… 』 『御?^ 知なら お 送.? S. しませう』 

e ぶん ど 5 い い いか S- L ん ど 5 はつ a - あし P た » ■ - > ね t -、、 

自分 は 乙の 時 言 ふに 言 はれぬ 怒 を 心頭に gl^ した 『それで は 明朝 發 足せ やう さほ、 5 ふ 力ら、 - 

: …: 』 



氣の 毒お 



力 



たちい 



皆まで 闞か卞 は、 @ 分 は、 rj.> を 立 出で たが、 明朝 さいふ 二字 は、 心の底 は 響き渡 ッた 



ふ じん へや ゆ 

をの ま、 失 人の 室に 行、 

をば おかよ f 

傍に 近寄 ツた。 『何 かなさい ました か』 



ぶん 



『奧 樣、 …… 』 ^んで 見ても 返事 を 仕な so 『奧 様、….:』 自分 はいよ く 床の 



言 S けて 顏を覼 くさ、 返事 を 仕な いのも 無理で は 無 so 悲哀に 胸が 一 杯に 46>ジ たさ 見えて、 涙 を 兩服か 

らはら * 



かほ 



wbA だ &ゃ 5 がん 



など お < さ 3 あした かへ - 

さ 落す 『奥檨 、明日. 國へ. r カ歸. なさ S ます ッて』 



二十日 月 



七 七 



^ c^^^^ 



二十日 月 



^ is お、 —>?/sfv;. 

七 八 



"Si も ほさく にな ッた。 する さ: は i. 尸 慰 ii の i-k^ ひながら、 『孝 樣、 私 は。 無理に 國に歸 

3* & 乙 、 、、 , 』 

き i しい T 語に、 "I は へき S<.&M、、 iw うに ふ 6 拂. た C 自分 

C d? 7 一 f 、 ^ a へ JM からだ た よろ 

『おく io お K へお なさ ッた 方が、 却-て 御身 體の爲 めに、 宜 

しう 御座 います。 乙ん な 薄情な』 

e ぶんへ や を ■ ゆ. -3 

跡 は 言 はすに、 自分 は 室へ 泣き 行ッた 



ftffi. 3fTS&f た, 1 れて、 m 五十 t ある 國へ追 やられ 

kM^^^P. てきんな に i しからう。 をれ も IS さへ 治れば、 歸ッて 來られ るの なら 好い けれ 

2,, - ブンジ *^ JI i メ - &っビ 、t5 ic *-5 ふ ぎ おも 

せ、 まれ 5、 i に S な 觀£ る-." ぎす。 a0i i の 着 塞 はぬ 

.^f. 霊ぎ f k ?、 觀の, 言 si Jf ザ f^i00J 

はねき ぎて、 あの やう, &i ろへ た if 、 し ず;, ふぎ t きで issg 人非人。 長い 留守の 

ii び は、 ,お^の li な l^lii をせ ぬ S も i らぬ。 Si からの & 產を殘 6 無く 遣ひ果 された 擧 句に、 もしも 



をの やうな 事が ぁッ たなら、 をの さきの 夫人の 心 は 



にも ね も さ ざ 5 < ^ S き をん を しらせ やぶ さて W さ ゆ r > 

思へば 思 ふほ^ 悲し S 想像 を、 人力車が 來たさ の 下女の 注意に 破られて、 锗.^ うしても 今朝 は 行かね は 

おも ふじん a, み まわ た S ちだい くるま ふ e 乂 

ならぬ のか、 さ 2、^ ッて、 夫人 は-^ ぅ爲 された かさ わた 6 を 見遯す さ、 他の ー臺の 人力車に 失 人 は 悲し さ 

© しゃふ 53 ひどつ、 み にもつの ) 

う 乘 ッてゐ て、 車 失ば 今 1 包の 荷物 を 戴せ やう さして ねる 

5ts > L^c/X およ クビか 5 いだ ゐん きょ み おく た I 

後 を 見れば、 主人が 一寸 1^ を 出して なる ばか. <yo 隱 居^も は 見送. にも 立 ッてゐ な so 

t iil *® き こど K で ふ 4〕ん の しゃふ いちれい ひきいだ I もんで よつ 

自分 は 呆れて 言葉 も 出^か ッ た。 夫人 を 戴せ た 車夫 は、 一 鱧して いよく 曳 出す。 やかて 門 を 出る、 四 

.S ビ ム ? こ、 ろ e ぶん JaftiJ も ひいお -<Jirs いづ & みだ はんけ お も、 , ま 、はだ S ま, ひ 

射 を まがる。 ; k 人の 心 は …… ゥヒ 自分 は 叉 恩 出して、 S 出る 涙 を 手 巾に 扱 はせ^が、 をの 儘ニ臺 の 車は驀 

地! • 

ふ i〕*r ふるさ ど 5 はき M1<b くらまお き やう ね ほよ, ye じふ & • め .*S,M9 レん ち.^ S I » ? » 

失 人の 故 鄕は磐 城の 棚 倉 町で、 柬 京から は 大凡 五十里 も 有 ッて隨 分 近 sstt 言 はれぬ 田舍 では あるか 

^^<t^^ ゥ 5 .S ちにち ゆく でき こ W さ ん S3 e- よか 5 を 

Ik 北鐡 道が 通してから は、 一日で 往 こさが 出來 る,.. -の 事。 左 ほ^ 難 義》 旅行で も 無い。 

C a- ん 5 への て —f > よん くる 3 <^ がち ふ C ん しんせ ク せわ < C &ん ぶん K ばんき しゃ の 

自 1^ は 上野の 停車 塲で 人力車 を 下. 00 ふさぎ 勝な 失 人 を 親切 Jbd 世話して、 九 時 何分の 一 一番 汽車に 乘ッ た、 

きし.? の 」 iJ んき ぶん もこ <ゎ いふ < C ぶん おら を わ ot> あかば ね 

汽車み 乗ッ たなら ば、 夫人の 氣分も 少し は 恢復す るで あらう さ 自分 tts ッ て居タ たもの を。 王子 赤 羽^ 

t fi み 50き< き L や まさ ど 5 き や s- f ふ w む 

過ぎても、 まだ はきく した 樣子 もみえぬ。 見えぬ ばか.. 'か、 時々 は 汽車の 窓から 東京の 方 を 振 向いて, 

をみ お S C ぶん ..J 、ろね おら ひ わけ を かみ - k よ 

涙 を ほ 落す さな.^ も ある。 自分 も をの 心根 を 思 やる さ、 譯 も 無く 悲しくな るか, これで は 好 

^ こみあ く をみ だ た 3 145 ん か さ > 

く 無い.^ 込 上げて 來る淚 を 押へ て、 何の 彼の さ 慰めて ゐ た。 




ミオ ^ , に 



n 八。 Is 

i;7ffl3^_^I_.^.s< ま.^ -^、 の 外.^ 出して 居 力 か , 

てみ る さ、 航 けの で、 ふから くさ S かに もき 1 しさう は、 煙草 を ふかしながら、 此方 を 眺めて ねる 若 

S キ i 。『あのが ま は、 ::: ミな きし S らうね』 :ん I I ま 

き. お; 5> きわたる の p、 鎖 V はぎ きられな かッ たが、 人 はき やう まし はに, ず 

おので、 がが は, さし?? ゝ Si のがず ましてき ッた。 f は§ ろく i きす。 



S に i3u、 おん? のま s、 ssr」i ベる やう k なる の?、 募 ssll- 

f お。 -. • 

だ; * ち くる! 3 ほし '-. 

默ッ てね る 中 も 車 は 馳る。 

5)-^ フ て $ せ C ふ S お e t£ も 

g へら、 siKis つか, きて、 都宫 SS2 は、 了 度 十 一 時 少し f 



たのし 



,L したき- 4A に i め、 射 もき まして & ぎ、 る 山、 森、 田 S は 1, ませて、 東 

9 の 駆&ビ P 爭 SIS ぬ やう めて &ジ た。 まき ませて はならぬ 

-ぉ も, 

f^Bkffo sflffo あ i しき? 44 に f も 5 たら、 

つく, ^もずに し の $ぼ も、 乙れ では もれ ほ. せの 蘄.^ き ーかッ たく. 自分 は 胸 を 撫でた。 夫人 も 亦 



ふる さ. t おか &* ち * ば こど だんく おも ひいだ L だ S き たれ > しら 

敌鄉に 近づく につけて、 伯父 伯母の 事な < ^を 段々 に 思 出して、 次第に 氣も はきく^ なる 樣 子。 誰か 白 

か は むかき く ふ e ん たねが を 

川まで 迎 ひに 求て. Q て吳れ る さ S 、けれ^^、 夬人 は絕 えす 願 ッて居 ッた。 

らかは ( ねき ふ よび; C ゑ き しゃ 3^eL t ら かべ づく& もて In >£ん み ど 

やがて 白 川々々 さ 役夫の 呼聲 がきで えて、 汽車の 窓 越に ちらく さ 白壁 造の 停車 塲も 見える C 車が 止ま 

S まづム なん た. * おろ は *>ゥ 3 t ぶん ぁビ を 

るの を俟ッ て、 先夫 人 を * け 下し、 荷物お 提げて、 自分 は 跡から 車お 下-?. た 

をて It- よん い みだれむ かき を ■ 

停車場に 行ッて 見ても、 誰も 迎ひ k は來て 居らな か ッた。 

zf^ ろく 3- くる 3 さが み あや K くひ ど S- の 3- .S ヅて 《- も よん^ ころる ふ じん 《* ひの W 

乙れ から 棚 倉まで は 六 里。 人力車お 搜 して 見た が、 = 生憎 一 人骧が 一 挺 も 無い ので、 據 無く 失 人 さ相乘 

の 車 を 走らせた。 

ろく 3- たん ほ みち 5" みか くるま お, M かげん ど 5 き や f ひビ a さ わ S い 5 もれ ゆ 》5 ふ 

六 里の 田歃道 まして 田舍の 車の 遲さ 加減 は、 東京の 人に は ほさく 意想外 さ 言 ッても 好い 位 其敌ニ 

た 3- ほ * し たね. J だ 5- つ し 3 どうき や 5 c£ a を いだ ふ 11 ん もこ き お f つ み 

人の 話の種 も 次第,. i 盡 きて 仕舞 ッて、 ゥ S 東京の 事 を 話し 出す。 する^ 失 人 も 少し は 氣か落 付 S たさ 見 

をん ぎ しんぱい Lcvw .<3 ちわる ねヅど はくで う みづ かた 

え、 おのれの 難義、 か のれの 心配 1* 2 男 姑の 意地 惡、 夫の 薄情 i ず^ を自 から 語る。 

50 こク r» へばん t £ ど ゎづか こど ねこ たけを さん ぶん L a>J CI ゆ ゑ cv^ 

床に 就く 前の 晚の 小言 は、 まことに 些少な 事から 起ッ たので、 武雄樣 が 自分の 裁縫の 邪魔 をす る敌 邪 

i L しか f? ど き やう こ £vw 5- こど 

魔 を 仕て はいけ ませぬ^ 叱ッ たのが、 姑の 氣に さは ッて、 あの 樣に やかましく 小言 を 言 はれた さ. S ふ 事 C 

なヅど かへ またさん こ £ ど S. 5 へ « 、きそむ つま ね-お 一 

夫が 歸ッ てから、 叉 散々 小言 を 言 はれた 上、 をの 檨 K 母の 氣に 背いて は、 妻に して 置かれ^も 言 はれた 

c£ か k_bsss わたし じゃ^* し 5 ち i まなき の ふ お ほか K よ じぶん 

事 をれ から は家內 中で、 ^を 邪魔に する やうな 仕 打の.^ ッた事 叉 昨日 は大 川まで も 呼んで 自分に 

きこく こど を、 いや む M- を ひだ -aSO かふ こビ く . 

歸國の 事を勸 め、 嫩 さいふの を 無理に も逐 出した W いふ 事 を 話しながら も、 時々 をの 悲し かッた 事、 口 



二 十 日 月 八 二 

惜かッ た ^ を 思 出して、 ^k人は數滴のなみ,たをもゝぐo 『あの 事 は 知 ッてゐ るか しら』 

? e£l し sil が^ 射の 雕 は2^ ジ たので、 自^ は 俄かに まほれ 掛けた。 『本當 に 知ッて 居ら ッ しゃる かし 

ら』 

e nv- .ftft- ひき こどた み ぶ ts ん もこ L fe 

自分 は 思 切ッて をれ £ なく をの 事 を:^ して 見た が、 失 人 は 少しも 知らな S 樣 子。 

けれ がらぬ 點は よも あるまい。 万更 知らぬ ものなら ば、 あの 樣は 國へ歸 るの を 嫌がる 事 は 無い 譯 

,た € ぎ おは ST へた。 M お. れの耻 になる こ^ ゝ、 胸に 包んで 隱 して ゐらッ しゃる ので あらう。 

L»t? L んち 5 た- "ひ C ,i また みだ もよ 5 I 

殊勝な 心中 を 思 や ッ て 、 自分 は 又も 涙 を 龍した。 ? 

tl3 く -S ど しゅく- を乙 ふ e ん *ち むか i を — 

三 里 ほ^ 來る ど、 ,一 ッの i 低驛が ある。 其 處は夬 人の 伯父 r 迎 ひに 來て居 ッた。 

《七》 

,.t 'さ I め ざ £ ふ じん まヅ さき を の もがた みビ > 1 き W k , 

オヤが ぞ檨 がさ 目敏い 失 人 は、 最 先に 其 姿 を 認めた。 『か 額で は 無 いか』 

の" まビ K を かけて ゐた^ r ハ、 ^が 車の 傍に 驅寄ッ た。 人力車 は 留まる。 夫人 は 下 6 る。 けれき 一 

M« ,き? £まキ もさぬ。 ^<^のまには1?くも累爿たる涙をゃせした。 『大層 早かッ たな』 

^ V, e .s ij ん fc.4J2 ^3 みつめ ふ e ん をみ: y ぬ. y か はか A さん & しんせつ せ 

|ー1 かけて がで はっく が 人の 痩 果てた a を 見 詰る。 さ 夫人 a 淚 を拭ッ て、 『川上 檨が御 親切 Ji£ か 世 

h おも ほや 

話して 下さいました ものです から, 思ジ 4^ よ. 早く』 

^は S がお へて ずれぬ i?i.。 お り》 ける。 『お前 大曆瘦 せた やう, たが、 病氣が *5 も 



好くない か』 

3^^s.ttpp^o 『かれはお をん な 惡 ぃ病氣 では 無い さ 思 ッ た 。義 雄から 手紙が 來て 、お 絹 

&ぅ I 、Y>1J- ふせ ゐ C- も. a い き はれく ほ や 5 ひさ 》s>.» ねんめ 

が少々 病氣で 臥ッて 居る が、 田舍, ^でも 行ッ たなら、 氣も晴 々して 保養に もなる、 たらう し。 久- ^摘 目に 

^を か まへ 一 > 一 ゆ ゑ さヅ をく S へん C 

も か ゝらぬ 故、 十日ば か. か 前 をよ 乙す € の 事故、 をれ は うれしい、 早速よ 乙す が 好い さ 返事して ゃッ 

たら、 T ぎ^、 來る さの 端 ぎ が. Q ッた。 をれ では 乙、 まで、 も迎 ひに さ 相談して 來 て居ジ たのお が、 

をん な k 慰る やうで は、 嘸.^ 大儀で ぁッ たらう。 まァ 緩. 勞を 休めて、 …… 乙、 から 家まで は ニ圼。 も 

.&3 ひど .ss 

う 今 1 息 だ』 , 

を ち あらた C ぶん あいさ?' せ, T お <- せ わ か S ほ f た S くれ 》5!.» の _ 

さて 伯父 は更 めて 自分 は挨楼 する 道中の 世話 介抱の 鱧 を、 吳 々ざ 述べた。 

31,-..; は, -、 を^ ッ たが、 ひ日の^^に籍.^^〔乂の^^^?女1|ぃた。 

氣の I おな 夫ん を 先安 穩に 送り 亡, ^けた^ 思 ふさ、 自分 は 何^なく うれし S やうな 心地が する まして 伯 

l<がl?もi4J^S^Cく^i^Mして^れるのみか、 家の 娘まで も、 何彼^ 餘 《ふ 無く 慰めて くれる は、 夫 

だ も!; かお は よさ をう に まてね るの を S ?、 自分: SK 人 を こ、 に 連れて 來て 好い 事 を 仕た さ 5 に 

よろ J-J こ , ぺ, *. き やし を $. こど お M D 

悅んだ 此 處にゐ て病氣 を養ッ たなら パ、 よも や 治らぬ 事 も あるまい さ 居ッて 

ど かく ひ 50 まづ あんしん じ ぶんち、 は、 いへや 

觅 にも 角に も 一 先安 心 まて 自分 は 父母の 家 は 行ッた 

ffcff^^o だ H 謹く t ければ、 ttp€ki0f < . 



iM ク 



二十日 月 



八 四 



をのよ ね や <; や ちだい たの 3ビ& せ 13 ひら 

其 夜 はなつ かし S 親兄弟と、 樂し S 圑欒の 席 を 開いた 



¥ や a- も ふ たん L くしょ たづみ K もつ み SJ だん >i\..A たづ 

翌朝 食事 を濟 してから、 病氣 は さんな 檨子 かさ 夫人の 宿所 を 尊ね て 見る で」、 荷物 等 も 段々 片附 いたから、 

fc< K& きぬへ や L をば は を L ねく. S- み ふたん て ま u £v 

奥の 離れ を- R 絹の 室. に 仕ま^た^ の 伯母の 話 o をの^、 奥へ 行ッて 見る ど、 夬人は 丁度 窓に 凭 かゝッ て、 

むか i( ほ t, げ L& みる ほせ .<i *.f>& t f い ひど ま S ヅ たい いへ て f»<b,<; 

向 ふの 山々 の 朝 景色 を 眺めて ゐる C 成程 乙れ は 病 氣を養 ふに は 至極 好 S 一室 1 體 乙の 家 は 町内で も 

たかだい か S た やま K ゆ., 1 け f> き み てき きの ふお も い 

高臺 にある 搆 へで、 田、 山林 な^の 景色 を 見る に は、 適^て ゐる だら うさ 昨日 も思ッ たが、 乙れ ほ < ^好 

S 室が あるで J は 思 はれ かッ た。 

f> ん& よく つ、 $(. め <» へ ゥゝた ? t は 5 さんかん めづ せんけい た 

新綠に Q まれた 山々 か、 日の 前にい くゥ さな 义突立 ッてゐ て、 東南の 方 は、 山間に は 珍ら しい 千 畦の 田 



a が、 はる- 



あ ひだ 1^^ た K が ほ みだ を ひ 

^ゥ> ぃてゐ る、 をの 間を數 帶の溪 川が、 さながら 亂れ た帶の やう はちら 



S 流れて 



行く が、 折し も 上ッた 朝日の 光に、 きら./ \w か > や きわた ッて、 ま さに 目覺 ましく 金を碎 く。 右 JJ^ 



つ * こわけ e ん t- や ひ ザ- © を か S の ff む^ひ よと ヅた 

あるの は、 都々 古 別の 祌社 左に あるの は、 中 伊野の 芽隨。 前面に 橫ッ てゐる 林の 中から、 少^ば か- 



I たるみ ちゃ、 » お わたし ち , Sf9 

露 はれて ゐ るの は、 積雲 寺の 敗 瓦。 朝霧の 絕ぇ 間から 見える あの 長久 寺の 墓地に は、 私の 祖父が 埋ッて 



e ぶん もん きを つぶや てら あ もこ わたし &; や はか 

ゐる さ、 自分 は 何の 氣 無しに 鎖 言 S た。 『かや、 あなたの か 寺 も彼處 でした ッけ かね。 私の 父親の 墓 も 

あの てら 

彼 寺です よ』 『さラ です か』 

こた C ぶ ん てらと ど ■ おも もの や L 3 

^答へ たが、 自分 は 寺の 事な ど を さ思ジ て、 をの ま 、其 話 は 止めて 仕舞 ッ た。 



ベ sal や 5»v き をち. & へつ たも あん しん き ゆる さくや た .stv*' ゥか 

をれ から 痫氣 の樣 子お 閻く €、 伯父の 家に 着 S たさ 思ッ て、 安心した 氣の 弛み か、 昨夜から 大曆 疲れが 



で ふ C んみづ かた S L やみ もら ち, n とく * お 

出た やう ださ 夫人 自 から 語ッ た。 をれ では、 醫師は 見て 貰 はなく ク てはいけ ませぬ S 忠告す る さ, 伯父 

い < こんにち み f こ S たべつ f &- C ぶん 

もさう 言ジ て吳れ ますから、 今日は か ゝッて 見やう さ 思 ひます £ の 事。 をの 他 別 は 用 も 無い ので, 自 s?- 

は歸 宅した。 

いちにお」」 ふっか た ぺ s き べつだん へん おこ た *、 ひ ま f> もこ くわい ほ S ね む こ/ち 

一日 立ち 二日 立つ 病氣 はも 別段 乙れ ど さ S ふ囊も 起らぬ。 只 日增に 少しつ、、 快方に くやう 4^ 心地 

ふ じん よろ 乙 

がする さて、 夫人 は 喜んで ゐる 

ふ t ん こど f- また こど e ぶん こ、 ろ た の ゆき 

それにしても、 失 人 は あの 事 を知ッ てぬるの かさ、 X 乙の 事, が 自分の 心に 絶えす 上 ッて來 た。 

fS じおん C ぶん と、 ろ いくたび さ ちおん み L & Is &> L 

話して 見やう かしら 自分 tt 自分の 心に、 幾度 か 相談して 見た が、 知ッて 居る に は相邋 SI い。 知ッ てね 

かく さ 5 & を C ぶん S ひいだ ろ を わざ < お の ほ 

ながら、 秘 して ゐらッ しゃる は 相 逢 無い。 をれ を 自分が 言 出す の.^"、 ま. 心無 S 欒^、 口まで 上ッ て 

きた こどば おさ ^<ft^ 

來る 言葉お 押へ たの は、 幾度で ぁッ たか。 

は >4> し きょじつ わか わ &> .S や ふ e ん, a © ねく & かへ ) - , かんが 

けれ.^ あの 話の 盧實 は、 はッ き. CV さ 分 ッた譚 でも 無 so 嫌がる 夫人 を 無理 や 6 送歸 した 7- れ から 考 

み 5 も.? ft P ぶん はっき 3- Lf,u はっけん ..&»• し^ら 

へて 見る^、 $i う も 慮 談さハ 思 はれぬ が、 自分お € て 判然 さした 證攄 を^ 見した ので も 無い から 今暫 

だ3 f ひみつ. J 、ろつ、 ね > 

く默ッ てゐた 方が さ、 をの 秘密 を 心 包んで 置 S た 

また ふっか た ふ じん や C を こど を い 《1 やき やみ こビ $ 

叉 二日 立 ッた。 失 人の 容體に はさして 乙れ ど さいふ 事 も 無 so 謦師も 幽鬱 病の 事おから、 さう 急に は 治 

へん おこ つきひ を; C た ひ. C せんく わ. & い は を 凡 

ら ぬが、 變 さへ 起ら す は 月日 を 過したなら、 纏々 全快す るで あらう f ユー In ッ たさの 話 かくて は 乙 ちらに 

ほせし S; ばい と SJ & ビ 5 き や 5 る #^』 ち 5 こ £ fj I > I > 

をれ 程& 配す る 事 は SI い。 が、 嵬京 では ::: 留守中.^ きんな 事 を 仕て ゐ るか。 电 しゃひよ ツ^して あの 



二 十, 日, 月 ■ -1- 「ノブ 

が。 かう 1 が^く さ、 & はな ッ てく、 果て は 一刻 も 堪られ なくな ッた。 

クひ ぃゥか め あ 3 e ぶん あ < た もつ f$f かへ 少 つけ ' > 5 

すに 五日 目の 朝、 自分 は 明朝 を 以て 東京 k 歸る 乙^に 1 决 した 

1八} を せ 

i ひ 日の 舛; I、 ま; か あ:^ i:^^ 、が..^ e 自ぶ^ は ij^eh の^ L あへ^く。 .,れ で g らくは^ はれぬ のか £ 思 ふ ざ、 何故か 

まみく ざ^しく &ジ て^るが、 S づれ iSi が^ 快して、 目出度く 歸る€ きを さ、 自 から 心 を 慰めて 

ゐた。 

^た 日^ 射が ST は^り さいふので、 お だんの^、 r^fi は、 何の 彼の €ゃ かま 

しく ii している らしい。 けれき、 は をの ほ あに ま i キ铷 I いから、 をの ま 、直ちに 夫人の 室へ € 

這入ッ た。 

酽ゲで F さ、 S も& てるた r の &ぃ¥<ん が、 ゲ m に i ジて itg- の; q は橫 てゐ る。 はッさ 田ず て、 

鞦 irs が^く あ. - ません かさ^^に 11 ねる さ、 『おに:』 さ纖か kllr がら、 失 人 は 臥床の 上に 座 ジた。 

t た をり けない ので、 ^く は i ら なか ッ たが、 4<M は^かに 泣いて 居ッ たは 相 逢ない ,o 『をれ でも 

lt4IJi^^ ッて^ など をか^ 6 なす ッて、 iiigg かぎ r 親分で も 宜しくお-ませんで すか』 『否 …… 何處も 

あ を £ あし U かへ 

& がの is^ はお ゥ ませぬ が、 r かし 1 く务 6 ましたから、 をれ よ. も、 貴郞は 明日い よくお 歸ゥな 

さる ジて』 



i I ハっく を s; か& c ぶんき、 ど 5- つか ビ《.き や 5 

末の 一句 は、 何もな く 悲しい やうに 自分 は闥 取られた。 『え、 もう 五日に もな. CS ますし、 東京 はも S 

K^./\i$ 配になる こさ も 御座います から』 

いひ A e ぶ f ふ ん As み せっかく &ぺんきゃ<.ぉ5 せわ ねが 

言 憑け て 自分 は 夫人の 顏を 見た。 『さぅですね>^ 、 折角の御勉强中を。 い くさ-;^ 世話 を願ッ て、 か 

かげ さま おか &ろ ベ 5 き ** , 1 -^K ゆ a->^ - • » 

蔭樣で 近頃 は 病氣も 好くな 6 ました』 『s え 何も 行屆 きませんで』 

あ ひさ;;' L .t! くさ ま. C ぺ 5 き い くへ & だ SC <c だ % 

S 挨拶 を 仕て、 『をれ にしても 奥樣御 病氣は 幾重 はも 御大 事 なさい まし 御大 事. はさへ なされば、 最 

5 C ^3 L や ff,- S かんが やめ ん sct^ ft も 

早 直きに si る^^ 醫も 申した さう ですから。 成た け か 者へ,^ な.^ はか 止な す ッて。 何でも 氣丈失 k 思 

S <| ほんどう こうさん わたし ?る ぶんく ろ や 5 . ?んが ピ& 

ジて ゐらッ しゃる のが 何よ. も 藥…… 』 『本當 にね。 孝檨。 私 も隨分 勞 性で、 者へ る^い く 

こし < ろう いた わたし かんが L かか , i かんが , ,《 ゆん こ/ろ 

越 苦勞を 致します が、 もう 私 も 者 へても 仕方が お ません から C 何も 者へ ませぬ のさ』 『何でもお 心 を 

fes も S ヅ ij く はや £ せんく わい うへ 5> ヅ" く はや かへ g 

大きく 持ちな さッ て、 一 刻 も 早く 御 全快の 上、 一 刻 も 早く. R 歸 なさる やう JI:d』 

こど ば Ji ん ぶん ふ じん さへ ぎ か 5 さん わたし ふ かう もの 3 た よ &か 

言 菜 半分 を 失 人 は 遮ッた 『けれ.^ 孝樣、 私 ほ 、た 不幸の 者が 叉 さ 世の中に あ 6 ませう か』 

C ぶん こた をん & さん 々ゎぃ s へ を こビ わざ ま 5 わた- * e ぶん いへ を ひだ 

自分 も rJ れには 答へ かねる。 『女 は 三界に 家 II しさ 諺に も 申します が、 私の やう k 自分の 家お 追 出され 

おくさま こど かんが . こど かんが から . 

て は』 『奧樣 、をの やうな 事 はか 者へ なさい ますな 。をの やうな 事 をお 者へ なさる^, か身體 はもよ 

しく あ Ay ませぬ』 

C ぶん くびた « ^ f ふ e ん &b みだ ム 

自分 は をの ま ゝ首を 低れ た。 『をれ では。 愚痴 は。 もう. おしますまい』 も 夫人 は 涙ながら k うつ 伏して 

仕舞 ふ 



^^^^ 二十日 月 In ^ 

^からま 141 む s^ls がき え 5- 4- も ふ酽も Si く、 ^の 小さい 娘が、 洋 燈を點 けて 持 ッて來 た。 

あた 5 の をぎ、 iolig な i をぎ f た、 が、 やがて,^ れ. S 敷の 眞中 k 量いた ま、 出て 行 ッた。 

P0P^O おは i らか 尸ん のま を た。 さめ、 れ土 ッてゐ る。 

『けれ £.4A んは ii か は けた。 『f s のぎ Si は 死んでも 决 して 忘れ ませぬ。 東京 はねる 時 

^から、 倾^ €^^Mi^ すッて も、 をの 14 も^く クて、 まぶお よく は あ. -ま すまい。 ^-れも皆私が不 

^ i ゆ ゑ . - 

柬 故で』 

雜 かねて 射 は く。 『i おへ、 ひ 良久 i や^ぎ^ はまで、 御、 が 配 を かけて、 本當 にす まぬ さ 私 はりく 

へました。 ま % あ IT の^を さ、 i か! のか^ にも 鼸 は&^ …… られ ませぬ。 せめて。 母 

3 &, {ゼ もこ おから くだ , * 一, n 

i! でもち やん^ して ゐて 下さる も、 少し は 力 な ッても 下さる たらう けれ さ』 

は; ^でげ て^る を I- へ かねて、 ;Jk だは; 5 た S は 泣 s すに、 自分 も 今 は 慰む る 手段が 盡 きて、 低 

ぶ S さ £ん こビば > 

頭いた ま、 一 言の 言葉 も 無 so 

L ばらく た 

暫時 立ッ た。 

-.. ft" こ .>< 5 ろ c くへ さ み か み ふか t- e ん 

^おは 航ひ sl^ じた。 I ハ からもの やうな 取 越 苦勞を €、 幾重に も 慰めて 見た。 が、 をの 悲哀 は 深く 夫人 

ん脇ひ ッてゐ る> おえて、 中々 心 を ® 直す 樣子も 見えぬ。 

- & M 3 ひ き ふ じん をみ だ かく さら 》• たかを 

^ッ てね る S ろヽ、 ^よくも^ 家の^ 母が 這 入 ッて來 たの r 夫人 《M を 匿 さう さした が、 更 k 叉 悲しく 



-1— - »_-|=|1»|=5 II-- 11 il^i -5 2 & きぬ &> は y 一 3- こしく ろ 5 L ^ 一 

なジ たの か、 欺 iml がな ッて、 i5 び 5 曰に 泣いて ぬる。 『か 絹 はまた 何 か 取 越 苦勞を 仕て、 泣 S てね る J 

の.^ え。 :j^^ にもれ だから、 病 氣が治 6 ッこは あ. やしない』 

» t :f tAf r-£ L かた を を ねも ケん ぶん. &さ 

がみく €ln ひ K ッて、 4< 〃の!^ に^き、 はもんな 事で は 仕方が無い では 無い か、 S 思 ふ 存分 諫めら 



P CI sj& みだ 

si て、 夫人 はやう く を收 めぶ 



ち いさ ころ 

- 幼稚 S 頃 



を はかれ しんせつ せわ > い ん乂 

から、 何彼^ 親切に 世話 をした ので 今 も 自分の 子の や 



乙の 伯母 は 夫人の 父親の 妹で 失 人の^ 

3 つた お .》 &み』 • 

うに 全く 思 ッ て 居る 芑見 える C 

この &妒の i ノ i つな lli、 はれて、 ; Jk 人 も 寂し S 笑顔 を 見せる やうな 話 を CN いけたが、 伯父 か少々 

服が ある さいふので、 自分 は 暫し此 處を去 ッた。 

をつ よま ちゃ safe C5C かね ほる ひ 

の を 仕て ぬるう ちに、 夏の 夜 は 間も無く 更けた。 長久 寺の 十 時の 鐘が、 遙か k 山々 に 響き わた 

[ さ f ^> ii けん しづか あした しの、 め 5 お た fe も ねんめ 

ッて、 欲灣り|れ.ぃぃ^>^^っく^^に、 世間 は靜 にな ッ た。 明朝 は 拂曉に 家 を發 たう^ 思へば、 御 目 



け £ て ゆ ゆ ゑ .&S.S- ち 9J ふ じん S どま a ひ じ ぶん たちあが あれ < せ S とま 

はか、 ジてゐ る譯に は迚. ^行かぬ 敌、 今 1 度 夫人 か 暇 乞 をき 自分 は 立. H る さ、 彼 は苦勞 性で 困る か 

! i $ こど S < だ を W* たの 

餘. 悲し い 事な^ は 言 ッて 下さる. さの 伯母の 齦み 

-&.55 f * しきる どころ <J ゑ か ft くさん わたし S ビ 3 い た ぺ 5 き だ S 

してぎ に 行き、 闘の 處 から 聲を懣 けて、 『奥 樣、 をれ では 私 tt か 暇 を 致します から。 か病氣 をか大 



ケ nuj む. & わたし か 5 さま か f 

事 J^o 义 S づ れか迎 ひに は 私が まゐゥ ますから』 『孝 檨。 いよく、 をれ で 歸 るかへ』 

^ じん ビこ r ぶん を & き も <.」《- -®L a か Jsj , I 5s 

夫人 は 床 を 離れて、 自分の 傍に 來 た。 『か 名 殘が惜 いけれ^、 S つまで 居ても 限 A- かな S からね 。家に 



1 十日 月 



八 九 



. .,,ui:;-rv-;^c/: r./ つ 一..,;," ビ 

〈卜. 、ズ: ノ、 二 



二 十日 月 iu 九 〇 

かへ み &さな よろ.. 1 ま 5 くだ あ をた £ e や 5 ぶ a べんき や 5 み を さ a よろ 3S- し 

歸ッ たら、 皆 樣に宜 く .5. して 下さ いよ』 『貴 郞も御 丈 夬で御 勉强を …… 』 『は S …… 皆樣 はも 宜しく 申 

あげ ねく さん からだ だ se A 

上ます が、 奧樣も A 身體 おか 大事に …… 』 

C ぶん 



こ、 ろね お C ぶん s ど JS つ 

心 を 鬼に して、 分 a 暇を吿 げた 

i i じん を こ ゑ 

跡に は、 失 人の かなしげ iv, す、 6 泣く 聲、 がする 



( J> た ふじん しく. しょ や ね i9 f へみ みかへ, 

翌朝まの、め.は自分は棚旮^^」立ッた0 夫人の 宿 の 屋根 を、 車の 上から 見えなくなる まで 見返 ジ たか 

だれ ひビ w お f& iS> 

まだ 誰 一 人 起きた やうな 樣子も 無 かッた o 

いるの はし わた さか $ あ. a つき をら .s-?v けんさき み ほせる さ ぎ9- ム. & たおこ る やま み 

入 野 橋を镀 ジて饭 にか \ る さ、 夏の 曉の習 はしで、 1 間 先 も 見えぬ 程 朝霧 か 深く 立籠め て 居る。 山 も 見 

まち !*- た を^ ひビ くわん くわ ゆ さわ を お SV,/.\B る ど ほ S ぬ ほ 

えぬ。 町^ 見えぬ。 田 も、 何 一 ッ 眼界 觸る やうな もの も: lis が、 折々^^か遠くで、 大の ゆ 

こ *i に ま vie" ^ » M ほ ハタし^^め^-じゃさ ? L て >r か 5 きこ ( 3fi くだ ふ ビ it あ 

る聲、 鷄の啼 く聲。 果て は 一 種名 狀 せられぬ、 牛の 長 吼も閬 えて 來る 坂 を 下 6 ながら、 不圖首 を 上げ 

み 41 ぶん かしら 5 へ き り fr^ 5 も あ ひだ ゆみ り ざんげつ, もの 炉", 

て 見る e、 自分の 頭の 上 k、 霧の 少しく 薄ら S だ 間から、 弓 形の 錢 月が S かに も 物淋しく S ッてゐ お。 

e ぶん どき t S & をん もみだ をん 5..^ ろ ふ 5^ かへ 

自分 は 乙の 時どッ さして、 何 さなし に 悲しく 成ッ た。 何もな し ji£ 涙が 乙 ぼれ た。 何 S なしに 後お 振返ジ 



た 








^^が 獻ッ てから、 もゥ にも ii くなる が、 srfl-liisIB 信が ぁッ たばかみ。 其 後 引り. - 

いて、 ^<^の粼|.巧&|-ぃのか、 または i るいの か、 E.-SIDi は TIa も; ^い。 けれ 直 曰 信の 無 いのは、 

タた^^^が^ぃからさ思ッて、 別段 それ ほ.^ の 心配 も 仕な か ッた。 

£ JM^ はく e や f L <w づを 

さ iL く& はれる 事 は あるが、 思ッ たや 5 な 薄情な 仕 打 も 先 無かジ たの 

あくく わん いだ 



か は 

變 



3fff0f る もた く t 

叉 東京の 留守宅で も、 一寸 



で 、自! ^も 以前の やうに 烈し S 惡 感情 を 抱かな か ッた。 

すき、 l^o 0f?^t f ff 遲 k、 披見 



はげ 



しゅ e ん きぬこ VJ ベ 5 き き f かんた,^ いちこん e "1/ , . c> - eD=.->^^F-,$r ^ 

した 主人から きけば、 絹 事痫氣 危篤 さの 簡堪な 一 言に 自分. は ほさく. して 仕舞 ツ^ 

S くらき iw、 か のれの きの, ふ S が i し 5、 F もの I 敢 へす、 出立す るお らう も 



teR, ほか さて しゅじん き もが 

思 ひの^、 偖 も 主人の 氣の 長さ 一 



日 一 一 日 



經ッて から、 の 



JC ゆ ti ん た ひ ひる, *5!3 

主人の 立ッた 日の 午後に、 叉 一 通の 電報! いよ 



s-t; か 5 ざん る i 

さ 旅行 三昧! 



さん K ち あさ ばん 



さ 自分 は 心 を 躍らして 封 を 切る さ、 十三 日の 朝 萬 

な * じぶん こ. な あ を 

軒 ili。 5< だ はわ の^の M さ &ッて iii^ ッた。 i ひに 行きた くも、 もう 拧 かれぬ。 自分 n 聲を擧 げて泣 

いた。 . 



二十 日 月 



九】 



二 十日 月 . 九 二 nn 

いつしう くわん £ む e や 5 しゅじん かへ き ふ e ん ぺ 5 こん くわき み き げき ねつべ 5 へん 

一週間 後に は、 無情の 生 人 も 歸ッて 來た。 夫人の 病根 を 詳しく 閬 S て 見る S 、病氣 が 激して 熱病に 變し、 

たヅ たはち. 9 や -9 お し 2 ゥ いまさら よん 5J ころら る. &. わい にお W ゝ K ち をぎ て 5 き 5 じ 

唯ニ晝 夜の 中に、 あの やうな 始末で、 今更^う も 據 無い。 をの 遺骸 n 十五 日の 午後 二 時 過に、 長久 寺 

へ。 あの 長久 寺へ 葬ッた V- ハ! 

* * * * * * * * * 

のどし ふゆ じ ぶん ビも だお にし か Hit を さいこん 5 はさ き ピも だお 2 クた C *• つ しんぶ や はリ 

其 年の 冬、 自分 はかの 朋友から、 西川義 雄の 再婚の 噂 を WS た。 朋友の 話 は 全くの 事實 で、 新婦 は 矢 張 

ゆ i-Ja んか CSJf せ e- ひど &. S: をめ t さん K «a ん わん そのた やま て ぺヅさ 5 ひどつ はしか ほ せい あらた むら や 5 を の むら や 3 

其 銀行 頭艰の 一 人 娘。 持 參金は 一 1 萬圓、 其 他山の 手の 別莊 一 so 西 川 は 性 を 改めて: S 山 を 名乘. 9、 衬山 

よしを をの どき 々わくし や & かま ざいさんか ひ SJS- かケ 

義雄は 其 時から 學者 仲間の 財產 家の 一 人に 數 へられる こさ なッた 

ほ ls>. し き e ぶん 5i さ 1 き 5.L ゆ e ん もん けっしん あ、 t> ぶん ふ たん ほつ a はしか はけ 

乙の 話を閬 いて、 自分 は 二度^ 舊主 人の 門 をく^る ま S さ决 心した。 嗚呼 自分 も、 失 人の 歿後、 西 川 家に 

& いさぎよ いま きた げしゅくや は < ゎ& ろ 5e や 5 み ぶん こ f ふ げっ てん 

居る の を 屑し さしな いで、 今 は 7- んな ,汚 ない 下宿屋の 二階に 籠城して ゐる 身分お けれ^ 光風 霽月、 1K 

ち ふげ 5 てん ほづ どころ を おも e ぶん 上ろ こ ^ > 

地に 俯仰して、 ー點の ® る 處が無 S さ, 思 ふさ、 自分ながら 喜ばし さに 堪 へられな so 

つけ ね *- ひ. &だ ふ S ヅしゃ 5 を さ ころ . あね たの しゅ e ん たの ふ C ん、 5- か 

をれ に 就ても 思 出す の ハ 失 人の 一 生! 幼稚い 頃から、 姊 さも 赖み、 主人^も赖んだぁの.^K人が、 如何な 

ぶ S ん: い ヅ しゃ 5 も & じぶんみ み <J ろ もき も かよ L ^ 

れば さて、 あの やうな 不運な 1 生 を 過した か 自分 さは 三タ 身の 衣 着る 乙る からの 交情で、 .S ちめ た 頑 

せ も e ぶんた を こビ ふ e ん S ま よ を I し 

量 も 自分が 續ッ かけて 泣かせて ゃッた 事 もお ッ た。 あの 失 人が、 今 は rJ の 世に 居らぬ のか。 真 姑に は あ 

.N ヅビ ほ {ebif 5 へ K さ S さ S せ S 5- おにお たの せ S くわつ たく 

れほ *ikst めら れ、 失に は あれほ^に 薄情に された 上、 二十歳で 早世して は、 1 日 《樂 しい 生活 を 送 



& .& おおお こ * ろ や も で. き 5 きょ お i 

ジた乙 さも 無かッ たらう。 1 日 も 心 を 休ませる 乙 さも 出來 なか ッ たらう。 あ、 浮世 は 思 ふま、 ^らお 

もの。 死ね さ 思へば 百歲 まで も 長命して、 死なれて は 思へば 朝の 露の やう は 消えて 仕舞 ふ ぁゝま 乙で」 

Mfi 1, め > e んせ S 3» ろし じぶん か しみ ひゃくねん を ^> > y 

に 浮世 は 夢 か、 乙の 人世 は 幻 か。 自分の 乙の 悲哀 さへ、 たか》 百年 さり >s て は 居らぬ ので は攀; いか。 

た s-<.s*» t ぶん こ、 ろ § 5"、 ど 5 さ S- ひど s> む もめ けっこんば &> し ふ じん こ、 ろ し を > - > 3 B.^ '-. 

只々 今 も 自分の 心 k 氣憑. な は、 あの 頭顶の 一 人 娘 さの 結婚 話 を、 失 人 は 心 知ッ て居ッ たか 果して 

S た,? J L f た 《• こ、 ろが、 つきて よ あめ ゆ ふべ さ f が 

叉 少しも 知らす に殘 なられた か 只 乙れば か-^ が 心 月の 照る 夜、 雨の ふる 夕、 流石に をの 事の £ ぬ 

たび &ど しゃ 5 せ 5 ふ C ん た 3 しひ fs た を や た S > * じ^ん、、 > ils^^ 

出さる ゝ度毎 淸淨な 夫人の 性靈 が、 か、 る 悪魔の 爲め k 惱 まされて はゐ玉 はぬ かさ 自分 はい つも 涙 力 

こ ほ 

滴れる ((を は 6》 



滑糟 二人 男 



® 滑 眷 一 【入 骨 皮 道. ゾ 

第 一 回" 

は e きい こ << .oi ぎ C 

- 初めて 閬た 國會の 議事に 

さ f し きつもん 

• ぴッ く. した 壯士の 詰 間 

IfcRf . r 者 vta くきら ぎひ.^ に は "ぬ ぽれパ 知?! TT ん? S す 1 して 

し 知れた f r き i ふ、 €ksB$k f ris 在し I る 二人の If (Ji は 

み 皆 を Pi4 るべき も f わきし ければ f 15 のお )OT ゲ&? 呼び 叉 一 人 は 狎丸郞 I 

へる P.O ま、 fMm^fn^f PI 人 宿の J はて、 ノラ" い 

ーフ リさ ri づで ひ日& お、 T ひ 日 r の ざき あくの P . ? うです S 今ら 度の 國は 2r ^ 『で 左? 

, る やうに sr <f が、 ,, か:? i がで 出き f ,、 is きて か丄 11 云 まの::、 f: せ r 

ある ま s&f あ" i くなる kslfe き、 お i ゥて f ..I の f I ぶの 方 S ッ 

てよ 宜か りた? i はれます ねえ、 かま. -"it.f もの ァ 化の 『きも f か廢 止 t て 吳4の? 

f て た 4 うして く までよ-か なりた も? 有る ぢゃァ t ません か』 



'ザお ヒ 

'まで'.'/ 



さわ たて せいきん たか t くく わ いさき た/' t やれ a 

ざ 騷ぎ立 て 税金お 高く されち や ァ 國會 先に 立す さ 洒落 て も 居られ ま 

< くわ いぎ いん てん 》i-» き や も か もれ た しんだい f ふつ 

乙 r 夫に 今度の 國會 議員 は谷自 は競爭 してな つたの だ^ら、 中には 夫が 爲め 身代 を 棒に 凝 

こ <„ 、わい ぎゐん 



s- 『へ H さう です かねえ、 國會 

せんね え』 

し まつ ひど こ <■> 、わ S ぎ るん かん じん . しんだ S め おや 

て 仕舞た 人 も * のる さう です が、 イク ラ國會 議員に なゥ たか- らッて 肝心な 身代 を滅 茶く にして 仕舞ち や 

つま , 

ァ、 詰らない 話し ゃァ あ. ません か』 

し OS- こくく わ. S は t& a か ねこ おん ふた W きい ちんこ 5 あ. *t こ < くわ S ゐ 

^頻に 國會の 話し をして 居る を、 彼の 猫狎の 二人が 聞て S ハ 『オイ 狎公、 彼處で 國會の 話し をして 居 

おも だ こ << わい けんぶつ でかけ たれた も を 

るので 思 ひ 3fl したが、 ナ ヅ ト國會 見錄さ 出掛ち や ア^う だら う』 狎九 『さうよ しも さう 思 は 無 S でも 

.し か *1 ん つ f いつき つ が $ *J ん つ が 5 

な いんだが、 併し 何樣な 都合に したら 行て 聽 ける だら ラ』 猫 六 『<^んな都合^^-斯樣な都合もぁったもの 



き ぜん もク S き だれ いつ W つば きゃく さま ばかい よせ — 

おや ァ ねへ、 木 10, 錢 せへ 持て 行 ゃァ 誰が 行た ッて 立派な か容樣 だ』 狎九 『馬鹿 ァ云 ひねへ、 寄席 や 芝居 



せん い 



ぢゃァ あるめへ し、 國會 ぉ聽に 行のに 木 11; 錢が 入る もんか』 猫 六 『ィャ に 兄ィ振 や-事 を 云 ふぢ ゃァ ねへ 

,でれ い、 ざ 5 さ こど おれ をは も Si s、 &>た 

か、 失お や ァ<^ "うす 6. ゃ宜 のお』 狎九 『造作 もね へ 事 だ、 夫 や K 何よ、 何す. ゃァ宜 のお、 ュ 、 ト何ょ 



ゃヅば 



ュ 、 ト自 「しに も 矢 張- 知れね へ』 猫 六 『夫れ 見ろ、 知れg^?^ァ默止て居れば宜は、 何 ど^ 云 ふさ 人の 



と W ばか もん 1^ そん ふく つら あさ ばら 

事 を 馬鹿 だの 何お のさ 生意氣 …… 』 狎九 『マ アサ 其樣 なに 脹れ ッ面. ^する ものお ゃァ ねへ、 朝 ッ腹か 

ゑんぎ わる ど かく や ていしゅ als み 

ら延 喜の惡 い、 鬼 は 角 宿の 亭. 聞て 見やう』 



■ ていしゅ つい ,s ろ/ \ や も たづ み . ぎ くわ S- ^ * f I J :;■ -, ? I I; .ii 

一 さ亭主に就て種-^^樣子を尋ねて見れば、 議會 を傍聽 する は識 員の 中;^ 手蔓が I! ければ 議場へ 這 入 事はー 

き もの 



づる ^ 



ちゃ, 



でき それ W* きもの や. X 'ふく ^ ゆか KS ふた 3- ほビ へ ぃこ5 を こ ばんたんて. S しゅ たの 

出來, ず、 夫に 叉た 着驗も 洋服で 無げ れば 行ぬ さの 事に、 二人 は殆ん ^閉口した が、 其處 tt 萬 端 亭主に 赖 



滑稽 二人 男 



九 五 



は醻 はは S t 



滑稽 二 入 男 九 J- 

5 靈 鬵 III 一 - 疆 瞧 5 || 矚 1 = 111 IT 'inn ill -^^n^^^ ^ きな f から ff はいたつに A, ヾらゐ み じ 

ん でも 1^11.?^ きに^んで ijb、 ^ほ|3炉がひ酎&な^を買ひ^^6て、 何 はか 期 はか 牛乳の 配達人 位の 身 2 

i d ■ f . ゥひ ? ク >^だ おり ぎ e r» つ 3S ち,, 

^も &^; ^力 4 たれば、 して き 事 堂へ さ 押出した, -、 折から 議事の 眞際中 k て ズラリ も 

m んでニ の i、 藝 はら 羅 8 のお iii きて磁 , に &f 占め、 ffsfw 

f、 きに は ksM の i^lT か ikl,5 を磁 へて ゴ タく さ騷 いて 居る、 其體 裁き 遠くよ. - 望めば、 恰か 

も Mr の f f にお のさお の f 、,擊 の, らカ f f たやうな ひ 「人の i が 

S …… ほ 札 11 は Si のまぎ かあります、 :… mi の黼 膨…… P 一 i …… 』 乙 『無用く、 

…… 』 E 『, ぎ …… …… がせく …… ^^酽 i :… 』 甲 『ウ y 一】 ャ 無用で ない、 默止 

ら ない、 なる 黻 であるかお だ" ぁ9^ たる を i すして、 ^-^k 無 i の 辯 を 強る は ^敬お や …… 議ほ 

…… の ill …… 』 丁 『lli く、 がせく』 甲 『ぎ 長 緊锋ぁ 動議 …… 』 議長 『七 十八番 何 尾 勇 

Si のまぎ ならば^るべく 獻 ^は …… 』 甲 『お S が Si の 事^ S して、 議長よ; - 特に 發 言の t 

を& たる ttl して^の 酽 ではない』 乙 『ょ餘の!^ではなぃ …… 宜しい、 分ッ たく モウ 宜く』 じ 甲 『已 

k.§^^mfmfmmfil. If の ii の i れて騷 i 事 は、 

- ぶか やら 5 30 んぉ き B は ビこ 

酽じ次 ii の 1;^^ るが i どきの .铲1 嶋でぉ 6 ます』 手 『ノウく くく、 馬鹿野郎…… 頓痴奇 …… 瓢ッ床 

ゥ …… だ齙 f ツ^で &n …… 』 戊 『llg く、 き?ロ^^^べ からす』 甲 『ァ レ 彼の 通 6 であ 

4 す、 靈は カ曾ビ sii の ifsi い あま 4 すが、 mmfff. SI 米 利 



> こざ 9U S つ <J ど いづ く s^s づ ち S へ SJ ssiL や $ み せいしゅく か /、わじ ば £ ど こど 

加め 如き 獨 逸の 如き、 何れの 國 何れの 地^ 雖も 議塲は 皆な 靜肅 にして、 期く^ 事 場の 如き 事 は あ 6 ませ 

,VJ われ.. (、 -., く >*ん じんみん だい ひや 5 ち 5 にん おび かく &VW ft ていさい われ, (- つ ゑ はしら たの 

ん、 夫れ 我々 は 幾 萬の 人民 を 代表すべき 重任 を帶 ながら、 此の 如き 議塲 の體 裁に て は 我々 を 杖柱^ 赖ん 

^ か い くまん じ A みん われく も< をん S か を たのが ひ sa いん 

で 居る、 彼の 幾 萬の 人民 は 我々.^ g しで 何 云 ふでお ゥ ませう か、 必ら、 ず や 赖み甲 SS なき 議員で ある, 

じつ たの ひ だいぎ . し い わか 上ろ へた を がだんぎ 

實 k 頼み 斐なき 代議士で ある 亡 云 ふで あ $ ませう』 m 『分ッ たく、 モウ i 且 しい、 下手の 長談議、 

S じんみん たの が ひ おも た ぶんめ a--a く た S Co, 

甲 『否な 人民が 賴み 斐がな S さ 思 ふの みならす、 &の 文明 國に對 しても 實 



丙 『分ッ た 

I ^ じんみん たの が ひ 

馬鹿野郎 引 ッ込メ …… 』 

はづ いた かん. が こ CASK その もどみ だ 文 おさ を しか 

k 恥べき の至ゥ で わらう S 二 おへます、 古人 曰く 其 本 亂れて 末 S 治まる キュの はおら 卜 $>J、 夫れ 然 

ぎ じ せいどん ほつ <5 き S ん ひんか 5 あら は s«l ふ Ri-S だ 5- き 5 む - かんが 

議事 を 整頓 せん さ 欲すれば > 先づ 議員の 品行 を改 ためる の 方法 を戮 ける のが 第 1 の 急務で あらう 者へ 



凡 を 

かんが 



ほんいん SJiir しょくん よろ こ せ. sa- ほふ ち 5 こど き f ばん 

ますから、 本員に 同意の 諸君 は 宜しく 此の 整理 法 を 設けられん 事 を 希望いた します』 議長 『七 十八番の 



SJS ぎ さんせい ひ 50 53 だ S & ぼんぎ いん 

動議は贊成の人がぁ.<^ませんから議題ざ_成-^ません、 、ノ コで百 三十 五番 議員 



ほんじつ ぎ C にってい つ 5- 

本日の 議事 日程に 就て 



^言 の ゆし 込みが あ. ますから 是 よ-?^ 題に 移ゥ ます 

ぎち や 5 

. 議長 



. 百 三十 五番 尻 馬乘太 君』 

つ な ほん,"." ん こ げん-めん たい 

it 可 を 得た るの 尻 馬乘太 は、 得た. なや 應.^ 演壇に 突ッ立 ち、 尻馬乘 太 『本員 は 此の 原案に 對 して 

じう ぶん S. けん いう もの も をは かいぐん s> く々 ん ひ かく さヅ ちゃ ね. 5> タヅ. X や かる か. ん 

充分に 意見 を 有する 者で ある、 即ち 海軍 さ 陸軍 も を 比較して、 何方が 重 S か 何方が a いか チウ。.. -、 海軍 



f りく. V ん お 6 け ゥ けいち 5 べゥ く^ か SS* く ,> ん たど ひど さ 

も 重け. や 陸軍 牛.^ 重い 决 して 輕 重の 別 はな S ぢゃ、 ぢゃ から 國 ゥ海 陸軍の わるの は、 譬 へば 人に して 左 

ぃミ て <JV- 

右の 手. るが 如 • 

ふなく き や.,.' へ S を ふ. J くき や ちへい ほん ゐん き f ビ ころ き ■ ' , 

は富國 強兵 チウお や、 成る ほ^ 富 國强兵 は 本員 も 希望す る 所でお る、 希望す る處 では あるが、 國 をして 



一本の 足 あるが 如く、 潜 ほ 車の 兩輸 iai の 双翼に^る が 如くで ある • 故に 世人 動 も すれ 



滑稽 二人 男 



九 七 



滑稽 二人 男 I - i 九 八 • 

ii-— HIHIJSCWCE—BeBC—BBgB^SBaB eBIELism* 7圍隱-- 麗ー匪誦疆-纖麗|—==誦—-—ー=-—ーーー_5-5ョ58| 鍾5 - = _||ー| l aB anan—anasa-tsssnlll 醒霤 ー|三 扁- 一一 一 漏- - 一 i ニー ||匿置 ― _ 哩ー=|-_|讕| i ニー ■ -— ■-■ 

ビ. つよ 、よろ その は 2.- はふ ゆん じょ ゑ *J れ か S ん C つ くわ さう こど でき 

富み 且ゥ强 からしめ やう チウ はは、 宜しく 其方 法 さ 順 厚さ を 得ん ければ 是が 好結果 を 奏する 事 は 出来ん、 

もの こ *r- けっく わ ^» だい し 上 < さん こさげ ふ さか ゆ は 5 ふぜ ! af; ゅク はか >>.^.ti お き 5 む 

ぢ やで 其 好, 結果 を 得 やう チウに は、 第 一 竊產 興業 を 盛ん はして 輸入お 防ぎ 輸出お W るの が 今日の 急務お 

かんが, - 

やらう さ考 へる』 

wtj あ,, し <J- か か で, 5 .J ひどり S3 a% LI か く. ❖ ん こ 5 の 5 およ こ,:; J さか e ぬん e よ Kfa ふ 

原案 は 如何. る 簡條か 知らね^、 一 人の 議員が 頻は 海陸 軍の 効能、 及 ひ 之 を 盛ん はする の顺序 方法 等お 

_R ん せつ をの A たは ある 上 もの ある さけ もの ? t4.T ちゃ 5 せき もの &>5^ 

演說 すれば、 其 傍らよ. 威; 3 はヒ ャ-( -さ 呼ぶ 者お. 或; stt ノウ-... \ で」 叫ぶ 者 6 み ノ、 傍聽 席の 者 は 何 

き、 ど か ねこ 一? ん ふた 5? ひど S ^ra. 5- 

が 何だか サッ 。ハ. 取れ れ^、 彼の 猫狎の 二人 も、 人が ヒ ャく笆 云へば 己れ も ヒャく ^云 はねば 

を おも ひビ い ぁ S >• S こ、! (ゑ あだ 1^6 

成らぬ もの さ 思; 5、 人が ノウ-/ \ さ 云へば 矢 張 ノウ ノ\ さ 云 はねば 成、,^ らぬ もの €心 得、 恰 かも 芝居 

フん g3e き お ない やくしゃ まめ &ど こんかぎ こ ゑ だ む やみ で 

の聾棧 敷から 舞臺の 役者 を譽 るが 如く、 根 限. り 有ゥッ たけの 聲を 出して、 無暗に ヒャく ノウ-,/ \€ 出 

たらめ ^ ijb つ お た を ぶ. ゥちゃ s せ af & しょせ 5 て. & か をビ C 9-> つゆん a こ をば きな @ く さっき 

鐽 Em.^ 吐 鳴て 居ゥ しに、 同 ト傍聽 席 kg た 書生 體の 若い 男が 突然 猫 六の 傍へ 东ム ノ、 壯士 『僕が 先刻から 

きい きみ しき S- もん あ, ぎ るん せつ ふ &5 い さ だ / 

閬 ちょる^、 君 tt 頻に ノウく チウ さるが、 何で 彼の 議員の 說に 不同意お や、 ノケく チウに は 定めし 

その ^5 その き 

其 理由が あるお やらう から、 其 理由 を閱 かう』 

だし Sf け きつもん ね- J きも つぶ もん ,』 <t ん., ^ . » ゎッぉ 

さ 突然に 詩 問され て 猫 六 は膽を 潰し、 猫 六 IPH たか 知らね へが、 皆な か ノウ-/ \ ^云ッ てるから 自 已 

もの ま ね い せんたい まへ いもん こむ づ L^i わ?' ち $ わか 

も 其眞似 を、 して ノウく さ云ジ たんだが、 全體 4- 前さん の 云 ふ 何だか, si ハケ敷 事: SIS 己に や ャ些さ 分ら 

£>❖ わい た 5 べん い. や L せ sfc- . し さ 5 55 この 53 C :© うち やさ もの 

ない』 壯士 『f.J れは 意外 ゆず 答 辯ぢゃ 、苟く -15- 政治 思想お 有して 此 議事 を 傍聽 しゃう チウ 者が、 ノウく 

をん し た t 'ひビ まね あ 3 ひど ほいべ つ たき べん Y んた 5 *4>ん &J お * 

の たるお 知ら 卞 して 只 人の 眞似 をした チウ は、 餘.. 人お 輕 蔑した 答辯ぢ や、 猫 六 『辯當 か 何だか 何 か 



s やし s の だか 知らね へが、 何て ッたッ て 知らね へんだ から 仕方がない』 

らん らら に f ビん もの わけ わか 1* ん S た た *• < あ ❖ ま W . > > r , 、こヽ rtj» > 

I; 九^も 何が 何した の やら 頓^ 其譯は 分らね.^、 何. に 致せ 只々 謝罪 さへ すれ は宜 からん さ 腰 を 屈め 

ク t>> , -«1 ,^^ん 5 それ もも. んら S たいせんた S だんけ ビ 

て- i を&き なから、 狎九 『ュ 、失が 何なん で 御せ へやして …… 失が マァ 抑々 元來ー 體全體 …… 旦那 も か 

準 かお ませう が. …: ュ 、^|は^^^の?5"鼬でげへして. …: 、おおもん ですから 14 ハぎ は; 火 目に 見て 下 



さる §a>ls で 



だん & 



j • ねへ 旦那 さ うぢ や あ 6 ません』 

^fw ん戯 I ぶし もつ あ^の あ As^ れば、 ^^はひのれを¥ぁするさな田^て『^^1.-^ち、 壯士 『ィャ さう _K ふ 君 

】 » 七の せつ 

% ノウく チウお 1^1?^ お-や、 ノ ゥく チウ は 定めて 磘手 たる 論旨 もお るお やら ラ から サ ァ其說 を 

のべ はく あいて -, 

述 たま へ 僕が か 相手に ならう』 

さ概 でもな s^i:fes を 酽られ て ダウの IB も^ 卞、 口 i 氣に さられて マ ゴく して 居る、 傍らの 人々 ハ 

V レ gi が 1 きた s&rl^ し;; k あ から、 ii まき しき 人が 夫へ 來-て 別 

«i V S5 た *• ざ C さ 3ft を た し. 2^5 

段 をの 趣 由 をキ" 正さ 卞、 役 益 『議事の 妨げさ 成う ます 退 * なさ s』 

縣&酽 る i の 一 0. ぎ 鍾 i 六 f f f pm¥€ 鎖,. れ?。 

第二 回 

せ, 3 がく か 5 さん,、 わん しっさく まね 

小 學饺の 參觀に 失策 を 招 ひた 



ち よせい ど 

女生徒の 一 口 評 



滑稽 二 入 男 



九九 



! . 滑 接 二人 男 ! 一。。,. 一 i 

『鶴 S|I も^:?" i きの ii の ¥ よ^う か獻 きに めぐ. 4s ひ" ^cislis れ 何人の 詠 じたる a 歌なる か、 昔し も 今 

も 慰 A- のき 一き は^の ^船、 ^さへ あれば き WHr の 乞 あ も 旦那 樣で」 尊ばる、 を 得べ く、 金、 が 無ければ 

がくの Si ま i も issi^< ^じな ゥ て^^らる、 i れ ば^の r 兩 幟の かも わが 稻 川の 爲 賢し も 金 

のまめ、 航^ 酽 が^^ぎ られ しも^た 五十 か!! の f み. -、 ずし^ 文 をして 一, 玄 なしの 貧乏人た らし 

めば 灿^ を i ^のま ひ.^^ らす、 し 雷 US をして^ しの!^ i は ii れ さしめば S 尾 を 殺す の 我 

ぎで 出ぎ るべ し、 の i 議 に戳 がよ r& が えきなる i、 sip の i 狎の 二人 も其 

ii を ¥1 すれば、 £^^M^B> M 酽 の^て^で rA ん K よ, 蜓て れち ^男 礎 身 は あ 

iii の ム體 ひ. &に しか しない^^. -、 ぎれ^ も 鲈!: なる ik や §i づはか 助 を 

もつ る だん ただて ごころ まんにん L 、 一ば を ね やかし にち.^ 45.f z^^^ 、 

«ig て 1^ て Bi! まく €£ お勝られる から、 本人 も ィャに 獅子 ッ鼻を 勃起て 毎日 彼方此方 を ほりき 步く中 

プ ト,不戮,0たる$:%ゥ|^の£1郎な<^、 折から 放 課の 時間 € 見 へて 敎師 tt 大勢の 生徒 を 前に 立せ、 

教師 『一 …… 二 …… 三…… 四 …… 五 …… 』 

た i$ を 搬ウ、 Hi をさせる li ず を^て、 S ハ 『オイ/、 狎<5 マ ァ來て 見ね へ、 子供が 大勢で 踊って 居 



.』 狎九 『够 たか 酽の歡 た嚇, - だな ァ、 ^の^で 彈 てる ョ ま 線た ァ些 さき 調子が 合ね へお やねへ か』 

H 人 n 鬆 IV,?J さう k、 タ ゾグリ S を^て 儿て P 。れ ば、 僻に &飩 せた T:< の戶 どが、 某 『われ はか 前 

さん g6 を g つてる のお ゃァぁ 6 ません、 學梭の 生徒お 體操 をして 居る のです』 猫 六 『へ -さ うです か 



o o o o i おど * コ 

タ イジ ゥ 能く 踊. o ますお へ』 



しや i 



ねく は う 3 み せんみ こ 5* きこ a * > ivto 

某 『をれ から 奧の 方で 三味線 見た やう^ 聲の 開へ るの ハ 彼.?^ ァ 唱歌 

さ ふ もの を まって 居る ので. K| I 『ゲ ャゥ 力な ァ』 某 『ァ; 、 、 、 、 4^ 前さん ハ句. で. 洒落の 挨 

^だね へ、 ぎして か さん n がお |?1.>4ら な S のです か』 樊 『ナ にや マー. 聞て るんで すが 汆だ 

たま はわ. 9 ません』 某 『何處 の 人:^, か 知らないが、 今はモゥ赤ゾ坊で^^^!^ふて居る學校を知らなぃ 

たァ, I 分 &ゾ氣 な 人です ねへ、 失れ おや ァ校內 へ 這 入て 見せて 貸ッ たら 宜で せう』 猫 六 『見せて „k...r ま 

み か や £- ふく き ゐ せんせい た?? ♦w;' み 『&ゝ xr^z !- 

せう か』 某 『見せます で」. もね へ、 彼の 洋服 を 着て 居る 先生 J ^顔めば 直. は 見られます』 ぉナ 『然して 木 一 

ザ ぎ ます』 其 『が US なん^ ァ 一 も 人 4 ません』 I 『4<ぉゃァぉ4^代ハ …… 』 某 『茶 

だ e, C- た まんざら 5. ^ こど をれ を かば,^ ^ , ヽ-、 , 1- ^ 

代 も 入う ません』 猫 六 『然ッ て 萬更只 € 云 ふ 事、. 3" あ. CS ます まいが、 4K ぢゃァ 中錢を ® るので すね』 某 

『へ ュ 、中錢 も 入. ません 皆.^ 只で 見られます』 f ハ 『へ 》 '只 ほき 安 S もの ァぉ. ません ねへ 夫ぢゃ 

ァ?l^<てぃ^?5i;せぅ ::: ォ ィ狎公 此處も ロハで 見せる さう だから 何 樣な事 をす るか 這 入て 見やう』 f ジ 『見 

ど きは を まん & まつだい せん S けんぶつ つかま ねこ:. せ 5 ^^^^ *^』 - ^ P, 

る n 一時 話し は 萬 古 末代、 何様な もの だか 御見賴 ft つらう …… ャィ猫 六 其方に 案^ を ゆしつ ける』 1 メ 

をに S きお Si ひや ら 5 

『何 を 云 ッ て るんだ a 人 野郎が …… 』 

^lilrfls^ がら へ 13^.-、 g へられた^ に 〔彼の^ 酽の 儲へ t 仏 v4 腰 を^め』 S ハ 『H 、學校 

み .》 ら 3 を たく ま ゐ • 

をーッ 見せて か賀; 3.E. し 度 ッて參 6 ました』 

mi は の i ろか も めぎ た i 〃に ひ i ひて、 教師 7 、あさん は S か s、 彼の si 役の 處 から 



滑稽 二 入 男 



i 1 




一 o 二 



.^ig に n が& るから …… 』 狎九 『をれ が 張-' 只 ぢゃァ ねへ や 小 遣 ひ錢が 入る のお 

さよ P 教師 『i く 附を して 貰ッて 方々 を 見て 下さい、 § 二 室の 屋极も 漏る し、 敎員扣 所の 壁 も 

が颭 でお 厭矿 i で& るし、 ?|1まだ五六ぼ^.&して^^ハねばまらなぃ處がぁるが、 兎 k 角 マ ァ彼 

t いつよ みくだ a 

處へ 行で-能く 見て 下さ s』 . J 

,41 に^ ie した iii^ に、 樊 『十 一一 S^DiKk ぎな i を^ に, たのお ゃァ. ません、 只學 校の 中が- 

• ,、 を 1 *J こ がく か 5 しんちく ゥぃ ひみが た 

せて ひお しが r でして』 教師 『なる ほき 夫で は彼處 かの 學 校が 新築になる k 就て 雛 形 を^に 來 

r.- つ、 ecy 猫 六 『ィ も 1 にがた の ぢゃァ お,? N せん』 教師 『是ハ 分らな S 人お』 猫 六 『か 前さん も 一. 

^らな だ』 教師 『乙れ ハ i ッた』 S ハ 『sp しも 困ッ た』 狎九 『何 を 云 ッて居 るんだ …… ュ、 實の處 

お i ぞ はお cfei の" かでして、 か に^ 航ァ srm の^" I で 1 ぼ^ の 字なん ですから …… 』 きハ 『オイ 

?.、 *j まつ & あん わから とど い 

く usil プ.^ や ァ1£ ねへ せ』 狎九 『マ アサ, 宜 から 默 止て 居た まへ …… ですから 彼樣な 分ね へ 事 を云ッ 

てるんで すが …… i^n* 虻の^ Ik ぎき 鬼め i 寺が i ぎな をす るか おれが 見せて か 貰 ひ $ し 度んで して』 教師 

『,l:ii をれ でャ ツト^ 解た 、夫で は卷 觀は來 なさりた のおね』 狎九 『へ 丄 一賀 錢を 出します ので …… 』 

I 『;^ ^さん もお おらない M だ、 iLii^ ぜも 法 を^ 觀し度 さは 烕 心お、 夫お ゃァ赵 しの 行く 

はさつ. & S , • 

方へ 附て 4^ 出で』 . 

さ獻^ がお に 1 て iiS を!? し、 づ ん^ の へだれ て、 I 『彼 處の參 -觀席 さ 書て おる 下の 臺へ腰 を 



ili«rsvu§§s.lnBai&BflM 



み ゐ in. 3 ほか げふ み たい ft も さ こ いゥ み よろ , 

かけて 見て 居なさい、 夫から 叉た 外の 授業が 見 度^ 思へば 何處へ 行て 見ても 宜し s』 

まこ ど にんせ;^ おし ふだ a- もの ど 5 こ し み 1© ? L 3 い づ かけ せいど むか 

さ誡に 親切に 敎 へられし ^、二人 は 其 通 6 腰 を かけて 見て 居れば、 敎師ハ 一枚の 圖を褂 て 生 徙は向 ひ 

i^, ん し & ひど か あげ をん ひ £ -、. か & » くら & 

教師 『これ ハ 何でお A> ます か 知ッて 居る 人ハ 手お 擧て ::: 』 猫 六 『何:^ 人 を 馬鹿 はして 居ら ァ、 彼の 位 

もの だれ -J つ る あれ だい こ わ あげ. みぎて ひだ W- て — 

な物ァ 誰お クて 知て 居な くッ て、 彼ゃァ 大根 だァ …… ジレ手を擧^0く』 狎九 『右の 手 か 左の 手 か』 

5J つち わか vff て あげ この ど は > t < ]| ► あくび けいこ 々》: 

猫 六 『何方 だか 分ら^ S から 兩 方の 手お 擧ろ …… y f ラ 此通ゥ だ』 狎九 『何だか 欠伸の 稽古で もす る樣 

さんく わん *inl そん て ふ わ もん い け しづか さんく わん & 

だ ァ』 教師 『モ シ-, ー觀 席で 其樣 な. は 手 を 振 廻した 6 何 かして は 行ません、 靜 して.^ ー觀 成ない』 

Kt いつ ね. 31 くじ 5- た i 'み る い、 ,ての ほ 5 i つ らく Iff か むら fv- ん よこ だ 

猫 六 『此奴 ァ大 失策、 只 兑て居 て宜 のなら 其方が 餘ぼ^ 幾お』 教師 『中:!!! さん 其檨 なに 橫ッ ちょへ 出し 

いけ か 》• つ. あげ こば や .> も ん ひ あだま ぶつ を:^ いけ 

て $: 行ません ズッ ト 期う 先 直に 颦 るので す …… 小 林さん 其樣 なに 人の 頭 を 打た 6 何 かして ハ行ません… 

ん て あが *^ れ *&{ん$>*5 .S & らん をれ を 

…皆^ 手が 擧. りました ね、 夫で ハ 遠 藤さん から 云ッ て衡覽 なさ s』 生徒 『4K ハダ ィコ です』 教師 『其の 

つぎ を か むら をれ 乙れ も か むら U ビ G? 

次の 中: e さん n …… 』 生徒 『4K ハダ ィコ ゾ です』 教師 『さう です 是 n 中: S さんの 云 ふ 通 ウダ ィコ ゾ です 

もれ この だ St ん い 5i ん ど. .J ろ でき もの しつ ゐ ひど. て 

ダイ コでハ .^.o ません …… 夫で 此 大根. 云 ふ もの ハ何處 な處は 5,2 來る 物お か 知て 居る 人 ハ手を おげ て.: 

6 の 5 へ L つ S S 5 らん はたけ $ つく もの さ |<.4^け つく 

…井上さん 知て 居るなら 云ジ て御覽 なさい』. 生徒 『烟の 中へ 作る つ 物です』 教師 『左 やう 畑に 作る もので 

乙 れ たべ ZAf い S らん にや S たぺ 

t ::: さう して 是 うして 食ます か.' 近 藤さん 云 ッてハ K 覽な さい』 生徒 『養た 6 燒た. して 食ます、 

つ ぎ く ほた は つ は たべ ,4© これに 3 

赦師 『をの 次. の S 田さん n …… 』 生徒 『煮た, 漬た 6 して 食る ft です』 教师 『さう です是 ハ煑た 叉た 

つけもの たべ もの こん や S たべ 5. やい たぺ 

漬物に した A:- して 食る 物です、 近 藤さん ハ 燒て 食る さ K ひました が燒て n 食られ ません』 

滑, M 二人 男 , 1 §1 



'! l^^^ f i0 9 一 m WK$fr«£ 



1 滑稽 二人 男 1 1 ;., —,, , illll^Biil 

li^nl^^t ぎいて 観^, の^^.,; 新 服を& しへ て S5 る、 樊 『なんだ. 面白く もね へ、 是ゃァ A 百 屋の餓 

ぎ g へて f んぉ、 . . S.f^sk7£^ff 狎九 『さう サ 大根 

が鯽 け. て;^ を& てぎ か s?4" ァ i ん i だッ て^て & らァ、 何 か 翻う 藝者屋 の 子で も敎て 居る 處を見 

たい, n 

度 も L ぽ J 

さ^で 稱 1 ひの^き ながら、 K?k て睛^ SiVl あてがれば 、がぎ は 今 作玄の 時?. 見へ て、 

は HKS^ を^ 稱 して^れ-^、 教師 『て 手 M ヒ t^K もの ttnr で 云 ふ 代 6 に 文字 を 書て 遣る のです から、 

g にぎ, つ ケ酽猶 I を I 曰いた. 4 す gS< ん&. をず ちゐ ないでも、 只 其の, 向 さへ 足れば 宜の であ. - ます、 尤も 

III? の 、お-が ¥i で. J4u-^siH にも i おへな くで ずな 人なら ば M でも 宜 やうな もの ゝ、 若し 先方の 人が 

一 1:? おらな どで ありた^ はは、 を&さ ケさ附 I ッて 遣たず 統が 何の にも 立ない やうな 事が 出 

ft. r ら禁 の^ r。Ell^ ,か is ら i お i ましく &s し、 時候 sf 

まの あし いが、 :f ぎぎ: きょの が" fesEa せる ひお に lis は、 isl 续 f 御機嫌 

おき ,.4" こ. ^が 6 ません、 おきれ うして SMttm してさず 河き だけの 事 さへ 書ば 失で 宜 ので.^ 6 ます、 

^ ? I - /1! こど » 5 ちょつ ど きか /、だ 

一 i へば T?;m で 一 1 ム へば 『るの あいだお 賴み 申して かきました 事 は 如何な みました か 一寸 か 聞せ 下さい』 け 

一 も^ふの を^^に li けば 『s^ 贓 し 1i き U 酽 ttli^i" 哉ニ寸 御知らせ 下され 度 u』 . ^期う 書 

ぬ r ま € ;? もん L,^, 55 ゐ ビ ひ あは ぶん, S わ ゆく,, - c'l^'i * 

一 f-^ ので ぁゥ ます、 、ノコで I: お ま を 13 しました 『注 X 品の 相違 を 問合せる 文』 さ 云 ふの を 私し か.^ 處へ 



くち S f かき t れ て がみ ぶん ^* £ らん 

口で 云 ふ通ゥ に 書ます から 之 を 手紙の. X は 直して 御覧なさい』 

けうし はくはく どつ ぬ ばん むか お 《. もん 5- た f.>4> け ふ 504" しらみ 

^敎師 は 白墨 を ® て 塗 板に 向 ひ 『せん 卜 CV 、注文.^ 致しました 品が、 今日 届きました から、 調べて 見 まし 

5J ころ いろ- お St fH& もの まち を これ *&K ま ちが もよ つ W ビ ひ あは ま 

4^ 處、 色々 逢ッた 品物が i 父ッて 居, ります が、 是は何 かの か 間違; 5 ではめ. ます ま いか、 一 寸か 問合せ 申 

C こどば がき l^n<? みじか て がみ ぶん かい & らん 

します』 教師 『:^ の 言葉 書 を 成た け 短く、 手紙の 文に 書て ® 覽 なさい』 

は 5t L や 5 けんめ. S せいど たし ゐ さんく わん ね ちん をら ふく かせ しょ ば を ばんめ ゐ なん を 

敎師は 一 生 懸命 生徒 を敎 へて 居れ^も、 處觀 の猫狎 は. S 吹 風、 きハ 『あの 初ッ 端から 三 翁 目に 居る 女 

こ も. J ぶ つ さ いま は もの もな ひど &ろ S ぺク 56 ん あれ こちら あ 

の 子 は 颇る附 だ、 今 刃物 持卞に 人殺し 云 ふ 別嬪になる せ』 狎九 『、ァ 11 彼よ, か、 此方の、 ノレ、 彼の 

5 ろ まっくろ た. み ゃゥ ゐ はる じ や 5 ど 5 てめ へ よつ さや じん あ 

色の 具黑 If&i 見た やうな 奴の 購 k 居る のが 遙か. H 等お』 猫 六 『手前 も餘 ぽ^ 茶人 ぢゃァ ねへ か、 彼れ よ 

まだ ^ C S やつ f & 

4 か 未し も ジィ龙 ハ處に 居る 奴の 方が ものお』 狎九 『十 1 一 さう でない』 猫 六 『さう で 無 S もの か ::: 

こちら ^:ひ ねれ さ み わら こんお 

をら 此方 向た オヤ 自己に 氣 、がわる^ 見へ て ィャ 笑ッ て やがら i f 今 m は……』 

ふたり しきり ちょせ い 50 よし &し ひや ろん ゐ け 5- し き さっき ゐ まへ たち をん 

二人が 頻に 女生徒の 美醜 を 評論して 居る を^ 師が 聞きて、 教師 『先刻から 聞て 居る SJ、 お前さん 達 は 何 

しき り みだら こど 5 S け i-ij や 5 そん こど £, は を ほ め わく き せく 

だか 頻に 猥褻な 事 を 云ゥて 居る やう だが、 敎 場で 其 檨な事 を 云 はれて は 甚だ 迷 S だ がら、 氣の 毒ながら 

さんく わん きん 

參 觀を禁 卜ます』 

たお ま ばん やら fctss- よん Si i& そのせ a- た ね. J 5 ち 5.、 どし 

さ 忽ち 1 本 遣れて 二人 は據る 無く、 悄 i さして 其 席 を 立ち、 猫 六 は 口の 中 はて、 きハ 『へ ゾ宜年 をし 

やきもち や ひど おも しろ 

て燒 餅を燒 きゃァ がら ァ、 人ク つけ 面白く もね へ』 

この どきわん ば < ざ か だんせ いど 《.-..,> ろ ふ a む S み せんせい しか 

此時 腕白 盛 ゥの男 生 徙は後 を 振 向て、 盗徙 『ャ. 'イ^ まァ tse^c 先生 i£ 叱られた ャ-' ィ』 

滑稽 二人 男 . 1 02 




ii i 

ij 

h 

u 

!', 
:{ 

ii' 
i 

! 
j 

1 



た 《一 

か 猫? 寸 





t 滑稽 二人 男 10 六 

第三 回、 

わけ わか くせ 

譯も 分らぬ 癖に , . 

また >J び こ せいだん ゑんせ ク くわ S 

-. 又も 飛込む 政談の 演說會 

が < か "5 • さんく わん また おつ ばら <ゥ ね. a ちん ふたり べっこ、 S めざ ど *J ろ を た *• あし 

學 校-の 集觀で 又も 追拂; 3 を 食た 猫狎 二人、 は、 別 此處^ 云ッて 目指す 處は無 けれき、 只が、 ッく^ 足の 

むひ ««• あゆ ゆ せ 5- だん ゑんせ つく わ S だ いしょ たてかんばん み だ ねこ せ, f^JS- 

向た 方へ 步み 行く 中、 フ ト政識 演説 會.. 大書した る 立 看板 を 見出しければ、 猫 六 は性戀 もな く、 猫 六 『.- 

こ 、 ゑん さつく わ. S ほんじつ & S 'じ かい て fstj S じ f お 上つ ど ほ i- つ み 

、此處 は 演説 會 がわら ァ、 本日 午後 一 時よ. <y さ 書て あるから、 丁度 宜ぃ 時刻 だ、 一寸 這 入て 見や うぢ や 

よ げ へ ゑん つ きく あほ だらけ 5 きい ほ- 5 よつ ね もしろ 

ねへ か』 狎九 『止せよ 藝 あな S 、演說 なんど を閬 よ..^ か、 阿房 陀羅經 でも 開た 方が 餘ぽさ 面白い や』 

い あほ だらけ. あほ だらけ 5 ゑんせ つく わ S ゑんせ つく わい おそ 

六 『マ ァ さう 云った もんでも ねへ、 阿房 陀羅經 は 阿房 陀羅經 よ、 演說會 は 說演會 よ、 ュ 、 、 -.' 恐レ f な 

.» つたい ま * け 5 6A< &ん たづみ き くお で まか き 

がら 勿體 ながら、 ゆ しあげます.;^ 經の 文句が、 何が 何 ださ 尋ねて 見たら さ來た K^、 口から 出 住せ. 氣に 

さわ ま 9 ぴら& めん a- それ あほ だら wf 5 そ これ るん せゥ こ K. &ろ 

障らば 眞 S. 御免お^ 來 たろ …… 』 狎九 『 ジ ラ 夫が 阿房 陀羅經 だ』 猫 六 『嘘 言う つけ、 是ゃ ァ演演 の假聲 

ひどば か . とん けんた 5 ちが I *& ん s、 

だ』 狎九 『人 を 馬鹿にした、 其樣 な見當 逢;: SAJ しちや ァ 因ら ァ』 猫 六 『マ ァ 何でも 宜 から チ ョ -(.-^-\- 

さ …… 』 

さき たフ >r> こ ちん ら 5 よ ぎ 30 びな きつぶ もお ^ 

六が 先に 立て 飛込みし ゆ ゑ、 狎九 郞も餘 儀な く 飛込めば 切符 寶 『モ シく 切符 を か 持に 成々 まし 

をん もっと をれ ばう おや 53- や <- せん sfts. f 

』 猫 六 『其樣 な もの ァ 持て 來 ねへ』 切符 賣 『失で は 傍 聽料を 十錢ッ 5- 戴きます』 猫 六 『ナ 1】 傍 

一 fn-f せ 1 か たけ i w{ わい た *-a- か <ら>0 ふた e- - せん まか 

聽 料が 十錢 ださ、 馬鹿に 高へ ぢ やない か、 國會 でせ へ 只 聞せ る 位 だ がら、 二人で 二 餞ば か- y に 負ら な 



mm 9 Jki$iK££ j 

f-fs J'J'^ ^ 



か ft 



いかな ァ』 切符 寶 『をん な譯 にや ァ參ゥ ません』 猫 六 『をん な譯に .® 一ら 無け 6 ゃァ 仕方 もね へが、 夫ぢ 

き この せ ft* ま < 'の 5 そジ ふたり * &. SL よ わけ まゐ 3 

ゃァ 君に 此 一 1 錢 .£1^ 鈉す るから、 密さ 一 1 人 を內證 で:…』 切符 賣 『をん な譯 にや ァ .® ーゥ ません』 猫 力 『 

んこ それ し かた こん 50 こ ひっか、 こおら ふ 《. ん せん さんざい — 

ィャ 1】 顽固 だな ァ失ぢ ゃァ 仕方が ねへ、 此 檨な處 へ引掛 つたの が 此方の 不運 だ、 十 錢ダッ 散財し やうよ』 

お, せ t* あ を せん ば. おや 5 り や 5 ふんばつ み < おれ せん きゃく さま S 

さす 久錢 やら 靑錢 やら を K 交て 傍 聽 料 を奮錢 し、 コ ゥ見 て吳れ 乃公 や ァ十錢 のか 客 樣だど ^云 はん 

ぶか かた ゑんせ つじ や 5 は い れ まんじ や で り つ ゐ よ お みるくお/ \ ベん 》> ほ 1 

に脣を 怒ら かして 演說塲 へ 這 入ば、 滿 塲已; ^立錐の 餘地 もな く、 皆 口 i に、 辯. H は^うした 早く 



I i/ii, ISIS さわ ゐ や ふたり fl み わるお も ま *^ ゆ , 

一 初め は f、 さ 例の 壯士 連中が 敦圍 あらく 騷 ひで 居る 樣子 は、 二人 は 薄 氣咏惡 く 思へ さ 先づく 障らぬ 

2\ ち^さく .A>Jも^C^ 5 づ くま を ほ& あ 5 ひどり ぺ ス.. > ゆ < wt^< 

神に 崇. なし さ、 小身な つて 片隅に 蹲踞り 居. しに、 程. く 11 ュ ッさ顯 はれた る 一 人の 辯士、 僕 は 下宿 

J> しはら ため ゑんせ 5 もん ざ フど はら 4 &か もくさん 5» ぺ かね まん まん 々らゐ たも ど 

屋 の支拂 ひの 爲 k 演説の 前 坐を勸 める の ださ は 腹の 中の 目算.^ れ^、 上邊は 金の 一 萬 や 二 萬 位 は 袂ッ糞 

: る ま 9 & S. ゥらゥ き ま みづ の れ 5L はりだ ゑんだ. s« み 

k 包 束て 居る と 云 ふやうな 面附 をして、 先づコ ップの 水 を、 カブ-, (-吞 み 夫から 後 は 張 出した 演題 を 見 

»>ょ<ん わたく こんに お せき るん せつ こ、 ろ k もつ ::- よ: ::ん > :^.!:^ はお T 

て、 辯士 『シ ョく 諸君 ••••: 私しが n 、今日 一 席の 演説 をコ 、試み 以て シ ョく 諸君の 高聽 をク、 、 

ゎづら ほつ l5> いかく せきにん だい だい ざ • /ひっこ.' ば 3f .10 u\ 

煩 はさん € 欲する もの は、 十 、內閻 の 責任^ ダ V 題す る 1 題で ゴ ^マ 御 坐. ます (s> 込メ f 馬鹿 野 a」 

こ :JJ<^ かっこく 4 &. S かく S か ありさま S とど 力 1^>ぃ, 

y コ で 此の 一 題 をべ ^^辨するには、 各 國の內 閻はィ 、 、如何なる 有樣 であるか さィ 、云 ふ 事^ 且つ 內 

かく れ.: が * ズゅ いか < せいた i- をい かく せきじん を いかく べつ , こど!: •> ゝ、 £5: 1 > ) > > - . 

閻;^ はレ 、聯 〈口内 閻、 政黨 內閣、 せ 、資 住 內閻の 別 わる 事 を 辯す るか タマ 第 1 の „ ^要で あらう さ 力 、 

かんが 

考 へます』 

t せきこ t べん ちゃ さ. C だ ばかば か た ほば か や ら 5., ひっこ. 9 r i 

さ餘 ほ^ 急 込で 辯 匕 かける さ、 聽衆は ドット 謹ぎ 出し、 甲 『馬鹿、 馬鹿、 大 馬鹿野郎, ^^?込メ1』 乙 



滑稽 二人 男 】 七 



滑稽 二人 男 ー誦昌ーーーーー ill.:, 一 量 一 , „ ニー i_ ■ i 一一 一 IISLO,^: 

!n^5*?3 き a ゥ ば 5 おや 5 む や 5 SO こ S つ »vc n 一 

『ii の!^ i …… 』 丙 『傍聽 II 料の 虞へ 行て 稽古 シ。, -』 

C 5, てた、 i L づま 

さ の を &i -^、 i:^ か ん さすれ は、 パ チ くくく 暴 を 叩き、 t く 靜.. た 

? V > ^ てた、 べんし やき 

る を て; < た 齦 !?ぎ さう も すれば、 相 S ら卞。 <チ く (-さ 手を叩く ゆ ゑ、 辯士は ざう、 (.遣6 切れ 

すして 1ふて臌颼は1§たる1^$ぉきの1&ぉ£して突然に、 辯士 i 衆 諸君 は 皆な 

, f ?;, , お, cifLSLi^^ ん み じ さぶん さいの 5 ち き 5-5 どころ —か 

W たるぎ iili でたら ッ しゃ S ます (ノウく) 聽衆 諸君 は 皆な 充分なる 才能 智識 を 有せら る 、處の 御 方 

、 S 5- く..: やさ ま じう ぶん さ, S の 5 お しき .5.5 どころ しょくん ん せん は.^ 

で だら ッ しゃいます (ノウく) をの 御 學者檨 で # ^分なる 才能 智識,^。 - 有せら る、 處の 諸君の 御 面前に 於 

て、 わ あ:? の M きき 鰍酽 SK&i が、 S0ir 、 の r や ili&i して、 き-意ぎ も 內閻が 

, P てん こど もの,. Js- L»v 

^うだの のお m がどうお のぞ、 諸君が 百 も 二百 も 御 合 點の事 を、 。へ ラく くく さ 物 知らし く饒 

だ i さは、 si が^に rw ふ ilij^m ふ、 ィャ ii の ¥ に は i 射^お の 利ない 鐡 面皮の 奴が おりた もので 御 坐 

ます (iiM る) i ろで?! を觀 へて i% ば 一一 き^ふ 銜の 歸俨、 、ノレお g 身お ャレ if さ、 旨い 物 

さしみ に ざ か L まい どん 5 ま をつ 

ば や. をノ ベ ッ i^is て ss^ ひ 日 はは、 めんな 旨 S 刺身で も 貧 肴で も、 仕舞に は 頓クヒ 旨くな S やう、 こ U 成て、 

^つて |i の 寧で nil を^^み、 I? の I 火 i ばし で をく 食 ふの が で」 思 ふ 事 も 御 坐 6 ます (ヒャ く) 是 

さォ i し^で、 iis^ttil にお i¥ な E£s 戲 n を剛 てぎ られ ますから、 偶に ゃァ 我がの 屈 ッ鋅演 說.. ち 却、 ソて 

がわる さ^しめして、 辦か i をぎ き對 S か ii を 願 ひます (落語家の 前 坐 —— 、ヒャ く、 ノウく) 

を 乙で ^いが^ぎ に^げました る戲 ろの^ ッ B は、 議員の 一 致 を 望む ざ K ふ 一 題で 御 坐 ます、 S て 

.esssir 謹、, rltij jjasai —iis aaasiiiasgBgl -= 矍 -|羅 i iBassjaBBiaBisBagegajt 



LX<A よ こど は ざ にんよ もん じゅ お ゑ s- とど &ざ この & をん *, ゆ:; i ベ ゑ. &だ 

諸君よ 世の 諺 に 三人 寄れ は 文珠の 智惠ぁ 4. さ. 云 ふ 事が 御 坐ります、 此語 たる や 何の 何 兵衞が 云;: S 出し 

わたく そ t ゆつ. J 上ら. &れき せん 3 く とど ま £iん よりあつ さ だん はた 

たので あ. ます か、 私し はま だ 其の 出 處來歷 を 索した 事 もな し、 叉た 三人 寄 合て 相談 を すれば 果して 

もんじゅ お ゑで これ た.... か -.^ ころ ケん t かた 5- にん; り や 5 けん 6 つ :6 ん 

$珠 の 智惠の 出る もので わ-. ii9 か、 是 さても 儻な處 は存ヒ ません が、 併し 只 一 人 一 個の 了簡 を 以て 盆 

やりせ も あ. <かん こ く よ もの あん ひざ だんか s た 50 で { f^^if にんげん あいて 

槍然 安間 手 V- して、 苦 世./ \ さ 物 案 卜する よ- は 膝 さ 4、 談合、 縱; S 木偶の坊;!: 核な 人 間ュ か 6 さも 相手が 

ris だん をの こど はや まビま V こビ ^ ざ さ この にんよ 

あって 相談 すれば、 其 事の 早く 纒るさ 云 ム事も 無いで は n 坐 6 ますまい (ヒャ く) 然 れば此 三人 寄れば 

もんじゅ ち を S, こど あ を で たらめ で は c だい を ヶん S 3 た ば. し y ケ 

文珠の 智惠ぁ 6 さ 云 ふ 事 も、 强 がち 出 鱒 目 出:^ 题 でも 無から うさ 存.^ ます (ヒ ャ. )^ は 云へ 叉 一 4^ 退 

かんが み せんだ f た ほ ね やま の ほ ^ ?-ど i ざ い か ゎづ さ f ふね た ほせい 

ひて 者へ て 見れば、 船頭 多くして 詹 出に 登る さ 云 ふ V も淘 坐. o ます :.:. 如何 さま 龍 か 一艘の. 船に 大勢の 

せんだ,.' のりくん か 5 に L や S ft つ ひがし や い へいて 5、 ほ き か 5 \ かって ろ かい *, &か どき 

船頭が 乘 組で、 甲 は 西へ 遺れ ビ-云 ひ 乙 は 東へ 遣れ ゥヒ云 ひ、 丁戍 己み な 谷自の 勝手に. 檐擢を 動した^.^ 

もど ろ かい fL ふね たお ま .*ゐ めん ほ を ぎ さんじ や, f t タの ほ L 

は、 素よ 檐櫂: £ よって 動 止す るの 船 tr 忽ち 水面 を. 敵れ て巍戯 たる 山上に 議 登る かも 知れません (ヒ 

さ か や 5 &ゃ, ほう S- くつ み さ、 ゥ だん あいて 5、 は さ,.. だん あいて 1^:- 

ャく) 扨て 斯 樣に兩 方へ 理屈 をつ けて 見る さ、 相談の 相手が あるの が宜の やら、. 將た 相談 相手の 無い 

ほ 5 い、 さおら わか わ 5 にんよ つ るん じゅ ちゑ flfj だ 

方が 宜の やら、 何方が どう だか サッ パリ 分..^ ません けれ^も、 要する は 三人 寄て 文珠 の智惠 を 絞,.... 出す 

ち け ら わ おから どめ いた どころ た ほせい せんだ- 5 ね やま の © ち け 5 わ おから いづ 

の は 一 致 協和の 力 k 富る の 致す 處、 i< 勢の 船 S 、かあつて 1§ を 山.^ 登せ るの は 一 致: K 和の 力なき.^ 出る の 

けク くわ はんだん くだ & をち け 5 わ け M. わ さ to 

結果で あらう さ 判斷を 下さねば 成ゥ ません (ヒ ャ },.\-,,\.-/\)4K れ 一 致 協和す る^ 協和せ ft; るタ」 の差逯 

かく &ど はんたい けゥ くわ あらお せじ. や f ばん じ ぶつ iS5 に. t ど よ をに もの ろ, ん 

よ. して、 まボの 如き 反對の 結果 を顯す もの^すれば、 世. H 百般の 事物、 何事 k, 依ら 卞 何,: i を 論せ す, 1 

お け ちわ s とど fj & くひつ わう こ 50 e ざ さ われく じんみん だい ひや 5 50 ころ て そ < くわ S く 

致 協和 さ 云 ふ 事 は 至極 必要な 事で 御 傑 一. CV ます (ヒ ャく) 然れば 我 々人民 を 代表す る處 の、 町: S 會ょ olHi 

滑稽 二人 男 1 o 九 




^^^1 滑樓 二人 男 ■ |8» gLh 

$ ullfli に 1: てお, も ー|& わ 和 £1KK 事 を 第一に せねば 成. -ま 

せん (ヒャ く、 ノウく) i となれば 『右し も n 爿 を!:: 表,, する 處の 議員が 協和せ 卞 して、 例へば 彼奴 a 我 一 

i でな S から の f き、 il の獻 r かか は 参、 i で 、も は i のる 位ち S 立て、 滅茶 くに 駁 

驟 して^^さなければ きらぬ € か、 ^ひ ttikz4i こ I 獻に 障る 奴おから、 ^うかして 彼奴の 圈 子-鼻 

I」 - ど. J ろ おから. J ぶ い かんじん ぎ あん &a ちゃ マ-ど" 

をヒゾ i ッ て is ら なければ % らん^ か、 ォッ な處へ 力瘤を入れて 肝心な 議案 を K 弄に^る やうな 》 かわ 

^K0^a0tK^¥ i 斛 m く t きふ さね & ポクた 鹏が ズ y -., \さ 山の., 上 へ 登 ッ て 仕舞ます で ャ /、) さう 

なッた r まて あ 耐の¥ ぎ Si あがし き iiili- 俱備 した 代議士 を賴 

,/ 1 „ L りぶ きんし は まへ S ゥ f »fi やま を てっぺん 

1^^. が m く Kis らジて i る だら うさ ダラ I ヒ^した 舉皺气 前.^ 云た 通. -赠が 山の 素 徹邊へ 

^ J ; ヒノ, > ^ i «s ゐん t よくん このへん じじ や 5 のみこ < だ 

^る お.:^ て は; < た irt^ のお i: 蒙で ぎ-^ います (ヒャ く) 敌 k 議員 諸君 はよ く 此邊の 事情 をか吞 込み 下さ 

れて、 三 つて さへ の Ipib あれば 百" ム まひ は 二百 れば、 其人數 だけの 智惠も 出な け ならぬ 

ずです から、 i 躬 一!^ して トか ^御の^ を^ SSi します (大 喝采 r 首尾よく 饒舌 6 負せ た辯士 は、 最 

%0fmmht 樊『^51.まき?醫ァ伊んぁだちっ解ま』 狎九 『うんに ゃァ些 i 了解 

ず^ はや ァ たの か』 猫 六 『SI ひ も k 虽 k ゃァ 了解な かッ たが、 船頭が 智惠を 出して f 

を§のSKi^までssぎ.^げた€^ふきたけはゎ^^鲈た、 ぎが の 戯認で "-勒 めて g 明した 事が わるよ』 狎丸 

『i を したのお』 猫 六 『十一 il の S でもね へが、 ぎの ヒャく ノウ, \ さ 云 ふ 事よ』 狎九 『夫れ や 



IMIPHn MM N M Ma « II*. ^su 




かんしん そ いわけ .S わけ もん や- *K レ 

ァ威 心お、 然して ヒャく てへ な ア^う 云 ふ 理由お』 猫 六 『< ^う 云 ふ 理由お ジ て其樣 なに 安 かァ敎 へら 

t< ばつ をれ いくら だ せに だ s、 まこ SJ 

れ ねへ』 狎九 『ィ ヤー 1 愁 張て ゃァ がら、 失が ゃァ 幾許 出す のお』 猫 六 『錢は 出さね へで も宜 から、 誡は 

た そ S> たてまつ S でんじゅ ねが あ たてまつ り * & りき や 5 くわ 5 きんげん S ひどば か 

恐れ入 6 奉 4 ますが 何卒 御 傳授を 願; S 上げ 奉 候 也 恐 惶議言 さ 云 ひねへ』 狎九 『人お 馬鹿に してや 

おも い たてまつ き や 5 くわ 4 きんげん £ でんじゅ ま を たてまつ な も< 

ァ がるな ァ、 ぢゃァ 恐れ入. 奉 るが 恐 惶 謹言よ』 猫 六 『ハ ィく 御傳授 申し 奉 4 ませう、 抑々 ヒ 

S, みづ こど みづ つめ をれ い ' I ^ ] をれ 

ャく, 1 云 ふな ァ 水の 事よ、 水ァ 冷て へ あんだから 夫で ヒャく £ 云 ふんだ』 狎九 『なるほ^ 夫から ノ 

ゥ -,, \- ^云 ふの は』 猫 六 『彼. CS ゃァ ノウ., (-さ 云の ぢゃ ぢゃァ ねへ、 のむ- (^^云 ふの だ』 

*y ま ひど s- べんし ゑん だん の ほ わが ザい ふ じもく か S ゑんだ い ゥ ま しゃ 5 げふ ふ しん 

折から 叉た 一 人の 辯士が 演壇に 登. 我 政府に tt 耳目な き歟^ 云へ る 演題に 就き、 先づ 商業の 不振よ 6 

き, へ をく ど A! れ ろんし てん ふし あいじ や s せ いふ じんみん くわん け S 50 きおよ どき 5- ん かん けい 

金融の 閉塞お 説き、 失よ 6 論旨お 一 轉 して 父子の 愛情より 政府 さ 人民 さの 關 係に 說 及ぼす 膀、 臨 監の謦 

s- い も お あん 《5 がい み ど よつ *5t 

吏はッ ト 椅子 を 離れ 警官 『辯士 …… 辯士』 辯士 『ハ ィ』 警官 『治安に 妨害 あ ゥ《認 むる は 依て 中止 を 

せい — 

命 卜ます』 

べんし & をお けいくわん むか * おらし めい 上 A せこ を こど fj か S か 

辯 土 C 居直りて 警官 は 向 ひ 辯士 『中止お 命卞る れば 據 無い 事で ハぁゥ ますが、 併し 如何なる 

かで う ち あんば ft-s-s をれ た 5 べん かぎ きくわん た 5 ぺん かぎ を 

箇 催が 治安 妨害で あ 6. ます か』 警官 『失ハ 答 辯す るの 限. でない』 辯士 『貴 官は答 辯す るの 限. で 無い 

あ ふ } お あん as がい み ど SC や 5 か を いう S > を 

さ 仰せられても、 已は 治安に 妨害め ゥさ 認められし ハ、 必らチ 其 理由^ 云 ふ もの か 無 けら k や 成 6 

もど ち あん ば 5 がい み ど お うし めい その M- せ W め S で ゆ 

ますまい』 警官 『素よ 6 治安に 妨害 ありさ 認めた から 中止 を 命じた ので あるか、 其 理由 を 說明ハ 出 來ん』 

5- ss せつめい で き — 

辯士 『なぜ 理由の 說 明が 出 來 ません か』 

滑稽 二人 男 1 二 



lln i 滑 稽 二人 Bf- 1 一 1 1 

こ、 けい < わん べん. L あ いだ じ や, つ さ..' ろん はじ ちゃう.. -5 5 ち や ち S まれん たも t ろ ほんぶん さわ だ 

さ玆は 警官と 辯 士^の 間に 一 壤の爭 論が 一 PP まる。 ヒ、 聽 衆の 中の 彌痴馬 連ハ 面白半分 は タイく €騷 ぎ 出 

ぺん. L 5- i ほ Q た ふ $ つけ さ をる ズゅ か ねな iy ゐ ベ 乙お び 

し、 辯. H シ ッカ リ しるさ 云; 3、 或; S ハ張 倒せ 撲 6 付ろ さ 怒鳴 もの も ある 中 i£、 猫 六の g に 居た 兵 子帶の 

しょ ヒぃ じ ぶん けんく わ し かけ 5 で まく げんこつ か C く あいて ゐ ぼつ 

書生さん $:、 自 介に 喧嘩で も 仕掛ら れ たやう J^、 腕棬 A. をして 寧 骨 を 固め、 サァ东 S 僳が 相手お.^ 威張 

を ひや, rs- ねこ ちた ま げんこつ どん き ね. J きも つぶ 

て 居 6 しが、 ^うした 表裏. や 猫 六の 頭へ ボカ i- シ W 1 ッ寧 骨が 飛で 來た から、 猫 六 n 膽を a して、 

S て t の や らう i&ii 

猫 六 『才 、痛へ く、 此野郞 何 をし ゃァ がる』 

こおら 5 で まく っヅ つ * み さき をお れい さ 5 し こど i つく だ 5- を どこ 

さ 此方 .ij- 腕棬 6 をして 究 立て ハ 見た が、 先方 ハ 名に 負 ふ 倒の 壯士、 殊.^ 雲を衝 ばか. ft^ の 大の男 なれば, 

ねこ こぶし をへ そ ©5 おこん さ ちん ら 5 よこ つら くら I 

猫 六の 寧 ハ いつしか 萎て グ】 1 ャくく 其 中 今度 ハ 狎九郞 の撗ッ 面へ もポカ f ゾさー ッ <g はされ しゅ 

ちん ら 5 ま びっくりげ 5 てん い て こいつ たま 

ゑ、 狎九郞 亦た 吃驚 仰 s< 狎九 『ォ 、痛へ、 是奴 ァ堪ら ねへ』 

S あは s- やう ん げ どび だ ろ 《 はきち の はか まか い のち 

云; S 合さね..^ 兩 人ハ、 ソレ逃 Kt,:m せ 碌々 履物 を 穿卞 して、 ャジト 負せ のド ッコ ィ シ. ョ さ 命から 

にげだ 

/^逸出した , 

第 四 

ちち ざい さ ん ? i5 おや. f 

意雜 裁判の 傍聽で 

放逐 丁應 三回 目 

ゑ <: せっく わい はか ちた ま よこ つら $ つけ り や 5 はん かさ t つばい ど たび はタ かき^て 

演說會 で 圖ら卞 も、 頭 W 潢ッ面 を毆ゥ 付ら れ たる 兩人ハ 、重ねく の 先 敗お 取..^ なから 旅の ffi ハ搔秦 も 

^ 5 一 かへ そ L か § つき おや も C あんま X む や 5 おん をら る! くさ そりよ S ね 

旅 宿へ 歸ぅ てハ 素知らぬ顔 付、 リレ茶 を 持て 求い 按摩 を 呼べ € 虫 同様の 女 等 威張. <=. 腐 ッて其 夜 n 寢 



ょ-^门っま ^.4 おきいで ほ ふ づれ ゆ か... -こ ゆ は を - てろ さ. ゥ だんさ S ち 《- ね て 

しが、 翌日も亦た朝早くょ<^起出て、 今日 ハ 何方へ 行かん 彼處へ 行かん^、 鼻 を 揃へ て 相談 最中、 表 は 

き vj ぶん e-c-e ゑ これ こん" お ほつな 《1 やく わい しんぶん ほん L. やどく ぺゥ お ほ べんき や 5 ほんし f 

閱 ゆる 新聞の 寶聲、 賫子 『H 、是ハ 今日 發 免に^ ゥ. ました 社 會新關 …… ュ 、本社 特別の 大 勉強、 本紙 问 

b-5 お まふ ろく つい だ? -か いつ どう これ こんにちはつ だ くゎぃし やく わ". J ん ぶん ぶんや ま?. かつ 

徵の大 附錄が 附て代 價は例 もの 通ゥ …… ュ 、是は 今日 體 兌の 會社會 新 聞』 狎九 『オイ 新 閟屋ァ 一枚 買 

^ (くら rtj なりん i ざ こんにち ほんしゃ お ほべ ん き や 5 ほん...! ft お ほふ ろく つい を 

て 1 らう、 何程お』 寶子 『 一 翁 五 厘で 御 坐い ます …… 今日 ハ 本社の 大 勉強で 本紙 同 檨の大 附錄が 附て居 

ふろく い ほんし せん まけ お せん まか 

6 ます』 狎九 『附録なん^ ァ 入らな S から 本紙 だけ を 1 錢に 負て 置きね へ』 賫子 『 一 錢にハ 負.^ ません』 

こど ^ たつ りん StJ ちらへ をつ いゝ 3 ,たつ りん 

狎九 『ケ 千な 事 を 云ゃァ がるな ァ、 只た 五厘バ かし 何方.^ う 成た ッて も宜 ぢゃァ ねへ か』 賫!^ 『只た 五 厘 

ザ * んを f だ f だ それ よろ これ せん りん 

ばかしで すから 旦那の 方で 出して 下さいな』 狎九 『夫 もさう, た、 宜し S 、ジ ラ是が 一 錢ょ、 H 、ト五 厘 

チ1 せ A だ これ つり あり わたく は 5 あいに < りんせん 

錢 がない から モウ 一 ッ. 一 錢 出して 是で 鈎お』 賫子 『<- ィ 有が たう、. 私しの 方に も 生 惜五厘 錢がぁ 6 ませ 

これ & かんぺん ねが 

ん から、 . ^うか 是で御 勘 辨を蹦 ひます』 

55- ! ゥ り 4nt お y げ ゆき あどよ み あ もせん ぶんき 5 せん ひ 50 ば か 

さ賣子 n 釣錢を 出して ズ タくと 逃 行ぬ、 跡に て 能くく 見れば 靑錢 文久錢 一 ク, 狎丸 『人お 馬鹿に 

やん か、 せん りん も s- 5 りつけ い をん せ S た 5 ぶんれつ わがた 《- 

した、 難の 艱のッ て €ぅく 一 錢六厘 五毛 賣 付て 行き ゃァ がった …… ュ 、何お S 、政黨 の 分裂 n 我黨 

き 《 り ちら せいた 5 こんぺいとう L こんへ W S- くつ * &严 をん わか 

の 希望に 非す 力、 政黨, たか 金米糖 だか 知らね へが、 此樣な 屁 S 理屈 C 何が何だか 分 ァらナ f ィさ …… ェ 

ざつば 《- £ ざ せう せゥ &ざ てめ へ しんぶん よ .^ij や 5 

ゝ. 4^ から 雜载 V」 御坐ッ て、 小 說£ 御 坐ッて …… 』 猫 六 『なんだ 手前 ハ新閬 を讀 むの ぢゃァ ねへ 勘定す る 

おれ み け A れ 5 いくら だ い、 こど だいみ I か, 〈 ► , 

のお、 . ^れく 自己に 見せ KJ 狎九 『見料 n 何程 出す』 猫 六 『マ ァ宜テ f 事よ、 代ハ 見ての か歸 6 だ 

I C をら る これ をん fi うどめ よめ きまる ► も. r , ^ v^w > k 

ィョ I なる ほ iJll 曰く 字が んで 居ら ァ、 是ゃァ 何 だ 姑 の 嫁 S びゥ か、 極ッて 居ら ァ、 失から 投身 か、 

滑稽. 二 入 男 1 1 二 



滑^ 二人 男 



】 I 四 



tfl* • や 一 > そのつ ぎ L にん くさ ち 5 ざ い こ. ゥ はん この や ら、 ゥ をん わる こど 

馬鹿な 奴お、 其 次 C 死人に 口な しさ、 ュ 、重罪の < ム刿 か、 此野郞 何か惡 S 事 を 11 ゃァ がっ^な、 さま ァ 



見ろ. 



かね 

H 、豫て 



ほんし き 3 い きさい ff が 5 たう かね .« ビ け こ 5 はん 

本 K は 記 戴せ し 記載せ しか 、強盗 ュ 、强盜 金 尾 取 助の 公判 n か、 ュ 



よ 



H 



よ 



ほ乂 e つちう ざい さいばん. J よ お & かいてい べん & にん <ち さき かるの ? けし 上し 

本日 重罪く 裁判所.^ 於て が、 開廷 せられく 辯 護人 C 口 崎 輕之助 氏なる 由 …… ォ ィ狎公 今 

ふ さいばんしょ せろ ば 5 しら 3 つ み f; ばる SJ ろば 、り み こど 

日 n 裁判所で 泥坊の 調べが ある さよ、 行て 見や うぢ やねへ か』 狎九 『さう サ 芝居の 泥坊 n 見た 事. ある 



ほん ビ, 



が、 眞 物の 泥坊 テ I もの ァ 見た 事が ねへから、 < ^んな 面 をして 居ゃァ がる か 見て へ もんお』 猫 六 『夫お 

ゃァ 直に 出掛る^し やう』 

OA &ゃ 5 にん. L たく wi»J ゆく たおい あおら き こちらき こちら たづ こど ち 5 

さ是 よ, 0兩人 支度 ももこ./ \ にして 旅 宿お 立 出で、 彼方で 闘き 彼方で 閱 き 此方で 尋ね、 ャット の 事で 重 

狎九 『>- ラ此處 だ 



ざい さ S ばん., J 上 もん せん .& た 

罪 裁判所の 1: 前に 至 



せろ だ $ e ゆ つみる 5 

泥坊が 珠數繫 が. て 居ら ァ』 猫 六 『盧 言お CN け、 イクラ 



裁判所お ッ て 其檨な み 泥坊ば かし 居て たまる もの か』 



さ 門 を 這 入れ バ、 門衞 『コラ く 何處へ 行のお や』 狎九 『ヘイ 泥 



ふた w 4.i や 5 だん S 

さ 二人 ハ常談 を 云 ひながら、 ッカ 

ほ み i 3 い Si ろ?^ 5 み & おかし こど い やつ もれ かん &く まお が る 

見に-^ V.O ました』 門禱 『ナ 1】 泥坊 を 見 來た、 可 笑な 事 を 云 ふ奴ぢ や、 夫ハ 監獄^ 間違 ふて 居る ぢ 



おれ 



み き 



- 3^ ち 《. ざ 5, さ S だん .> よ しんぶん かい £ ? .1,.^ v<; ; I 

やらう』 狎九 I ィュ 重罪 裁判所き 新閬 k 書て 御 坐い ました』 門衞 『なる ほ.^ 夫で n 泥坊 を 見 k 來 たのお 



卞 4. さ, S さ .vrfs; ^fi'tt a- さ や e, f つ ■& で て, * じ をに. S 

や あるまい, 重罪 裁判の 傍聽 k 來 たのお やらう』 猫 六 『左樣 をの 通. 序 お 手の 筋 …… 』 E 衞 『何 を 云 

, f , > ユカ^い » ^sf^tf .^ , ば S おや; ねが かい こ ば. X- ちゃ <- ねが せん こど かいく 

ふの ちゃ 失敬な、 傍聽 k 來た のなら 傍 聽麒; 3 を 書て 來 s』 猫 六 『へ -傍聽 騾; 3 た ァ何樣 な 事 を 書て 來る 

> 、 _ II .f Jr^ 、 ひ-おが この ど ほ かいく 5、 ね- てき み 

のでせ う』 . 門衞 『化 處に雛 形が あるから 此通 6. 書て 求れば 宜のぢ や』 狎九 『オイく 猫 的ィ、 見る のな 



r き 345ト ゥゃ 5 き も かんが か,. C が か A げ み まづ 

ら宜が 傍^^ 來 ちゃ ァ 少し 考へ もの だせ』 猫 六 『十 考へ ものお』 狎九 『だッ てマァ 者へ て 見ね へ、 先 

こくく わ P けんく わ 5 & かけ つ 3 だ ^*5んせっくゎs f$4, M た ふ 

第 一 國會の is 聽ぢゃ ァ喧曄 を賣掛 られて 撮み出される、 演說會 の 傍 聽ぢゃ ァ頭を 張 倒された ぢゃァ ねへ 

§j こビ け ふ 5j んめぁ L だ ねれ み い、 T 

か、 二度 わる 事ァ 三度 テ.' から 今日 n 何樣な 目に 逢 ふか 知れね へ、 然から自己ァ見るん.^^>ら宜か傍聽さ 

& 3 つ ら み なれ をん こ 、ろ »七 き ど かくち 上つ SJa- 7^ 

來 ちゃ ァ熊 }^ だ』 猫 六 『さう 云 はれて 見 ゥゃァ 自己^ 何お か 心細くな つて 來 たが、 兎に角 一寸 聞いて 見 

やう』 

はこ たゝ こ 4- し ジ .a ん ゑ、" むか さ C をく ま を たてま ゥ わ は P ざ. たて $*ク 

さ 猫 六 ハ歡び 小 腰 を 屈めて 門 衞は向 ひ、 猫 六 『H 、早速ながら 申し >^げ 奉る やうな 譯 なんで 御 坐み 奉ゥ 

こん^お ぽ 5 ち b-s れい ビほ あた? -r; こづ ば,^' f -ね ひだ U 乂£ 

ますが、 今 B 傍聽を 致します 《、 例の 通 ゥ頭ポ 力 ゾの橫 頰ッ頗 g シャゾ の 追 出され さ云ジ たやうな 寧に 

iec-Awtv,- よつ & ざ ,c てな ヮ ?るさ S- やつ だれ そん らん ほ 5 こど みん . ftM^ 

枇 I i^. るの 御 坐 6 奉. o ませう か』 門衞 『蒼 a 奴お や、 誰が 其 樣な亂 暴な 事 をす る、 何で キュ宜 から 神 

S にして i て おれば i ^のお や』 猫 六 『オイ 狎公、 只 神妙に して 聽て 居れば 宜のぢ やさ 仰し やる』 狎九 『な 

ほせ おつ たて ft つ ね れ あんしん たてまつ はいつ み , 

る 程 さう 仰し やり 奉り ゃァ、 自己 も 安心 奉 て 這 入て 見やう』 

i i^u 3 しづ? ひかへ f I を やが AS てい t c< * 产> ば 5 は 5 ばん^し"^ おは.^ 

^總 て門衞 の差躧 通りに して 扣 所に 待 居れば、 頓て ii 廷の 時刻と なゥ、 他の 傍聽人 €共^ ^公判廷へ 呼 込 

か かけ あく .6 ゐ ちち さいばん くわん はじ ばいせ; S ん e けんさ ゥ くわん ど 5 せ さ さ だ も^ y^^^4 . 

まれ、 J» の 腰掛に 欠伸 をして 居る 中、 裁判官 を-初め 陪席 判事 檢察 官等の 席 も 定ま ゥ 夫よ々. 呼 alt の蠻 

ども かね を 5JS-ti 、け, 5; ら べん & L くちさき かるの もけ S できな か f=J &ど さ ^"±1.,^^ん> ^へ • ひ.^ * »- ゝ ^1 ヽゝ 

き 共に 强盜の 金 尾 取 助 並びに 辩護士 口 崎 輕之助 も 出来..^、 形の 如く 裁判官の 前に 扣 へた 6 猫. k ハ 之お 

み あいつ "一ろ つく f> ば& 5J ろ *5 まる き お^ - - J ^ ^ . rcvsv^ 1 1 ; 

見て』 猫 六 『ィョ I 彼奴が 泥 突か、 芝居の 泥坊た ァ丸ッ 切.? K 逄 ひだ』 狎九 『さう サ矢張 6 眼 王 カニッ 

わつ-て 口が ーッ しかな いや』 f ハ 『跟 玉が 三ッぉ ゥゃァ 化物 だ』 押 丁 『コラ か せんか』 狎九 11>ラ 



滑. が 5 二人 男 1 1 六 

隱 .. i 33-88 匿 騰画曆 一一 腿 醒 一一 I 一 匿 88 I 1 = 画一 画 IIII 顯 - 國|ー 隱| I 一 一 5 1 一 ■■■ = 謹 i 55m_- 匿 層 一画 三 匪霧| — 麗謹 I 一一 I 一一 i ll I 一画 眉 |隱 I ■ 匿— 1= 層 util 

く, 初 ま ゥたグ く』 

さいばん くわ sr ひ こくはん がんか み く! „5 をの は f かね も ど& やけ ぎょい a ? $f LX 

裁判官 ハ 被告人 を 眼下 見下し、 判事 『其方が 金 尾 取 助か』 取 助 『御意に 御 坐 4 ます』 判事 『其方 ハ處 

/\ ね.... い W わく ひビ $^ きんせんい るゐヒ 5 が 5,. ゆ お i も fa ね- y 

々へ 押入て 多くの 人を惱 せし のみなら す、 金錢 衣類 等を强 取し 4^ る 趣む き、 夫れ に 相違ない か』 取 助 『恐 

, , なな わたく 5J5 ケく いた ね ほ &ざ ひど $t きんせん. & るい ど5 が 5t ゆ 

れ ながら €. しあげます、 私し ハ盜賊 を 致した 覺へ n 御坐ゥ ますが、 人 を^し 金錢 衣類 等を强 取す るな *i 

ま を こど さら £ ざ もれ よ しんてい ま を たて お ほ さ 4 a を 上 

さ 申す 事ハ 更に 御 坐 <H ません』 判事 『夫で ハ豫審 廷の申 L 立 さは 大ゐに 相違して 居る やう;? や』 取 助 『豫 

れん ベ..) 上 をん かい £ ざ ケん た を ,とほ さ う ゐ £ ざ 

審の お 調書に n 何 S 書て 御 坐 ます か存 卜ません が、 只今 申し あげます る 通 4 に 相 a 翻 坐 .CS ません』 

trh n. い か こど いた さ f ふ W や ん だ わたく R, ど t の ひ さま もの 

I 『如何なる 事よ々 致して 左樣 なる 不良 心 を 出した のお や』 取 助 『私し £ て も 素よ, 5 好んで 人樣 の^ 

ビ S たく £ ざ たつ わ ャ.: く ひど 3- ら £ 'は 5 ざ このら fi*® をが たいび や S f い、 

を 取 度 ハ御坐 ません が、 實 n;^ しに 一 人の老母が御坐.<^まして、 此 老母が 永の 大病 ゆ ゑ、 何 か L て 良 

い や tofl* み ら ま い、 く を 3- のま さ だ せんく わい ケ八 , ず.」 

お 謦者檨 K も 見て 直ひ、 X た 良お 藥を も飮 L ましたなら 定め L 全快す るで わらう^ 存卜 ましたれ "き、 佝 

せ ほん ふ けい 33 L や ^い ひま C ぶぶ ひど こん^お おく か; J あ. や^く ま ら いび や 6 ^ 

致せ 世間 ハ不 景氣 商寶ハ 暇な d、 自分 j 人で さへ 今 B を: vsl, り 兼ます の は、 生愴芭 叉た 老母が 大病で 御 

ざ これ よ ん このみ たいせつ ね や み <1 ろ を 产. ま i„J つ 

坐. まして 是で C 所詮 此身 ばか. か、 大切な 親まで を も 見殺しに せねば "成らぬ、 ァ 、困 ッ.^ もの ださ 切 

ば J いほ ^rs よ ri ケん く KJ^i- おかみ てかき 

た處 から、 宜から ぬ 事 さハ存 卜な から、 ツイ 賊を 働きまして 政府のお 手數を かけます る やう 

たちいた & ざ ひ く i4.<- ほんく わ. C たづ cso たいい まもの Kf ちんじゅつ 

は々" 至ゥ ましたので 御 坐ります』 檢^« 『被告人に 本官が 一 ッ 尋ねる 事が ある、 只今 其方の 陳述に よれば、 

レ はいつ ひど - ^"やま fett 1* いま ら, £1 び や AT き せ/くわい たい ため &t if,. 

&賊に は 這 入た か 人.^ 惱 した 覺へは 無い さ 云 ひ、 叉た 老母の 病氣を 全快 させ 《 が 爲に、 ツイ 誤って 不良 

だ ま を はた ひ こく にん い &ど . を K ゆ ゑ き や 5 き ち さんい K き ij: りき 

> も お 出した やう 化. S. せ tl、 聚 して 被告人の 云 ふ 如くなら ば、 何故に 兇器 を 持 致した』 取 幼 r ィュ 兇器 



ち さんいた とど も /J た 5 な ざ ち さんぃ^! こビ f,v で 々わつ はち よ かひ あ おけ 

な を 持.^ 一致した 事 tt 毛頭 御坐ゥ ません』 檢察官 『ィ ャ持鑫 致さん 事 はない、 已に 十月 十 1 日の 夜 金 有 化 

ち をけ f ち なしい W ビ さ しゃく を A か ti,6 ひ:' さ を おもむ ひ が ひしゃ ま * たて 

痴 助の 家へ 押入た る 時、 一 尺 五六 寸の刀 を 提げて 居ゥし 趣き、 被害者よ みの 申し 立で ある』 取 助 『もれ 

A*- ん ばう ま 5 たて さ,/' ゐ ゐ ft 一 ざ もつ ビ $Y け はい & どき fge ん め さま ゥ はは 

は 先方 の 申し 立が 相違して 居る ので 御 坐ります、 尤も 同家へ 這 入ました 時に 生 人が 目を覺 して、 矢庭に 

わたく ひつ どら い H わたく どら だ. ケん を こ あ 《. あ ね もちや 

私し *^引 捕へ やう さ 致しました から、 私し も 捕 へられて は 1 大事. W 存卜 まして、 其 處に有 合 ふ翫弄 物の 

かな *4- や w もの へん --か たは y-«fc やれ どつ て むか これ ま を こど &ざ 

刀 だか 鎗 だか 其 邊は確 S 覺 へません が、 取 敢へ卞 夫 を 取て、 手 向 ひすれば 是だ ども 申した 事 は 御 坐い ま 

, もれ を ^..n げっ にち よ . じ ひ わ ズザ tj ざ 5 ど, J ろ なしい a みぎ 3 しゃく.^ ま ばった 5 

した』 撿 g" 『まだ 夫ば か. で 無く、 同月 十八 日の 夜 慈悲 輪 無 藏の處 へ 押入た る砌 にも、 一尺 餘. の拔刀 

ふ S- まわ き や e-a く もむ ひ がい L や ま を たて これ ま よ さ,. る * あ ど a- 

を 振 廻して 脅迫した る 趣き、 被害者の 申し 立で ある』 取 助 『是も亦た餘ほ.^相違して居.<^ます、 彼の 時 

ら ftj しき; V さんま たぺ もれ 5 ま み かつ き ま-だ 《 'お で 

は^ 母が 頻は 秋刀魚 を 食た が As ます ゆ ゑ、 夫で は 旨 さうな の,^ 見て 買て 來 てあげ やう & して、 家お 出 

おや AT ふ ひ じ >*」 ろ な ざ それ さか *^ や さ ん ま ひ *1 か *i み、 5* ち ゲハ ケス 

ましたの が 丁度 十 時 頃で 御 坐りました、 * から 魚屋で 秋刀魚 を 一 ー尾賈 ひまして 直に 自家へ 歸ら うさ 存ト 

5 ち かへ ふた-で つが < 'わる ケん その ま、. リ さかへ よ ふけ 

したが、 ィャく 自家へ 歸るさ 再び 出る のが 都合が 惡 S ゥ 存 卜まして、 其 儘 自家へ 歸ら すに 夜の」 斑る 

まつ *J ひわ ,A し ざう ま * ^ まへ た J" い ま. 6 'けた は C &ざ i の、 ひち 

の を 待て、 慈悲 輪 無藏さ 申します か、 4. 《名前 は 只今 承 ま は ましたの が-初めて > 御 坐 6 ますが、 其 家へ 

は.^ & ? ,y のどき て さげ ゐ さんま み かた を み 4S- が & ざ 

這 入ました ので 御 坐 ますから、 其 時 手に 提て 居た 秋刀魚お 見て 刀で J でも 見 違へ たので 御 坐, ませう』 

も れ ものお.. n い 、」i た . "もお や かに ある J ん ま かな を み ど ひ がいしゃ 

檢察官 『夫 は 其方の 云 ふ 通 《果して 玩弄の 刀で あつたか、 威 ひ は 秋刀魚ん i 刀ビ 認めた もの か、 被害 《を 

くわん を々 はんせん こど f; か ば g づ その は i い f たもち や かた を ま さんま 

召喚 すれば 直に 判然す る 事 だが、 併し 一 步を讓 ッて其 * の 云 ふ 通..'、 玩弄の 刀, it/ する も 叉た 秋 刀 ffl^ す 

をで ひ がい t や これ みビ き や <- ふ あま その は5 & ど..」 ろ まか いじ や *> む ろん き や 《 'き 

る も、 已に 被害者が 之 を 器,: Jii めて 恐怖の 餘ゥ、 其方の 爲す處 に ft したる 以丄は 無論 兇器 ぢゃ』 

潜稽 二人 男 二 七 



滑稽 二 入 Sfj 二八 ■ 

およ ゥ どけ, C さつく わん を 、 これ t 、いつら じんもん のち けい てきよ ゥ いた ま * のぶ S ざ 

辯 護人 『 一 寸檢 察宫に 中し わげ ます、 是は 事實御 尋問の 後、 刑の 適用に 至ッて 申し述べ きで 御 坐ります 

い さ、 <i ?ん か.' ま を た た 5- いま けんさつく わん あ ふ たど *■ もちや か iij, & さんま 

が、 聊か 御参宾 までに 申し 置きます、 只今 撿察官 の 仰せ i:^ は、 縱 ひ 玩弄の 刀に もせよ、 秋刀魚に もせよ、 

ひ がい. や き やちき み ど い i." や f き やちき あ ふ けつ さや f «. くつ e ざ き やうき 

被害者が 器^ 認めた 以上 tt 兇器お^ 仰せられ まし が、 决 して 左 樣な理 は 御 坐 <y ますまい、 兇器^ 

ひどが いこ どで き i- さ い か, 1 たもち や かに を ある さんま § いか 

は 人お 害する V が 出 來 得る もの を 指して 云 ふので、 彼の 玩弄物の 刀の 如き 威 ひ は 秋刀魚の 如き、 如何に 

もつ かれ が ひ くわ けつが いく わ こどで き これ さ 

rJ れぉ K そ 彼に 害 を 加へ やう^しても、 决 して 害 を 加へ る 事 は出來 ない もので あ 々ますから、 之,^ 指し 

き や ST き い ま *V で ひ がい- -ゃ き や si いじ や i か < あ ふ はた けんさつ くわん 

て 器 さは 云へ ますまい、 叉た 已に 被害者が 恐怖した る 以上 は 云々^ 仰せられました が、 果して 檢察官 

& せつ &ど た K- と、 ひどり たくべ. T もの や か 5 あた みち おは まつ 

の 御說の 如くで あ ます 事^らば、 例へば 玆に 一 人の 臆病者が あって 夜行す るに 當 o、 道 i£ 大きな 核の 

き い か おくび や. r もの こまつき み ばけ もり おも い もこき 

木が ある^ 致 L ませう、 ? N n で 彼の 臆病者が 此の 接の 木 を 見て 化物 さ 思 ひ、 キヤ ッ艺云 ひ さま 其處に * 

きつ た ふ もれ ため み けが ど a- その ひ が ひしゃ まつ き もちぬし むか まへ 8- ちまつ き 

絕 して 倒れ、 夫が 爲に 身に 怪我 をした る 時に、 其 被害者が 核の 木の 持主に 向ッ て、 お前の 家の 极の木 は 

わた た tj かくく. > か, けが あまつき きつ 》> まつ くれ い ものもち^?し 

^しお 怖して 期々 云々 の 怪我 を させた から、 彼の 极の木 > ^切て 仕舞て 吳 よさ 云 ひましたならば、 其 持主 

ひ がいしゃ わ. T き 5 おら い ものもち if-L かへ わざ わら わ < お まつ き まへ 

が 被害者の 要求に 應 する であ ませう か、 否な 其 持主 は 却ッて 冷笑 ッて、 ィゃ 私しの 家の 松の木 はか 前 

お Si た t- 5 ゑ おく これ とわ おも け が ひっき や 4- まへ ぶ て 4- はふ 

さん を 恐怖 さう さ 思 ッて植 て 置ので はない、 之 を 怖い ざ 思ッて 怪我 をした の は 畢竟お 前さん の 不調法で 

わ t! »! つ こど & い これ せ らい つ V おもちゃ かな を さんま み お, y 一 

あるから、 ;?^ しの 知た 事で は 無い^ 云 ふで わ. ませう、 是さ同 一 の理で 玩弄物の 刀 や 秋刀魚 を 見て 恐れ 

こちら お ^$ きんばう おく や $ た, y た 、いせんば 5 た, y R«v 

たの は 此方から 嚇 したので はない、 即ち 先方が 膨 病で 恐れた ので あ 6 ますから、 只 先方が 恐れた るお:.^ 

これ き や. T き はんて. & こどで き 

て 之 を 器 認定す る 事 は 出来ますまい』 



i ね こちん ふ 



—- , : , ,1- れい くち 5,. る あいか は ** ん かん , やべ a 力, 

亡 頻に辯 論の 最中、 猫狎の 二人 は 例の ロ輕ゅ ゑ、 相 變らす 難の 艱 の^べ チヤ クチャ 饒舌 タて 居る を、 彼 



の 虎の 威 を K る 押 丁 か 白眼つ け、 押 丁 『n ラく驟 々敷い、 其 處を何 さ 心得て 居る 馬鹿め が …… モウ 傍 



あい * 



聽は相 成らん 外へ 出ろ』 

だいかつ せいお もて か 1=? つきた みと ど とど ゃヅば » : 

さ 大喝 一 整 表の 方へ 突出されければ、 猫 六 『をれ 見た 事 か 一 一度め る 事 は 矢 張 As 三度 だ』 《を は 6》 



班婕好 



さかしかる君の御代^^^は 

あけ. K て はかた はらさけ す 

いれ ひもの かな t 乙、 る に 

花鳥の SK- ねに おぼれ 

た わ やめさた ぐ; 3 あ. かば 

小 車の ひかれ やせむ さ 

しか へし. S さめし ro^ ば 

人 どい ふなる 



飯 田武鄉 

さかし かる 臣 さたぐ ひ て 

くれゆけ ばみ もさ はなた す 

世 を を さめ あ. さき、 し を 

たきもの 、 かをり めで、 

後 の 世の 長き ためしに 

から 國の さ かし を さめが 

今.^^-4^>ほふみにの乙し て 



滑樓 二人 男 



九 



夜行 汽滚 



ヒ oi 



夜 



一 r> 



n 



局. 



京都 松 華 庵主 人 



^が にて R『nl;< た&さ せし は、 れ まで list る を, らす、 れ^ 今回の 旅行 はち 余 をして 



? e^s^ 獻 わら しめたる^ £は、 おお Ts^:!^ 一れ あら^ 6 き、 今 試みに 其 顛末 を 物語らむ。 

^は 五月の?^ はお. -、 ^が^ K する ぎ の i 務を帶 て よ 京せ しが、 七月 中旬までに、 其 用務 も 大槪は 

齦!:, しを^て、 慰^ はお K よ へぎし、 七月 二十日 ibe;^ 出發 して、 避 暴 旁々 鎌 倉 

? しま ど 5 め S. し 上き うせき れ きくわん も い? し.^ かんば か" ね ほい - gw::;;^ ゆれ/がい ン, 

がの 島!" の 名所 舊 跡お 歷觀 し、 失お, よ-.' 一 週間 許 大 礎の S 龍 館に ft 在して 

ifk ぎ 1 して、 ^し ^sii 射の 載^", まれ しが、 鲈カ 何に ゆね の 盛. >な6..,- て、 l:ぎまでもs^ヽ^^ 

に i- び,. -す くも わらす、 こ i に ii びの て、 ^^へかぬ L よ, -、 今日 乙 を: si 阪の途 に 上 

るべ し W ォ i ひ めし か^も、 劃 i は I 翻の ぎめ されん を 1 れて、 夜 あ i: 車 は 乘込ひ 事 k 决定 せゥ、 



^fe^A 极 風波^の 

つ か 



但し 此日は < 月の 一 一日な々 き 



k ぎ ぎ に 糖 かの 所用 も あ 6 ければ、 余 は 午後 三時 頃 



た55>5 くわん C 3 こふつ き 5^,5 ねビづ * 

,濤龍 館を辭 して、 先 づ國府 津の舊 友 を 音 訪れな 

がら、 g^s, を g 卞る 71 に、 S に六酽 1 にな 6 ければ、 .i.^kL あ 船 を 辨卜了 は 6 て、 直に 停車場に 至 ,0 た 



^^l^isp^^b. fbmm0( ssit ^ 



ひど *> よま その. &ち. 《?5 5- を よ は ク.. J やじ かんきた け ふ, はっき し 

1 人の 客 も 無ければ、 余 は 先づ其 一 隅の 椅子に 倚り、 S 車 時間の 來 るまで、 今日の 日記 を 記る さんさ、 

て かばん にっき おや f sows だ をれ これ か fj る. L を か をた み いつ ひ vis- しんし ちう あ 《- 

竿 isi よ. CV 日記帳 を 出して、 夫是 書き記し、 記る し 了 は. て 彼方 を 見れば、 何膀 しか j 個の 紳士 中央 

チ I ブル よ おおや 《?s-t か ビ 5 まち あ ひしつ こん ざク ひど, y み 1& か we. し を t-* 

の 卓子 倚ゥ か、 AN ながら、 穩か なら?!; る て、 下等 待合室の 混雜 せる 群衆の 中 を、 注視し 居る 檨子 

よ ま はっき おや 5 て か 下ん ,?© を さ ふた /• か しんし み よこが ほ をに こ、 ろお 

なゥ、 余 は先づ 日記帳 を 手 革 囊の中 收め、 再び 彼の 神士を 見る は、 JS 面ながら 何 € なく 心 蟹え ある k 

は たれ L んぉ 5 5a もん おこ 1* かれ み つむ ほ *- かれ をよ こ、 ie- 

似た. <>、 ハ テ 誰であった かビ、 心中に 疑問 起しながら、 i 尙ほ彼 を 見; js る 程 彼 は尙ほ 余が 兹 在る 

§: し &ど さた も た &5J て.? L せ こ か { し ふて 

を 知ら^る もの 如く、 左 も 思 ひに 堪へ かねた るが 如き 調子に て T 何處 へ隱れ やが ゥ たか 知らん、 太へ 

ちくしゃ ちあき ひど を ひ 50<1 み も か 、巧 i> し を B な もた みか 

畜生 女お』 t 、獨 語ちながら 尙ほも S 衆の 中お 注視し 居, りしが、 果て は 思 ひに 堪へ かね けん、 見返へ ゥも 

ふた、 か ど 53 ち あ ひ しつ かた S ゆ 

せすsびf^等待合室の.Rk出でfiけ-»^o 

X かれ み を 《- はで やか せ 5 ねん しんし K ものげ ん& や ひ きつき や 5 さ かれ たし 

余 は 彼が 風姿の 立 11^ なる 少年 紳士なる k 似す、 其 言語の 野卑なる に 吃驚せ しが、 去る k て も 彼 は 確か 

よし も© さ じんぶつ いづと S あ ic もん いひ 30 L きき 

余か知れる者に相逢なき人;^な..^、 何處 にて 3-2 で 遇; S し 男な. y しか、 何 ふ 人な ゥし かざ、 頻 6. ^旣 

わ 5 き をく 上び ね, J s あ ^.i f い かれ たつ を がおか 《1 ん e ら 5 よ かつ ていこく だいが < ざ いがく 

往の 記應 を ir 起す 中 k、 ち.^ して 思 ひ 出:^ せ. o、 彼 は實 k 長 W 新 やか 郞 さて、 余が 甞 て帝圈 大きに 在 學 

とろ はふく わだいが く がくせいお 5 ひ ズ% ん さ. &し ひや ばんた か を SJvJ かれ よ だ S がく を つげ ふ せん ねん おい 

せ L 頃、 法科 大學 の擧生 中に、 美男 さ 才子の 評判 高 か. し 男な. き 彼 は 余が 大舉 卒業の 前 二 年;^^ て、 

^5f ふ つ がふ L ょゐ た た. &か 5 めい がく: t-s かれ をの & き, ?- しゅ ij9 か 5- づみは <し やく か れ 

遊 ffi 亡 不都合の 所 爲ぉゥ L が爲 めに、 退校 を 命せられ たる 學生 i& りき。 彼 は 其 後 舊主中 泉 伯 鶴の 索 4" 

き 、ねよ ぃ<» & その. しよく あ を のこ どば づ かひ .S や よ ぃ》* 

/な. や ksl 及びし が、 今 も 尙ほ其 職に 在る もの はや、 サテモ 其 言 語の 卑し さよ、 なせ、、 余 は 今 

かれ is- おも S- f C さ St こ お s> ふた、 き づか ま &こ 

彼が 名 を 思; 5 出 だす ビ 同時.^、 re ま-^ の 想像 を 凝らしつ、 あ. し 折し も、 一 冉び氣 遣 はしげ なる 跟 Ji^ て 



夜行 汽車 r - 】 ニニ 

磨 _== 冒-漏 i 一 漏 - ー醒 ― 一一 i-ii— _ 画 il 一 ill. .-agg iis-as aiBasgsg ii B 醒醫匿 ■=_£ is -Hi i = i ii き sgggsgasaB E 醒 

この いっしつ み ま ちお i お ほ を" お だ や S ろ あら , * い は - ) > ..ko 

此 一 室お 見蹦 はし、 J$gl き貌に 何€ なく 穩かュ ずらぬ 色 を 現 はしながら、 入 來れる 1 個の 氨 人お 6 き 

ね たか む も もく はつ あぶらけ つや、 か もしげ はさ まへ がみ ^ -^' S 

根 高く 結びし 束髮 は、 . 油氣 なけれ^ 光澤に、 惜氣 なく 剪みし 額髮 は、 プサ く^して 優に 白き ¥1 掩へ 

まゆ < る S を こも *• 3* & たか くお もビ しま ほ *S> か だか ほ A- おもて ^5 / し 」 ^^s^ 

Ayo 眉 美 はしく、 跟 i ぼしく、 羹 高く、 口 元締れ, o、 貌は中 1€ 細面に して、 色 は 白し さ 云 はんよ ゥ 寧ろ *^ 

く、 肉は肥ぇたA^芑云はんょ.<^寧K:痩せたる方なるべし、 年齢 は 十八 九 て、 は 小 造 6.J6>.<=' 身 はは 

き t なめし ひ 50 へお ビ き ゆ を f- ゆきん ほら あは i X5 む を, て • rj^t?!:^^ こ %t1ss,/TeEf 、 

京 御 召の m 衣 温和し く 着て、 黑鶬 子^ 鶴 珍の 腹 合せの 帶 巧妙に 結び 右手 はは 女 持の 小 萆囊ぉ 左 

で /all*p、4« た をが た しんこ け 5 ぴ e んょ おも f^u, 

手に はフ ラチ ルの 肩褂を 抱へ て、 落ちつかぬ さまに て 立てる 姿、 摸 個 は 稀 有の 美人. 余 は 卞 s&t を 

凝らせた. 00 > 

き. J や ま さやく よ ** つ さき も、 じ や 53. 一 5 かくしゃ の ©こ . » こ、 * ひ マ fLI に.! J, ゝ i U 

汽車 は 間もなく 着せ 6、 余 は眞 先に 進みて 上等 客車 込みし か、 玆には 一 個の 乘容 も. 力.... H れは 

よ ビり あ しゃ 5 ざ つ しゃさ 5 そ £ $ か ?' かた ci^t , f- ほユ . \ ^45 

余 は 取敢 へす 上座に 着きて、 車窓の 外を眺 むる に、 下等の 方 は 乗客の 數 極めて 多 カウし さ 1 えて 出つ 

る il 〃る ililrls ん?^ なか しか^も、 ^か 四 分 時間 許の 中 江、 人る 者 は 入. -、 出 づる者 は 出で。 汽 

<^ は將 さに 體 せん € せ.. y、 此賭 極めて 忙 てながら、 遠く 後の方の 客車に 走せ 入. ^たる 者お ゥき、 暗い" 彼 は 

に!! 瞬 S むべ き、 余は獨 旅の 無聊 を 知る が 故 は、 彼れ が らぞ を 見て、 極めて 遺慽の 

こどね も &ま まち あ ひ じょ み 5 か? C 5 づ か く f > や の W , お f L ► l> , A^lt 

事に 思 ひ、 尙ほ 又た 待合 所 はて 見受けし 佳人 は、 就れ の 客車 はや 乘た. ^ けんな^ S ひ續 けなから 尙は 

a ts" を rs .J やおや 5 f^4 て せ?、 を き てき こな き しゃ たもむ f-.^ か 5 ぶ k [ 

も^面を1め.&れ.<=^、 間もなく車長のロ頭は笛聲鳴..^、 汽笛 答へ、 汽車 ハ 徐ろに 進行 を 始めたり、 余 は 

Ito. Ali らませ ひ をく, しゃ 5 て らんぶ ほかげ しゃ 5 さ みわく , ► み ,.^*f ^5^- . , X 

は 野ハ を 窓よ 6 引きて、 屋上よ う^らす 洋燈 の^ 影に、 一 車の 裡を 見渡せし が、 見渡す さ 同時 は、 余 



靜 

んみ 



か にん 



a0f. isk おまで TM./ き ir なし さお ほ 3 ひ s^-o こ %r お k、 ま,. di:. 酽 しかぎ の 鎖ぎ の % な 囊 

ks^k て S^T 受けた る^ぎ の^ e.^ は、 glr しげに 〔• がの い f 隱 は^を it めた 6 しな 

が は i が ひぬ。 ぉ开も llaM はい 如 % なる 級の ひ.^ なるべき か、 し, 船ろ はてい、 ir 慣れぬ 處 女の 如く なれ, せ 

も、 欺 g ゐ止 鼬^の^ 敏 ii- して 歡め 目な き観 なる は、 れ夕 sij^ の S^E^Igi れる なる k 似た..。 其 品位 

は $ さなく 都 m がして、 がが k も 名門 豪族の 姬御 寮な らん さ 見 ゆれ^も 其 造..^ の 意氣は 遇ぐ るの みか 

は、 T 尸の^!: も をく、 ^かもき の 徼&: なき & こよ. -察 すれば、 全く 淑女に も あら^るが 如し、 彼れ は 

« 稱ゐの 得 i5 るべき I ヽ 酽た S に i つげる il なるべき ま、 ^れ ttlii の 旅 1 かを^む る 人なる べき 歟、 否.^ 

&】 の M なるべき 岈ヽ さ t& しげなる 躯£ ^ざお ければ、 、おは S に S がの.. 眸 を 疑ら して、 tr ひ 

ぎれ が E^^ls めた ゥ、 fi して^が^ 概さ, 彼れ が^ 線と 端 無く 相 衝突す るが 否や、 彼れ tt 急 は恣に 向て 

iM、 X ほ 53- きざ か よ 5 ぼミ さき まち あ ひし ク 

g ビ K らし、 ^が^ L 視 を^け た.,、 ^れ^^ ris! に^て、 余が 眸 裏に;^ ぶノる 彼れ が £ み貌 は、 翁に 待合室 

れて25^.>し^ょ6は、 TmlK にして、 に まき la にて あ 4 き、 汆が 疑惑の 念 も、 何時しか 此の S の爲 

め ki ませて、 おは だと! 麟 して 5^^^ ジせ る^の、 ^れ しきが 如く、 愧 かしきが 如く、 氣 

f かん よ た S- くわ S せん か みつむ 3 

1 種, 異樣に 威せられ て、 余 は 唯恍 然^して 彼れ を 見; iS るの み。 

卞、 が も%: た HI" も 》 かみし、 ぎ-七^ 四十 二分、 山 牝を發 し 小山 を 過ぐ る 頃よ. -黑雲 傑く 立ち 掩 



Sj く S ど 

の 毒なる が 如- 



夜行 汽車 



III ? 1 二三 



115 



in 藝鵬 111 , IrM £ tata 



3^ J A^n 



夜行 汽 ま 



か び 



二 一 四 

■sfaags-sarslwaBass ef _ . _ 



つき .5L やみ せか S. お ほ か び 广ん との あんたん ふ. X;, わ 5 5 ち S 

ひければ、 月な く、 M なく、 暗 は 世界 そお びぬ、 彼 G ft 人 は、 此暗 淡た る a 光の 裏 k、 出で、 は 入 



e ゆ 5 ひ?' き 



じ や 5 くわ. T け. & を か み 



人. 'て は 出づ る、 幾多の 隧道 を經 過す る Jbl 至て. - S 異常の 響 を M き, 其 異常の 光景お 透し 見 がら、 『ォ 



さいへん 30 ころ こ、 をん 3 

ャ大變 な 所です ねュ、 妓 tt 何^ 云 ふ 所でせ う』 さ、 頗 ぶる 驚け る 調子 はて、 問 ふが 如く、 問 ほ fli るが 如. 

あたか ひど &VW X むか どっちよ ど £r 

恰も 獨語 つが 如く、 余 向 ひて 突如 さして 問 ひ おせ- 



よ »c だんわ たんちょ ね 

余 は 始めて 誰 話の 端 縫 を 得た る を 喜び、 1^ 敢 

I —_ おめい., > ど,? &ぃ だ *• てつだ 5- せんろ ち 《- 5 おばん トン ネ. * お ほ V.- ころ 

へす 『玆は 小山 £ 御殿 塲の 間で、 地名 は 知 ません が、 東海道 鎮道 線路 中、 一 番 隧道の 多 S 處な のです』 



たん こた 



ふた、 こどば 



あ * &た 



§ ら j 



葡 短に ii へて、 ft び官 iK を 縦け 『貴女 は 始めての 御 道中です か、 是れ から 何 處へか 越し 《ru るので 



す』 さ、 反問 を 試みた 6、 余が の 反問 を 襟す る さ 同時 は、 美人 は 俄か i:i 心 づける が 如く、 凉 しげをる 眼 

2 5 おみ とた L た ゆた む &ん や 5 や た ほさ か ま a 

はて 余 を 打 見や. ながら 『ハ ィ』^ 答へ しま、、:. 暫 ばし 躊躇 ひて 無言な A,^ しが、 漸くに して 『大鼓まで 參 

we i まこ ど ふ を こま よ ー, さや 5 ► も c^^^ 

ますので すが、 始めての 事です から、 誡;^ 不慣れで 困ゥ ます』 余 『ァ f S 樣で すか、 失- y ゃァか 心 18 

*is さ A 51 ちら い e つ わたくし おほさ か かもの お ひ yjw- 

いでせ う、 y シ テ九拔 は 何處へ .f^ 出で なさる のです か、 實 は 私 大娥 まで 歸へ る 者です から, 御 一 人 

ZK, こ 3 :H ん & あ t みい ま をし あ よ ま ん ク こ、 ろ もつ か. < &ど い さ. X a 

旅で. &困 6 なら、 万事 御 案內申 上げ ませう』、 余 は先づ 親切なる V5 を 以て、 欺の 如く 云へ" 9、 左れ, も 余 か 

C しんせつ こ S お & かへ つ かれ いぶか s たが こ,、 ろ $, 、 V. き, み >カ,, > / 

此の 親切 を 籠め し 1 語 は、 却て 彼 をして、 訝らし め、 疑 はしめ、 心安から さら L め、 秦咏& るから しめ 

&50 か ^ 5 い ばか かほつ き しめ き はめ れいたん て 《-... あ をた も 

しもの なる が 如く、 彼 tt 左 も 困った € 云 はぬ 許.. の 顔色 そ 示し、 極て 冷淡^る 調子 はて、 『オヤ 貴 A ムも失 

S3 さ A % S ざ ^?-ケ を K ぶんよろ „ > い k i たハ い JR.^ ら め々 

れじゃァ丸坂へ か出でに^^るので御座ぃますか、 何卒 何分 宜しく』 S 、云 ひしの み B ぴ云 はす、 頭 を 回 

さ £■ なわい を 5. X »J んち S つけい をん & ひど せっかく しんせつ い ゆくさき * し 

らして 窓外 を姚 むる のみ、 余 は 心中 は 失敬な 女 だ、 人が 切 角 親切 云 ふ もの を、 行 先を敎 へぬ さ、 



- SAMSU. j sw5 ?ai g5ss sigsellE -_i siB B§aag3i.L, 一 



tc はら だ た を ぶた、 もの S ひち かけ も 3 る VI valK^V 5 

少しく 腹立たし きま、、 同じく S び 物言 はす、 臂褂. ^持 たれて、 眼 を閉ぢ たる 億 默然た .yo 

き L や 3 & てんば つ よたつ か I へ い こ、 ろ せんめん み.. , , ^!,cr*tfsi 

汽車 は 間 Hb,^ なく 御殿場に 着け 6、 余 tt 立て 窓よ 頭 を sy たし 心さ もな く 前面 を 見廻 はせ.^ 妓; は 僮 力 

めい ふ t> Tt^ げ d や そのた の ひど くだ ひぶ 

四 五名の 富 士道 者が 下車す るの み i£ て、 其他!^乘る人もなく、 また 降る 人 もな し。 

i た 、いみ さいび きやく しゃ じゅん お かくき や <L や てみ けん S つ しん L > か,: い, • - ^r^^» . ►^u^u ノ t わ, 

唯 見る き 尾の 客車よ. o、 順,. ど 追 ふて 各 客車 を 點檢 する 一 紳士 あ 6、 彼れ か 未だ 三容 車お も し 終ら さ 

5 ち わきち や 5 か f い か や わ のこ を _ ぁ、>^み,かハ , fe^: yf 

る 裡 は、 驛長は 彼れ に 注意せ 6、 彼れ は 止む を 得す、 殘. 惜しげ k 後見 返. y く 己 かー艱 込み 來ゥ し容 

L*. M の どび の slse き てき を き しゃ をの しんか 5 は e あ、 か しんし らんぶ ひ カ;^ お 力ら 

車に飛び乘れ-=^、 飛 乘るさ 同時に、 汽笛 嗚, c^、 汽車 tt 其 進行 を 始めた ゥ、 g5 彼の 紳士、 洋燈の 光線 力な 

上め .》 わか かれ まつ t こふ づ スチ I シ 3 ン み 5 か &J が を か. L ん e ら $ 

く、 夜目に ハ キさは 見分^ しかき- iST 彼 は 全く 國府津 の 停車 壤 にて 見受けた る、 彼の 長 岡 新次郞 にて 



. よ か こ < ふ づ ヌテ I. シ 3 ン お ひビ: ど S いま、 こ、 ふ ^ ys 、 ^^y^ . % . /» -ぃ 1、i ゝ 

わ. しな. o、 余 は 彼れ が 國府津 淳車塲 :^$- ける 獨言さ 云 ひ、 今 亦た 鼓に 不思議 る 攀扉を S せし さ? ひ 

かれ をん ら ひどみ いだ か あほ さわ もの ゐ 5? や 5 さ かれ をん^ ひば , ーパ, レ 

彼 は 何等かの 人 を 見出さん € て、 斯く て 騒ぐ 者な らん さ 推量せ. <>、 去る; て も 彼 は 何等の 人を& 索せ 

A ち 5 い _5 ん t.5 か さき こ 《. き さつ か. き 5 び や ^1 ^ は 1 

ん さて、 期く 注意 i; 走す る k や、 顧 ふに 彼れ が曩 のロ氣 よ. 察すれば、 彼 は 舊病兮 に 癒えす、 ^に依て 

婦んの腿|§ょ-.^、 期く, K 奔 する 者なる べき か、 な, む ざ-疑, ひ を 起しながら 、不圈 彼の 同車の 美人 を 見る.^、 

S A か シ 3|ル I つ せんしん お ほふ かた もみ み ひ. V おもてみ . ^、ら \ 

如何 しけん 彼れ は 肩掛を て 全身 を蔽 ひ、 車の 一隅: i£ 身 を竊 めて、 面 見られぬ まで i£ 頭 を 低れ た. y 

こ むしあつ もん とビ おも ? C たお ま S つぎ だん よ • きょ 5 ち <- . ^だか ほセ 

サ テく 此の 蒸 暴き k 何たる 事 ど さ、 思 ふ 2 同時 k 忽ち 1 の疑團 は、 余 か 胸中 k 蟠 ま"..^ 來れ, り。 

? « こび e ん いぶ もぶ a た かくしゃ の 《> こ か をが たかしん e ら 5、 あや ふる 31 ひ ^い , ,、 .、 

想 ふに 此の 美人の 訝 かしき 素 根 さ、 ,M の t 各 車に 乘 込める 彼の 長 岡 新 次郞が 怪しけ なる 舉勦 を對^ せ は 

«^siir に、 る ま il? レ、 『y=i れゃ がりた か i らん、 おへ 戮4彭』 f 

I I JJI! !! 8 I 1 -ニ五 



夜行 汽車 



ま I 1^^ 



i,. 1^1^ s 111 , II Ir »u f a 響 • , 



夜行 汽車 



ニー 六 



7 g-rj 乙の t-b- つぶや か L/t ら 《• vl ぶづ ステ I シ 3 ン お. &. ひど t つ/^ > や こ いやし 

邊は殘 れる此 卑しき 咳き、 乃ち 彼の 新 次 郞が國 府津の 停車場に 於て、 人ぁ.<.^ビも知らす吱ける此の卑し 

& てんぶ ステ ー シ 3 ン ゥ も た D もく さ itJ ビ fl やさ 5 もど LQ かく *U 

き 一 語^、 今 亦た 御殿場 停車 塲に 着く さ 共に、 他の 耳目 を 避く るが 如く、 車窓の 下 k 忍び 隠れし 此の 美 

e ん きょせ 5 e ゥ ひど をの あ ひだ みつお やく くわん けい 55 こビ 1^ -^o • ばつ 'i*, , 

人の 舉動 は、 實に人 をして 其 間、 密着の 關係を 有する ものた る 事 を 推. 澄せ しむる 者 あ...' 實 k 余. "然か 

I? よね も こ もが * か か 5.*?.' せ 5 はつ おぎ 3S かほ か- • い • お^ I いろ f^s 

推測せ しな 6、 余 は 思へ. 是れ長 岡が 偕老同穴 を 契れる 妻なる べき 手、 將た 彼れ か^め 1 時の 色 を 》 

さ』 か 《> 3 をの 》J ん^. \ さ、 fj や. 5 ら. S おぎ かれ れん は しんく か 

げる 妾.^ るべき 歟、 若しくは 亦た、 其 身心 を 捧げて 將來 k 契らん さする、 彼か戀 慕の 眞 神なる べき 手、 

LA このび es: >»9L さつ ひ 50 さい お. 9 3 たせ ふ お. f k 3, ^^^1 . > 

然れ. ^も此 美人の 風姿よ A> 察すれば、 人の 窭 もも 思 はれす、 亦 妾な. <y さも S はれす 去 ゥ さて 處女 にあ 

ぎ み もの 會 さい た ふ ど • &ど » **K た ふ 50, . 

らす、 妓 なう^も 見えす、 其 風 彩の 何 さなく 貴き が 如くして 何 さなく 貴から さる 其 言靜 *® の 何 さ 

^A. s£ *&K ^&, L んこ S つ くわ いぶつ そのみ がら もく 

なく 1 しきが 如くして、 何さ^&く賤しから^る、 眞 個.^ 是れ 1 のま 物、 其 身粞を 推測す る k 由なけれ^ 

ピ かく &>?-*JA,J ん e f もんら くわん けい ふ eA la. が * か がんく わ 5 さ か こ 

も、 鬼にも角^^^も112^岡新次郞さ、 何等かの 丽係 ある 婦人に して、 長 岡の 跟光 避け 隱 くる、 所の 所謂 

ムて ちて.. 5 や i あ 》• さ; ゐ おも ** が を か き しゃ か { スチ I シ ヨン おやく &€ ね を せいさ. & 

る 『太へ 畜生 女』 は 相 逢 あらさるべし、 顧 ふに 長 岡 は、" 汽車の 各停 車塲は » する 每 i^、 必ら卞 精細 k 

A くき や^ <f > や てんけん 》> か このび &ん いか 3e ゆつ つ ひ み 5 だ ほ >9 - 

各 客車 を點檢 するな らん、 然 らば 此 美人に、 如何なる 魔德 あ-^ さても、 終 kaH^ 出さる ゝ は 相 逢な し、 



aw はっきよ く <:-A おん ひきおこ ? oVi 9 づか わけあ ひ k- か た. f > *1 . ^2 

栗して 然 らんに は、 結局 如何なる 珍事 を 惹起す やらん、 誡 k 氣遣 はしき 譚 合な う S 期く S ひつ ゝ余は 美 

ん かた 5 ちみ , I - 

人の 方お 打 見やれ ゥ。 



き しゃ 



^れは對に^&"^^^5$^にて、 i の?. し k ぎす、 ^&imf<. まる かに^ 1? の ig み 

tt くお を 幅 め^た. -、 ぎ 酽の黔 S ^は^に 1^ し、 ^れ は^!: にせん さする か、 ^は^れる 直 似して、 竊 



その や 5* ち *nf> 

か Jid 其 動靜を 注視せ. y 

& くて 鮮射 ii かの^ち、 ^は 俄か k 窓の 外戶を 鎖して、 再び 片隅に 蹲 まれ A^、 間もなく 汽車 は 佐 野 停車 

ヨン ちゃく i 乙り W き y ひん & -5 も 5 上い かれ まゥた L ん e ら 5 t のれ ヮ. J やち 5 ^ ' 

場に 着せ o、 余 は此 時まで 美人の 檨子を 窺 ひしが、 愈よ 彼 は 全く 新次郞 が、 此列 車中 k ある や も 知れす 

^の 憑ゃんょゥ、 其 見出:^ す 所 さ^らん 事 を 恐れて、 欺く 停車 ttj^ 至る 每に、 之れ を 避け 隱 くる、 k 相違 

なし^ 思; 5 定めぬ、 去る にても 長 岡 は 如何 k せし か、 彼れ も 亦た 必らす 各 列車 を點檢 しり、 あるべし 

X か fe も を このび e ん や 5 も み き. た そらねぶ み 5a 1 

余 は 期く 思; S しか < ^も、 尙ほ此 美人の 動靜ぉ 見極めん が爲 め、 ffi 眠. CN して 身 動 5 だ もせす 

き Lvt な た 、はつ び eft- たもむ た あが さもが あっき た か ゎづか よ , 1 た r おみ j - 

汽車 は 再び 體せ. o、 美人 は 徐ろに 起ち 上れ ゥ、 流石^^^暑に堪へ^.<^けん、 彼れ は 僅に 余 か 方 を 打 a や. ft^ 

たも £ as ンサチ I フ 5 い 3 さ ひ あせ ふ つい t^^l ^ ^ > ま 0f0k. : 

て、 缺ょ. 紹手巾 を S 出 だし、 先づ其 額の 汗 を 拭き、 . ^で 其 胸 其 手 を 拭き 了 《6 X たもや^ を K きて 

a ん しん $, «lt ^ ほる き f 一 や も、 ゆ かお is> がる 3, て も」 ほ f.«l*f»., > - S パ、 

半身 を 出、 おし、 凉き、 に 吹かれながら、 遙 かに 汽車の 進み 行く 方 を 眺め 居た.. y, 左れば 最 罕 疑 ひもな く 

が ii に! s^rir ければ、 腦 かに^: tfe<45 めた るが ほ S ながら、 ^も 彼れ が 動靜は 注意 

チ^ t かん fc?«.c> P づ L ビ ^<|« ちから t わ ふ ん ^ 

f、 蓋し 余が 考へ にて は、 其 正邪 は 孰れに わる や を 知ら ざれ.^ も、 兎に角 此方 は 力 弱き 婦人^り 彼 

た くつき や $ さ,..: CJ ん だんし も ふ- ちんじ ふじんみ 5 へ お 4 な . , eg ど,, r : ほに 、 

方 は 屈強の 壯年 男子な. o、 若し 不意の 珍事 婦人の 身の上 は 起らん はは 誠に 憐れむ、 へき 限 6 な. c- 敌は 

おほさ & ちゃく i こど .i ら ねい 52 このき し, V ち 5 あ ひだ t ねよ、 だ ^ ► ^ ほ; P , ..、 ^ > I ? V - u^. 

大教へ 着 後の 事 は 暫く 措て、 今此 汽車 中に おる 間 は、 余 « 及, V へき 式け 彼れ を 保護せ さる 可 力らず €决 

»>ん い た 

心する に 至れるな. 

さ しゃ しっか,., 令 a£ ふんかん の もで ぬま づ ステ— ショソ ちか . , f^J 

汽車の 疾行は 矢の 如く、 十四 五分 il の 後ち に は、 旣に沼 律の 停車場 近く 進み 寒れゥ 卖人は 再ひ忙 てた 

夜行 汽取 一二 七 



1 Hl^MH-^MM^M -パ. zzuuiisli ^ い^^ 00 trfcf 



る さま^て、 Mi^^ii^?Jw.^f^L、 余が 方お ザロリ s 見て、 『非常に 凉 しくな つた 事、 寒